SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:えすえすログ:SSまとめブログ
<<
2018年06月
>>
171件取得
投稿日時順表示
<<
0
1
2
3
>>
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2016/07/01(金)16:54:44.69:
6olV64Koo
俗に言う提督LOVE勢という集団がいる。
特に何をした記憶もないが、私のことを好いてくれている美女美少女たちの集団。
着任当初は壺かなにか売りつけられるのだろう…
そんなことを思っていたが付き合いも長くなってきた今なら理解できる。
彼女らは本当に私のことを愛してくれているし、私が求婚すれば喜んで受け入れるだろうことが。
まさによりどりみどり
夢のような状況
……ただ一つの問題を除いて
この陰鬱とした状況を作っている妄念を除いて

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします
:2016/01/10(日)20:57:18.85:
ZjPW0OND0
凛「居るけど?」
卯月「居ますよ」
未央「居るよー」
モバP(以下P)「」
※キャラ崩壊、口調注意

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2015/05/07(木)19:14:07.34:
gzkc8J1y0
P「見てくれ蘭子。今度のライブで着る予定の新しい衣装のスケッチだ」
蘭子「おお、血ぬられし赤と、漆黒の闇の翼を持つ堕天使!」
P「以前お前が要望していた案を取り入れたつもりなのだが……どうかな?」
蘭子「私とそなたの魂は完全に共鳴した……これぞ我が求めていた翼よ!」
P「気にいってもらえたようで何よりだ。当日のライブ頑張ろうな」
蘭子「ぷ、プロデューサー……ありがとう……」
蘭子「私の願いを……聞き入れてくれて……///」
P「なーに。俺は自分の仕事を全うしただけだけだよ」
蘭子「本当に……ありがとう!」
抱きッ
P「うおっと!」


続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2016/11/15(火)22:27:11.42:
96JgysIq0
「わー! 千枝ちゃん、すげー!」
「そ、そうかな? えへへ……」
 事務所に帰ってくるや否や、年少組の元気な声がお出迎えをしてくれた。
「お、奏、お疲れ様」
「お疲れ様。相変わらずこの事務所は賑やかね」
 年少組の相手をしていたらしいプロデューサーさんが私に気付くと労いの声をかけてくれた。
「あ、奏さん、お疲れさまです!」
「お疲れさまでごぜーます!」
「ふふっ。お疲れ様。ところで千枝がすごいってどうしたの?」
 ころころと可愛い千枝と仁奈もプロデューサーさんに倣って私に挨拶をしてくれた。私も挨拶を返すついでに子供たちの相手をしてあげよう。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2016/11/24(木)10:35:28.96:
368scaxYO

美波「アーニャちゃん? ため息なんてついてどうかしたの?」
みく「Pちゃんがどうかしたのかにゃ?」
アーニャ「ダー……実は、最近プロデューサーの様子がおかしくて……」
美波「プロデューサーさんの様子が? みくちゃん何か知ってる?」
みく「ううん。みくが見る限り、いつもとそんなに変わった感じはしないけど」
みく「アーニャちゃん、具体的に何がおかしいのにゃ?」
アーニャ「んー……ディプレ――アー、日本語だとこういう時……そうです!」

アーニャ「最近のプロデューサー、ずっとおちんこでているんです」

美波・みく「ブフーーーーーッッッ!!」
※卑猥は一切ない。いいね。

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
◆3HTJL2wVew
:2016/01/08(金)21:20:23.06:
Cqn88hIIo
妖精「ああ!」
提督「なんだそれ」
妖精「この妖精さんスカウターで見たから間違いないよ!」
提督「あ、お前また勝手に資材使って変なもの作ったな!」
妖精「まぁまぁまぁ」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2016/06/09(木)17:18:14.56:
HLstcgZ80
一つの鎮守府に沢山の艦娘と提督がいる設定です。
※一部の艦娘のイメージが損なわれる可能性があるのでご注意ください。
※性的描写は全くありませんが問題がある場合は移動します。

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
:2016/07/02(土)21:37:18.468:
swt70nYa0.net
双葉「杏はアメのほうが好きだし、そういうので動くやすい女じゃないし……」ドキドキ
はい

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2016/11/19(土)22:14:57.98:
VhPsDn6v0
「美嘉ちゃん。来月始まる美嘉ちゃんのコラム宛てにお便りが来ているので、少しお時間いいですか」
 
 レッスンを終え、事務所に戻ってきたアタシをちひろさんが呼び止めた。
 
 今日は基礎的なボーカルレッスンだけで、体力があり余っていたアタシは二つ返事で引き受ける。
「いいよー 今日は軽めのレッスンだったから余裕★余裕★」
「ありがとうございます。これがお便りです。できれば今日中にお願いします」
 
 さーて、さっさと終わらせちゃうよ♪
 意気込みながら見渡すと、ちょうどソファが空いていたので、
 アタシはラウンドソファの真ん中に座り、一枚一枚手紙を読んでいく。

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2016/10/26(水)22:53:25.92:
gpEkAIcw0
P「ベロンベロンじゃねえかお前」」

姫川友紀とプロデューサーのなんでもない一日です
すぐ終わります

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/04/30(日)23:11:16.85:
zjU2kkku0
P「今回のイベント…、そう『LiveGrooveDanceburst』において奈緒がリーダー的役割を務めている…」
P「まぁMVパーティーではリーダーではなかったわけだが…」
P「奈緒はいつもCoアイドルなのにCuだと言われ続けて来た、しかし!今回は違う!」
P「今回の奈緒はまさしくCoアイドルの名にふさわしい、とてもカリスマ的でイケメン!」
P「また奈緒の新たな一面が見れて本当に嬉しい…、自分のプロデュース力が恐ろしいぜ…」
P「何と言っても新曲「Nothingbutyou」で奈緒が「愛してる」って言ってくれるんだぜ…?」
P「ああああああああ奈緒可愛いいいいいいいいい!!!!!!」
P「…っと、いかんいかん…、取り乱してしまった」
P「まぁそんなこんなで奈緒魅力について軽く語って見たわけだが…」
P「もう我慢できない」
P「限界だ…」
P「奈緒を嫁に迎えようと思う」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2015/12/17(木)03:56:59.23:
7ntX2XHr0

ー事務所ー
凛「免許の更新?」
モバP「うん、たしか…あぁ、やっぱり明日か」
凛「へぇ、大変だね」
凛「車の免許?」
モバP「いや違うぞ?」
凛「ふーん?プロデューサーって他にも免許持ってたんだ」
モバP「まぁそりゃプロデューサーだからな」
凛「で、なんの更新なの?」
モバP「そりゃ決まってるだろ、アイドルプロデューサー免許だよ」
凛「ふーん…」

凛「は?」


続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2016/06/12(日)12:38:00.61:
aKMyySKc0

P「あー……」カタカタ
P(今日も俺は仕事に追われていた)
P(片付けなければいけない仕事は山のように積まれていた)
P「日曜日だってのになあ……」
P(不定休の仕事だと言うのはよくわかっていた)
P(この仕事を続けてきて、もうどれくらいの時間が経っただろう)
P「……休憩しよう」ガタッ
P(俺は休憩場へと足を運ぶ)


続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2016/06/29(水)00:03:12.69:
mRCUq1h8o
芳乃「はむー」カプッ
P「あー……」
ちひろ(嬉しいんだかつらいんだか複雑そうな顔してるわねプロデューサーさん)

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/01/06(金)17:30:51.58:
uEDbIw300
 アイドルになる前、私はラブレターをもらったことがある。
『いきなりこんな手紙を書いてごめんなさい。迷惑だったらすみません。自分勝手だとはわかっていますが、これだけは伝えたくて書きました。あなたのことが好きです。付き合ってくれとは言いません。あなたのことが好きです。読んでくれてありがとうございました』
 ただそれだけが書かれた手紙。青いラインの入った洋封筒に、罫線だけが引かれた便箋。
 それが私にとって、初めてもらったラブレター。
 それをもらった時、私は意味がわからなかった。
 どうしてこんな手紙を送るんだろう。
 誰にでも書けそうな文章だし、悪戯かな。
 でも、どうしてそんな悪戯をするんだろう。
 そんなことを思ったけど『もし本当なら』と考えると捨てることはできなくて、今も机の引き出しにしまっている。
 あの手紙には差出人の名前が書いてなかった。
 結局、あれは誰が書いたものだったんだろう。
 それは今もわからない。
 ただ、その手紙をもらった日。
 その日の空が、やけに綺麗だったことを覚えている。

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/01/12(木)01:41:07.92:
OgprucgGo
事務所で独りデスクワークをしているとノックが聞こえてくる。
コンコン
小梅「ぷ、プロデューサーさんいる?」
武内P「白坂さん、どうかしましたか?」
白坂さんはこちらの姿と周囲を確認すると、こちら近づいてきた。
そしておもむろにこちらの手を取るとガジガジと指を齧り始めた。
小梅「ゾンビの真似…」
そう言いながら少し上目遣いに見上げてくる。
もちろん指は齧ったまま、小さな口は指を一本加えればそれなりにいっぱいだが、それでも結構痛い。
武内P「どうかしたんですか?」
白坂さんを抱え上げ、膝の上に座らせる。驚くほどに軽い。

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
◆HcSYGRWzLE
:2017/04/29(土)15:32:41.83:
CQN5UFdO0
※注意!このSSにはキャラ崩壊、二次設定、稚拙な文章等が含まれています。
 それでも大丈夫という方は、よろしければお読み頂けると幸いです。
 では始めていきます!
【艦これ】初期艦と提督
提督「やーっと月末の書類処理おわったー」
提督「なんでこんなに書類と毎日にらめっこしてたら身体が石になりそう・・」
叢雲「お疲れ様、はいお茶」コトッ
提督「ん、ありがとー」
フー・・フー・・
提督「あ?お茶の香りが落ち着く?」フーフー・・
叢雲「相変わらず猫舌なのね、アンタ」
提督「いいじゃん、生まれつきなんだし、ダメ?」フーフー
叢雲「誰もダメなんて言ってないでしょ」
叢雲「ただ変わらないわね、あの時から」
提督「あぁ、俺がここに来たときか」
提督「あの時が懐かしいな」ズズズッ  アチッ

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2015/11/07(土)23:03:42.72:
A0rGn5zo0
P「を患ってしまいまして」
小鳥「えぇ…何番煎じですか…」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
◆W7gaJxN1wk4q
:2016/06/18(土)14:15:18.23:
hzSLrA3no
昔ドラマ化もされた※『実録鬼嫁日記』のパロディです
※鬼嫁に苦しむ男の日記形式ブログ

提督「どうして、こうなったんだろう…」
目をつぶると、浮かんでくるのがこの言葉
鬼怒「今日も一日頑張ろうね!」
提督「はーい!」
ただ一つの指輪を渡した相手
幾人もの提督LOVE勢から選択したケッコン相手
それは鬼怒だった

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2016/06/16(木)23:25:01.84:
bdB0xB6y0

時雨「提督、帰投したよ」
提督「うむ。ご苦ろ…」
夕立「提督さーんっ! 今日も夕立がMVPだったぽいー!!」ダキッ
提督「おわっ?!」ドターンッ
夕立「今日潰したのはねっ、ヲ級とル級と! えーと、えーと……とにかく褒めて褒めてー!!」
提督「わ、分かった! 分かったから降りてくれ」
夕立「はっ……ちょっと興奮し過ぎちゃったかしら…」


続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2016/10/27(木)22:47:36.23:
tVIgEe7E0
「かな子がでねぇんだよぉぉぉ!」
携帯端末を片手に叫ぶ男
それは悲しみと、そして、怒りに満ちていた
「くそう、この恨みはらさでおくべきか……」
ふつふつとこみあげる怒りを隠さない男の前に、一匹の猫が現れた
「もう! 泥水かぶるとかついてないにゃぁ……」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
2:
◆cYi9HI0QpE
:2016/11/02(水)23:39:04.52:
KZ0zqXcL0
P「それで明日の打ち合わせだけどな」
凛「うん」
藍子「えへへ」フラッ
P「ん、藍子か?どうした」
藍子「ちんこちんこ!」
P「えっ何?!」
凛「藍子!?」
藍子「えへへ?ちんこ!」ダッ

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2016/11/05(土)22:31:16.79:
kt4zMIRj0
このSSは、ただ駆逐艦が指揮官として頑張っているだけのSSです
是非、心の中でその姿を思い描きながら応援してあげてください(白目)
(本来は通信の最後に「どうぞ」をつけるのですが、テンポが悪くなるので割愛します)

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
◆agif0ROmyg
:2017/04/30(日)22:08:08.10:
VuQcK7P50
アイドルマスターシンデレラガールズの北条加蓮のR18SSです。
今夜も、私、アイドル北条加蓮はプロデューサーさんの家にお呼ばれしていた。
彼の家に呼ばれるのは初めてってわけじゃないけど、こうして二人きりになるのはやっぱりちょっと恥ずかしいし、緊張する。
これから、この、私のことを好きで好きでしょうがない男にめちゃくちゃにされると思うと、どうしてもね。
思えば私は、事務所のアイドルの中では相当手のかかるほうだったと思う。
出会ったばっかりのころ、あの当時のやさぐれ具合は自分で思い出してもいたたまれなくなるくらいだし。
アイドルに本腰を入れ始めてからも、たまに体調を崩しちゃったりして。
いろいろと面倒をかけていたと思う。
本当に申し訳ないんだけれど、そんな私を見捨てないでずっと目をかけてくれたのは、嬉しいしありがたい。
裏を返せば、そこまでしたくなるくらいあたしを気に入ってくれていたということで。
いつかはこういう関係になるのも必然だったかもしれない。
恩、なんていうと重いけど。
もっと一緒にいたいしお互いのこと、知りたいんだ。
ということで、今夜も私たちは絡み合う。
散々プロデューサーさんに体中弄繰り回されて、ずいぶん慣らされちゃった様な気もするけど、だからって平静でいられるはずもない。
ベッドで隣に座って、肩を抱いてキスしながら撫で回してくる。
こうやって愛撫されていると、だんだん頭がぼうっとして時間の感覚があいまいになってくる。
足とか腰とか触られっぱなしで、いつの間にか服もほとんど脱がされてる。
シャツを剥いで下着を見て、プロデューサーさんは一瞬動きを止めた。
これ、最近買った新しい下着。
布面積が小さくて、色とか縁取りとか必要以上に派手で、そのくせ谷間のホックは片手で簡単に外せちゃうやつ。
いわゆる、男に脱がしてもらうための下着。
どうかな、こういうの。似合う? 興奮してくれてるかな。
見下ろすとパンツの布地を突き破らんばかりにおちんちんが勃っていて、何も言ってもらわ
続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
◆K1k1KYRick
:2015/03/10(火)16:56:29.88:
7HEPEV3X0
「珍しいわね、プロデューサー君から誘ってくるなんて」
都心部からやや離れたネオンの海の片隅に、その居酒屋は隠れるように存在していた。
ここの老主人の作る山菜の肴は絶品と評判であり
元婦警の片桐早苗は事件の聞き込みのために度々この居酒屋に足を運んでいた。
情報通の店主は有益な情報を何度も提供し、彼女の検挙率に多大な貢献をした。
料理も情報も旨いという早苗にとって二重にありがたい店だった。
「いえ……迷惑でしたか?」
その早苗の隣にはがっしりとした巨躯を丸めて座っている男がいた。
彼はただ手元の清酒に映る自分の顔を見つめている。
「ううん。お酒が飲めるのに不満なんてないわ」
早苗は生ビールのお代わりを頼みながら三杯目のビールジョッキを
ごくごくと喉を鳴らしつつ飲み干していった。
「プロデューサー君も、どぉ? ハラミ美味しいよ」
「……はい」
プロデューサーの前に早苗の分けた鮭のハラミが置かれた。
彼はそれをチビチビとつまむとグッと一気に清酒を煽った。

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
◆0vdZGajKfqPb
:2016/10/31(月)02:14:00.57:
qpj1VuKX0
ちひろ「すみませーん、モツ煮とだし巻き、追加の生中ふたつください」
P「いやちゃんと聞いてくださいよ」
ちひろ「プロデューサーさんの奢りって話だったじゃないですか」
P「奢る代わりに相談乗ってくれるって話だったじゃないですか!?」
ちひろ「いや、だって、話聞くって……ねえ?」

続きを読む

[ 閉じる ]
28位 06/10 (08:00) えすえすログ
全てのレス
元スレ
1:
以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします
:2018/06/07(木)05:40:48.326:
v3mhDF060.net
奴隷商人「へへっ!お目が高い!こいつはまだ仕入れてきたばかりの新品でしてまだ誰にも汚されていませんぜ!」
男「いくらだ?」
奴隷商人「10万ゴールドになります」
男「高い100ゴールドにまけろ」
奴隷商人「お客さんそれは無理ですぜ金がないならどっかいけ」
男「あっ手が滑った」
ドゴッバギッ
男はそういうと奴隷商人をタコ殴りにし気絶させた
男「ほれ、100ゴールドだ」チャリンッ
男「よし」ガキンッ 
男はそういうと奴隷少女の手錠を断ち切った
奴隷少女「あ、あの・・・」
男「なに?」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
◆hWMDndfuJ2
:2015/03/09(月)00:33:38.14:
LVT/aM49O

P「……」
やよい「……」
P「…やってくれたな…」
やよい「……」
P「……」
やよい「……」
P「…どうするつもりだ…?」
やよい「……」
P「……」
やよい「……」
P「…お前のせいだぞ…やよい」
やよい「……」
P「……」
やよい「…ご…」
P「……」
やよい「…ごめんなさい…」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
2:
◆6QdCQg5S.DlH
:2016/06/18(土)20:15:33.61:
aHjvr6Sf0
小梅「すぅ……」
小梅「……」
小梅「……」ピリリ
小梅「……んぅ?」ピリリ
小梅「あさ……?」ピリリ
小梅「……」カチッ
小梅「……んぅ」
小梅「おはよ……」
小梅「……」
小梅「……あれ?」
小梅「……いない?」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。