SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:えすえすログ:SSまとめブログ
<<
2018年07月
>>
248件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
4
>>
全てのレス
元スレ
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
:2015/03/30(月)21:39:31.477:
zocIqF5C0.net
武内P「346プロ全社をあげての取り決めですので、みなさん気を付けてください」
「「「 はーい 」」」
李衣菜「ロック禁止って! い、いつまでですか……!?」
武内P「予定では数日ですが……今の『ロック』は聞かなかったことにします」
未央「言わなきゃいいだけなんでしょ? 別に困らないよね」
卯月「はい。言う機会なんて滅多にありませんし」
みく「……李衣菜ちゃんどうしたの? 顔色悪いにゃ」
李衣菜「え? だ、大丈夫、大丈夫! こういう不合理な強制があってこそのロッ」
みく「わああ?!!! さっそく言おうとしてるにゃ?!!!」
李衣菜「わっ、と。危ない危ないー。セーフだよね?」
みく「気をつけるにゃ。今、Pちゃんが拳振り上げてたにゃー」
武内P「……命拾いしましたね」
李衣菜「ひぃ……!」
みりあ「命を奪うのー? こわーい!」
莉嘉「きゃー! あはは」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします
:2018/06/26(火)17:31:39.510:
qkaio51z0.net
ココア「いいね!やろやろ♪」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
◆K7qLUv4H.Lbp
:2018/07/27(金)19:38:10.18:
xImnE6tDO
美波「えっ!?プロデューサーさんには婚約者がいるんですか?」
―それは20歳の誕生日
―初めてお酒を飲みに連れてもらった時に聞いた話
早苗「そうらのよ?こんらにいいおんらがいるってのにぃ」
友紀「はぁぁぁ……やっぱり美波ちゃんもショック?」
美波「しょ……ショックなんてものは……」
楓「……それ、私のちょこっと入ったお猪口」
美波「あ、ご、ごめんなさい」
―そう私も……
―プロデューサーさんに淡い……
―生まれたてのこの気持ちを持ってしまっていたのだから

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/07/27(金)20:01:46.08:
mfbUfu9v0

心「いやー、もうすっかり炎天下だな☆」
P「そうだなー」
菜々ミン「ミンミンミン」
心「そろそろ水着の仕事が来る季節だけど、プロデューサー、まだぁ?」
P「まだ来てないなー」
菜々ミン「ミンミンミン」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
全てのレス
元スレ
1:
◆/5enoyUb8g
:2015/06/20(土)20:13:13.37:
uq45R8fz0
奉仕部の部室で
雪乃と八幡は静かに本を読んでいた。
結衣はスマホを見ていたが、途中でやめて雪乃に話しかける。
結衣「ねぇ、ゆきのん、ちょっと言いにくいんだけど、ゆきのん少し顔が丸くなったかなぁって」
雪乃「太ったって言いたいのね。だって太ろうと努力しているんだもの。うまくいってるんだわ」
結衣「えーなんで、なんでー?」
八幡「雪ノ下は、わざわざ太る必要なんかないだろ」
雪乃「最近、相撲に興味があるのよ」
結衣「えっ」
八幡「相撲?」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
:2015/06/24(水)23:02:33.474:
szUJlnV70.net
コナンドイル「苦労して書いた歴史小説がちっとも売れへん・・・」
ドイル「なんでや・・・壮大な世界観に重厚な人間描写、時代考証も完璧やのに・・・英国文学史に残る傑作やんけ・・・」
ドイル「あかん・・・金がない・・・どないしよ」
ドイル「しゃーない、とりあえず、もっと大衆的で金になるもん書くか・・・」
ドイル「売れる小説ゆーたら、そらキモオタ向けのラノベやろな。ほんまはそんなもん書くのはワイのプライドが許さんのやが・・・」
ドイル「クールイケメン天才の完璧超人を主人公にして俺TUEEEEやらしてっと・・・」
ドイル「主人公の引き立て役に間抜けな刑事と、お人よしの友人キャラを配置してマンセーマンセーっと・・・」
ドイル「・・・さすがにやりすぎやろか・・・書いてて死にたくなったで・・・」
ドイル「まあええか。アホな中学生くらいにはこんなもんでちょうどええやろ。」
ドイル「主人公の名前は・・・シャーロックホームズな。小遣い稼ぎになったら儲けもんや。」
読者「ホームズかっけー!すげー!超おもしれーーー!!!」
出版社「コナンドイル先生!もっと続き書いてください!」
ドイル「なんやと・・・」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/07/27(金)00:46:06.27:
8tZXQv4m0
みほ「朝ごはんができたよ」みほ「昼ごはんができたよ」の続き
みほ「きょうはいつもより多めに血を入れてみたよ」
みほ「見て見てこのカレー甘口なのにこんなに赤いよ?」
みほ「私の血が君の身体に入って一つになるなんてドキドキするね」
みほ「え?この鎖を解けって?」
みほ「ダメだよせっかくエリカさんから取り戻したのに」
みほ「ドラム缶にコンクリ詰めにしたらにげられないよね?」
みほ「待っててねホームセンターでドラム缶とか買ってくるから」
まほ「君はまた捕まったのか」
まほ「ん?エリカをどうしたかって?」
まほ「みほには樹海に生き埋めにしろと言われたが流石に一応あいつも私の後輩だからな可愛そうだから金品取って山奥に置いてきた」
まほ「流石に私の手を汚すのはちょっとなぁ」
まほ「前回はお前を助けに来た奴に攻撃されて私は3日くらい入院したんだぞ」
まほ「まったく見張りも楽じゃないでもみほにお姉ちゃんらしい所みせないとな私のお姉ちゃん力の高さに全米が泣くな」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
◆1ksIWCqdi2
:2015/06/24(水)21:19:03.59:
OHl4WH0Oo
智絵里「…………」
P「えーっと」
智絵里「私のものになれ…………です」
P「なんでさ」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします
:2018/07/25(水)18:16:48.163:
vtf1uzHKa.net
俺「腹パン屋?1000円出せば君の腹を殴っていいの?」
シャロ「は、はいっ。一回殴るごとに1000円です!何発殴っていかれますか…?」
俺「
>>4


続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/07/27(金)00:40:40.24:
I7zu40ebo

未央「え?」
向日「やめてくれ……無責任にそんなことを言うのは」
未央「で、でも向日葵って太陽みたいだし……夏の代名詞で……」
向日「止めてくれって言ってるだろ!!」
未央「ッ」
向日「方や太陽系最大の天体! 方や小さな地球の小さな島国に咲くただ一輪の花!」
向日「分かるだろ……住んでる世界が全然違うんだよ」
未央「向日葵……」
向日「俺が太陽に影響されることはあっても、向こうが俺の存在によって変化することなんてない」
向日「俺はただ、一方的にアイツを見つめているだけだ……」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
◆7ALWpexvKs
:2015/07/27(月)23:52:30.08:
osaAfmBI0
モバP(※以下P表記)「ただいま戻りましたー」
みく「ただいまだにゃー……」
ちひろ「プロデューサーさん、みくちゃん、お疲れさまです♪」
P「うぁー、今日も暑かった」
ちひろ「大丈夫ですか?くれぐれも、体調には気を付けてくださいね」
P「分かってますよ、健康には気を付けてます」
ちひろ「なら良かったです。それでは、私もまだ仕事があるので」
P「あい、お疲れです」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします
:2018/07/23(月)20:57:31.216:
9H7RbBsma.net
俺「
>>4

ココア「そんなこと、急に言われても…///」ドキドキ

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
全てのレス
元スレ
2:
◆x8ozAX/AOWSO
:2018/07/26(木)17:04:53.31:
xLfIWZPs0

杏「……あつい……」
肇「心頭滅却すれば火もまた涼し、ですよ。杏ちゃん」
杏「いや無理じゃない?これ落ち着きとかで涼しくなるレベルじゃないって」
肇「……ですね……」
杏「廊下ももっと冷房ガンガンにかけてくれれば良いのに」
肇「ま、まぁ部屋に戻ればきっと冷房で冷え切ってる筈ですから」
杏「たしかに。文香ちゃんの事だから『汗で本が滲んでしまっては大変ですから』とか言いそうだしね」
肇「そうと決まれば、部屋まで競争ですね!」
杏「走んないよ?」
肇「負けるのが怖いんですか?」
杏「その安い挑発に乗るのは文香ちゃんくらいだから」


続きを読む

[ 閉じる ]
07/26 (18:00) えすえすログ
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2015/06/12(金)04:16:37.36:
grEnwKPk0

「うふふ、楽様とのデートなんて久しぶりですわ」
「いや、デートなんてそんな大層なもんじゃねえけど……」
「楽様が行ってみたいお店があるんでしたわよね?私、楽様のいらっしゃるところならどこへなりとお供させていただきますわ」
久しぶりに想い人と二人きりのお出かけ。お供と言う割にはグイグイと一条楽の腕を引っ張りながら、橘万里花は笑顔に大輪の花を咲かせていた。
「いや、この前学校の帰り道ですごく美味しそうな店を見つけてな。一回行ってみようと思ってたんだよ」
「そうなのですか。楽様が美味しそうとおっしゃるからには、きっとすごく美味しいお店に違いありませんわね。ささ、それじゃ参りましょうか」
どさくさ紛れに万里花は楽の腕にするりと絡みついた。胸が当たっているのか、楽の顔が赤くなる。
「ち、ちょっと待ってくれ、橘。店にはもう着いてるんだって」
「あら?でもそれらしきお店は見当たりませんけれど……」
キョロキョロと辺りを見回す万里花。
「何言ってんだよ、目の前にあるじゃねえか」
ほら、と楽が指差した先。
「こ、これは……」
築何十年かは経とうかというヒビ割れたコンクリートの建物に、長年の油汚れがべっとり付着したビニール製のひさし。くすんだ赤色のその表面には、今にも剥がれそうな文字で「辛々軒」と書かれていた。
「なんでもこの店は特製の麻婆豆腐が絶品らしくてな。店主のこだわりで、香辛料から厳選して作ってるらしいんだよ。これは是非とも味を盗んで、うちでもスパイスから再現してやろうと思ってるんだ。あれ、どうした、橘?」
「い、いえ、な、なんでもありませんわ……」
明らかに目が泳がせながら、震える声で万里花が答える。
「あ、もしかして麻婆豆腐苦手だったか?それなら別に他の店でも……」
「い、いいえ、そんなことはありません!今日は楽様の行きたいお店に行くのですから!ささ、入りましょう入りましょう!」
「そ、そうか?そんならいいけど……」
万里花に背中を押されながら、楽は立て付けの
続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
◆jCuNTsyVe2Xz
:2016/07/20(水)19:20:05.57:
U14Jdx730
※一応、R板の方にスレ建てしましたがエロは大してありません

モバP(※以下P表記)「もうすぐ愛梨が事務所に来る」
P「ちひろさんも買い出しで、他のアイドルの子達も皆レッスンや仕事で出払ってる」
P「つまり、しばらく愛梨と二人きり……」
P「……試すしかない」

続きを読む

[ 閉じる ]
07/26 (12:00) えすえすログ
全てのレス
元スレ
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
:2016/07/26(火)21:17:55.349:
rkTdkKG10.net
男「…入部希望だね?」
女「はい!」
男「(最初のなんだよ)それはありがとう!じゃあ、これが入部届ね」
女「分かりました!」カキカキ
部員「部長、今年は女子入りましたね!」
男「うん、めでたいなw」
女「よろしくおねがいしますっ!」
男「こちらこそよろしく。ようこそ、将棋部へ」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします
:2018/07/22(日)12:42:26.244:
ZewBnYWWa.net
俺「
>>4
だ。さっさとしろ!」
チノ「はい…」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
◆Vysj.4B9aySt
:2018/07/25(水)07:18:10.78:
K3uDkR/DO
――小鳥の声が目覚まし時計
藍子「ん……んん……」
「朝……?」
ゴソゴソ
「……もうちょっとだけ」
「スースー」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
◆rha/UmkIZ2
:2018/07/25(水)21:59:49.43:
iAyzIGtq0
タイトルを思いっきりミスった前作
高森藍子「蓮藍奏の」北条加蓮「ゆふるわ?タイム」速水奏「始めましょうか」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527679570/
一応続き?ものです

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/07/25(水)00:14:08.80:
O9cIDFeR0
私にとって指とは唯一自分の中で誇れるところだった
幼少時からピアノを習っていた私は箱入り娘のように育てられた
特に手は
料理はおろか裁縫すらさせずに高校生まで過ごししてきた
そのかいあって会う人、関わる人には例外なくこの手を褒められた
そして私はそれが誇らしかった....
その日までは

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/07/25(水)17:05:25.64:
DMaYnfKn0
――おしゃれなカフェ――
いつも私は、楽しい時間をもらっているから。
今日は、家に帰った後に、たのしかった、と言ってもらえるような時間を、って。

続きを読む

[ 閉じる ]
07/25 (18:00) えすえすログ
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/07/25(水)07:01:39.21:
cBjSykaJ0
サトシ「ゴホッ!...頭が痛い...」
シトロン「症状は不明...どうすれば治るのか」
ユリーカ「サトシ...死んじゃ嫌だよ...」
セレナ「なんとか助ける方法があるはずよ!」
シトロン「そう...ですよね。僕らが諦めちゃいけません!」
ユリーカ「わたし!オレンの実を探してくるね!」
セレナ「ありがとうユリーカ」
セレナ「(...サトシ)」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
:2016/07/19(火)01:29:46.725:
NITwLlU8K.net
オレ「あっ…あっ…」
ノロノロカタカタ
女上司「たかしくん全然仕事はかどってないなぁ」
オレ「す…すみません…」
女上司「そうだ!気分転換にたかしくんの好きなワンピースのクイズ出してあげるね」
オレ「えっ?!」
女上司「問題です!ドン・クリークが使った毒ガスの名前はなんでしょう?!」
オレ「えっえっ?!」
オレ「あっ?!ああっ?!」
女上司「答えはMH5でしたー」
同僚「またワンピースっすか?」
女上司「そうだよーたかしくんもまだまだだなぁ」
オレ(ワンピースか…一2巻しか読んだことないしキャラも全然知らないんだよな…)
女上司「たかしくんはたしかチョッパー好きなんだよね?次は冬島編から問題だすからねー」
オレ(そういえば会話したくてチョッパー好きって言ったな…)
女上司「仕事もワンピースももっとがんばりましょう!にひひ」
オレ「…」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
:2016/07/20(水)21:26:38:
dvQdKI7Y
ベッドが軋む。
情事の終わりと共に脱力し、少女の上に覆い重なるよう倒れ込んだ。
少女は放心状態のまま、静かに天井を見つめている。
その瞳からは一筋の涙が流され、それは歓びによるものか、悲哀に満ちたものなのか、判別できそうにない。
少女から女になり、彼女の中で何かが変わったのだろうか。
それとも、何も変化はなかったのかもしれない。
こんなものだと……何を思うでもなく、失望も歓びもない。
その涙は宿った後悔か、または一瞬の感慨に浸ったものかもしれない。
少女はどこまでも無表情だった。

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします
:2018/07/21(土)23:13:56.367:
gd0oluGya.net
ココア「あの人の服に付いてるの絶対に血だよ…」ヒソヒソ
リゼ「ば、ばか。聞こえるぞ…!店内で暴れられたらどうするんだ…!」コソコソ
チノ「と、とりあえず注文を聞いてきます」
チノ「あの…ご注文はお決まりでしょうか…?」
殺人鬼俺「
>>4


続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
吸血鬼すぐ死ぬのSSです◆LYNKFR8PTk
:2018/07/24(火)22:28:06.53:
CXnGCgs8O
ドラルク「なんでも安売りしていた安眠枕らしい」
ジョン「」ヌー
ロナルド「さぁて……今日はこの枕で寝るか」
ロナルド「ここ最近はロナ戦の締切に追われててまともに寝れてなかったからな」
ドラルク「ロナルド君、寝る前に君に渡したい物がある」
ロナルド「なんだよ?」
ドラルク「セロリだ。食べたまえ」
ロナルド「なんだそのシンプルな嫌がらせ!!?」
ドラルク「偶にはこういうのもいいだろう?」
ロナルド「よくねぇよ!!」ドゴォン!!
ドラルク「ぐほぉ!!?」スナァ
ロナルド「……ったく、寝る前にセロリ見せんじゃねえよ。夢に出てきたらどうすんだ」
ドラルク「よし、ならば君が寝た後に君の枕の下にセロリを置こう」
ロナルド「おー!!沢山のゲームだ!!邪魔だなー売っちゃおーかなー」
ドラルク「ああああ!!!クソゲーレビュー書けなくなるからやめてえええええ!!!」
ジョン「」ヌー

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします
:2018/07/22(日)22:04:39.924:
EMgz8Ct90.net
友希那「まずはリサ。あなたにはいつも精神的に助けられているわ、ありがとう。あなたがいなければ私たちは
     今頃解散していたかもしれないわ。あなたがいなきゃダメ。私についてきて!」
リサ「友希那?!そんなこと言われたら、アタシ…感動しちゃう…」
友希那「次に燐子。あなたはいつもRoseliaの衣装づくりをしてくれているわね。助かっているわ。
     それにあなたはRoseliaの演奏を華のあるものにしてくれているわ。ありがとう。」
燐子「ゆ……友希那さん……どう……いたしまして……///」
友希那「そして紗夜。あなたは私の気が緩んでしまったときに叱咤激励してくれているわ。ありがとう
     あなたは私の相棒的存在。これからもその厳しさと優しさで私たちをさらなる高みへ導く
     手助けをして頂戴。」
紗夜「湊さん、お褒めいただきありがとうございます。これからも日々精進してまいります。」
あこ「友希那さんっ、あこはあこは?」
友希那「あこ…。あなたはRoseliaに全然貢献していないわ。」
リサ「友希那!?その言い方はないんじゃ…」
紗夜「そうですよ…。宇田川さんだって…何か…何か?」
燐子「………………」
あこ「えっ!?どうしてですか!?あこ、Roseliaのために頑張ってきたのに…」
友希那「あなたは何もしていない。Roseliaを立て直したのはリサや紗夜だし、燐子は衣装を作っている。
     なのにあなたときたら…私の厳しい言葉に耐え切れずに逃げてただけじゃない…。
     役に立つ立たない以前の問題よ!?」
あこ「もう…もういいですっ!あこ、Roselia脱退しますっ!」
友希那「…今の言葉で脱退するなんて話にならない…。逃げてばっかりね、あこは。」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/07/23(月)21:09:59.38:
3s2DBGcs0
P「何かあったか?」
幸子「……数えきれない位には」
P「例えば?」
幸子「そうですね」
――――
幸子「……」テクテク
P「! すみません。少し、宜しいでしょうか?」
幸子「ひゅい!? え、す、少しだけなら」
―――

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
:2015/07/22(水)00:24:55.309:
PQwkCsoZ0.net
一夏「漏れる漏れる漏れる漏れるトイレトイレトイ……どおずぎるうううううう」
一夏(そ、そこらへんでやるか?駄目だ、土の地面ならまだしも屋内でやるのは流石に……)
一夏(なら女子トイレ……見られたらヤバイ……いや、というか)
一夏「もう……無理……」
箒「どうした一夏?顔が真っ青だぞ」
一夏「ほ、箒!!」
一夏(も、もうこれしかねえ!!)
一夏「箒!俺の小便を飲んでくれ!!」
箒「……は?」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
:2015/07/25(土)08:42:14.818:
qPQNZUYV0.net
千早「あの、高槻さん」
やよい「これもこれも食べられます!千早さんもいりますかっ!?」
千早「い、いらないけど、それよりその草……」
やよい「こーんなにいっぱいあるなんて、今日はご馳走でーす!」
千早「あの、この道、犬が散歩しているわ」
やよい「?」
千早「だからその、草に……おしっこをしてるんじゃ?」
やよい「???……そのくらい、いつも洗って食べますよ?」
千早「!…………高槻さん」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
4
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。