SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:【SS宝庫】みんなの暇つぶし
<<
2017年04月
>>
224件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
転載元:
男「見てるよな」イケメン「もちろん」じぃー
関連記事
男「見られてない?」イケメン「…」じぃー
【前編】
【後編】
男「見てるよな」 イケメン「もちろん」じぃー
【前編】
【後編】

1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/10(水)13:56:48
ID:NjMsGPus
男「わー」
男(周りの景色がものすごいスピードで後方に流れていく…新幹線って凄いな…)ドキドキ
今現在、新幹線に乗って東京のとあるホテルへと向かっている。
本来の地元から遠く離れた場所で、何故新幹線なんかに乗っているかと言えば───
男(勿論、それは修学旅行だから)
男(高校二年の特大イベント。皆も浮かれ気分でこれからの三日間をどう過ごすか楽しみにしている…勿論俺も…)
男(沢山思い出を作ろう…こういったイベントは少し苦手だけど…うん、けどそれでも頑張るんだ)チラリ
不良「……」
同級生「……」ピコピコ
男(でも、なんだろうこの相席状況は……?)ダラダラ

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:
男「見てるよな」イケメン「もちろん」じぃー
関連記事
男「見られてない?」イケメン「…」じぃー
【前編】
【後編】
男「見てるよな」 イケメン「もちろん」じぃー
【前編】
【後編】
271:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/12/21(月)21:22:32
ID:UlWCL1Nk
女子の部屋
イケ友「なあなあ男ちゃん! トランプしようぜトランプ!」
男「良いよ。じゃあ俺が切ってから皆に配るから…」
ぐいっ
男「……」
同級生「……」グイグイ
男「あの、同級生くんっ?」
同級生「……なにさ……」ボソリ
男「手を離してもらわないとカードを切れないって言うか…」
同級生「……」ぎゅっ
男「あー…うん、えっとイケ友? ごめん、俺の代わりに切ってくれないかな…?」
イケ友「お、おう」
男「ありがと」
同級生「……」
男「あのさ、同級生くん…そろそろ落ち着いてきた…?」ボソリ

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:
ヨウ「リーリエ・・・!?」アニポケリーリエ「・・・どなた様でしょうか?」
※ゲーム版はクリア後。アニメ版は少なくともシロンが生まれた後。
2:
やまおとこのダイチ◆hpfVx8RTHY
2017/04/27(木)21:26:16.19
ID:QgB+6NfI0
―――――メレメレ島・トレーナーズスクール
デクシオ「“こちらデクシオ。この場所にあると思われるジガルデ・セル、回収できましたか?”」
ヨウ「うーん、ダメです。見つからないですね。」
ジーナ「“おかしいですわね。このトレーナーズスクール付近にいるのは間違いないのですが…”」
ヨウ「すいません。頑張りが足りないのかも。もうちょっと粘ってみます」
デクシオ「“いえ、チャンピオンにこれ以上お手間をかけさせるわけにはいきません。もう充分です。
 …ひょっとしたら時間が悪かったのかもしれない”」
ヨウ「…時間が悪い、か。…それなら、」
ジーナ「“どうされましたの?”」
ヨウ「…やっぱりもうちょっと探させて下さい。2時間以内にはまた連絡入れます。
 …実はとっておきの裏技があるんです」
デクシオ&ジーナ「「“?”」」 

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:
喪黒福造「カフェでノートパソコンを開いてらっしゃるのですか。お若いのに感心ですなぁ」

                                        
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/04/28(金)19:04:42.695
ID:12nqo1xi0.net
喪黒「私の名は喪黒福造、人呼んで笑ゥせぇるすまん」
喪黒「ただのセールスマンじゃございません」
喪黒「私の取り扱う品物は心……人間のココロでございます」
喪黒「この世は老いも若きも男も女も、心の寂しい人ばかり」
喪黒「そんな皆さんの心のスキマをお埋めいたします」
喪黒「いいえ、お金は一銭も頂きません」
喪黒「お客様が満足されたら、それがなによりの報酬でございます」
喪黒「さて、今日のお客様は……」
【一式高志(22)大学生】
オーッホッホッホッホ……

                                                            
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:
君の名はゴジラ。【クロスオーバー】

1:
◆Z05PGixqGA
2016/09/20(火)22:57:48.74
ID:6T2N8MZKo
※両作品ネタバレ注意
俺の名前は立花瀧
最近女子高生と体が入れ替わる不思議な体験をしている普通の高校生だ
でもその日見た夢はいつもと全く違っていて……
瀧「……zzzz」
瀧「……」
瀧「……ん?」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:
男「姉さん…」シコシコ妹「お兄ちゃーん?」

1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/04/28(金)00:46:22.350
ID:1xKmHJhp0.net
男「…!」シュバババババ
妹「ん…?何かしてたの?」
男「い、いや?別になにも?」
妹「なんか姉さん…って聞こえたよ」
男「き、気のせいじゃないか?」
妹「何か隠さなかった?」
男「か、隠してなんかないよ!?」
妹「ふーん。ま、いいや。漫画貸して」
男「あ、ああ。そこにあるよ」
妹「ありがと。あ、じゃあ続き頑張ってねw」
男「…」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:
国際問題が無責任にごはんたべる

1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/04/25(火)12:46:54.41
ID:6BtjdcMZo
※このSSには実在の国家や組織その他を貶める意図は一切ありません


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/04/25(火)12:47:53.72
ID:6BtjdcMZo
一人暮らしを始めるためにアパートを借りた。条件がいいのに異様に家賃が安い部屋だ。どうやらワケアリらしい。というか間違いなくワケアリだ。というのも…
慰安婦像「男さんご飯まだー?」
床に寝っ転がって夕方のニュース見てる慰安婦像さん
男「色々問題がありすぎなんだよ!!」
このアパートは色々な問題が転がり込んでくるアパートなのでした。……物理的に

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:
アルティメット寿司じゃんけん【安価】

1:
◆mMuVgEBA.s
2017/04/18(火)22:43:30.35
ID:kbJHp9vJ0
 アルティメット寿司じゃんけん。という競技を語る時、私はいつも小学生だった頃を思い出す。
 寿司じゃんけん・・・。そんなゲームは聞いたこともないという人間も多いだろう。
 だが、きっと貴方も一度はやったはずだ。寿司じゃんけんという競技を。なに、きっと私の説明を聞けばすぐに思い出せるさ。
 
 まず、フックのように重ねた自分の両手を胸の前へ持って行く。そして「やろうぜ」と言えば勝負開始のあのゲームだ。
 
 パン、パン、と小気味よく手を鳴らしつつ『溜め』、『防御』、『攻撃』の三択をリアルタイムで選択するあのゲームだ。
 ・・・思い出してくれただろうか。そう、実はあのゲームには寿司じゃんけんという名前があるのだ。
 ・・・ん?『私はそのゲームをC.Cレモンと呼んでいた』、『私は千溜めだった』だって?
 ふふっ、そう、このゲームはルールのシンプルさと、身一つでできるという手軽さから、とてもローカル性の強いゲームになっている。
 例えば、呼び名以外にも、選択肢の種類にも、地域によって差があるのではないだろうか。
 そう。この三種以外の選択肢という物こそが、君達の知る『寿司じゃんけん』とは違う、『アルティメット寿司じゃんけん』の肝なのだ。
 さぁ、前置きはこれぐらいにして、『アルティメット寿司じゃんけん』のルールを公開しよう。

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:
【ひなビタ♪】凛「わ、わん……」プシャァァ咲子「とってもとっても、変態さんですっ」

1:
◆vXDSPRZJDU
2017/04/27(木)14:35:38.03
ID:lgk1nuFo0
霜月凛ちゃんと春日咲子ちゃんのssです!

2:
◆vXDSPRZJDU
2017/04/27(木)14:36:11.16
ID:lgk1nuFo0
ー深夜の路地裏。
凛「だ、誰も……いないわね」
凛「……よし」ヌギヌギ
凛「(禁忌を犯す背徳感と、解放感……)」
凛「(肌を通して直接伝わるひんやりとした電柱の感覚…)」
凛「(始めは、このような異常性癖を軽蔑していたものだけれど……)」
凛「(た、たまらないわ……)」ハァハァ

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:
【遊戯王VRAINS】ファイアウォールドラゴン「主人公エースか…」

1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/04/27(木)22:51:00.61
ID:XwYVH1T8o
ファイアウォールドラゴン「いよいよGW明けの水曜日から放送開始か……緊張するなぁ」
オッドアイズペンデュラムドラゴン「大丈夫? モウヤンのカレー食べる?」
ファイアウォール「あ、オッドアイズ先輩、ありがとうございます……」
オッドアイズ「まぁ気持ちは分かるよ。俺も開始前はそんな感じだったし
        やっぱ歴史あるシリーズで看板張らせてもらえると思うと考えちゃうよなぁ」
ファイアウォール「そうなんですよね、俺なんかで本当に大丈夫なのかって思うと」
オッドアイズ「こればっかりはやってみないと……って言うのも無責任か。
        よし、それじゃあ自信を付けるために先輩方にアドバイスもらいに行こう!」
ファイアウォール「えっ!? いいんですか!?」
オッドアイズ「大丈夫、皆さん優しいいい方たちだから。さ、まずはホープさんからだ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:
女「この人痴漢よ!」冤罪男「逃げるぜ!」正義マン「逃がすかァ!」シュババババ

                                       
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/04/27(木)07:28:26.663
ID:xA7c3m1B0.net
横から俺タッタッタ「そこまでだ」
正義マン「何だ貴様!俺様は冤罪男を捕まえなければならないのだ!」
俺「これだから正義マンは…」
正義マン「俺様の邪魔をするのならまずは貴様から地獄に送ってやる!!」


2:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/04/27(木)07:29:25.398ID:DCEJgB7A0.net
冤罪男(ほんとに痴漢奴)「おぅすまんな」


4:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/04/27(木)07:30:23.180ID:yjAT6KGda.net
>>2
ワロタ

                    
                                        
6:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/04/27(木)07:32:02.515ID:uUg7NU5y0.net
駅員「そこまでだ!」


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:
川д川 ある鎮守府が呪われたようです

1:
◆vVnRDWXUNzh3
2017/04/27(木)12:39:31.21
ID:32lmu8jS0
m9川д川9m「井戸の中からこんにちわー!!貞子だよー!!」
伊58「………」
m9川д川9m「………」
伊58「………」
川д川「あの、どうかしましたか?」
伊58「いや、どう反応しろってんだよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:
A「私はAです」夜神月「なんだこいつ!?」

1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/04/26(水)22:16:25.43
ID:jywTMb0Ko
A「私はAです」
月「なんだこいつ!?」
A「赤が好き? 白が好き? それとも青が好き?」
月「……!」
月(思い出した! こいつは“A”とかいう怪人!)
月(赤と答えると斬られ、白と答えると血を抜かれ、青が好きと答えると溺死させられたはず……)
月(となれば、答えず逃げるのが最良の策!)タタタッ
月「ふう、危ないところだった」
リューク「ククク……さすがだな、ライト」
月「しかし、あいつは一体何者なんだ? 元は人間だったらしいが……」
リューク「さぁな。人間でも死神でもなかった……もっと他の化け物かもしれないな」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:
ブルゾンちえみ「地震くんありがとう!津波くんありがとう!みんな、ありがとう!!あーーーッ」

1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/04/26(水)21:48:18.742
ID:xbhZT42Tp.net
ブルゾンちえみ「東北で、よかったッ!!」


3:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/04/26(水)21:51:01.524ID:EdMHzqQc0.net
勢いに草

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:
男「人の人生終わらせたったwww」

1:
◆TYzedYYWGAZw
2017/04/26(水)23:17:26.72
ID:gjP6E1+20
N国のとある都市の一角に、K氏の会社の事務所はあった。
煩雑な表通りから、細く曲がりくねった薄汚れた裏路地を5分ほど歩くと、事務所の入ったビルにたどり着く。
周辺にはカラスが食い散らかしたゴミがまき散らされ、塗装が所々はがれた建物の壁面を、深緑の蔦が覆い隠している。
そんな廃墟のようなビルに入っているK氏の事務所だが、内装は外面と打って変わって中々に豪華だった。
この事務所の内装を美しく装飾している物は、この国に溢れかえっている、恨み、憎しみ、嫉みと言った負の感情であった。

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:
男「過払い金を取り返してあげよう!」貧乏娘「ありがとうございます!」

                                        
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/04/27(木)01:35:53.626
ID:kccbOGYi0.net
貧乏娘「ようやく借金を払い終えたのに……未だに私は貧乏」
貧乏娘「ハァ……どうして私は貧乏なんだろう?」
貧乏娘「――ん?」
TV『借金を返しすぎた方は結構多いんです!』
TV『過払い金のことなら、アディィィィィレ法律事務所にご相談下さい!』
貧乏娘「過払い金か……ちょっと調べてもらおうかな」

                                                            
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:
大臣「あーあ、また失言しちゃった……」
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/04/27(木)00:40:44.21
ID:XGrmaRRGo
記者「貧困層の救済については、どうお考えですか?」
大臣「ふむ……」
大臣「もちろん出来る限りのことはするつもりだが」
大臣「貧乏な人たちも自分で頑張ってもらいたいものだねえ」
大臣「餓死したくなければね」
記者「あっ、今の発言、まるで貧乏な人は努力してない、みたいな言い方ですね!」
大臣「え……!?」
記者「失言だー! 失言だーっ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:
('A`)ドクオはついに……ぐ!こ、こんな時に……ようです

1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2009/09/11(金)21:10:28.13
ID:ryhYd/MF0
僕には一人の友達がいます。
家が隣で、小さい頃からよく遊んでます。
高校生になった今も同じ学校で、一緒に登校してます。
部活も一緒、帰るのも一緒。
別にホモじゃありません。ただの親友です。
親友……なんですが……
( ^ω^)「ドクオーおいすー」
('A`)「あぁ……いい朝だ……な……ぐ!こ、こんな時に……!?」
ちょっとおかしいんです。

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:
彡(´)(`)「もうマッマの介護疲れたンゴ」国「母親だろ!最後まで面倒見ろ!」

1:
名無しさん@おーぷん
2017/04/26(水)18:59:11
ID:lSb
彡;(゚)(゚)「国は何もしてくれない…ワイがなんとかするしかないんや…」
J(‘ー`)し「夕飯はまだ?」
彡(´)(`)「さっき食べたやろマッマ…」
J(‘ー`)し「早くしろ!飯!!飯ィ!!!!」
彡(゚)(゚)「…」
彡(;)(;)「マッマ…」

4:
名無しさん@おーぷん
2017/04/26(水)19:00:25ID:WIU
悲しいなぁ…

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:
俺「ククク…ゆっくりと楽しんでやるぜ」美少女「いやぁ!」お前ら「オラァ!」俺「グハァ?!」お前ら「ふぅ…間に合ったか」

  
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/04/26(水)16:42:15.196
ID:C3/ot7ZC0.net
美少女「…助けに来てくれるって信じてた!」
俺「君がピンチの時はいつでも駆けつけるさ」
美少女「…ありがと」ジュン
お前ら「おいお前…タダじゃおかねーぞ!」
俺「女に手を出す雑魚には負けねぇよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:
フェネック「レズじゃないよー……」クスン

1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/04/24(月)19:30:12.09
ID:UtzcqAEh0
フェネック「アライさんにそんなひどいことしないよー……」グスグス
アライグマ「えっ、あ」
フェネック「なんでそんなこと言うのさー……」ベソベソ
アライグマ「ふぇ、フェネック……」
フェネック「……」チラッ
アライグマ「うぅ……フェネック…………」
アライグマ「ご、ごめんなさいなのだ……疑って、悪かったのだ……」
フェネック「……」
アライグマ「確かによく考えれば、フェネックがこんなひどいことするわけなかったのだ……」
アライグマ「アライさんが寝てるあいだに」
アライグマ「アライさんの……アライさんのっ……ぅ、うぅ」プルプル
フェネック「よしよーし、大丈夫、大丈夫だよー」ギュッ


続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:
お前ら「おれくーん、朝ご飯だよ」おれ「んみゃ…」
                                        
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/04/26(水)01:26:04.556
ID:oZ+XtmJP0.net
おれ「ふみゅぅ…」
お前ら「あはは、よだれたれてるぞ」
おれ「おれくんまだ眠いのらぁ」
お前ら「もーう、そんなこと言わないっ。ほら、起きた起きた!」
おれ「ぱうぅー…っ!」クアー(愛らしい欠伸)

                                                            
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:
彡(゚)(゚)おっ、桜咲いとるやんけ!せや、お花見したろ!
※途中>>1が規制により書き込みができなかったため、一部テキスト部分は画像化されてます。
1:
名無しさん@おーぷん
2017/04/09(日)00:38:12
ID:qA7
彡(゚)(゚)「とはいえ、ひとりで行ってもさみしいやろしなあ…」
彡(^)(^)「おっしゃ、
>>3を誘ったろ!」

3:
名無しさん@おーぷん
2017/04/09(日)00:38:55ID:H1H
(´・ω・`)(*^◯^*)( ・`ω・´)

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:
彡(゚)(゚)「奴隷やんけ買ったろ」

1:
名無しさん@おーぷん
2017/04/24(月)18:20:19
ID:bUP
おんjでは初投稿です
男「こいつは俺の奴隷だ」美少女奴隷「ご主人様…(キュンッ)」ワイ「……」
に触発されて書きました
誤字脱字や文脈がガバガバなのはお兄さんゆるして

2:
名無しさん@おーぷん
2017/04/24(月)18:21:03
ID:bUP
―路地裏―
商人「ヘイメーン!!そこのイカしたお兄さん話があるんだが聞いてかないか?」
彡(゚)(゚)「ファッ!?何のようや?」
商人「奴隷を買ってはいかないか?」
彡(゚)(゚)「奴隷を見せてはくれんか?」
商人「お客様だ!出てこい」
奴隷「こんにちは」ソソクサ
彡(゚)(゚)「ほーん可愛いやんけ?なんぼなん?」
商人「お兄さん財布の中身見せてもらえるかい?」
彡(゚)(゚)「ええんやで」サイフミセ
商人「では財布の中身全部貰おうか?」
彡(゚)(゚)「ファッ!?この金だけで高級時計なら楽に買える金額やで?」
商人「この奴隷は顔が良いんだ。少しばかり値は張るよ」
彡(゚)(゚)「うーん....まぁええか」(貯金もあるしな)
商人「毎度あり」
彡(゚)(゚)「ほれついてくるんやで」
奴隷「はい......」トコトコ

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:
勇者♀「なぁ戦士…お前ボクと二人旅でつらくならないのか?」
                                        
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/04/25(火)00:04:42.441
ID:Ws+rtTH60.net
勇者「ほ、ほら…ボクこんなだけど一応女だし…」
勇者「お前は年頃の男だろ?」
勇者「だ、だからさ…その…溜まってるんじゃないかなって…」
勇者「次の町についたら、お小遣いで女遊びしてきたっていいんだぞ…?」
勇者「旅に出てからずっと我慢してるんだろ?」
戦士「>>4」

                                                            
                                        
4:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/04/25(火)00:05:54.703ID:ypDk/vE/a.net
実は俺の棒はもう‥‥‥切り株なんだ

                                                            
                                        
6:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/04/25(火)00:06:19.676ID:01klW80C0.net
おお、もう…

                                                            
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:
モバP「佐々木千枝10年後の誘惑」

1:
◆agif0ROmyg
2017/04/24(月)22:25:51.59
ID:X2elq1WD0
アイドルマスターシンデレラガールズの佐々木千枝のR18SSです。
佐々木千枝アイドル活動10周年記念ライブは大盛況のうちに終わった。
その日のうちにできることは全て片付け、俺と千枝は宿へと戻る。
宿と言っても単なるビジネスホテルだが、もう時間も遅いし、あとは寝るくらいしかすることもない。
いずれ関係者を交えた盛大な打ち上げが行われるであろうから、贅沢はその時まで取っておこう。
などと考えながら自室で荷物を降ろしてラフな服に着替えていたら、千枝から連絡が入った。
一大イベントを終えて興奮冷めやらぬ中、一人でいるのが落ち着かないらしい。
今夜、2人で小さな打ち上げをやりたいから部屋に来て欲しい、とのことだった。
こんな夜に、男が女の部屋に行くなんて……と思わなくもないが。
もう千枝と俺とは10年来の付き合いで、男女というよりは相棒、戦友、親子のような関係だ。
大仕事を終えたアイドルをねぎらいに行くくらいは、良いだろう。
そう思って、自室を出た。
千枝の部屋は同じ階にある。
流石に同室ではないとはいえ、アイドルと担当Pの寝る部屋がこんなに近くて良いのかと、何年か前ならそう思ったことだろう。
しかし10年も一緒に働いていて、千枝の両親とも何度も懇談を重ね、信頼関係も盤石である。
今更、変な遠慮など不要だ。
もちろん今日が区切りというわけでもない……千枝にはまだまだアイドルとして働いてもらえるだろう。
扉をノックすると、すぐに出迎えてくれた。
「あ、どうぞ……入って下さい」
白いブラウスに灰色のスカートを合わせた、リラックスした雰囲気の千枝。
テーブルには簡単なつまみやお酒が用意してある。
いつの間にこんなものを。
近くで買ってきたのだろうか。
千枝は酒豪というわけでもないが、飲酒自体は割りと好きらしく、他のアイドルや俺を誘うこともしばしばあった。
ホテルの部屋で二人きりで、というのは流石に今回が初めてだが、別に、何が変わるわけでもあるまい。
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:
ナウシカ「私もビールでいいかな」ニコ

1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2017/04/23(日)20:48:10
ID:/3HBjKzk
油屋・大宴会場
おソノ「はーいみんな注文取るよー」ガタ
フクオ「おい、お前」ボソ
おソノ「はっはっは。だーいじょうぶだって!」ニコ
ドーラ「なにがだい?」
おソノ「いやね、この人私が出産したばかりだからって心配し過ぎなのよ」
ポルコ「へッ。これだから所帯持ちは面倒なんだ」
ムスカ「豚に愛の何が分かると言うのかね」
ポルコ「なんだと。馬鹿みてェなサングラスしやがって!」ガタ
ムスカ「三分間待ってやる。その間に鏡をみたらどうかね」ガタ
アシタカ「喧嘩はやめなさい」
サン「喧嘩かっ! やれー!!」ワクワク
アシタカ「・・・・・・サン」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:
ドラえもん「なんでも転売機?!」

1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/04/25(火)01:53:14.62
ID:cMQoTTUFo
?空き地?
スネ夫「こないだ発売になった新型ゲーム機、ぼくってお金持ちだからうっかり二台買っちゃって」
スネ夫「仕方ないから余った方をネットオークションで売ったらなんと5万円で売れちゃったんだ」
スネ夫「いやぁ、パパ譲りの商才って恐ろしいね」
ジャイアン「……? ふうん……」
しずか「いわゆる転売ね」
スネ夫「さすがしずちゃん、よく知ってるね!」
のび太「転売?」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:
勇者「屁が止まらない僕と素直じゃない魔王」

1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2017/04/09(日)00:54:56
ID:jr0mvbbA
魔王「タイトルコールしながら屁をこくなバカァ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。