SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:SSなび
<<
2018年02月
>>
181件取得
投稿日時順表示
<<
0
1
2
3
>>
1位 02/02 (22:00) SSなび
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/10/28(土)01:47:33.00ID:v+awCSi8O
モバP「給料日前まで残り五日……」
モバP「……」パカ
モバP「財布の中には小銭のみ」
モバP「ああ、畜生! 大体友紀達が飲み過ぎなんだよ! 一夜にして10万も酒代だけで吹っ飛んだの初めてだわ!」
モバP「はぁ……まぁ、酔っ払って正常な判断が出来なかった俺も悪いよな」
モバP「こうなっちゃ仕方がない。物を売ってお金を増やすしかないな」

続きを読む

[ 閉じる ]
2位 02/10 (21:00) SSなび
1:
◆ULqTtBUL.k2017/07/23(日)02:21:29.05ID:jWGgUzWko
P「っ、ごほっ、ごほっ、な、なに言って、ごほっ」
楓「だ、大丈夫ですか?」
P「はい……んんっ」
楓「お水、飲んでください」
P「ありがとうございます…………ふぅ」
楓「落ち着きました?」
P「なんとか……それで、何の話でしたっけ」
楓「二人で住むのですし、少し大きめの部屋を借りないといけませんよね」
P「さっき聞いた時より何段階か話が進んでますね」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1500744088

続きを読む

[ 閉じる ]
3位 02/25 (21:00) SSなび
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/11/29(火)21:27:58.47ID:tBGYdrlp0
──────モバPの家──────
まゆ「Pさんの部屋に忍び込むことに成功しましたぁ…」
まゆ「そしてこれがPさんの枕…うふっ……?」
まゆ「」ギュッ
まゆ「」クンクンスーハー
まゆ「…?」

続きを読む

[ 閉じる ]
4位 02/08 (22:00) SSなび
1:
◆3UO.XRpYJ22017/06/02(金)13:41:22.09ID:aKaeZq+60
酒は飲んでも飲まれるな、とはよく言ったものだ。
今日の俺に関しては進んで飲まれにいった感は否めない。良い所を見せようとハイペースで飲み続けて、いつもほろ酔いで済ませているラインを大きく飛び越してしまったようだった。
因果応報? いや、この場合は自業自得の方が正しいのか。
結果として、酔いがさめてからは滝のように出てきた汗をひたすらぬぐう作業を続ける羽目になっている。
「へえ、ここがプロデューサーのお部屋なんですね」
授業前、宿題を家に忘れてきたことに気が付いた少年のような、そんな苦々しい表情をしている俺とは対照的に、彼女は興味津々といった感じに目線を四方にばら撒いていた。
「やっぱり帰りましょう、楓さん」
えー、と彼女――高垣楓さんから声が上がる。こちらを振り向いた彼女の頬は少し紅潮していたが、その表情は実に楽しげで、ふらついていたり、目が据わっていたりということもなくて。つまり、そんなに酔っぱらってないのだろう。
まあ、なんていうか。
俺の期待が間違っていなければ、自覚をもって俺に誘われたんであって。
正直、その点はたまらないのであった。
「折角来たのに?」
「いやあのですね、折角とかそういう問題ではないというか、なんというかですね……」
「他でもない、プロデューサーがここに連れてきたのに?」
「……」
「プロデューサーが来るかって言ったから来たのに、私、帰らされちゃうんでしょうか?」
うまい返しが思い浮かばず閉口する。それと同時に、理性を飛ばして下心を丸出しにしていた少し前の自分をぶん殴ってやりたくなった。
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1496378481

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
5位 02/18 (22:00) SSなび
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/04/29(月)15:28:46.99ID:OC+YoBSDO
凛「……遅いな。二人とも」
凛(加蓮も奈緒も、集合に遅れるなんて珍しい)
凛(でもまぁ、仕方ないかな。二人は最初から乗り気じゃなかったし、それに……)
凛(私のせいでもあるか……)
凛「…………はぁ」
凛(憂鬱だ)
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1367216926

続きを読む

[ 閉じる ]
6位 02/07 (21:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/03(日)23:32:59.92ID:2xOKtkh90
モバマス高垣楓SSです。
P「いやぁ、疲れたな」
P(久々に一人酒とでも洒落込もうかなぁ……)
P(ダジャレだな…漢字違うけど。疲れてるな俺)
P「でも、明日も仕事あるしなぁ」
P「というか、ウチの事務所で酒が飲めるのってちひろさんと俺と社長だけなんだな」
P(ま。そりゃそうか。飲めてもアイドルと飲むってのもなんかまずいよな。何か噂立てられると困るし)
P「ま。深いことは考えないで、英気を養う為に一人で飲みに行くか!」

続きを読む

[ 閉じる ]
7位 02/26 (22:10) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/10/17(土)23:18:07.53ID:/EvIUJZrO
事務所
ちひろ「いやでも最近のまゆちゃんの行動はちょっと……」
P「みんなヤンデレって言いますけどね、それ以上にカワイイところがたくさんあるんですよ」
ちひろ「はぁ……」
P「いつも弁当作って来てくれますよね?しかも指をいつも怪我しながら」
P「ドジっ子って時点でもう可愛い!」
ちひろ(それって弁当の中に……)
P「あと休日に外でよく会うんですよね!これって運命じゃないですか!?」
ちひろ(多分車にGPSでもつけられてるんじゃ……)
P「あ、そろそろ智絵里を迎えに行かないと……行ってきますね」ガチャ
ちひろ「駄目だあいつら早くなんとかしないと」

SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1445091487

続きを読む

[ 閉じる ]
8位 02/12 (19:00) SSなび
1:
◆3UO.XRpYJ22017/10/20(金)05:54:08.75ID:hMnejziW0
モバP「……」カタカタ
文香「……」ペラッ
周子「……」
モバP「…………」チラッ
文香「……」ペラッ
周子「…………」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1508446448

続きを読む

[ 閉じる ]
9位 02/11 (20:00) SSなび
1:
◆3UO.XRpYJ22016/05/04(水)00:47:29.90ID:5oj3SAHM0
ガチャ  バタン
ちひろ「プロデューサーさん、お疲れ様です」
モバP「あ、ちひろさん。お疲れ様です」
ちひろ「時間なので私はこれで帰ろうと思うんですけど、プロデューサーさんは今日も残業ですか?」
モバP「ええ。有香達のCDデビューが決まりましたからね。ここが踏ん張りどころです」
ちひろ「みんな、デビューのために頑張ってましたもんね」
モバP「はい!だから、CDデビューは万全の形で迎えられるようにしてやりたいんです」
ちひろ「……んー」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1462290449

続きを読む

[ 閉じる ]
10位 02/22 (23:00) SSなび
1:
◆YzsQKkaIIQ2017/07/19(水)21:54:39.04ID:6etrdnbg0
暑くなってきて高雄と汗だくセックスしたいので初投稿です
過去作
【18禁艦これ】従順孕艦高雄?絶対隷奴の服従陣?
【18禁艦これ】秘所感大淀?絶対隷奴の服従陣2?
過去作見なくても大丈夫ですんでご覧下さい

続きを読む

[ 閉じる ]
11位 02/14 (22:00) SSなび
2:
以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします2016/01/18(月)19:39:15.48ID:BkpBdhZbO
ちひろ「ふんふふー、ふーん♪」ペラッ
P「はい、たまには俺が淹れたお茶でもどうぞ」
ちひろ「ありがとうございます。んー…、いい塩梅……」
P「雑誌……、今時どんなのが流行ってるんですか?若い女の子の間では」
ちひろ「それはもちろん……」
ちひろ「これ、バレンタインですよ!」
P「…………」
ちひろ「気の早い子ならもう準備始めてる頃じゃないですかねー……」
P「う……」
ちひろ「プロデューサーさん?」
P「うわあぁあぁぁぁぁぁぁぁ!!?」
ちひろ「プロデューサーさん!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
12位 02/09 (21:00) SSなび
1:
以下、VIPがお送りします2016/06/30(木)17:47:00.891ID:XSLIlMxC0
本田「もういっそプロデューサーと駆け落ちしちゃおっかな……」
はい

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
13位 02/21 (23:00) SSなび
1:
◆TOYOUsnVr.2017/01/22(日)01:56:39.24ID:xsB5Pcfe0
事務所のソファに腰掛け、いつもの如く読書に興じていたところ凛さんがやってきました。
「お疲れ様。邪魔だったかな」
「……いえ、そんなことは。凛さんはこれからお仕事でしょうか?」
「ううん。お仕事は午前中で、午後はレッスンだったんだ」
「なるほど、それで今日は大荷物なのですね」
「うん。やっぱり冬は荷物がかさばるよね」
「そう、ですね。レッスンが始まってからは暑くなるので上着を持ってきても結局は脱いでしまうのですが」
「始まる前、だよね」
「はい。こればかりはどうにも……」
「まぁ、愚痴っても仕方のないことだよね。ところで文香は今日のお仕事は?」
「先程、撮影を終えて戻って来たところです」
「じゃあ、もう上がりなんだ」
「ええ、一息ついてから帰ろうかと思い……」
「じゃあ、私と一緒だ」
そう言って、ふふっとはにかむ凛さんでした。
凛さんは私の横に座ると、かわいらしいハンドバッグからスマートフォンを取り出し、私に見せてくださいました。
「これ、どうかな?」
「……カバーを変えられたのですね」
「うん。つい、可愛くて」
チョコレートの形をした素敵なカバーでした。
ああ、凛さんはきっと今日一日これを誰かに見せたくて見せたくて、たまらなかったのだろうなぁ、と思うと、思わず頬が緩みます。
「はい、とても素敵だと思います。それはどちらで……?」
「ああ、Amazonで買ったんだ」
「……今、何と?」
「え? いや、Amazonで買ったんだ」
「……なるほど」
南アメリカに広がる熱帯雨林、アマゾン。
凛さんが行動力に優れた方だということは存じておりましたが、よもやここまでとは思いもしませんでした。
SSWikihttp://ss.vip2ch.com/jmp/1485017798

続きを読む

[ 閉じる ]
14位 02/05 (20:00) SSなび
1:
◆agif0ROmyg2017/04/24(月)22:25:51.59ID:X2elq1WD0
アイドルマスターシンデレラガールズの佐々木千枝のR18SSです。
佐々木千枝アイドル活動10周年記念ライブは大盛況のうちに終わった。
その日のうちにできることは全て片付け、俺と千枝は宿へと戻る。
宿と言っても単なるビジネスホテルだが、もう時間も遅いし、あとは寝るくらいしかすることもない。
いずれ関係者を交えた盛大な打ち上げが行われるであろうから、贅沢はその時まで取っておこう。
などと考えながら自室で荷物を降ろしてラフな服に着替えていたら、千枝から連絡が入った。
一大イベントを終えて興奮冷めやらぬ中、一人でいるのが落ち着かないらしい。
今夜、2人で小さな打ち上げをやりたいから部屋に来て欲しい、とのことだった。
こんな夜に、男が女の部屋に行くなんて……と思わなくもないが。
もう千枝と俺とは10年来の付き合いで、男女というよりは相棒、戦友、親子のような関係だ。
大仕事を終えたアイドルをねぎらいに行くくらいは、良いだろう。
そう思って、自室を出た。
千枝の部屋は同じ階にある。
流石に同室ではないとはいえ、アイドルと担当Pの寝る部屋がこんなに近くて良いのかと、何年か前ならそう思ったことだろう。
しかし10年も一緒に働いていて、千枝の両親とも何度も懇談を重ね、信頼関係も盤石である。
今更、変な遠慮など不要だ。
もちろん今日が区切りというわけでもない……千枝にはまだまだアイドルとして働いてもらえるだろう。
扉をノックすると、すぐに出迎えてくれた。
「あ、どうぞ……入って下さい」
白いブラウスに灰色のスカートを合わせた、リラックスした雰囲気の千枝。
テーブルには簡単なつまみやお酒が用意してある。
いつの間にこんなものを。
近くで買ってきたのだろうか。
千枝は酒豪というわけでもないが、飲酒自体は割りと好きらしく、他のアイドルや俺を誘うこともしばしばあった。
ホテルの部屋で二人きりで、というのは流石に今回が初めてだが、別に、何が変わるわけでもあるまい。
イベントの成功を祝して乾杯した。
しばらく談笑してグラスを傾けている
続きを読む

[ 閉じる ]
15位 02/12 (23:00) SSなび
1:
◆agif0ROmyg2017/06/04(日)22:02:28.73ID:Z8o46KdS0
アイドルマスターシンデレラガールズの、一ノ瀬志希のR18SSです。
夜、アイドルや事務員が帰宅した後の事務所。
あたしは休憩室で目を覚ました。
余計な邪魔が入らなくて、なおかつ時間の余裕もある、良いタイミング。
ベッドを出て、いつも通り執務室で仕事をしているであろう我が愛しのプロデューサーのもとへ向かった。
給湯室へ寄ってコーヒーを一杯淹れて、特製のおくすりをタランタラーンと注いで、何気ない風を装って彼の近くへ。
PCに向かって何をしているのかと思ったら。
先日撮影した、あたし、アイドル一ノ瀬志希のCMだ。
水着になった一ノ瀬志希が清涼飲料水を飲む、何てことのない動画だけど。
プロデューサーは後ろめたそうに何度も再生しなおしてるみたい。
近づいていくと、まるで悪いことしてるのを見つかったみたいにびくっと反応した。
自分でも何でそうなっちゃうのかわからないんだろうね。当然だけど。
彼の反応には気づかない振りして、さりげなくコーヒーを勧める。
微塵も疑いを抱いていないプロデューサーは、お礼とともにそれを飲み干す。
平静を装いつつ話しかけて、軽く時間稼ぎ。
これ、この前撮ったやつだよね。いい感じ? これで完成なのかな。
「ああ、一応チェックしてるだけで、ほかに何も問題無ければこのままいくだろう。短いバージョンも作るとかいう話だが」
そっか、順調で何よりだねぇ。
なんて、おしゃべりしている間も身体はぴったりと寄り添う。
あたしの匂いをしっかり吸い込んでもらわないといけないからね。
コーヒーに仕込んだやつの効き目は、単体ではさほどでもないけれど、ある成分と反応して大幅に増強されるというもの。
あたしが喉を動かす動画を見つめる眼も、だんだんトロンとしてくる。
少し待つと、まるで居眠りする直前みたいに焦点が合わなくなる。
もうそろそろ、いいかな。
いいよね、時間は限られてるんだし。
じゃあ今夜も、楽しいこと、しちゃおうね。
肩をつかんで抱きしめてみても、何にも言わない。
素面だったらまだ絶対許してもらえないだ
続きを読む

[ 閉じる ]
16位 02/07 (23:00) SSなび
1:
◆agif0ROmyg2015/07/28(火)16:10:33.85ID:isfd8rsE0
アイドルマスターシンデレラガールズのR18SSです。
全編地の文。 
登場アイドル:和久井留美 五十嵐響子 城ヶ崎美嘉 城ヶ崎莉嘉 向井拓海
拙作、
モバP「常識改変されたアイドルたち」の続編ですが、こちらから読んでも問題はありません。
http://ss-navi.com/blog-entry-10013.html
(これまでのあらすじ)一ノ瀬志希と池袋晶葉の開発したナノマシン「インプラント」によって、俺の担当するアイドル達は皆常識を改変された。
プロデューサーたる俺は、二人の天才科学者に研究資金とその稼ぎ場、および開発環境を提供し、同時に実験体とされてごく自然にセックスするようになったアイドル達を毎日犯していた。
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1438067433

続きを読む

[ 閉じる ]
17位 02/01 (22:00) SSなび
2:
◆TDuorh6/aM2017/10/16(月)20:32:15.50ID:G+tFTeWDO
 高垣楓です……
 私、自己紹介とかってあまり、得意じゃなくて……
 こんな時、何を話せばいいのか……
 あの……頑張りますので、プロデュースよろしくお願いします。
 担当アイドル、高垣楓との最初のやりとりはこんな感じだった気がする。
 ようやく仕事も安定してきて、初めて俺が一人で担当したのが彼女だった。
 喜びと同時に、多大な不安に押しつぶされそうになったのを覚えている。
 あともともとモデルをやっていたらしく、俺と大して変わらない身長に若干威圧感を覚えたのは内緒だ。
 
 ふんわりとしたボブカット風の髪型に、左目の泣きぼくろがチャームポイントのややあどけない顔立ち。
 二十代半ばと言われても、大人び過ぎているような、けれど子供っぽさの残る表情と立ち振る舞い。
 よく見るとオッドアイだったり綺麗過ぎる髪だったり。
 兎に角、初対面の俺はその神秘的な姿に面白いくらい緊張してしまった。
 内面は、どちらかと言えば内向的。
 自分の考えを人へ伝えることはあまり得意ではなく、自己紹介も一瞬で終わってしまったのを覚えている。
 けれど実は案外抜けているところや天然なところがあり、駄洒落が好きだと知った時はむしろ安心したくらいだ。
 思った以上に、等身大な女性だった。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/07/25(月)17:52:01.17ID:Owbo4o4G0
あやせ「いつも変態的なこと考えてるくせに…いざって時はナニもしてくれないんですね!」
京介「えっと…」
あやせ「どうしようも無い童貞ですね…エッチなことしてくれなかったら今夜は返しませんからね」
京介「」

続きを読む

[ 閉じる ]
19位 02/07 (23:00) SSなび
1:
◆agif0ROmyg2015年07月10日(金)15:35:47ID:QPCpDlDh0
アイドルマスターシンデレラガールズのR18SSです。
全編地の文。 
登場アイドル:乙倉悠貴 二宮飛鳥 相原雪乃 小松伊吹 鷺沢文香 高峯のあ 一ノ瀬志希 池袋晶葉
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1436510137

続きを読む

[ 閉じる ]
20位 02/08 (21:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/07/31(月)20:09:43.60ID:UhBMTtDm0
※話がごっちゃごちゃ
龍驤「キミィ…うちの胸がまな板みてーやってぇ!?」
提督「えっ、いやそうは言ってな…」
龍驤「確かに聞こえたでぇ!」ゲシッ
提督「いってぇ!」
龍驤「この!ドグサレがーッ!」ビシバシ
提督「痛い痛い!」
提督(あ、でも悪くない)
鳳翔「龍ちゃん。そこまでにしてあげて?」
龍驤「…」
龍驤「ほ、鳳翔さんがそういうなら…」
提督「…」ションボリ
鳳翔(このまな板のデザイン、可愛いと思うんだけどなぁ…子供っぽいかな?)
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1501499383

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
21位 02/07 (22:08) SSなび
2:
◆NHPmfNic1.yv2017/10/23(月)00:18:08.17ID:hnxvWjGp0
艦長(そうは言ったが。)
艦長「後進、右!思いっきりだ!」
艦長(厳しいな。)
夜明けと共に砲撃戦が始まった。
敵の砲弾が艦の直前に次々と落ちる、水飛沫が窓にかかる。
艦長「全速、舵を左へ、砲撃用意!」
艦長「ここで直進だ!」
ダン!ダン!ダン!…4秒に1発の速さで砲弾を撃ち込む。
と敵から爆炎が上がる、1発の直撃だ!
副長『よしっ、命中だ!』
が、敵の攻撃は止まない。
艦長(当たっただろうが!)

続きを読む

[ 閉じる ]
22位 02/01 (18:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/12/20(火)22:54:09.10ID:Sexe9OcC0
今回もニッチに好き勝手やります
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1482242048

続きを読む

[ 閉じる ]
23位 02/16 (20:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/11/26(土)18:00:37.33ID:i8kqGCrS0
事務所から外に出ると冷えた空気が頬をはたきます。
11月の末とはいえ、この冷え込みは相当です。
夜空には厚く雲がかかっていて星は隠れていますが、見上げた視線をゆっくり落としていくと、街のあちこちでイルミネーションが輝いています。
迎えの車を待ちながら、私は人工的な星の瞬きを眺めていました。
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1480150836

続きを読む

[ 閉じる ]
24位 02/14 (23:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/02/15(日)06:09:51.09ID:4XGDoTZA0
「提督、まだ起きていらっしゃいますか?」
夜も更けた執務室
傍から聞くと幼い声がノックと共に響く
来てしまったか……
提督「ああ、起きているよ。こんな時間にどうかしたか?」
自分の声に違和感を作らぬよう、努めて冷静に応える
扉が開けばそこには予想通り鳳翔
泣きそうな顔をして立っている
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1423948190

続きを読む

[ 閉じる ]
25位 02/25 (19:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/12/31(土)01:22:02.50ID:dubwYL420
男「変な勘違いはやめてくれよな」
ツンデレ「な、…なによ!こ、こっちだって、アンタなんか願い下げよ!」
男「別に幼馴染っていってもただの腐れ縁だしな」
ツンデレ「…っ…」
ツンデレ「そ、そうよ!なによ!?何が言いたいのよ!?」
男「…」スタスタ
ツンデレ「…何よぉ…」

続きを読む

[ 閉じる ]
26位 02/13 (18:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/12/27(火)23:22:22.55ID:Hdl6EOwc0
今回も好き勝手やります
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1482848541

続きを読む

[ 閉じる ]
27位 02/09 (23:00) SSなび
1:
◆agif0ROmyg2017/05/11(木)22:12:58.70ID:Dn2X/YwO0
アイドルマスターシンデレラガールズの速水奏のR18SSです。

異性の身体を性的な目線で見るとき。
男は胸やお尻を直接的に見るけれど、女は指とか唇とかに目が行く、ってよく言うわよね。
別に異論は無いのだけれど、でも。
男の人だって唇に目が釘付けになること、珍しくないでしょう。
特に、今みたいに。
事務所でアイドルと担当プロデューサーが二人きり、って時にはね。
お昼休みの事務所で、他の人はみんな出払ってる時間帯。
私、速水奏は間食を摂っていた。
これからレッスンがあるから、軽めに済ませておいたほうがいい。
というわけで、コンビニで買ってきたコーヒーゼリーを頂く。
たいしたサイズでもないし、すぐに食べ終わっちゃいそうだけど、急いで食べたりはしない。
ゆっくり食事したほうが満足できるというのもあるし、何より。
黒と白のお菓子を口に運ぶ私をチラチラ見つめる彼の視線が心地よくって。
白くて濁った液体が舌に絡むのを見て、よからぬ思いに取り付かれているみたい。
軽く唇を舐めるだけで、ぴくっと反応してくれる。
もう楽しくて仕方ない。
毎晩毎晩、もっと熱くて濃いのを飲ませているくせに、昼間はこうなのね。
もちろん、視線を疎ましく思ったりしない。
他の人ならともかく、毎日私だけを見て私のことだけ考えて傅いてくれる年上の男性が、私を見て平然としていられなくなるの。
女として最高に嬉しいことじゃない。
付き合い始めたばかりってわけでもないのに、こうも新鮮な反応を返してくれるんだから、こっちも熱が入ってきてしまう。
わざと大きめに開いた胸元、一回余分に折って短くしたスカート、太くならないよう気を使っている脚。
どれもアイドルとして魅せつける、いわば商売道具だけど、私のことを誰よりもよく知っている人に見られるのはまた格別。
無言のままにじっくり弄んだ後、私は立ち上がった。
彼がキーボードを叩く音も、一瞬途絶える。
じゃあそろそろ、次のレッスンに行ってくるわね。
終わったら迎えに来てくれる?
それで、張り詰めかけ
続きを読む

[ 閉じる ]
28位 02/17 (17:45) SSなび
1:
◆TOYOUsnVr.2018/02/02(金)01:44:50.92ID:BHsgrPsN0
凛「いや、えっ?」
P「ノースリーブのタートルネックってエロくないですか、って」
凛「それ。私を見て言ってる?」
P「他にどこにノースリーブのタートルネックがいるって言うの」
凛「なんでちょっと偉そうなの」
P「で、ノースリー」
凛「もうわかったから、三回も言わないで」
P「はい」
凛「それで? なんだっけ。私の今の恰好がその、卑猥に見えるわけ?」
P「卑猥って言い方はなんか違う」
凛「うん。それはそうだよね。普通の服着てるわけだし」
P「わかんないかなぁ」
凛「ごめん。本気でわからない」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1517503490

続きを読む

[ 閉じる ]
29位 02/20 (21:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/01/07(月)00:10:20.27ID:H4COo1750
ガチャリ
P「あの……」
小鳥「はい。何の御用件でしょうk……え?」

続きを読む

[ 閉じる ]
30位 02/14 (18:00) SSなび
1:
12014/02/13(木)23:02:28.76ID:TR289wUv0
ちひろ「カレー食べたいですね」
モバP「いいですね」
ちひろ「カレーの肉は何を入れますか?」
モバP「牛肉ですね。関西出身の親の影響で」
ちひろ「そうなんですか? 私は最近チキンカレーにはまっていて」
モバP「ほうほう。俺も最近チキンカレーもいいなーと思えるようになってきて」
ちひろ「食べやすくていいですよ」
モバP「なるほど。カレーといえば、カレーに野菜ジュースいれるとコクがでておいしいですよ?」
ちひろ「野菜ジュースですか……。私はやっぱり」
ちひろ「チョコレートがいいと思いますね!」
モバP「ん?」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1392300148

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。