SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:SSなび
<<
2018年05月
>>
166件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
4
>>
05/22 (02:00) SSなび
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/10/19(日)21:15:19.28ID:mXWgMEuu0
穂乃果の日常if
書き溜めなし
短い
3年生の教室――
希「なあ、今日は寒いしコンビニで肉まん買って帰らん?」
絵里「そう言って、一昨日も食べてたじゃない」
希「そやったかなあ?」
絵里「私は別に構わないけど……」
さすさす
希「ちょ、ちょっと……えりち、何お腹触っとん?」
絵里「スカートきつくなっても知らないわよ」ニヤ
希「えりちのいじわる……」
ダダダダ――
絵里「うん?」
ガララ!
穂乃果「絵里ちゃあああん、希ちゃあああん!!」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1413720909

続きを読む

[ 閉じる ]
05/22 (01:52) SSなび
1:
◆/BueNLs5lw2014/10/24(金)22:36:29.79ID:fHYJJGwj0
絵里「青春の影」」、
希「青春の影」と同じ世界観で、にこのその後みたいな感じ
書き溜めなし
のろのろ
この胸の中には、いつもとびきりの笑顔をくれる少女がいた。
希がにこの家に遊びに来てから、随分と日が経った頃。
にこ「……」
にこは送られてきたSNSのメッセージに、苦笑いする。
にこ「何よこれ、仲直りできたってこと?」
絵里と希の両方から、キャラクターが深々とお辞儀するスタンプが貼られていた。
にこ「別に、にこは何もしてないし……」
適当にスタンプを貼り付けて、メッセージを送信する。
にこ「人の応援なんてしてる場合じゃないのにね」
携帯をベッドに放り投げて、椅子にもたれかかる。
肌寒い。
時計の針の音。日が陰り始めていた。
時間が進んでいる、それがふいに物悲しい。
にこ「洗濯物、入れよ……」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1414157779

続きを読む

[ 閉じる ]
05/22 (01:46) SSなび
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/07/13(日)21:35:07.67ID:Y5IumzHG0
絵里「青春の影」の社会人verです。
書きためなし。百合、エロ、シリアス。
とある大学の研究室――
教授「……というわけで、本日のゼミは以上です。次は来週の……」
院生「希ちゃん、ありがとう。あの英訳全然分からなくて困ってたんだよ」
希「いいですよ。丁度、最近読んだ論文と内容が被ってたんで」
院生「私も未読の論文溜まってきちゃってるんだよねー……」
希「夏休みの宿題、最後まで残しておくタイプですか?」
院生「……そーなの」
希「ファイトです……」クスクス
院生「笑わないでよ、もう」
希「笑ってなんか」
院生「かーおー」
希「あ、ちょっと頬っぺた引っ張るのやめてくださいって」
院生「もちもちしてて羨ましいねー」
希「先輩の方が……女性らしい」
ぷるるる――
院生「彼氏……?」
希「違いますよ?」
院生「そっか、良かった」
希「?」
希は携帯を見る。電話をかけてきた人物の名前が表示されている。
胸がざわつく。心地よいものではない。希は少し息を吐いた。
希「じゃあ、先輩また明日」
院生「ええ」
希はポケットの車のキーに手をかけて、足早に廊下を駆け下りていった。
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1405254907

続きを読む

[ 閉じる ]
05/22 (01:18) SSなび
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/04(水)14:09:56.41ID:0ku/kJwW0
穂乃果「さて、お集りのみなさん、そろそろ時間ですがご意見はまとまりましたか?」
海未「ええ、まあ一応ですが……」
穂乃果「凛ちゃん達は?」
凛「凛たちも決まったにゃー!」
穂乃果「オーケイ!それでは、せーので指さしてくださーい。はい、せーの!」
机の上には一枚の模造紙が敷かれてあった。紙面には、『3年生へのプレゼントについて』というお題目が書かれている。
そして、箇条書きで並ぶ案の一つに、全員の指が止まっていた。
穂乃果「……おお!!これは」
ことり「みんな考えることは同じみたいだね」
穂乃果「では、満場一致で、プレゼントは『思い出のアルバム』に決定です!」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1401858596

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
05/22 (01:10) SSなび
1:
sage2015/12/30(水)00:09:02.29ID:go/DP7i/0
何番煎じか分かりませんが、
少女が百合に目覚めて、ノンケを落とすまでを安価で進めます
良ければお付き合いください
何も書き溜めてませんので、
まずは主人公(♀)の年齢から↓
>>2
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1451401742

続きを読む

[ 閉じる ]
05/22 (01:08) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/08(火)23:42:02.57ID:z5LabO5O0
趣旨:虎井先生に安価で色々百合百合してもらう
虎井先生のスペック

ポニーテール
25歳
165cm
受け体質
虎井先生「初めまして、今日からあなたの家庭教師になります。虎井です」
虎井先生「自己紹介からしましょうか。あなたの名前は?」
あなた「>>3」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1457448122

続きを読む

[ 閉じる ]
05/21 (23:30) SSなび
1:
◆DpM/5nZU1E2015/08/06(木)15:05:15.48ID:EGPX2vfa0
提督がおかしな言動をとるお話
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1438841115

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/08/13(火)00:10:09.53ID:bOsSuVu10
御坂さんが上条さんに告白しましたが、あっさり「ありがとう」と言われて、
そのまま走り去られてしまった後、インデックスさんと遭遇しました。
美琴「なんで、あんたそこにいるわけ」
インデックス「いや、その、ちょろっとね……えへ」
美琴「聞いてたんでしょ。良かったじゃない。あんた大勝利じゃん……」
インデックス「当麻は誰に対してもあんな感じだと思うけど……」
インデックス(そもそも、気持ちが伝わってるのかどうかさえ怪しいんだよ)
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1376320209

続きを読む

[ 閉じる ]
05/21 (21:30) SSなび
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/04/26(土)23:29:10.10ID:KCf46V5X0
タイトル通りです。書き溜めなしです
佐々木「親なし、金なし、食料なし……学校も休みか」
佐々木「娘に黙って行くとかないわ……せめて、ご飯おいてってほしいんだけど」
佐々木「……」ぐうー
佐々木「……えー、どうしよう。なんかないかしら……」
佐々木「おとんの部屋に、確かカップ麺があったような……」
トタトタトタ――
おとんの部屋
佐々木「しつれーしゃっす……」
キョロキョロ――
佐々木「たばこくさ……こんなところにいたら死んでまう……」
佐々木「ん?」
机の上に書置きを見つける。
佐々木「……なにこれえ」
佐々木「出張えろえろマッサージ?」
佐々木「……と、電話番号が書きなぐってある……」
佐々木「……扉に鍵もかけずに、こんな卑猥なメモを人はこのように放置していくのでしょうか……?」
佐々木「罠?」
佐々木「……いや、でも、ねえ……出張えろえろって……ネーミング……ぷぷっ」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1398522549

続きを読む

[ 閉じる ]
05/21 (21:00) SSなび
 
Fate
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/07/06(月)01:02:43.73ID:O6Lr9wpJ0
士郎の部屋
士郎「お、お前ら喧嘩はよせって」
セイバー「……」
凛「怒らないでよ。悪気はなかったんだから。私としたことが、宝石の種類を間違えるなんてね」
士郎「だってよ」
セイバー「今、敵が来たらどうするつもりなんですか……私もあなたも幼い少女になってしまって」
凛「可愛いわよ……?」ニコ
セイバー「ええ、凛も可愛いですねッ」ニコ
士郎「あ、あとはごゆっくり」
セイバー「シロウ!」
凛「とにかく他の連中に悟られるわけにはいかないから。今日一日はこの家で大人しくしていましょう」
セイバー「……これでは、マスターを守れない」
凛「アーチャーをつけてるから安心しなさいよ」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1436112153

続きを読む

[ 閉じる ]
05/21 (20:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/03/06(月)18:28:21.32ID:1T3KgKxB0
潮「曙ちゃん! 曙ちゃん!」
曙「なによ」
潮「曙ちゃんって提督のことが好きなんだよね!」
曙「……は? ごめん、意味が分からない。あれと私のやりとりを見てよく言えるわね」
潮「私知っているよ? 曙ちゃんはつい好きな人にキツくなっちゃうツンデレさんなんだよね? インターネットに書いてあったもん!」
曙「……そのインターネットが嘘をついているかもしれないじゃない」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1488792501

続きを読む

[ 閉じる ]
05/21 (19:00) SSなび
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/10/05(土)11:54:34.09ID:U0bPQ034O
みく「人生とは何か」
みく「なーんて質問は、何の意味もないにゃあ」
みく「だって、その答えは、人によって違うんだから」
みく「答えが欲しいと言うなら、聞くだけ無駄にゃあ。参考にするならともかく」
みく「自分で出した答えじゃないのなら、自分にとって何の意味も持たないにゃ」
みく「他人の足でダンスは踊れない」
みく「つまり、何が言いたいかと言うと……」
みく「…………」
みく「にゃははは! みくにも良く分からないにゃ!」
みく「にゃはっ、にゃははははは、にゃフッ、ガッ、ゲホッゲホッ」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1380941674

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
05/21 (18:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/09/10(木)00:50:06.89ID:lyfB+YCa0
その晩、早霜たちは球磨川の河口にある八代港に停泊することになった。
「停泊」と称されはしても、別して艦娘たちは鎖の首輪によって犬の如く港に縫い付けられる必要はない。艦娘たちも一応は人間として犬よりかは信頼され丁重な扱いを受けるべきであった。
わざわざ「停泊」という些か非人間的な表現を取る理由は、その逗留が彼女たちの「艦娘」としての仕事のためであったからだ。
早霜たちの艦隊は岩川基地で行われた合同演習に参加し、今はその帰路にあった。長崎の佐世保が彼女達の所属である。
薩摩の地を渡り、八代海から有明海という内海上の予定航路は、外海における深海棲艦との遭遇による無用の損害を避けるためとされている。せっかく兵器が人型なのだから、その利点を活かすべきと提督は判断したようだ。
提督の意図とは別にこの道筋は艦娘たちにも好ましいものであった。艦娘たちは外洋への遠征に駆り出されると、何週間という単位で単調な水平線を眺めなければならないこともざらにあった。
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1441813806

続きを読む

[ 閉じる ]
05/21 (18:00) SSなび
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/20(日)01:49:30.744ID:MZvsxWFG0
JK「またこの満員電車で会いましたね、痴漢さん♪」
JK「全く...なんでこの痴漢に厳しい今の世で、こんないたいけな女子高校生を痴漢しちゃったんですかぁ...?」
JK「...え?してない?」
JK「うふふっ...また『やっちゃおう』かなぁ...」
JK「この小麦粉と水で作った白いドロドロの液体を、私のスカートにつけて...」
JK「私がキャーって叫べばあ...」
JK「うふふっ...あとは、前と一緒です♪」
JK「そういえば...あれからどうなったんですか?奥さんと♪」
JK「え、別れた?...うふふっ♪そうですかそうですか♪」
JK「だから私が前に提案した条件を飲み込んでおけば...痴漢したという冤罪も、奥さんと別れることも...なかったんですよお?」
JK「もういちど、提案してあげましょうか?」
JK「私と...結婚を前提にお付き合いしてくださあい♪」
みたいなのどうよ続き頼む

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/01/28(土)20:38:23.85ID:rg8Aeqqt0
優花里「うう、最近一段と冷え込むな?。そうだコンビニで温かい飲み物でも・・・」
優花里「(おや、あれは西住殿。雑誌コーナーで立ち読みですか、コンビニにいる姿を見ると戦車道での凛々しさは想像できないものがありますな)」
優花里「(まあ、その辺のギャップも大変魅力的なのでありますが。それでは早速をご挨拶を・・・)」
優花里「(と思いましたが何やら真剣に読み込んでいるようなのでお邪魔しない様にいたしましょう。それにしても何の雑誌でしょう?)」
優花里「(ここから表紙が見えますかね。えーっと、パチンコ常勝ガイド!?西住殿が何故パチンコの雑誌など?)」
優花里「(いや、早とちりはいけません。コンビニ好きな西住殿の事、コンビニ探索の一環としてたまたま目に付いた雑誌を手に取っただけかもしれません)」
優花里「(ってレジにて持っててそのまま買った?)」
優花里「(これはいったいどういうことなのでしょうか・・・西住殿がパチンコを?)」
優花里「(パチンコといえばうちの床屋の待合室にあった漫画でパチンコで借金膨らませた女性の話が・・・)」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1485603503

続きを読む

[ 閉じる ]
05/21 (14:34) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/11/11(月)13:13:22.51ID:RQStbuba0
東京都足立区、閑静な住宅街にある
築八年の一軒家ここが日本でトップクラスの
プロフリーター
>>1の住処だ
表舞台では決して語られることの無い
フリーター業界の真実を求め我々はプロフリーター
>>1
の一日を追った

続きを読む

[ 閉じる ]
05/20 (21:00) SSなび
3:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします2014/03/11(火)16:25:32.46ID:I62kEiHOO
 00:キュートガール
 カワイイ。
 自分はカワイイ。
 誰よりも何よりも。
 世界で一番。この世で一番。
 銀河一、宇宙一。
 ――ボクは、カワイイ。
 アイドルにとって一番大切なことは何か。
 そう聞かれたら、輿水幸子はこう答える。
「自分に対する絶対的な自信」
 無論、人によって、その答えは違うものに変わるだろう。
 歌、踊り、ビジュアル、総合的なパフォーマンス、ファンサービス、権力とのコネクション。
 上げれば限がないほど、アイドルというものは、あまりに沢山のものを求められるのだ。
 

続きを読む

[ 閉じる ]
05/20 (20:00) SSなび
関連スレ:
凛「かわいそうなプロデューサー」

1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/02/28(木)17:08:32.46ID:iSBu2G3+0
莉嘉「わーい!」タタタタ
仁奈「わー!」タタタタ
千枝「わぁー」タタタタ
雪美「……わー」タタタタ
みりあ「わぁーい!」タタタタ
千佳「わーい!!」タタタタ
P「この蟹味噌共がッッッ!!!!!!」バンッ!!
ロリ達「「「「!!!!!!??」」」」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2018/05/02(水)19:17:35ID:9vIGGXTg
深山琥太郎
常盤ナツミ
深山琥太郎
深山琥太郎
深山琥太郎
常盤ナツミ
深山琥太郎
深山琥太郎
深山琥太郎
深山琥太郎
ニャル子「……眼鏡のレンズに文字が浮かび上がりましたね」
ニャル子「深山……誰ですかそれ」
頼子「それは前のデータね、蝶番のところに付いているボタンを押せば消えるはずよ」
ニャル子「ほぉ」ポチッ
ニャル子「消えました、これはいったい」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/20 (15:56) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/13(日)01:57:07.42ID:vPqDX5AN0
※注意「Mな人向けの内容です。過激なエロ・グロテスクな表現はありませんが金的がメインの話です。幸子がドSという訳では無いので、いじめられるのが好きな人にはむいていないかもしれません」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1526144226

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
05/20 (12:53) SSなび
1:
◆SoD6pGzb.jT52018/05/16(水)16:02:07.81ID:1UhCsC/70
 司会が口を開く。
「...それでは早速、第七回シンデレラガールのウサミンこと、安部菜々さんから受賞のコメントをいただきましょう!」
ワー...パチパチパチ...
 菜々が壇上に上がる。
「ン゛ン゛ッ...歌って踊れる声優アイドル目指してウサミン星からやってきました、ウサミンこと安部菜々です!」
パチパチパチ...
「...この挨拶をはじめてから、いくつ経ったでしょうか。ようやく...ようやく...この場に立つことができました。
何度もくじけそうになりました。何度アイドルを諦めようと思ったか。何度枕を濡らしたか。辛いこともいっぱいでした。
そんな菜々を救ってくれたのは、ファンの皆さんであり、プロデューサーであり、そして、ウサミンでした。
地下アイドル活動に限界がみえた頃、手をさしのべてくれたのはプロデューサーでした。
いつも元気でいられるのは、ファンの声援のおかげでした。
菜々がアイドルでいられるのは、ウサミンがいたからでした」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1526454127

続きを読む

[ 閉じる ]
05/19 (23:00) SSなび
2:
◆t6XRmXGL7/QM2016/10/16(日)00:57:08.96ID:+W7L+k0i0
瑞樹「ねえねえ、みんなはさ、特に菜々ちゃんと早苗ちゃんだけど、その」
早苗「?」
瑞樹「セックスしたことある?」
早苗「はぁ!?」菜々「あー……」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/19 (21:20) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/11/19(月)02:39:04.44ID:8AQN2g+XO
P母「最近は便りのひとつも寄越さないし…」
P母「電話をしても今忙しいの一点張り」
P母「思いたったが吉日とも言うわよね」
P母「Pをこっそり覗きに行きましょう」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/19 (20:00) SSなび
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/11/10(日)23:09:40.40ID:gVo5Vc180
オリジナル エロ 百合
寝れないから一つ書きます。
単純にエロが書きたいだけのものです。
書きためなしです。
いつもより早く起きて、電車に乗った。
それが間違いだった。自分が花も恥じらう女子高生だったことを忘れていた。
社内はおっさんの加齢臭やら汗臭さやらが充満して、最悪の極み。
社会の歯車の一つとして頑張っている?
そんなの知ったことではない。
こっちは女子高生だ。
将来の保険料やら年金やらのために生かされてるようなもんだろ。
むしろ、敬って欲しい。
ああ、話がずれた。
とにかく朝の電車内は、人に押されてもみくちゃにされて最悪だった。
私はとにかく早く椅子に座りたくて、座席のすぐ近くに陣を構えた。
鼻息の荒い、お腹だけが妙にでっぷりとした子豚の隣に仕方なく立つ。
と、ちょうど電車が止まった。
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1384092580

続きを読む

[ 閉じる ]
05/19 (19:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/08/04(火)17:35:44.48ID:/oaSzdo60
磯波にとって夏とは個人的に実感のわかないものであった。
しきりに喧伝される夏といえば、真っ赤な太陽、蝉の鳴き声、穏やかな風に、山川海といった自然の風景である。
しかし、磯波にとって夏と聞いて真っ先に思い浮かんだのは、カーテンを締め切った部屋を隅まで照らす蛍光灯、階下からかすかに聞こえてくる高校野球のテレビ音声、冷房の人工的に透徹した風、目の前に真っ白のまま開かれた日記帳。それは夏の課題であった。
磯波にとって他の課題は簡単であったが、この日記というものだけはどうしようもなく苦手であった。「夏の思い出」なんてものを磯波は持たなかったためだ。
世間のいう「夏」と磯波の思う「夏」の間には単語一つとは思えないほど豊かな相違があり、磯波は誰かが「夏」と言うのを聞いても、どこか空虚で概念的にしか理解できなかった。
自分の実感を頼って夏という言葉を充実させれば良いと考えたことはあるが、てんでダメ。磯波自身が間違っているのであって、世間一般の方が正しいのだろうという意識がどうしてもそこにはあった。
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1438677344

続きを読む

[ 閉じる ]
05/19 (18:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/05/01(日)18:42:45.43ID:IFaJQV8To
図書館にて
提督(学生時代、以下提督)「『艦娘の参加する戦闘の特徴、その影響を述べよ』…ね」
提督「京都の某大学入試みたいな問題だな…」
暁「難しいの?」
提督「んー…偉くアバウトに見えるんだよね、問うてることが。」
暁「あー、確かに」
提督「まぁ、でもこういう問題嫌いじゃないけどね…色んな切り口があって」
暁「例えば?」
提督「じゃあ、一つずつ論じていこっか」
・暁と提督は幼馴染みと言うことでお願いします
・基本的にいちゃらぶのつもりですが、僅かに学問的要素があるかも?
・>>1は戦術とか基本にわかです。理論的な誤りなどがある可能性があるので、ご容赦ください。
・辻褄を合わせようとしたのでオリジナル設定、若干おかしなところ有り
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1462095765

続きを読む

[ 閉じる ]
05/18 (23:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2016/12/24(土)09:28:05.54ID:+qkJ/WPKo
友人提督「漣って、あの漣?」
提督「ああ。初期艦のな」
友人提督「いくつだっけ?年齢は」
提督「12歳だな」
友人提督「…確認するが、毎晩何をしてるって?」
提督「セックス」
友人提督「変態!ロリコン!」

続きを読む

[ 閉じる ]
197:
絹旗「超不幸です……」0/101+おまけ22010/04/26(月)04:11:18.44ID:2GSUyV6o
絹旗「はっ、はっ、はっ、はっ……」
 絹旗最愛は、学園都市の暗部組織、『アイテム』の一員である。
 その彼女は今、路地裏を駆けていた。
 さながら、狩られる獲物のように。
絹旗「っ、まだ超追ってきてるんですかっ!?」
 絹旗は後ろを振り返り、それを確認する。
 と、その瞬間に、パシュン、と発砲音が聞こえ、絹旗のすぐ横を銃弾が掠める。
絹旗「――――っ!」
 再び、加速。
??「はっ、『アイテム』の大能力者って言っても、やっぱりこの程度なんだなっ!」
 絹旗は答えない。
 その代わりと言わんばかりに、路地裏に転がっているゴミ箱を投げつけた。
 それは簡単に小物透人に弾き飛ばされ、幾度となく繰り返された鬼ごっこが再開される。

続きを読む

[ 閉じる ]
05/18 (21:00) SSなび
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/10/20(日)23:37:07.32ID:5a07cNam0
モバP「俺が菜々を満足させる。」
菜々「へへ、ほんとですか?Pさん♪」
P「ああ、もちろんだ。」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1382279827

続きを読む

[ 閉じる ]
05/18 (20:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/11/24(日)01:29:00.26ID:rypdEbOQ0
2月25日(月)
男「もう少しだけ待って!バイト代が入ったら必ず払うから…」
女「はぁ、使えないわね。今月中に払えなかったら解約よ」
男「わかった…」
女「じゃあ私帰るから」
男「え!今日はデートの約束してた日じゃ…」
女「本来の支払い期限は昨日なんだから今は恋人でもなんでもないの。用もないのに話しかけないで」
女「それにこの契約のすべての権限は私が持ってるの。私が解約したいって思ったらいつでもできるんだから口答えしないで」
男「そんな…」
女「ぐちぐちうるさいわね。じゃお金はよろしく」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
4
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。