SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:エレファント速報:SSまとめブログ
<<
2017年03月
>>
422件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/03/31(金)12:31:08.59
ID:YFnzPjFfO
沖田「サーヴァントセイバー推参。あなたが私のマスターですか?」
士郎「…な、なんだ」
ランサー「なるほど、俺の読みは当たってたってことか。本当に7人目とはな」
沖田「早速対サーヴァント戦ですか。…その槍、ランサーですね」
ランサー「おおよ、そういうお前はセイバーだな。その腰の得物…刀か」
士郎「お、おい待て、あいつはヤバイ!」
沖田「心配いりませんマスター、私の剣技、徳と見ていてください!」ザッ!
ランサー「来るかよ!オラァ!」ガキィン!
沖田「甘い!」ブン!
ランサー「チッ!なかなか早えじゃねえか!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆5N2znl.vwk2017/03/31(金)15:53:24.32
ID:cCWWWdx80
Fate/GrandOrderの二次創作ssです。
キャラ崩壊などが苦手な方は気を付けてください。
今回は地の文無しでいきます。
前回 
ニトクリスとアルトリアの食レポ-わらび餅編

2:
◆5N2znl.vwk2017/03/31(金)15:53:59.20
ID:cCWWWdx80
アルトリア「いつもならもうじきおやつの時間です。アルトリアはお腹が空きました、ドクター」
ロマン「くっ...そんなあざとい言い方をしても無駄だぞ!君はいったい僕が、あの量のあんこをどれだけ苦労して貯めたと思ってるんだ!」
立香「まあまあ、ドクターもそんなに目くじらを立てずに!第一、人類が滅びるかどうかのこの事態に、あんこのことで仲間割れなんて...」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/03/30(木)21:19:40.48
ID:V1s5A1ql0
ある日、草野優衣は友達の安芸真琴とともに学校の帰りに近くにある喫茶店にやって来ました____
ワイワイ……ガヤガヤ……
安芸真琴「いやぁー、ここの喫茶店新しくできた人気の店らしいけど、行けてよかったな」
草野優衣「うん、そうだね……」
真琴「なんだよ優衣、お前から帰りに誘ったんだろ!そんなにしけて一体どうしたんだよ?」
優衣「あのね、真琴ちゃん。実は……相談したいことがあるの……」サワサワ
真琴「何か悩みか?ひょっとして相談のためにこの店に誘ったのか……よし、アタシら親友だろ!なんでも言ってくれ!」
優衣「ありがとう真琴ちゃん。実はね……騎士くんのことなんだけど」
真琴「あいつのことか。もしかして、あいつに何かされたのか!?」
優衣「違うよ!その……今度のお休みの日、騎士くんのことをお家へ招こうかなって」モジモジ

【プリンセスコネクト!】CM第一弾
【プリンセスコネクト!Re:Diveリダイブ】公式プロモーション映像 第一弾
続きを読む

[ 閉じる ]
2:
◆TDuorh6/aM2017/03/30(木)20:08:16.34
ID:iP/kDhRwO

「茜、海に行かないか?」
きっかけは、とっても唐突だったね。
特に用事もなかったけど、なんとなーく事務所に行ったあの土曜日の朝。
ドアを開けた茜ちゃんに向けられた一言目は。
茜ちゃんの思考をフリーズさせるには十分だった。
「おやおや?どしたのプロちゃん、デートのお誘いかにゃあ?」
一旦自分を落ち着けるため。
状況を理解するため。
そしてプロちゃんをおちょくるため。
そんな冗談を言ってみて。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/03/30(木)23:38:25.46
ID:MDHVpfn30
□「よしよし芳乃」□
つかさ「おはよ」
ネネ「……あっ、おはようございます……」
つかさ「……なんでそんな小声なわけ?」
ネネ「……あっち見てください……」
つかさ「ん?」
芳乃「……すぅ……すぅ……」
つかさ「寝てるな」
ネネ「寝てますね」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
12017/03/31(金)01:55:17.83
ID:irS+EJtK0
プレオーフェン二次創作

2:
12017/03/31(金)01:55:39.82
ID:irS+EJtK0
◇◇◇
 休息は如何なる存在にも必要だ。
 それは、強力無比な魔力を保有していたウィールド・ドラゴン種族も例外ではなかったらしい。
 ウィールド・ドラゴン=ノルニル。
 あるいは単に天人とも。彼女たちはかつてキエサルヒマ大陸に漂着した人間種族を迎え入れ、庇護してくれた存在である。
 天人の容姿は、ドラゴン種族特有の緑眼を除けば人間とほぼ変わらず、両者の間で混血が生まれるほどだった。
 紆余曲折あって天人は大陸から姿を消したが、彼女達が何も残さなかったわけではない。
 天人との混血は魔術を行使できる人間種族、所謂魔術士の誕生を齎したし、
 もっと直接的に、彼女たちの強力な魔術が込められた遺産が大陸各地にばら撒かれていた。
(まあ、遺産なんて呼び方は、人間が勝手に言ってるようなもんだけどね。
 言外にこれは我々のものだー、なんてアピールしちゃって、ほんと意地汚いっていうか)
 そんな風に胸中で他愛もない愚痴を零しながら、彼女――アザリーはため息をついた。
 アザリー。不動産を持たない為、家名はない。
 現在は魔術士養成施設である≪牙の塔≫のチャイルドマン教室に在籍している。
 彼女は強力な黒魔術士で、同時に白魔術の素養すら持つ怪物であるが、
 専攻しているのは主に滅びた天人種族に関することだった。そこには当然、彼女達の遺産に対する取り扱いも含まれている。
 天人の魔術は、声を媒介にする人間種族の音声魔術とは違い、魔術文字を用いて構成を編むため沈黙魔術と呼ばれている。
 この魔術の特性は、その保存性にあった。
 風に紛れてしまう声とは違い、文字は記せば半永久的に残る。
 つまりは魔術の効果を長時間維持できるし、また、天人以外の者でもその力を行使することができるというわけだ。
 彼女たちの残した魔術的な道具が遺産と呼ばれるのは、この辺りが原因だった。
とはいえ、誰もが遺産の力を十全に発揮できるわけではない。続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2017/03/30(木)20:58:29
ID:7RiPl0Vo

穂乃果「え?」
海未「・・・」
穂乃果「あ・・・」
海未「・・・」
穂乃果「今の・・・海未ちゃん、だった?」
海未「はい」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします2017/03/31(金)02:51:46.562
ID:KECGMHwXr.net
サターニャ「またってなによ!それじゃあいつもやられてるみたいじゃない!!」
ガヴリール「違うの?」
サターニャ「今回は油断していただけよ!」
ガヴリール「前も取られてたじゃん」
サターニャ「前回も!前々回も油断していただけよ!!」
ガヴリール「お前ずっと油断してるな」
サターニャ「なっ!不意をついてくるあの糞犬が悪いのよ!」
ガヴリール「かわいそうだな」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/03/31(金)00:06:57.27
ID:n/U0KpIm0
五十嵐響子ちゃんのSSです 鬱展開なので苦手な人は避けたほうが良いかと
「プロデューサーさんっ、ネクタイ曲がってますよっ」
「お、悪いな響子、ありがとう」
ーー私、五十嵐響子は、誰かに何かをしてあげるのが好き。
ーー特に、大切な人に何かをして喜んでもらえたり、ありがとうって言ってもらえると、幸せな気持ちになる。
「プロデューサーさん、お茶にしますか? コーヒーにしますか?」
「いや、響子もさっきまで収録で疲れてるだろう、少し休んでてくれ」
「いいんですよっ、そのほうがおちつきます」
「そうか......悪いな」
ーーまだまだ新人だけど、だんだん仕事も増えてきている。
ーーもっともっと、いろんなお仕事がしたいな。
「おねーちゃん、テレビ見たよ! すっごくキラキラしてたー!」
「えへへ、ありがとう! 今度帰ったとき、一緒に歌おうね!」
「わーい!!!」
ーーお仕事で疲れていても、テレビ通話で弟たちの屈託のない笑顔を見ると、疲れが吹き飛ぶ。
ーー私は、周りにいる人たちを幸せにしたい。周りの人たちの、笑顔がほしい。
ーーだから私は、明日もアイドルを頑張るんだ。
「五十嵐響子で、「恋のhumburg」でしたー!」
「響子ちゃーん!」「さいこー!」
ステージに向かって大きな歓声が吹く。
決して大きいとは言えない会場だが、今日の響子のライブも大成功だった。
「今日も良かったな。この調子でどんどん売り出していこう」
「はいっ!ありがとうございますっ」
かわいらしい顔、お姉ちゃんキャラ、15歳にしては相当魅力的なスタイル。
アイドル、五十嵐響子の人気は、日に日に上がっていった。
「響子、明日は〇〇局のバラエティ、そのあとはラジオの収録だ。」
「わかりました、お弁当作っていきますね」
「あまり無理はするなよ、昨日も今日も仕事で疲れているだろうに」
「大丈夫ですよっ、プロデューサーさんこそ、あまり夜遅くまで仕事してちゃだめですよっ」
「やれやれ、響子にはかなわないな
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/03/29(水)20:11:39.03
ID:o/S8cl9g0
明石「はい。このウイルスにかかった者は」
明石「好意を持っている相手に対して文字通り『デレデレ』になるんです」
提督「何でそんな物作ってたんだ……」
明石「作ったというか出来てしまったというか」
提督「?」
明石「実は、金剛さんから惚れ薬を作って欲しいと頼まれまして」
明石「作っていたら薬品をこぼしてしまい……」
提督「偶然の産物、ってやつか」
明石「はい」
提督「金剛も金剛だがお前もお前だな……。というか」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします2017/03/30(木)20:57:03.504
ID:MmgtCeTG0.net
1、天使の羽広げて皆に祝福を
ガヴリール「ダルい……飛んで帰ろう」パタパタ
ヴィーネ「ちょっと!空なんて飛んで!人に見られたらどうすんのよ!」
ガヴリール「大丈夫だろ……何かの間違いだと思うよ」
ヴィーネ「そっちじゃなくてパンツ丸見えよ!」
ガヴリール「///」ガバッ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします2017/03/30(木)22:56:26.180
ID:MA6lG3GMd.net
池のある公園
サターニャ「今日はいい天気ねー!こんな日は外でメロンパンを食べるに限るわ!」
犬「わん!」
サターニャ「あんたの分もあるから安心なさい!」
犬「わん?」
サターニャ「池の見えるベンチで……いただきまー」
犬「わん!」
サターニャ「ちょ、あんたの分はそっち!こら!これは私の……!」スポーン
犬「あっ」
サターニャ「え、あ、あぁぁあ!!!!!」
ポチャーン…

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆OW1CEojZt0DI2017/03/30(木)23:08:38.24
ID:c54ev6dd0
肇ちゃんとP夫妻が布団に入りながらのんびりイチャつく話
・独自設定多め
・一応、シリーズ物ですが、今作からでも大丈夫です
(どの話も色んなシチュで肇ちゃんとPがイチャつく内容です)
前作  
【モバマス】藤原肇「何気ない、素敵な日々の階段を」
一作目 
藤原肇「はじめる新しい関係、変わらない想いと共に」
それでは、よろしくお願い致します。

2:
◆OW1CEojZt0DI2017/03/30(木)23:11:26.11
ID:c54ev6dd0
【寝室、布団の中にて】
チク、タク…チク、タク…
P「……………」
P「……………肇」ボソ
肇「……………何ですか、Pさん?」
P「あ、まだ起きてたか」
肇「ええ。どうしました?」
P「いや、何となく、まだ起きてるかなーって」
肇「そうですか」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします2017/03/30(木)19:35:42.817
ID:BiUwDfwH0.net
ガヴ「…」
ガヴ「……」
ガヴ「………」
ガヴ「………………断るっ!」
おわり

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/03/30(木)20:35:01.39
ID:2FcmIGFg0
改変ネタ
キャラ崩壊は気にしない

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/03/30(木)20:36:26.09
ID:2FcmIGFg0
モバP「え?ラブレター!?飛鳥って書いたことあるの!?」
飛鳥「一応ね……だが先に言っておくけど心温まるような話じゃない」
飛鳥「言うならそう、これはボクの過ち。いわば罪の告白だと思ってくれ」
モバP「罪って……おまえ何をやったんだよ」
飛鳥「これはボクがこのプロダクションにきて最初の夏の話さ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/01/04(日)16:17:36.26
ID:6eYwcoRKo

沙織「えへへ、いっぱい買っちゃったぁ」
みほ「沙織さん、お金大丈夫なの?」
沙織「そんなの気にしちゃダメだって、みぽりんっ。こんな大きな街に来ることなんて滅多にないんだからさぁ」
優花里「確かに試合の抽選会でもなければ足を伸ばそうとは中々思いませんよね」
沙織「そーそー。こんなときこと奮発しなきゃ」
みほ「そうなのかな」
麻子「それより時間も時間だ。そろそろ夕食にしないか」
沙織「お、いいね。こうなったらとことん豪勢にいっちゃおー!!」
優花里「武部殿、今日は大盤振る舞いですね!!」
麻子「一回戦の相手はサンダースなのに浮かれてどうする」
みほ「ご、ごめんなさい……クジ運が悪くて……」
華「あのぉ、食事でしたら是非、行きたい場所があるのですが」
沙織「どこ? 焼肉?」
華「いえ、回転するお寿司屋さんに行ってみたくて……」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/03/30(木)14:14:54.22
ID:3ZjDgkyK0
※中の人ネタです
マルティエル「いや待ってたよぉ!やっとお嬢様が帰ってきてくれたゆぉ!嬉しいなあ!」
ラフィ「え……その……え?」
マルティエル「ねぇなんにぃするぅ?お出かけとかぁ、お食事のお誘いがいっぱいきてるのぉ!」
ラフィ「マルティエル?具合でも悪いんですか……?」
マルティエル「まっさかぁ!いつもとおんなじだよぉ」
ラフィ「そうですか……」
マルティエル「ねぇ、どうするぅ?お誘い受けるぅ?」スッ
ラフィ「えっと……そうですね……」ガサッ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/03/27(月)19:37:35.93
ID:F4R/xHE50
「……やぁプロデューサー。久しぶりだね、今日の朝に別れて以来かな」
「ああ、こら。今このここのこんな状況が飲み込めないのだろうということは分かるが、出ていこうとするのはやめないか。キミが至るべき場所はここで間違いなく、ここへボクが居ることも紛れのない現実だよ」
「そう。それでいい。キミの居場所はその扉の外ではなく、中。ボクの居るこちら側なのだから」
「ん、なんだい?『どうして』?」
「……うぅん、そうだね。その『どうして』という疑問には幾つかの要素が混ざり、併せ抱いた形で込められているのだろうけど……」
「なんと言えばいいのかな。……ふむ、まず、そうだな。大きく言うのであれば、驚かしてやりたかったのさ」
「そう。キミを、ボクが、驚かしたかった」
「大きく言うならそういうことさ。そしてそれは、とりあえずのところ成功したらしい。……先ほどの反応。表情。声の調子。……ふふ、ああ、見事にね」
「用意したサプライズ。満を持してのこの機会。驚いてもらえない、などということになってしまっては甲斐がない。……ボクの期待を裏切らないキミのことだ。きっとそんなことにはならないだろうと信じていたが……良かったよ。今この時において、キミはボクの期待に沿ってくれている」
「流石はボクのプロデューサーといったところかな。……そうして困惑と疑問の中へと溺れている今のキミからしたら、そんな『流石』など嬉しくはないだろうが」
「そして……そうだね、細かく答えていこうか」
「キミの『どうして』という疑問の言葉、それへ細かく」
「まず、そうだな。この場所へ何故、というところから答えようか」
「ここ。……キミの住む、事務所のどのアイドルも知らないはずの、この家へ。キミの家へ何故いるのか」
「それについては簡単だ。それとなく探ってみたところ、アイドルの皆には確かに誰一人として知られていなかったこの場所。そこへ今ボクがこうしているのは、ただ単純に知っている人間に聞いたからさ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆WzRH90WIXM2017/03/15(水)21:49:23.50
ID:XmVdNgOg0
このSSは前作
【安価】入間「出来たぜ白銀!性転換ライトだ!」【ニューダンガンロンパV3】
の続きとなっております
一応前作のキャラのまとめを
>>2から貼っていきますが、未読の方はなるべく前作を先に読んだ方がいいかもしれません
BLGLNL要素がありますのでご注意ください
分かりやすくする為、性転換済みキャラクターのみ名前表記の隣に♂♀表記を入れます
ニューダンガンロンパV3のネタバレを含みます、クリア済み推奨
ギャグにするかシリアスにするかRにするかエ口エ口悩んだけど、前回と同じようなノリにすることにしました
前置きが長いですが、白銀のターンになりましたら安価が入りますので、その時はまた宜しくお願いします
それでは前回までの、性転換されたキャラと非性転換キャラの簡易まとめを貼り終わった後、本編開始となります

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆WzRH90WIXM2017/03/28(火)12:36:50.72
ID:cQPCoOct0
白銀「心機一転新スレだよ!前スレは」
1スレ目
【安価】入間「出来たぜ白銀!性転換ライトだ!」【ニューダンガンロンパV3】
2スレ目
白銀「性転換ライト2!安価もあるよ!」【ニューダンガンロンパV3】
白銀「だよ!内容は前スレ
>>583の内容からそのまま続きになるから宜しくね!」
白銀「あと前スレ
>>630で王馬くんのCVを田村ゆかりにして読んでるって言ってた人!」
白銀「そう思って読み返してみるとナイスだったので、わたしも田村ゆかりだと思うことにするね!」
白銀「一応前スレ最後付近の展開を地味に3行でまとめると」
・24時間惚れ薬
・増えるレズ
・赤松誕生祭(途中)
白銀「って感じかな?」
白銀「前スレはHTML化依頼しといたから、落ちる前に内容を振り返っておいてね」
白銀「まあ当分落ちないだろうけど…」
白銀「
>>2から一応、前スレまでの内容を踏まえてキャラまとめを更新して貼っておくね!」
白銀「前スレまでを読み返すのが面倒な人は地味にそっちをチェックだね」
白銀「それではキャラ説明が終わったら、本文いきなりスタートです!」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/03/27(月)08:08:21.10
ID:/0LitR620
少女とは、どの様な存在であろうか。
P「そろそろ終わりにするかな。」
アイドル達を見送り、静かになった事務所で独り呟く。
半年後に控えるライブの資料製作も大分進んだ。
P「帰ろう・・・」
戸締りを確認して怖いほどに静かな階段を降りる。
昼休みの女子高校の姦しさも鳴りを潜めた夜の事務所。
頭がすっきり回転する夜風を受けて車に乗り込む。
まゆ「お仕事終わりましたかぁ?」
何度目であろう。
人間慣れと言う物は恐ろしい。
P「まゆ・・・こんな遅い時間まで車内で。」
まゆ「Pさんのことを考えていたら待ち時間も楽しいんです。」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします2017/03/29(水)21:59:06.207
ID:tz9/7gL/0NIKU.net
サターニャ「まさか山に生えてるだなんて 意外だわ」
サターニャ「この山の中で好物のメロンパンを食べられるなんて」
サターニャ「今日は最高だわ!!」
サターニャ「さっき変な色のきのこ食べたけどまだメロンパン一個ぐらいは入るわ!」
サターニャ「なーっはっはっは!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、真宮寺にかわりましてさくらちゃんがお送りします◆al3ln3vY2Kmc2017/03/24(金)16:29:24.82
ID:ZKtUsUk10
注)
・このSSは「左門くんはサモナー」のパロディです
・キャラ崩壊や口調崩壊の目白押しです
・設定もある程度左門くんに合わせてあるのでV3と設定に違いがあります
・ストーリーも大体左門くんです

2:
以下、真宮寺にかわりましてさくらちゃんがお送りします◆al3ln3vY2Kmc2017/03/24(金)16:30:12.37
ID:ZKtUsUk10
赤松(取り敢えずこういう時は、事の始まりから説明すべきだと思う)
赤松(心の声は私こと赤松楓)
赤松(この話をするに至って触れざるを得ないのが、教室に一人ニコニコしているこの少年)
赤松(王馬小吉。この編入して間もない転校生で)
赤松(強烈な人間性でクラスから完全に孤立していた)
赤松(彼が転校初日に言い放った言葉は今もなお鮮明に思い出せる)

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/03/29(水)20:22:34.92
ID:yYuywfKCO
 プロデューサーくんが欲しいわ。
 ……ええそう。プロデューサーくんが、貴方が……貴方の、貴方からのキスを貰いたいの。
 それはもちろん悩ましいわ。
 プロデューサーくんを望むのは揺るぎないこととして……けれど、いったいプロデューサーくんの何を求めるのか。
 プロデューサーくんの身体、その内のどの部分を欲しいと願うべきなのか。
 それはとても難しい……とても、とても、難しい問題。
 プロデューサーくんの身体は、存在は、すべては私にとってかけがえのない尊いもの。
 何一つ余さず、只一つの例外さえなく、心の奥底から至上だと認められるような唯一のもの。
 だから……そんなプロデューサーくんだから。その内のいったい何を私は願えばいいのか、願うべきなのか。……それを選んで決めるのは簡単じゃない。
 一本一本が確かな感触を伝え、幾重にも重なりながら私へ絡まってきてくれる髪。
 甘く温かな吐息を伴って、艶やかに輝く柔い肌の繊細な触感を晒す顔。
 呼吸のために上下しては熱っぽく体温を高め、濃密で濃厚な愛おしい汗の味を纏う首元。
 引き締まりながらも柔らかな、弾力のある素敵な噛み心地を備えた二の腕。
 お腹のぷにぷにと爪のすべすべ、まったく異なる二つの舌触りを叶えてくれる指の先。
 気持ちよく心地のよい鼓動を刻んで、溺れてしまいそうなほどの穏やかな安心を感じさせてくれる胸。
 包み込むように抱き留めて、どこまでも深くどこまでだって優しく許して受け入れてくれるお腹。
 広くて大きくて、男らしく少しごつごつとした硬さを持ちながら私を迎えてくれる温い背中。
 身体を犯し尽くし心を壊して蕩けさせてしまうような、噎せ返るほどの深い官能を贈り注いでくれる秘所。
 五臓六腑から脳髄までもを強く激しく痺れさせて、その痺れに焼かれる私を厚い肉の感触を以って招き入れてくれる臀部。
 腕と同じく引き締まりながらも柔らかな、けれどそれよりも更に広く多様な心地を届けてくれる脚。
 首元のような味の濃さと併せて手のような舌触りも叶える、触れる
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/03/28(火)22:49:58.98
ID:ZfFi+SyN0
……
?図書館
アライグマ「ハカセ! おしえて欲しいことがあるのだー!」
ハカセ「……いいでしょう。おしえてあげるのです」
ミミズク「ただでおしえてしまって、よいのですか?」
ハカセ「めいろを抜けてきたと言っても、もんだいを読む読まないどころか、ループにさえ気づかずでたらめに走り回っただけ。めちゃくちゃです。ただのまぐれなのです。りょうりなどできるはずもないのです」
ミミズク「たしかに」
ハカセ「むしろこーいう底抜けのあほには、図書館があらされないうちに、とっととお帰りねがうです」
ミミズク「さっさとおしえて帰らせるですね」
アライグマ「? さっきからなにをこそこそしているのだ?」
フェネック「まーまーアライさん。ゆっくり待とうよー」
ハカセ「こほん。おしえてやるのです。あなたがなんなのかを」
フェネック「あー、いやいやぁ、それはもう知ってい」
ハカセ「あなたは………………」
ハカセ「レズです!!!!」
フェネック「…………は?」

続きを読む

[ 閉じる ]
13:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします2017/03/29(水)22:25:28.450
ID:G1TZwNfdaNIKU.net
パラド「あれ?あいつが残したゲーマドライバーとガシャットどこ行った……?」
パラド「まぁいい、プレイヤーは多い方がいい」
パラド「さてどうなるかな」
?????????????????????????????
ガヴリール「ふふぁ、ねっむ」
ガヴリール「ヴィーネは先行っちゃうし……帰ってもいいかな」
ガヴリール「何だこれ……、ゲームカセットとベルトか?」
ガヴリール「天使としては交番に届けなくちゃだな」
ガヴリール「決して家の方法に交番があるからじゃない」
ガヴリール「でもおかしいな、スイッチ押しても反応しない」
ガブリール「壊れてるのか……うッ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/03/29(水)22:11:52.53
ID:rMXLd8Y10
ーー事務所ーー
まゆ「フフフ…、今日こそ光ちゃんにアクを抜いただけのピーマン食べさせちゃいますからねぇ……」
光「目を覚ませ!まゆさん!まゆさんはいつも美味しい料理を作ってくれるだろう!だのに、こんな、こんな!」
まゆ「ニンジンも湯がいただけの物を食べさせちゃいますよぉ……」
P「くそっ!目を覚ましてくれー!まゆー!」
まゆ「トマトも冷やした物をそのまま食べさせてあげますからねぇ……」
光「くっ、こうなったら力ずくででも目を覚まさせてやるしか……!」
光「P、変身だ!!」
P「おう!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/03/29(水)20:44:30.82
ID:ncWmaq0l0
アライさん「フェネック、フェネック」
アライさん「アライさんのしっぽに、ちくちくするタネをくっつけて遊ぶのはやめるのだ」
アライさん「いや、ついてたよー、とってあげるよー、じゃないのだ」
アライさん「歩きながら後ろからぽいぽい投げてるところを、ばっちり見てしまったのだ。げんこうはんなのだ」
アライさん「……まぁ、とってくれるなら、それでいいのだ」
アライさん「とったタネをアライさんのあたまにくっつけるのはやめるのだぁ!!」ブンブン

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします2017/03/29(水)22:49:42.741
ID:OhdRmKcY0NIKU.net
サターニャ「気づいちゃった?どうよこれ、かっこいい悪魔って感じじゃない?」ニョキイ
ガヴリール「あれ?お前らってこんなにツノでかかったっけ…」
ヴィーネ「いや、こんなおっきくない…」
サターニャ「実は昨日魔界通販でツノの成長調整剤を買ってみたのよ!」
ガヴリール「それはいいけどさ…」キョロ
ザワザワ…
ツノ…?
ヴィーネ「ここ学校よ!?ツノ消せ!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/03/29(水)23:34:37.09
ID:FaTirkVY0
最原「はぁ……夢野さんの帽子にご飯つめて食べたい……」
茶柱「はぁ……夢野さんが水中脱出マジックで使った水で喉を潤したい……」
最原「夢野さんがショーで使うステッキになって投げ飛ばされたい……」
茶柱「転子でよければ投げてあげますよ?」

注意
・紅鮭団時空
・ニューダンガンロンパV3のクリア後推奨。
・低クオリティ
・キャラ崩壊、口調が怪しい
・なんでも許せる方向け。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。