SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:エレファント速報:SSまとめブログ
<<
2018年02月
>>
304件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/22(木)00:52:38.74
ID:8/6zLVsd0
●全16レス+α(予定)
●キャラ曲解・崩壊注意
●うっちーかわいいようっちー

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/22(木)00:54:05.59
ID:8/6zLVsd0
【黒木智子へ10の質問】
※その1※
Q.あなたにとって、二木さんはどういう人ですか?
黒木「・・・ふ? ふた、き・・・?」
黒木「(あ、あー・・・ (●▲●)のことか)」
黒木「(あのやたらハイスペックな、顔文字二号)」
黒木「(騎馬戦で無双して、射的で無双してたな)」
黒木「話・・・ したことは、ないです」
黒木「ただ、結構・・・ 見かける機会は、その、多くて・・・」
A.まあ、なんだか、すごい人だとは・・・ 思います。
「・・・ ・・・ ・・・」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆FFa.GfzI162018/02/23(金)12:33:24.33
ID:gi+Jo0/VO

曙「クソ提督、パワポケの新作はいつ出るのよ?」の続き
・パワポケ×艦これ
・提督、曙、明石が主要キャラ
・ほのぼのSS
2:
◆FFa.GfzI162018/02/23(金)12:48:09.13
ID:gi+Jo0/VO
明石「ふふふーん」
 
提督「あれ、明石何スマホいじってるんだよパワポケをやれパワポケを」
 
明石「パワポケも楽しいですけどパワプロアプリも楽しいですよ」
 
提督「パワプロアプリなぁ楽しいけど最近はやってないな」
 
明石「因みに私はランクS8の上級者ですよ」ドヤァ
 
明石「提督はどれくらいですか?まあ、どうせS2くらいでしょうけど」
 
提督「え、SS2だけど…」
 
明石「?!」
 
提督「月30万くらいしか課金してないけどな」
 
明石「いや、バリバリの廃課金じゃないですか!よくそれで最近はやってないとか言えますね!」
 
提督「だって、最後にログインしたの二時間前だし」
 
明石「うわぁ…the廃課金の思考ですね」
 

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/02/23(金)02:32:33.608
ID:GEZukxU60
吸血鬼「おっと、どこへ行くんだい?さっきの聞こえていたはずだよね。……まったく。」
吸血鬼「キミはいつになったら慣れてくれるのかな。キミは私に血を与えるべき存在であること、分かっているよね?」
吸血鬼「そう、だったらはやく首を私に晒したまえ。今日は深くまで寝込んでしまったから、そのぶんお腹が減ってしまった。」
吸血鬼「聞き分けのないキミへの罰といつ意味も込めて……今日は多めに、いただこうかな…。さあ、いくよ…。」
吸血鬼「……かぷっ。………んっ……ちゅっ、ん………んっ…………つぷっ…。」
吸血鬼「……ごちそうさま。相変わらず美味しい血液だったが、味が少々濁っていたようだ。キミも、きちんと眠らなきゃいけないよ?」
吸血鬼「それとも……私への想いが溢れて、夜も眠れない……とか?ふふふっ。」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん2018/02/22(木)19:42:00
ID:nrY
男「さっき手のひらサイズのでっかい蜘蛛がいた気がする」
アラクネ「………」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/22(木)19:32:43.55
ID:60BbHll00
ひゅうっと冷たい風が通り過ぎる
うう……寒い……Pチャンまだぁ?
こんなに寒いなら手袋を持ってくれば良かったな
冷たくなっちゃった手を合わせて、ほうっと息をかける
ちょっぴりあったかくなって、すぐにまた冷たくなっちゃう
「さむ……」
夜空を見上げると、お月様が静かに光ってる

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆twOYNJxMJs2018/02/23(金)01:46:44.09
ID:VIR2F0CN0
―事務所―
かな子「お疲れ様です」
凛「あ、かな子……お疲れ様……」ズーン
かな子「凛ちゃん大丈夫? どこか体調でも悪い?」
凛「いや、病気とかじゃないんだけど……」
かな子「?」
凛「ああ……えっとね、ハナコがいなくなっちゃったんだ」
かな子「ええっ!? いなくなっちゃったの!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2018/02/23(金)01:14:30
ID:t6WktX.M
※短編になります。
?とある会場にて?
ヴィーネ「いい?私とラフィでここまでしてあげたんだから、しっかりとお客様の笑いを取るのよ?」
サターニャ「任せなさい!さぁ、行くわよ、ガヴリール」
ガヴリール「へいへい…」ポリポリ
ラフィエル「ガヴちゃん、サターニャさん、ファイトです?(さて、どんな風に楽しませてくれるのでしょうか??)」ワクワク

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆zOmEgane2k2018/02/22(木)20:21:52.89
ID:9a+VV6a70
彼の手が好きだ。
私を撫でる彼の手が好きだ。
彼に触れられると、
じんじん、暖かくなって、
ぴりぴり、電気が走るようで、
きりきり、切なくなってしまう。
それを我慢しきれずに、身を強張らせてしまうと
彼は、ばつが悪そうに手を離してしまうのだ。
……もっと、撫でてください。
そう思って、
すりすり、彼に身を寄せてみても、
この気持ちが伝わったことはない。
たった一言お願いするだけで済む話なのかもしれないけど、
それくらい、わかってほしい。
伝わらないのは、単に、彼が鈍いからなのか、
それとも。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆ukgSfceGys2018/02/22(木)21:15:39.92
ID:/BOGgI/ZO
モバマスSS、みくにゃん誕生日記念
みくメインのオムニバス形式です。
オムニバス形式初めてなので口調間違いなどあったらすいません…
次から投稿していきます。

2:
◆ukgSfceGys2018/02/22(木)21:17:49.18
ID:/BOGgI/ZO
みく「おはよー……ございまーす……」
モバP(以下P)「おはよう、みく。……ってなんかあんま元気ないな」
みく「正直言うとちょっと疲れてるにゃ……最近のスケジュールはハード過ぎにゃ……」
P「あー……すまんな……。これでも調整はしてる方なんだが、いかんせんここのところ良い話が多くてな……」
みく「……んーん、かまわないにゃ。お仕事が沢山あるってことはそれだけ人気があるって事だしね!」
P「すまない……もう少ししたらまとまった休みを入れるから」
みく「ありがとうPチャン!でも忙しくて最近猫カフェに行けてないのだけが心残りにゃ……次のオフまでお預けかにゃあ……?」コトッ
P「気持ちはわかるが事務所来る度に猫耳を持って来るのはやめなさい。そろそろ俺の机の周りが猫耳で埋もれて、なにか儀式めいた状態になってるから」
みく「あー……こうしてたら猫チャン召喚できないかにゃー……?」
P「おーい、みくー?帰ってこーい!目の焦点が合ってないぞー」ユサユサ
アーニャ、のあ「「……」」ジー

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/02/22(木)22:10:50.309
ID:5hW9CcvJ0
小泉さん「ラーメン一つください」
リン「1500円」
小泉さん つ[1500円]スッ
リン「へいラーメンおまち」
小泉さん「いただきます」
小泉さん(ヂュルヂュルヂュルルルルヂュブッヂュルズズズッンンン...ンパァ////
リン(しかし美味そうに食うな…)
小泉さん「ラーメンも富士山も堪能しました…ごちそうさまでした。私は次のお店に行くのでこれで失礼します」
リン(行っちゃった…こんな夜中なのに)

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/22(木)21:10:53.10
ID:e7XgbnN20
2月22日の事務所。
前川みく、龍崎薫、浅利七海の3人でユニットを組んでいる設定。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/22(木)21:11:55.29
ID:e7XgbnN20
薫「みくちゃん、おたんじょーびおめでとうございまー!」
七海「おめでとうございますれす」
みく「ふたりとも、ありがとにゃ」
薫「かおるね、みくちゃんにプレゼント用意したの!」
七海「七海もれすー」
みく「どうせ七海チャンはお魚なんでしょ…(嬉しいにゃー!なになに?どんなの?)」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/22(木)21:37:34.26
ID:CCU7GSBqo
恐らくn番煎じであろうユッコ(デレマス)とフィアンマ(禁書)のSSです。短いです。
因みにスレタイの台詞、文字数の都合上端折りましたが正確には
「特別なことが出来るなら、やるのが使命だって思うんですよね」です。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/22(木)21:38:50.99
ID:CCU7GSBqo
堀裕子「誰ですかあなた!」
フィアンマ「……俺様は右方のフィアンマ。元世界的宗教の影の支配者だったりした、今はただの無職かな」
堀裕子「一人称が俺様の無職」
フィアンマ「そんなことより、特別なことが出来ると言ったな。実は俺様も出来るんだ」
堀裕子「おお! やはり能力者同士は引かれ合うのですね!」
フィアンマ「で、お前は具体的に何が出来るんだ?」
堀裕子「あ、えっと超能力を少々?」
フィアンマ「ほうあの街の能力者か? いや特別というからには原石か」
堀裕子「うーんよく分かりませんが確かに世界的スーパースターの原石みたいなところはありますね」
フィアンマ「何を言ってるんだお前は」
堀裕子「えぇ……」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/02/22(木)18:01:10.359
ID:uBU+3ybj0
ベジータ「漢字検定二級だと!?」
悟空「おめぇしらねぇんか?」
ベジータ「そんなことこの俺が知るわけないだろう!」
悟空「チチが取れってうるさくてよー。とにかく勉強で忙しいから組手はできねぇんだ」
ベジータ「フンッ!自分を認めるのは自分だけだ!漢字などくだらん!」
悟空「そうはいっても漢字も結構おもしれーぞ」
ベジータ「カカロット!戦闘民族が聞いてあきれるぞ!」
悟空「オラもいつまでも戦いばっかじゃいけねぇって思ってよ。気や筋肉だけじゃなくて頭も鍛えねーとな」
ベジータ「チッ!勝手にしてろ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆qxBBChDFiZDW2018/02/03(土)23:54:03.35
ID:bnmBQJST0
飛鳥がひどい目に遭うことから始まる感じの鬱系ストーリーです。
年始から書き始めたのに今日という日に間に合わなかったのでとりあえずスレ建てとこの精神
冒頭に若干の暴力表現および間接的な強○表現があるので苦手な方は注意。でも最低限の描写なので多分大丈夫。
できるだけコンパクトに納めたいだけど長いかもしれない。
6割がた書き終えているので、完結を急ぎながら少しずつ投下しようと思う。
あとタイトルはそれっぽくつけただけで人間失格とは何も関係ないです。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/21(水)14:39:34.70
ID:8Ls/kRx/0
ヴィーネ「ガヴ、いるんでしょ?開けなさい、学校に遅刻するわよ?」ドンドンッ
ガチャッ
ガヴリール「あっ、おはようございます。ヴィーネさん♪」ニコリ
ヴィーネ「」
ヴィーネ「…………はぁ?」
ガヴリール「?」キョトーン
ヴィーネ「ガヴ…よね?」
ガヴリール「そうですが?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/22(木)18:12:04.18
ID:ZJSq+gdno
みく「Pチャン!Pチャン!」
P「どうした?」
みく「問題だにゃ!2月22日はなんの日か知ってる?」
P「2月22日?そんなの知ってるに決まってるだろ」
みく「さっすがPチャンだにゃ!」
P「グリプス戦役が終結した日だろ?」
みく「は?」
P「聞こえなかったか?グリプス戦役が終結した日なんだろ?」
みく「いや、グリプスなんちゃらとか知らんし」
P「え?だって今日は……」
みく「Pチャンのどアホー!!」
P「ど、どうしたんだみくの奴」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/02/22(木)11:54:17.586
ID:ovBaPB4w0
ぼく「これ以上食べられないであります!!」ビシッ
クラスメイト「?ドッww?」
教官「お、お前というやつはどうしてこうも…もういい廊下に立っとれ!!」
ぼく「へ、へーい」スタコラサッサ
海外からの特待生(あいつ…今見もせず正中線への打撃をずらした…?いやまさかな…)
幼馴染み「もう…私まで恥ずかしいからやめてよぅ…」
元気っ娘「ンニャハハハ!落ちこぼれの旦那を持つと苦労するねえ!」
幼馴染み「そんなんじゃないってば!!」カァッ
↑こういうの

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Dm8ArSIo3MOQ2018/02/22(木)00:58:25.98
ID:1skcAdjz0
「「「誕生日おめでとー!!」パァン!
みく「わわっ!え、みんなわざわざこんなに集まってくれたの?あ、凄い料理とケーキまで用意されてるにゃ!」
「もちろんプレゼントも用意してますよー?ジャーン!はいっ、私からはおニューの猫耳です!」
みく「ありがとにゃあ!本当に嬉しい…大事に使わせてもらうにゃ!」
「あ、私からも猫耳なんだけど…」
みく「全然構わないよ嬉しいよ!」
「ニェート…私も、なんですけど」
「私もよ」
みく「おおぅ…みく=猫耳って認識なのかな?でもその気持ちが嬉しいにゃ!ありがたく使わせてもらうよ!」
「実は私からのプレゼントも猫耳なんですが…」
みく「どんとこいにゃ!」
「アタシも猫耳なんだけど…」
みく「構わん構わん!」
「あたしも猫耳プレゼント?。ちゃんと脳波を感知してピコピコ動くからね?」
みく「ハイテク!」
「みくちゃんに猫耳は流石に安直だとは思いましたがみくちゃんですし逆に安直なぐらいが良いかと思って猫耳です!」
みく「色々言わなくていいセリフくっついちゃってるけどありがとうにゃ」
「豚」
みく「猫だよ」
「ベッドの上でもネコなのでしょうか…」
みく「年上にこんな事言うのも失礼だけど何言ってんだアンタ」
「フゴゴゴ!フゴフゴ!フゴゴ!」
みく「お口の中空っぽにしてから!」
「ふぉふぇふぇふぉうふぁふぉふぇひふぇー」モグモグバリボリ
みく「お口の中!」
「つみれで猫耳作ってみたんれすけどー」
みく「生臭い!」
「誕生日おめでとう。みけ」
みく「みくだよ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
永夢「ジャンプヒーローガシャット?」
2:
◆bfn/Aps7v22017/08/21(月)19:26:27.20
ID:GCbCy27E0
飛彩「それで?俺にそれを使えと?」
黎斗「ええ、新しくできたジャンプヒーローガシャットのテストを行ってもらいたい」
飛彩「くだらん…もっとましなゲームを作れなかったのか?」
黎斗「宝生永夢は見事に使いこなしたぞ?」
黎斗「まぁ頭の硬い飛彩先生にはむr飛彩「貸せ、研修員にできて俺にできないことはない」
黎斗(ちょろいぃ…!)ニヤリ
プルルルプルルル
黎斗「丁度良いときに…」
飛彩「患者が最優先だ、いいな?」
黎斗「勿論」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/22(木)07:20:00.63
ID:duRj8uQb0
未来「うぇぇっ!?それは、そのぅ…」
静香「え?」
未来「え?」
静香「いやいやいやちょっと待ってちょっと待って」
未来「な、なにが…?」
静香「それは違うでしょ、なんというか、そうじゃないでしょ」
未来「そんなこと言われても」
静香「それじゃまるでアレじゃない、いや、まさか違うよね?ね?」
未来「まつりちゃんの真似?」
静香「もっとこう、『そんなことないよ?、でもカッコよくて頼りになる大人って感じだよねでへへ』って子供特有の憧れからくる…」
未来「今度は私の真似…というか長いよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/22(木)01:21:27.47
ID:bQB3JNn20
ある日、あるところに一人の女子がいた。
女子「うーん、最近食べ過ぎでちょっと太っちゃったな。運動不足もあるし」
女子「太ったといっても2kgくらいだけど、少しだけダイエットしようかな」カチカチ
男子(女子の彼氏)「お、女子!いったい何を調べるんだ?」
女子「あ、男子くん。実はダイエットしようと思って。だから良い方法を検索してるの」
男子「ダイエットだと……」
女子「うん、最近食べ過ぎちゃって。あははは……」
男子「馬鹿野郎ーーーーッ!!」
女子「うわっ!?」ビクッ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/22(木)03:25:58.98
ID:nXKuUBYU0
「……ねえ、Pチャン」
「ん?」
「猫チャンはね、あんまり撫でられすぎると嫌になっちゃうの。疲れちゃって鬱陶しくなっちゃって、ストレスになっちゃうのにゃ」
「ああ、そうみたいだね。だから撫でてると急に噛み付いてきたりとか」
「そーそ。撫でてもらえるのは大好きなんだけど、でも猫チャンは気紛れさんだから。構われ過ぎるのは嫌いなの」
「そんな気紛れなところも可愛いんだけどね」
「うむうむ、やーっと最近Pチャンも猫チャンの魅力を理解できるようになったみたいで良きことにゃ」
「みくにたっぷり教え込まれたからね」
「ありがたく思うといいにゃよ」
「感謝してるって」
「ならいいにゃ。……で、Pチャン」
「うん?」
「猫チャンはそんなふうに気分屋さんで、あんまり撫でられちゃうのは嫌なんだけど……でもさっきも言った通り、撫でてもらえること自体は大好きなの」
「うんうん」
「だから嫌がるまで撫でちゃ駄目なんだけど、でも嫌がるまでは撫でてあげなきゃいけないの。嫌だ、って思うまでは撫でて撫でてーって甘え猫チャンモードだから」
「なるほど」
「だから」
「うん」
「ほら」
「うん?」
「……」
「……」
「……Pチャン」
「……?」
「……」
「…………ああ、ってもうごめんって。そんなバタバタ足を暴れさせない。スカート捲れちゃってるじゃんか」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆ytRfQhDR4R7A2018/02/19(月)00:38:34.05
ID:5WO18UN20
モバマスSSです
紗枝はんとモバPが飯食うだけです
何!?バレンタインデーというのはゲームのイベントの話では無いのか!?
言葉遣い間違ってても堪忍してや

2:
◆ytRfQhDR4R7A2018/02/19(月)00:39:30.36
ID:5WO18UN20
モバP「????♪……ヴォイ!」
紗枝「鼻歌歌ってえらいご機嫌さんやなぁ?どないしはったんどすか?」
モバP「ん?おぉぅ紗枝か。ふっふっふ、こいつを見てくれ」
紗枝「……なんどす?」
モバP「このグラフはな今までのライブでの集客数よ」
紗枝「この赤い線は?」
モバP「これが今回の公演で目標にしてた集客数だ」
紗枝「あら、そらえらいいっぱい来てもろて嬉しいなぁ」
ほんにうちもまだまだ気張らなあきまへんなぁ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/19(月)00:35:54.99
ID:g03H9FLB0
たまて「今日は花名ちゃんちでお泊り会ですよー!」
花名「えへへ・・・」
栄衣子「楽しみだね?」
冠「うん・・・」

智絵里「さっきの店のスイーツ、美味しかったね」
かな子「でしょ?最近見つけた穴場なんだ?」
杏「そのためにわざわざこんなに歩いて・・・まぁ美味しかったのは認めるけどさ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん2018/02/21(水)20:44:57
ID:hQA
ベジータ「危険物取扱者乙四類だと!?」
悟空「おめぇしらねぇんか?」
ベジータ「そんなことこの俺が知るわけないだろう!」
悟空「チチが取れってうるさくてよー。とにかく勉強で忙しいから組手はできねぇんだ」
ベジータ「フンッ!自分を認めるのは自分だけだ!資格などくだらん!」
悟空「そうはいっても勉強も結構おもしれーぞ」
ベジータ「カカロット!戦闘民族が聞いてあきれるぞ!」
悟空「オラもいつまでも戦いばっかじゃいけねぇって思ってよ。気や筋肉だけじゃなくて頭も鍛えねーとな」
ベジータ「チッ!勝手にしてろ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆FFa.GfzI162018/02/21(水)13:38:18.28
ID:DCvq+upYO
・パワポケSS
・個人的なランキング
・登場人物は准とパワポケのみ
・彼女候補+α

2:
◆FFa.GfzI162018/02/21(水)13:48:32.32
ID:DCvq+upYO
パワポケ「皆さんパワプロクンポケットを知っていますか?」
 
パワポケ「パワポケをただの野球ゲーム、ネタゲーム」
 
パワポケ「そう思ってる人に送ります」
 
パワポケ「発表!バッドエンドランキングベスト10!」パフパフ
 
准「あの、ちょっと盛り上がってるとこ悪いけどパワポケさん何してるの?」
 
パワポケ「遅れましたこちら今回のアシスタント夏目准さんです」
 
准「ねえ!無視なの?!」
 
パワポケ「ん?何か分からないことがあったか?」
 
准「いや、もういいよやるなら早くやって…」
 
パワポケ「ではまず10位から」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/02/21(水)02:20:17.531
ID:hEmoxKx80
幻術師「おやおやおやぁ、そんな顔をなさらなくてもいいじゃありませんかぁ。そんな腫れ物を見るような目付きで……ククッ……思わず興奮してしまいます……?」
幻術師「だけれども、だけれども、ワタシには分かっているのですよぉ?心の底の奥深くでは……ワタシのことを……どぉぉーしようもなく求めてしまっているってこと…!」
幻術師「その証拠に………ほらぁ……♪」
幻術師「ワタシを求めるあまり……」
幻術師「ワタシという存在を増やしてしまっている…っっ?」
幻術師「どうですかぁ、嬉しいですかぁ?嬉しいに決まってますよねぇ?」
幻術師「だぁいすきなワタシが2人もいるなんて……まったく……どれだけワタシに惚れているのやら…♪」
幻術師「いえぇ?ワタシはなぁんにもしていませんよぉ?ワタシはただ、○○クンの欲望を少し後押ししただけのこと…。」
幻術師「ワタシが増殖したのは、ひとえに○○クンの欲求…。○○クンが、ワタシを求めているというだけのこと…。」
幻術師「ワタシからの愛情が一人分では足りないから…」
幻術師「○○クンがワタシからの愛で溺死したいと望んでいるから…」
幻術師「こうなっただけのこと。」
幻術師「ただそれだけのこと。」
幻術師「ただただ幸せなこと。」
幻術師「ほら……周りをよぉく見てごらんなさいな…?」
幻術師「ワタシがひとり……ふたり……さんにん……いえいえ、そんなものじゃあもうきかない…?」
幻術師「あっという間に○○クンを包み込むたくさんの“ワタシ”たち…?」
幻術師「みぃんな○○クンを愛したくて愛したくて仕方がないワタシですよぉ…?」
幻術師「みぃんな○○クンから愛されたくて愛されたくて仕方がないワタシですよぉ…?」
幻術師「みぃんな○○クンを食べたくて……犯したくって……」
幻術師「○○クンを完全に堕とすためのワタシですよぉ…?」
幻術師「……でも…………それはまた、今度のお楽しみ…?」
幻術師「今日はほんのご挨拶……宣戦布告…?」
幻術師「まだまだワタシと○○クンには時間があるから…?」
続きを読む

[ 閉じる ]
娘「エルフは私のパパ」
少年エルフ「マンドラゴラ栽培キット?」
オババ「あんたがパパになりなさい」少年エルフ「えぇ!?」
少年エルフ「娘は林間学校に行ってるよ」
少年エルフ「誘拐されちゃった」前編
少年エルフ「誘拐されちゃった」後編
少年エルフ「僕をパパにしてくれてありがとう」
娘「エルフと一秒でも長く居たい」
少年エルフ「異種族交流会?」
少年エルフ「下水道にドラゴン?」
少年エルフ「ゾンビカフェ!?」
少年エルフ「進路相談?」
少年エルフ「人間の娘を育てたら魔王を探しにいくことになりました」【前半】
少年エルフ「人間の娘を育てたら魔王を探しにいくことになりました」【後半】
1:
◆VEKixXsFvlSQ2017/03/26(日)15:42:51.10
ID:LFUQ7pFz0
これはハーフエルフの少年と彼に育てられた人間の娘の最後の話
前スレッド
少年エルフ「人間の娘を育てたら魔王を探しにいくことになりました」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/02(金)17:43:11.85
ID:MZYrKcMt0
突拍子もなく投げ掛けてくるこの女――加賀見まさら、と言うらしい――に不意を突かれた。
何を言うかと思えば――当然。
ほむら「えぇ。全て諦めてるもの」
――まどか以外の総てを、ね。
こうして無間迷宮に身を投げたのも、その為。
私に残された、立った一つの道標。
私はまどかを救う。
まどかを救うは私。
私の体――最早亡骸の様な物だけれど――は、その為のみにあるのだから。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆gxgeF/n1Es2018/02/20(火)21:09:16
ID:YKwTl9w6
「そうそう、仕事なんて行かないでゆっくり眠ろうよ?」
俺「だ、誰だ!?女の子・・・?」フトンメクリ
「う?ん・・・眩しい・・・」
俺「お前は誰だ!?どこから入った!?」
「ボクはディザイア・・・わかりやすく言うと君の欲求の塊だよ」
俺「な、何言ってんだ・・・これは夢か?」
ディザイア「ほらほら、まだ4時間しか寝てないんだからゆっくり寝ようよ」グイグイ
俺「や、やめろ・・・」
ディザイア「何言ってるの・・・眠りたいって思っているのは君じゃないか・・・だから僕と一緒に寝ようね・・・」ギュゥ
俺「やめ・・・柔らかい・・・じゃなくて!・・・だめだ・・・眠い・・・」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。