SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:エレファント速報:SSまとめブログ
<<
2018年04月
>>
341件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
1:
名無しさん@おーぷん2018/04/29(日)22:24:18
ID:olo
彡(。)(;)「早く自分語りするんや! ワイの命を無駄にする気か!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆C2VTzcV58A2018/04/30(月)21:56:20.17
ID:SvaQY3rNO
心「ついに戻ってきたあああぁぁ!!」
梨沙「うわびっくりした! なによ急に」
心「正月太りで微妙に増えてた体重が元に戻ったの!」
梨沙「正月って……もう4月も終わりよ? ていうか、そもそも太ってるようには見えなかったけど……」
心「………」
心「梨沙ちゃん、ひとつ大事なことを教えたげる♪」
梨沙「なに?」
心「オトナのオンナは……グラム単位の体重の変化を見逃さないんだぞ☆」
梨沙「マジ?」
心「マジ。本気と書いてマジ」
梨沙「そうなんだ。だったらアタシも体重に敏感にならないとね!」
心「ま、梨沙ちゃんは細いからもっと食べたほうがいいと思うけどね♪」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/04/30(月)18:26:44.998
ID:4xwm9z4Q0
朝 教室
ヴィーネ「ねえねえ、今朝、掲示板の貼り紙みた?」
ガヴリール「ああなんだっけ、学食が工事で使えなくなるとかそういうやつ」
ヴィーネ「そうなの!それで、許可を貰えば近所のお店でお昼を食べてもいいことになったんだって」
ガヴリール「へえ。でも、ヴィーネはいつも弁当じゃん」
ヴィーネ「それがね、学食が使えなくなる期間だけ悪魔界からお昼ご飯代がでることになったの!」ワクワク
ヴィーネ「ね、せっかくだから今日あたりどこか行ってみない?」
ガヴリール「……ま、いいけど。それじゃあホームルームの前に許可だけもらいにいきますか」
ヴィーネ「うん!」テカテカ

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2018/04/30(月)18:53:45
ID:KjY1agHQ

豪炎寺「俺達も高校生だぞ」
風丸「クラスの奴らから庇うのはもう嫌なんだよ」
鬼道「・・・あ、あぁ。だけど春奈がマントないとお兄ちゃんじゃないって言うから」
風丸「また音無か」
鬼道「豪炎寺、お前なら分かってくれるだろ?妹からの頼みだ」
豪炎寺「分からない・・・こともないが。さすがに体裁というのはある。TPOは気にするものだ」
鬼道「・・・そうか」
円堂「おーい!何話してんだー?」
風丸「円堂!ちょうどいいところに。円堂からも言ってくれ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆36RVFTz/1g2018/04/30(月)09:42:06.33
ID:mUW693GHo
明石「魔法少女ですかー」
大淀「プリキュアは相変わらず盛況ですね」
夕張「キャラクターもどんどん増えてます」
提督「どの子が人気なんだろう」
暁「そんなのキュアマーメイドに決まってるじゃない!」
響「いや、最強はキュアムーンライトだよ」
雷「キュアハートが一番可愛いと思うわ」
電「キュアブロッサムちゃんが一番なのです」
鳳翔(ミンキーモモ)

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/04/29(日)02:42:54.164
ID:0fio6U34d
同僚「んもー、だめですよー?せっかく女の子と一緒に飲みに来てるんですからぁ、男ならグーッといかないとぉ。……あ、今のセクハラですかね。うふふ。」
同僚「はぁー……それにしても、○○さんやーっと捕まえたんですもぉーん。前からずっと飲みに行こう飲みに行こうって言ってるのに、いーっつも逃げちゃうんだもんなぁー?」
同僚「○○さん、私のこと嫌いですかぁ?……や、実際嫌いでしょっ?いやいや、だってそんな感じしますもん!ほら、怒んないから本当のこと言ってくださいよぉ?。」
同僚「……ふ?ん…。……じゃあ、好き?嫌いじゃないなら、私のこと好きですか?…………ほら!やっぱ嫌いなんじゃないですかぁ!」
同僚「いーえーちがいますー好きじゃないってことは嫌いってことなんですー!……はぁ。もう、明日から生きてけない……死んでやるー!」
同僚「どうせ死ぬなら、私好きな人の腕の中で死にたかったなー。……ふふ、○○さんでもいいですよ、抱っこしてもっ。んーっ♪」
同僚「……あー…♪……なんだかんだ、やっぱ優しいよなー…。嫌いでもなんでも、言うことぜーんぶ聞いてくれるんだもんなぁ…。」
同僚「…………ふふっ…♪」
同僚「なんか、結構…………いい感じかも……しれないですね…これ……。」
同僚「…………ねー、○○さん。あの、惚れてもいいですかね……?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/29(日)14:33:04.40
ID:A6rjc17z0
 最初は、何の冗談だろうと思いました。
「大丈夫大丈夫、そんな気負わないでいいよ。何かあれば俺がビシッてアレするし」
「は、はぁ……」
 でも、この人は、冗談のような事は仰るけれど、冗談は言わない人でした。
「だから、美優さんのやりたいようにやればいいんだよ。ねっ?」
「そう言われましても…」
「だーいじょうぶだって! このアレに失敗は無いんだよ、つーか既にもう終わってるようなもんだし!」
「うっ……」
 私のせい、とはいえ――想像もつきませんでした。
「あ、ご、ごめん! そういう意味じゃないんだ、これはマジで。
 まぁとにかくさ、サクッとやってみてよ! じゃあ俺ちょっと出かけてくるね!」
 私が、白菊ほたるさんの、プロデューサーになるだなんて――。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/30(月)02:39:37.61
ID:l56mnOH80
もこっち(さてと。飯にするか)スッ
真子「今日は黒木さん別な人とお昼食べるんだっけ」
もこっち「うん。1年生の友達とね」
ゆり「どうする?まこが黒木さんと一緒にご飯食べたいなら私もそれに合わせるけど」
真子「ううん。私達まで一緒しちゃその1年生の子が気使っちゃうかもしれないし」
ゆり「くっ……」
もこっち「?じゃあ行くね」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆UEry/CPoDk2018/04/21(土)16:29:11.08
ID:YKiEB6Hg0
ミリオンライブでのアイドル達の出会いを幾つか妄想してみました。

2:
◆UEry/CPoDk2018/04/21(土)16:31:36.45
ID:YKiEB6Hg0
風花「ここが765プロの事務所ね。今日の契約がすめば、私もアイドルとしてスタートすることになるわけか。」
風花「看護士を辞めてまで来たんだもの、友達や患者さん達も応援してくれてるし。子供の頃に夢見た正統派アイドル、必ずなってみせるわ…よし!」
風花「失礼します…あら、誰もいないのかしら。」
??「はーい、どなた?」
風花(わ、何この子。すっごく可愛い!さすがはアイドル事務所ね、こんな可愛い子がいるなんて。)
??「あ、プロデューサーが言ってた新人さんね、よろしく。まあ、私も似たようなもんだけど。」
風花(こんな小さな子がタメ口?芸能界ってやっぱりそういう所あるのね。)
??「どうぞ、座って待ってて。今日はあなたとあと一人来る予定なの、その子が来たら手続きを始めるから。」
風花(でも何だかすごく慣れてる感じだわ。あ、もしかして?)
莉緒「失礼します。あら、あなたオーディションで一緒だった。」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆HcSYGRWzLE2017/09/05(火)01:08:40.36
ID:cDdX6XqD0
※注意!このSSには二次設定、キャラ崩壊、稚拙な文章、妄想等が含まれています。
それでも大丈夫という方はよろしくお願いします!

2:
◆HcSYGRWzLE2017/09/05(火)01:09:35.45
ID:cDdX6XqD0
赤城「お腹が空きました」グゥゥ・・・
赤城「とりあえず今の状況を冷静に分析しましょう」
赤城「時刻はフタサンマルマル、鳳翔さんのお店も閉まっていて酒保も開いていません」
赤城「外食はおろか買い出しすらも出来ません。なによりもう晩ご飯を食べて二時間も立ちました。我慢の限界です。」
赤城「これを解消するには厨房で何かを食べるしかない。という結論に至りました。」
赤城「さすが一航戦の私です。冷静かつ的確な判断です。」
赤城「さぁ、膳は急げです。独り言はここまでにして行きましょう。」タッタッタ・・・

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/04/29(日)22:22:57.109
ID:rJx/0Znm0NIKU
?拷問室?
女騎士「城下の酒場で聞いたことがある、尿が泡立つのは糖尿病のサインらしい……」
女騎士「つまり、私は糖尿病というわけだ……」
オーク「いつから泡立つんだ?」
女騎士「お前らに捕らえられ、牢に入れられてから……気付いた……」
オーク「じゃあ、ここに来るまでは泡立ってなかったのか?」
女騎士「分からないんだ! だって、城のトイレは外の貯水池に垂れ流しだから……普通自分の尿なんて見ないだろ!?」
女騎士「牢のバケツに放尿して、初めてまじまじと見たんだ……じ、自分の尿を! そしたら、凄い泡立ってて!」
女騎士「糖尿病って、食事制限とかあるんだろう!? た、耐えられるわけがない……!」
女騎士「もう私に生きる希望など無いのだ! さあ殺せ! 待ちうける惨めな人生を考えたら生きる希望なんて無い!」
女騎士「私を殺せーっ!」
オーク「ばかーっ!」
バキッ
女騎士「うっ!」
ドタンッ
オーク「命を粗末にするんじゃない!」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/29(日)19:13:22.53
ID:6J2p0QCT0
吹雪「こんにちは、吹雪です! 最近鎮守府に導入されたパソコンを見ていたら、『ピンク色の髪をした人はレズが多い』というのが書いてあるサイトを見ました」
吹雪「最初はそんな訳ないと思いましたが、最初からうそと決めつけるのは良くないと思ったので、実際に調べてみようと思います!」
吹雪「どうやって調べるかについては、前もって夕張さんにレズ測定器というものを作ってくれるようにお願いしておいたので、今から受け取りに行こうと思います!」
?工廠?
吹雪「夕張さーん、吹雪でーす!」
夕張「お、来たね! もう完成してるよ!」
吹雪「ありがとうございます!」
夕張「はい、これがレズ測定器よ。使い方は端末を計測したい相手に向けてボタンを押すだけでいいからね」
吹雪「なるほど、簡単ですね」
夕張「レズ度は【01?100】まで出るようになってるわ。後、二人同時に計測できるようになってるからね」
明石「あら、吹雪? 何してるの?」
吹雪「明石さん、こんにちは!」(早速ピンク髪の艦娘さんが来ましたよ! 計測してみましょう…二人同時に計測できるらしいので夕張さんのレズ度も見ちゃいましょう!!)
↓1コンマ 明石
↓2コンマ 夕張

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/04/29(日)12:46:26.125
ID:NW8xjCsw0NIKU
ガイド「ようこそ釣り人の国へ。ここの住人は釣りが大好きなんですよー」
キノ「へーそうなんだ。面白そうだね。じゃ3日滞在でお願いしますね」
ガイド「はい。どうぞごゆっくり^^」
エルメス「あのガイドさん薄気味悪い笑みを浮かべてたね」
キノ「そうかな。気のせいだよ。それよりまずは宿を探そうか」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/04/29(日)12:48:48.453
ID:mv9f1o8L0NIKU
悟空「働いても1日1万くれーだろ楽して10万ならこっちのほうがいいだろ?明日もいってくっからよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/04/28(土)13:56:36.404
ID:3YYLCD+o0
幼馴染「ぼくがなにかミスをするたび……ぼくがなにか悪いことをするたび……きみがぼくを叱りつければよかったんだ…。」
幼馴染「怖い顔で、ぼくを叩いたりして……そしたらぼくは、もっと頑張らなくちゃって努力して、もっとまともな人間になったと思う…。」
幼馴染「でも……きみ、ぼくにほんっと甘いよね。ぼくがどんな下手なことしても、いっつも頭なでたりぎゅってしてくれたり……」
幼馴染「だからぼくは……まだ甘えてていいんだって誤解して……そうなるたびに、ぼくはどんどんクズになっていって……」
幼馴染「……これ、きみのせいなんだからな。きみがぼくに優しくしなければ、ぼくは……こんな甘ったれにならずに済んだのに…。」
幼馴染「今じゃ、ほかの人たちに怖い目で見られるだけで、ほんと……泣いちゃいそうになるんだよ…。なんでぼくにこんな厳しくあたるの、って…。」
幼馴染「昔はそんなの、全然気にならなかったのに……きみのせいだ……ぼくが甘えん坊の泣き虫さんになったのは、ぜんぶ、ぜんぶきみがっ……」
幼馴染「……うるさい……うるさいよっ、言い訳するなっ…………あーもうっ……なにしてんだよおっ、はやくぼくのことぎゅーってしろよ……。」
幼馴染「……ゆるい…。もっとキツく抱きしめろっ…。じゃないとゆるさいからな………くそっ、なにしてるの頭もなでろよおっ。」
幼馴染「うん……ぼくは悪くない……ぜーんぶきみが悪いんだ…。ぼくはちゃんと頑張ってるのに、きみがぼくの足を引っ張ってるから……だから……」
幼馴染「謝れ……ぼくの邪魔してごめんなさいって、謝れぇ…。っ、ぎゅーはやめるなぁっ。頭も、なでたままで……そう……いいよ……。」
幼馴染「………………。……やだ……ゆるさない…。謝ってもぜったいゆるさない…。きみがぼくの人生を台無しにしたんだ……謝って済むわけないだろっ……ばか…。」
幼馴染「……そんなに、罪を償いたいなら……責任持って、ぼくのこと一生大事にしろ…。ぼくがどれだけ腑抜けたクズになっても……きみが一生ぼくのこと大切にするの…。」
幼馴染「だってきみが悪いんだもん…っ。……それく
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/29(日)03:07:31.24
ID:Zx6dSwA/0
リゼロです。時系列は王様ゲームの2日後ですので王国メンバーやガーフィールたちは出て来ません。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/04/28(土)21:08:53.017
ID:kWUTFnoI0
人気キッズ「なぁなぁ俺ユーチューバーになるから、タクちゃんTVで検索してよ」
「マジで!?」
「わかった、じゃあ帰ったら見るよ」
人気キッズ「^^」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/21(水)22:32:31.58
ID:pphjyO2g0
理樹(真っ暗で静かな病院だった。4人で一つの大部屋に患者が寝ている中、僕もそれに漏れず固いベッドに寝かしつけられていた。両腕は柵に手錠をかけられていて動かせないようになっている)
理樹「どう…?」
理樹(静かな声で聞くと、すぐ横に立っていた謙吾は手錠を触りながら小さく唸って答えた)
謙吾「ううむ…これは流石に破壊出来ないな……万一出来たとしても音が大き過ぎる」
理樹(謙吾がそう言うと今度は向かいに立っている真人が口を開いた)
真人「いや、方法なら一つある。ただ、こいつはちょっと理樹には難しいかもしれねえが……」
理樹「どういう意味さ?今の僕ならなんだって…」
恭介「シッ!見回りだっ」
理樹(確かに遠くから小さな足音が聞こえた。そこで僕は慌てて口を開け、寝たふりをした)

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/04/29(日)00:17:03.302
ID:O5mjNnPNd
モバP(以後P表記)「は?」
奏「なんなのよ最近の私に対しゅ、対するポンコツキャラのレッテルは」
P「一発目話題提示の大事なセリフで噛んだのが全てを物語ってるよな」
奏「あら、じゃあPさんは大事な会議で一度も噛んだことは無いと?」
P「そうは言ってないだろうよ」
奏「営業妨害もいいところだわ……」
P「どうしても完璧なイメージが奏にはつきまとってるからな。少しの粗でもそうなっちゃうって」
奏「そんなものかしら」
P「それに営業妨害なんかじゃないぞ。そのちょっとした隙を見たくてバラエティのオファーも最近増えてきている。ほれ」パサッ
奏「Pさんが企画書自体を見せてくれるのは珍しいわね」ペラ
P「幸子と一緒に海中の檻に入ってホオジロザメと触れ合おう☆」
奏「正気?」
しっかりサメの鼻にタッチしてきました。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆hQZtk7SBqo2018/04/29(日)00:26:07.21
ID:Mxf5EaKC0
春香「どーもー天海春香でーす」
千早「如月千早でーす!」
春香「2人合わせて」
千早「もうええわ!ありがとうございました」
春香「ちょっと待って!ちょっと待って!」
千早「…お兄さん?」
春香「いや微妙に古いよ!そうじゃなくて…まだ自己紹介しただけだから、勝手に終わらせないで!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/28(土)22:46:31.43
ID:xUlMQQKg0

・劇場の1082話を読んだ時にティン!と来たので。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/28(土)22:47:09.60
ID:xUlMQQKg0

《事務所》
愛海「南条氏はこうおっしゃった…“晶葉やユッコなら入れ替わりワンチャンいけるんじゃね?”と」
愛海「クラリス氏もおっしゃられた…“この事務所は可能性で満ち溢れている”と」
愛海「…まあ、そういうわけなのですよプロデューサー」クルッ
モバP(以下P)「無敵?♪フォルゴレ?♪」カタカタカタカタ
愛海「こらそこ、鼻唄しながら仕事するのを止めてこちらの話を聞きなさい」
P「仕事以上の価値を出してから口を開きなさい」カタカタカタカタ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/28(土)19:53:14.66
ID:82ofi6Bm0
短編集になります
話によってはうっすら百合要素あり
最後の話には美波の弟が出ます

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/28(土)19:54:11.97
ID:82ofi6Bm0
ーーーーーーーーーーーー
金髪ドリルにピアス
奈緒「それでさー、そのアニメのヒロインがコッテコテのテンプレだったんだよ!」
凛「テンプレ?」
奈緒「そう!金髪ドリルにピアス!よくあるタイプだよな」
凛「……そうかもね。私の友達にも1人いるよ」
奈緒「そうなのか?アニメではよく見るけどリアルではあまり見ないから珍しいな」
凛「ふふっ、そうかな?でも、すごくいい子だよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/28(土)18:49:17.80
ID:I21ERdMU0
デレマスの二次創作です。カップリングの話があるので苦手な方はご注意を。
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/28(土)18:49:48.08
ID:I21ERdMU0
未央「私は営業マン本田未央!」
未央「某商社で真面目に明るく働いてます!」
未央「まだまだ新人でひよっこの私だけど、これでも営業の成績は結構いいんだ!」
未央「ルーキーの中じゃ一番の業績だし、先輩にも一目置かれちゃってるほど! いやー自分の才能が怖いねっ!」
未央「そんなわけで、今私は社長室の前にいます!」
未央「どういうわけだって? ……ふっふっふ、なんと私、社長直々にお呼ばれしちゃったのだ!」
未央「このタイミングでのお呼ばれなんて、昇進の話に決まってるじゃん! やったね未央ちゃん! いやっほーっ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/28(土)16:26:13.76
ID:JIrkLGr+0
客「ったく、ふざけんなってんだよ!」
トレーナー「…………」
客「こっちは一ヶ月、あんなに頑張ったってのに……」
トレーナー「はい……」
客「ライザップ全然効果ねぇじゃねェか!!!」
トレーナー「申し訳ありません!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆zwSnMoL.0I2018/04/28(土)13:00:46.87
ID:+6X0RTXQ0
みく「Pチャンって、なんでロリコンなの?」
の続きですが、読んでなくてもたぶん大丈夫だと思います。
前作
桃華「Pちゃま、お見合いってどういうことですの?」

2:
◆zwSnMoL.0I2018/04/28(土)13:02:13.61
ID:+6X0RTXQ0
P「リリース1000日記念のボーナスが石10個ってマジか……あのちひろですらデレステ2周年のときは毎日無料10連させてくれたのに……やっぱちひろって天使だったのか……?」
??「キミ、勤務時間中に他社のゲームとはいい度胸だにゃ(低音)」
P「常務!?す、すみませんでしたぁぁぁ!!(土下座)」ズサァァァァ
P「……ん?にゃ?」
みく「ぷっ、あっはっはっは!常務じゃなくてみくだよPチャン」ミクダヨー
P「前川ァァァ!!!」
みく「うるせーにゃ。仕事中にFG○やってたって常務に言いつけるよ」
P「ウス。サーセン」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/24(火)16:12:52.10
ID:Jr7hzdqHO
■二秒で理解(分か)る注意書
唐辺葉介という私が好きな作家の作品とガルパンをごちゃ混ぜしたSSです。
ネタバレは自己責任でGO!

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆NMGX645bhc2018/04/28(土)00:49:26.38
ID:zvTD12TqO
?舞台裏?
P「……はい?」
ネネ「えっと、蹴らせてもらっても」
P「あーうん聞こえてるけどさ……なにゆえ?」
ネネ「今日の舞台でやらせていただくお芝居、クライマックスのシーンで私が犯人を蹴り倒して確保するんですよ」
P「あぁ、確かそういうシナリオだったな」
ネネ「それで私、そのシーンのアクションがちょっと不安なんですけど、犯人役の役者さんの到着がギリギリになってしまうみたいで……」
P「……代わりに俺に蹴られる役をやってほしい、と」
ネネ「はいっ!!」
P「うわぁ、これほどの屈託のない笑顔と真っ直ぐな瞳が恐怖でしかないの初めて」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆LYNKFR8PTk2018/04/27(金)22:30:23.92
ID:BxrGz93/O
若松「ロ、ローレライさんから俺に……?」
若松「ていうかローレライさん、俺の事知ってるんですか!!?」
瀬尾「うん」
若松「そ、その……伝言というのは……」
瀬尾「伝言は……」

瀬尾「今後、私の友達の結月ちゃんをいじめないでって」
若松「え……?」

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
◆YBm93b2VSc2018/04/28(土)03:47:44.17
ID:9hzTJTku0
とある一日。新年度も始まり、今日から心機一転といった人も多い中で、さて私はと言うと代わり映えの無い普段通りの日常を送っていた。と言っても私はアイドル、毎日が劇的で絶え間なく変わっていく世界に生きているので、もしかしたら普段通りという言葉は似つかわしくないのかも。それでもやっぱりこうやって事務所でゆったり出来る時間っていうのは私にとって大切な普段通りの日々なのだ。そう、ゆったり出来れば、だけれど。
凛「未央の事なんて嫌いなんだからね!」
未央「ええ……」
凛「っふーん、だよ」
未央「何?その、っふーん、ってやつ」
凛「未央の事なんか、好きじゃ無いんだからね!」
未央「何かさっきと言ってる事微妙に変わってない?」
凛「っっふーん!」
未央「力強くしても誤魔化されないよ」
久しぶり、と言うほどでは無いけれど、面倒なしぶりんのご来場だ。と言うのも、あまりこんな事を言うべきでは無いが、時々しぶりんは面倒臭くなる時があるのだ。原因は様々で、私としまむーの二人で遊びに行った事をしぶりんが知らなかった時とか、私がプロデューサーに晩ご飯を奢って貰った帰りに会った時とか、ポジパの先約があったから誘いを断った時とか。……まあ、何というか。可愛らしいなぁとは思うんだけど。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。