SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:エレファント速報:SSまとめブログ
<<
2018年05月
>>
334件取得
投稿日時順表示
<<
0
1
2
3
>>
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/01(火)21:00:39.36
ID:1GQi3iXN0
モバP「みんながアイドルとして有名になって、俺も忙しくなってきた。」
モバP「給料が上がったものの、休みが少ない…」
モバP「ストレスが溜まっていくばかりだ…ちくしょう!」
モバP「あーもう嫌や!」
モバP「こうなったらぁ!!!!」
モバP「不審者になってストレスを解消するぜ!!!!」
「聞いたわよ」
モバP「!?」
早苗「変なこと考えてるようね!」
モバP「くっ!元警察官の片桐早苗!俺に社会正義の弾丸を叩き込みに来やがった!!!!」
早苗「違うわ!」
モバP「ええっ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
名無しさん@おーぷん2018/05/25(金)00:31:43
ID:FmC
?事務所?
加蓮「…うー、わかんない…」
P「お疲れ様、加蓮。コーヒー飲むか?淹れるぞ」
加蓮「砂糖2つ…いや、3つでお願いします」
P「詰まってるみたいだな、宿題」
加蓮「だってこの問題全然わかんないし…先生は、解けたらでいいのでやってみてくださいねなんて言うからさ」
P「あぁ、先生がたまに出すよな。おまけ問題か」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆DAC.3Z2hLk2018/05/04(金)22:58:47.18
ID:KlC87jp+0
 モバマスよりトラプリ主役のSSです。
 独自解釈、ファンタジー要素、一部アイドルの人外設定などありますためご注意ください。
 前作です↓
鷹富士茄子「楓さんを超えますよ?」
 最初のです↓
小日向美穂「こひなたぬき」

2:
◆DAC.3Z2hLk2018/05/04(金)22:59:38.02
ID:KlC87jp+0
  ―― 事務所
P「……」カタカタカタ
P「……」パサッ
P「……」カキカキ
凛「おはようございます」ガチャ
P「ああ、おはよう凛」
凛「おはようプロ、でゅ、…………」
P「? なんだ変な顔して」ユサッ
凛「いや……その」
凛「…………なんでもない?」
P「おかしな奴だな」ユサッユサッ
凛(なにあれ)
凛(プロデューサーの頭から、なんか生えてる……)

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Dm8ArSIo3MOQ2018/05/11(金)02:22:00.93
ID:Ingpz+qK0
ちひろ「プロデューサーさん、そこの書類取ってください」
モバP(以降P表…うるせぇー…)「どうぞちひろさん」
カタカタカタカタカタカタカタ グキュルー
P「ちひろさん、そこのニッパー取ってください」
ちひろ「働け」
カタカタカタカチッパチッ グギュルルー
ちひろ「社畜さん、そこのハンコ取ってください」
P「はいよカネゴン」
カタカタカタカタカタカタカタ グギュルルルルーッ
P「銭ゲバ、そこの醤油取ってくれ」
ちひろ「ネギトロくれたら取ってあげますよ」
P「ネギなら上げますよ」
クギュルルルルゥゥゥ
P「ってかさっきから何の音さね!」バッ
クラリス「も、申し訳ございません……お構いなく…」グギュルルルウウウウウウウウウ
P「構わずにいられるかい」
ちひろ「すごいお腹の音ですけどご飯食べてないんですか?」
クラリス「い、いいえ?きちんと朝餉は食して」グギュルギュギュギュゥゥゥ
クラリス「…」
クラリス「しょ、食してきておりますよ?」
ちひろ「お腹が正直すぎる」
P「十万石饅頭食べる?」
クラリス「いただきまふ…」モキュッ

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆hAKnaa5i0.2018/05/20(日)23:57:49.80
ID:U4GG2fJq0
(事務所)
ドタドタドタ!
P「ゴラァ!柚ッ!俺の焼きそばに青海苔一袋入れやがったなァ!!」ガシッ!
柚「な、ナンノコトデショウ?」シドロモドロ
P「きちんと俺の目を見て言いなさい。それから俺の歯を見ながら言いなさい。青海苔が隙間に挟まって大変なことになってるぞ」ニ-ッ
柚「あはは♪」
P「午後のレッスンはスペシャルコースね」
柚「そんなッ!」ガ-ン!
P「性根を叩き直してもらってきたまえ。マストレさんには連絡しておくから」
柚「ま、待って!わざとじゃないから!プロデューサーサンに喜んでもらおうとしただけだから!」
P「うん。頑張ってきなさい」
柚「取りつく島もない!鬼だよ!慈悲を柚にかけるべきだよ!」ガシ-!
P「ええいうっとおしい。歯磨きしてくるから覚悟を決めておけ!柑橘系!」
柚「嫌だァァァ!!」ブンブンブンブン!
加蓮「…」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/03/27(火)21:07:56.92
ID:JxGJwciO0
提督「ほらJervis、遠征もあるわけだし、みんな見てるから...」アセアセ
提督「あ、五月雨!ちょっと食後の珈琲淹れてもらえるか?」
五月雨「!はいっ!いつもの淹れて...」パァッ
Jervis「What?Coffeeが欲しいの?じゃあ、今淹れてくるね!」タタタッ
五月雨「っ...!」
時雨「さ、五月雨っ、そんなに睨まなくても良いんじゃないかなっ」アタフタ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆hAKnaa5i0.2018/05/07(月)23:27:52.86
ID:n3xoNI8Q0
(ある日)
P「…」ペラペラ
カチャ
夕美「おはよう。プロデューサーさん。今日は外暑いよ?」
P「おはよう夕美。冷蔵庫に麦茶入ってるよ」
夕美「わーい♪」テチテチテチ
P「…」ペラペラ
カチャ...
トクトクトク...
夕美「…何を読んでいるの?」グビグビ
P「モデルの雑誌」
夕美「アイドルのじゃないんだ」プハ-
P「うん。今度『10代の大人っぽい女の子』のコンセプトで写真集を出そうかって企画があがってるんだよ。で、そのイメージを何となく考えてるわけ」
夕美「ふうん。誰が写真集に出るのかな」
P「美波と奏は決定。あと1、2人は未定。もしかしたらあの2人だけになるかも」
夕美「え?」
P「ん?」
夕美「待ってよ。プロデューサーさん」
P「何だい」
夕美「私はどうかな!」カッ!
P「うん?」
夕美「私はっ!どうっ!かなっ!」ピョ-ン!ピョ-ン!
P「うん」
夕美「うん、じゃなくて!この清楚大学生こと!相葉夕美ちゃんはいかがでしょうか!」ババ-ン!

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆uK0l/KjPyl6F2018/05/10(木)04:15:28.94
ID:mgB+o41Y0
初投稿です!
設定とか喋り方とかがガバガバなのは多めに見てください!

2:
◆uK0l/KjPyl6F2018/05/10(木)04:16:47.27
ID:mgB+o41Y0
ちひろ「うーん、どうしましょうねぇ・・・」
七海「おはようれす?。ちひろさん何を見てるれすか?」
ちひろ「あら、七海ちゃん・・・。うーん、この際任せちゃおうかなぁ・・・」
七海「なんの話れすか?お魚れすか?」
ちひろ「お魚は・・・確か、来月マグロ漁の手伝いがあったような・・・」
七海「ほんとれすか!?やったれす!なんでもやるれすよ!」
ちひろ「ほんと?じゃあこれなんだけど・・・」
七海「えーっと『今ドキの中学生の恋愛事情』。なんれす、これ?」
ちひろ「昨日、高校生組の子たちが置いて行ったみたいで・・・。これを見た社長が『今すぐ調査した方がいいかもな』って言いだして・・・。私に任せて出て行ったんだけど・・・」
七海「なーんら、そんなことれすか。七海がとっておきの助っ人を呼んでくるれす!」ピュー
ちひろ「あ!七海ちゃん待って、って行っちゃった・・・」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆DAC.3Z2hLk2018/05/11(金)23:27:42.29
ID:z62n8Bs70
 モバマスより小日向美穂(たぬき)達のSSです。
 独自解釈、ファンタジー要素、一部アイドルの人外設定などありますためご注意ください。
 前作です↓
渋谷凛「プロデューサーvsニセプロデューサー」
 最初のです↓
小日向美穂「こひなたぬき」

2:
◆DAC.3Z2hLk2018/05/11(金)23:30:05.97
ID:z62n8Bs70
  ―― 朝 アイドル女子寮
  チュンチュン
美穂「ん……ぅ……」
美穂「ふぁあぁ?……」
美穂「おはよぉ、プロデューサーくん」モフモフ
美穂「え、と……着替えて……今日はお昼から収録が……」モゾモゾ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆DAC.3Z2hLk2018/05/15(火)01:37:17.45
ID:HPqv8y120
 モバマスより鷹富士茄子のSSです。
 独自解釈、ファンタジー要素、一部アイドルの人外設定などありますためご注意ください。
 前作です↓

ライラ「夕焼けはソーダの味がする」
 最初のです↓
小日向美穂「こひなたぬき」

2:
◆DAC.3Z2hLk2018/05/15(火)01:38:47.68
ID:HPqv8y120
 今夜一杯いかがですか?
 と茄子さんからお誘いを受けたのは、週初めの月曜日だった。
 幸い夜遅くまでかかるタスクは無い。ただでさえ憂鬱な月曜の気晴らしになるだろう。
 軽くならたまにはいいかと承諾し、駅前で彼女と合流した。
「ん。今日は楓さんいないんですか?」
「あら、私と二人ではお嫌ですか??」
「いや意外だなって。飲み行く時はいつも一緒なのに」
 二日酔い対策グッズを山盛り用意したのだが、いなければいないで肩透かし感が残る。
「今日は楓さん、他のお友達と食事に行かれるんです」
「あ、飲むことは飲むのね……」
「そういうことです♪ ということでたまには、さしで飲むのもいいでしょう?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/12(土)00:01:38.07
ID:KBjBaz9I0
まゆ「……」フンス
泰葉「……」
智絵里「……」
まゆ「……」
泰葉「……なんて?」
まゆ「泰葉ちゃんの当たりがキツい」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/11(金)00:55:12.54
ID:iNZmODUh0
凛「」スワリー
P「」スワラレー
みく「そんなことしてるとPチャンがお仕事できないでしょ!さっさとどくにゃあ!もう!」
凛「でもプロデューサー、今って休憩だよね?」
P「そうだな。なんなら一生ここにいてくれても良いんだぞ?」
凛「一生って。それまさか告白のつもりじゃないよね?」
P「俺は凛とずっと生きられるなら本望なんだけどなー」
凛「もう…//」
みく「にゃああああああ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/25(金)21:53:52.515
ID:97HrcLjg0
妹「今度家に連れてきてもいいですか?」
男「ぜ、ぜひぜひ!」
妹「私の友達なんですけど可愛い子ですよ」
男「俺会ったことある?」
妹「会ってもない人と付き合いたいってなるわけないじゃないですか」
男「えー?誰だろ?」
妹「まあ、楽しみにしていてください」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/29(火)22:41:27.406
ID:7SjYr7JH0NIKU
俺「なんでこんなことに……。たしか楽しくお茶を飲んでて……それから……」
幼馴染「うふふ……そのお茶に混ぜ物をしたの♪そしたらすぐにぐっすり?」
俺「お、お前の仕業か!まさか睡眠薬を混ぜたのか!?」
幼馴染「うんっ♪ドリエルって言うやつ♪」
俺「睡眠導入剤かよ。ドラッグストアで買ったやつだろそれ」
幼馴染「でも効果あったし……。そ、それよりもっ!」
俺「そうだ、早くこの縄を解いてくれ」
幼馴染「それはダメ♪アナタはこれからずーっと私と一緒に暮らすんだから♪」
俺「バカなこと言うな!ふざけるのはやめてくれ」
幼馴染「私は本気だよ。安心して?身の回りのことはぜーんぶ私がやってあげるから♪」
俺「ほ、本気なのか……?なんでそんな……」
幼馴染「そろそろご飯にしよっか♪」
俺「?」
幼馴染「あっ、違った……。えっと、えっと……」ゴソゴソ
俺「???」
幼馴染「こほんっ。……アナタのこと、私のトリコにしてあげる?逃げようなんて気持ちが起こらないようにね♪」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/01(火)00:45:09.31
ID:E9rJZAos0
P「リアクションって言ったって…どうした、急に。みくでも呼ぶか?」
周子「んー、具体的に言うとね……」
周子「泰葉に不意においなりさん見せた時のリアクションが見たい」
P「何て!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/10(木)16:51:25.722
ID:f0CE01ZG0
俺「はぁ? なんでお前に…」
幼馴染「いいじゃん。そっちのクラス今日体育あるでしょ! ねー貸してよ間に合わなくなっちゃう」
俺「わかったよ…じゃあ終わったらすぐ返しにこいよ…」
幼馴染「うん! ありがと!」
幼馴染「よかったぁ…まにあった」
友達「なんだ借りれたんだ? ってそれ学年一人気のある俺くんのやつじゃん!?」
幼馴染「うん。だって一番の親友だし。素直に貸してくれたよ」
友達「いいな?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/17(木)21:55:08.866
ID:l5ZD8DunM
5年後
幼馴染「えっ……彼女ができた……?」
幼馴染「どゆこと……?」
幼馴染「そ、そう良かったね……えっ……もう家には来なくても大丈夫……?」
幼馴染「何言ってんの……アンタ洗濯も料理すらできないじゃない……」
幼馴染「同棲……?」
幼馴染「ま、まだ大学生でしょ……そんな同棲なんて……」
幼馴染「引っ越しの準備もできた……」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん2018/05/22(火)14:22:40
ID:0YM
短いですが、思いついてしまったので。
2:
名無しさん@おーぷん2018/05/22(火)14:22:54
ID:0YM
P「今度の公演な、桃太郎役を桃華に」
比奈「桃華太郎ッスか、妥当ではありまスけどどちらかと言うとお姫様の方が…」
奈緒「ならあたし配管工やるよ、赤い帽子の」
P「ピーチ姫じゃあないんだよ」
比奈「それで、お供の三匹はどうするんスか?犬は…まぁ、大体予想つきまスけど」
P「だよなあ」

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
◆u2ReYOnfZaUs2018/05/28(月)18:40:01.94
ID:eC2l/XLI0
彼は、中古のワゴンのハンドルに顎を乗せ、
沈痛な面持ちで通りを眺めていた。
20歳、中堅私立大学の法学部生。
そこそこに努力し、そこそこの将来を享受する。
そういう人生を生きるつもりだった。
だが彼は今、犯罪の片棒を担ぐことになっている。
後ろの座席には、通りの女を物色する二人の男。
片方は髪を肩まで伸ばし、痩せた顔でへらへらと笑っている。
もう片方は短髪角顔、肌が黒く筋肉質だ。
こちらは、むっつりと目を細めている。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/03(木)06:55:12.73
ID:EyWWGWnH0
大本営「うむ」
提督「お言葉ですが、そのネタは」
提督「他の鎮守府ですでに散々実行されたと記憶していますが……」
大本営「他とは違ったデータが取れるかもしれぬでな」
提督「はあ……」
大本営「とにかく、いくつか候補を挙げておいたので」
大本営「実験を行い、データ収集を頼む」
提督「……何となく嫌な予感がしますが」
提督「了解しました」
大本営「うむ」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆SbXzuGhlwpak2018/05/05(土)18:02:45.83
ID:CTysyKtz0
注意事項
・武内Pもの
・武内Pもの
・短編集
?赤城さんとの平穏な日常
武内P「はぁ……」
武内P(信頼していただけているのか、アイドルの皆さんとの距離が近くなりました)
武内P(それ自体は喜ばしいことですが……距離が近すぎるように思えます)
武内P(先ほども城ヶ崎さんが私に見せた自撮りの写真は、過激すぎるものでした)
武内P(私が毅然とした態度をとればいいのでしょうが、どうしても困惑してしまい……そのことでさらに、からかわれてしまいます)
武内P(プロデューサーとして、いえそれ以前に大人の男として恥ずかしい限りです)ハァ
タタタタタッ
みりあ「プロデューサーッ!」
武内P「赤城さん?」
ギュッ
みりあ「どうしたのプロデューサー? なんだか元気なかったけど?」
武内P「……いえ、少し考え事をしていまして。ですが赤城さんのおかげで、元気が出てきました」
みりあ「ほんとーう!? よかったー!」
武内P(赤城さんの無邪気な励まし方には、本当に癒されます)
武内P(他の皆さんからも、善意であるのはわかりますが……特に高校生以上のアイドルからは、癒されるというよりドキドキされたり、時には胃が締め付けられる感触すらあります)
武内P(城ヶ崎さんも、私のことを心配してくれてのことなんでしょうが――)
みりあ「ねえ、プロデューサー?」
武内P「……ッ!? すみません、また少し物思いにふけっていました。なんでしょうか?」
みりあ「えっとね」
みりあ「今ね、誰とみりあのことを比べてたの?」
武内P「」
赤城みりあ

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
◆fqdv0pHyL.2018/05/09(水)01:59:40.48
ID:AGHdni660
P「ふぃーー。ただいま戻りましたー。」
P「っと、誰もいないのかな?蛍光黄緑は、今日はエナドリの原材料買い付けだって言ってたし。アイドルは最近忙しい子が増えてきてるし…。」
???「…………zzz……」
P「おっと、誰かソファで寝てるみたいだ。」
雪美「………zzz…」
P「雪美か。…今日は、朝早くから収録で忙しかったもんな。ゆっくり休ませて…うん?」
雪美(猫耳付き)「……zzz…」
P「小道具外し忘れて寝ちゃったのかな?まあ壊したりしないうちに外して……うん?!」
雪美の猫耳「ピコピコ」
P「え…どゆこと!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Ua1M3q7gGI2018/03/24(土)17:18:12.44
ID:JQebSzpU0
※人によっては気分を害する内容になる可能性があるのでご注意ください。
※安価は基本自由ですがR18方面に行かないよう、内容によってはある程度表現を押さえることがあります。
提督「なんだそれは?」
憲兵「ここ最近、小規模な鎮守府での悪質な指揮や艦娘の管理体制などが目立っていまして・・・」
長門「ふむ、それは由々しき事態だな・・・それで、我々のところに来た理由は?」
憲兵「あなた方に・・・それらの鎮守府を潰していただきたいのです」
提督「構わないが・・・こういうのは本来あなた方の仕事では?」
憲兵「そのはずなのですが・・・これが思った以上に深刻な問題となっていまして・・・」
憲兵「上層部で腐敗の疑いも見つかり、その調査に追われていまして・・・」
長門「なんだと・・・?」
憲兵「なので、我々の調査において不祥事の噂も一切なく、尚且つ最も正義感の強いあなた方に是非お願いしたいのです」
長門「フッ・・・そういうことならこの私に任せておけ!文字通り大船に乗ったつもりでいてもらおう!」
憲兵「おぉ・・・!ご協力感謝いたします!」
提督(ちょろい・・・正義とかそういう言葉好きそうだもんな・・・こいつ)
長門「提督も賛成だろう?仲間を自分の欲望のために使う悪党を放置しとくわけにはいかないだろう!?」
提督「わかったわかった・・・近いよ」
長門「よし!そう来てくれると思ってたぞ!」グッ!
提督「ま、大きな作戦も無いし、やれるだけのことをするよ。何をしたらいい?」
憲兵「まず、近場にこういう鎮守府があるのですが・・・>>」
>>2 でどういうブラック鎮守府かを
>>3-
>>4 で被害にあっている艦娘をお願いします。(複数可)
※明石、青葉を対ブラック鎮守府チームとして今後登場させていく予定なので、長門を含むこの三人以外の艦娘でお願いします。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆uK0l/KjPyl6F2018/05/13(日)04:05:11.41
ID:yj8cGlU/0
設定とか喋り方とかガバガバなのは多めに見てください!
【モバマス】14歳組の恋愛事情
の続きみたいなものです。

2:
◆uK0l/KjPyl6F2018/05/13(日)04:06:34.67
ID:yj8cGlU/0
晶葉「ただいまもどった。ちひろはいるか?」
美由紀「おかえり!ちひろさんならいないよ?晶葉ちゃんはお仕事だったの?」
晶葉「いや、少しちひろに頼まれたおつかいをこなしてきただけだ。美由紀は1人か?」
美由紀「美由紀はね、お留守番!幸子ちゃんもいるよ!」
晶葉「そうか、それでちひろはどこに行ったのだ?」
幸子「おはようございます晶葉さん!ちひろさんならさっき大慌てでどこかへ行きましたよ?あ、はい美由紀さん。お茶です」
美由紀「幸子ちゃんありがとー・・・美味しいよ!」
幸子「フフーン!そうでしょうそうでしょう!」
晶葉「む、そうなのか。まったくちひろめ、私に面倒事を押し付けておいて・・・」
美由紀「何をしてきたのー?」
晶葉「いやなに、すぐにわかる」
幸子「どういう意味ですか・・・ってフギャー!」
美由紀「うわぁ!どうしたの・・・って愛海ちゃんかー」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/17(木)11:33:35.56
ID:c75BOd+h0
ドドドドド…
通行人「?」
アメフト選手「後ろからタックルーッ!!!」
ドカッ!!!
通行人「ぐわっ!?」ドサッ
通行人「い、いきなり何するんだ!」
アメフト選手「……」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/20(日)02:59:38.375
ID:hMTVupZWM
僕「巧妙な幻覚でまるで街中だな…おもしれえ」
通行人「えっ」「なにあいつ、服を脱ぎだしたよ」「撮影か?」
僕「さあて、どのエルフから犯そうかな、人間に擬態してても、見えるんだよね、真の姿」
通行人「きゃあああ!」「おまわりさん、あいつ!」
警官「! 君、止まりなさい!」
僕「おっと、警官に偽装するとは上級スケベエルフやな。」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん2018/05/20(日)04:26:22
ID:eTl
思いついてしまったので。
2:
名無しさん@おーぷん2018/05/20(日)04:26:50
ID:eTl
ープロダクション、レッスン室前廊下ー
ガコン(自販機の音)
奈緒「…で、加蓮と一緒だとついポテト食べ過ぎちゃうんだよな」カシュッ
凛「押し付けられるのもあるけど、美味しそうに食べるからね加蓮って」
奈緒「それなんだよ…おかげでつい許しちゃうっていうか…あぁいや、別に押し付けられるのは許してないからな?」
凛(やっぱチョロいよね奈緒って…)

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/20(日)21:17:07.809
ID:9nrfN6yn0
魔王城前
女騎士「いきなり何ほざいてんだお前は!?」
女僧侶「お疲れですか?」
女魔法使い「……哲学?」
勇者「いや、真面目な話、魔王を倒しても世界が平和になるとは限らないと思うんだが」
女騎士「ここまで来て今更なに言ってんだ!?」
女僧侶「既に魔王城の目の前なのですが」
女魔法使い「……やめる?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/23(水)12:27:13.80
ID:aCEboDRP0

加賀「……」
加賀「……ここは?」
加賀「港、かしら。それにしてもこの行列は……?」

続きを読む

[ 閉じる ]
ファンとのふれあい! 中野有香編
ファンとのふれあい! 向井拓海編
ファンとのふれあい! 片桐早苗編
2:
◆u2ReYOnfZaUs2018/05/29(火)23:10:49.66
ID:X1ZFxUTf0
彼は、古びた道場の中心に座していた。
年の頃は32。
剣道の師範を勤め、生計を立てている。
彼は一人の少女を待っていた。
脇山珠美。
美城プロダクション所属。デビュー前。
9月20日生まれ、16歳。乙女座。B型。
145cm、38kg。
彼女を、待っていた。
彼は珠美の、剣道の師だった。
そして、剣士としての彼女の、第一のファンだった。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。