SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:エレファント速報:SSまとめブログ
<<
2018年05月
>>
334件取得
人気記事順表示
<<
3
4
5
6
7
8
9
>>
1:
◆So0Ww3hoHo2018/05/15(火)18:23:05.87
ID:spRBCeWo0
提督「右に左に曲がりくねった動きは?」
山城「蛇行だわ」
提督「椅子に真っすぐ座ったときの、お尻から頭までの高さ」
山城「座高だわ」
提督「葉の表裏にある、植物が呼吸をする為に使う小さな穴」
山城「気孔だわ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/14(月)08:23:00.415
ID:46WxA6EPa
貴方は膨大な借金を抱えた貴族です。
貴方のもとに商人が訪れて言いました。
商人「借金の返済をお願いします」
商人は貴方の答えを聞くまで帰るつもりはないようです。
そこで貴方は
>>3の行動を選択しました。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/13(日)01:24:44.019
ID:6tfSUzPy0
きらり「もう一回?おすおすばっちし☆この美味しそうなケーキを1つくだしゃ?☆きらきらきらりん☆」
俺「…?すいませんもう一度お願いします」
きらり「もう?ちゃんと聞かないと駄目にぃ?☆きらりんパワー全開でもう一度言うからぁちゃんと聞いてて欲しいにぃ☆」
俺「はい?もう一度お願いします」
きらり「このキラキラなケーキを1つ下さいにぃ☆うぇへへ♪これでばっちし?ばっちし☆早くおねしゃあ?☆」
俺「大変申し訳ないんですが、ちゃんと話して貰えませんか?何言ってるかよく分からないんですけど?」イライラ
店長「分からん訳無いだろうが馬鹿。注文はちゃんと聞け」
俺「アッ…て、店長、見てたん…すか…?」
店長「すいませんお客さん、こちらのケーキですね?畏まりました、すぐにお包みいたします。大変申し訳ございません」
きらり「きらりんはぁ、ぜーんぜん気にしてないにぃ☆」
店長「ありがとうございます。少々お待ち下さい」
店長「…接客もまともにできねぇのか役立たずが」ボソッ
俺「……ッ……」シュン

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/15(火)03:06:02.963
ID:qGThHl/U0
男「今日の昼ごはんはそばにしよっか」
女「え?? 私パスタがいいな」
男「俺は朝からずっと、そばの気分だったんだよ」
女「私だって朝からパスタな気分だったわ」
男「よーし、分かった。ジャンケンで決めよう」
女「いいよ!」
男「ジャーンケン」
女「ポンッ!」
男「よし勝った! じゃあ、そばに決定――」
女「ゲボォォォォォォォォォッ!!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆DAC.3Z2hLk2018/05/15(火)01:37:17.45
ID:HPqv8y120
 モバマスより鷹富士茄子のSSです。
 独自解釈、ファンタジー要素、一部アイドルの人外設定などありますためご注意ください。
 前作です↓

ライラ「夕焼けはソーダの味がする」
 最初のです↓
小日向美穂「こひなたぬき」

2:
◆DAC.3Z2hLk2018/05/15(火)01:38:47.68
ID:HPqv8y120
 今夜一杯いかがですか?
 と茄子さんからお誘いを受けたのは、週初めの月曜日だった。
 幸い夜遅くまでかかるタスクは無い。ただでさえ憂鬱な月曜の気晴らしになるだろう。
 軽くならたまにはいいかと承諾し、駅前で彼女と合流した。
「ん。今日は楓さんいないんですか?」
「あら、私と二人ではお嫌ですか??」
「いや意外だなって。飲み行く時はいつも一緒なのに」
 二日酔い対策グッズを山盛り用意したのだが、いなければいないで肩透かし感が残る。
「今日は楓さん、他のお友達と食事に行かれるんです」
「あ、飲むことは飲むのね……」
「そういうことです♪ ということでたまには、さしで飲むのもいいでしょう?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん2018/05/14(月)23:01:16
ID:fTt
( ・`ω・´)「寒いな今日も」
彡(゚)(゚)「なんせ冬やからな」
( ・`ω・´)「こんな時はやはり蕎麦だな」
彡(^)(^)「なんや、食わしてくれるんか!?」
( ・`ω・´)「いや、それくらい自分で食えよ…蕎麦なんて安いものだろ」
彡(゚)(゚)「ケチやなお前」

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
あああ2018/05/13(日)22:12:08.88
ID:FObC8TzfO
P「か弱い美少女から足蹴にされたい同盟スか?」
ディレクター「んだ。我々のぉ↑同盟には、それに合致するめんこい子ぉがいないん↑ですよ↓。7↓65↑さんわや、誰かおらんスすか?」
P「そいだば、ワーんとこのゆ↓ぎ↑ほなんてど↓ーで↑すか?」
演出家「あー!んだんだ!ゆぎほちゃんならウチさイメージにぴったしぃ合います。ディレクター、なんとかおねげします」
ディレクター「んだ。ゆ↓ぎ↑ほちゃんなら我々のぉ↑同盟にピッタシの人物だびょん。彼女さ主演にするべしぃぁ。7↓65↑さん、お願いします」
P「あ↓りがと↑うございます。したっけぇ、ゆ↓ぎ↑ほさ、スケジュール確↓認↑し↓て、またご連絡します。では、失礼します」
バタン
P「んっシャイアああああ!エセ東北弁が功を奏したぜ!待ってけれ、ゆぎほぉぉぉぉ!!あ、東北弁うつった。んほぉぉぉぉぉぉぉ!!」ダバダバ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん2018/05/13(日)03:27:17
ID:9JN
宇宙世紀0079年1月3日 この日、人類史上最悪の戦争が幕を開けた
地球連邦政府に対して宣戦布告をしたのは、宇宙コロニーサイド3を本拠地とする
ザビ家が牛耳るジオン公国によるものだった。
スペースノイドの独立を掲げるジオン公国と地球連邦の戦いは熾烈を極めた
しかし、0080年1月1日に宇宙要塞ア・バオア・クー陥落によりジオン公国敗北として終戦
後にこの戦争を「一年戦争」と呼ぶことになる
それから3年後、宇宙世紀0083年、ジオン残党デラーズフリートによる星の屑作戦により
地球連邦政府は再びコロニー落としを受けることになる
しかし、それらの事実は、歴史から抹消され”なかった事”にされる
それから5年後、歴史は再びあの男を動かそうとする
これは、茶色の流星と呼ばれた男の物語である
前作 
ジェリド「やきう?ベースボールみたいな名前だな」彡(゚)(゚)「・・・」
前前作 
ジオン兵「おいやきう!お前に新型のMSくれるってよ」彡(゚)(゚)「…」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん2018/05/14(月)12:56:16
ID:NJ0
アイドルマスターシンデレラガールズ、しゅがーはぁとこと佐藤心のお話です。
佐藤心、安部菜々「「心が叫びたがってるんだ」」
これの続きではないですけど、似たようなものです
2:
名無しさん@おーぷん2018/05/14(月)12:56:52
ID:NJ0
事務所
菜々「ありがとうございます! 本当に、ありがとうございますぅ?!」
心「あー、もうせっかくのお祝いなんだから泣いちゃダメですって☆」
菜々「は゛ぁ゛と゛ぢゃ?ん゛ん゛……!」
心「ちょっ、今のどうやって発音したんだ☆」
菜々「ナナ、ナナ……! ついについにここまで来たんですよおおぉぉぉぉ……!」
心「わかってますって☆」
心「ほら、ハンカチ貸してあげるんで涙拭いてください☆」
菜々「あ゛り゛が゛と゛う゛ぅぅぅ?……!」
心「菜々先輩」
菜々「うえぇぇ?……?」
心「第7回総選挙、1位おめでとうございます。シンデレラガール、本当におめでとうございます!」
菜々「ありがとう……! ありがとうございます、はぁとちゃん!!!」
菜々「はぁとちゃんもPa5位おめでとうございます!」
心「ありがとうございます☆」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/14(月)09:01:26.583
ID:46WxA6EPa
貴方は旅する戦士です。
森に入り込んだ貴方の前に魔女が現れて言いました。
魔女「この森から去りなさい」
魔女は貴方に杖を向けて臨戦態勢です。
そこで貴方は
>>3の行動を選択しました。
2:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/14(月)09:01:46.172ID:QFOHZIag0
皆殺し
3:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/14(月)09:01:55.136ID:sioBfvfia
魔女にキス

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/10(木)12:12:37.52
ID:/OLTAL/tO
男「出来てたらクリスマスに幼馴染の家でいたストしてないよ」ピコピコ
みほ「あっこの店五倍買いしよ」
男「あぁ!?俺の店が!!」
まほ「気になって人とか...そのいないのか?」
男「うーん...そうだ!聖グロリアーナのダージリンさんとか」
まほ「!?」
みほ「(ああ...お姉ちゃんちょっと泣きそう...男君..小2から好きだった幼馴染だもんね...)」
みほ「(ずっと恥ずかしくて全くアプローチできなくても男君が女の子に興味なかったから油断してたんだよね...」
男「そうだ!戦車道関係で知り合いだろ?紹介してよ」
みほ「(追い討ち!?)」
まほ「い、いや....やめといた方がいいぞ!!ダージリンは実は
>>3なんだ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/14(月)03:26:18.872
ID:MxCwIl9C0
男「最近流行りの旅番組のノリで、適当な駅で降りてみたら……」
男「見事に何もないな。活気すらないよ」
友人「ああ、こんな廃れた町見るの初めてだ」
男「なにしろ、名前からして≪すたれ町≫だもんな。そりゃ廃れるわって話だよ」
友人「どうする? コンビニもカフェもありそうにないぜ」
男「だけど、せっかく降りたし……ここでなにか食っていきたいな」
友人「あっ、ちょうどいいところに食堂があるぜ! ぶふっ、≪すたれ食堂≫だって!」
男「絶対まずそうだけど、入ってみるか」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/14(月)00:11:15.852
ID:RVztVHVYd
編集部
かおす(29)「……」
担当「……読み終わりました」
かおす(29)「ど、どうでし」
担当「単刀直入に言うとつまらないです」
かおす(29)「そ、そうですか」
担当「……はぁ」
かおす(29)「……すみません」
担当「……」
かおす(29)「……ほんとに、すみません」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/13(日)21:27:26.585
ID:CwwwvT2P0
蘭「え……?」
コナン「幼馴染みで同級生の毛利蘭と……遊園地へ遊びに行って……」
コナン「黒ずくめの男の……怪しげな取引現場を目撃した……」
蘭「こ、コナンくん……?」
コナン「……Zzz」
蘭「……」
コナン「取引を見るのに夢中になっていた俺は――」
蘭「!」
コナン「……背後から近付いてくるもう一人の仲間に気づかなかった……俺はその男に毒薬を飲まされ……」
蘭「ど、毒……!?」
コナン「目が……覚めたら……」
蘭「……」
コナン「……」
蘭「……め、目が覚めたら……?」
コナン「身体が縮んでしまっていた!!!」
蘭「!!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
saga2018/05/13(日)22:15:46.81
ID:Kjcw8Mcu0
上条浮気魔
一方セ○クスレス
浜面公認愛人

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/13(日)22:16:23.26
ID:Kjcw8Mcu0
?とある居酒屋?
上条「あー、もう限界」
一方「どうしたァ?」
浜面「なんかあったのかよ?」
上条「浮気したい」
一方「」
浜面「」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Dm8ArSIo3MOQ2018/05/11(金)02:22:00.93
ID:Ingpz+qK0
ちひろ「プロデューサーさん、そこの書類取ってください」
モバP(以降P表…うるせぇー…)「どうぞちひろさん」
カタカタカタカタカタカタカタ グキュルー
P「ちひろさん、そこのニッパー取ってください」
ちひろ「働け」
カタカタカタカチッパチッ グギュルルー
ちひろ「社畜さん、そこのハンコ取ってください」
P「はいよカネゴン」
カタカタカタカタカタカタカタ グギュルルルルーッ
P「銭ゲバ、そこの醤油取ってくれ」
ちひろ「ネギトロくれたら取ってあげますよ」
P「ネギなら上げますよ」
クギュルルルルゥゥゥ
P「ってかさっきから何の音さね!」バッ
クラリス「も、申し訳ございません……お構いなく…」グギュルルルウウウウウウウウウ
P「構わずにいられるかい」
ちひろ「すごいお腹の音ですけどご飯食べてないんですか?」
クラリス「い、いいえ?きちんと朝餉は食して」グギュルギュギュギュゥゥゥ
クラリス「…」
クラリス「しょ、食してきておりますよ?」
ちひろ「お腹が正直すぎる」
P「十万石饅頭食べる?」
クラリス「いただきまふ…」モキュッ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/13(日)20:12:03.32
ID:0H9e1RbL0
※ここに警告文のあるものとする
P「おしりがファンファンする」
唯「ウケる?」
P「わあ、唯ちゃんが楽しんでくれてる。俺の不幸も報われるってもんだ」
唯「この『ウケる』は、なに言っていいか分かんない時に使う『ウケる』だよ」
P「ギャル語は難しいなあ」
千夏「どうしてそんなことになったのよ……」
P「総選挙を乗り切る為に、スタドリ飲んで気合を入れようかと思ったんだけどさ。直腸から直接栄養を吸収した方が効果的なんじゃないかと思って」
千夏「頭が悪すぎる」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆uK0l/KjPyl6F2018/05/13(日)04:05:11.41
ID:yj8cGlU/0
設定とか喋り方とかガバガバなのは多めに見てください!
【モバマス】14歳組の恋愛事情
の続きみたいなものです。

2:
◆uK0l/KjPyl6F2018/05/13(日)04:06:34.67
ID:yj8cGlU/0
晶葉「ただいまもどった。ちひろはいるか?」
美由紀「おかえり!ちひろさんならいないよ?晶葉ちゃんはお仕事だったの?」
晶葉「いや、少しちひろに頼まれたおつかいをこなしてきただけだ。美由紀は1人か?」
美由紀「美由紀はね、お留守番!幸子ちゃんもいるよ!」
晶葉「そうか、それでちひろはどこに行ったのだ?」
幸子「おはようございます晶葉さん!ちひろさんならさっき大慌てでどこかへ行きましたよ?あ、はい美由紀さん。お茶です」
美由紀「幸子ちゃんありがとー・・・美味しいよ!」
幸子「フフーン!そうでしょうそうでしょう!」
晶葉「む、そうなのか。まったくちひろめ、私に面倒事を押し付けておいて・・・」
美由紀「何をしてきたのー?」
晶葉「いやなに、すぐにわかる」
幸子「どういう意味ですか・・・ってフギャー!」
美由紀「うわぁ!どうしたの・・・って愛海ちゃんかー」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/26(木)10:12:51.73
ID:5X7jDa2TO
-5:30西の王国-
-王立物流協会事務所-
男「おはようございます」ガチャ
点呼係「おはようございまーす」
先輩「お、男か」
男「あ、先輩」スッフーッ…
<カチッピンポーン
点呼係「はーい5時30分、今日は特に脇見運転注意でーす」
男「先輩もこれから出勤ですか?」
先輩「今帰ってきたとこだ…んー」ノビーッ
男「夜運行だったんですね、お疲れ様です」
先輩「お前は今日は?」
男「西の街へ行きます。夕べ積み込みしといたんでこのまま出発です」
先輩「そか。気ぃつけてな」
男「はい、じゃ行ってきます」ガチャ
点呼係「あっ男さん伝票忘れてますよー!」ペラッ
男「いけね」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/13(日)01:57:07.42
ID:vPqDX5AN0
※注意「Mな人向けの内容です。過激なエ口・グロテスクな表現はありませんが金的がメインの話です。幸子がドSという訳では無いので、いじめられるのが好きな人にはむいていないかもしれません」

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
◆pvi4t7el1QeD2018/05/12(土)17:46:31.40
ID:vuGdqAF/0
春香「えへへ、ただいま〜」
千早「ただいま」
春香「おかえり、千早ちゃん!」
千早「春香におかえりを言われるのも、もう慣れてしまったわ......」
春香「いいものでしょ? 誰かに迎えられるのって」
千早「......そうね」
春香「ところでさ......」
千早「何かしら?」
春香「私はまだ慣れてないんだけどなぁ、おかえり言われるの......」
千早「......」
春香「のワの」
千早「......本当に今日の春香は甘えたね......」
春香「い、いいじゃん別に私が甘えたっt」
千早「おかえり、春香」
春香「......ただいま、千早ちゃん!//」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
はまぐり2018/05/12(土)21:41:39
ID:v7ghpyog

 聖良「理亞、新しい歌詞を書いてみたから、見てもらってもいい?」
 理亞「うん。いつもありがとう、ねえさま」
 聖良「曲のイメージももうできているの。でもその前に歌詞を確認して欲しくて」
 理亞「うん、とってもいい歌詞だと思う。・・・・・・ん?」
 聖良「よかった。じゃあ曲調なんだけど――」
 理亞「ちょ、その前にねえさま。この部分なんだけど・・・・・・」
 聖良「どこかダメだった?」
 理亞「ダメというか、ここのフレーズって・・・・・・」
 聖良「ああ、"聖良 comeon!"ね。理亞の声はよく通るから、そういう台詞があってもいいんじゃないかと思って」
 理亞「台詞があるのはいいんだけど、台詞自体が・・・・・・。ねえさまを呼び捨てにはできないよ。"ねえさま comeon!"じゃダメなの?」
 聖良「理亞。SaintSnowとしてステージに立つときは、私たちは対等です。それにこの歌の歌詞に"ねえさま"なんてフレーズは合わないわ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/13(日)00:03:58.353
ID:QLmyNzb+x
ジン「お前ももう中堅だからな。そろそろ面接官をやってもいい頃だ。」
ウォッカ「しかし兄貴、俺そんなことやったことないですぜ。俺に務まるかどうか…」
ジン「安心しろ、ウォッカ。当日は俺も同席して隣にいてやる。」
ウォッカ「で、でも…」
ジン「俺の後釜を立派に務めてくれるのはウォッカ、お前だけだと思っているからこうやって頼んだんだ。だが自信がないなら仕方ない。コルンにでも…」
ウォッカ「俺にやらせてくだせえ、兄貴!兄貴の後は俺が立派に継いでみせますぜ!!」
ジン「(まったく、単純な奴だぜ...)」ヤレヤレ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/12(土)21:40:30.72
ID:RrOmRxVI0
地の文多め
百合要素あり

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/12(土)21:41:13.55
ID:RrOmRxVI0
「うーん、疑似発色かもね?」
 顎に人差し指を当てながら、志希さんは比色管を覗き込みました。
 猫のようにくりくりとしたその瞳が、桃色に染まった水の向こうからありすちゃんを捉えます。
「うわっ!……って、ぎじ……?なんですかそれ?」
 比色管を取り落としそうになりながらも、なんとかありすちゃんは持ちこたえました。
 志希さんが貸してくれたゴム手袋のおかげかもしれません。
 というのも、事の始まりは15分ほど前に遡ります。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/12(土)02:28:02.660
ID:f9QoEB3p0
でっっっかくてつっっっよいメイドさんに無表情で迫られて心臓麻痺起こしたい

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん2018/05/12(土)14:54:18
ID:C1n
彡(^)(^)「どうやってからかったらええやろか」
(o'ω'n)「>>4でからかったら楽しいおん」
彡(^)(^)「せやな!原ちゃんのところに行くで」

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
◆x8ozAX/AOWSO2018/05/12(土)15:26:47.06
ID:EDr840HcO
加蓮「おはようから?」
まゆ「おやすみまで」
加蓮「揺り籠から?」
まゆ「墓場まで」
加蓮「ビビカラ?」
まゆ「エイジ」
加蓮「……私達って十六歳だよね?」
まゆ「ですねぇ」
加蓮「なんで呼ばれなかったんだろ?」
まゆ「不思議ですねぇ……」
加蓮「おかしくない?ビビッドカラーエイジは兎も角としてさ、Age16は私達も呼ばれて然るべきじゃない?」
まゆ「おかしいですねぇ、陰謀の匂いがしますよぉ」
加蓮「ねぇ何でだと思う?」
まゆ「どうしてだと思いますか?肇ちゃん」
肇「……そういう所じゃないですか……?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Xz5sQ/W/662018/05/12(土)14:21:05.66
ID:Yjk5w41g0
===
突如として劇場に響き渡った絹を裂くような乙女の悲鳴!
偶然にも廊下にいたこのみと風花は声のした方へと疾く走る、走る!
「一体何があったっていうの!?」
「このみさん! あれを見てください!!」
勢いよく楽屋に駆け込んだ二人をショッキングな光景が出迎える。
風花が指でさすその先では、二つの人影が床の上で激しく取っ組み合っている最中だったのだ。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/12(土)11:36:30.401
ID:kaDldq8Wa
貴方は島に流れ着いた漂流者です。
貴方が浜辺で倒れていると、いくつかの足音が聞こえます。
褐色の少女が貴方の顔を覗き込み、木の枝で身体を突つきました。
褐色少女「生きてる?」
おそらく少女はそう言いました。
貴方は意識がハッキリしてくると、酷い飢えと渇きを感じます。
そこで貴方は
>>3の行動を選択しました。
2:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/12(土)11:37:04.258ID:eFbYu1mk0
踏み台
3:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/12(土)11:37:07.637ID:AxYbTmpy0
自宅へ瞬間移動

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
3
4
5
6
7
8
9
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。