SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:ホライゾーン
<<
2018年02月
>>
113件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
1:
墓堀人◆2C5kzhFqI.2018/01/28(日)23:03:02.00
ID:hwbxeCrZ0
・タイトルどおりアイドルの元カレがいる設定ですので苦手な方はお控えください。
・ちょいちょいシモネタが飛び出すのでその辺もご注意ください。

2:
墓堀人◆2C5kzhFqI.2018/01/28(日)23:04:24.48
ID:hwbxeCrZ0
早苗「あ?酒飲みたいわ?……えっ、もう回ってるの?」
瑞樹「あら、コホン……皆さんこんばんわ、貴方のアイドル川島瑞樹です☆」
早苗「切り替え早いわね…こんばんわ、片桐早苗です☆」
瑞樹「と、いう訳で…この番組、名前が『元カレさんいらっしゃい』なんだけど…」
早苗「ずいぶん攻めた内容よね…場合によっちゃ死人がでるわよ」
瑞樹「そうよねぇ…よくGOサイン出たわ」
カンペ『元カレの存在程度でアイドルの輝きは失われない!!!』
カンペ『byプロデューサー氏』
瑞樹「あら、プロデューサーくん分かってるじゃない」
早苗「ふ?ん……まっ、そうよね。大人のオンナは男こましてナンボだし??」
瑞樹「はい、じゃあ早速始めましょっか」
早苗「ちょっと!スルーしないでよ!!」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆6X9N3xfEM.2018/02/12(月)12:54:53.85
ID:SDdybZm9O
※デレマス
ゆるふわ成分は用法・容量を守って正しく摂取してください

2:
◆6X9N3xfEM.2018/02/12(月)12:57:33.35
ID:SDdybZm9O
茜「藍子ちゃん、お願いがあります!」
藍子「いきなりだね、何かな?」
茜「お医者さんになってください」
藍子「お医者さんに?私が?」
茜「はいっ!!」
藍子「あのね茜ちゃん、私は理系の科目はそんなに得意じゃないしまだ進路の事は全然考えてないんだけど」
茜「あー、いえいえ。藍子ちゃんに医学部に進んで欲しいわけではなくて今すぐお医者さんになって欲しいんです!」
藍子「??、えーと…茜ちゃん、順番に説明してもらえると助かるんだけどな」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆ytRfQhDR4R7A2018/01/30(火)13:43:19.20
ID:fYO4EQLQ0
モバマスSSです
紗枝はんとモバPが飯食うだけです
何!?最近ソシャゲばかりやっていたのか!?
言葉遣い間違ってても堪忍してや

2:
◆ytRfQhDR4R7A2018/01/30(火)13:45:22.02
ID:fYO4EQLQ0
紗枝「はぁ……ぬくいなぁ……」
翠「やっぱりコタツはいいですよねぇ……」
紗枝「ほんになぁ。一度入ったら抜けられへんわぁ……」
翠「はぁ……」
紗枝「翠はん……流石に寝たら風邪ひきますさかいあきまへんえ」
翠「そう言われましても……」
紗枝「まぁ気持ちはよー分かるんやけどもなぁ」
おこたってなんでこない快適なんやろなぁ……

千秋「……」
モバP「見ろ美由紀。あれがついこの間公演で人類を見守ってた存在と美食女神の成れの果てだ」
美由紀「紗枝ちゃんはともかく翠ちゃんはいつもの通りだね」
千秋「(言われてるわよ女神様)」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆.dsCc9AhxA2018/02/12(月)04:34:44.91
ID:XmezkImf0
・深夜テンション
・盛大なキャラ崩壊
・レズ
です

2:
◆.dsCc9AhxA2018/02/12(月)04:37:36.29
ID:XmezkImf0
沙織「というわけで、チョコレート作っちゃおう!」
麻子「どういうわけだ」
優花里「急に家に来いっていわれたので何事かと思いましたよ…」
沙織「ごめんごめん。いろいろ準備してたらいいそびれちゃって」
華「てっきり結婚詐欺師に騙くらかされてお風呂屋さんでバイトさせられそうになってるのかと」
沙織「私はどういうイメージなのよ。というかそんなの華たちに相談してどうすんの」
みほ「戦車の砲弾をぶちかませばどんな屈強な人間でも物言わぬ肉塊になります。ひきにく作戦です」
沙織「みぽりんが怖いんだけど」
麻子「沙織が誘ったせいで今日テレビでやる劇場版ボコがリアルタイムで見られないそうだ。録画はしてるらしいが」
沙織「? 録画してるならいいじゃない」
優花里「…武部殿が少し嫌いになりました」
沙織「なぜ」
華「マニア心は複雑なんですよ」


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆ossIyKFqYI2018/02/11(日)19:43:58.82
ID:DfyRpcLJ0
たまて「何と!?」
栄依子「いいなー。私もやろうかな?」
冠「社会人」
栄依子「…社会人とは違うでしょ」
たまて「ところで、花名ちゃんはなんでバイトを始めたんですか?」
花名「あ…いや、ほら、いつも親にお世話になってるから、何かお返しをしようと思って」
たまて「花名ちゃんは大人ですね?私は親に頼ってばかりです」
栄依子「でも、たまはいつも家族のご飯作ってるんでしょ?」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆xW69XHZIXl2A2018/02/11(日)22:01:51.68
ID:ApI2NqoK0
かぐや「ほれ薬!?」
早坂「はい。とあるルートで手に入れた貴重なものです。せっかくなので使ってみますか?」
かぐや「はぁ……。何か勘違いがあるようなので言っておくけど」
早坂「?」
かぐや「会長が私に惚れて、惚れて、すっごく惚れて仕方ないから相手をしてあげているだけ」
早坂「なるほど」
かぐや「だから私がほれ薬を使う必要はないわ。それにほれ薬を使ったら、まるで私が会長にもっと好きになって欲しいみたいじゃない」
早坂「わかりました。勘違いをしてすみません」
かぐや「わかればいいのよ」
早坂「では、これは処分しますね」
かぐや「え?」
早坂「?」
かぐや「え、えーと、処分するのは勿体ないわ。だって貴重な物なんでしょう? そ、それに私の知り合いにそういう薬を使いたい人がいるかもだし……」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/02/09(金)20:18:10.34
ID:8oi46VVl0
※キャラ崩壊注意!
ここは全国の女子高生たちが集まる合宿所。現在、全国の女子高生たちが集まり、1週間の合宿を行っている。合宿という事もあり、プロの雀士も引率として来ている。
そして今、その合宿は3日目の夜を迎えている。
淡「今日は私がサキの隣で寝るからねっ!」
和「いいえ、今日も私が咲さんの隣で寝ます!」
淡「今日もって…あははっ、昨日は無理やりサキの布団の中に潜り込もうとして放り出されてたくせに!」
和「そ、それは大星さんが咲さんの布団に入ろうとしてくる私の邪魔をしてきたからです!」
淡「違うよっ! ただ単にノドカがサキの布団に潜り込むの下手くそなだけだよっ!」
和「へ、下手くそって…布団に潜り込むのに上手いも下手もありません!」
淡「あるよっ! ノドカったらサキが起きてる間に潜り込もうとするんだもん!」
和「し、仕方ないじゃないですか! 隣で咲さんが寝ているのに我慢なんてできるはずがありません!」
淡「はぁ…だからノドカはダメなんだよ! SOASOA言って自分の可能性を無くしているんだよっ!」
淡「大体、サキは恥ずかしがり屋さんなんだから起きている時に潜り込むなんて追い出されるに決まってるじゃん!」
淡「想像力とか我慢強さが足りないよっ! 欲望に正直すぎるよっ!」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/09(金)21:38:40.96
ID:jriPoI3q0
ククイ「お前がこのスクールに来てから結構建ったし、参観授業やカプ・コケコとのバトルとかでお前に興味のあるやつが増えたらしくてな」
サトシ「えー、わざわざそんな時間つくらなくてもいいんじゃない?」
ククイ「何もスクールの生徒を一堂に集めて延々と時間を取りはしないさ。昼の放送でお前に質問を書いた紙を読み上げて答えてもらうって形だ。もちろん、意味がわからないものや答えたくないことには答えなくていい。質問によっちゃ読み上げずに捨ててしまってもいい。やってくれないか?」
サトシ「それなら大丈夫です!」
ククイ「ありがとよ!この箱に数日間お前に聞きたいことを書いた紙を入れさせるから、当日はこれをクジみたいに引いてもらうぜ」
サトシ「何か面白そう!」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/11(日)21:44:58.74
ID:87bsJvQDO
P「はー仕事疲れたなー」
P「いい加減休みたいなー」
P「一日中寝ていたいなー」
P「……」
P「休憩しよう」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆ossIyKFqYI2018/02/10(土)22:14:39.80
ID:WJAax+U/0
初投稿です。拙い部分があるかと思いますがご容赦を。

2:
◆ossIyKFqYI2018/02/10(土)22:22:05.09
ID:WJAax+U/0
結衣の部屋
結衣「暇だなぁ」
結衣「しかし、京子もあかりもちなつちゃんも電話にでないなんて珍しいな」
結衣「このゲームも全面クリアしたし、この本も読み飽きたし、何しよう」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆SESAXlhwuI2018/02/10(土)22:48:26.05
ID:eKLDbfgQ0
ミリP(以下、P) 「よーし!これで書類作業も一段落!」ノビー
P 「疲れた……音無さんと青羽さんがいないと、こんなに辛いのか」
P 「今度、二人に何か奢ろうかな……ふわぁあ」
P 「……徹夜が、響いたかなぁ」アフゥ
P 「あんま寝てなかったもんなぁ……時間は?」
P 「荷物受け取らないといけないんだっけか……それまでなら寝れるな」
P 「……よし!」スタッ


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/02/09(金)19:12:21.76
ID:7S2cVUUN0
取材担当:青葉
執筆:秋雲

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/02/09(金)19:14:43.98
ID:7S2cVUUN0
提督の朝は早い
布団をはがすと、如月がとても人様にはお見せできない顔で提督の一物をしゃぶっている
朝の分の精を如月の口内にぶちまけ、提督は身支度を始めた
望月に着せている提督の制服を引っぺがし、代わりに寝間着を渡す
全裸で洗濯機のある部屋に向かう彼女を後ろからじっと見つめるのが彼の楽しみだ


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/08(木)22:09:07.93
ID:4GqatoYg0
……事務所……
美穂「思ったより早くお仕事終わっちゃったなぁ」テクテク
美穂「まさか三時間も早く終わるなんて思ってもみなかったよ……こんなに前倒ししたのは初めてかも。ちょっと適当なディレクターさんだったのかな……」
美穂「流石にこの時間だと寮には誰もいないよね……事務所なら誰かいるかな?」
ガチャッ
美穂「お疲れ様です」
雪菜「お疲れ様ぁ?……あれ、美穂ちゃん?」
美穂「あ、雪菜さんに彩華さん! お疲れ様です!」
彩華「お疲れ様ぁ。今日はロケだって聞いてたけどぉ……」
美穂「それが結構早く終わっちゃって……寮に戻っても誰もいなさそうだったから事務所に来ちゃいました」エヘヘ
雪菜「それはナイス判断?♪」ガシッ
彩華「さぁさぁこっちに来てぇ♪」ガシッ
美穂「えっ、えっ? な、なんですか!?」
雪菜「ビューティータイムだよ?☆」
美穂「ビューティータイム!?」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/08(木)11:54:09.97
ID:y9oIC/NP0
※わたモテ「喪82モテないし日常に戻る」のゆりちゃん視点登校風景
※初投稿、趣味全開
玄関を出ると、秋の朝の澄んだ空気に包まれた。
修学旅行が終わって初めての登校日。また規則正しい学校の日々が始まる。
一呼吸置いてからウォークマンを手に取り、イヤホンを装着する。
今は何だか落ち着いていたい気分。よし、このアルバムにしてみよう。
?AerialBoundaries
MichaelHedges-AerialBoundaries
https://www.youtube.com/watch?v=4P9mmZyGb4s
静かなアコースティックギターのタッピング。持っている曲の中でもトップクラスに好きなイントロだ。
お父さんのCDを何となく借りて入れたものだけれど、大当たりだった。
浮遊感のある曲調に耳を委ねて、駅への道を歩いていく。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/08(木)21:00:17.53
ID:mmeo2Msk0
※キャラ崩壊注意
今日は女子高生の雀士交流会。そこには、これからプロになるという進路を考えている人の為に、プロ雀士の実態を知ってもらったり、実際に交流を楽しんでもらおうとプロ雀士も呼ばれていた。
健夜「はぁ…」
咏「元気ないっすねー、小鍛治さん」
健夜「咏ちゃん…。いや、別に元気が無いわけじゃないけどね?」
健夜「なんというか、こう…女子高生に囲まれてお酒を飲んでるとお酒を飲んでるのに気分が沈んでくるというか…なんというか…」
咏「あー、よくわかんねーっすけどせっかく女子高生の皆が呼んでくれたんだから普通に楽しめばいいんじゃないっすかねぃ、わっかんねーっすけど」
女子高生達「きゃぴきゃぴっ」
健夜「…」
健夜「はぁ…若さに気圧されるよ…」
咏「若さに気圧されるって…小鍛治さんも十分若いじゃないっすか」
健夜「はぁ…20代前半は余裕が違うね」ズーン
咏(うわぁ、小鍛治さんの悲哀オーラが凄すぎてこのテーブル一帯をみんな避けてるみたいだねぃ…)
健夜「きゃぴきゃぴ楽しそうだなぁ…輝いてるなぁ…なんだろう、あの子達は私が失くしたものを当然のように持っているんだよね…」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/04(日)15:07:41.69
ID:SGtIa5/j0
龍驤「しかも大量に…」
龍驤「瑞鳳…これはどういうことや?」
瑞鳳「…」
龍驤「今日、瑞鳳に卵焼きの試作品を食べてほしいって言われて、出来るまでなんとなしに瑞鳳の部屋を探索してたらベッドの横から大量の写真が…」
龍驤「『なんやこれ』って思って見てみたら……そこには大量のウチが写った写真があったんや…」
龍驤「しかも……ウチの寝顔の写真、ウチがお風呂入っている時の写真等、色々なウチの写真を取り揃えているやないかい!」
龍驤「というより、寝顔の写真なんてどうやって撮ったんや!? ウチの部屋忍び込んでたんか!?」
龍驤「しかもお風呂の写真もおかしいやろ! これ…う、ウチの…ウチの大事な所がアップで写っとるよ!?」
龍驤「あぁ、ウチの大事な所ってこうなっとんのかぁ…って、そうなるかい!」
龍驤「なんでよ…なんでこんな事するんよ…」
瑞鳳「…」
龍驤「なぁ、瑞鳳…なんとか言ったらどうなんや!」
瑞鳳「>>3」

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/04(日)15:20:10.63ID:Q1hU+vAIo



続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆7I74U3yGY62018/02/06(火)00:13:56.33
ID:LPvTjrEz0
時系列は適当

あお「・・・・・zZZ」スカピー
バーゼ「むにゃむにゃ」
スティ子「・・・ZZ」
迅雷「・・・・・・ZZZZ」
マテリア姉妹「・・・・・zzzz」
アーキテクト「・・・・・zz」
轟雷「.....」
轟雷「.........」
轟雷「ッハ!!」ピコーン
轟雷「私、あおの子供がほしいです!」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆SESAXlhwuI2018/02/04(日)18:27:32.78
ID:Orm8Ywu30
【公式で美咲→小鳥が【音無先輩】になったので【音無先輩】呼びで統一します】
七尾百合子(以下、百合子) 「…………」ジーッ
ミリP(以下、P) 「……?」チラッ
百合子 「!!」サッ
P (本で顔隠された)
P 「はぁ……」
青羽美咲(以下、美咲) 「プロデューサーさん、どうかしたんですか?」
P 「ああ、いえ……ちょっと耳貸してもらっていいですか?」
美咲 「?」スッ


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆FFa.GfzI162018/02/04(日)12:02:15.77
ID:C+GRM+ZSO
・オリジナルSS
・あくまでフィクション
・シリアスに見せかけたコメディ
・オチに注意
では始めます


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/02(金)14:55:15.88
ID:TunYa7Yh0
花丸「ル・・ルビィちゃん!?突然何を言い出すずら!?」
ルビィ「ルビィね・・花丸ちゃんと善子ちゃんを見てずっと思っていたの・・」
ルビィ「花丸ちゃん・・ルビィと善子ちゃんの時で全然態度が違うなって・・2人ともとっても仲がいいなって」


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆6QdCQg5S.DlH2018/02/04(日)18:58:35.44
ID:rNfcPZv20
愛海「プロデューサーっ!」
モバP「お疲れ、愛海」
愛海「もう、本当に疲れたー」
モバP「大変だったろ」
愛海「うん、本当に大変で……すっごい疲れちゃった」
愛海「でも、プロデューサーがご褒美くれるっていうから、なんとかできたんだ?」」
愛海「で、ご褒美は? やっぱりお山?」
モバP「いや、違うけど」
愛海「えー……」
モバP「ほら、マシュマロだよ」
モバP「気に入ってただろ?」
愛海「わぁ! ありがとう、プロデューサー!」
愛海「柔らかくて甘くって……」
愛海「……これで、焼いてあったらもっと良かったんだけどねー」
モバP「さすがにそれは用意できなくってな」
モバP「また今度作ろうな」
愛海「うん!」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/01/28(日)11:58:34.92
ID:04UmBA/J0
虹色ドリーマー(荒木比奈、神谷奈緒、安部菜々)がライブの打ち上げに温泉に行くお話です。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/01/28(日)11:59:42.54
ID:04UmBA/J0
/某アリーナ/
ワアアアアアアアア
奈緒「みんなー!今日は本当に、ありがとなー!!」
比奈「今日のことは、一生忘れないっス!!」
菜々「家に帰るまでが、ライブですよ!気を付けて帰ってくださいねーっ!!」
ワアアアアアアアア…


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/03(土)21:37:23.46
ID:RYegwfqRo
ルル「ああ、そうだ」
C.C.「今さら何を言ってるんだ、お前は」
ルル「いや、ずっと俺は思っていた」
C.C.「ほう?」
ルル「気まずいから復活したくない……とな」
C.C.「……」
C.C.「は?」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/03(土)22:59:51.58
ID:nUn2j/l90
柚「比丘尼さまがいらっしゃいました!」
比丘尼「こんにちは。八百比丘尼と申します。」
棗「へぇ?この方が柚の...」
蓮(綺麗な人?!///)
柚「さあ、こちらです!比丘尼さま!」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/03(土)18:49:13.45
ID:/Pu/Yw+w0
・アイドルマスターミリオンライブ、北沢志保と横山奈緒がメインのSSです。
・地の文多め。
・ちょっぴりシリアス系。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/03(土)18:50:33.54
ID:/Pu/Yw+w0
 目の前で、ふわり、と一匹の蝶が舞う。私には、その意味がまるで解らなかった。
 気がついたら私は此処にいて、蝶は其処にいて、つまり、今へ至る過程に脈絡なんてものは何もなくて、まるで一つの物語を途中から読み始めたときのような気持ちにさせられる。
 それは決して状況に対する一方的な不快感ではなく、状況に理由を求める感情だった。
 
 しばらく立ち尽くしていたように思う。
 あるいはその蝶を眺めていたのかもしれないけれど、別にそんなことは大して重要じゃないのだから、どうだっていい。
 でも、もしかするとその蝶に目を奪われていたのかもしれないと思った。
 だって、今更になってようやく私は自分がどういう場所にいるのかということに意識を向けられたのだから、きっとそういうことなのだろう。
 
 周囲をぐるりと見回してみる。でも、其処には太陽も月も雲も星もなくて、ただ夜の匂いだけが水入れに澱んだ黒のように重たく横たわっていた。
 自分の手はしっかりと見える。たしかに存在することが感じられる。
 なのに、他に感覚を刺激するものは何一つだって見つけられない。
 ああ、いや、忘れていた。
 あらゆる存在を拒絶するかのような真っ暗闇の中で、しかし、その蝶ははっきりと其処にいた。
 塗りつぶされた黒の上に浮かぶそれは、私を全く別の世界へと、ここではない何処かへと導いてくれる妖精のようにも思えて、私は少し安心する。
 その鮮やかな青の翅はモルフォチョウだろうか、なんて考えるフリをしてみた。
 もしもここが黒色の絵具に染められた水の中だったのなら、その鬱陶しいまでの眩しさを湛えた青はきっと唯一の希望なのだろう。
 一体何にとっての希望なのかとすぐに自問し
続きを読む

[ 閉じる ]
2:
◆YzsQKkaIIQ2018/01/28(日)23:03:08.15
ID:B7czzGsD0
高雄「ふぅ……」
高雄「提督が大陸に出張して早1ヶ月……。そろそろお戻りになる頃……」
高雄「提督の留守中でもしっかりと艦隊運営と執務を怠らず、秘書艦としてなんとか仕事を全うできました」
高雄「ふふ。提督に褒められるのが待ち遠しいわ……?」
ガチャ
提督「うーい、戻ったぞー」
高雄「あっ、提督! お帰りなさ――」
提督「いやー、あっちでも大変だったなー高雄」
高雄(アズレン)「しかしながら指揮官殿の見事な采配、拙者としても頼もしい限りでした」
高雄「誰ですかあなたは!!??」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/02(金)12:07:57.11
ID:uDa1+EqQ0
※超短編ギャグです
スザク「そこまでだ、ゼロ」
ルルーシュ「ユーフェミアは罪無き日本人に…」
スザク「便利な力だな、ギアスとは」
ルルーシュ「!?」
スザク「君は嘘を吐いた!僕とユフィに!ナナリーにも!」
ルルーシュ「そうだ、そのナナリーが拐われた!」
スザク「…」
ルルーシュ「スザク、一時休戦といかないか?俺とお前が組めば…」
スザク「その前に手を組むべきはユフィだった!」
ルルーシュ「全ては過去の事だ!」
スザク「過去っ!?」
ルルーシュ「懺悔など後でいくらでも出来る!」
スザク「いや、君には無理だ!」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Y0Lmk/CZYI2018/02/02(金)01:11:11.27
ID:3jZs1Dkx0
アイドルマスターシンデレラガールズのSSです。
橘ありすちゃんをメインで書いてみました。
キャラ崩壊・独自解釈・コテコテのテンプレ展開が多分に含まれます。
粗が目立つと思いますが、お付き合いくだされば幸いです。

2:
◆Y0Lmk/CZYI2018/02/02(金)01:14:31.81
ID:3jZs1Dkx0
モパP(以降P)「ありすー、次の仕事の打ち合わせするぞー」
ありす「橘です。何回言えば分かるんですか!」
P「あぁすまんすまん。ほら、こっちの部屋でやるから、な?」
ありす「もう……!」スタスタ
バタン
卯月「ありすちゃん、事務所に来てからもう半年以上経つのにまだプロデューサーさんにはツンツンしてますね……」
ちひろ「そうねえ……他のみんなと話す時はあんな感じじゃないのに……」
心「プロデューサーがなんかしたんじゃね☆セクハラとか☆」
菜々「はぁとちゃん!さすがにそれは言い過ぎです!」
心「めんごめんご☆さすがにそこまでデリカシーないヤツじゃないよな☆」
ちひろ「プロデューサーが嫌いなわけじゃないとは思うんだけど、それにしてもツンツンしすぎよねえ……」
智絵里「ありすちゃん……プロデューサーさんとも仲良くして欲しいなあ……」
凛「ふーん。まあ、私とプロデューサーの邪魔にならないなら別に……」クンカクンカ
卯月「あ?!また凛ちゃんがプロデューサーさんの上着を!」
美嘉「凛!次私だからね!」
ちひろ「……仲が良すぎるのも考えものだけどね……」
菜々「……なんだかひと波乱ありそうですね……」
―――


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆TOYOUsnVr.2018/02/02(金)01:44:50.92
ID:BHsgrPsN0
凛「いや、えっ?」
P「ノースリーブのタートルネックってエロくないですか、って」
凛「それ。私を見て言ってる?」
P「他にどこにノースリーブのタートルネックがいるって言うの」
凛「なんでちょっと偉そうなの」
P「で、ノースリー」
凛「もうわかったから、三回も言わないで」
P「はい」
凛「それで? なんだっけ。私の今の恰好がその、卑猥に見えるわけ?」
P「卑猥って言い方はなんか違う」
凛「うん。それはそうだよね。普通の服着てるわけだし」
P「わかんないかなぁ」
凛「ごめん。本気でわからない」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆7dTJ/9s6ZI2018/02/01(木)22:16:42.73
ID:HZ19gY1A0
※ゆるい話
暁「電、ちょっといい」
電「はい?どうしたのですか?」
暁「暁…てなに?」
電「??」


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。