SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:SS 森きのこ!
<<
2018年05月
>>
280件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
4
5
6
>>
元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/05/08(火)20:25:36.05:
sLn23MpL0
 人を好きになるきっかけって何だろう。
 運命的な体験? 日常の中の積み重ね?
 たぶん十人十色、決まった形なんてなく、唐突に訪れる。
 だけど全員に共通することもある。
 好きになると皆、恋という魔法にかけられるんだ
 それは素敵な魔法。
 世界の全てがキラキラと輝いて見える、とても素敵な。
 だけど徐々に、恋は姿を変えていく。
 その強力すぎる魔力は、人を盲目的にして、狂わせるようになり、互いに傷つき、傷つけられる。
 でも深みにはまり、苦しみを味わっても、それからは誰も逃れられない。
 だって、恋は一度味わうと抜け出せない、麻薬のような物だから、

続きを読む

[ 閉じる ]
05/17 (12:00) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします
:2018/05/17(木)03:39:52.966:
jewl4faa0.net
不審者「うへへへ……」
少女「!」
不審者「お嬢ちゃん……おじちゃんと遊ばない?」
少女「いーよ!」
不審者「いやダメだって!」
少女「なんで?」
不審者「こんな怪しい人と遊んだら危ないよ! 知らない人にはついていくなって教わってるだろ!」
少女「えー? だけど、おじちゃんのこと知ってるし……」
不審者「いや、だから……」
ピピーッ!

続きを読む

[ 閉じる ]
05/17 (08:00) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/05/16(水)22:13:03.42:
XGaULY9Ko
ゼロツー「……ダーリン?」
ヒロ「ほら、前に言ったじゃないか」
ゼロツー「そんな事、言われた覚え無いけど」
ヒロ「思っている事は、全部ちゃんと話そう、ってさ」
ゼロツー「ふーん……へぇー、そんな事思ってたんだ?」ニヤッ
ヒロ「ゼロツー……俺、フトシの胸が触りたいんだ」
ゼロツー「……」
ゼロツー「ダーリン?」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/17 (07:00) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/05/11(金)23:26:13.29:
7Nfrf2E20

理樹部屋
恭介「さあー残った残った!」
謙吾「うおおおおお!!!」
真人「あああああああ!!!」
理樹「頑張れ二人とも?」
理樹(それは真人と謙吾の髪はどちらが剛毛なのか恭介の提案した"髪相撲"なるもので勝負していた時のことだった)
コンコン
理樹「ん、こんな時間に誰だろう……はーい」
理樹(ドアを開けると、クドと小毬さんがニコニコして立っていた)
クド「リキ、井ノ原さん、こんばんわ?なのです!」
小毬「こんばんわ?!」
理樹「やあ、こんばんわ。ごめんね…今ちょっと真人たちは取り込んでて……」
理樹(後ろからはまだ必死に頭を突き合わせる二人の声が聞こえた)
真人「くぉ!?け、謙吾!さては髪を捻れさせてやがったな卑怯だぞ!!」
謙吾「ふん、お互い様だ!貴様こそジェルでパリッパリにさせていただろうがっ!」
クド「わふ?なんだかまた熱い勝負を繰り広げてるんですね?!?」
理樹「まあね。ところで何の用?」
小毬「うん。実はゆいちゃんに、理樹君をゆいちゃんの部屋に呼んで来て?って言われたのです」
理樹「えっ、こんな時間に!?」
クド「今からみんなが退院してから初めてのお泊まり会を開くんです。そこでリキを呼ぼうと思って!」
理樹(クド達は冗談で言っている素振りも見せず、さも当然の約束だといった風に言ってきた)
理樹「いやいやいやいや!!お泊りでしょ!?なんで僕がそこに呼ばれるのさっ!」
小毬「え?理樹君もいた方が楽しいよ?」
理樹「だったら恭介達も呼べばいいじゃない!なにも僕だけ……」
クド「き、恭介さん達が夜に女子寮にいたら犯罪っぽいです……」
理樹(少し照れた風に言うクド)

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
関連SS
10年後のラブライブ
10年後のラブライブ2学期
10年後のラブライブ完結

元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/05/01(火)23:19:08.19:
G/t/4TpK0
キーンコーンカーンコーン
小学生の頃。卒業式では絶対に泣かない。笑顔で卒業するんだって意地を張ってた。でも、最近は泣いても良いんじゃないかなって思ったりする。だって、涙が必ずしも悲しいものだとは限らないって知ったから。

続きを読む

[ 閉じる ]
05/17 (00:00) SS 森きのこ!
関連SS
ありす「マジで魔法少女、頑張ります」
ありす「今日も魔法少女、頑張ります」
ありす「今回も魔法少女で頑張ります」

元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/05/16(水)21:23:03.64:
fBA5EJdW0
『第3話 キュートでカワイイ、タチバナです』

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/05/16(水)21:23:49.59:
fBA5EJdW0
――東京都、千代田区、秋葉原(電気街)
魔物「ぴにゃっ!!」
ゆっこ「上に飛びましたよ、クールタチバナ!」
ありす「逃がしませんよ、ストロベリーキャプチャー!」
モワワワワワ……
魔物「ぴっ!?」ギシッ!
「うおおおおお! 空中に飛んだブサイクが縛られた!」
ゆっこ「今です!」
ありす「はい、ストロベリーフレグランス!」ジャキンッ!
ギュオオオオオオオッ!!
魔物「ぴにゃあああああ……」シュウウウウウ……
パアアアアアッ!
ジャラッ……
ありす「いちごの甘さで、浄化完了です」

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/05/16(水)21:24:15.77:
fBA5EJdW0
「おおっ、ブサイクが消えていくぞ!」
「魔法少女だ! 魔法少女がやったんだ!」
「クールタチバナ! 最高! カワイイ!!」
ゆっこ「よし、スタージュエルは回収しました、撤収しますよ!」
ありす「わかりました。ゆっこさん、野次馬たちに催眠術とかを掛けておいてください」タタタタタタッ!
ゆっこ「了解です! サイキック催眠術!」ムムムムーン!!
ドサドサドサッ!
「……」スヤスヤ
文香「……」スヤスヤ
ゆっこ「あ、しまった。流れ弾が文香さんに……」
ありす「ちょっ、こんなところで文香さんを寝かせたままだと悪漢に襲われるじゃないですか……連れて行きませんと……」
ゆっこ「空飛べればいいんですけどねぇ」
ありす「
続きを読む

[ 閉じる ]
元スレ
全てのレス
1:
◆saI1ZNzQKuJn
:2018/05/16(水)20:59:23.87:
eeJxIamm0
梓「他校に見学……ですか?」
杏「そーそー、もう話は通してあるからさ。」
生徒会室に呼び出された梓は杏から他校へ見学を言い渡された。
突然の呼び出しに嫌な予感を感じていた梓だったが、それが外れたのか当たっているのかわからない内容に複雑な気持ちを抱いていた。
梓「それはわかりましたけど、よくそんなの他校が許してくれましたね。」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/16 (22:05) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
◆O0QRPDECiA
:2018/05/14(月)20:28:30.98:
sGgulISmO
サトシ「マジかよロトム!」
ピカチュウ「ピッカァ!?」
ロトム図鑑「マジロト!」
サトシ「見せて見せて!」ワクワク
ピカチュウ「ピカー!」ワクワク
ロトム図鑑「サトシ、ピカチュウ…慌てない慌てないロト」
ロトム図鑑「」ビビビ
サトシ「」ワクワク
ピカチュウ「………………」
ロトム図鑑『モッタイブッテナイデハヤクミセロヨガラクタヤロウ』ビビ
ピカチュウ「!?」ビクッ

続きを読む

[ 閉じる ]
05/16 (20:10) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
◆V8sXpCx25w
:2018/05/16(水)18:08:43.64:
qsiVow/Y0
部下「じゃあなんで叱るんですか?」
部下「今日は大事な日なんで、説教なんてちゃちゃっと終わらせて欲しいんですけど」
課長「…………!」
課長「いいだろう、答えてやる」
課長「俺がお前に抱いてる感情は、“憎い”などという生易しいものじゃないんだ」
部下「はぁ……?」
課長「あえていうなら、“超憎い”といったところか」
部下「すんません、俺、課長になにかしましたっけ?」
課長「したさ……」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/16 (19:00) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
◆CVNazqjhSbf9
:2018/05/16(水)05:40:22.15:
sfXcG7jF0
何故か死ぬほど寝れないので行き当たりばったりで書いていきます

2:
◆CVNazqjhSbf9
:2018/05/16(水)05:46:24.61:
sfXcG7jF0
男「ああー...」
友「なんだよ」
男「いやな、高校で初めて友達ができたのはいいけど、中学時代ぼっちだったから何を話せばいいのか分からんのよ」
友「別に何でもいいだろ。例えば」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/16 (17:10) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
◆SoD6pGzb.jT5
:2018/05/16(水)16:02:07.81:
1UhCsC/70
 司会が口を開く。
「...それでは早速、第七回シンデレラガールのウサミンこと、安部菜々さんから受賞のコメントをいただきましょう!」
ワー...パチパチパチ...
 菜々が壇上に上がる。
「ン゛ン゛ッ...歌って踊れる声優アイドル目指してウサミン星からやってきました、ウサミンこと安部菜々です!」
パチパチパチ...
「...この挨拶をはじめてから、いくつ経ったでしょうか。ようやく...ようやく...この場に立つことができました。
何度もくじけそうになりました。何度アイドルを諦めようと思ったか。何度枕を濡らしたか。辛いこともいっぱいでした。
そんな菜々を救ってくれたのは、ファンの皆さんであり、プロデューサーであり、そして、ウサミンでした。
地下アイドル活動に限界がみえた頃、手をさしのべてくれたのはプロデューサーでした。
いつも元気でいられるのは、ファンの声援のおかげでした。
菜々がアイドルでいられるのは、ウサミンがいたからでした」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/16 (12:00) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします
:2018/05/14(月)03:26:18.872:
MxCwIl9C0.net
男「最近流行りの旅番組のノリで、適当な駅で降りてみたら……」
男「見事に何もないな。活気すらないよ」
友人「ああ、こんな廃れた町見るの初めてだ」
男「なにしろ、名前からして≪すたれ町≫だもんな。そりゃ廃れるわって話だよ」
友人「どうする? コンビニもカフェもありそうにないぜ」
男「だけど、せっかく降りたし……ここでなにか食っていきたいな」
友人「あっ、ちょうどいいところに食堂があるぜ! ぶふっ、≪すたれ食堂≫だって!」
男「絶対まずそうだけど、入ってみるか」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
05/16 (10:00) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/05/16(水)07:23:20.40:
PDvcFK5E0
「ひどい……」
「誰がこんなことを……」
「事件です、事件ですよこれは!」
 わたしが劇場の控え室に入ると、そこは異様な雰囲気に包まれていた。
 同僚の各々が部屋の中央に設置されているテーブルを囲んで、なにやら奇声をあげたり緊張した面持ちで固唾をのんでいる。
「あ、志保ちゃん。おはよう」
 
 いつもは迷惑な騒音、もとい元気な声でハイテンションな態度、笑顔を絶やさない可奈がわたしに気づいて近寄って来た。
 しかし先にあげたようにひまわりのごとく眩しい笑顔は今日は見られず、他の面々と同じくなんだか悲し気な表情を浮かべている。
 
 わたしはできるだけ可奈にのみ聞こえる程度に声を落として訪ねてみた。
 「何かあったの?」
 
 その問いに対し可奈はできるだけ笑顔を作ろうという努力をしてみせたようだが、無理に作るそれこそ痛々しいものはないのだ。
 
 瞬時の努力も虚しく、可奈はすぐにまた元の悲惨な表情に戻ってしまった。
 「あのね、それが……」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/16 (08:00) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
◆hQrgpWdMp.
:2018/05/15(火)21:46:48.70:
TeqkJU5v0
リーシャがまた置いていかれたので初投稿です。
百合、地の文、メインストーリーのネタバレ注意

2:
◆hQrgpWdMp.
:2018/05/15(火)21:47:32.94:
TeqkJU5v0
とある騎空艇の一室で重厚な碧い鎧に身を包んだ男性が、椅子に座って眠る12?13歳ほどの少女の体を優しく揺すっていた。
「リーシャ」
「ふぁ……どうしたの、父さん?」
まどろみから目覚めたリーシャと呼ばれた少女は、寝ぼけ眼で自らを起こした父――ヴァルフリートを見上げて尋ねた。
「目的地に着いた。降りる準備をしなさい」
「はい」
父の言葉に頷き身支度を始めるリーシャ。といっても、まだ幼いリーシャができる身支度など、寝崩れた服や髪を整えることと剣を持って行くことくらいしかないのだが。
「お待たせ、父さん」
「ああ。では行くぞ」
そう言って歩き出す父の背中にリーシャもついて行く。執務室を出て艦の出入り口まで歩いて行く間、すれ違う人達は皆ヴァルフリート、そしてリーシャを敬礼して見送る。
この騎空艇が秩序の騎空団の旗艦『グランアインス』で、乗組員は全て秩序の騎空団の団員達なのだから当たり前のことであったが、リーシャとしては『団長の娘』として自分を見る団員達の視線で居心地が悪い。
その視線が『団長の娘』へのものだけではないというのも一因であったが。
全空最強と謂われる七曜の騎士が1人、碧の騎士ヴァルフリート。一緒に歩いているため敬礼はされるものの、敬意を受けているのはヴァルフリートだけでリーシャはただその娘というだけでしかない。
同年代の中でもかなり腕に自信があったが所詮は子供で、まして同年代よりも強いなんてことは『碧の騎士の娘』ならば当然だから。
(我慢しなきゃ。私がわがまま言って父さんについて来ているんだもの)
いつもの視線に耐えて父と共に騎空艇を降りれば、目の前に広がるのはどこまでも続く緑の草原だった。
(ザンクティンゼル……本当に田舎の島なんだ)
「リーシャ。来る前に話したが――
続きを読む

[ 閉じる ]
元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/05/15(火)23:57:03.29:
/KfPiQ/f0
ダージリン「みほさんは茶葉の好みとかってあるのかしら?」ニッコリ
みほ「ええと……そうですね。アールグレイなんかもよく飲みますが、ダージリンが好きです」
ダージリン「へえ。アッサムとかよりも?」
みほ「はい。ダージリンが1番好きですね」
ダージリン「(……すごく楽しい)」ニヤニヤ
みほ「?」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/05/15(火)23:58:22.41:
/KfPiQ/f0
みほに擬似的に告白させることを『ダージリンゲーム』呼び、
このゲームは戦車道関係者にひっそりと流行った。

続きを読む

[ 閉じる ]
05/16 (06:30) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
◆Dm8ArSIo3MOQ
:2018/05/14(月)01:14:38.47:
23DPLA9T0
モバP(以降P表記でも堪忍してや)「おお、あの新進気鋭の新ゲームから」
ちひろ「ゲーム?何を言ってるんですか最近立ち上げられた芸能事務所でしょう?」
ちひろ「生憎とあちらのプロデューサーさんはウチの社畜デューサーさんと入れ替わりの形でついさっき帰ってしまいましたけどね」
P「ハハッ斬新な呼ばれ方。あちらさんの前で言ってませんよね?」
ちひろ「あ、お土産頂きましたよ、ほらこれ。お茶入れますから食べません?」
P「おお、これはわざわざご丁寧に…明日にでもお礼に行かないといけませんね」
ちひろ「そうですね、お願いしますね」
P「む、鳩サブレ…さては神奈川県民だな」
ちひろ「単に所属アイドルの中に個性が鳩って娘でもいるんじゃないですか?」
P「ハッハッハッ、流石にそれはファンタジーすぎるでしょ」
ちひろ「犬どころかトナカイもパペットも喋るこの事務所がそれを言いますか」
ちひろ「あ、そうそう。あちらの所属アイドルのプロフィールと宣伝写真も頂きましたから見て見ませんか?」
P「挨拶がてらちゃっかり売り込みに来てますね。中々やりおる」
ちひろ「はい、暖かいお茶どうぞ」
P「はぁ、暖かいお茶どうも」ズズッ
P「熱い!」
ちひろ「鳩サブレ開けちゃいますねー」ビリビリッ
P「ふー、ふーっ」
ちひろ「えっと…最初はこのイルミネーションスターズというユニットからですね」
P「略してイネーヨですね」
ちひろ「悪意ありません?その略称」
P「んじゃイルミで」
ちひろ「キルアの兄貴かよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/16 (01:00) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
2:
◆PZumHjmlSY
:2018/05/15(火)23:13:17.04:
h5U6lBb/0
P「菜々、今度の仕事なんだが……」ガチャ
菜々「はい。何ですかー? あ、ここで話します?」
P「の、つもり」
菜々「ちょうど良かったです。はいお茶どうぞー」
P「お、さんきゅ。で、資料。これ受けてみないか?」パサリ
菜々「いえいえー。あ、資料ありがとうございます」
P「どうだ?」
菜々「ナナが、観光PR大使……え、っと千葉県。ですか……」
P「だな。名所で写真を撮ったり、簡単なエッセイ書いたり、イベントに顔出したり、が今のところの予定」
菜々「むう……」
P「少し考える時間欲しいかもなー。ゆっくりでいいから」
菜々「分かりました。ちょっとだけ待ってもらいますね」
菜々「千葉、千葉かあ……」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/16 (00:10) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
◆fqdv0pHyL.
:2018/05/15(火)22:35:34.58:
96YFBAZX0
 ※注意※
発案から投稿まで5時間以下のクッソ適当な文章
ネタ被りがあっても不思議じゃない気がする題材
スレ主の曖昧なナナさん知識
ナナさんはすでにアイドル引退済み
以上のことに注意した上でご覧ください。なお、菜々さんが“私”という一人称を使っているのは、引退後をイメージしてのものです。

2:
◆fqdv0pHyL.
:2018/05/15(火)22:36:48.66:
96YFBAZX0
「菜々?、ちょっといいか?」
 
私はPさんの呼び声に気づき、作業を中断して彼のもとへ向かいました。
「何ですか、Pさん」
「××にっていうことでうちの事務所に来た仕事があるんだけど、この日××は別の仕事入ってるからいけないんだよね。そこで、菜々が担当してる○○にこの仕事どうかなっていう相談。」
「どれどれ?。……確かにこういうアクティブな仕事は彼女向きですね。日程も……うん、大丈夫です!」
「そうか、じゃあ相手先に○○の宣材とプロフ送ってみるわ。」
「はい!よろしくお願いします!」
 彼は、パソコンに向き直り作業を始めました。私はせっかく立ち上がったのだし、と思い給湯室に行きコーヒーを淹れることにしました。最近は立ち座りの動作だけでも面倒に……。っといけません、いけません!“歳のことを考えるから年寄りになるんだ”って誰かも言ってましたし、明るくいきましょう!

続きを読む

[ 閉じる ]
05/15 (23:00) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/05/15(火)20:25:08.26:
5l5akqrJ0
母「あんた、まだ独身なの?」
男「うん……なかなか出会いがなくって……。今の職場、男だらけだし……」
母「はぁ……いつになったら私は孫の顔を見られるのかしら」
母「やっぱり一番の親孝行は孫の顔を見せることよねえ」
男(このところ俺の顔を見るたび、こういう話題ばかり……うっとうしいなぁ)
男「分かったよ、見せてやるよ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/15 (22:00) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
◆Si5ECPaBLY
:2018/05/15(火)20:19:51.24:
H3jrllGK0
「おーい、菜々ー」
菜々「なんですかー? 明日休みだからって飲みすぎないでくださいね」
「大丈夫だよ。ほら、こっちゃ来い。ほら」ポンポン
菜々「もぅ、なんです? 隣に座ればいいんですか?」
「そうそう……あーいい匂い」クンクン
菜々「におっ……!? ちょっと!?」バッ
「あー……匂いが遠ざかっていくー……」
菜々「全く……私がお風呂入ってる間に何杯飲んだんですか?」
「5杯目からは覚えてねえ」
菜々「そんなに!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
05/15 (20:55) SS 森きのこ!
元スレ
1:
◆pvi4t7el1QeD
:2018/05/15(火)19:02:46.94:
zkE8cO2g0
美希「おいしいの?♪」モグモグ
貴音「そんなに美味なのですか、そのおにぎりは」
美希「あげないからね!」
貴音「ふふ......それは残念です」
美希「はむっ......う?ん、このおかかがいい感じにきいてるの!」モグモグ
貴音「それにしても美希は本当においしそうに食べますね」
美希「うん。おにぎりはおいしいもん」
美希「貴音もラーメン食べるときそうなるでしょ?」
貴音「そうですね。つまりわたくしにとっての、らあめんのようなものだと......」
美希「そうなの。どうせ今日もラーメン食べてきたんでしょ?」
貴音「なぜわかったのですか」
美希「いやラーメン食べない貴音なんて一年の中でも珍しいじゃん」
貴音「......」
美希「貴音、今日いっしょにレッスンだよね?」
貴音「ええ、それに響も加わって三人です」
美希「響はどこ......? 前科があるから見張ってないとだめなの!」
貴音「レッスンの前に帰ってくるはずです、大丈夫ですよ。ああ見えて響はしっかりしていますから」
美希「美希もわかってるよ...... でも怒られるのはミキなの」
貴音「あれは美希も悪かったと思いますが......」
美希「うるさいよ! 貴音も律子に怒られてみればわかるの!」
貴音「律子嬢が恐ろしいのは知っております。わたくしもこの前らあめんを五食続けたときに受けたお説教は......もう......」
美希「あぁ...... 貴音が二日くらいラーメン食べてないと思ってたら律子に怒られてたからだったんだ」
貴音「律子嬢はわたくしの健康を考えてくれていたのです...... 無碍にはできません」
美希「いや......普通に律子が怖かっただけでしょ」
貴音「......」

続きを読む

[ 閉じる ]
元スレ
全てのレス
1:
◆So0Ww3hoHo
:2018/05/15(火)18:23:05.87:
spRBCeWo0
提督「右に左に曲がりくねった動きは?」
山城「蛇行だわ」
提督「椅子に真っすぐ座ったときの、お尻から頭までの高さ」
山城「座高だわ」
提督「葉の表裏にある、植物が呼吸をする為に使う小さな穴」
山城「気孔だわ」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/15 (18:45) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/05/15(火)17:09:28.44:
ntmqoO4C0
「28位、かぁ・・・」
誰もいない事務所の廊下で一人、Pチャンからもらった今回の総選挙の結果を見て、みくは呟いた。
前回から9位のランクダウン。
「みくの人気には波があるし、全体で見れば十分上位だから誇っていい」ってPチャンは言ってくれたけど、やっぱりちょっと悔しいにゃ。
みくだって、シンデレラガールの夢を諦めたわけじゃない。
もっともっと、頑張らないといけないにゃ。でも・・・
「・・・菜々チャン、良かったにゃあ・・・」
今回のシンデレラガールは菜々チャン。
もちろん自分がなれなかった悔しさはあるけど、それ以上に菜々チャンがシンデレラガールを勝ち取ったことは嬉しかった。
みくといつも仲良くしてくれて、それでいて目標である菜々チャン。
2歳しか違わないのにすごくしっかりしてて、みくはいつも頼りにしてたにゃ。
・・・ほんとに2歳しか違わないのかは置いといて。
涙で顔をぐしゃぐしゃにしてた菜々チャンを見て、みくももらい泣きしそうになってしまったにゃ。
おめでとう、菜々チャン。

続きを読む

[ 閉じる ]
05/15 (12:00) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします
:2018/05/15(火)03:06:02.963:
qGThHl/U0.net
男「今日の昼ごはんはそばにしよっか」
女「え?? 私パスタがいいな」
男「俺は朝からずっと、そばの気分だったんだよ」
女「私だって朝からパスタな気分だったわ」
男「よーし、分かった。ジャンケンで決めよう」
女「いいよ!」
男「ジャーンケン」
女「ポンッ!」
男「よし勝った! じゃあ、そばに決定――」
女「ゲボォォォォォォォォォッ!!!」

2:
以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/05/15(火)03:07:27.752:5ZELk4Jk0.net
吐血というより嘔吐

3:
以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/05/15(火)03:07:41.029:MUCNYz560.net
まさにゲロイン

続きを読む

[ 閉じる ]
05/15 (08:00) SS 森きのこ!
関連SS
【バンドリ】氷川紗夜「花咲川でバンドを組む」
【バンドリ】湊友希那「バンドやらない?」美竹蘭「……は?」

元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/05/14(月)08:43:28.45:
EZCEfSpa0
――羽丘女子学園 中庭――
美竹蘭(友達とはどういうものだったか)
蘭(きっとそれはどうでもいいことで笑い合えたり、お互いのことをよく知っていて、突然のお願いとかも簡単に了承できるとか、そういう関係だと思う)
蘭(気の置けない仲で、だからこそたまにぶつかり合ったりして、でもすぐに仲直りして、また笑い合える。一種の信頼関係だろう)
蘭(少なくともあたしはそう考えている)
蘭(ただ、今目の前にいる人物とはそういう関係ではないと思うから、あたしに放たれた言葉がすんなりと頭に入ってこなかった)
湊友希那「聞こえなかったかしら? バンドをやらないか、と言ったのよ」
蘭「いや、聞こえてますよ。聞こえた上で思ってるんです。『何言ってるんだこの人』って」
友希那「あら、随分な言葉ね」
蘭(湊さんはそう言うと、『やれやれ』というニュアンスの入ったため息を吐きだしていた)
蘭「大体、バンドをやらないかって……もうやってるじゃん、あたしも湊さんも」
友希那「そうね」
蘭「そうねって……」
蘭(明らかに言葉足らずな返事に少しだけいらつく。アフターグロウのみんなならその言葉だけで大体のことは伝わるし、それなりに付き合いがある友達なら何となく意図が汲めないこともない)
蘭(ただ、もう一度言うけれど、湊さんとはそういう関係ではない。だからあたしに何が言いたいのかさっぱり分からなかった)
蘭「わざわざ中庭にまで呼び出して、話はそれだけですか?」
友希那「そうよ」
蘭「分かりました。それじゃ、あたしはもう教室に戻りますので」
友希那「まだ返事をもらってないわよ」
蘭「察してくださいよ。あたしはやりませんからね」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/15 (07:00) SS 森きのこ!
関連SS
こひなたぬきシリーズ:目次

元スレ
全てのレス
2:
◆DAC.3Z2hLk
:2018/05/15(火)01:38:47.68:
HPqv8y120
 今夜一杯いかがですか?
 と茄子さんからお誘いを受けたのは、週初めの月曜日だった。
 幸い夜遅くまでかかるタスクは無い。ただでさえ憂鬱な月曜の気晴らしになるだろう。
 軽くならたまにはいいかと承諾し、駅前で彼女と合流した。
「ん。今日は楓さんいないんですか?」
「あら、私と二人ではお嫌ですか??」
「いや意外だなって。飲み行く時はいつも一緒なのに」
 二日酔い対策グッズを山盛り用意したのだが、いなければいないで肩透かし感が残る。
「今日は楓さん、他のお友達と食事に行かれるんです」
「あ、飲むことは飲むのね……」
「そういうことです♪ ということでたまには、さしで飲むのもいいでしょう?」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/15 (00:40) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
◆TDtVvkz8pSL3
:2018/05/15(火)00:02:56.88:
mU5Tr8vd0
※菜々さんSSです
変わらないですねぇ……ここも。
こうやってプロデューサーさんと二人で来るのは初めてのライブの前以来ですね。覚えてます?
……あっ、即答ですか……いえいえ、勿論嬉しいんです!ただ、ちょっとだけ照れ臭くて……

続きを読む

[ 閉じる ]
05/14 (23:40) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
◆CVNazqjhSbf9
:2018/05/14(月)22:32:38.85:
N3E59glP0
純ジャパなんで変な文があるかもしれませんが、まぁssなので話が分かってもらえればいいかなと思ってます(甘え)

2:
◆CVNazqjhSbf9
:2018/05/14(月)22:34:16.16:
N3E59glP0
小学校朝のホームルーム
ガヤガヤ
先生「静かに!今日は転校生を紹介するぞー」
女「お、女です...ヨロシクお願いします」
男(すげー!金髪で目が青い!)
先生「女は親の仕事の都合でアメリカから日本に引っ越してきたそうだ。まだ日本語には慣れてないがみんな仲良くしてやってくれ」
ハ-イ!
先生「じゃあ女、席は男の隣だ」
女「エ?えっと...Whatdoyoumean...?」
先生「あー...Yourseatisnexttothatboy」
女「OK...です。わかりマシた」
男(英語だすげー!)

続きを読む

[ 閉じる ]
05/14 (22:00) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/05/14(月)21:00:42.82:
xVphMpFA0
俺は昔、地下アイドルのライブにハマっていた。
彼女たちが不器用に自分を表現しようとする姿が好きだった。
拙いステージを盛り上げようとする客達の熱気が好きだった。
アイドルも観客も一体となって「場」を作る――
その一体感がたまらなく好きだった。

続きを読む

[ 閉じる ]
05/14 (21:00) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/05/14(月)19:52:14.40:
XOq9qT8L0
男「手術は一週間後か……」
男「看護婦さん、俺の手術をしてくれるお医者さんって、どんな人なんですか?」
看護婦「女性ながら、当院きっての名医ですよ」
男「女性? つまり、女医さんですか?」
看護婦「そうです。休みの日には絵画鑑賞をしてらっしゃるとか」
男(いかにも、お上品なインテリお嬢様が親の力で医師になりましたって感じだな……)
男「うーん、手術って体力勝負って聞くし、ちょっと不安かも……」
女医「あら、これは心外ですね」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
4
5
6
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。