SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:えすえすりんくす
<<
2017年03月
>>
400件取得
投稿日時順表示
<<
0
1
2
3
>>
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします2017/03/07(火)00:04:21.252
ID:/oBlYpBBd.net
・北条加蓮さんのssでモバPが崩壊します
モバPと言うより加蓮P?
書き溜めあり
静かな事務所に鳴り響く携帯の着信音。
俺はその音で眠りから覚めた。
同僚Pから届いたのは、ただのメールでは無く、俺の全てだった。
モバP(以下P表記)「加蓮・・・ッ・・・!!」
一言だけを喋った俺は、画面がついたままの携帯を右手に握りしめ、勢いよく事務所の扉を開け、飛び出したんだ。
今思えばあんなに焦る必要は無かったんじゃないかと、その焦りがさらに焦りを生むことなんか知りもしなかった。
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/17(月)00:16:52.95
ID:vuxS35CJ0
凛「プロデューサー、お茶入れたけど飲む?」
P「ありがとう、貰うよ」
凛「はい」
P「ん」ズズ
P「温まるなぁ」
凛「……ねえプロデューサー」
P「ん?」ズズ
凛「上着貸りていい?」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします2017/03/08(水)22:18:12.747
ID:yecvN8kdd.net
・依田芳乃さんのssでモバPが崩壊しかけます
モバPと言うより芳乃P?
書き溜メアリー
P「やっぱり面白いなこのサイト」
P「弐ちゃんねる、お気に入りしとこ?っと」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/05/24(金)19:15:11.07
ID:Eb9/BLjD0
<ガチャッ
律子「あの…お風呂、ありがとうございました。あと着替えも」
P「お、おう…じゃ、そのなんだ、その辺に…うん」
律子「…失礼します」
P「………」
律子「………」
P・律子「あの!」
P「………どうぞ」
律子「…プロデューサーからどうぞ」
P「………その、なんだ…うん、あの…髪…ながいな」
律子「そうですかね?切りましょうか?」
P「いやいや!そのくらいのほうが好きだし!………あ」
律子「?っ!そ、そうですか、参考にします、はい」
P「(どうしてこうなった…)」
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/02/23(土)16:01:31.76
ID:ImGuxbgU0
凛「ただいまー」
母「あら、お帰りなさい!ちょうど良かったわ。もうすぐお得意さんと打ち合わせがあるからハナコを散歩に連れてってあげてくれない?」
凛「うん、別にいいよ」
母「大体夕方頃には終わると思うから」
凛「わかった。おいで、ハナコー」
ワン!ワン!
凛「ふふっ、ただいま。お散歩行こっか」
ワン!

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/02/16(土)09:20:29.69
ID:BGRwjbFQ0
幸子「プロデューサーさん、それなんですか?」
P「なにって、どう見ても昼飯だろ?」
幸子「その弁当箱いっぱいのもやしが、ですか」
P「いやあ、ちょっと金欠でなあ」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/01/13(日)21:34:07.38
ID:04o6lmso0
ちひろ「えぇっ!?プロデューサーさんが住んでるアパート全焼したんですか!?」
P「はい……そうなんですよ……」
ちひろ「どうして……?」
P「隣の部屋の人の寝タバコが原因らしいんです」
P「俺も仕事で帰ってませんでしたし」
P「その人も無事救出され、怪我人とかもいなかったんですけど……」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆PVS1yzIgQ.2017/03/11(土)23:54:01.41
ID:mJFl/FJDO
提督「え?」時雨「ん?」
提督「…なんて言った?」
時雨「出撃したくない…」
提督「…どうした?何かあったか?」
時雨「別に何もないよ…ただ出撃したくないんだ」
提督「でもなぁ…怖いのは分かるが艦娘である以上深海棲艦との戦うことはさけられないぞ?」
時雨「別に怖い訳じゃないんだ。ただ出撃したくないだけだよ。」
提督「みんな頑張って働いて生きてるんだぞ?時雨だけ特別扱いしてなにもしないで悠々と生活することは許されないんだ」
時雨「提督は出撃してないから分からないんだよ…この体になって燃料が目減りしていくのが分かるようになった!!帰る途中に渦潮にあったら!?弾薬が無いときに深海凄艦に会うかもしれない恐怖がわかるかい!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆QdFPWE0GTo2017/03/12(日)19:48:19.89
ID:/1f8/SEk0
モバP「気のせいですよ」
ちひろ「いや臭いです。足の裏? みたいな臭いがします」
P「気のせいですって」ムワァ
ちひろ「んぇ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
370P2017/03/11(土)00:13:41.34
ID:8rOu3dis0
モバ、デレステで活躍中の早苗さん誕生日(大遅刻)SSです
完成済みなんでテキトーに投下します
違和感あるかもしれませんがご了承ください
誤字脱字は確認してないのである程度無視してください
次から始めます

続きを読む

[ 閉じる ]
13:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/11/15(木)21:25:53.42
ID:Mf54yN2e0
[京都にて]
キュルルルル
きらり「うー……PちゃんPちゃん、きらりお腹ぺこぺこ……」
P「え、まだ15時だぞ?昼飯ちゃんと食ったろ?」
きらり「ご飯ちっちゃくて足りなかったにゃあ……」
P「……まぁ野菜中心で少なめだったけど。なら言ってくれればよかったのに」
きらり「せっかく京都来たからおしとやかなきらりでいこうと思ったんだにぃ……」
きらい「でもおなかすいた……うーっ……」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/04/09(火)00:15:57.00
ID:BM6QGnCD0
卯月「プロデューサーさん! 今日もお仕事頑張りましょうね!」
P「イヤだ。モチベーション上がらんから寝るわ」
卯月「またそんなワガママ言って……」
P「言いたくもなる。こんな平凡なアイドルと組まされた俺の身にもなれよ」
卯月「もう一年も経つんですから、そろそろ慣れてくださいよぉ」
P「断る。めんどくさい」
卯月「もう……」
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/14(日)13:47:19.05
ID:ksfgNHAN0
凛「そこに座るの。正座で」
ルーキー「え?は、はい」
凛「いや、市場の鮪っぽく滑り込まなくていいから」
ルーキー「え、え?何か違いましたか?」
凛「魚から離れようよ。とにかく座るの」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/05/08(水)21:00:41.18
ID:4shjpRmB0
P「い、いや?別に、ななななんでもないぜぜぜ?」
杏「あやしいなー。さっきからずっとパソコンとにらめっこしてるじゃん」
P「そっ、そういう杏だってお前、今何見てたんだ!?」
杏「えっ!?わ、私が何見てたって私の勝手だろ!?」
P「否!俺はお前のパートナーとして、その一挙手一投足を管理する義務がある!」
杏「それなら私だって同じじゃないか!さぁ、そのパソコンの画面を見せるがいい!」
P「ああ言えばこう言う!」
杏「プロデューサーこそ!」
P「ぐぬぬ・・・」
杏「ぐぬぬ・・・」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆tWcCst0pr6pY2017/02/28(火)21:54:53.35
ID:0ye6x6bw0
アイドルマスターシンデレラガールズのSSとなります。
注意
キャラ崩壊があります。
またこの作品ではタイプごとにプロデューサーがいる設定となっております。
例としていうとニュージェネなどのユニットは存在しますが、卯月・凛・未央のプロデューサーは別々、といった感じです。
口調・キャラの呼称とかに間違いがあったらごめんなさい。
では始めていきたいと思います。

続きを読む

[ 閉じる ]
7:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/04/03(水)20:01:15.35
ID:+hxcJ45L0
ーある晩の飲み屋にて。
小鳥「私は765プロの女性の中で最年長なんです!!まだ2X歳なのに!!!」
P「突然どうしたんですか?いつものことですけど。」
小鳥「私が最年長なんですよ?2X歳で。おかしいと思いませんか?それといつものことって何ですか?」
P「確かに不自然ですよね。こっちのはなしです。」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/05/17(金)16:45:20.07
ID:oIKLVdEB0
雪歩「はぅ……」
P「特訓だな、特訓」
雪歩「と、特訓ですか……?」
P「あぁ、ハードに特訓だ」
雪歩「は、ハード?」
雪歩(も、もしかたら手、手を握ったり、だ、抱きついたり……とか?)
雪歩「……///」
P「よし、じゃあ雪歩が男を怖がったら……」
P「腹パン」
続きを読む

[ 閉じる ]
3:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/08(土)21:18:29.03
ID:DaUJfx88O
ガチャリ
凛「おはようございます」
シーン…
凛「……あれ?誰もいないのかな」
凛「プロデューサー?ちひろさん?」
凛「ま、いいか。ちょっと早く来すぎたし」
凛「……あ」
凛「プロデューサーのコート」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/01/22(火)20:25:24.40
ID:cxWKrNza0
美嘉「プロデューサー送ってくれてありがとー!」
美嘉「せっかくだからママがごはんたべてく?ってさ」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/02/15(金)20:47:57.80
ID:kSqDO5Vv0
P「なんなんだよ、急に」
千早「話しかけないでください」
P「いや、あのね、千早。状況が読めないかなーって」
千早「高槻さんのマネをしたって無駄です」
P「……おーい、春香。助けてくれー」
春香「どうかしましたか?」
P「千早がなんか、俺を裏切り者って」
春香「千早ちゃん、どうしたの?」
千早「プロデューサーの……、プロデューサーの……」
春香「プロデューサーさんの?」
千早「プロデューサーの携帯の着信音が「恋をはじめよう」だったの!」
P「なんだ、そんなコトか。くっだらねえ……」
春香「……裏切り者ー!!!」
P「ええええええええ!?」
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
モバマスの、のあさんSSです2013/03/27(水)10:34:22.29
ID:Gq7lmdlw0
――深夜
ザアァァァァ…… ゴロゴロ……
?とあるバー?
マスター「……だいぶ降っているみたいですね」
のあ「……」
マスター「やれやれ……今日は貴女が最後のお客になるかな」
のあ「……」
マスター「……」キュッ キュッ コト…
――カランカラン……
P「……」グッショリ
マスター「おっと……いらっしゃい。そこにタオルあるでしょう?」
P「……どうも……」フキフキ
のあ「……」
続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
モバP「女子寮に一時的に住むことになった」
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/02/11(月)22:29:13.91
ID:TrrO023s0
ちゅんちゅん
P「ん。ふわぁ……朝か」
雪美「……P……おはよう……」
P「んー?雪美か。おはよう」
雪美「……うん……おはよう……」
P「今日は雪かぁ……寒そうだな」
雪美「……寒いのは……苦手……でも……雪……好き……」
P「そうだなぁ。俺も寒いのはちょっと苦手だなぁ」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆b72I1I/FhE2017/03/31(金)01:06:17.39
ID:iruoyI9p0
前作
モバP「メリーク凛スまゆ」
http://ex14.vip2ch.com/i/responce.html?bbs=news4ssnip&dat=1482595280
特に読まなくても大丈夫です

続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
モバP「プロダクションを建てたのに……」
モバP「プロダクションを建てて一か月……」
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/08(土)10:02:38.61
ID:WgrnVOjE0
P(アイドルのプロデュースに夢見てプロダクションを建てて二か月がたった…。)
P(所属アイドルが佐城雪美、小早川紗枝、浜口あやめの三名…。)
ちひろ「………」カタカタ
P(フェスエントリー申請期限まで、残り一カ月を切った…。)
ちひろ「Pさん、お知り合いからメール来てますよ。」
P「えっ!あ、ありがとう確認するよ。」
P(このパターンから行くと…。)カチカチ
『おっすおっすP!
お前プロダクション建てたのに
 挨拶に来ないとか寂しいじゃねーか!
 俺の所はいつでも良いからあ
                      PassionP』
P「………………」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆QdFPWE0GTo2017/03/19(日)20:43:56.09
ID:DJwlw35f0
ちひろ「ははっ何を言ってるんですか? 意味が分からないですね。もう一度お願いします」
P「俺はもうエナドリ飲まないっスから」
ちひろ「何故ですか? この完全な飲み物を辞める? 冗談も大概にしていた方がよろしいですよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
代行感謝2013/06/08(土)10:04:38.99
ID:nvLSuZDRO
凛宅
『アイドル、安部菜々が一週間の休養!?』
凛(あれ、菜々さん休養するんだ)モグモグ
凛(一昨日見たときは元気だったのにな……)ゴクン
凛(大事になきゃいいけど……)
凛(……)
凛(……後でプロデューサーに聞いてみよう)
凛「お母さん、事務所行って来るね」バタン
『○○新聞社の○○です。昨夜の卯月さんの件に関係――』
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/12(水)17:54:31.95
ID:4wy6VqQ8O
ドドドドドド
P「……では、行ってきます」スック
ちひろ「こちらも手当てと救急車の用意はしておきます」
杏「プロデューサー……」
P「いつもありがとうございます」
ちひろ「いえ……お仕事ですから」
ちひろ「腹部は出血しないように気を付けてください」
ちひろ「止血できませんから」
P「はい……では」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/12/28(土)19:28:40.64
ID:vJE8+1kh0
凛「別に、仲良くなりたいわけじゃないけど、もう少し、くだけて接してくれても良いよね」
凛「プライベートじゃ、一度も会ったことないし」
凛「いや、遊びたいとかじゃなくてね」
凛「――未央、聞いてる?」
本田未央「しぶりんったら、プロデューサーが大好きなんだからっ!」
凛「未央」
未央「ごめんちゃいっ。それで、なんの話だっけ?」
凛「プロデューサーの、私に対する態度」
未央「なにか悪いっけ?」
凛「もう長い付き合いだし、もっとくだけても良いと思うの」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/11/04(金)16:12:12.69
ID:WQnYZoeU0
この話を聞いた人がもしもアタシの知り合いだとすれば、その人にとっての”一ノ瀬志希”の見方がほんのちょっぴり変わるかもって思う。
うーん、たとえば、その名前から思い浮かぶことってね。
アタシが知ってる限りでは、「帰国子女の18歳で、ルックスも良くて、ダンスも歌も抜群なアイドル」なんだって。
ふつーのJKとして振る舞ってたはずが、アイドルとしてまばゆいデビューしてから、それはもうズイブンと注目されてさ。
カメラのフラッシュをたくさん浴びて、テレビにもたくさん出演して。も?、世間の人たちがその名前を聞いただけで、あっ、あの子だ! ってわかるくらい有名になるには、あんまり時間はかからなかったなあ。
それもこれも、アタシが“ギフテッド”なんていう、大それた肩書きを持っていたからなんだろうけど。
神さまから愛されたアタシは、まわりの誰もが羨む才能をもらって。
時には化学者として海外を渡り歩いたし、ステキな論文だって書いた。
あまりある才能を存分に発揮して、これまでの人生を何不自由なく過ごしてきたの。
だけど、そんなアタシがさ。
――この恵まれた才能を失ってしまったら、どうなると思う?

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします2017/03/12(日)20:30:16.035
ID:85ZFtQHA0.net
事の顛末はウィズの店に置いてある魔道具を俺が安易に触ってしまったことから始まる。
まさかあの時の軽卒な行動がこんな喜劇を生むとは思ってもみなかった。
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。