SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:えすえすりんくす
<<
2017年03月
>>
400件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
4
>>
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/11/25(日)13:21:39.01
ID:OphSYSbI0
P(アイドルのプロデュースに夢見てプロダクションを建てたものの…。)
P(所属アイドルがまだいない…。)
P(まだ設立して一週間もたってないからしょうがないが、どうしたものか…。)
ちひろ「………」カタカタ
P(事務員のちひろさんはいるが、特に仕事も無いので暇を持て余している。)
P(そもそもアイドルってどうやってスカウトすりゃ良いんだ!?)
ちひろ「Pさん、お知り合いからメール来てますよ。」
P「えっ!あ、ありがとう確認するよ。」
P(宣伝もロクにしてないのに、メールとは変な話だな…。)カチカチ
『やっほー、P君元気してる?君の大親友CuPだよー。
プロダクション設立したんだって?
酷いなぁー言ってくれたらいいのに…。
ボクにでも何か手伝えることがあったら言ってよ、
P君ならいつでも大歓迎さ!
ってなわけでいつでも遊びに来てねー。
                        CuteP』
P「………」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/16(火)17:00:40.76
ID:YxjaBEudI
ガラッ
結衣「あれ?」
結衣「みんなまだ来てないのかな」
ブスリッ!
結衣「はうッ……!?」
京子「ひっひっひっひ……」
結衣「きょ、京子!?」
京子「結衣、討ち取ったり?!」
結衣「何やってんだよ!」
京子「カンチョー」
結衣「言わんでいい!」
続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
中年P「…女の子は誰でもシンデレラ」
中年P「…シンデレラにしては小さすぎでは?」
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/16(土)14:00:26.98
ID:74PW2pGh0
テレビ局前
P(今回も、スムーズに話が進められた…)
P「……雨、か」
P(……迂闊だったな、今日は降る日だったか)
P(多少濡れるが走ってコンビニでも……ん?)
奈緒「…………」
P「あれは…奈緒か?」
前半、前作アイドルsパート、後半は大人の女sパートになります。

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
◆TDuorh6/aM2017/03/28(火)00:48:06.72
ID:Z/yFpgLr0
P「とうとう茜ちゃんランド開園か…」
星梨花「凄いですね、茜さん。まさかこんなに大きくなるなんて!」
茜「ここまで長かったよ…開園したの数日前だけどね」
P「長かったな…」
茜「茜ちゃん人形を手作りから始めて、ショップ展開にレストランの支配人と頑張ったよ!褒めていいよ?」
P「なんかその過程で数回宇宙が崩壊した様な気がするんだが…」
茜「気のせいだよ、プロちゃん。細かい事を気にしてたらビッグな人間になれないよ!」
麗花「わぁ?、素敵な有刺鉄線ですね!私みたいです!」
星梨花「え、麗花さんって有刺鉄線だったんですか?凄いです!」
麗花「え、私って有刺鉄線だったんですか?」
茜「違うと思うよ?あとにゃんにゃんランドの中に有刺鉄線なんてないから!」
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
03/28 (18:00) えすえすりんくす
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/07/20(金)12:44:08.25
ID:2Zeq605o0
怜「たまには火遊びもしたなるわ」
怜「泉ー!」

続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
中年P「…女の子は誰でもシンデレラ」
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/02(土)19:11:40.70
ID:L11U/bIe0
キーンコーンカーンコーン
凛「んっ…、終わった」
未央「お疲れー♪ 今日はお仕事ないし、うづきんと遊びに行こ!」
凛「いいよ、じゃあ行こっか」
奈緒「な、なあ? ちょっといいか?」
加蓮「…………」
注意、このSSは前半がなおかれんパート、後半がロリsパートとなります。
後前作があるので、初見の方はそちらから見ていってください。
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/02/16(土)23:17:21.81
ID:58vh9Eif0
シンデレラプロダクション
卯月「えへへ、私達もいよいよアイドルデビューかぁ」
未央「もうすぐ可愛い衣装着て踊れるんだよね!」
凛「…未央、気が早すぎじゃない?」
未央「えーっ、しぶりんは着たくないのぉ?」
卯月「もっと夢を持たないとダメだよ凛ちゃん!」
凛「そんな事言われたって…」
ガチャッ
社長「おほん! 待たせたね」
卯月「あっ社長さん!」
社長「改めて3人共、この事務所、シンデレラプロダクションに入ってくれてありがとう! 早速だが自己紹介をさせてもらうよ、入ってくれたまえ2人とも!」
ちひろ「失礼します」
P「………」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語(おいしい水)@?(^o^)/2014/12/16(火)21:07:21.67
ID:K8yklbVY.net
穂乃果「おやおや……おやおや?」ヒョコ
凛「あ、穂乃果ちゃん…」
穂乃果「迷える子羊かな?どうしたの、凛ちゃん」ピョンピョン
凛(うわぁ…テンション高いにゃあ…)
凛「うん、まぁね…いろいろ…」
穂乃果「よかったらお姉さんが聞いてあげようか?子羊ちゃん」タタンタン
凛(うわ、タップ踏み出したにゃ…)
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/03(月)22:40:10.34
ID:YB5jG2Ws0
事務所
キャーキャーワイワイ
P「カタカタカタカタ(事務仕事)」
キャーヤガリマスーデスワ
P「カタカタ」
ワカルワffdyーマァマァメガネドウゾ
P「ふぅ」
P「こうらお前達、あんまり騒がしくするんじゃない」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/16(火)17:33:51.31
ID:BbH8KKhHO
京子「おーっす!皆いるかー?」
ガチャ
あかり「あっ…、京子ちゃん、遅かったねぇ」
京子「ちょっと生徒会室に行ってきたからなー、っているのあかりだけかよー」
あかり「ちなつちゃんはお姉ちゃんと用事があるんだって」
京子「へぇー、結衣はまりちゃんの面倒見るからって帰ったぜ!」
あかり「…そうなんだ、あ!じゃあ京子ちゃんと二人きりだねー」ニコニコ
京子「あー、でもあかりと二人きりってのもなー、盛り上がりに欠けるし…」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/03/27(月)15:07:35.76
ID:nxgUvARJO
花の慶次という漫画をご存知だろうか?
かつて週刊少年ジャンプにて連載され、人気を得た漫画である。
その中に、こんな一文がある。
『人は慶次が悩みなどとは無縁な男だと信じている』
慶次とは歌舞伎ものであり、相手や場所を選ばず、あるがまま、ほしいがままに振る舞う人物である。
さらに続く。
『一見、悩みそうもない生き物こそ深く悩むものだと慶次は思う。そうとも、熊や猪こそ悩むのである』
同じように、悩みなど無縁だと信じられている彼女、つまり、北上麗花も悩んでいた。
懊悩と言ってもいい。
彼女は歌詞を書こうとしていた。
天啓である。
しかし……
シャーペンの芯が無いのである!

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/03/27(月)19:37:35.93ID:F4R/xHE50
「……やぁプロデューサー。久しぶりだね、今日の朝に別れて以来かな」
「ああ、こら。今このここのこんな状況が飲み込めないのだろうということは分かるが、出ていこうとするのはやめないか。キミが至るべき場所はここで間違いなく、ここへボクが居ることも紛れのない現実だよ」
「そう。それでいい。キミの居場所はその扉の外ではなく、中。ボクの居るこちら側なのだから」
「ん、なんだい?『どうして』?」
「……うぅん、そうだね。その『どうして』という疑問には幾つかの要素が混ざり、併せ抱いた形で込められているのだろうけど……」
「なんと言えばいいのかな。……ふむ、まず、そうだな。大きく言うのであれば、驚かしてやりたかったのさ」
「そう。キミを、ボクが、驚かしたかった」
「大きく言うならそういうことさ。そしてそれは、とりあえずのところ成功したらしい。……先ほどの反応。表情。声の調子。……ふふ、ああ、見事にね」
「用意したサプライズ。満を持してのこの機会。驚いてもらえない、などということになってしまっては甲斐がない。……ボクの期待を裏切らないキミのことだ。きっとそんなことにはならないだろうと信じていたが……良かったよ。今この時において、キミはボクの期待に沿ってくれている」
「流石はボクのプロデューサーといったところかな。……そうして困惑と疑問の中へと溺れている今のキミからしたら、そんな『流石』など嬉しくはないだろうが」
「そして……そうだね、細かく答えていこうか」
「キミの『どうして』という疑問の言葉、それへ細かく」
「まず、そうだな。この場所へ何故、というところから答えようか」
「ここ。……キミの住む、事務所のどのアイドルも知らないはずの、この家へ。キミの家へ何故いるのか」
「それについては簡単だ。それとなく探ってみたところ、アイドルの皆には確かに誰一人として知られていなかったこの場所。そこへ今ボクがこうしているのは、ただ単純に知っている人間に聞いたからさ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/12(水)17:54:31.95
ID:4wy6VqQ8O
ドドドドドド
P「……では、行ってきます」スック
ちひろ「こちらも手当てと救急車の用意はしておきます」
杏「プロデューサー……」
P「いつもありがとうございます」
ちひろ「いえ……お仕事ですから」
ちひろ「腹部は出血しないように気を付けてください」
ちひろ「止血できませんから」
P「はい……では」
続きを読む

[ 閉じる ]
03/27 (18:00) えすえすりんくす
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/05/25(月)00:04:54.80
ID:DIAM9wVlO
初めて見た時、綺麗だと思った。
吸い込まれそうな紅い瞳、純白の服に漆黒の長髪。
時が止まったように私は彼女と目を合わせていた。
私は恋に落ちた。

続きを読む

[ 閉じる ]
13:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/11/15(木)21:25:53.42
ID:Mf54yN2e0
[京都にて]
キュルルルル
きらり「うー……PちゃんPちゃん、きらりお腹ぺこぺこ……」
P「え、まだ15時だぞ?昼飯ちゃんと食ったろ?」
きらり「ご飯ちっちゃくて足りなかったにゃあ……」
P「……まぁ野菜中心で少なめだったけど。なら言ってくれればよかったのに」
きらり「せっかく京都来たからおしとやかなきらりでいこうと思ったんだにぃ……」
きらい「でもおなかすいた……うーっ……」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆36RVFTz/1g2017/03/27(月)12:11:05.89
ID:gzFKfE1ho
明石「提督ってベーコンエッグ好きですよね」
提督「パンにもご飯にも合うし最強だな」
夕張「ベーコンはどっち派ですか」
大淀「私はよく焼いた方が好きですね」
明石「私もカリカリのを黄身に浸して食べます」
提督「俺はしっとり派だな」
提督「丼にした時に、カリカリだと食感が悪い」
夕張「丼?」
提督「ベーコンエッグ丼だ」
大淀「は?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/10/28(水)00:59:37.65
ID:iHsws6qc0
提督の死体が執務室に横たわっている。頭から血が流れ出したことによる失血死。うつぶせた死体の傍らには角を血で赤く汚した「ドッキリ成功!」と赤文字で記されたプラカードが投げやりに転がっていた。
誰が見てもその死の原因は「ドッキリ」にあることは明白であった。提督は「ドッキリ」により死んだのだった。
猩々緋の絨毯を黒く染めた死体は、書類がきちんとまとめられた書斎机の正面でいかにも死体的に両手を上げて突っ伏し指先を力なく丸めていた。花火を見るため夏に改装した大窓は縦滑り式に少しだけ開けられており、そこからふかまった秋の冷たい朝風が室内のフラワーアレンジメントを幽かに揺らしている。朝日が水平線から線的に延びて波頭によって破片のように散らされていた。
整然と日常的秩序を伴う部屋は提督の死を演出するにはふさわしくなかった。もしくは、日常的執務室を演出するには提督の死体という調度品はそぐわなかった。死体と現場は相互にどっちつかずと足を引っ張り合っている。
ダズル迷彩の艤装を扉にぶつけないよう注意しながら入室した榛名は困惑した。彼女の日常の始まり方には二種類あった。一つは執務室に提督がいる場合と、もう一つは執務室に提督がいない場合であり、前者なら提督の指示に従い執務を行い始め、一日が進行していく。
後者、つまり提督が不在の場合、日常の始まり方は謎だった。そこは榛名自身にも知るよしもない暗闇だった。事情はもしかしたら冬眠するクマやカエルにとって冬が存在しないように仮死によって己の時間を停止して再び己を生き返らす機会をうかがっているということかもしれなかった。

続きを読む

[ 閉じる ]
5:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/21(日)08:19:55.33
ID:ce7+oxll0
Pさん、お疲れ様。
お酒とか、飲んでないよね?
うん、まぁ信用してるけど、一応。
楓さんとか、結構飲んでたみたいだったし。
……ね、車出す前に少しお話してもいい?
…………ふふっ、女がこういうこと言ったら、何かあるに決まってるでしょ?
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語(もんじゃ)@?(^o^)/2014/11/29(土)23:20:14.94
ID:9CN9jcuT.net
メモ
・書き溜めあり
・一部キャラの中の人ネタが多く含まれます
 また、それに伴い一部キャラのキャラ崩壊が著しく描かれます
・アニメ二期3話?6話を見ていることを推奨
次より書き始めます
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/03/27(月)00:17:44.42
ID:o/oamUDfO
戦車「僕と結婚してほしいんだ、みほ」
みほ「私嬉しい///戦車さんが私の事を好きでいてくれたなんて///」
戦車「君と出会った日のこと、覚えてるかい?」
?回想?
戦車「はぁ……乗車してくれる女の子が見つからないなぁ」ブォォォン
みほ「どうして疑うの!?戦車さんはみんなお喋りできるんだよ!」
麻子「お前は数々の連戦で疲れているんだ……正気になれ!」
みほ「なんでみんな否定するの!いつだってみんなに語りかけてたじゃない!」
五十鈴「だめですわ……これは重症です」
戦車「君たち!寄ってたかってか弱い女の子を虐めるなんてイケないぞ!」
みほ「ぁ……///戦車さん///」
麻子「せ、戦車くん!?どうしてここに!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/05/01(水)21:08:49.67
ID:pgBL6Nb/0
夏樹「お、だりーか。おはよう」
李衣菜「うんっ。おはよう!今日もギターの練習頑張ろうね!」
夏樹「その調子その調子。せめてコードは全部押さえられるようになってくれないとな」
李衣菜「うぐっ・・・ま、まぁそれはおいおいと言う事で・・・」
夏樹「おいおい、教えてるこっちだって暇じゃないんだから。さっさと上達してくれないと困るぜ?」
李衣菜「うぅ?・・・私だって頑張ってるんだよ!」
夏樹「肝心の結果がなぁ」
李衣菜「ぐぬぬ」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
代行2012/10/15(月)21:12:10.46
ID:gP6y4eiG0
6年前の夏のある日。
小学2年生の京子は、結衣とあかりと一緒に、いつもの公園で遊んでいた。
結衣「今日は何して遊ぶ!?」
あかり「はい、結衣隊長!あかりはブランコがやりたいです!」
京子「私、すべり台がいい・・・」
恥ずかしそうにしながらも、何とか自分の意見を言う京子。
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/05/22(水)20:10:45.89
ID:K6HQf0dH0
モバP「……」
かな子「今日はイチゴのタルトです!」モグモグ
杏「昨日はスイートポテトだったね」マムマム
凛「一昨日は……なんだっけ」モグ
きらり「マロンケーキにょわ☆」ムシャムシャ
続きを読む

[ 閉じる ]
03/26 (18:00) えすえすりんくす
1:
名無しさん@おーぷん2015/03/01(日)13:31:26
ID:NO6
菫「ああ、さっきお前のお母さんが来校しててな」
菫「照は取材で学校にいないと言ったら、それだけ伝えて帰られたぞ」
照「そ、それだけって、どんな風に」アタフタ
菫「『咲が暴漢に襲われて入院したから、急いで長野に帰りなさい』だとさ」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/29(金)00:31:21.17
ID:WGRSfqjQ0
P「なんで?」
ちひろ「アナベベでいいじゃないですか」
菜々「可愛くないから嫌ですっ!」
P「アナベベ可愛いと思うんだけどなあ」
菜々「可愛くないですよ!」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆FztdsN7g6M2015/10/27(火)01:17:51.09
ID:+5jsRoAv0
女提督「炬燵で和むビスマルク。」
ビスマルク「なによ?貴方が呼んだんじゃないの。」
※注意事項
・百合
・うちの子設定
・短め
・初投稿、書き溜めたのを落としていきます。

続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
モバP「女子寮に一時的に住むことになった」
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/02/11(月)22:29:13.91
ID:TrrO023s0
ちゅんちゅん
P「ん。ふわぁ……朝か」
雪美「……P……おはよう……」
P「んー?雪美か。おはよう」
雪美「……うん……おはよう……」
P「今日は雪かぁ……寒そうだな」
雪美「……寒いのは……苦手……でも……雪……好き……」
P「そうだなぁ。俺も寒いのはちょっと苦手だなぁ」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語(芋)@?(^o^)/2015/01/20(火)18:40:44.35
ID:0SdQ6uoL.net
穂乃果「ん?何々どうしたの?」
海未「穂乃果……あなた気づいてないんですか?」
穂乃果「へっ?」キョトン
海未「穂乃果っ…………」
海未「あぁっ……」ブルッ
穂乃果「う、海未ちゃ「穂乃果ぁぁぁっ!!!」ガバッ
穂乃果「わわっ!」ドサッ
海未「くぅ?ん!ほのスメル!ほのスメルたまらん!!!」クンクン
海未「こんなにメスの香りぷんぷん振りまいてっ………μ'sの皆を虜にしていることに気づいてないんですかっ!?」サワサワッ
穂乃果「うぇ……」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/03/25(土)23:10:29.93
ID:hy0zSolTo
輿水幸子『ボクは世界一カワイイんですよ!そんなボクをプロデュースできるなんてとっても幸せなことですよね!プロデューサーさん!よろしくお願いしますよ!』
モバP「というわけなんだが」
星輝子「フ…フヒ…なかなかいいと思うぞ…ただ…そんなんで持つか…?」
幸子『し…失敬な!ボクくらいならこれくらいがいいんです!』
モバP「…」コクン
輝子「無言の頷き…ま、まぁ私もこういう子は嫌いじゃない…かな」
幸子『ということでよろしくお願いします!』
輝子「おう…こちらこそ」
輝子「プロデューサー…頑張ってくれ…」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
4
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。