SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:SSマンション
<<
2018年03月
>>
439件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
1:
◆njLdTg/Bz6
2014/11/28(金)23:36:22.36
ID:8uKLEhKVo
 ――17歳JKアイドル、カリスマギャル城ヶ崎美嘉。
 あれは、そう、アタシがそんな風にデビューして暫くの頃。
 アイドルの仕事にも慣れ、レッスンとかも楽しくて仕方がなくて。
 妹に遅れてではあったけど、念願のCDデビューもして、それから――。
 ……プロデューサーとも、すっかり仲良くなって。
 強いて言うならば、きっとシチュエーションもあったのだろう。
 小さいイベント会場だったけど、無事にデビュー曲のお披露目ライブを終えた後。
 ライブを成功させた達成感と満足感。それからお客さんの前で歌った時の興奮感。
 外の風に当たってそういう気持ちも落ち着いて、どこか穏やかな心の中。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1417185372

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/11/28(金)23:37:38.08
ID:8uKLEhKVo
 辺りはすっかり夜の帳が下りていて、空を見上げれば満天の星。
 そんな星空の下を、二人きりで歩く時間。
 周囲に人気は全くなくて、だからお互いの足音がはっきり聞こえたりして。
 ……まるで、世界に自分とプロデューサーの二人だけのような。
 そんな風に感じてしまう時点で、きっと。
 ロマンティックな雰囲気がそうさせた、なんていうのはただの言い訳でしかなくて。
 シチュエーションはあくまで背中を押しただけに過ぎなかったのだろう。
 ――アタシの中に芽吹いていた想いの発露の瞬間を。
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/11/28(金)23:39:24.44
ID:8uKLEhKVo
「……アタシ、プロデューサーのこと、好きかもしんない」
 ――告白なんて、別になんてことない。
 そんな
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/01/14(月)21:20:09.30
ID:8ZGMwvbAO
学校
士郎「」
アーチャー「よかったのか?」
凛「いいのいいの」
ランサーに殺された士郎を治療した凛は士郎の体調が安定したのを確認してその場を立ち去った。
士郎「っ・・・」バッ
意識が戻る。士郎は自分が刺された胸を確認。
士郎「夢じゃなかった・・・」
とりあえず生きててよかったと思い士郎も家に帰った。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1358166009

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/01/14(月)21:25:39.37
ID:8ZGMwvbAO
家に着き、自分の部屋で血まみれの制服から私服に着替える。
ガタン!!
士郎「!?」
誰かが家に入って来た。
士郎(ここで来るのはやっぱりさっきのヤツか・・・!!)
手元のポスターを拾い、強化してゆっくり部屋を出た。
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/01/14(月)21:28:39.51
ID:8ZGMwvbAO
ランサー「お、いたか。まさか生きてたとはな」
廊下には紅い槍を持った男がいた。
ランサー「そらっ!!」
士郎「ぐあっ!!」
槍一突きで強化したポスターをへし折り士郎を玄関まで吹き飛ばした。
士郎「ぐっ・・・!!」
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/01/14(月)21:33:11.54
ID:8ZGMwvbAO
玄関を出て、家の正門を空けて外に出ようとする。
ランサー「残念」
玄関から一飛びで外の正門に先回りしていた。
士郎「うわあああああ!!!!」
士郎は慌てて何を考えたのか土蔵に隠れ、扉の鍵を閉じた。
ドン!!

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/08/25(日)21:53:14.55
ID:V8Sz0tJD0
P「やっぱ仕事の後のドリンクは効くわぁ」ゴクゴク
智絵里「……」
P「お、智絵里じゃないか。おつか」
智絵里「……っ!」シュッ
P「ごはっ」ポムッ
智絵里「……」
P「うぐっ……ち、智絵里……!?」
智絵里「……」ダッ
P「ま、待てっ!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1377435194

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/08/25(日)21:56:05.65
ID:V8Sz0tJD0
P「……逃げられてしまった」
P「一体なんだったんだ……?」
P「智絵里がシャアズゴックみたいな動きでどついてきた……」
P「……もしかして、何か怒らせてしまったのか?」
P「それはいけないな。今度会ったら謝るか」
P「にしても、えらいテクニカルな動きだったな……」
5:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/08/25(日)21:59:36.33
ID:V8Sz0tJD0
P「ふんふふーん」
智絵里「……」
P「ん……あ、智絵里!」
智絵里「……」
P「探してたんだよ。それで、さっきの事なんだが……」
智絵里「……」
P「あれ、なんだその腰に下げてる道具は?」
6:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/08/25(日)22:01:08.91
ID:V8Sz0tJD0
智絵里「……!」バシュッ
P「うわっ!」
智絵里「……」キュイーン
P「!?」
奈緒「おはよー。Pさん、今日の予定教え智絵里が立体機動してる!!」
智絵里「……!」キュイーン
P「痛っ」ペシッ
智絵里「……」
奈緒
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆ag9TZfREZs
2016/05/14(土)01:16:35.17
ID:q61DuR9Y0
美玲「あっはっはっはwwww」
乃々「うぅ……」
輝子「美玲、それ以上笑うのは、よくない」
美玲「ひーwwwww」ダンダンッ
美玲「www……」フルフル
美玲「ふ?……」
美玲「……」
美玲「おめでとう乃々」キリッ
乃々「どこか引っ叩きたいんですけど?!」クワッ
輝子「乃々、落ち着いて……!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1463156194

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆ag9TZfREZs
2016/05/14(土)01:19:07.72
ID:A5sdC5zB0
美玲「普段からwwあんなに嫌がってきたのにwww」
美玲「ファンからロックオンされる乃々www」
美玲「4位wwwwww4位てwwwwwwww」
乃々「これは夢です……リアルな悪夢です……」ガクブル
輝子「残念だが……げ、現実だ……」
乃々「な、なんてことでしょう……」
乃々「CDデビューしてしまう……!!」ガクブル
美玲「wwwwwwwwwwwww」バンバン
輝子「だから美玲……し、失礼だぞ」
輝子「めっ」
美玲「うんwwwwゴメンゴメンwwwwwwでももうちょっと待ってwwwww」
美玲「笑いがwww止まらないwww」
美玲「身内ネタとかwwwこんなのwwww笑うに決まってるじゃんかwww」
輝子「もうっ」
4:
◆ag9TZfREZs
2016/05/14(土)01:20:16.71
ID:A5sdC5zB0
輝子「すまない……美玲は、私に任せて……」
乃々「別に困ってはいないんですけど……」
輝子「リーダーとして、必要だから」
輝子「でも……な?」
輝子「乃々の態度も……よ、良くないと、思う」
乃々「……へっ?!」
輝子「乃
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
八股先輩◆3svf9ywuI.
2014/01/29(水)20:25:41.29
ID:8T+peG9O0
 このお話は、ぼっち界のアイドル比企谷八幡が、原作より一年遅く生まれた話。
舞台は一学期後半、平塚静に呼び出されて腹を殴られた所から始まる。
今回はゆるーく逝きます。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1390994740

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
127:
八股先輩◆3svf9ywuI.
2014/01/29(水)23:54:54.68
ID:8T+peG9O0
>>123
一作目
八幡(例え世界が間違っていると罵ったとしても)モノクマ「うぷぷぷぷ」
二作目
八幡「やはり俺のシンクロ率は間違っている」アスカ「は?」
三作目【エロ注意】
八幡「やはり俺の嗜虐心は間違っている」結衣「しがくしん?」
です!
原作未読のせいか、基本相模んに厳しいです。
でもショートカットキャラは好きです!
4:
八股先輩◆3svf9ywuI.
2014/01/29(水)20:30:46.35
ID:8T+peG9O0
奉仕部部室
八幡「……えっと…」
雪乃「平塚先生、ノックをしてくださいと何度もお願いしているはずですが?」
八幡(うわ、あれ雪ノ下雪乃とかいう先輩じゃねーか。眉目秀麗才色兼備を地で行くパーフェクト人間。関わりたくねー)
平塚「雪ノ下、今日からこの堕落一年生を入れてやってくれ」
雪乃「………」ジーッ
八幡(うわ、さすが総務高校ナンバーワン……俺の穢れた心が浄化されていくようだぜ…)
雪乃「お断りします」
八幡「だそうです。もう帰っても良いですか?」
八幡(これ以上この人と同じ空気吸ってたらきっと俺は天に召されちゃう)
平塚「異論は認めない。それに、この男の存在は君にとっても良い刺激になるはずだ」
雪乃「………」
平塚「じゃあ、私は行くが、比
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆ogT1d/i8GU
2017/12/01(金)19:07:56
ID:TJjkoM2w
神域
神「わたしは神」
天使「ええ存じております」
神「神は自分の持ち場なら、何をしても許される」
天使「……存じてます」
神「天使の許可など必要ない」
天使「やめて下さい本当に」

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆ogT1d/i8GU
2017/12/01(金)19:13:54
ID:TJjkoM2w
天使「ただでさえ少ないんですよ、信者」
天使「これ以上信仰が減ったら私のお給料も減らされるんです。
すでに雀の涙なのに」
天使「今月家賃払えなかったら、アパート追い出されるんですよ」
神「ここに住めば?
広いし」
天使「自分の領域ぐらい大事にして下さい。
仮にも神なんだから」
3:
◆ogT1d/i8GU
2017/12/01(金)19:18:23
ID:TJjkoM2w
神「いいよ別に。広すぎるし天使の1匹や2匹。
普段は隅でゴロゴロしてるから生活の邪魔にもならない」ゴロン
天使「もっと神としてのプライドを大切にして下さい。
あと仕事して下さい」
神「ヤだよめんどくさい」
天使「即答かよ……」
4:
◆ogT1d/i8GU
2017/12/01(金)19:21:56
ID:TJjkoM2w
天使「本当に少ないんですよ信者……
3人ですよ3人」
天使「しかもひとりは奴ですよ。
あの態度の悪い巫女! 実質2人!」
下界
巫女「へっくしゅん」
5:
◆ogT1d/i8GU
2017/12/01(金)19:28:37
ID:TJjkoM2w
天使「同僚どころか後輩よりもお給料少ないんですよ!」
神「ウチが一番給料安いからね」ゴロゴロ
天使「この前なんか4コ下の天使に馬鹿にされたんですよ!
位! 格下!」
天使「ていうか名
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆NMGX645bhc
2018/01/20(土)18:18:38.43
ID:MBBsHwqfO
【事務所にて】
さくら「……んぅ?」ぱちっ
なでなで
さくら「(……家じゃない……そっか、事務所で寝ちゃってたんだぁ……)」
なでなで
さくら「(最近忙しくてあんまり寝れてないからなぁ……お仕事中に寝ないように気をつけないとぉ……)」
なでなで
さくら「(……ところで、さっきから頭にある感触は誰のだろう……)」
なでなで
さくら「(イズミンとアコちゃん、じゃないよねぇ、なんか手の動かし方がなで慣れてない感じ……なんでわかるんだろうなぁわたし)」
なでなで
さくら「(というより、この手なんかごつごつしてないかなぁ……?まるで、女の子じゃないよう、な……)」
P「……」なでなで
さくら「(え、えええええぇ!?!?)」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1516439918

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆NMGX645bhc
2018/01/20(土)18:22:40.24
ID:MBBsHwqfO
さくら「(え、あうぇ、プロデューサーさん!?な、なんでわたしの……)」あわあわ
P「……」カタカタなでなで
さくら「(なぜかお仕事しながらなでてるし……)」
P「……」ぴたっ
さくら「(あ、やめちゃったぁ……)」
P「……うん、おはようさくら」
さくら「お、おはようございまぁす……」
P「……俺は、ずっとさくらの頭を撫でながら仕事してたってことでいいのかな?」
さくら「た、たぶんそうだと思いまぁす……」
P「そっか、さて……」すくっ
さくら「あれ、あのぉ、どこへ」
P「決まってるだろ……」スタスタ
さくら「……?」
P「自首してくる」ニコッ
さくら「ちょぉい!?!?」ガシッ!
3:
◆NMGX645bhc
2018/01/20(土)18:25:0
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/02/13(木)20:22:50.64
ID:yPxvclrto
―――事務所
ちひろ「プロデューサーさん、プロデューサーさんっ」
P「はい? なんでしょうちひろさん」
ちひろ「うふふ、今日はバレンタインですから。はいどうぞ、プレゼントです♪」
P「おおー、ありがとうございます!」
ちひろ「手作りの甘ーいミルクチョコですよ♪ よく味わってくださいね!」
P「ええ、もちろんです! いやー、嬉しいなぁ」
ちひろ「お返し期待してますよ?」
P「あはは、じゃあ奮発していいところに飲みにでも……」
ちひろ「ふふ、よろしくお願いします♪ ところで……」
P「ん?」
李衣菜「…………」ソワ…
泰葉「…………」ソワソワ…
加蓮「…………」ソワソワソワ…
ちひろ「あの子たちは……?」
P「ああ、今日は朝からあの調子なんですよね」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1392290570

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
3:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/02/13(木)20:26:25.91ID:XEKxwXjLo
多田李衣菜(17)
https://i.imgur.com/5fSVZmq.jpg
https://i.imgur.com/uFIC6P6.jpg
岡崎泰葉(16)
https://i.imgur.com/HOxQ9sZ.jpg
https://i.imgur.com/Sv4w90P.jpg
北条加蓮(16)
https://i.imgur.com/lBxj8s9.jpg
https://i.imgur.com/dl53elx.jpg
4:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/02/13(木)20:26:33.85
ID:yPxvclrto続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆45SR4r0flud5
2016/08/06(土)22:13:08.79
ID:X2B1rrH3O
まほ「皆、ご苦労だった。各自ゆっくりと休んでくれ」
黒森峰生「はい!」
まほ「しかし、今日も暑い。少し喉が渇いたな」
黒森峰生「そうですね」
まほ「わたしはこのまま飲み物を買ってくる。各車長は体の手入れを行ったあとミーティングを行う旨を伝えておいてくれ」
黒森峰生「はい!」
黒森峰生「……はぁ、隊長ってやっぱりかっこいい///」
エリカ「隊長ー」
黒森峰生「あ、副隊長!お疲れ様です」
エリカ「お疲れ様。隊長はどこ?」
黒森峰生「先ほど飲み物を買いにお出かけに」
エリカ「な、なんですって?!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1470489188

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
3:
◆45SR4r0flud5
2016/08/06(土)22:18:54.18
ID:X2B1rrH3O
エリカ「隊長は誰かと一緒に出かけたのよね!」ユッサユッサ
黒森峰生「ひ、ひぇ」
エリカ「早く答えなさい!」
黒森峰生「い、いえ、一人でお出かけに……」
エリカ「そ、そんな!!あなた!なんで一人で行かせたの!!」
黒森峰生「え?その、飲み物を買いに行くだけと言っていたので…..」
エリカ「っっ!これだから一年は!」
黒森峰生「ひぃっ!」
エリカ「小梅、聞こえる?緊急事態よ!SSのメンバーを集めて!」
小梅『…..!?分かりました。至急集めて捜索に向かわせます!』
黒森峰生「……え?」
4:
◆45SR4r0flud5
2016/08/06(土)22:23:07.03
ID:X2B1rrH3O
まほ「日差しが強いな。熱中症で体調を崩す者がいなければいいけれど…..」
まほ「学
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/17(水)23:56:25.42
ID:y4m90ScU0
各アイドル毎にPが居る設定
P「あっ」ツルッ
凛(Pさんが携帯を床に落とした)
P「・・・あっ」
凛(その拍子に、待ち受け画面が表示された)
凛(私の寝顔だった)
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1516200985

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/17(水)23:56:46.19
ID:y4m90ScU0
凛「・・・拾うね」スッ
P「あっ」
凛「Pさん、これ何?」
P(凛が俺の携帯の画面を指差す。そこにはすぅすぅ寝ている凛が写っていた。可愛い)
P(俺は土下座した)
P「・・・すまない!」ズサァ
凛「!?ちょ、ちょっと。何」
P「すまない。ほんの出来心だったんだ。許してくれ!」
凛「ど、土下座はやりすぎ!早く顔上げて!」
P「・・・」スッ
凛「・・・何でこんな事したの?」
P「その・・・ソファーで眠る凛の寝顔があんまりに可愛くって」
凛「(キュン)無罪」
P「え?いいの?」
凛「いいよ、別に寝顔くらい・・・そうじゃなきゃPさんの目の前で寝たりなんかしないよ」
P「そ、そうか。良かったぁ」ホッ
凛「あっ、でも他の娘の写真撮ったり、他のPさんに私の寝顔渡しちゃ駄目だからね。・・・そんな顔、私のPさんにしか見せないんだから」
P「?凛の寝顔があるのに他の娘の写真は要らないだろ?凛が一番可愛いんだから」
凛「あ・・・うん。ありがと」カァ
P「さて、お仕事の続きでもするかな」
凛「・・・でも、盗撮は盗撮だし、何らかの罰が必要だよね」
P「えっ」
凛「・・・Pさん、ハンムラビ法典って知ってる?」
P(そして俺は仮眠室に連行された)
3:
以下、
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/17(日)01:57:01.86
ID:Xagm1le60
亜美「これより、BC自由学園対大洗女子学園の試合を開始します。一同、礼!」
みほ・桃「よろしくお願いします」ペコリ
安藤・押田「よろしくお願いします」ペコリ
マリー「……」ブゥー!
みほ・桃「!?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1513443421

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/17(日)01:58:09.14
ID:Xagm1le60
安藤「おい、隊長に頭を下げさせろ。ていうか今隊長オナラしたよね?」
押田「オナラ?き、気のせいじゃないか?」
マリー「どうして私がオナラをしないといけないの?」
押田「ほら、隊長もこう言ってるだろ」
安藤「いや絶対お前も聞いてただろ」
押田「高貴な隊長がオナラなんてするわけないだろ!」
安藤「オナラに高貴も下賤もあるか!人間だろ!」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/17(日)01:58:49.90
ID:Xagm1le60
押田「わかった。君がオナラをしたんだろ」
安藤「はぁ!?ふざけるな!」
押田「汚れ仕事はお前らの役目だ!背負え!オナラを!」
安藤「汚れ仕事の意味合いが違うだろうが!だったらお前が背負え!同じエスカレーター組だろ!」
ギャーギャー!! ワーワー!!!
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/17(日)01:59:24.02
ID:Xagm1le60
桃「オナラでここまで喧嘩できるのか……」
みほ「あはは……」
マリー「くだらないことで喧嘩しないでくれる?ケーキが不味くなるわ」ブゥー!
みほ・桃「!?」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆h8PchLJM6BH7
2017/12/08(金)10:06:10
ID:Duz
※この日がいつかはアナタしだい

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆h8PchLJM6BH7
2017/12/08(金)10:07:20
ID:Duz
藍子「プロデューサーさんっ!」
相葉夕美「お誕生日っ♪」
十時愛梨「おめでとうございま?すっ♪」
「「「ぱちぱちぱち?♪」」」パチパチパチ
3:
◆h8PchLJM6BH7
2017/12/08(金)10:09:23
ID:Duz
https://i.imgur.com/YZmEBcF.jpg
高森藍子(16)
4:
◆h8PchLJM6BH7
2017/12/08(金)10:11:11
ID:Duz
https://i.imgur.com/gslp40m.jpg
相葉夕美(18)
5:
◆h8PchLJM6BH7
2017/12/08(金)10:13:00
ID:Duz
https://i.imgur.com/1SG2J9j.jpg
十時愛梨(18)
6:
◆h8PchLJM6BH7
2017/12/08(金)10:14:09
ID:Duz
モバP(以下P表記)「・・・」ポカーン
藍子「・・・? あれ、プロデューサーさーん?」オーイ
P「・・・はっ」
夕美「もう、そんなにびっくりしちゃったの?」クスクス
P「だ、だって、仕事あるし、事務所の電気消えてたし、朝だし、てっきりまだ誰も来てないのかと・・・」
愛梨「プロデューサーさんっ! サプライズですよ、サプライズっ! えへへー♪」
夕美「今日はプロデューサーさんがゆっくりできるようにってちひろさんも頑張ってくれたんだ♪」
P「そっか・・・ありがとう、みんな。まさか祝ってもらえるなんてなぁ・・・」ウルッ
愛梨「当然です?っ! 大好きな人の記念日はお祝いしたいに決まってるじ
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆R4LxbbyKhE
2017/08/20(日)03:44:47.51
ID:OXrfTGRf0
【モバマス・デレステSS】です
――――プロダクション、エントランス
加蓮「そんなぁ……折角楽しみにしてたのに……」
李衣菜「お疲れ様、加蓮ちゃん!」ポスッ
加蓮「わっ!? ……なんだ李衣菜か、何か用?」
李衣菜「えっ? あ、いや、用があるってほどでもないけど、姿を見かけたから声かけてみようかなって思って」
加蓮「あっそ……なら丁度いいか。李衣菜、暇なら少し愚痴聞いてくれない?」
李衣菜「へ? またなにかあったの?」
加蓮「あったもなにも現在進行系で――」
――ピカッ!!
――DOOOOM!!
加蓮「ひゃ!? ……もう! この天気のせいで最悪なんてもんじゃないの!」
李衣菜「あぁ……もしかして、さっきからスマホ眺めて哀しそうな感じだったのって」
加蓮「この雷とか大雨のせいで楽しみにしてた花火大会が中止になったんだから! ……ほんとどうして……ひどい……」ションボリ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1503168287

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆R4LxbbyKhE
2017/08/20(日)03:45:32.54
ID:OXrfTGRf0
※北条加蓮
https://i.imgur.com/SqNGUtF.jpg
※多田李衣菜
https://i.imgur.com/3K29Rfy.jpg
3:
◆R4LxbbyKhE
2017/08/20(日)03:47:32.30
ID:OXrfTGRf0
李衣菜「こればっかりはね……でも、加蓮ちゃんがそんなに落ち込むってことは、花火、誰かと一緒に見るつもりだった?」
加蓮「うん、奈緒と一緒に……夏休みの間はお互い忙しいから、スケジュールがなかなか上手く合わなくて」
李衣菜「そのスケジュールの合間でなんとか一緒に行けそうな花火大会
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆qTT9TbrQGQ
2018/01/20(土)18:16:59.61
ID:KoQ6k4Xu0
・デレマスの森久保乃々メインのSSです
・えっちな展開なんて、むーりぃー……
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1516439819

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆qTT9TbrQGQ
2018/01/20(土)18:18:35.35
ID:KoQ6k4Xu0
――昼間、事務所
モバP(ツイッターポチポチ……お、森久保のイラストあるじゃん
モバP(サムネだけでもうクッソ可愛いなぁ)ニヤニヤ
ちひろ「プロデューサーさん、何ニヤついてるんですか。もうそろそろ会議の時間でしょ?」
P「ああ、そうだったそうだった」(とりあえずいいねポチって後で見るか)
P「んじゃ行ってきまーす」
3:
◆qTT9TbrQGQ
2018/01/20(土)18:22:28.12
ID:KoQ6k4Xu0
――プロデューサーの机の下
森久保「プロデューサーさん、さっきスマホで、ツイッターやって、何か見てましたね……面白いものでもあったんでしょうか……」
森久保(気になるから、森久保も、ツイッター開いて、見てみます……)TLヒラキ
? Pさんがいいねしました
絵師@まゆすき@morikuboo_zetsumei
ギャルくぼは いいぞ
(森久保の頭から胸より上らへんまでが写っているサムネ画像)
森久保「もりくぼのイラスト……ぎゃるくぼ……今は、こんなのが流行ってるんですか……」
森久保「ほ、本人よりも、可愛く描けてますね……」ガゾウポチー
4:
◆qTT9TbrQGQ
2018/01/20(土)18:23:19.64
ID:KoQ6k4Xu0
(森久保が股広げて秘部が丸見えになっているドスケベ画像アップ)
森久保「ひぃやぁぁっ!?!!????」
ちひろ「あら、乃々ちゃん、どうしたの?」<
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/11/19(木)21:55:07.59
ID:Fat8S8SDO
おそ松「はぁ?…ひーまーだーなー」ゴロゴロ
おそ松「あいつら今日も俺をほったらかしてどっか遊び行ってるし兄ちゃんつまんないよー」ダラーン
おそ松「俺も遊び行こっかなー。あーパチンコしてー…って金ないか。ニートだし」グータラ
おそ松「あーつまんねー!6人もいんだから誰か一人くらい俺に構えっつーの!どいつもこいつもニートのクセに生意気だ!」ジタバタ
おそ松「……あ、俺もニートだったっけ。デジャヴじゃん。こわっ」
おそ松「なーんか暇潰しになるのないかなー。一人でできる事と言えば……」
シーン
おそ松「…そうだ、[
田島「チ○コ破裂するっ!」]しよう!」ピコンッ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1447937707

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/11/19(木)21:56:01.88
ID:Fat8S8SDO
おそ松「そういやいつもあいつらがいてロクに出来なかったからなー」ヌギヌギ
おそ松「20台前半っつったら1日6回は抜かないと金たま爆発するっつの」ゴソゴソ
おそ松「へっへーん!やっぱ長男たる者、部屋の中央で堂々と抜かないとな!」デデンッ
おそ松「……あ、やっべ!オカズどうしよ?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/11/19(木)21:56:44.36
ID:Fat8S8SDO
おそ松「エロ本もAVもTE〇GAもないし困ったなー。ぶっちゃけ6人一部屋じゃ隠しようがないから買ってこれないし」キョロキョロ
おそ松「ちょっと借りようにもあいつらだって多分、兄弟に性癖知られたくないから部屋には置いとかないよなー」ガサゴソ
おそ松「土手で拾ってくるか…いや、
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/10/09(金)16:56:12.92
ID:BMdvbADI0
雪乃「比企谷くんとの間に子供が出来た。」
↑の続編です。
基本設定
>>1.このssの八幡は妊娠して子供を産みました。
>>2.ゆきのんはあまり出ません。詳しい事は前スレを見てください。
>>3.このssに登場する女子は大体八幡を孕ませる事ができます。
以上の注意を踏まえてこのssをお読みください。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1444377372

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/10/09(金)16:56:57.88
ID:BMdvbADI0
?奉仕部?
赤ちゃん「だぁっ!だぁっ!」
八幡「コラコラ、そんなに暴れちゃダメだろ。」
結衣「アハハ!赤ちゃんも大きくなったよねぇ?♪」
八幡「俺たちも3年生だからな、この子が生まれて早数ヶ月。色々あったなぁ…」
結衣「そうそう、ゆきのんは突然転校しちゃうし大変だったよね!」
八幡「残った俺たちだけで部を運営するのも難しかった。けど…」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/10/09(金)16:57:30.05
ID:BMdvbADI0
小町「お兄ちゃん!結衣さん!遅れてゴメンね!クラスのHRが立て込んじゃって!」
結衣「も?!小町ちゃん遅いよ!」
八幡「この総武高校に入学して奉仕部へ入部した小町とそれに…」
陽乃「ひゃっはろ?!比企谷くん、由比ヶ浜ちゃん、それに赤ちゃん?♪」
結衣「あ、陽乃さん!やっはろ?!」
八幡「雪ノ下が転校した後、
何故か今まで以上に部へ入り浸るようになった陽乃さんのおかげで奉仕部をやってこれたんだよなぁ…」
4:
以下、名無しに
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆TDuorh6/aM
2018/01/02(火)22:23:20.36
ID:w5LZSvi60
これはモバマスssです
かなりの独自設定があります
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1514899399

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆TDuorh6/aM
2018/01/02(火)22:25:52.29
ID:w5LZSvi60
ピピピピッ、ピピピピッ
P「うぅーん……朝か……」
朝が来てしまった。
何故、朝はくるんだろう。
そもそも、朝が来たら起きなきゃいけないと誰が決めたんだろう。
そうだ、別に朝が来たからって起きなきゃいけないわけじゃない。
もう一眠りしよう。
「おはよー」
……もう一眠りしよう。
「P、寝てるの?」
聞こえない、何も聞こえない。
何か声がしたような気もするが、きっと本の妖精とかだ。
うちは古書店だし、居たっておかしくないだろう。
「……よーし、それじゃ今のうちに顔に落書きを……」
P「待て待て待て!起きてる、起きてるから!」
目を開ければ、目の前にはクレヨンが構えられていた。
俺を絵画にでもするつもりか。
あとなんでクレヨン持ってるんだ、画家志望か。
李衣菜「あ、やっぱり起きてるじゃん。おはよ、P」
ちょっと涙で滲む目を擦れば、制服姿の李衣菜が笑っている。
まったく、こいつはいつも勝手に俺の部屋に……
P「……待てよ?李衣菜が居るって事はもう時間が……」
李衣菜「あ、それなら大丈夫。私もPの朝ご飯に肖りに来ただけだから」
そうか、それなら良かった。
いや、良くない。
よくよく考えれば、なぜこいつはいつも当たり前のように朝食をたかりに来ているんだ。
李衣菜「あと美穂ちゃんも来てるよ。Pがちゃんと起きられるか心配だ、って」
そうか……美穂も起きるの苦手なのに……
李衣菜「あと朝ご飯食べに、だってさ。Pは料理上手いから
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/05/09(月)20:30:35.23
ID:jQq46PzPo
―クチャラーの自宅―
クチャラー「…………」ムクッ
クチャラー「クチャ?……」
クチャラー「クッチャクッチャクッチャ……」スタスタ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1462793435

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/05/09(月)20:32:22.02
ID:jQq46PzPo
クチャラー「クチャクチャク」
母「行ってらっしゃい」
クチャラー「クチャチャ?!」スタスタ
母「しっかり勉強してくるのよ?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/05/09(月)20:35:10.86
ID:jQq46PzPo
―通学路―
友人「おっす!」
クチャラー「クチャチャックチャ!」
女「おはよ?!」
クチャラー「クチャクッチャクチャ!」
友人「あ?あ、今日はこないだのテスト返ってくるだろうな。イヤだなぁ」
クチャラー「クッチャクッチャ!」
友人「ちぇっ、お前はいいよな。勉強できるから」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/05/09(月)20:37:19.49
ID:jQq46PzPo
―学校―
教師「え?、ではさっそくこの間のテストを返却する」
えぇ?……
教師「クチャラー、よくやったな」スッ
クチャラー「クチャチャッ!」
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/05/09(月)20:39:38.27
ID:jQq46PzPo
友人「おい、お前何点だった?」
クチャラー「クッチャ」スッ
友人「95点!? 流石だな、おい」続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/09/15(金)21:48:41.96
ID:/fSUv7sf0
凛「どういうこと?」
奈緒「2人には妹分がいるだろ?」
加蓮「え、どういうこと?」
奈緒「凛は乃々が妹分で加蓮は莉嘉だ」
凛「私、そんなつもりないんだけど」
加蓮「私は納得かな?」
凛「どんなところが妹分に見えたの?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1505479721

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/09/15(金)21:49:14.51
ID:/fSUv7sf0
奈緒「まずは凛からだけど凛は前に乃々と一緒にラジオに出たことがあったろ?」
加蓮「あ?あったね」
凛「シャイニーナンバーズだよね」
凛「それがどうかしたの?」
奈緒「そのとき凛と乃々は仲良くなったんじゃないか?」
凛「うん、仕事以外でも喋ることが増えたし一緒の仕事も増えたよ」
凛「この前、私の蒼のノート見せるから乃々のポエム帳見せてって言ったら見せてくれたよ」
奈緒「蒼のノートって何だ!?」
加蓮「ね?、それ私達にも見せてよ」
凛「絶対嫌」
加蓮「え?何で?」
凛「絶対馬鹿にされるし」
奈緒「じゃあなんで乃々には見せたんだ?」
凛「乃々は馬鹿にしないって分かってたし恥ずかしさよりも乃々のポエム帳が見たいっていう気持ちか強かったからかな」
加蓮「凛、もう乃々のこと大好きじゃん」
凛「べ、別にそんなんじゃないし……」
凛「何か放っておけないっていうか……」
奈緒「それって好きってことじゃん」
凛「だから違うって!///」
奈緒「この前乃々と会ったときに凛さんとならお仕事も頑張れる気がします……って言ってたぞ」
凛「ふーん、乃々そんなこと言ってくれたんだ……まあ、悪くないかな」
加蓮「本当はめちゃくち
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/16(火)21:53:29.36
ID:sGbfdUF70
*勇者の章第四話・海の前で友奈と夏凜が二人きりのシーン
夏凜「──その気持ちを持たせてくれたのは友奈たちなの」
夏凜「……何があったの、友奈?」
友奈「……あ、あの──」
友奈「本当に何でもないんだ」ニコッ
夏凜「……そう……」
夏凜「……悩んだら相談、じゃなかったの……?」
友奈「夏凜ちゃん……」
夏凜「……私、友達の力になりたか──」ウルウル
マテーイ!
友奈「!」
国防仮面「憂国の戦士、国防仮面見参!」ドドーン!
夏凜「!?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1516107209

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/16(火)21:54:41.86
ID:sGbfdUF7o
友奈「わぁ! 国防仮面さんだ! サインください!」キラキラ
国防仮面「いえ、友奈さん、私は国防中ゆえ」ゴメンナサイ
友奈「あ、そうなんだ……」シュン
国防仮面「……くっ! ここは耐えるのよ、私! 今は国防中でしょう!」
夏凜「……何やってんのよ、あんた?」
国防仮面「……この辺で飴の包み紙を歩道に捨てた不届き者が居ると聞いたわ。夏凜ちゃん、犯人に覚えはないかしら?」
夏凜「いや、見ての通りここに居るのは私と友奈だけでしょ? それいつの話よ?」
国防仮面「今日の正午過ぎね」
夏凜「今夕方よ!? あの夕日が見えないの!?」
国防仮面「そう、悪は立ち去ってしまったのね……。この東郷美森! 一生の不覚!」
夏凜「本名名乗ってる名乗ってる」
国防仮面「はっ!? ……そ、それでは私はこれで!」トォッ!
スタタタッ
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/0
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/17(水)23:56:25.42
ID:y4m90ScU0
各アイドル毎にPが居る設定
P「あっ」ツルッ
凛(Pさんが携帯を床に落とした)
P「・・・あっ」
凛(その拍子に、待ち受け画面が表示された)
凛(私の寝顔だった)
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1516200985

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/17(水)23:56:46.19
ID:y4m90ScU0
凛「・・・拾うね」スッ
P「あっ」
凛「Pさん、これ何?」
P(凛が俺の携帯の画面を指差す。そこにはすぅすぅ寝ている凛が写っていた。可愛い)
P(俺は土下座した)
P「・・・すまない!」ズサァ
凛「!?ちょ、ちょっと。何」
P「すまない。ほんの出来心だったんだ。許してくれ!」
凛「ど、土下座はやりすぎ!早く顔上げて!」
P「・・・」スッ
凛「・・・何でこんな事したの?」
P「その・・・ソファーで眠る凛の寝顔があんまりに可愛くって」
凛「(キュン)無罪」
P「え?いいの?」
凛「いいよ、別に寝顔くらい・・・そうじゃなきゃPさんの目の前で寝たりなんかしないよ」
P「そ、そうか。良かったぁ」ホッ
凛「あっ、でも他の娘の写真撮ったり、他のPさんに私の寝顔渡しちゃ駄目だからね。・・・そんな顔、私のPさんにしか見せないんだから」
P「?凛の寝顔があるのに他の娘の写真は要らないだろ?凛が一番可愛いんだから」
凛「あ・・・うん。ありがと」カァ
P「さて、お仕事の続きでもするかな」
凛「・・・でも、盗撮は盗撮だし、何らかの罰が必要だよね」
P「えっ」
凛「・・・Pさん、ハンムラビ法典って知ってる?」
P(そして俺は仮眠室に連行された)
3:
以下、
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Dm8ArSIo3MOQ
2018/01/12(金)01:08:15.85
ID:j/AJYOGm0
みく「ドッキリ?みくに?」
ちひろ「いえいえ、安心してください」
みく「ほんとに?そう言って油断させてから本マグロ突っ込んだりしない?」
ちひろ「しませんて」
みく「ほんとのほんとに?」
ちひろ「ほんとのほんとに」
みく「ほんまに?」
ちひろ「ほんまですからその天地魔闘の構え解除してください」
みく「…あと1回だけちひろさんを信用するにゃ」スッ
ちひろ「あれ、私意外と信用薄い」
みく「みくにじゃないならどういう事?あ、みくが仕掛け人って事かにゃ」
ちひろ「今から説明しますね。まずはこちらのモニターをどうぞ」ピッ
みく「どこかの控室が写ってるにゃ」
ちひろ「今からここにプロデューサーさんとアイドルがやってきます」
みく「ふむふむ」
ちひろ「当然アイドルの方は部屋の中を盗さモニタリングされているとは知りません」
みく「盗撮って言いかけたよね。まぁ事実盗撮だけど」
ちひろ「収録も終わり控室に戻って一安心。部屋の中はプロデューサーさんと2人きり」
ちひろ「気が緩んだアイドルは気心の知れた相手と2人だけ。今日はもうこの後お仕事も無いので油断もとい気が緩みます」
みく「ちょいちょい言い方が不穏」
ちひろ「てな感じで、普段お茶の間では見せないアイドル達の素の姿をご覧頂こう。という企画です」
ちひろ「あ、もちろんプロデューサーさんは仕掛け人側ですので」
みく「ふむふむ…あれ?この企画にみくの必要性は?」
ちひろ「お茶の間に流してOKな絵面か否かジャッジしてください」
みく「ヒヨコのオスメス判別するみたいなノリで!」
ちひろ「ほら、普段見せない意外な一面ってグッと来るじゃないですか」
みく「永遠に隠し続けて欲しかった一面だったらどうするの」
ちひろ「あ、そろそろ最初の娘が来る頃ですね。ではよろしくお願いしますね」ガチャッ バタンッ チーヒッヒッ
みく「ちょ!みくまだ「やる」とは言ってないのに!」
みく「…仕方ないにゃあ。これもお仕事だもんね。あ、胡散臭いオッサン入ってきたにゃ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/11/26(土)23:03:55.47
ID:MvjJ4s1s0
P「芳乃、最近カレーせんべいばっかり食べてない?」
芳乃「病みつきというものでしてー」
P「辛いのには慣れたのか?」
芳乃「刺激はありますがーこれもまた善きかなー」
P「ほう…確かに最近はつらそうな顔もせず普通に食べてるもんな」
芳乃「お陰様で慣れましてー、平気にはなってきたかとー」
P「他にも色々辛いお菓子はあるけど、そういうのに興味はあるか?」
芳乃「なんと…さらなる珍味が芳乃を待っているのでしてー?」
P「何の役に立つかわからんがこれも経験だしな。ちょっと近くのスーパーで買ってくるよ」
芳乃「お待ちしておりまするー」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1480169035

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/11/26(土)23:06:22.19
ID:MvjJ4s1s0
【第一ラウンド:芳乃VSカムーチョ】
P「とりあえず何種類か買ってきたが…どれから食べる?」
芳乃「ふむー…迷いまするー」
P「直感でいいんじゃねえかな」
芳乃「ではー、包装が赤々と照り映えるこちらの袋からー」
P「おっ…芳乃のそういうチャレンジ精神、嫌いじゃないぜ」
芳乃「からむうちょと書いてありましてー」
P「名前の通り結構辛いぞ」
芳乃「それは楽しみでしてー…ならば御開帳ー」
P「芳乃から食っていいぞ」
芳乃「お言葉に甘えましてー、一口…」
P「どうだ?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/11/26(土)23:08:16.43
ID:MvjJ4s1s0
芳乃「ひー…」
P「いい反応だな」
芳乃「ふるさとの唐辛子を思い出しましてー」
P「あれ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/20(土)21:00:15.29
ID:BUy9PR080
比奈「事態は一刻を争うんスよ、友紀ちゃん」
友紀「い、いきなり何?どういうこと?」
比奈「……あぁ、”由々しき”ってのは『見過ごせないくらい深刻な』って意味っス。難しい言葉使ってごめんね」
友紀「それくらい知ってるよ!」
比奈「冗談っスよぉ」ケラケラ
友紀「もう、バカにしてくれちゃってぇ」
比奈「だからごめんって。あ、その柿ピー1袋くださいな」
友紀「ほいほーい」ポリポリ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1516449614

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/20(土)21:00:58.53
ID:BUy9PR080
【荒木宅】
比奈「最近事務所で流れてるウワサ、友紀ちゃんは知ってるっスか」ポリ
友紀「ウワサ?」
比奈「ヒントはアタシら2人のことっスね」
友紀「あたしら?あたしと、比奈ちゃん?」
比奈「っス」
友紀「うーん……」
友紀「…あ、」
比奈「?」
友紀「ビール切れちゃった…」
比奈「はいはい」スッ
友紀「さんきゅー♪」カシュ
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/20(土)21:01:56.39
ID:BUy9PR080
友紀「ウワサねえ、ウワサうわさ…」
比奈「どしたのわさわさ」
友紀「ウサ?」
比奈「うさぎっスか」
友紀「ぴょんぴょーんってねー♪」
比奈「うさぎっスね」
友紀「ウサコちゃんの気持ちになるですよー」
比奈「ははは、仁奈ちゃんのマネっスか」
友紀「そうそう」
比奈「友紀ちゃんキャッツ推しだったような…。ねこっぴーくんじゃなくて良いの
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2018/01/14(日)19:38:20.69
ID:mjtpCOaE0
ゾマリ「第7十刃(セプティマ・エスパーダ)ズブリ・アアッーと申します」の続き
続きですが読んでなくても全く問題ありません
下品な描写は一切ありません。健全です。戦闘では斬魄刀()もしくはそれに類する武器を使っています
千年尻()戦篇です

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2018/01/14(日)19:46:06.59
ID:mjtpCOaE0
ユーハバッハ「よくぞここまで辿り着いた、闇より生まれし不浄なるものよ」
ゾマリ「十刃であるこの私を『不浄』とは、驕っていますね」
ユーハバッハ「ゾマリよ、運命の歯車の上で轢き潰される哀れな砂粒よ、せめて私の手で葬ってやろう」
ゾマリ「ほう……」
ゾマリ「ぬううん!!!!!!」ズブリ!!
ユーハバッハ「アアッーーーーーーーーーーーーー!?!?!?!?!?」ビクンビクン
ゾマリ「先程までの威勢はどこへ行ったのですか!!!!!」ズブリッ!!
ユーハバッハ「アオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!?」ビクンビクン!
ゾマリ「私の愛()を!受けろッ!受けろッ!受けろッ!!!」ズブリ!ズブリ!
ユーハバッハ「んほおおおおおおおおおおおおおおっ!!!!!!!!!!!」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2018/01/14(日)19:47:06.36
ID:mjtpCOaE0
真世界城(ヴァールヴェルト)
ユーハバッハ「!」ハッ
ユーハバッハ「……朝か」
ユーハバッハ「良い夢だ」
ユーハバッハ「夢は悪夢ほど素晴らしい」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2018/01/14(日)19:48:12.36
ID:mjtpCOaE
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/01/20(月)05:28:48.26
ID:CRqsYVsh0
円環の理の世界
アルティメットまどか「ただいまー…」
さやか「毎回、大変だねー。魔法少女を円環の理に導く仕事も」
アルティメットまどか「辛いけど、私しかできない仕事だからね。私が頑張らないと魔法少女のみんなを絶望から救う事ができないもん」
さやか「偉いねーまどかは」
アルティメットまどか「今日はお風呂入ってすぐに寝よ…」
さやか「…あのさあ、何かあたしにも手伝える事ない?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1390163328

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/01/20(月)05:29:50.35
ID:CRqsYVsh0
アルティメットまどか「え!さやかちゃんが?」
さやか「うん、親友のまどかがこんなに仕事で体をクタクタにしてるのに、あたしだけ何もしないなんて無理だよ」
アルティメットまどか「ありがとうさやかちゃん。その気持ちだけで嬉しいよ」
さやか「いやいや、遠慮するなって!気持ちだけじゃなく行動で示したいんだよ」
アルティメットまどか「親友のさやかちゃんが私の傍にいてくれるだけで、私は元気になれるんだよ」
さやか「まどかったら嬉しい事言ってくれるじゃないの!ますます、まどかの力になりたくなるよ!」
アルティメットまどか「そこまで言うなら…」
3:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/01/20(月)05:30:37.13
ID:CRqsYVsh0
次の日
魔法少女「お金もない!彼氏もいない!宿題もできてない!お母さんに怒られた!虫歯が痛い!深爪した!」
魔法処女「絶望したー!!!」
アルティメットまどか「大丈夫だよ、あなたの絶望は私が全部受け止めるから」
さや
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/21(日)13:33:56.16
ID:jGVT/ERy0
ミリマスSSです。すばるんに優しく慰めて欲しくて衝動的に書きました。超短いですがお許しを。
イメージ的には高校生くらいのすばるん。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1516509235

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/21(日)13:35:46.06
ID:jGVT/ERy0
ーー事務所ーー
昴「プロデューサー!キャッチボールしようぜ!」
昴「あれ?プロデューサー?」
昴「……どうしたんだ?元気ないみたいだけど」
昴「わかるのかって?そりゃわかるよ。プロデューサーの事、ずっと傍で見てきたんだぜ?」
昴「上手く顔に出さないようにしてるから、気付かない子は気付かないかもしれないけど。オレはお見通し!」
昴「何か辛いことでもあったのか?オレでよければ話聞くからさ。言ってみてよ」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/21(日)13:36:54.48
ID:jGVT/ERy0
昴「年下の女の子に聞いてもらうなんて情けない真似はできない?」
昴「まあまあ。そう言わずにさ。きっと楽になると思うぜ?」
昴「それとも…」
昴「私なんかじゃ、プロデューサーの力には………なれないのかな…?」
昴「………」
昴「……へへっ。ドキッとした?」
昴「ほらほら、大丈夫!誰にも言わないから!」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/21(日)13:37:50.41
ID:jGVT/ERy0
昴「……」
昴「うん…」
昴「うんうん」
昴「……」
昴「うん…」
昴「ふーん…。そっか」
昴「それは辛
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/11/25(水)19:56:14.51
ID:PwyEtMsDO
―――河川敷―――
イヤミ「シェー!?ミーとした事がなんて有り様ザンショ!?」グッグッ
イヤミ「まさかペットボトルにコンニャクを詰めてご自慢のラ・キュををぶちこんだら抜けなくなるなんて?!?」グッグッ
赤〇先生『説明しよう!ラ・キュとはおフランス語で言うチンポなのだ!!』
イヤミ「こんなみっともない姿を晒したら生きていけないザンス!誰か助けてチョ?!?」
イヤミ「……いや、助けてもらったら見られるザンスね。
なんでもありな昭和ギャグ漫画出身のミーでも、さすがにプライドが許さないザンス」
ダヨーン「ダヨーン!」タタタッ
イヤミ「」ピクッ
ダヨーン「イヤミ?!ル・ペニスにペットボトルぶら下げて何してるんダヨーン?」
赤◆先生「説明しよう!ル・ペニスとはおフランス語でチンポなのだ!!」
イヤミ「……シェー!?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1448448974

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/11/25(水)19:57:06.93
ID:PwyEtMsDO
ダヨーン「友達なのに埋めるだなんてひどいんダヨーン!」ビエーン
イヤミ「友達じゃないから埋めるザンス?!」ザッザッ
パッパッパッパッ
イヤミ「これで一安心ザンスね!」ニヤリ
チビ太「やい!イヤミ!?」ダダダッ
イヤミ「げぇぇえええ!!!」ビクビクゥゥッ
チビ太「おまえ…!」
イヤミ「こ、これは…違うザンス!ミーは……」アタフタ
チビ太「なにやってんだよ!早くダヨーンを助けてやれよ!」バッ
イヤミ「(あ、そっちザンスね)」ホッ
チビ太「ところでおまえブーダン・ノワールにペットボトルぶら下げてなにしてんだ?」ザ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/02/13(木)20:19:31.26
ID:lHl3epIAo
20XX年!バレンタインデー当日!
総武高校は嫉妬の炎に包まれた!
窓は割れ、教室は壊れ、あらゆる生命体が死滅したかに見えた
だが、生徒は死滅していなかった!
モヒカン「ヒャッハー!そのチョコをよこせぇ!」
材木座「こ、コレは我が唯一貰ったチョコなのだ!勘弁して!」
モヒカン「へへへ!その話を聞いてますますそのチョコを食べたくなった!」
材木座「ひぃぃぃぃ!誰か助けて!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1392290371

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
8:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/02/13(木)20:52:13.28
ID:lHl3epIAo
トキ「目つきが良くなる秘孔を突く」 八幡「い、嫌だ…」
トキとの馴れ初めはこちらで
書き溜めはしてないのでよければ暇つぶしにどうぞ
2:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/02/13(木)20:32:06.09
ID:lHl3epIAo
八幡「材木座ぁー!」
材木座「!は、八幡!」
モヒカン「なんだてめぇは」
八幡「そのチョコ俺のだー!」
材木座「は、え!?」
八幡「こいつが欲しければ俺に追いついてこいよ」
モヒカン「ヒャッハー!待てやぁー!」
モヒカン「」
4:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/02/13(木)20:38:37.10
ID:lHl3epIAo
八幡(ああ、くそ!なんで高校がマッドマックスみたいになってんだよ)
八幡(とりあえず、材木座を逃がすことには成功したが…)
モヒカン「ヒャッハー!」
八幡(こいつらから逃げられる気がしねぇ…)
八幡(て
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/07/10(木)18:00:04.62
ID:sb+u5DL00
初美「はい?」
霞「だから、コウノトリさんを探しに行きましょう」
初美「…なぜ?」
霞「子供って、可愛いじゃない?」
初美「はあ、そうですね?」
霞「私も子供欲しくなってしまって」
初美「………………」
初美「それで何故コウノトリ?」
霞「あら?初美ちゃん知らないのかしら?コウノトリさんが赤ちゃんを運んできてくれるのよ?」
初美(……こいつッ、正気か?)
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1404982804

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/07/10(木)18:01:06.10
ID:sb+u5DL00
霞「初美ちゃんったら、子供ねー」
初美(あんたに言われたくはねーですよ!見た目はおいておいて!)
初美「わ、わーソウナンデスカーシラナカッタナー」
霞「まったく、無知な初美ちゃんの為に教えてあげるわ」
霞「好きな人同士がキスをすると女性のお腹が膨らむの。それを目印にコウノトリさんが赤ちゃんを運んできてくれるのよ」エッヘン
初美「ヘー、カスミチャンハモノシリデスヨー」
初美「…待ってください。それで何故コウノトリに会いに行くという結論に?」
霞「だって運んで来るのに9ヶ月近くかかるでしょ?待つのは嫌」
霞「それなら自分から会いに行って貰ってくればいいじゃない」
初美「お、おう…もうどこからツッコんでいいか…」
霞「さて、行くわよ」ズルズルズル
初美「なんで私までーーー!」ズルズルズル
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/07/10(木)18:02:17.91
ID:sb+u5DL00
霞「コウノっトリ?♪コウノっトリ?♪」テクテク
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。