SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:SSマンション
<<
2017年04月
>>
363件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
4
>>
1:
◆TDuorh6/aM
2016/02/13(土)16:50:44.45
ID:DltBwcCqO
・これはモバマスssです
・キャラ崩壊があるかもしれません
・書き溜めはありませんが明日までに終わらせます
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1455349844

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆TDuorh6/aM
2016/02/13(土)16:51:09.96
ID:DltBwcCqO
ちひろ「プロデューサーさん、お話があるんですけど…」
P「なんですか?神妙そうな表情で…」
ちひろ「お忘れという事は無いと思いますけど、今日はバレンタインなんですよ」
P「そりゃ知ってますよ。世界中の若い男が胸をときめかせる一大イベントなんですから」
ちひろ「それなんですが…」
P「?」
ちひろ「出来れば、アイドル達からチョコは受け取らないで欲しいんです」
3:
◆TDuorh6/aM
2016/02/13(土)16:51:48.80
ID:DltBwcCqO
P「構いませんよ」
ちひろ「無理にとは言いませんけど…え?」
P「いや、だから構いませんよって」
ちひろ「…随分とあっさりしてますね」
P「そりゃまぁ、そもそも俺に渡そうとする人があんまり居ないと思うからですよ」
ちひろ「…は?」
P「…?因みに、理由とかってあるんですよね?」
ちひろ「あ、ええと…最近プロデューサーさんとアイドルの距離が近過ぎる、と上から言われまして」
P「あー、スキャンダルになりそうな可能性のある事は控えろ、と」
ちひろ「はい、そういう訳で」
P「確かによく他の部門の同僚にも言われるし…分かりました、心得ておきます」
4:
◆TDuorh6/aM
2016/02/13(土)16:52:31.25
ID:DltBwcCqO
P「と、言うわけだ。すまないが凛、チョコは受け取れないかな」続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/11/18(水)20:55:14.01
ID:P23oQrZY0
叺雪「提督!」
の続きもの
※まともじゃない
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1447847713

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/11/18(水)20:55:41.19
ID:P23oQrZY0
叺雪「提督!おはようございます!」
提督「おはよう、吹雪」
叺雪「早速ですが提督、遠征から艦隊が帰投したようです」
提督「そうか、早速報告を聞かないとな」
提督(感じる、違和感・・・これは・・・・)
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/11/18(水)20:56:10.95
ID:P23oQrZY0
・・・
叺雪「提督!おはようございます!」
提督「おはよう、吹雪」
叺雪「提督、艦隊の出撃の準備が整いました!」
提督「・・・あれ?」
・・・
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/11/18(水)20:56:42.03
ID:P23oQrZY0
提督(これだ、間違いない、と言う事は・・・)
提督(これは夢だ)
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/11/18(水)20:57:26.37
ID:P23oQrZY0
吹雪「作戦完了です!お疲れ様です!」
提督「くそッ!本物も居るのかよ!」
吹雪「し、しれいかん!?」
6:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/11/18(水)20:58:03.63
ID:P23oQrZY0
叺雪「あの、提督、報告は・・・」
提督「あ、ああ、そうだったな、吹雪、頼
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語(上総・下総・安房國)@無断転載は禁止
2017/03/21(火)22:02:40.27
ID:dPdC14mz
怪しいお姉さん「ん?これ?」
善子「はい…それも売り物なんですか?」
怪しいお姉さん「そうだよ?どうかしたん?」
善子「……古着屋なのに…金槌?」
怪しいお姉さん「あぁ…これはね、どこか北の国のえっらい神様の大事な槌なんよ」
善子「北の国の神の槌……まっ…まさか!!ミョルニル!?」
怪しいお姉さん(てきとうなこと言ったけど世の中いろいろあるんやね。ミョルニル…言いにくっ)
善子「ください!これいくらですか!?」

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
名無しで叶える物語(上総・下総・安房國)@無断転載は禁止
2017/03/21(火)22:05:15.57
ID:dPdC14mz
怪しいお姉さん「ええっ!?買うん!?」
善子「はい!いくらですか!?」グイッ
怪しいお姉さん(うーん…店長おらんしなぁ…まあこんなとんかち…)
善子「えっと…あと1500円ならあります!」
怪しいお姉さん「じゃあ900円」
善子「じゃあ?」
怪しいお姉さん「いやいや…900円ね」
善子「じゃあベルトと腕時計も合わせて3900円ね」
3:
名無しで叶える物語(上総・下総・安房國)@無断転載は禁止
2017/03/21(火)22:11:54.83
ID:dPdC14mz
怪しいお姉さん「まいどあり?また来てね?」
善子「は?いありがとうございました?」
鞠莉「ハァイ♪お買い物は終わった?」
善子「クックック…」
鞠莉「?」
善子「この堕天使に…大いなる神の力が!!」
鞠莉「What!?いつのまにヨハネ!?」
善子「北欧の風…大いなる力…これでヨハネは…」
鞠莉(中古の金槌よね?)
5:
名無しで叶える物語(上総・下総・安房國)@無断転載は禁止
2017/03/21(火)22:18:22
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、無断転載禁止でVIPがお送りします
2017/03/26(日)15:42:19.937
ID:yWnnoEfi0
妹「助かる。もしこの問題を解決すれば見返りを素直に受け止めよう」
兄(なんだこの口調・・・)
妹「それと男子もあるが、女子の方も私の胸を揉んでくるのだ。正直困る」
兄「はっきり嫌と言えば・・・」
妹「それはもうした。だが私の断る動作が女子には可愛いものに見えるらしく無意味だ」
兄「妹友とかには相談した?」
妹「それが出来ないのだ。彼女は私の胸に比べて平坦だ。まな板だ!いやもう板だ!」
兄「そっか・・・」
妹「以前、妹友がある男子に胸の小さい事を馬鹿にされた次の日その男子は病院送りにされた」
兄「妹友って格闘技やってるもんな」
妹「それも世界二位。一位は妹友の姉だしな」
兄「うーん。どうすればいいのか・・・」

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、無断転載禁止でVIPがお送りします
2017/03/26(日)15:42:43.252
ID:yWnnoEfi0
兄「ちなみに胸のサイズはどれくらいなの?」
妹「そんな事すんなり言えると思ったのか?」
兄「あ、すまん・・・」
妹「この服を着込んでもこのでっかい存在感!答えはDだ!」
兄「言っちゃうんだ・・・」
妹「Dだ!」
兄「手でDの形を作らんでも・・・しかも逆だし・・・」
妹「Dだ!」
兄「DっていうかOっぽい形になっているぞ」
妹「おっぱいのOだ!」
兄「ちょっと落ち着け」
3:
以下、無断転載禁止でVIPがお送りします
2017/03/26(日)15:43:01.746
ID:yWnnoEfi0
妹「しかも私はまだ14歳の女子中学生!しかも美人!」
兄「自分で美人言うな」
妹「美人なのにこの巨乳!そして私の悩みを真剣に考えてくれる優しい兄!」
兄「まあ、どうも・・・」
妹「ところで兄よ」
兄「なんだ?」続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆AN26.8FkH6
2015/09/12(土)21:58:23.44
ID:uq6PMrb40
提督「ほんとに効果はあるんだよな?」
明石「間違いありません!!これさえあれば・・・」グッヘッヘ
提督&明石グッヘッヘッヘッヘ・・・
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1442062703

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
3:
◆AN26.8FkH6
2015/09/12(土)22:04:53.83
ID:uq6PMrb40
明石「回想ですよ」
______________________________
___________________
___________
提督「あぁ・・・仕事かったりぃ・・・なんかいい手はないかなと」
明石「いい手がありますよ!」ヒョコ
提督「いつからそこに」
明石「そんなことより!休みたいんでしょ!仕事!」
提督「まぁそうだが・・・」
明石「そんな提督のために!作りましたよ!こちらです!!」
提督「なんでそんなにテンション高いんだ・・・」
明石「仕様です!」
提督「さいですか」
4:
◆AN26.8FkH6
2015/09/12(土)22:14:26.71
ID:uq6PMrb40
提督「で、どんな効能が?」
明石「ここでDMMの規約をふり返ってみましょう」
提督「18歳未満お断りだったな」
明石「その通りです!そこに目をつけました!」
提督「いやな予感しかしないんだが」
明石「たぶんその予感は的中です!若返る薬ですよ!若返る薬!」
提督「それぜったいよく分からない事件に巻き込まれるだろ」
提督「んなもん却下だ!却下!」
明石「まあそんな事だろうと思いましたよ」
提督「じゃあ何で作ったし」
明石「考えても見て下さい?この薬で若返ったロリロリ鳳翔さん達を!!」
提督「!!」
提督「なんだそれ最高じゃねえか!
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆eF6RWyN1IM
2017/03/13(月)19:19:17.17
ID:qc5762+60
エクステラのネタバレになるかも
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1489400356

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆eF6RWyN1IM
2017/03/13(月)19:20:04.31
ID:qc5762+60
ぐだ男「え?」
マシュ「どうしたんですか?アルテラさん」
アルテラ「いや、以前のマスターに言われたことを思い出しただけだ」
マシュ「先輩!なんてこと言うんですか!」
ぐだ男「待って!そんなこと言ってない!」
マシュ「アルテラさんが傷ついているんですよ!言い逃れしても無駄です!」
アルテラ「私の胸の上を滑り降りてそんな酷いことを言われたんだ」
マシュ「先輩最低です!」
ぐだ男「本当に知らないってば!」
アルテラ「マシュ、藤丸ではない。以前のマスターに、だ」
マシュ「へ?……し、失礼しました!」ペコリ
ぐだ男「いや、別にいいけど……でも酷いマスターだな」
アルテラ「我が虜を悪く言うな」
ぐだ男「えっ。ご、ごめんなさい。ところでなんでアルテラは突然そんなことを?」
3:
◆eF6RWyN1IM
2017/03/13(月)19:20:55.00
ID:qc5762+60
アルテラ「……ここには私と違った体型のものが多いからな」ジー
マシュ「えっと……」ポヨーン
ぐだ男「ああ、マシュ筆頭におっきい人が多いもんね」
マシュ「やめてください……」
アルテラ「そうだ。何を食べたらこうなるんだ?何か詰めてるのか?」ムニムニ
マシュ「やめてくださいー!」
ぐだ男「そんなに気になるなら他の人にも聞いてみたらどう?教えてくれる人も多いと思うよ」
アルテラ「そうだな、そうしよう。では行ってくる」
マシュ「うう……酷い目に遭いました……」
4:
◆eF6RW
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/05/20(金)13:00:01.22
ID:SXO57ntO0
姫菜「もう?、ノッてくれてもいいじゃない?」
八幡「いきなりなに言い出すんだよ。それにどうしてここに来るんだ?」
姫菜「せっかくここでヒキタニくんを見つけたし一緒にお話しようかな?って」
八幡「そういや今日は三浦が来てなかったな」
姫菜「うん、優美子は風邪でお休み」
八幡「葉山達はどうしたんだよ」
姫菜「運動部の人達で集まってなんかやるみたい」
八幡「由比ヶ浜は?」
姫菜「雪ノ下さんのとこ」
八幡「あいつも薄情だな……海老名さんも連れて行きゃいいのに」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1463716801

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/05/20(金)13:01:12.65
ID:SXO57ntO0
姫菜「違うよ?、私が行くように言ったんだよ。でもその中に私が居たらお邪魔になるし」
八幡「まぁ、きっと『ゆきのーん♪今日、久しぶりに遊びに行こうよ!』『由比ヶ浜さん。あなた、仮にも受験生なのよ?そんな余裕があるのかしら?』みたいなやりとりしてると思うぞ」
姫菜「おおっ!ヒキタニくん。2人のモノマネ上手い!」
八幡「つ、ついやってしまったが2人には内緒にしてくれ……ボロクソ言われる」
姫菜「じゃあ内緒にしてあげるからいいよね?」
八幡「俺なんかと一緒にいてもつまらないぞ」
姫菜「今ので十分面白いよ?。という事で♪」
八幡(となりに座ってきた……この人は腐女子、この人は腐女子)
八幡(……よし、勘違いする事もないな)
姫菜「それで話は戻るけどさ、あのアニメで私に声が似てる子がいるよね?」
八幡「そうか?」
姫菜「
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆3pCIhha3Cw
2016/04/05(火)00:00:01.36
ID:ZViUw7WE0
※エロ注意
結衣「ヒッキー!やっはろー」
八幡「おう」
結衣母「ヒッキーく?ん。久しぶり?♪」ズイ
八幡「ど、どうも……」
結衣「ちょ、ママ!別に久しぶりじゃないじゃん!」
結衣母「え?。うちに来る事も多いのにママ、お茶を出す時以外は中々会えないもの?」
結衣「そりゃ、勉強しに来てるんだし」
結衣母「でも、たまに勉強以外の事もしてるのかしら?」クスクス
結衣「そそ、そんな事ないもん!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1459782001

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆3pCIhha3Cw
2016/04/05(火)00:01:01.91
ID:ZViUw7WE0
八幡(とは言うものの、勉強が終わって互いにその気になったりあいつから押し倒されたりでイチャついてるんだよな)
八幡(2人きりの時で後始末もしてるはずだが実はバレてるんだろうか……)
結衣母「ヒッキーくん。今日は来てくれてありがとう?」
八幡「いえ……つーか、俺でよかったんすか?」
結衣母「ええ、もう伝わってるのかしら?家族旅行でうちの人が行けない代わりという事なんだけれど」
結衣「それで一緒に行くとしたらヒッキーかゆきのんで迷ってさ」
結衣母「迷った割には即答だったわね?」
結衣「もう!そういう事言わないでってば!」
結衣母「という事で宜しくね。ヒッキーくん♪」
3:
◆3pCIhha3Cw
2016/04/05(火)00:02:01.80
ID:ZViUw7WE0
ーーーーー
ーーーー
結衣母「結衣?。あまり携帯ばかりいじってないでよ?」
結衣「んー、ごめん。いま返事を返してるとこだからー」ピッピッ
結衣母「ごめんなさ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆li7/Wegg1c
2015/06/01(月)18:30:59.80
ID:5mqb0aQu0
5月30日昼
ショートランド泊地鎮守府
ザァーーーーーー
祥鳳「梅雨か・・・」
祥鳳(この季節は私が進水した日でもあり・・・)
祥鳳(そして私が・・・)
祥鳳「・・・ハァ」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1433151049

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆li7/Wegg1c
2015/06/01(月)18:31:27.61
ID:5mqb0aQu0
漣「祥鳳さんどうしたんですか? ため息なんかついたらメシマズですよ!」
祥鳳「さ、漣ちゃん!?」
漣「悩み事なら、漣が聞きますよ」
祥鳳「うん、梅雨だなって・・・」
漣「梅雨、嫌いですか?」
祥鳳「嫌いっていうか、苦手かなって・・・。いろいろ、思い出しちゃうから・・・」
漣「・・・」
祥鳳「あっ、ごっ、ごめんね漣ちゃん・・・! あなたに愚痴っちゃって・・・!」
漣「気にしないでください。愚痴くらいこの漣が聞いてやるのです」キリッ
祥鳳「ふふっ、何それ・・・」
漣「一応私がこの鎮守府では先輩ですから」キリッ
祥鳳「ありがと、でも大丈夫だから」ナデナデ
漣「もー、子供扱いしないでください?!」
祥鳳「ってもうこんな時間! ごめん漣ちゃん、秘書官の仕事にもどるね!」タッタッ…
漣(祥鳳さん、やっぱり『あの記憶』が・・・)
漣「ここは漣の出番ですね!」
3:
◆li7/Wegg1c
2015/06/01(月)18:32:10.78
ID:5mqb0aQu0
5月30日夜
第七駆逐隊部屋
漣「来るべき6月1日は祥鳳さんの誕生日」
漣「私達第七駆逐隊で祥鳳さんをお祝いしてあげましょう!」
曙「・・・めんどくさ」
潮「あ、曙ちゃん・・・!」
曙「だいたい何でアンタがそこ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆li7/Wegg1c
2015/04/28(火)21:02:52.63
ID:oekffFfr0
最初に言っておく! なのです。
こちらは艦これ公式四コマと仮面ライダー響鬼のコラボSSです。前4作とはまったく世界観等は無関係で続編でも何でもないです。
あと、か?な?り?響鬼さんがおかしい!
です。
一人前のレディーにはか?な?り?早すぎるかもしれないのでご注意ください。
・・・ハラショー
前作
祥鳳「私が轟沈・・・?」 剣崎「ウゾダドンドコドーン!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1425207826/
弦太朗「俺は全ての艦娘と友達になる男、如月弦太朗だ!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1425986661/
比叡「カレーができました!」橘さん「これ食ってもいいかな?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1427537012/
睦月「私は最強だー!」 上城睦月「艦娘?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1428572159/
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1430222562

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆li7/Wegg1c
2015/04/28(火)21:03:49.17
ID:oekffFfr0
暗い、暗い海。銀髪の少女は突如その海のど真ん中に立っていた。
そこに灯る光は、ただ赤い炎だけ。
響は辺りを見回した。闇に覆われた海原に、三つの光が見えた。
三つの駆逐艦、いや艦娘が燃え上がり、今にも沈もうとしていた。
「次に生まれてくる時は…平和な世界だといいな…」
優しき少女が静かに来世を願い、倒れる。
「こんなところ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/22(水)12:18:04.63
ID:sWEcKqud0
マクギリス『ギャラルホルンを名乗る身なら、このモビルスーツがどういう意味を持つか理解できるだろう。
ギャラルホルンにおいて、バエルを持つ者こそが絶対唯一の力を持ち、頂点に立つのだ』
ユージン「なぁ、これで、俺らの勝ちってことでいいんだよな?」
青年将校「ああ!ファリド准将がバエルを手に入れた!
バエルはギャラルホルン創始者であるアグニカ・カイエルの魂が宿ったモビルスーツ!
バエルを手にした人間がギャラルホルンのトップに立つ!我々の勝利だ!」
※公式では、ライザ・エンザという名前があるため、以下ライザで統一。
ユージン「そう上手くいくものなのか?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1487733484

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/22(水)12:23:53.56
ID:sWEcKqud0
ガエリオ『私の名は、ガエリオ・ボードウィン!ガルス・ボードウィンの息子だ!』
ガエリオ『ガエリオ・ボードウィンは宣言する!逆賊、マクギリス・ファリドを討つと!』
オルガ「なぁ……。本当に大丈夫なのか?」
ライザ「ギャラルホルンにはギャラルホルンのルールというものがある。いくらボードウィン家の者とはいえ、個人が敵対したところで……」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/22(水)12:25:26.33
ID:sWEcKqud0
ラスタル『私は月外縁起動統合艦隊アリアンロッド指令、ラスタル・エリオンである。
マクギリス・ファリドはクーデターによってギャラルホルン全権を掌握するためにボードウィン家次期当主のガエリオ・ボードウィンを謀殺しようとし、
イシュー家次期当主のカルタ・イシューを謀殺。
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆FztdsN7g6M
2015/10/27(火)01:17:51.09
ID:+5jsRoAv0
女提督「炬燵で和むビスマルク。」
ビスマルク「なによ?貴方が呼んだんじゃないの。」
※注意事項
・百合
・うちの子設定
・短め
・初投稿、書き溜めたのを落としていきます。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1445876270

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆FztdsN7g6M
2015/10/27(火)01:18:42.07
ID:+5jsRoAv0
女提督「絵になるなって思ってね。」
ビスマルク「はいはい。」
女提督「あれ、もっと褒めてもいいのよ、とか言わないの?」
ビスマルク「あんまり褒められている気がしなかったわ。
大体、いくら寒くなってきたからって炬燵出すの早すぎよ。」
女提督「誘ったらほいほいついてきた子に文句を言われても説得力ないよ。
さっきまでも幸せそうな顔してたじゃない。」
ビスマルク「そ、それは…、貴方が…!」(赤面)
3:
◆FztdsN7g6M
2015/10/27(火)01:19:19.27
ID:+5jsRoAv0
女提督「ふふ、可愛い。
もっと素直になってもいいのよ?」
ビスマルク「うるさいわね!
人の台詞取らないでもらえる!?」
女提督「あははっ、ごめんって。
お詫びに蜜柑どうぞ。」
ビスマルク「…Danke」
女提督「……。」
ビスマルク「………。」(蜜柑?き中)
女提督「……。」
ビスマルク「今度はなによ?人のことじっとみて。私だって蜜柑くらい剥けるわよ。」
4:
◆FztdsN7g6M
2015/10/27(火)01:20:06.86
ID:+5jsRoAv0
女提督「そうじゃなくてさ。
指輪ちゃんとつけてくれてるなーって見てた。」
ビスマルク「………当たり前じゃない。
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/11/30(月)23:11:15.51
ID:SgRkdH3Bo
課長「競合他社の情報を集めねばな……」
男「あれ? 課長自ら、商談を進めてらっしゃるんですか?」
課長「うん、社長から直々に命令を受けてね」
男「社長から……ですか」
課長「この商談は私では役不足だがね」
男「!」
男(どっちの意味なんだ!?)
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1448892675

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/11/30(月)23:14:16.35
ID:SgRkdH3Bo
男(本来役不足という言葉は“実力に対して役目が軽い”という意味だが)
男(“役目に対して実力が不足してる”と誤用されることもしばしばある)
男(“私では”なんて言い回しだし、やはり誤用の方の意味か!?)
男(つまり、課長のセリフは『私の力では難しい商談だ』という意味になる)
男(その場合、俺としては『そんなことありませんよ』と返さねばなるまい)
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/11/30(月)23:18:02.93
ID:SgRkdH3Bo
男(しかし、課長はかなり優秀な人だ。こんな言葉を誤用するだろうか?)
男(それに、社長は下の人間につまらない仕事を回すことがちょくちょくあるという)
男(正しい意味を使用している可能性も十分にある……!)
男(その場合、セリフの意味は『私にとってはつまらん仕事だ』となる)
男(もし、そこに『そんなことありませんよ』といったらどうなる?)
男(課長の実力を疑うようなことになってしまうじゃないか!)
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/11/30(月)23:21:22.85
ID
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/11/18(水)11:46:32.38
ID:P23oQrZY0
※まともじゃない
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1447814792

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/11/18(水)11:46:48.01
ID:P23oQrZY0
叺雪「提督!おはようございます!」
提督「おはよう、吹雪」
叺雪「提督、艦隊の出撃の準備が整いました!」
提督「・・・あれ?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/11/18(水)11:47:27.30
ID:P23oQrZY0
提督「吹雪?前から・・・そうだったっけ?」
叺雪「提督?どうかしましたか?」
提督「・・・いや、何でもない、気を付けて行ってくれ」
叺雪「それでは第十一駆逐隊、叺雪!抜錨します!」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/11/18(水)11:48:17.28
ID:P23oQrZY0
提督「・・・おかしい・・・何かが違う・・・」
提督「そうだ、呼び方だ、吹雪が俺を提督って呼んでいた、吹雪のイントネーションも違う気がする」
提督「そもそも俺は将官だから提督と呼ばれるのが正しい、のか?いや昨日まで吹雪は俺を司令官って呼んでいただろ」
―――しれいかん―――
提督の名前が更新されました!
司令官「そう、こんな感じ、なのに今日の吹雪は前から俺を提督って呼んでいるようだ、やっぱり違う」
司令官「あっ、俺の名前まで変わってる!ややこしいから勝手に変えんなコラ!」
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/11/18(水)11:49:19.87
ID:P23oQrZY0
・・・続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆D2z11Sy6TWIg
2014/07/21(月)11:07:05.51
ID:kb3eb8Tco
        神奈川県 横須賀市
五郎(横須賀、海軍の町)
五郎(そして、カレーの町)
五郎(この店も、あそこの店もカレー、カレー、カレーか)
五郎(海軍カレー……うん、決まりだな)
五郎(今日の夕飯、決定)
五郎(さ、そうと決まればさっさと仕事を片付けるとしますか)
五郎「横須賀鎮守府……ここだな」
五郎(良い雰囲気の建物じゃないか)
五郎(しかし、軍には縁がないと思っていたんだがなぁ)
五郎(ま、そのおかげでカレーにありつけるんだ)
五郎(おっと、いかんいかん。まずは仕事だ。集中集中……)
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1405908415

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆D2z11Sy6TWIg
2014/07/21(月)11:07:58.71
ID:kb3eb8Tco
時間や社会にとらわれず、幸福に空腹を満たすとき
つかの間 彼は自分勝手になり、自由になる――
誰にも邪魔されず気を使わずものを食べるという孤高の行為。
この行為こそが現代人に平等に与えられた
最高の癒しといえるのである。
3:
◆D2z11Sy6TWIg
2014/07/21(月)11:08:31.28
ID:kb3eb8Tco
     孤独のグルメin艦隊コレクション
     横須賀鎮守府の特製カレーライス
4:
◆D2z11Sy6TWIg
2014/07/21(月)11:09:44.57
ID:kb3eb8Tco
執務室
提督「わざわざお呼び立てしてしまって申し訳ありません」
五郎「さっそくですが、こちら――」
提督「あぁ、すみません。実は今日用事があるのは私ではないんですよ」
五郎「はぁ」
提督「すぐに来るかと思いますので――おっと内線か。
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆/Pbzx9FKd2
2017/03/26(日)00:13:04.56
ID:itT9E+0p0
金剛「え?」
提督「いやほら那珂ちゃんってさ、いつも笑顔じゃん」
金剛「まあそうですね。自称アイドルデスシ」
提督「だからね、あの笑顔を泣き顔に変えたいんだよ。わかるだろ金剛くん」
金剛「金剛くんって呼ぶのやめるデス」
提督「ん?どうしてだ私は那珂ちゃん以外の娘にはいつもくん付けなんだけど」
金剛「なんか金剛くんは筋肉だるまを連想させるから嫌デス」
提督「わかったよ…それじゃあ金ちゃん!」
金剛「それもなんか嫌デス!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1490454784

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆/Pbzx9FKd2
2017/03/26(日)00:34:29.47
ID:itT9E+0p0
作戦1〔くすぐる〕
提督(くすぐりにくすぐって笑い泣かしてやる!)
提督「那珂ちゃんおはよう」
那珂「提督、おはようございまーす!」キャピ
提督「うむ、那珂ちゃんは今日も可愛いな」ナデナデ
那珂「えへへ////」
金剛「イライラ」物陰
提督(その笑顔を泣き顔に変えてやるぜ!)
提督(オラッ!地獄に落ちやがれ!)コショコショ
那珂「あ///ちょ…提督…くすぐった…////」
那珂「あ、あははははははは」
提督「オラオラ!コショコショコショ」
那珂「もー、それならこっちだって!コショコショ」
提督「ちょ…や、やめろ…ははははははは」
那珂「コショコショコショ」
提督「コショコショコショ」
金剛(あれ、普通にイチャイチャしてるだけじゃね?)
3:
◆/Pbzx9FKd2
2017/03/26(日)00:41:49.05
ID:itT9E+0p0
提督「うーむ、笑ったが泣きはしなかったな」
金剛「それなら次は力技で泣かしてみるのはどうでしょう
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆jf7rnHhSH2
2015/12/24(木)22:36:13.15
ID:IVHDzyAHo
金剛「テートクにプレゼントを貰うのは、ワタシデース!!」
ビスマルク「何言ってるの? 私に決まってるじゃない!」
互いを肩で押し合いながら執務室に近づいていく二人の高速戦艦娘。
艤装こそ解除しているものの、その威圧感は他の艦娘を圧倒し、気弱なものに至っては失神するほど。
五十鈴「ちょっと、誰かあの人たち止められない!?」
名取「私たちではちょっと無理、かな……」
由良「戦艦や空母の人たちなら……」
鬼怒「正規空母と戦艦の人はほぼ全員飲み食いに勤しんでるから引き剥がすのは無理だと思うよ」
五十鈴「あぁ、もう! 提督が判断ミスしたら大惨事よ!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1450964172

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆jf7rnHhSH2
2015/12/24(木)22:37:05.74
ID:IVHDzyAHo
執務室前
金剛「さぁ、ここが正念場デース」
ビスマルク「ここまで来たら恨みっこなしよ」
そうは言いつつもどちらも末代まで恨みかねない悪鬼羅刹の表情を浮かべている。
金剛「ひとまず開ける前に深呼吸ネー。テートクを怯えさせては仕方ないデース」
ビスマルク「そうね。スーッ、ハーッ」
いつもの表情に戻った二人は執務室の両扉のノブに手を掛ける。
金剛「オーケイ? ワン、ツー、スリーで」
ビスマルク「開けるのね? いいわよ」
金剛「せーの、ワン、ツー、スリー!!」
蝶番の可動限界まで開く扉。
金剛「ヘーイ、テートク! メリークリスマスだよ! さ、私へのプレゼントを早く出すのデス!」
ビスマルク「メリークリスマス! さ、プレゼント渡していいのよ!」
だが、執務机に提督の姿はなく、代わりに座っているのは白いセーラー服に黒髪の巡洋艦娘。
北上「んぁ、提督? 用事があるからって出かけて
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/03/25(土)09:22:32.36
ID:VYttlBGj0
注・人狼ゲームネタですが人狼ゲームをプレイする話ではありません
―翔鶴が解体されました―
提督「え?今の放送なんだ?翔鶴が解体?そんな命令出してないぞ?」
提督「確認……を……あ、明石か?そっちで解体とかやってないよな?」
提督「ああ、良かった……え?新薬の実験?みんなからの要望で作られた?いや、認可とかそんな話聞いてないぞ?」
提督「……おい?なんか聞き取りづらいんだが……何?なんだって?生えてくる?おい、ちょっ!」
提督「…………切れた。なんだ?何が生えて……。ま、まさか!」
提督「さっきの解体……もしかして……懐胎!?そして……ナニが生えてくる明石の新薬……」
提督「繋がったぞ!!って事は山城が懐胎したってことか!?」
提督「なんてこった!よし、どうも会議室に大勢集まっているようだし、聞きに行くか……」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1490401352

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/03/25(土)09:23:00.19
ID:VYttlBGj0
提督「ああ、結構集まってるな。おう、時雨。今の放送なんだ?懐胎って……」
時雨「言葉通りの意味さ。解体は解体だよ。狼に襲われたのさ」
提督「狼に(性的な意味で)襲われた!?おいおい、ちょっと物騒すぎるだろ」
時雨「ああそうか、一応許可は取ってたはずなんだけどね。これは遊びなんだよ」
提督「遊びで襲ったのか!?遊びだなんて……失礼だと思わないのか!?」
時雨「そんな、たかだか遊びじゃないか。みんなしていることだよ」
提督「みんな……みんな遊びでしている、だと?おい、時雨、お前は襲っていないだろうな?」
時雨「僕は違うよ。襲ったのは狼さ」
提督「え?じゃあ狼を探さない
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?でVIPがお送りします
2017/03/24(金)18:09:31.610
ID:Y6DPwmNZ0
タモリ「髪切った?」
おまえら「
>>3」

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
3:
以下、?でVIPがお送りします
2017/03/24(金)18:10:30.393ID:jnDweSvsp
ウンチ
6:
以下、?でVIPがお送りします
2017/03/24(金)18:11:20.524
ID:Y6DPwmNZ0
おまえら「ウンチ」
タモリ「…最近仕事の方はどうなの?」
おまえら「
>>8」
8:
以下、?でVIPがお送りします
2017/03/24(金)18:11:42.624ID:jnDweSvsp
ウンチ
12:
以下、?でVIPがお送りします
2017/03/24(金)18:13:29.472
ID:Y6DPwmNZ0
おまえら「ウンチ」
タモリ「ふざけてんの?ハハハ」
観客「…wwwwww」
タモリ「なんか趣味あるの?」
おまえら「
>>15」
15:
以下、?でVIPがお送りします
2017/03/24(金)18:14:08.952ID:KmWTMED+p
ウンチ
17:
以下、?でVIPがお送りします
2017/03/24(金)18:16:33.988
ID:Y6DPwmNZ0
おまえら「ウンチ」
タモリ「ハハハ、俺もウンチ毎日するぐらい好き」
観客「wwwwwwwwwwww」
タモリ「何わらってんだ、あんたらもするでしょ」
観客「wwwwwwwwwwww」
タモリ「最近楽しかったこととかある?」
おまえら「
>>20」
20:
以下、?でVIPがお送りします
2017/03/24(金)18:17:39.531ID:N80HD2bed
ヒルナン
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆p03Oqrq3Q6
2015/05/20(水)16:15:59.79
ID:CjthjkOSO
提督「お前はまだ阿武隈を弄り足りないのか?」
北上「こっちは追突されたんだよ?、ちょっとくらいイタズラさせてよ」
提督「性的なイタズラだろ?」
北上「自慢の前髪を白濁したモノで汚されて絶望する阿武隈…見てみたいでしょ」
提督「…まぁな」
北上「欲望に忠実な提督が好きだよ。それに……」
北上「大井っちがそろそろ限界だから、休ませてあげないと…」
大井「あっ…あふっ、はっ、あっ…っ、て、てへとく…も、むりぃ…っ…しんじゃう…」
北上は、提督に背面座位で攻められる大井を案じながら次なる標的(オモチャ)の提案をしていたのだった。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1432106158

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆p03Oqrq3Q6
2015/05/20(水)16:17:16.17
ID:CjthjkOSO
大井は提督との交合により既に十数回以上気をやらされていた。が、何度出しても提督の肉棒は回復し大井をいじめまくる。
大井は猛りのおさまりきらない肉棒を突きこまれ、息も絶え絶えになりながら愛液を滴らせて健気にもてなしていた。
提督「ごめんな、大井…これで、終わるから…くぅっ!」
大井「ひぁぁぁぁあああっ、またっ、また入ってきてるぅ!おなかのなかていとくのでいっぱいにされてるぅぅぅぅ………っ」
提督は大井を背後から力強く抱きしめ、とどめの突き込みののち、大井の体奥へ深々と発射した。
提督の腕の中で大井がぴん、と背筋を反らして、何度目かわからない絶頂を迎える。
3:
◆p03Oqrq3Q6
2015/05/20(水)16:18:58.32
ID:CjthjkOSO
大井「……ぁは、はは…はぁ…はぁ………」
大井は妖艶な笑みを浮かべたまま、よどんだ快楽の中に堕ちていき気を失ってしまった。
北上「よかったねぇ
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、無断転載禁止でVIPがお送りします
2017/03/25(土)13:11:48.128
ID:FrnjxjmB0
ハルヒ「なぁ?なに言ってんのよあんた。あんたなんかに私の相手が務まるわけないでしょ」
キョン「たしかに経験豊富とは言えんが..おまえを悦ばせるぐらいならできるぞ」
ハルヒ「寝言は寝て言いなさい」
キョン「じゃあ長門はどうだ?俺が悦びを教えてやろうか」
長門「…お断りする」
ハルヒ「ちょっと、あんた誰でもいいわけ?」
キョン「冗談だ。天下のSOS団の団長様が、冗談のひとつも通じないとは」
ハルヒ「あんたねぇ..わかったわよ。じゃあ相手してもらおうじゃないの」
キョン「ああん?」

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
8:
以下、無断転載禁止でVIPがお送りします
2017/03/25(土)13:21:41.727
ID:FrnjxjmB0
ハルヒ「あんたのテクで私を悦ばせてみなさい」
キョン「冗談にしてはつまらんぞ」
ハルヒ「冗談なんかじゃないわよ。私はいつだって本気だから!」
キョン「それなら、俺も本気でいいんだな」
ハルヒ「当然よ。全力で私を悦ばせなさい!」
長門「…」
9:
以下、無断転載禁止でVIPがお送りします
2017/03/25(土)13:24:00.213
ID:FrnjxjmB0
古泉「これはこれは、また面白いことになりましたね」
キョン「というか、いたのかよお前」
古泉「ええ、もちろんです」
みくる「あの、お茶ですぅ」
キョン「朝比奈さんもいらっしゃったんですね」
みくる「は、はいぃ、ごめんなさい..」
14:
以下、無断転載禁止でVIPがお送りします
2017/03/25(土)13:30:21.796
ID:FrnjxjmB0
ハルヒ「ちょっとキョン、話を逸らすんじゃないの!」
キョン「別にそういうわけじゃない。で、具体的にどうして欲しい
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆0rjCWOlcd8we
2017/03/24(金)20:45:04.12
ID:1j/zKKdl0
提督と愉快な仲間たちが執務室に届いた爆弾を解除するお話
問題もあるよ!(目安30分)
201X年3月XX日 午後3時15分
とある鎮守府
提督「よし、書類もあと少しか 最近は深海棲艦もあまり活動しないからデスクワークばっかりだな」
電「平和なのが一番なのです、書類が終わったら一緒に間宮さんのところに行きませんか? 新作が出たみたいなのです!」
提督「おっそれはいいこと聞いた、さっさと片付けようか」
コンコン
提督「どうぞ」
ガチャ
比叡「司令、お呼びになりましたか?」
摩耶「よっす! 来てやったぜ!」
58「てーとく、58に何か用でち?」
瑞鶴「提督さん、何か用?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1490355902

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆0rjCWOlcd8we
2017/03/24(金)20:45:42.52
ID:1j/zKKdl0
提督「? どうしたんだお前たち?」
摩耶「ああん? 呼んだの提督だろ?」
58「さっき卯月ちゃんに提督が呼んでるって言われたでち」
提督「卯月に? あいつまたいたずらか! いい加減に営倉に放り込んだほうがいいかな・・・」
瑞鶴「いたずらぁ!? 慌ててきて損した・・・」
提督「あいつにはきつーく言っておく、しかしなんでこんないたずら・・・」
3:
◆0rjCWOlcd8we
2017/03/24(金)20:46:57.44
ID:1j/zKKdl0
コンコン
提督「今度は誰だ? どうぞ」
ガチャ
大淀「提督、お荷物が届いているようです」
提督「ああ、ありがとう」
大淀「では失礼します」 ガチャ
提督「何か素っ気ないなあいつ・・・ なんだこれ? 差出人が書いてないぞ?」
摩耶「開けて
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆5wgEDG6NW86j
2017/03/25(土)13:23:13.34
ID:Nc4odoa50
夏奈「藤岡!お盆芸だ!」
藤岡「えっ?何だい南」
.
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1490415793

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆5wgEDG6NW86j
2017/03/25(土)13:24:17.83
ID:Nc4odoa50
夏奈「いいか?この学校で頭を張るのであれば、それなりに芸ができねばならん」
藤岡「芸・・・?」
夏奈「魅力的な男は、何か一芸に秀でているものだ」
藤岡「(魅力的・・・!)」
.
3:
◆5wgEDG6NW86j
2017/03/25(土)13:24:44.26
ID:Nc4odoa50
夏奈「前に見たところ、お前の身体は仕上がっている。あとは芸を、身につけるだけだ!」
藤岡「分かったよ、南!それで、何の芸を身につければいいんだい?」
夏奈「お盆芸だ!」
.
4:
◆5wgEDG6NW86j
2017/03/25(土)13:25:15.00
ID:Nc4odoa50
藤岡「おぼ・・・えっ?」
夏奈「なんだアキラ100%も知らないのか?」
藤岡「いや、知ってるけどさ!」
夏奈「あの芸を身につければ、お前も魅力的な男になれるぞ!」
藤岡「無理無理無理!無理だって!」
.
5:
◆5wgEDG6NW86j
2017/03/25(土)13:26:19.84
ID:Nc4odoa50
夏奈「なんだよ・・・だったらブルゾンちえみの横にいるwithBにでもなるか?でもあれってブルゾンちえみがメインだからなー。やっぱりお盆芸だよ」
藤岡「いや、だってさ!見えるよ!」
夏奈「見えない様に練習するんだよ!」
藤岡「うっ・・・」
夏奈「さぁて、藤岡はどのくらいの練習でお盆芸を身につけてこれるのかな??
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆6lvgy.r5rI
2017/03/25(土)01:07:31.43
ID:r8kZd85c0
※聖闘士星矢ネタです。聖闘士は出てきませんが、某兄さんっぽいフレンズが出てきます。
オリキャラが苦手な人は注意してください。
思いつきで書いたので内容はかなり短いです。
フェニックスの見た目のイメージはトキさんに近い感じだと思います。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1490371651

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆6lvgy.r5rI
2017/03/25(土)01:07:58.32
ID:r8kZd85c0
アライさん「大変なのだーーー!!」
フェネック「今日はどうしたの?アライさーん。」
アライさん「ハァハァ、アライさんは、だいはっけんをしたのだ!かざんちほーで、まぼろしのフレンズを発見したのだ!!」
フェネック「かざんちほーってー、あのサンドスターが湧き出てる山のこと?」
アライさん「違うのだ!別のかざんなのだ!そこで!前に図書館で見た、幻のフェニックスのフレンズが飛び立つのをはっけんしたのだ!」
フェネック「フェニックスー?なんか私と名前が似てるねー。」
アライさん「おお!たしかにそうなのだ!だいはっけんなのだ!」
3:
◆6lvgy.r5rI
2017/03/25(土)01:08:47.40
ID:r8kZd85c0
アライさん「って、そんなことはどうでもいいのだー!なんでも、フェニックスに出会うと、幸運がおとずれるらしいのだ!」
フェネック「ほんとー?でも私は今のままでも十分幸運だと思うけどなー。」
アライさん「アライさんはもっと幸運になりたいのだー!早速探しに行くのだー!」
フェネック「あっ、待ってよー、アライさーん。」
”かざんちほー”通称、ですくぃーんとー
アライさん「ハァ…ハァ…あついのだ…こんなにあついなんて、きいてないのだー!!」
フェネック「大丈夫ー?アライさん?
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/09(金)18:53:12.10
ID:KJ9bHUlF0
阿武隈「提督、こんばんわ!」
提督「おう、どうした?」
阿武隈「私の名前、そろそろ漢字で書けるようになった?」
提督「いや、流石にもう覚えたわ」
阿武隈「書いてみて?」
提督「そんなもんお前ちょちょいのちょいだろ・・・できた」カキカキ
『阿武潮』
阿武隈「ん”ん”っ!ちがいま・・・」
阿武隈「ねえ提督、もしかしてだけど・・・漢字以前に私の名前うろ覚えなの・・・?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1481277191

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/09(金)18:54:21.66
ID:KJ9bHUlF0
提督「え?阿武潮じゃなかったっけ?」
阿武隈「違います!朝潮型じゃないです!!!」
提督「違ったか?」
阿武隈「阿武まで合ってるから頑張って!」
提督「あ、わかった。思い出したぞ」カキカキ
『阿武ドゥル』
阿武隈「あたしアラブ人じゃないんですケド!!!」
提督「え?エジプト艦じゃなかったっけ?」
阿武隈「エジプト艦って何?!マイナーすぎるんですケド!」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/09(金)18:55:51.44
ID:KJ9bHUlF0
提督「わかった!今度こそ思い出したぞ」
『阿武塩』
阿武隈「何でさっきのに戻ったの?!」
提督「よく見ろ。『潮』じゃなくて『塩』だ」
阿武隈「どっちにしろ違います!!!」
提督「じゃあ、こうか」
『うま塩』
阿武隈「私そんなお酒に合う感じじゃないんですけど!!!」
提督「俺は焼き鳥はタレ派だよ!!!」
阿武隈「知らないよ!!!」
4:

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/03/25(土)09:22:32.36
ID:VYttlBGj0
注・人狼ゲームネタですが人狼ゲームをプレイする話ではありません
―翔鶴が解体されました―
提督「え?今の放送なんだ?翔鶴が解体?そんな命令出してないぞ?」
提督「確認……を……あ、明石か?そっちで解体とかやってないよな?」
提督「ああ、良かった……え?新薬の実験?みんなからの要望で作られた?いや、認可とかそんな話聞いてないぞ?」
提督「……おい?なんか聞き取りづらいんだが……何?なんだって?生えてくる?おい、ちょっ!」
提督「…………切れた。なんだ?何が生えて……。ま、まさか!」
提督「さっきの解体……もしかして……懐胎!?そして……ナニが生えてくる明石の新薬……」
提督「繋がったぞ!!って事は山城が懐胎したってことか!?」
提督「なんてこった!よし、どうも会議室に大勢集まっているようだし、聞きに行くか……」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1490401352

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/03/25(土)09:23:00.19
ID:VYttlBGj0
提督「ああ、結構集まってるな。おう、時雨。今の放送なんだ?懐胎って……」
時雨「言葉通りの意味さ。解体は解体だよ。狼に襲われたのさ」
提督「狼に(性的な意味で)襲われた!?おいおい、ちょっと物騒すぎるだろ」
時雨「ああそうか、一応許可は取ってたはずなんだけどね。これは遊びなんだよ」
提督「遊びで襲ったのか!?遊びだなんて……失礼だと思わないのか!?」
時雨「そんな、たかだか遊びじゃないか。みんなしていることだよ」
提督「みんな……みんな遊びでしている、だと?おい、時雨、お前は襲っていないだろうな?」
時雨「僕は違うよ。襲ったのは狼さ」
提督「え?じゃあ狼を探さない
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆ko96u4Xt2g
2013/10/09(水)18:00:03.54
ID:dhg/1PdP0
朝/キッチンスタジオA
ガチャ
響「ついたぁ?…」ドサッガサガサ
P「ちょ…響、どいてくれ…置けない」
響「あぁ!ごめんっ」サッ
P「っしょっと…フゥ…」ドンッ
響「…おじぃみたい…」ボソ
P「ん?何か言ったか?」
響「ううん…何でも無いぞ?」
P「…何か言っただろ」
響「さぁ!始めなくっちゃな!」ガサガサ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1381309203

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆ko96u4Xt2g
2013/10/09(水)18:03:06.48
ID:dhg/1PdP0
P「誤魔化しやがって…」ブツブツ
響「ほら!プロデューサーは野菜洗ってね!」
P「しかも、扱き使いやがる…」ブツブツ
響「ブツブツうるさいぞー」ジトー
P「ブツブツブツブツブツブツ…」
響「口でブツブツ言うな!もう!早く手伝って!!」
響「今日は逆サプライズでみんなをビックリさせるんだからな!!」
P「はいはい…」
3:
◆ko96u4Xt2g
2013/10/09(水)18:06:01.29
ID:dhg/1PdP0
このSSは
小鳥「優しい止まり木」
等の続きになります。
未読の方はこちらをお読みください。
よろしくお願いします。
4:
◆ko96u4Xt2g
2013/10/09(水)18:09:00.69
ID:dhg/1PdP0
響「最初に言い出したの、プロデューサーだろ?」
P「まぁ確かに?俺から持ちかけたけどさ」
響「だったら、手を動かす!」
P「わかったって、でも…本当によかったのか?」ビリ…ゴロン
響「何が?」
P「逆サプライズなんて、普通は…」続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/30(水)20:56:06.05
ID:5qGOe7o90
愛海「と、巴ちゃん…!いや、巴さんっ!!今、今なんと!?」ガタッ
巴「おお、おったんか愛海。ちょうどええところじゃ」
愛海「今もしかしてっ!サラシとおっしゃいましたか!?」
巴「そうじゃ。サラシが外れてしまったけぇ」
愛海「ふぉおおおおおおおお!!!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1459338965

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/30(水)21:00:13.47
ID:5qGOe7o90
愛海「じじじ、実在してたんだね!?」
愛海「サラシを巻いている女の子!!!」
巴「なんじゃ。愛海はサラシ見るの初めてかいのう?」
愛海「はいっ!まさか実在していたなんて!」
巴「そうか、初めて見るんか…」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/30(水)21:02:45.28
ID:5qGOe7o90
愛海「しかもっ!巴ちゃん、そのサラシが…サラシがどうなったって言ったっけ!?」
巴「外れたんじゃ」
愛海「ふおおおおおおおおおお!!!」グッ
巴「そんで、愛海に外れたサラシを巻いてもらおうかと思ったんじゃが…」
愛海「へっ!?」びくんっ
巴「サラシを見るのが初めてなら、無理かいのう…」
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/30(水)21:06:34.08
ID:5qGOe7o90
愛海「で、できるよっ!!」
愛海「できます!!!」
愛海「いや、できないにしてもっ!!!」
愛海「お手伝いさせてくださいっっ!!!!」わきわき
巴「『ください』はむしろうちが言うべきセリフなんじゃが…」続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/11/25(月)23:40:43.27
ID:pFl8dqJgo
P「誕生日おめでとう瑞樹さん」
瑞樹「ありがとうプロデューサーくん。でも何だか微妙な気分よね……」
P「そうですね、また一つババアになったって事ですからね」
瑞樹「……え?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1385390443

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/11/25(月)23:46:37.32
ID:pFl8dqJgo
P「いくら普段から美容だ健康だのに気を使っても結局時間の流れなんてものは止められないですからね」
瑞樹「…………」
P「年を取る度に、いや、こうして話してる間にもどんどんババ……ああ失礼、劣化が進んでいるわけですよ」
幸子「おはようございます!今日もボクの可愛さはとどまる事を知りませんね!」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/11/25(月)23:48:12.16
ID:pFl8dqJgo
P「誕生日おめでとう輿水!いやぁ?今日でお前も15歳か……ほら、プレゼントだ」
幸子「綺麗な花ですね。まあボクの可愛さの前にはその美しさも埋れますけどね!プロデューサーさんにしてはいいセンスです。褒めてあげますよ」
瑞樹「あの……プロデューサーくん?」
P「何ですかバ……瑞樹さん」
瑞樹「私にはその……無いのかしら?プレゼント……」
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/11/25(月)23:49:36.52
ID:pFl8dqJgo
P「ああ、そうでしたね。はいどうぞ」
[バンテリンサポーター]
瑞樹「あ、ありがとう…………レッスン行ってくるわね」
P「何言ってるんですか瑞樹さん。今日は俺と一緒に営業ですよ」
瑞樹「そ、そう
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆U.8lOt6xMsuG
2017/03/19(日)22:10:56.54
ID:QtNj6/l70
初投稿です。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1489929056

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆U.8lOt6xMsuG
2017/03/19(日)22:11:39.88
ID:QtNj6/l70
皆さんは、『懺悔室』というものをご存じでしょうか?
それは木製の電話ボックスのような部屋のことで、カーテンの閉まる部屋に神父が入り、
もう一つの小部屋に(神を信じる者なら誰でもいいのですが)信者が入ります。
部屋と部屋の間の壁には『小窓』があり、『話す声』は聞こえるようにはなっているのですが、神父と信者の顔はお互い薄暗くなっていて見ることは出来ません。
そして信者は小窓に向かって自分の犯した『あやまち』を、プライバシーを守られて神父に告白します。
人は自分が考えるほど心の中にある「秘密」というものを何年も何年も隠し続けることは出来ません。
「秘密」が重大であればあるほど心はとても苦しみ悲鳴をあげるものです。
「懺悔室」はその魂の浄化のための場所であり、昔の人の「叡知」なのです。
3:
◆U.8lOt6xMsuG
2017/03/19(日)22:15:14.94
ID:QtNj6/l70
「アイドルたちの心の平穏のために」…そのような理由から『懺悔室』がCGプロの事務所にも設置され、私が神父の役となり、皆さんの懺悔を聴くことになりました。
私は神父ではないのですが、皆さんの役に立てるのならば、と喜んでこの役を引き受け、
今日も私は部屋に入り、様々な懺悔を聴きます。
ヘレン『私が世界レベルに到達するまでの「サーガ」を語りましょう…』
クラリス「ここは懺悔の場ですので…」
4:
◆U.8lOt6xMsuG
2017/03/19(日)22:19:33.48
ID:QtNj6/l70
クラリス「ど
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
4
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。