SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:SSマンション
<<
2018年05月
>>
293件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
4
>>
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/22(木)16:01:26.71
ID:u8clS3S00
曜「えっ……」
善子「ま、マジ……?」
鞠莉「ええ、ただし条件があるわ」
曜「何……?」
鞠莉「『おっぱい触らせてください』って大きな声で言えた方に触らせてあげる…どう?」
曜「おっぱい触らせ……むぐっ!」
善子「ストップストップ!!!待て待て!!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1519282886

imobile_pid="59141";
imobile_asid="1503290";
imobile_width=336;
imobile_height=280;
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/22(木)16:02:17.97
ID:u8clS3S00
曜「んーー!!!!んーー!!!!」
鞠莉「もう……なによ善子はイヤ…?」
善子「ち、ちちちが…ち、ちょっと…ちょっタンマよ!タンマ!曜!こっち来なさい!」
曜「んーー!!!もがーー!!!」ズルズル
曜「ぷはっ……なんだよ善子ちゃん!おっぱい触りたくないのかよ!おっぱい!」
善子「ちょっ……声でかい!扉の向こうに抜けたらどうするのよ!」
曜「早く!早くしようよ!」
善子「童貞特有の焦りやめろ!」
曜「なんだよ!善子ちゃんも一緒でしょ!?」
善子「ち、ちちちち……ちゃうわ!」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/22(木)16:03:03.22
ID:u8clS3S00
善子「頭に血が上ってるわよ、冷静になりなさい」
曜「無理だよ、もう止められないパッションがもうここまで来てるよ」
善子「どこまでだよ」
曜「大体なんで善子ちゃんはそんなに冷静なの!?おっぱいがあるんだよ!おっぱい!」
善子「おっぱいおっぱいうるさい!!」バチーン
曜「うべぁ!?」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送り
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆/qOAOBHfFg
2013/07/23(火)19:49:42.33
ID:Uxdiswtxo
七月の眩しき朝の陽光が とばりの襞をかき分け
少女のしなやか肢体に 生命の詩をもたらす
幸福な夢を編んだ 浅きまどろみを妨げられ
彼女は不機嫌そうに 寝返りをうった
さあ、おきろ もはや眠ってはならない
我々は待っていたのだ 
煩わしき静寂にまみれた夜を越え
おまえが声高らかに歌うのを
さあ、おきろ もはや眠ってはならない
少女の名は 如月千早
人々は彼女を呼ぶ ――孤高の歌姫―― と
千早「ちょっとくどいかしら」
―――千早のアパートAM05:22
======
このSSは、原作より少しだけファンキーでドリーマーで、
だけど一生懸命なちーちゃんがほぼ一人で過ごす、
女の子らしいオフの一日を書いたものです。
アイマスと関係ない他作品の小ネタがちょこちょこ出てきますが、
わかんない人は勢いでスルーしてください
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1374576582

imobile_pid="59141";
imobile_asid="1503290";
imobile_width=336;
imobile_height=280;
2:
◆/qOAOBHfFg
2013/07/23(火)19:50:47.87
ID:Uxdiswtxo
千早「私は嫌いじゃないけど、アイドルの目覚めって感じじゃないわね」
千早「それに、最初の『眩しき朝の陽光』が野暮ったいわ。眩しい的なニュアンスが三つも続いてるもの」
千早「駄目ね、今日は調子が悪いみたい」
千早「カジュアルさが必要なのよ」
千早「先鋭化した物を受け入れられる程の寛容さは、今の業界にはないわ」
千早「ハードコアは結局メジャーにはなれないのよね。悲しいけれど、認めなくちゃ」
千早「もう一度やりましょう」
3:
◆/qOAOBHfFg
2013/07/23(火)19:52:11.60
ID:Uxdiswtxo
おっはよー! お
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆SHmukQ/VZk
2018/02/22(木)01:07:12.24
ID:aScNrnF50
モバマスSSです。
クリスマスネタです。
よろしくお願いします。

imobile_pid="59141";
imobile_asid="1503290";
imobile_width=336;
imobile_height=280;
2:
◆SHmukQ/VZk
2018/02/22(木)01:07:44.01
ID:aScNrnF50
かん、こん、こん。
私は数段飛ばしながら、階段を上る。
あまりこういったことはしないけど、今日は特別。
早く会いたいという気持ちを抑えながら、猫のようにぴょんぴょん飛んで彼の元に急ぐ。
本当は事務所に戻る必要なんてないけど、どうせ彼はここにいるのだろう。
皆を早く帰らせ、1人で抱えて寂しく雪の降る中お仕事をする。
私の知っている、いつものPチャン。
折角のホワイトクリスマスだというのに、折角のシュチュエーションなのに、逃す。
彼はそういう人だ。
それでハロウィンなんか、お菓子を渡して、ハイ終わり。
色々衣装も用意したのに、それも触れずに仕事、仕事、仕事。
ほんっとに、本当に、馬鹿なPチャンだ。
そんな真面目なところも嫌いで、とっても好き。
真面目で、皆のことを一番に考えて、私のことを考えてくれて。
でも、もうちょっと自分のことを考えてほしい。そこは不満。
事務所の扉の前に立ち、少しドアノブを捻って部屋の中を伺う。
3:
◆SHmukQ/VZk
2018/02/22(木)01:08:11.86
ID:aScNrnF50
暗い部屋の中、PC前に佇む男性。
Pチャンだ。
少しの安堵と、大きな怒りがこみ上げる。
もう!またそういうことしてる!
やめて!と何度言っても「あはは……、きっちりしないとなんか気になるんだよ」と言い訳をかまして誤魔化すんだから。
でも、仕事姿もまた好きだけど。
彼は誰もいないことをいいことにチキンやコーラを持ち込んでいる模様。あ、あれ近くのコンビニで売ってた気がす
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆zOmEgane2k
2018/02/22(木)20:21:52.89
ID:9a+VV6a70
彼の手が好きだ。
私を撫でる彼の手が好きだ。
彼に触れられると、
じんじん、暖かくなって、
ぴりぴり、電気が走るようで、
きりきり、切なくなってしまう。
それを我慢しきれずに、身を強張らせてしまうと
彼は、ばつが悪そうに手を離してしまうのだ。
……もっと、撫でてください。
そう思って、
すりすり、彼に身を寄せてみても、
この気持ちが伝わったことはない。
たった一言お願いするだけで済む話なのかもしれないけど、
それくらい、わかってほしい。
伝わらないのは、単に、彼が鈍いからなのか、
それとも。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1519298512

imobile_pid="59141";
imobile_asid="1503290";
imobile_width=336;
imobile_height=280;
2:
◆zOmEgane2k
2018/02/22(木)20:23:29.31
ID:9a+VV6a70
 ●
 ●
 ●
朝早くから劇場に連れられてきた私は、事務室のソファーで、彼が仕事をしているのをぼーっと眺めていた。
最近の彼は忙しい。夜も寝る直前まで、パソコンに向かって作業をしている。
どうせにらめっこするなら、パソコンより、もっと楽しい相手がいるんじゃないですか。ここですよ。ここ。
「プロデューサー、おなかがすきました」
しかし、私は、考えていたのと違うことを言う。
反応はない。
もともと、人に気付いてもらうのが少し苦手なのである。
別にそれで困ったことはない。
……なかったのである。
「プロデューサー」
もう一度呼びかけてみる。
「んー?」
生返事が返ってきた。
一歩前進。やったぞ。
「あの、お忙しいでしょうか?」
彼は手を止めて、首を傾ける。
「……ああ、おなかがすいたのかな」
「正解です。ぴんぽん」続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/03/02(日)18:22:51.84
ID:Q/qHPif0o
私の夢は、歌手になる事。
「思い出をありがとう」
「勇気までもらえた」
あの子に、歌を届けるために……。
「悲しみやせつなさ」
「今日ですべてサヨウナラ……」
「あぁ君、ちょっといいかな。」
「は、はい。何か御用でしょうか。」
 
「私はこういうものでね。いや、君のすばらしい歌声にティンときてねぇ、つい声をかけてしまったよ、はっはっは。」
「……765プロ、社長。……あの、それでいったい……。」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1393752171

imobile_pid="59141";
imobile_asid="1503290";
imobile_width=336;
imobile_height=280;
2:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/03/02(日)18:24:15.37
ID:Q/qHPif0o
「あぁすまんすまん、実は私はアイドル事務所を経営していてね。君に、ぜひ我が事務所のアイドルになってもらいたいのだよ。」
「スカウト……ということですか?」
「その通りだ。」
スカウト……、これは、私の夢に近づくチャンスかもしれない……、けれど……。
「アイドル……、ということは、その、歌だけではなく……。」
「うむ、歌って踊って、演技やバラエティ番組など、やることは様々だが、お客さんに笑顔になってもらうということは一緒だと思うよ。」
「……。」
私がなりたいのは、歌手。歌以外のことに時間をかけるなんて……。
 
「……その、ごめんなさい。声をかけていただけたのはうれしいですが、わたしは、アイドルになるつもりはありません。」
「う、うむ?そ、そうか。いやなに急にこんな話を持ち出して悪かったね。」
「だが私はいつでも待っているから、気が変わったら、いつでも連絡してきてくれたまえ。ではこれで。」
……これでよかったのかしら……。もう
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/02/17(日)20:54:14.24
ID:+8wQa7c20
プロデューサー好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
プロデューサー愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる
プロデューサー好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き
プロデューサー愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる
プロデューサー抱いて抱いて抱いて抱いて抱いて抱いて抱いて抱いて抱いて
P「」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1361102054

imobile_pid="59141";
imobile_asid="1503290";
imobile_width=336;
imobile_height=280;

2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/02/17(日)20:58:42.40
ID:+8wQa7c20
P「はっ。少し意識が飛んでいた……」
小鳥「プロデューサーさん?どうしたんですか、青い顔をして……」
P「あははは、いえいえ、なんでもないですよ。誰かの悪戯だったみたいで」
小鳥「それにしては尋常じゃない汗の量ですが……」
P「よよよ良かったら見てみます?ちょっとビックリするくらいで」
小鳥「はぁ、わかりました。見ます」
小鳥「ピヨ……」
P「いやぁ、愛されてますね、俺」
小鳥「その愛の重さで潰れそうですね……。何かまたあったら相談してください……ホント」
P「あ、ありがとうございます。お言葉に甘えますね……」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/02/17(日)21:16:05.10
ID:+8wQa7c20
P(しかし、これ誰が書いたんだ……)
小鳥「そう言えばこの字、雪歩ちゃんの字に似てますね」
P「あ、そういえばそうですね……」
オハヨウゴザイマスゥ
P「おっと、早速雪歩が……丁度いいし聞いてきますね」
小鳥「え、え
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆KakafR9KkQ
2017/02/14(火)00:06:23.48
ID:Vgx6S88l0
・百合短編SSです
・クロスでは無いです
・あんゆり(ミリ)、いくもも(ミリ)、なおかれん(デレ)、まつとも(ミリ)、ゆかゆかり(デレ)の5つです
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1486998383

imobile_pid="59141";
imobile_asid="1503290";
imobile_width=336;
imobile_height=280;
2:
◆KakafR9KkQ
2017/02/14(火)00:08:50.47
ID:Vgx6S88l0
杏奈「百合子さん……昨日、ありがとう……」
百合子「ううん大丈夫、イベントドロップのチョコレート集められて良かったね」
杏奈「うん……百合子さんが手伝ってくれて、助かった、よ?」
百合子「ふふ、それじゃあ今日はバレンタインデーということで……じゃーん!本物のチョコレート」
杏奈「あ……」
百合子「昨日も遅くまでゲームしてたし、手作りとかじゃないけど……いいかな?」
杏奈「ありがとう……えっと……」
百合子「どうしたの、杏奈ちゃん?」
3:
訂正
2017/02/14(火)00:09:40.19
ID:Vgx6S88l0
【あんゆり】
杏奈「百合子さん……昨日、ありがとう……」
百合子「ううん大丈夫、イベントドロップのチョコレート集められて良かったね」
杏奈「うん……百合子さんが手伝ってくれて、助かった、よ?」
百合子「ふふ、それじゃあ今日はバレンタインデーということで……じゃーん!本物のチョコレート」
杏奈「あ……」
百合子「昨日も遅くまでゲームしてたし、手作りとかじゃないけど……いいかな?」
杏奈「ありがとう……えっと……」
百合子「どうしたの、杏奈ちゃん?」
4:
◆KakafR9KkQ
2017/02/14(火)00:10:49.21
ID:Vgx6S88l0
杏奈「杏奈……お返しのチョコ持ってきて無
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/09/15(木)23:40:48.42
ID:IDZYafcJ0
シンデレラガールズの藤原肇SSです。二作目です。
纏めて頂く前提で投稿しますので、スレッド形式では少々読みにくいかもしれません。
前作(名前の無いファンレター)後の話ではありますが、今作から読まれても大丈夫です。
大丈夫です(念押し)。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1473950448

imobile_pid="59141";
imobile_asid="1503290";
imobile_width=336;
imobile_height=280;
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/09/15(木)23:42:21.40
ID:IDZYafcJ0
「ケホッ、コホッ…うぅー…」
発熱、咳、頭痛、のどの痛みに全身のダルさ。典型的な風邪の諸症状。
起きた時から調子がおかしくて、熱を測ってみると驚きの38℃。
測りなおしても変わらないその数字を見ると、余計に調子が悪くなるような気がした。
寮母さんに連れて行ってもらった休日診療所で風邪とのお墨付きを頂き、薬を飲んで安静にしておくように、とお達しを受けた。
「せっかくの日曜日なのに…コホッコホッ」
学校や仕事の予定がない日だったのは不幸中の幸いだろうか。
Pさんに体調を崩してしまったことは連絡し、明日以降の仕事の心配はせずしっかり治すように、とのお返事ももらってある。
今はゆっくり休むのが私にできること、なんだけど…
「…寂しい…」
体が弱ると心も弱る、という話は本当らしい。
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/09/15(木)23:43:14.90
ID:IDZYafcJ0
実家に居た頃に風邪をひいたことは勿論あるが、上京してから体調を崩すのは初めてだ。
これまでは寝込んでいても傍に家族がいてくれたし、こんなに心細くなることはなかった。
寮母さんは何かあったらすぐ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
1
2014/12/12(金)19:30:26.14
ID:ME/I/TVH0
キリト「黒の剣士、参上!キリッ!!!!」
の続き
注意
これはキリトさんでありキリトさんではない
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1418380216

imobile_pid="59141";
imobile_asid="1503290";
imobile_width=336;
imobile_height=280;

3:
1
2014/12/12(金)19:38:15.34
ID:ME/I/TVH0
キリト「ALO飽きた」
アスナ「いきなりどうしたの」
キリト「いや、なんか強くなりすぎてつまらんってかさぁ…もはや作業に等しいっていうか…」
アスナ「あぁ、この前なんか後ろからクラインさん脅かしただけで死んじゃったもんね」
キリト「芝生に寝転がっただけで地面にクレーターができた時は流石にどうしようかと思った」
アスナ「それ、システムのほうに問題があるんじゃ…」
4:
1
2014/12/12(金)19:46:52.85
ID:ME/I/TVH0
キリト「というわけで新たに面白いMMORPGを探そうと思う」
アスナ「あ、それなら1つ面白そうなのが…」
キリト「なに?ガンゲイルオンライン?」
アスナ「なんで何も言ってないのに分かるのよエスパーか…それに死銃っていうプレイヤーが現れて…」
キリト「ゲームで撃たれたらリアルでも死ぬだとぉ!?」ガタッ
アスナ「そうなのよ、現に最強プレイヤーであるゼクシードも殺されちゃったんだって…」
キリト「…ちょっとしばらくALO止めるわ」
アスナ「え?今の話聞いてやるつもりなの!?」
キリト「むしろ今の話聞いてヤル気出たわ、ちょっと向こうでゴルゴになってくる」
アスナ「…行くなら気をつけてね…」
キリト「え?イクなら気をつけて?大丈夫、中には出さないから…」
ズバババババババ
5:
1
2014/12/12(金)19:57:06.63

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/11/01(日)18:57:19.71
ID:MdLbK6Yc0
※時系列的には10巻と11巻の間ぐらいの設定。
※元ネタはガキ使の中の企画、理不尽ダウンタウンシリーズ(ダウンタウン及びその他の芸人は当然は出てきません)
※ちょっとキャラ崩壊あり
ある日の雪ノ下。
雪ノ下「ふぅ・・・流石に一日ずっと猫動画を見てると、いくら私が猫好きといえど、飽きてくるわね」
雪ノ下「デスティニーランドの動画も見飽きてしまったし・・・」
雪ノ下(デスティニーランド・・・比企谷くん達と一緒に行けて、すごく楽しかったわ・・・)
雪ノ下(・・・比企谷くんって休日何をしているんでしょうね・・・)
雪ノ下(比企谷くん・・・)
雪ノ下(また比企谷くんと一緒に休日を過ごしたいわ・・・)
雪ノ下(・・・とは言っても、比企谷くんを誘う用事も特にないのよね)
雪ノ下(はぁ比企谷くん、好き・・・)
雪ノ下(・・・会いたいわ・・・)
雪ノ下(・・・こうやって考えてると寂しくなるから、これ以上は考えるのは辞めましょう)
雪ノ下「・・・何か面白い動画ないかしら」
雪ノ下「・・・うん?関連動画に、ダウンタウンの動画・・・?」
雪ノ下「ダウンタウン・・・私が生まれる前から、ずっとお笑い界の頂点として君臨しているコンビよね・・・」
雪ノ下「・・・あまりお笑いに興味はないけれど・・・芸能界という浮き沈みの激しい業界で天下を取った人たちなら、私が学べる事もあるかしら・・・」
雪ノ下「退屈しのぎに見てみるとしましょう」
雪ノ下「えー・・・タイトルは・・・理不尽ダウンタウンシリーズ・・・?」カチカチ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1446371839

imobile_pid="59141";
imobile_asid="1503290";
imobile_width=336;
imobile_height=280;
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/11/01(日)18:58:02.3
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Oamxnad08k
2013/09/12(木)17:13:52.70
ID:lRZkFmmS0
浜面「まあ、しょうがねえか」
浜面「俺だけ無能力者だし、弱いし・・・」
浜面「はぁ?・・・」
浜面「いや、諦めるのはまだはやい」
浜面「何かあるはず、俺とあいつらとの決定的な違いが!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1378973632

imobile_pid="59141";
imobile_asid="1503290";
imobile_width=336;
imobile_height=280;
2:
◆Oamxnad08k
2013/09/12(木)17:15:40.67
ID:lRZkFmmS0
ーとあるファミレスー
イラッシャイマセー
絹旗「まだ、誰も来てませんね」
絹旗「私が一番ですか」
絹旗「仕方ありませんね、映画雑誌でも読んで時間を潰しますか」
絹旗「・・・」ペラ
6:
◆Oamxnad08k
2013/09/12(木)17:38:10.05
ID:lRZkFmmS0
イラッシャイマセー
絹旗「誰か来ましたね、アレは浜面ですか?」
絹旗「今日は、超早かったですね浜面」
浜面「・・・」
絹旗「浜面?」
浜面「よう、まだ絹旗しか来てないヅラ?」
絹旗「は?」
浜面「てっきり、俺が最後かと思って焦ってたヅラ」
絹旗「・・・」
7:
◆Oamxnad08k
2013/09/12(木)17:39:55.56
ID:lRZkFmmS0
絹旗「まだ私だけですよ」
浜面「そうみたいヅラね」ドサッ
絹旗「・・・」
絹旗「とりあえず、コーラ入れてきてください」
浜面「来て早々、パシらせるヅラか」
絹旗「何か、文句あるんですか、超浜面の分際で」
浜面「いえ、ないヅラ」
8:
◆Oamxnad08k
2013/09/12(木)17:41:17.32
ID:lRZkFmmS0
浜面「ほら、持ってきたヅラよ」続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/02/12(火)21:35:29.18
ID:9OgDOswf0
注意:基本的にサブタイトル毎に個別のパラレルワールドとして扱いますので、よろしくお願いします。
【夢を見る少女】
伊織「この……馬鹿プロデューサー!!!」ガツン
P「ぅわっ!!!」
伊織(ああ、またこの夢だわ……。どうして私はもう少し落ち着く努力をしないの……。アイツはもう先月亡くなっているのに)
P「がっ」
伊織(そう、アイツは私の投げたペットボトルにひるんで足を滑らし転倒する。そして、椅子の角に頭をぶつける)
P「……」
伊織「え?うそ……ちょっと、返事をしてよ!プロデューサー!プロデューサー!!!」
スタッフ「どうかしましたか!?」
伊織「あ……」
スタッフ「っ!救急車を呼んできます!」
伊織(この後、脳内出血の手術に失敗してアイツは死んだわ……)
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1360672529

imobile_pid="59141";
imobile_asid="1503290";
imobile_width=336;
imobile_height=280;
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/02/12(火)21:51:35.56
ID:9OgDOswf0
伊織「また……ここ一ヶ月同じ夢を見続けている」
新堂「お嬢様、朝食の準備ができました」
伊織「えぇ、今行こうと思っていたわ」
伊織(とは言っても……最近食事もろくに咽を通らないのよ……)
新堂「お嬢様、やはりご気分が優れないなら無理なさらない方が」
伊織「何を言っているのよ!私はスーパーアイドルの伊織ちゃんなのよ!私がいなくなったら色んなところに迷惑がかかるわ!」
新堂「そうですか……。事務所に到着しました」
伊織「ありがとう。それじゃあ、迎えはテレビ局の方までお願いするわ」
新堂「わかりました」
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/02/12(火
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆YkwVCqa05Y
2013/12/19(木)19:12:04.16
ID:oET5yaFu0
男「勝手に出てくんなよなー」
ハリガネムシ「」ウネウネ
女「えっ、えっ?
男「どうした?」
女「それ・・・なに?」
男「親父はハリガネムシって言ってたぞ」
女「ハリガネムシってカマキリからでてくる寄生虫?」
男「うん」
女「でも一メートル以上の長さあるよ!?」
男「何か変か?」
女「どう考えてもおかしいよ!」
男「一週間くらい前に、高校の入学祝にオヤジから貰ったんだ」
女「えっ、意味がわからないんだけど・・・」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1387447923

imobile_pid="59141";
imobile_asid="1503290";
imobile_width=336;
imobile_height=280;
2:
◆YkwVCqa05Y
2013/12/19(木)19:12:33.95
ID:oET5yaFu0
男「学校じゃ、絶対に出てくんなよ?」
ハリガネムシ「」ウネウネ
男「ほらっ、はやく戻れって」
ハリガネムシ「」ウニュルウニュル
男「アッ//」
女「」
男「これでよしっと」
女(・・・男君のお尻の中に入ってった・・・)ガクブル
3:
◆YkwVCqa05Y
2013/12/19(木)19:13:01.32
ID:oET5yaFu0
女「お、男君は、その気持ち悪いのを体の中で飼ってるの?」ガクブル
男「気持ち悪いとか言うなよ!!」
女「ご、ごめん・・・」
男「ったく」
女(どうなってんの・・・男君が寄生されてるってこと?)
4:
◆YkwVCqa05Y
2013/12/19(木)19:13:29.72
ID:oET5yaFu0
男「っといけねー学校遅れちまう」ダッ
女「あっ、男君。待って!」
男「俺先に行ってるからな?」タッタッタ
女「いっちゃった・・・」
女「一体どうなってる
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆g6inFbM64o
2013/09/29(日)00:06:20.00
ID:k/g0DXIj0
ちょっとエロくてグロイから注意
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1380380779

imobile_pid="59141";
imobile_asid="1503290";
imobile_width=336;
imobile_height=280;
2:
◆g6inFbM64o
2013/09/29(日)00:07:09.98
ID:k/g0DXIj0
少女1「ちょっと、そこの男子達?」
少女2「私たちと野球しましょうよ」
男子A「はあ?」
男子B「何で、俺らが女なんかと野球しなくちゃいけないんだよ!」
少女1「勝った方が、相手を好きにできるってのはどう?」
男子A「よーし、みんな気合い入れていくぞー!」
男子達「「「「おー!!」」」」
少女2「これだから男子って嫌なのよね・・・」
3:
◆g6inFbM64o
2013/09/29(日)00:07:54.55
ID:k/g0DXIj0
少女2「試合は3イニングよ」
男子A「OK、それじゃ、俺達が先攻な」
少女1「お好きにどうぞ」
4:
◆g6inFbM64o
2013/09/29(日)00:12:39.30
ID:k/g0DXIj0
一回表
男子C「よっしゃ、俺が一番だな」
男子B「絶対出塁しろよー!」
男子C「さあ、来やがれ!」バットブンブン
少女1「何やってんのよ!」
5:
◆g6inFbM64o
2013/09/29(日)00:13:11.62
ID:k/g0DXIj0
男子C「はあ?」
少女1「早く、手に持ってる鉄の棒を置きなさいよ」
男子C「何言ってんだよ、バットじゃなきゃ何で打てってんだよ」
少女1「バットなら股間についてるじゃない」
男子C「」
男子A「ちんこで打てってのか!?」
少女1「それじゃあ、行くわよ?」
少女1「えいっ!」シュッ
6:<
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/02/11(月)10:18:37.74
ID:De1TWisw0
P「どういうことだ?」
千早「まずはプロデューサーが私に何か持ち物を渡します」
P「はい」
千早「そうすると同等の価値の物を私の持ち物を差し上げます」
P「お前は事務所で何を言っているんだ。音無さんも何か言ってあげてくださいよ」
小鳥「私も混ぜてください
  (面白そうですしやってみたらどうですか?息抜きにもなりそうですし)」
P「多分、逆ですよ」
千早「とにかく!今日中に何かください」
P「……わかった、考えておく」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1360545517

imobile_pid="59141";
imobile_asid="1503290";
imobile_width=336;
imobile_height=280;
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/02/11(月)10:36:55.51
ID:De1TWisw0
P(とは言え、突然何かを渡せと言われても。欲しいものもないしなぁ。変なの渡して怒らせてしまうのも……)
春香「おはようございまーす。プロデューサーさん、クッキー作ってきました!」
P「ああ、おはよう春香。いつもありがとう(そうか、とりあえずお菓子で様子を見てみよう)」
春香「あれ?何か考え事してます?」
P「ははは。春香には敵わないなぁ。じゃあ、聞きたい事があるんだが女の子が受け取って嬉しいお菓子とかあるかな」
春香「嬉しいお菓子ですか……?私だったらケーキが嬉しいかなぁ」
P「ありがとう。参考にするよ」
春香「……あれ?もしかして誰かにプレゼントするんですか?」
P「ああ、千早が珍しくねだってきてな。最近頑張っているし、ご褒美も兼ねてな」
春香「へ、へぇー。そうだ!良かったら美味しいケーキのお店知ってますから案内しますよ!まだ、収録まで時間ありますし!」
P「おお、心強いな。じゃあ、収録に行く前にでも寄っていくか」
4:

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/31(日)20:22:56.43
ID:cO+HlQy0o
※多少のキャラ崩れ、独自設定等あります。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1514719375

imobile_pid="59141";
imobile_asid="1503290";
imobile_width=336;
imobile_height=280;
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/31(日)20:23:26.17
ID:cO+HlQy0o
 目が覚めると、見覚えのない天井が広がっていました。ええ、もう、まったく見覚えがありません。どうにも安っぽい白色は、自宅のものとは違います。
 間違えて誰かの寝床にでも入ったのかと女子寮に泊まっていれば思えますが、ボクは昨夜、確かに自宅で寝た記憶があるので、その線は考えにくいでしょう。
 なら──どういうことでしょう。
 冷静に、落ち着いて思考しましょう。
 通常の人であれば慌てふためくのでしょう。しかしカワイイボクはこの程度の状況は慣れたものです。朝起きたらとても国内とは思えない秘境でした、なんてこともありましたから。
 普通の家である時点でどう転んだって慌てふためくようなことはありえな
「なああああああっ!?」
「ひゃあっ!? どど、どうしたの!? 泥棒さん!?」
 なんということでしょう。
 こんなことでは驚かない、慌てないと大言壮語を吐いていたボクが、まったくカワイくない反応をしてしまいました。
 そんなボクの大声に驚いたように布団から跳ね起きた女性──まさしく、その女性こそが、ボクが飛びきりの反応をしてしまった原因であるわけですが。
 彼女はそんなボクの驚きの原因を知らず周りをキョロキョロと見回している。トレードマークのぴょんと飛び出た一房の髪の毛が景気良く動き回っていて、相変わらず可愛い人だと思っていた。
 そう、彼女──小日向美穂さんがボクの隣で寝ていた。その事実がボクから一瞬にして冷静さを奪った原因でした。
3:<
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/22(木)08:38:19.37
ID:gJQnAjCL0
*地の文形式です。
*みくりーな?
2/22はネコの日、及び前川みくの誕生日
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1519256299

imobile_pid="59141";
imobile_asid="1503290";
imobile_width=336;
imobile_height=280;

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/22(木)08:38:57.61
ID:gJQnAjCL0
 開演10分前、私は楽屋を出た。扉を開いて舞台袖に入ると熱と湿気が私を包んで、今が冬であることを忘れそうになった。
いつもウサミミの彼女も今日だけはネコミミで、すでにマイクを持ってスタンバイしていた。彼女は私を見つけて、笑顔を見せ、私に「来て」とアイコンタクトする。何だろ、と思って近づくと、彼女は手を軽く上げた。
そういうことか。私も手を上げ、ハイタッチした。もちろん、ステージの向こうで待つお客さんたちには聴こえないくらい音を小さくした。彼女は真っ暗な奈落へ向かっていく。開演5分前。
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/22(木)08:39:49.75
ID:gJQnAjCL0
 ライブは、一本のスポットライトがステージ中央に当たるところから始まった。それはまだ、誰も照らさない。「アッ、アレは誰なんだー」「誰だー」「誰なんだー」と、会場から声が上がる。
「それは……ナナでーす!」
せりあがってスポットライトを浴びる菜々ちゃんに、会場は取ってつけたように一瞬盛り下がり、そして一気に盛り上がった。一面ピンクの光で満たされる。
「ちょ、引かないでくださーい! ……えー、オホン。本日2月22日は何の日ですかー!?」
菜々ちゃんのネコミミを指さしながらのフリに、お客さんたちは「猫の日―!」と答えた。
「そしてー!?」
「みくにゃんの誕生日―!」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/25(木)23:03:33.25
ID:1bM+DHei0
初投稿です。よろしくお願いします。
*若干百合風味してます、苦手な方はブラウザバック推奨!
*地の分形式です!
下から始まります↓
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1516889012

imobile_pid="59141";
imobile_asid="1503290";
imobile_width=336;
imobile_height=280;
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/25(木)23:04:54.50
ID:1bM+DHei0
 大晦日の夜、午後11時。アイドルプロダクションの女子寮の一室で、少女が二人コタツにあたっていた。
 二人はテレビに映し出されている歌番組を見ている。年越しの代名詞の一つに数えられるこの番組に、彼女たちは夕方のパートで出演した。未成年なので、深夜の生放送出演はNGなのだ。
 無事に歌とダンスを披露した彼女らは、テレビに映っていた溌溂とした表情の面影もなく、今はふやけた顔をしていた。部屋に戻ってから一時間半近く。今夜の女子寮は帰省したり番組に出演していたりと、いつもに比べて静かである。
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/25(木)23:06:02.19
ID:1bM+DHei0
 コタツの天板の上には、チラシを折ってできたごみ入れと、それいっぱいに入ったミカンの皮、そしてところどころミカンの白い筋が落ちていた。ここ一時間の残骸らしい。
「李衣菜ちゃん、ミカンとごみ入れ取ってきてー」
「えー、またー? ライブ後とはいえ太るよ?」
 
 いいからいいからー、と前川みくは多田李衣菜を急かす。しょうがないなあ、と李衣菜は腰を上げた。こうしてみくにミニお遣いを頼まれることは何回も続き、もはや彼女は家主よりもミカンとごみ入れの個数の推移に詳しい。戻ってきた彼女は、ミカンを二つ、ごみ入れを一つ持っていた。続きを読む

[ 閉じる ]
1:
GAP◆SFvhMvS7IY
2017/01/18(水)00:00:14.79
ID:4dIPVbIKo
1月18日
今日は志保の誕生日だ
何年も祝ってあげられなかった分までしっかりお祝いしたいところだ
そんな思いを胸に誕生日の飾り付けを進める
そんな俺を尻目に、今日の主役、俺にとって世界で一番大切な少女は落ち着かないのか椅子に座ったままそわそわしていた
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1484665213

imobile_pid="59141";
imobile_asid="1503290";
imobile_width=336;
imobile_height=280;
2:
GAP◆SFvhMvS7IY
2017/01/18(水)00:05:15.87
ID:4dIPVbIKo
恵美「ほらほら志保、落ち着きなって」
慣れない空気に落ち着かない私に恵美さんが声をかけてくる
志保「そう言われても…私はあまりこういう空気があまり得意ではないので」
恵美「なら今から慣らしとかないとPの周りは騒がしいのばっかりだからね、アタシも含めてさ!」
そういって楽しそうに笑う恵美さん
志保「はあ…」
一方私はそのテンションにあまりついていけていない
恵美「志保がPといる以上これからこういう機会は増えると思う」
恵美「そんな時にさ、慣れないからって避けてたら楽しくないじゃん」
恵美「だから志保は、ようやくPの隣にいられるんだからさ、目一杯楽しめるようにすればいーの!」
志保「恵美さん…」
3:
GAP◆SFvhMvS7IY
2017/01/18(水)00:10:34.37
ID:4dIPVbIKo
恵美と志保が何やら話をしている
次第に志保が落ち着いていったので、恵美が何かを言ってくれたのだろう
それを見た俺は恵美に志保を任せて、再び飾り付けに集中することにした
P「こんなところかな」
最後の飾り付けをした俺は額に浮いた汗を拭う
静香「先輩こちらも飾り付け、終わりました」
P「ありがとう静香」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆mHdt0X6N4icP
2015/02/23(月)22:59:18.94
ID:miBLDV4KO
茜「もープロちゃんってば、知ってたなら教えてくれれば良かったのに?」
茜「猫の日、それはつまり!猫みたいにとってもかわいい茜ちゃんの日と言っても差しつかえなーしっ!」
茜「という訳で茜ちゃんの日を祝えなかった残念なプロちゃんには、今日1日茜ちゃんをなでなでして癒される権利をトークーベーツにあげちゃう!」
P「ほーそうかー」カタカタカタカタ
茜「プロちゃんったらそっけない!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1424699958

imobile_pid="59141";
imobile_asid="1503290";
imobile_width=336;
imobile_height=280;
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/23(月)23:01:35.08
ID:miBLDV4KO
茜「も?プロちゃん、今日は振りかえ茜ちゃんの日ということで思う存分になでなでしてもいいのに?」
P「いっつもなでてやってるじゃないか」カタカタカタ
茜「いつもはいつも、今日は今日!茜ちゃんはなでて欲しいとき、なでて欲しいだけ、ナデナデしてもらうのだ!」
茜「だからプロちゃん、さあほらほらプロちゃん!」
P「……悪いが忙しいんだ。向こうに行っててくれ」カタカタカタ
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/23(月)23:03:37.82
ID:miBLDV4KO
茜「むー、プロちゃんいつもよりノリわるーい」
P「なでるのなんて後でいくらでもやってやるから」カタカタカタ
茜「ほほう、なでるの『なんて』とはずいぶんな事を言ってくれるのうプロちゃん」
茜「そんな失礼なプロちゃんには……こうだ!」
ボスッ
P「うわっ!いきなり膝に乗ってくるな!」
茜「ふふーん、仕事の続きをしたければおとなしく茜ちゃんをナデナデするがよい!」
4:
以下、名無しにかわりま
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/18(水)11:55:41.89
ID:ESLzjswDO
ことり「今度のお休み、みんなでことりのおうちでスイーツパーティしませんか?」
希「ええやんっ!」
にこ「この前のミニライブの打ち上げと今度の大会へのもかねてちょうどいいんじゃない?」
ことり「実はお母さんがね、たまにはμ’sのみんなとお菓子を食べながらおしゃべりもしてみたいなーって言ってたから」
ほのうみ「」ピクッ
ことり「それならってことりがスイーツパーティなんかどうかなって言ったら、お母さんもう昨日から張り切っちゃってて」
ほのうみ「」ガタガタ
絵里「えっ、理事長が?」
真姫「なんか緊張するわね」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1424228141

imobile_pid="59141";
imobile_asid="1503290";
imobile_width=336;
imobile_height=280;
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/18(水)13:09:16.04
ID:ESLzjswDO
ことり「大丈夫だよ真姫ちゃん、お母さんも『理事長としてじゃなくて南ことりの母としてお話したいわ』って言ってたから」
希「でもにこっちはこの前のテストのお話とかされそうやねー」ニヤニヤ
にこ「ちょっと縁起でもないこと言うのやめなさいよ…」ビクビク
真姫「だったら凛も要注意ね」
凛「そんなの嫌だにゃー!」
凛「あっ!じゃあじゃあそのときは真姫ちゃんも一緒に怒られてほしいにゃー」スリスリ
真姫「なんで私も怒られるのよ!!」ハナレナサイヨ!
ことり「アハハ…一応ことりも言ってはおくから心配はしなくていいよ凛ちゃん」
凛「ありがとうことりちゃん!助かったにゃー」ホッ
ことり「それじゃあことり先生にお仕事頼まれてたからそろそろ行くね」
ことり「パーティーのことは伝えておくねー」バタン
絵里「行っちゃったわね…じゃあ私たちもそろ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆KakafR9KkQ
2017/01/12(木)23:49:46.70
ID:rCdDW3j60
TA01の世界観を基にしたお話です。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1484232586

imobile_pid="59141";
imobile_asid="1503290";
imobile_width=336;
imobile_height=280;
2:
◆KakafR9KkQ
2017/01/12(木)23:50:33.22
ID:rCdDW3j60
朝、目を覚ます窓から光差すいつも通りの朝です
ですが、今日はわたしにとっては『特別な朝』になります
今日はわたしの15回目の誕生日、この村では15になると一人旅立つことが許されるという掟があるのです
昔から『外の世界』への憧れが強かったわたし、今日という日をどれだけ待ち望んだことでしょう
旅の支度は一ヶ月前からしてあります、村のみなさんに挨拶して早く『外の世界』へ……
3:
◆KakafR9KkQ
2017/01/12(木)23:51:50.76
ID:rCdDW3j60
「おはよう」
あら……
「貴方は?」
光差す窓辺には小さな妖精さん、何でも妖精さん曰くわたしはいつか多くの人たちを導く『選ばれし者』だそう
生まれて15年わたしは平凡極まりない毎日を過ごしてきて、自分が特別な何かだと思ったことなどありませんが……
何にせよ旅立ちの日に妖精さんに会うなんて、わたしはとても幸福者ですね
妖精さんはわたしの旅を祝福してくれました、妖精さんの加護があるわたしの旅は、きっと素晴らしいものとなるのでしょう
そう、この時は思っていたのです……
4:
◆KakafR9KkQ
2017/01/12(木)23:53:07.45
ID:rCdDW3j60
その後わたしは風の導くまま諸国を巡りました
旅立つ前、わたしが『外の世界』に期待していたもの、輝かしき世界、素晴らしき笑顔、溢れんばかりの愛
それは何処を探してもありませんでした
『外の世界』でわたし
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/12/10(水)18:00:09.40
ID:EXzVPYUI0
前作
キリト「リィィィンクスタァトォォォ!!!」
今回はアルヴヘイムオンライン
最近原作読んでないから忘れてるところあるかも
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1418201999

imobile_pid="59141";
imobile_asid="1503290";
imobile_width=336;
imobile_height=280;

3:
1
2014/12/10(水)18:04:40.24
ID:EXzVPYUI0
直葉(お兄ちゃんが帰ってきてから2ヵ月がたった)
直葉(とことんウザかったけど、やっぱりいないと寂しかったわけで)
直葉(帰ってきたらまた小さい頃みたいにお話しようと、そう誓った…はずなのに)
和人「なぁなぁすぐたんさっきから黙りこくってどうしたんだよー、…あ!もしかして生理か!?そうかそうかー生理か!ハッハッハ!」
直葉(やっぱウザいものはウザい!)
4:
1
2014/12/10(水)18:11:14.93
ID:EXzVPYUI0
直葉「お兄ちゃん…今練習中だから静かにして…面!」ブン
和人「えー、だって暇だしー、俺がリアルでもソロプレイを謳歌してることはすぐたんもご承知のはずだけど」
直葉「なら練習付き合って、お兄ちゃん強いでしょ…面!」ブン
和人「フッ…仕方ねぇなぁ…この天才イケメン帰宅部童貞、黒の剣士キリト様が相手をしてやろう…喜べ雑種」
直葉「やっぱいい、部屋で芋でもかじってろ」
和人「あ!嘘ですごめんなさい直葉様!このままだと俺孤独死しちゃう!」
直葉「泣くなよ…」
6:
1
2014/12/10(水)18:20:20.00
ID:EXzVPYUI0
?道場?
直葉「…お兄ちゃん何その構え」
和人「天地魔闘の構え。存じ上げない?」
直葉「小手」スパァン!
和人「五臓六腑に染み渡るっ!」アヒンッ<
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆BRZinuuIIfwI
2018/02/19(月)00:42:55.73
ID:Iy4pxdkG0
【超ビーチバレー撮影現場の砂浜】
風花「私が超ビーチバレーのキング役…。」
風花「そんな大役ができるか分からないけれど、選ばれたからには頑張らないと!」
ドォォォォォォォォン!!!!!
風花「えっ?何かしら…今、向こうからすごい音がしたような?」
海美「くぅ??!!きっもちいいねーー!!」
紗代子「いいよいいよ!もう一球いこうか!」ポイッ
海美「どぉぉぉぉぉりゃぁぁ!!!」ズドォォォォン!!!!
紗代子「うん!!良い球キテるよ!!」
風花「……何あれ?」
奈緒「あれは海美のスーパースパイクや。」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1518968575

imobile_pid="59141";
imobile_asid="1503290";
imobile_width=336;
imobile_height=280;
2:
◆BRZinuuIIfwI
2018/02/19(月)00:44:52.68
ID:Iy4pxdkG0
風花「奈緒ちゃん!?一体どういうこと!?」
奈緒「海美のやつ、新入生役に抜擢されてめちゃくちゃ張り切ってんねん。」
奈緒「それで、紗代子を巻き込んで猛特訓しているんや。」
奈緒「気合と根性…もはや誰もあの2人を止めることはできん。」
風花「そんな…でもどうしてあんなにスパイクの練習を?」
奈緒「そんなん決まってるやろ。キング風花を倒すためや。」
風花「ええっ!?さっきから砂浜にクレーターを作っているボールって、私を倒すための武器なの!?」
3:
◆BRZinuuIIfwI
2018/02/19(月)00:47:05.03
ID:Iy4pxdkG0
奈緒「本番ではアレよりさらに強いボールが飛んでくるやろうな。」
風花「無理無理無理!あんなの受け止めたら怪我じゃ済まないわ!」
奈緒「せやな。でも、だからと言って今更役を降りるわけにもいかん。」
風花「じゃあ、一体どう
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/10/31(土)15:53:14.35
ID:xQDen+ovO
過去にあったスレを見たのがきっかけなため最初の方は似たような感じになってしまっています
一応二人がくっつくところまで書くつもりです
書き溜めなんて言葉はしりません
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1446274394

imobile_pid="59141";
imobile_asid="1503290";
imobile_width=336;
imobile_height=280;
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/10/31(土)16:03:39.35
ID:xQDen+ovO
八幡(あれって絶対に迷子だよな…)
幼女「うぅ……」キョロキョロ
八幡(ここは助けてやりたい気持ちを抑えてスルーするのか最善の選択だな、助けようとしてもこの目のせいで誘拐犯扱いされるに違いない)
八幡「」スタスタ
幼女「……」ブワッ
八幡「……おい、どうした?」
八幡(しまったーーーーー!!!女の涙ほど強い物はないとはこのことかーーーーー!!!)
幼女「ふぇぇ……?」グスッ
6:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/10/31(土)16:14:06.73
ID:xQDen+ovO
八幡「お母さんと一緒じゃないのか?」
幼女「えっと……ママとはぐれちゃって……昨日ここに来たばっかだからお家分からなくて……」グスッゴシゴシ
八幡(ああ、引っ越してきたばっかで道が分からないのか……こういうのは警察に頼むのが1番だよな)
八幡「そうか…じゃあお兄ちゃんと一緒にお巡りさんのとこ行こっか」ナデナデ
幼女「おまわりさんに会えばママに会えるの?」パァァ
八幡「君のママもお巡りさんのところに行くと思うからきっと会えるぞ」
幼女「わかった!お兄ちゃんと一緒におまわりさんのとこ行くっ!」ギュッ
八幡(きっとまだ不安なんだろうな……小町も小
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆jvBtlIEUc6
2013/09/23(月)01:30:26.99
ID:vms7rSW20
何番煎じかわかりませんが、メリーさんたちお化けのお話です
エロ、グロは無い予定です
それでは、投下します
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1379867426

imobile_pid="59141";
imobile_asid="1503290";
imobile_width=336;
imobile_height=280;
2:
◆jvBtlIEUc6
2013/09/23(月)01:31:23.53
ID:vms7rSW20
メリーさん「私、メリーさん。今あなたの後ろいるの・・・」
男「うぎゃあああああああああ!!」バタン
男「」
メリーさん「もしも?し、生きてますか?」ツンツン
男「」ピクピク
メリーさん「よし、気絶してるだけだ」
3:
◆jvBtlIEUc6
2013/09/23(月)01:33:04.29
ID:vms7rSW20
メリーさん「この人で、20人目っと」
メリーさん「やっと、今日のノルマ達成だよ?」ノビー
メリー「一日に20人も驚かさないといけないなんて・・・」
メリー「ノルマきついな・・・」
メリーさん「・・・疲れた・・・」
4:
◆jvBtlIEUc6
2013/09/23(月)01:33:53.67
ID:vms7rSW20
メリーさん「もう外真っ暗だし・・・」
メリーさん「今から、会社戻って、報告書まとめて・・・」
メリーさん「今夜も、帰れるの終電かな?・・・」
メリーさん「もう、一か月もだよ!」
メリーさん「戻ったら、社長に文句言ってやる!」
メリーさん「・・・」
メリーさん「はぁ・・・」
メリーさん「・・・急ごう」
5:
◆jvBtlIEUc6
2013/09/23(月)11:53:14.82
ID:vms7rSW20
メリーさん「ただ今、戻りました?」
花子さん「おかえりなさい、遅かった
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2014/12/24(水)20:30:24.81
ID:FxA/V9WJo
みく「んもう! Pチャンったら、クリスマスにもお仕事入れるんだから!」
みく「今度はご飯くらいじゃ許してあげないんだから!」
みく「くしゅん! ・・・う?周りはカップルだらけ、身も心も寒いにゃあ・・・」
みく「あ、おでん。屋台って、いまどき珍しいにゃあ」
のあ「・・・あら、いらっしゃい・・・・・・よく来たわね・・・みく」
みく「えっ!? のあにゃん?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1419420614

imobile_pid="59141";
imobile_asid="1503290";
imobile_width=336;
imobile_height=280;
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2014/12/24(水)20:31:07.65
ID:FxA/V9WJo
のあ「・・・? そうよ・・・? そんなに驚くことかしら・・・?」
みく「にゃんで!? なんで、のあにゃんがおでん屋さんやってるの!?」
のあ「・・・雇われたのよ・・・・・・時給850円で・・・」
みく「雇われっ・・・えっ、なんで? しかも850円・・・ひょっとして、のあにゃん・・・お金ないの?」
のあ「みく・・・勝手に人を貧乏扱いしないで・・・」
みく「だったら、なんで屋台をやってるにゃ? やっぱり何かの企画にゃの?」
のあ「・・・子供の頃・・・空を飛ぶのが・・・・・・夢だったのよ・・・」
みく「いや、どうしたんにゃ? 急に」ゴゴゴ
のあ「・・・みく、これを被りなさい」ゴゴゴゴ
みく「サンタの帽子にゃ? さっきからのあにゃんが何言ってるのか、さっぱり分からな・・・」ゴゴゴゴゴ
みく「って言うか! さっきからゴゴゴゴゴって何!?」ゴゴゴゴゴ
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2014/12/24(水)20:31:33.20
ID
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆NtxTVv4ssokL
2018/02/19(月)22:44:46.62
ID:cOC313ihO
第510話の修正前の柳瀬美由紀がのあちゃんと呼んだ世界線でのお話です。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1519047886

imobile_pid="59141";
imobile_asid="1503290";
imobile_width=336;
imobile_height=280;
2:
◆NtxTVv4ssokL
2018/02/19(月)22:47:51.16
ID:cOC313ihO
瑞樹「まだかしら」ソワソワ
留美「瑞樹、落ち着きなさい」
瑞樹「そうはいっても……」
早苗「気持ちはわかるわよ」
ガチャ
瑞樹「帰ってきたかしら?」
モバP「ただいま戻りました」
早苗「なーんだ、P君か」
瑞樹「プロデューサーはお呼びじゃないのよ」
モバP「えっ、ひどくない?」
美優「すみません」
モバP「美優さんが謝らなくてもいいんですよ。それより皆集まって何してるんですか?」
瑞樹「美由紀ちゃんを待ってるのよ」
モバP「美由紀ですか? どうしてまた」
3:
◆NtxTVv4ssokL
2018/02/19(月)22:50:43.45
ID:cOC313ihO
瑞樹「風のうわさで聞いたのだけれど、美由紀ちゃんがのあちゃんのことをちゃん付けで呼んだって聞いたのよ」
瑞樹「それが本当か確かめようと思ってね」
モバP「その話ですか」
早苗「あれ、P君知ってるの?」
モバP「もちろん知ってますよ」
早苗「じゃあ、あのうわさは本当なの?」
モバP「本当ですよ」
瑞樹「その言葉信じていいのよね?」ズイッ
モバP「瑞樹さん、顔が近いです」
早苗「瑞樹ちゃん落ち着いて」グイッ
4:
◆NtxTVv4ssokL
2018/02/19(月)22:51:37.09
ID:cOC313ihO
モバP「……どうしてそのうわさが本当かなんて知りたいんですか?」続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/11/30(水)21:21:46.85
ID:P9SPoSd+0
氏家むつみ「この間牛丼屋さんに行ったら人がいっぱいで入れなくて」
安部菜々「ゴノレゴですか!懐かしいですね?!」
むつみ「え?」
菜々「え?」
☆注意☆
このSSには以下の成分が含まれますのでご注意下さい。
・ウサミン式多段階墓穴掘削法
・Flashネタ
・書き溜め
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1480508506

imobile_pid="59141";
imobile_asid="1503290";
imobile_width=336;
imobile_height=280;
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/11/30(水)21:25:03.72
ID:P9SPoSd+0
むつみ「あの……すみません、ごのれご、って何ですか?」
菜々「あぁっ!いや、えーとですね……」
菜々「そ、そう!ちょっと前までウサミン星で流行ってたFlashのことです!」
むつみ「フラッシュ?光るんですか?」
菜々「あっ、いや、その、ムービー!ムービー作品です!」
むつみ「へぇ?。ウサミン星ではそんな名前で呼ばれてるんですね!」
菜々「あ、あはは……」
菜々(ご、誤魔化せたかな……?)
むつみ「菜々さん、良かったらそのムービー作品、見せてもらえませんか?」
菜々「え゛っ!?」
菜々「えぇ、っと……どうして……?」
むつみ「だって、自分が知らないことが目の前にあるのに手を伸ばさないって勿体無いじゃないですか!」
むつみ「未知を探求するのも、一つの冒険です!」キラキラ
菜々「」
菜々(ど、どうしよう……こんなこと言われて断れない!)
菜々(だけどFlashなんて紹介しちゃったらどうなるか……!)
菜々「あのっ、その」
むつみ「はい!」ワクテカ
菜々「えっと、これは、その、ウサミン星の、その、機密事項、なので」
菜々「ごっ、ごめん
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆u71RyimI2MeR
2018/01/04(木)22:47:25.32
ID:FQ763ukmo
道明寺歌鈴ちゃんのSSです。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1515073645

imobile_pid="59141";
imobile_asid="1503290";
imobile_width=336;
imobile_height=280;
2:
◆u71RyimI2MeR
2018/01/04(木)22:48:45.84
ID:FQ763ukmo
?お正月というのは誰にだって特別な日で、それはもちろん私にだって。それと同じように誕生日、というのも同様に特別な日だと思います。
3:
◆u71RyimI2MeR
2018/01/04(木)22:50:10.86
ID:FQ763ukmo
?私は誕生日がお正月というのもあってまず最初に祝われるのはお正月なことが多かったです。それに私のお家は神社なこともあって年末年始は非常に忙しくなります。そのためか最初に言われるのは「あけましておめでとう」でした。
?いや、というわけではありません。おめでたいことですから。でも私の気持ちとしては「お誕生日おめでとう」と真っ先にかけて欲しいと思っていました。
?だけどあの日、お正月に私に手を差し伸べてくれたプロデューサーさんに出会ってからそんな私の些細なお願いが叶って、それだけじゃなくて、毎日がとっても楽しいことで溢れました。あの人のそばはいつか聞いた聚楽という言葉のようです。
4:
◆u71RyimI2MeR
2018/01/04(木)22:51:37.86
ID:FQ763ukmo
?奇跡、そう奇跡だと思います。奇跡なんか起こりうることない。そんなことを言う人もいるかもしれません。それでも、あのお正月にプロデューサーさんと出会うことができたのは、きっと神様が私に授けてくれた誕生日プレゼントのような奇跡なんだって信じています。
?……もっとも、プロデューサーさんはどう思っているのかは分かりませんけど。
5:
◆u71RyimI2MeR
2018/
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
4
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。