SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:SSマンション
<<
2018年02月
>>
322件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
4
5
>>
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/07/26(土)23:26:21.51
ID:ygpZKMJ90
*艦これSS
*遅筆
*ブラック鎮守府注意
*ブラック鎮守府注意
*ブラック鎮守府注意
*(ry
*胸糞注意
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1406384771

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/07/26(土)23:28:46.79
ID:ygpZKMJ90
叢雲「アンタが司令官ね。ま、せいぜい頑張りなさい」
提督「そうだな。それでは君に一つ頑張ってもらうとしようか」
提督「君には一人で鎮守府海域南西諸島沖に出撃してもらう」
叢雲「どうして私一人なのかしら?」
提督「そう遠くない日に大規模な作戦が実施される。そのための経費削減だと思ってくれ」
叢雲「……わかった。出撃してくるわ!」
提督「――さて、彼女は弾薬を拾って来るだろうか」
5:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/07/26(土)23:55:27.26
ID:ygpZKMJ90
――鎮守府海域 南西諸島沖
叢雲「弾薬……15。悪くないわ」
叢雲「敵艦!?沈みなさい!」
6:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/07/26(土)23:56:52.52
ID:ygpZKMJ90
――鎮守府提督室
叢雲「作戦完了ね。艦隊が帰島したわ」
提督「お疲れ様。それで戦果はどうだった?」
叢雲「ごめんなさい。ルートが逸れて敵本陣にダメージを与えられなかったわ」
提督「つまり――何の成果もなし、と?」
叢雲「アンタ……酸素魚雷を食らわせるわよ!」
提督「ほう。それでは成果を聞こうか」
叢雲「まずは敵の前衛隊の撃破ね。砲撃と雷撃で二隻とも落としてや
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語
2017/12/1723:28:00.04
ID:ANRa2aO3.net
ぐだぐだとほのにこ
暇つぶしにどうぞ

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};

2:
名無しで叶える物語
2017/12/1723:28:33.02
ID:ANRa2aO3.net
にこ「んー……なんか暇つぶしできることない?」
穂乃果「そんなのあったらとっくに提案してるよ」
にこ「そりゃそうよね……」
穂乃果「あー、なんかやることないかなー」
3:
名無しで叶える物語
2017/12/1723:29:02.19
ID:ANRa2aO3.net
にこ「練習でもしたら?」
穂乃果「うーん、今はその気分じゃないなー」
にこ「リーダーが聞いて呆れるわね……」
穂乃果「てかにこちゃんこそ練習すれば良いじゃん」
4:
名無しで叶える物語
2017/12/1723:29:31.51
ID:ANRa2aO3.net
にこ「パス。今日は気分じゃない」
穂乃果「穂乃果と一緒じゃん……部長が聞いて呆れるよ……」
にこ「人のセリフ取るんじゃないわよ」
穂乃果「取ってませんよーだ」
5:
名無しで叶える物語
2017/12/1723:29:59.23
ID:ANRa2aO3.net
にこ「……この話やめましょうか」
穂乃果「……だね。てかさー、なんで二人なの?いつもの事だけど」
にこ「そりゃ、また二人して練習の予定間違えたんじゃないの」
穂乃果「リーダーと部長なんだけどね……」
6:
名無しで叶える物語
2017/12/1723:30:26.34
ID:ANRa2aO3.net
にこ「あー、暇すぎて死ぬ。もう帰ろうかな」
穂乃果「えー、なんかもったいなくない?」
にこ「そこなのよねー……わざわざ来たんだから帰るのも面倒なのよね」
穂乃果「でも、これと言ってやることがない」
7:
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/18(月)00:39:49.16
ID:GnJgrDCMo
昔々、あるところに奈緒ちゃんと卯月ちゃんが住んでいました。
奈緒「あー、困ったな。」
卯月「どうしたんですか、奈緒ちゃん?」
奈緒「隣村のPさんが風邪を引いて寝込んでるらしいんだよ。」
奈緒「お見舞いのフルーツとか届けたいんとけど…。」
卯月「あ、奈緒ちゃんはこないだつまづいて足挫いてましたね…。」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1513525188

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/18(月)00:41:47.39
ID:GnJgrDCMo
卯月「分かりました、そう言うことなら私が届けます!」フンス
奈緒「え、良いのか?」
卯月「勿論です!島村卯月、頑張ります!」
卯月ちゃんは自信満々に答えます。
???「ふーん。」
外で狼がこの話を聞いていました。
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/18(月)00:44:55.15
ID:GnJgrDCMo
玄関
奈緒「じゃあ、これ。フルーツと手紙と薬な。」
奈緒「悪いけど頼めるかな?」
卯月「はい、確かに届けます!」
奈緒「それと、知らない人についていっちゃ駄目だぞ。」
奈緒「卯月はお人好しなところがあるからな。」
卯月「もう、心配性なんですから、大丈夫ですよ。」プクー
奈緒「ははは、よろしくな!」
卯月「はい、行ってきます!」
タノムゾー
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/18(月)00:50:18.73
ID:GnJgrDCMo
ガチャン
奈緒「ふう、卯月には申し訳ないな。」
奈緒「無事だと良い
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/12/18(月)00:35:54.26
ID:/cYREBHe0
千早「さーて、今度のオフ何しようかしら?」
春香「あっ、じゃあね千早ちゃん、一緒にどっかお出かけしない?」
小鳥「…」
千早「一緒にお出かけ?」
春香「うん。久々に休み合うし、一緒にパーッと羽でも伸ばそうよ」
小鳥「…」

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/12/18(月)00:37:02.85
ID:/cYREBHe0
千早「事務所でもいつも一緒じゃない。それじゃ気分転換にならないわ」
春香「えー、ひどいよ千早ちゃん」
小鳥「…」
千早「フフッ…。なんてね。ええ、いいわよ。春香と出かけるのって楽しいし」
春香「ほんとに?やったー、今度のオフが楽しみだねー」
小鳥「…」ガタッ
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/12/18(月)00:37:49.35
ID:/cYREBHe0
千早「ん?小鳥さん?」
春香「どっか行くんですか?」
小鳥「え?ええ。ちょっと、トイレに…」
バタン
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/12/18(月)00:38:27.00
ID:/cYREBHe0
千早「…」
春香「…」
千早「…」
春香「…」
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/12/18(月)00:39:14.82
ID:/cYREBHe0
<ウン…アン…クチュクチュ
千早「…始まったわね」
春香「みたいだね」
6:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/12/18(月)00:40:12.09
ID:/cYREBHe0
<春香ちゃんと、千早ちゃん…
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/04/29(金)23:19:58.44
ID:Ly699fAy0
五月雨「もう四月も終わりですよ?」
提督「いやむしろ片付けなかったことを幸いとすべきだろ。外すっげえ寒いぞ」スッスッ
吹雪「…」
五月雨「そうですけど?…」
陽炎「ほんとよね。まさかこの時期にこんなに冷えるなんて思わないもん」
提督「軍を動かす司令官に必要なものは不測の事態も予測する先見性…」
提督「そう、俺は暖かくなった矢先に急激に冷え込むであろうこの時を予測してあえてこたつを仕舞わずに」
五月雨「嘘ですよね」
提督「ご名答」サラサラ
吹雪「…」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1461939598

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/04/29(金)23:29:42.97
ID:Ly699fAy0
陽炎「ま、今回はこの司令官のズボラさは責めないであげましょう」
提督「待て、誰がズボラだ。仕事はキッチリする上官に対して失礼だぞ」スッスッ
陽炎「仕事はね。確かにちゃんとするけどプライベートは出不精丸出しじゃない」
陽炎「実際この部屋汚いし」
五月雨「駄目ですよ提督、物は出したら元の場所に戻さないと。お仕事でも私たちに教えてくれたじゃないですか」
吹雪「食べ物の包装が床に落ちてるのは駄目ですよ。足の踏み場には気を遣わないと」
提督「仕事中でないとなんかおっくうになるんだよなぁ。ほら吹雪じっとしてろ」クイクイ
吹雪「は?い」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/04/29(金)23:34:26.19
ID:Ly699fAy0
提督「…よし、ほらできたぞ吹雪」
吹雪「わぁー、ありがとうございます!」
陽炎「へぇー、その髪の長さでも三つ編みってできるもんなのね
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/17(日)03:55:21.36
ID:xP7YGYVO0
八幡「おい、人のセックスを笑うなってナオコーラさんも言ってただろうが」
雪乃「別に笑うつもりはないのだけれど。事実を言ったまでよ」
八幡「し、仕方ないだろうが……こういうの初めてだったんだよ」
雪乃「あなた……童貞だったの?」
八幡「友達すらできない人間が非童貞とか常識的に考えてありえねぇだろうが……」
雪乃「あなたのことだから、合意を得ずに強引に行為を行った経験があるのだと思っていたわ」
八幡「いやそれ人間的にも法律的にもアウトですよね? この俺がそういう行為に及ぶと思うか?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1513450521

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/17(日)03:56:02.19
ID:xP7YGYVO0
雪乃「確かに……あなたの小悪党ぶりを見ると、刑事罰に問われそうな行為を行うほどの度胸はないかもしれない」
雪乃「買いかぶり過ぎていたわ。ごめんなさいね」
八幡「度胸とかそういう問題じゃないから。俺は善良な一般市民としてちゃんと法律は守るんだよ」
八幡「第一、性犯罪とか、そういうことができるような人でなしならこんなに人間関係やら何やらで悩むかよ」
雪乃「そんなにも悩んでいたの?」
八幡「……まあ、何だ。いろいろあるじゃねぇか」
雪乃「……そうね。いろいろあるわね」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/17(日)03:56:44.38
ID:xP7YGYVO0
八幡「……痛くなかったか」
雪乃「……思っていたほどではなかったわ」
八幡「そうか」
八幡「…………」
雪乃「…………」
八幡「つかお前……やっぱ処女だったのな」続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/04/19(火)21:51:43.80
ID:DcACQ/Lf0
ありす「橘です」
ありす「今、私はこの部屋に一人です」
ありす「先ほどまでは文香さんも一緒にいたのですが」
ありす「プロデューサーさんに連れられて部屋を出て行ってしまいました」
ありす「先ほどまで読んでいたノートをおいて」
ありす「……」
ありす「文香さんが本ではなくノートを読むだなんて珍しいと思ったので、何を読んでいるのか聞いてみました」
ありす「『えっと……ノートです……』だそうです」
ありす「それでごまかしたつもりなのでしょうか」
ありす「ごまかしたつもりなのでしょう」
ありす「私が『そうですか』といったらほっとした表情を浮かべてましたから」
ありす「文香さんかわいい」
ありす「……」
ありす「重ねて言いますが、今この部屋は私一人です」
ありす「このノートを読んだところで誰に知られることもありません」
ありす「私の心の中で永遠に生き続けるだけです」
ありす「……」
ありす「ちょっとした背徳感を胸に」
ありす「私はそのノートのページを開きました」
ありす「そこには、『ありすちゃん観察日記』と書かれていました」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1461070293

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/04/19(火)21:56:29.67
ID:DcACQ/Lf0
ありす「……」
ありす「目をこすってもう一度見ましたが」
ありす「『ありすちゃん観察日記』と、確かにそうかかれていました」
ありす「『ありすちゃん観察日記』です」
ありす「平仮名でありすと書かれています」
ありす「文香さんが観察できるくらいそばにいるありすちゃん」
ありす「これはきっと私のことでしょう」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2014/12/1020:49:39.75
ID:ea4FS4vO0.net
ココット村
村長「お主が新米ハンターか」
俺「ま、そういうことになるな」
村長「では腕ならしにこのクエストを達成してみるがよい」
ハンターの基本・生肉の調達
俺「ま、基本は大事だな」

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};

3:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2014/12/1020:51:07.52
ID:ea4FS4vO0.net
アルコリス地方
通称森丘と呼ばれるフィールドに一人のハンターが降り立った
これはたった一人で世界を救った伝説のハンターの物語である
俺「それじゃ、いくとしますか」
4:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2014/12/1020:53:40.68
ID:ea4FS4vO0.net
アプトノス「!!」
アプトノス、普段はおとなしいが仲間や子供を守る時は外敵を恐れずに尻尾で攻撃を繰り出してくる
アプトノスは感じ取ったので
捕食される側の立場だからこそ自分の目の前に”捕食者”がいることを
アプトノス「ぐぉ・・・・ぐぉぉぉぉ」
俺「お前たちにうらみはないが・・・悪いな」
アプトノスはしばらくの間固まっていたが一匹を残して去って行った
なぜか?
5:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2014/12/1020:56:41.12
ID:ea4FS4vO0.net
俺「利口だな」
ザシュッ!!!!!
俺はハンターナイフを使うことなく剥ぎ取りナイフでアプトノスを剥ぎ取り始めた
そしてアプトノスは
絶命した
さきほどのアプトノスたちの群れの行動、それは種としての存続を保つために一匹を犠牲にしたのだ
もちろん本来アプトノスは仲間が襲われれば外敵に立ち向かう
しかし、この場合は話は別だ
この場合、外敵に立
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆G/mqESF7Ns
2016/08/23(火)23:55:34.82
ID:4v5cjWAy0
勇者「はじめまして」 深々
魔王「うむ、はじめましてだな」
勇者「実際問題、初対面で武器を向けあうのも礼儀がないので一応顔を合わせに来ました」
勇者「これつまらないものですが、お土産です」 勇者印煎餅
魔王「ああ、ご丁寧にどうも」
魔王「メイドさん、緑茶いれてください あとゴーレム屋のヨウカンお出ししてー」
メイド「はーい」
戦士「いや、おかしくね?なんで挨拶してんの俺ら」
勇者「まあまあ」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1471964134

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
3:
◆G/mqESF7Ns
2016/08/24(水)00:14:36.72
ID:skmkakZV0
魔王「ふむ、接近型が勇者と戦士で、遠距離攻撃が魔法使いと僧侶、と」
勇者「そちらは四天王とかいらっしゃらないんですね」
魔王「祖父の代には居たそうだが、当時の勇者がきっかけで炎と雪のボスが結婚したのでな」
魔王「で、まあ…結局そのまま廃止になった」
勇者「それは知らなかったです、いいお話ですねぇ」
魔王「うむ、異種族婚に抵抗が無くなりつつあるのは良いことだ」
魔王「属性による優劣から差別が多々あったのだが、おかげさまで改善の兆しとなった」
勇者「こちら人間側からすると、属性攻撃がしずらくなりますから、たまったもんじゃないでしょうね」
魔王「困った風な言い方しつつニコニコするのやめい」
勇者「いやー、参っちゃいますよー」 ニコニコ
7:
◆G/mqESF7Ns
2016/08/24(水)14:08:59.38
ID:skmkakZV0
魔王「…それで、本音は?」
勇者「めんどくさいんで、両者干渉しないって方向にもっていきたいですね」
魔王「やっぱりそうだよなー、でも人間の王様とか皇帝とかが問題だよな…」<
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆pxTJMwo04OvB
2016/03/08(火)14:23:31.11
ID:LUYUIs6vO
・台本書き、書き溜です
・オチ無しヤマ無し
・砂糖大盛り
電「以上注意せよ、なのです!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1457414611

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆pxTJMwo04OvB
2016/03/08(火)14:23:53.19
ID:LUYUIs6vO
司令官「ん、なんて……?」
電「お芋が、お芋が!焦げてしまうのです!」
司令官「……え?あ、あぁーっ!総員、起きろ!芋が焦げるぞぉ!」
響「はっ、私としたことが……!」
瑞鳳「う、何か微妙に焦げ臭いような……」
熊野「火ばさみ、火ばさみはどこですの!?」
雷「こういうのは要領よくやれば手でもいけるわ!ホイルの端をつまんだら一気に引いてお皿へ移すのよ!」
卯月「うーちゃんに任せるぴょん!……!?!?!?あづぁー!」ポーイ
朝潮「お、お芋が宙を飛んで多摩さんの方に……!」
多摩「Zzz」
司令官「多摩ーっ!!」
3:
◆pxTJMwo04OvB
2016/03/08(火)14:24:20.13
ID:LUYUIs6vO
【焼き芋】
熊野「まさか、みんなして寝落ちてしまうなんて……」
雷「きっとみんな普段の疲れが出たのよ。それに、ここは暖かいから。仕方ないわ」
暁「電が気付いてくれなかったら、今頃お芋はストーブの上で黒こげになっていたわね」
響「そうだね、こうして美味しく焼き芋を食べれるのは電のおかげ……と」チラ
電「司令官さん、この氷水に手を入れてください」
司令官「ありがとう、電。痛てて……」
卯月「うぅ……ごめんなさい……」
司令官「気にするな、それより卯月は手、大丈夫か?」
卯月「うん……火傷はしなかったみたいぴょん」
司令官「それは良かった」ナデナデ
朝潮
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆mLDidKKbwk
2016/05/11(水)22:37:10.16
ID:casvwMqR0
こんばんは。
アイドルマスターミリオンライブ!のssになります。
書き貯めなし、更新速度遅め。それでは投稿していきます。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1462973829

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆mLDidKKbwk
2016/05/11(水)22:57:54.20
ID:casvwMqR0
桃子「なに、お兄ちゃん」
P「いや、荷物置いたら今日お世話になるスタッフさんたちに挨拶に行こうって話だ」
桃子「はぁ… いい?お兄ちゃん。この世界では桃子のほうが先輩なんだから、そんなことジョーシキだよ。ジョーシキ」
P「それもそうだな」
桃子「よしっ、じゃあ行こっか。お兄ちゃん、踏み台持ってくれた?」
P「もちろん」
桃子「あ、お兄ちゃん、少し屈んで」
P「どうした?」スッ
桃子「ネクタイが少し曲がってたよ。ダメだよ、ギョーカイジンは第一印象が大事なんだから」キュッ
P「悪い、ありがとな。さすがは桃子だ」
桃子「桃子、褒められただけでやる気が出たりはしないよ?」
P「俺が褒めたくて褒めてるからいいんだよ」
桃子「ふーん、変なの。まぁ、お兄ちゃんが変なのはいつものことだけど」
P「手厳しいな」
桃子「桃子のプロデューサーなんだから、しっかりしてもらわないとね」
P「善処するよ。っと、時間も押してるし行くか」
桃子「はーい」
8:
◆mLDidKKbwk
2016/05/17(火)02:39:09.23
ID:WoUQFIeT0
桃子「お兄ちゃん」
P「ん?」
桃子「桃子、あれ嫌い」
P「あれって?」
桃子「スタッフに挨拶するときに言ったじゃん。『ウチの周防をよろしくお願いします』って」
P「言ったな」
桃子「桃子はお兄ちゃんのもの
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆CItYBDS.l2
2017/12/17(日)01:07:10.79
ID:a8Wcmaua0
賢者「な、なんですって?もう一度言ってください勇者様」
勇者「僕は、今後レベルアップで得た全てのポイントをSTR(力)に振るつもりだ」
魔法使い「初めてのレベルアップで、いきなり何を言い出すの?」
戦士「確かに、STR重視は重量のある防具も装備できるし攻撃力もあがる。タンク役として理想と言えよう」
戦士「しかし勇者よ、AGI(敏捷性)型の魔物に会ったときどうするつもりだ?渾身の一撃だって当たらなければ意味は無いぞ」
賢者「戦士さんの言う通りです。どうか考え直してもらえませんか?」
勇者「ごめんよ、みんな。でも、これだけは僕の自由にさせてほしいんだ」
賢者「理由を聞かせてもらえますか?」
勇者「・・・他の人には、黙っていてくれると嬉しいんだけど」
戦士「口外しないと約束しよう」
魔法使い「絶対に人には言わないわ」
賢者「私も約束します」
勇者「僕は、魔物が怖いんだ・・・厚い筋肉にでも覆われていないと、とても立ち向かうことなんてできないんだ!」
戦士「わかった、いいだろう」
魔法使い「勝手に決めないでよ!私は反対!大反対よ!」
賢者「魔法使いさん、ひとまず勇者様の希望通りにしてみましょう」
魔法使い「まともなのは私だけなの!?うまくいくわけないじゃない!」
勇者「うぅ・・・ごめんよ魔法使い」
賢者「まあまあ落ち着いてください。実は、ステータス再振り分けのアイテムを一つだけですが持っています」
賢者「もしSTR極振りで立ち行かなくなったら、その時は考え直して頂けますか?」
勇者「あ、ありがとう賢者さん!」
戦士「うむ、俺も勇者のステータスをフォローできるよう努めよう」
勇者「戦士くん!」
魔法使い「もう、みんなだけずるい!私も、それでいいわよ!」
勇者「魔法使いちゃんも!ありがとう!」
魔法使い「ま、まあ、幼馴染のよしみよ!」デヘヘ
勇者「よし!それじゃあ、魔王討伐の旅を再開しよう!」
みんな「「「 おーっ! 」」」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.co
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/14(木)20:17:28.03
ID:1w6zUnXKo
父「おい、練習はどうした?」
息子「やらねえよ、あんなの」
父「他にやりたいことがあるのか」
息子「……ねえよ」
父「勉強もせず、俺の後も継がずで、どうやって生きてくっていうんだ!」
息子「うるせえな、俺のことは放っておいてくれよ!」
父「せっかくこの世に生まれたのに、そんな自堕落でどうするというんだ!」
息子「誰が生んでくれって頼んだよ!」
父「お前だよ」
息子「!?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1513250247

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/14(木)20:19:27.70
ID:1w6zUnXKo
息子「い……意味が分からねえよ。どういう意味だよ」
父「俺に『生んでくれ』と頼んだのは、他ならぬお前なんだ」
息子「だからどういう意味……」
父「お前にもこの話をしなきゃならない日が来たようだな」
母「するのね? あの話を……」
父「ああ」
息子「……」ゴクッ
父「当たり前だが、あれはお前が生まれる前のことだ……」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/14(木)20:21:02.92
ID:1w6zUnXKo
……
…………
男「あ?……今日はムラムラしてしょうがないな」
男「寝る前に抜くとするか!」
≪抜くな!≫
男「へ?」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/14(木)20:23:49.51
ID:1w6zUnXKo
男「なんだ今の声は……どこから……?」キョロキョロ
≪ここだ≫
男「どこだ!?」
≪お前の股だよ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆pxTJMwo04OvB
2015/12/26(土)21:00:36.60
ID:mZ8DYoJ5O
・基本台本書き、書き溜めです
・短めです
電「以上注意せよ!なのです」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1451131236

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆pxTJMwo04OvB
2015/12/26(土)21:01:19.14
ID:mZ8DYoJ5O
一七○○ 北方AL海域洋上 ぷかぷか丸甲板
電「艦隊がお戻りみたいです」
卯月「うううぅ、寒い寒い!寒すぎて凍えそうだぴょん!」ダッ
多摩「こたつ!こたつはどこにゃあー!」ダッ
暁「ふ、ふふふ2人とも節操がないわね!一人前のレディはこ、こんな時でもあくまでゆゆ優雅に……」ブルブル
雷「そんな青い顔して何言ってるのよ!ほら、奥に行けばストーブだってあるんだから行きましょ!」
響「シベリアの冬はこんなものじゃな……くしゅん!」
雷「響も!ただでさえびしょ濡れなのに強がってもダメよ!」
電「ふふっ。さ、報告も兼ねて司令官さんの所へ行きましょう?」
3:
◆pxTJMwo04OvB
2015/12/26(土)21:01:58.93
ID:mZ8DYoJ5O
ぷかぷか丸 船内
司令官「お。おかえりみんな、寒かったろう?ホットレモン、用意してあるからね」
暁「こ、こここれくらいの寒さなんてへっちゃらだし!で、でもホットレモンは貰うわね!」
響「ふぅ……これは良いな、スパシーバ」ホッコリ
雷「ありがとう司令官!はい、電も」
電「雷ちゃん、ありがとうなのです。司令官さんもありがとう、なのです!」
司令官「おーう、どう致しまして」ナデナデ
雷「えへへっ♪」
電「……?」
多摩「にゃー……」ヌクヌク
卯月「ぴょーん……」ヌクヌク
司令官「2人はいち早くこたつで暖まってるし、みんなも暖を取ると良い。響は思いきり
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/08/07(金)22:31:07.15
ID:sf0TstZfo
くるみ「まったく、ゆきのやつ。パンツぐらいちゃんとしまっておけよな」
くるみ「仕方ない、私が片付けてやるか」ヒョイ
くるみ「…………」
くるみ「これがゆきのパンツの匂いか……」ドキドキ
くるみ「さっき、着替えたばかりなのかも……。まだちょっと温かい……」ドキドキ
くるみ「ダ、ダメだ。何を考えてるんだよ、私は。これをかぶりたいなんて、そんな変態みたいな……!」
くるみ「で、でも、もう手が勝手に……」ドキドキ
くるみ「」スチャッ
くるみ「気分はエクスタシィィィ!!!」ピカッ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1438954266

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/08/07(金)22:32:55.30
ID:sf0TstZfo
くるみ仮面「」ババッ、バッ (服を脱いで全裸に)
くるみ仮面「フォオオオオオオ……服など着ていられるか!」
くるみ仮面「何だ。この奥底からわいてくる溢れんばかりのパワーは……!」
『きゃあ!』
くるみ仮面「む!あれは、りーさんの悲鳴!」
くるみ仮面「屋上か!待っていろ、すぐ助けに行く!」
くるみ仮面「とうっ!」(窓からジャンプ)
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/08/07(金)22:34:37.77
ID:sf0TstZfo
【屋上】
りーさん「あー、びっくりしたわ。もう……」
???「どうした、りーさん?」
りーさん「あ、ううん。ちょっとムカデがいて、それで驚いちゃって」
???「そっか。なら安心だな。ああ、落としたシャベルはここにあるから」
りーさん「あ、うん。どうもありがとう」
プニッ続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆pxTJMwo04OvB
2015/05/31(日)22:55:27.68
ID:ib8/AV1NO
・安価スレ初めてです
・遅筆
・完結しないかも。その場合もギブアップ宣言はちゃんとします
・安価は絶対で頑張りますがキャパ超えたらごめんなさいします
電「以上注意せよ、なのです!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1433080527

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆pxTJMwo04OvB
2015/05/31(日)22:56:33.91
ID:ib8/AV1NO
司令官「僕がこの鎮守府に着任して、結構な時間がたった」
司令官「最初から僕を、鎮守府を支えてくれている電に加えて、暁、響、雷、多摩に瑞鳳にイクに……」
司令官「思えば、艦娘たちも増えて、賑やかな生活を追っている」
司令官「幸せな日々、深海棲艦との戦いはあるものの、穏やかで、暖かな日常」
司令官「そんな、恵まれたこの日常に。何かしらの変化がほしい。刺激的な、何かが――」ウズッ
司令官「とはいえ、いきなり非日常な日常を送るだなんて何も思いつかないし……」
司令官「誰かに相談してみるか。そろそろ秘書艦が来る時間だし、ちょうどいいな」
司令官「ええと、今日の秘書艦は……」
秘書艦↓2(誰でも構いませぬ。慣れてない子は非似ったらスマソ)
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/31(日)22:57:03.76ID:WZYlfuJSO
ぷりんつ
9:
◆pxTJMwo04OvB
2015/05/31(日)23:08:52.30
ID:ib8/AV1NO
プリンツ「GutenMorgen!今日の秘書官を務めます、プリンツ・オイゲンです。よろしくね!」扉ガチャ
司令官「おお、プリンツだったか。よろしく頼むな」
プリンツ「はーい、提督!ケドあれだよね、提督が私を秘書艦に任命するのって、珍
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語
2017/09/2200:34:40.67
ID:ipmm2K1M.net
曜「?♪」
梨子「あ、曜ちゃん」
曜「ん?梨子ちゃんだ、作曲進んでる?」
梨子「ん?まぁぼちぼちってとこかな、曜ちゃんは次の衣装デザイン決まりそう?」
曜「私もぼちぼちかなぁ」
梨子「お互い大変だね」フフッ
曜「まぁ楽しいからいいけどね♪」

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};

2:
名無しで叶える物語
2017/09/2200:36:43.99
ID:ipmm2K1M.net
梨子「ちょっと話し相手になってくれる?」
曜「うん、いいよ?」
梨子「ありがとう♪」
曜「そういえば昨日ルビィちゃんの誕生日だったね」
梨子「うん、曜ちゃんは何をプレゼントしたの?」
3:
名無しで叶える物語
2017/09/2200:39:27.95
ID:ipmm2K1M.net
曜「えっとね?お菓子の詰め合わせセットをあげたよ」
梨子「へ?っ、ルビィちゃんお菓子好きだもんね」
曜「梨子ちゃんは?」
梨子「私は香水にしたよ」
曜「わぁ…やっぱりオシャレだな?」
梨子「そうかな?」
曜「そうだよーっ
髪の毛もサラサラだし羨ましいなぁ…」
梨子「なんだか照れちゃうな…///」
5:
名無しで叶える物語
2017/09/2200:42:10.19
ID:ipmm2K1M.net
曜「梨子ちゃんちょっと手見せて?」
梨子「手?」スッ
曜「わぁ…やっぱり綺麗…いいなぁ
指もスラ?ってしてるんだね!」
梨子「ピアノやってるからかな?」
曜「きっとそうだよ!」
梨子「曜ちゃんは…」プニッ
曜「あぅっ…ほっぺた触らないでよ?///」
6:
名無しで叶える物語
2017/09/2200:44:55.15
ID:ipmm2K1M.net
梨子「マシュマロみたいでつい触りた
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆pxTJMwo04OvB
2016/11/04(金)20:13:45.50
ID:aT++VI6mO
・基本台本書き、書き溜です
・設定やキャラなど違和感があればゴメンナサイ
・間違った知識を披露していたら笑ってください
・お酒は二十歳になってから(艦娘はほら、みんな80歳とから大丈夫)
暁「以上、注意してよね!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1478258025

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆pxTJMwo04OvB
2016/11/04(金)20:14:22.08
ID:aT++VI6mO
一九〇〇 鎮守府 居酒屋『鳳翔』
多摩「まったく、提督の電コンプレックスもどうにかならんもんかにゃあ」プハ
球磨「加えてロリコンで六駆コンだからどうしようもないクマ。あ、生中おかわりクマー」プハー
多摩「カルーアミルクも追加でお願いするにゃ!」ドンッ
伊19「鳳翔さーん、こっちはおつまみが欲しいのねー!」
卯月「おつまみうーちゃんもー!」
鳳翔「はぁい、少し待っててくださいね。瑞鳳ちゃん、おつまみの方お願い出来るかしら」
瑞鳳「はい、任せてください!イク、卯月ちゃん。卵焼きで良いかなぁ?」
伊19「瑞鳳の卵焼きなら、何百個でも歓迎なの!」
卯月「ぴょん♪」
3:
◆pxTJMwo04OvB
2016/11/04(金)20:14:55.92
ID:aT++VI6mO
多摩「いつもいつも人前で惚気て……見せつけられる多摩の身にもなって欲しいにゃ」グチグチ
伊19「多摩はお酒が入ると愚痴っぽくなるのね」イヒヒ
球磨「察してあげて欲しいクマ。多摩も古株なのにケッコンしてるのは第六駆逐隊だけで、実質おあずけを喰らってる状態だから仕方がないクマ」ヒソ
伊19「んー……。着任順というか練度順で言えば次は多摩だろうし、もし多摩が指輪を貰えたらイクにも希望はあるんだけど……。でもてーとく、ロリコン
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/04/27(木)07:06:26.90
ID:x29FWFPV0
担当アイドルの生誕を祝うのはPの務め。
そんなわけで、これまでの思い出を振り返りつつ、
誕生日も祝っちゃおうというやつです。
もちろん、総選挙の投票もお願いしますよ!
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1493244386

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/04/27(木)07:07:27.19
ID:x29FWFPV0
https://imgur.com/29fH9Uv.jpg
聖來「ねえ……Pさん」
P「ん?」
聖來「ちょっと……こっち見てもらっても、いいかな」
P「どうかした?」
聖來「うん……ちょっと、アイコンタクト」
P「アイコンタクト?」
聖來「うん……Pさんはわんこ、ううん、犬、飼ったことある?」
P「いや、生憎と団地育ちでね、飼ったことはないんだ」
聖來「そっか……わんこはね、目を見てあげるといいんだよ」
P「そうなの?」
聖來「そう……目を見てあげるとね、落ち着くの」
P「……なるほど、こんな感じでいいかな」
聖來「うん……」
P「……」
聖來「……」
P「……」
聖來「……」
P「……落ち着いた?」
聖來「……うん、落ち着いた…と思う。へへ、マイク持つと…緊張するね」
P「そっか、でもそれは仕方のないことだよ……出番だ、アイドル水木聖來のデビューだよ」
聖來「が、頑張ってみるよ」
P「うん、行っておいで」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/04/27(木)07:09:14.85
ID:x29FWFPV0
https://imgur.com/vlrYJMN.jpg
聖來「ねえ、Pさん」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆pxTJMwo04OvB
2016/02/16(火)21:26:27.04
ID:bhEjJ9/mO
基本台本書き、書き溜めです
設定キャラクター等違和感あったらごめんなさい
朝潮「以上、注意してください」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1455625587

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆pxTJMwo04OvB
2016/02/16(火)21:27:06.29
ID:bhEjJ9/mO
朝潮「バレンタイン?」
大潮「そう、バレンタイン!最近鎮守府内はその話で盛り上がってるよ!」
荒潮「バレンタインねぇ。朝潮姉さんにはちょっと分からないんじゃないかしらぁ」
大潮「ええっ、いくら何でもそれくらいは知ってるでしょ!ねぇ?」
朝潮「ええ、知っているわよ」
大潮「ほら!」
朝潮「ヴァレンタインの語源はウァレンティヌス。バレンタインデーとは、269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ウァレンティヌスに由来する記念日だと、主に西方教会の広がる地域において伝えられていたの」
大潮「え、えぇ?……?」
荒潮「あら?、博識ねぇ」クスクス
3:
◆pxTJMwo04OvB
2016/02/16(火)21:27:57.39
ID:bhEjJ9/mO
朝潮「まぁ……冗談はさて置いて」
満潮「え”っ?あんた、冗談とか言えたの!?」
大潮「そこで食いついてくるんだ……」
朝潮「バレンタインとは女性が好意を持つ男性にチョコレートを送る日。それくらいは私も勉強しているわ」
朝雲「う、うーん?間違ってないというか合ってはいるけど、朝潮姉さんが言うと何か雰囲気を感じないというか……」
山雲「朝潮姉ぇってー……クリスマスの時も思ったんだけどぉ。イベント行事も『楽しむ』と言うより、『学ぶ』姿勢で居るわよね?」
朝潮「艦娘として生まれ変わってから、知らないことだらけの世の中なんだもの。日々が学びの毎日、学ぶことで司令官の助け
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/08/17(月)19:26:50.21
ID:914VSbkd0
材木座「恋愛小説における濡れ場を表現したいのだが、頭の中では、無理がある。
    どうか協力をしてくれないか。ご両人」
由比ヶ浜「やろう、ヒッキー」
八幡「いやだ、恥ずかしい」
由比ヶ浜「ヤろう…ヒッキー」レイプ目
八幡「そんな光を失ったような目で見るな、分かった、台本くれ」
材木座「さすがは八幡、頼りになるな」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1439807210

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/08/17(月)19:27:45.97
ID:914VSbkd0
――――――――――――――――――――
八幡「久しぶりだな、由比ヶ浜」
由比ヶ浜「うん、卒業してからだから、二年ぶりくらいかな」
八幡「セックスしろ」
由比ヶ浜「えっ?」
八幡「睡眠欲と食欲と並んでいるくらいだし、俺たちには必要なんだ」
由比ヶ浜「ななな何言ってんのヒッキー!?」
八幡「いやもう理屈抜きでお前としたい」
由比ヶ浜「え、え、え!?」
八幡「由比ヶ浜、もう逃がさないからな」壁ドンっ
由比ヶ浜「ふにゃぁ…」ギュッ
――――――――――――――――――――――――――
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/08/17(月)19:28:58.67
ID:914VSbkd0
材木座「というシチュエーションはどうだろう?」
由比ヶ浜「」
八幡「ねーよ。もはやシチュエーションですらない。あと実演した俺と由比ヶ浜に謝れ」
材木座「ま、待て。この二人がすでに両想いという設定ならどうだ?」
由比ヶ浜「今厨二はいいこと言った」
八幡「いや、それでも人が許される領域を超え
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆mLDidKKbwk
2016/04/04(月)04:23:48.16
ID:6UARNc9s0
アイドルマスターミリオンライブ!のssになります。
書き貯めなし、更新速度遅め。それでは投稿していきます。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1459711427

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆mLDidKKbwk
2016/04/04(月)04:40:13.44
ID:6UARNc9s0
杏奈「…」ピコピコ
P「おーい」
杏奈「…」ピコピコ
P「こらっ」チョップ
杏奈「!  …なに、プロデューサーさん」ジトー
P「ほら、時計見ろ」ユビサシ
杏奈「あ、もうすぐお仕事に行く時間…」
P「そういうことだ、ほら準備しろ」
杏奈「……」
P「ーーどした、杏奈」
杏奈「…ごめんなさい、ゲームに夢中で…怒ってる、よね…?」ショボン
P「……」
P「別に、怒ってないよ。次から気を付けてくれたらそれでいいさ」
P「それよりも、はたいて悪かったな。痛くなかったか?」ナデナデ
杏奈「!  う、うん。大丈夫…だよ」
P「よかった、じゃあ行くぞ。音無さん、杏奈を送ってきますねー」
杏奈「あ…待って、プロデューサーさん…」
小鳥(プロデューサーさん、杏奈ちゃんには他の子に接するより、少しだけ物腰が柔らかいのよね…無意識かしら?)
4:
◆mLDidKKbwk
2016/04/04(月)05:00:05.20
ID:6UARNc9s0
杏奈「プロデューサーさん…」
P「ん、どした杏奈」カタカタ
杏奈「今、忙しい…?」
杏奈「…って、見れば分かるよね。お仕事の、邪魔してごめんなさい…」
P「…っよし、終わった」カタッ、ッターン
P「今やらなきゃいけない仕事は終わらせたから、問題ないぞ。なんだった?」
杏奈「!  あのね、この前百合子さんとね
続きを読む

[ 閉じる ]
1:

SHmukQ/VZk
2017/12/1623:53:36
ID:ibl
R18は初投稿です。
一応R18作品ではございますが、
あんまりエロくはないです。
台本形式です。
よろしくおねがいします。

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};

2:

SHmukQ/VZk
2017/12/1623:54:17
ID:ibl
モバP(以下P)「比奈、ここに来てもらったのは訳がある」
比奈「何ッスかそのキャッチコピーみたいなセリフ」
P「まぁまぁ、そこに座りたまえ」
比奈「仮眠室に呼び出されたと思ったら…、よっこらしょういちッス」
P「おう乙女らしさがなくなるのやめーや」
P「まぁいい。比奈、お前にプロデューサーとしてお願いがある」
比奈「なんすか?私とプロデューサーの中ッス、遠慮せず頼んでくださいッス」
P「そうか、なら」
3:

SHmukQ/VZk
2017/12/1623:54:33
ID:ibl
P「胸を触らせてほしい」
比奈「えぇ…」
4:

SHmukQ/VZk
2017/12/1623:54:54
ID:ibl
比奈「一応聞くっすけど、なんでまた?」
P「知的好奇心」
比奈「知的好奇心」
比奈「えぇ…」
P「漫画のために実体験したいってことあるだろ?それと同じ」
比奈「わからなくもないッス」
5:

SHmukQ/VZk
2017/12/1623:55:17
ID:ibl
P「ということだ」
比奈「どういうことかはわかったッスけど、理解はできてないッスよ」
P「ダメか?」
比奈「ダメッスよ」
比奈「ダメッスよ?」
比奈「……….だ、ダメッスよ?」
P「おい待てなんで三回繰り返した」
6:

SHmuk
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語
ID:???
|c||^.-^||「やってきましたわ!動物園でしてよ!」
果南「今日のダイヤは、テンション高いな?。」
鞠莉「マリーとお 楽 し み だったからデースね!あのクマが証拠ネ!」
|c||^.-^||「く、クマ!?全く、鞠莉さんは何をおっしゃっているのか…。」
花丸「熊カレーずら?☆」
ゅびぃ「taべたRaカワィsoだょ はな まぅ chan!ゅB うさぎ3 みたぴ フレぁい コォナーも aるよ♪ 」
花丸「マルもやりたいずら?」

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};

2:
名無しで叶える物語
ID:???
UB「ぃっιょ に ゃロ!ょshiこ chanハ?ナニがスき?」
ヨハネ「うーん、ヨハネ的にはユニコーンとか…ペガサスのが… いえ ケルベロス!ね!あと、ょhaね!」
梨子「あ あはは… い、いないとおもうなぁ・・」
ヨハネ「ッム!なによ!な、ならヤ、ヤギ…とか。…そういうリリーは犬でしょ! ノクターンでしょ!
     ヨハネはなんでもお見通しなのよ!ケルベロスだったらスリーノクターンズね!」(ギラン)
梨子「ッツ!ちょ ちょっと も?!よっちゃん??…」(ススス)
      『そういう事言う悪い子は、壁クイ満タン☆スノーライフにしちゃうゾ☆』(ボソッ)
3:
名無しで叶える物語
ID:???
善子「ハ、フふぇ…」(こわいこわすぎる、。さよなら、ようよしの夏の思い出。嗚呼…ヨハネの顎が不毛地帯になっ…ちゃう…。
          あ、でもそれはそれで…。じゃなくて!…え、あ、でも逆? 逆だと…。ヨハネの指…。全部ばね指になっちゃうん、だろうなぁ…。
          うん、なる、きっと絶対)
梨子:「ね?善子ちゃん?」
善子「は、はい。わたしは善子です…。」
(クイクイ)
善子「うぁっ、った たすke っったたタカミーさんはどううう なんでしょうう?」
|c||^.-^||(ソワソワ)続きを読む

[ 閉じる ]
1:
風吹けば名無し
2017/12/1617:25:26.66
ID:49R6SqDc0.net
わいのうんこ伝説きく?

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};

2:
風吹けば名無し
2017/12/1617:25:47.90
ID:49R6SqDc0.net
遡ること幼少期
バッバの家に預けられた日やった
5:
風吹けば名無し
2017/12/1617:26:08.30
ID:49R6SqDc0.net
外で遊んでたらとんでもない便意に震え
急いでトイレに駆け込んだ
6:
風吹けば名無し
2017/12/1617:26:36.81
ID:49R6SqDc0.net
しかし開かない
バッバがうんこしてた
バッバのうんこは長い
15分以上かかる
7:
風吹けば名無し
2017/12/1617:26:58.94
ID:49R6SqDc0.net
もううんこは校門をノックしている
出さなければ
外に出て
家の裏、倉庫前
ここにきめた
9:
風吹けば名無し
2017/12/1617:27:12.43
ID:49R6SqDc0.net
うんこした
11:
風吹けば名無し
2017/12/1617:27:54.50
ID:49R6SqDc0.net
それからと言うもの
事あるごとにトイレを占領するバッバに頭を悩ませた
それから
倉庫前の定位置でうんこをするのが楽しかった
12:
風吹けば名無し
2017/12/1617:28:18.03
ID:49R6SqDc0.net
そしてある夕飯の時
バッバが倉庫前にうんこがある
野良犬が入ってしとるんやろーなぁ
ほんま困ったもんや
あんた知らんかね?
と聞かれて青くなった
13:
風吹けば名無し
2017/12/1617:28:32.03続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語(庭)@?(^o^)/
2015/07/0222:32:20.60
ID:LM9HPMos.net
海未「穂乃果から電話が来ましたが、なんだか苦しそうですね」
海未「早く帰りましょう」ニッコリ

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};

4:
名無しで叶える物語(庭)@?(^o^)/
2015/07/0222:43:06.71
ID:LM9HPMos.net
海未「ネトラレだったりしませんかね」ガチャ
穂乃果「あん!良いよぉ!海未ちゃんのよりおっきい!」パンパン
ことり「ちゅん!ちゅん!」パンパン
海未「ほらぁ(歓喜)」
9:
名無しで叶える物語(庭)@?(^o^)/
2015/07/0222:48:51.38
ID:LM9HPMos.net
穂乃果「ごめっんねぇ!もう海未ちゃあぁん!じゃ満足できないのぉ!」パンパン
ことり「ちゅん!ちゅん!」パンパン
海未「あなたは最低です!」シコココ
10:
名無しで叶える物語(庭)@?(^o^)/
2015/07/0222:51:15.34
ID:LM9HPMos.net
穂乃果「あぁ!中にでてるぅ!んんー!妊娠確実ぅ!」ビクンビクン
ことり「ちゅん!」ドクンドクン
海未「うっ」ビュルルル!!!!
11:
名無しで叶える物語(庭)@?(^o^)/
2015/07/0222:54:50.57
ID:LM9HPMos.net
ぽわんぽわんぽわーん
海未「なんてことになってないでしょうか…。心配ですね」
海未「穂乃果なら大丈夫ですね」ニッコリ
海未「ただいま帰りました」ガチャ
穂乃果「んあ!妊娠確実ぅ!」
ことり「ことりの子を孕むちゅん!」ドクンドクン
海未「ほらぁ(感涙)」
17:
名無しで叶える物語(庭)@?(^o^)/
2015/07/0223:07:31.18
ID:L
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/09/2403:06:49.477
ID:8VeqN1on0.net
ルフィ「やばいやばいやばいぞこれ・・ 世界一の大剣豪になっちまったよ・・」
ルフィ「サンジのやつもなんかオールブルー見つけたっぽいしチョッパーもなんか薬見つけたっぽい」
ルフィ「ウソップもまぁもう十分以上に勇敢な海の戦士になったし」
ルフィ「残ってるのはあとナミとロビンと骨か・・・」
ルフィ「でも骨は帰るだけだしなー」

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};

6:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/09/2403:11:17.517
ID:8VeqN1on0.net
ゾロ「ん・・?どうしたんだルフィ」
ルフィ「おお 何でもないそれより今日は宴だな」
ゾロ「ああそうだな・・・」
チョッパー「いやゾロおまえ傷だらけじゃないかこの薬をのめ」
ゾロ「おおありがとよ」
ゾロ「いやあ流石万能薬だな病気どころか怪我すら一瞬でなおるんだもんな」
ゾロ「流石に目も治ったときは驚いたぜ」
9:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/09/2403:14:36.251
ID:8VeqN1on0.net
フランキーってなんか目的みたいなのあったっけ?
ルフィ「宴だぁあああ」
ナミ「その前にちょっと聞いてほしいことがあるの」
サンジ「どうしたんだいナミさん」
ナミ「今まで黙ってたんだけど・・海図もう完成してるの・・」
12:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/09/2403:16:44.491
ID:8VeqN1on0.net
全員「なにぃいいいい」
ナミ「私修行中空島にいたでしょ?」
ウソップ「ああっ そうだったな」
ナミ「あの島浮いてるから どこにでも自由に行けるのよだからそのときに・・・」
サンジ「なるほどね」
ウソップ「まっまぁよかっ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/09/28(日)20:22:25.68
ID:2aYizdRu0
仁奈「仁奈は園児じゃねーですよ・・・」
薫「かおるだってもう小学生なのに?」
千佳「保育園児にへんし?ん」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1411903335

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/09/28(日)20:36:34.52
ID:2aYizdRu0
『かかったなアホが』
ってやりたかったのに誰も反応してくれないんだこれが
志乃「ということで??」
礼子「保育園プロ合同ライブの打ち上げ開始しまーす!」
瑞樹「イェーイ!・・・ってアンタら言いなさいよ!」
楓「いえいえ・・・ふふっ」
礼「開始しますはいいけど、まだ来てない子結構いるわよ?」
礼子「いいのよそのうち来るんだから。志乃なんて始める前から飲んじゃってるし」
礼「そういうもんかしらね・・・」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/09/28(日)20:39:18.73
ID:2aYizdRu0
楓「おさけ」
礼子「ん?はいはいお酒ね。ほら注いだげるからお猪口だしなさい」
楓「避けられない・・・ふふっ」
瑞樹「ったくこの25歳児は・・・先輩に注がせてんじゃないわよ!礼儀ってもんがなってないんだから」
志乃「いいじゃない別にそのくらい。無礼講ってやつよ」
瑞樹「そうやって甘やかすからダメなのよ!見なさいどんどん退行が進んで・・・仕事以外じゃ駄洒落と『おさけ』しか喋んなくなっちゃたわよ!」
楓「おさけ」
礼子「はいはい」
志乃「あらほんとね。まあいいじゃない仕事はちゃんとしてるんだし」
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/09/28(日)20
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/31(木)21:34:52.45
ID:Rt7GChPD0
アイドルマスターミリオンライブのSSになります。
書き貯めなし。投稿速度遅め。のんびり書いていきます。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1459427692

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/31(木)21:41:30.44
ID:Rt7GChPD0
グリP(以下P)「顔真っ赤にしてあたふたする朋花を見てみたい」
P「朋花だってまだ15歳だ。大人びた言動をしているが、まだまだ制服を着て学校に通っているいたいけな少女だ」
P「たまに見せる無邪気な笑顔もいいが、どうせならもっといろいろな朋花の表情を見てみたい」
P「というわけで、今日はよろしく頼むぞ。亜利沙」
亜理紗「なんでありさは呼ばれたんです?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/31(木)21:55:34.57
ID:Rt7GChPD0
P「だって考えてもみろ朋花だぞ?」
亜利沙「朋花ちゃんですね」
P「朋花があたふたしているところが想像できるか?」
亜利沙「できません!」
P「そこで、亜利沙のアイドルデータベースの出番だ」
亜利沙「ふむふむ」
P「亜利沙のデータベースから導き出された、朋花が思わず照れてしまうような行動を俺がする」
亜利沙「なるほどです!」
P「ということで、朋花には事務所の談話室で待機してもらっている」
亜利沙「無駄に準備がいいですね!」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/31(木)22:08:54.90
ID:Rt7GChPD0
P「よし、では何をしようか」
亜利沙「むむむ…では!ハグなんてどうでしょう?」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/08/06(土)00:09:34.78
ID:pGfSI1Cy0
元ネタは某ゲーム
あと、汚い発言が多いので注意
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1470409774

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/08/06(土)00:10:51.23
ID:pGfSI1Cy0
那珂「今日の出撃はー…那珂ちゃんが旗艦ー!」
那珂「さぁついてきてみんなー!いっくよー!」
金剛「ヘーイ!」
アイオワ「ワーオ!」
ビスマルク「ビスマルクの戦い、見せてあげるわ!」
ポーラ「えへへへ?♪」
龍驤「お、おおう…なんか今日のメンバーは個性的な集まりやな…」
龍驤「めっちゃ色んな国の奴らおるけど…まぁ賑やかで楽しそうかな?」
龍驤「ウチは後方支援担当やし、のんびり見守りながら戦おっと」
…この時、ウチはまだ思いもしてなかったんや
今日、あんな事件が起こるなんてことは…
それは出撃の帰りのこと…
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/08/06(土)00:12:46.91
ID:pGfSI1Cy0
?敵艦隊見ゆ!?
那珂「どっかーん!」
ビス「ファイヤー!」
龍驤「いやー、圧倒的やな、ウチら…」
龍驤「まぁ戦艦が3人に重巡もおるし。当たり前か」
ポーラ「これで最後?!」
金剛「仕留めたデース!完全勝利S!」
アイオワ「私たちの圧勝だわ!」
龍驤「お疲れさん。じゃ、鎮守府に帰ろっか」
龍驤「…ん?おや?背後から何か気配が…」
イ級「…」フラフラ
龍驤「…っ!敵の残党!?」
イ級「…」ポーイ
龍驤「あ、那珂に向かって何かを…!」
カチッ
龍驤「…あれ?砲撃やないんか…?そのまま逃げてったし…」<
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
4
5
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。