SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:SSマンション
<<
2018年04月
>>
300件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
4
5
>>
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/05/05(木)21:31:07.22
ID:it6hCvEDO
松野家
おそ松「平日の昼間からゴロゴロ?ゴロゴロ??」ゴロゴロ
おそ松「あ?一生遊んで暮らしてぇ」ホジホジ
ガラッ
トド松「今日も素敵だね、兄さん!」ニコッ
おそ松「お?おかえりー。ちゃんと暇潰してる?」
トド松「もちろん!働く時間がもったいないから全力で遊んできたよ!」
おそ松「いいね?。トド松は将来有望だね?。どっかの口だけ就活マンとは違うね?」
トド松「あはは!ああはなりたくないよねぇ??」
おそ松「いや?よくできた弟を持って俺も鼻が高いよ?」ゴロゴロ
トド松「え?兄さんには負けるよ??」テレッ
おそ松「イヒヒ……そぉ??」
トド松「じゃあ僕も兄さんにあやかって暇潰そっかなー」ゴソゴソ
おそ松「……?」
トド松「じゃーん!」バッ
おそ松「ノートパソコン…?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1462451467

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/05/05(木)21:32:26.94
ID:it6hCvEDO
おそ松「どうしたんだ、それ?」
トド松「今どきパソコンもない家なんてありえないって笑われちゃってさ?だから友達にもらったの!」
おそ松「タダで?」
トド松「うん。新しいの買い換えるから処分したかったんだって?」
おそ松「へー?でもそれって繋がなきゃできないんだろ?」
トド松「えへへー!もう繋いじゃった?」
おそ松「?」
トド松「母さんにおねだりしたらいいって言ってくれたんだー?」
おそ松「おー!やるねー!家計を助けないクセに出費ばっかり産み出すねー!」
トド松「そんなに褒めないでよー?」テレテレ
おそ松「よっ!ワースト1位!」パチパチ続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/02(金)19:13:21.63
ID:YskqL1KX0
ヒッポリト星人は、ウルトラマンAにでてくる敵です。ヒッポリトカプセルと言うものが有名です
リンク ヒッポリト星人 リンク内にヒッポリトカプセルのリンクもあります

https://dic.pixiv.net/a/%E3%92%E3%83%E3%9D%E3%AA%E3%88%E6%9F%E4%BA%BA
※夢オチだよ! 短いよ!キャラ崩壊どころではありません
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1517566401

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/02(金)19:15:25.88
ID:YskqL1KX0
P「ヒッポリトカプセルか・・・で、これは?」
光「・・・閉じ込められてる晴」
(晴)「」バン!バン!
P「どうすんだよこれ!・・・え、これどうするのほんとに?」
(晴)「」ゲシッゲシッ!
P「これなあ。内側からだとメタリウム光線でも壊せないんだろう?」
※ウルトラマンAの必殺技です
光「・・・うん。どうしよう」
P「声も聞こえないしなあ。後な、晴さんや。今日スカートだってこと忘れてないか?」
(晴)「!?」
光「うん。さっきから見えてるなーとは思ってた」
P「・・・あ。スカート抑えて怒ってる。こっちの声は聞こえてるんだな。どうすっかなこれな」
光「くそっ!アタシはなんて無力なんだ!」
P「てかこんなん誰が用意したんだよ。試しに持ち上げて・・・あ、無理だ。持ち上がんねえわこれ」
光「・・・朝来たら2個の割れたカプセルがあってさ。もしかしたらって思ったけど止められなかった・・・」
P「晴がさわったときにしまったわけか・・・しかしほんとどうしよう、試しに必殺技を打ってみるか」
光「え!?Pさん必
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆HbpyZQvaMk
2015/10/01(木)11:10:35.59
ID:Svqg/e0KO
キャラ、口調崩壊あります
安価です
みりあ「みりあも>>5やるー!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1443665435

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/10/01(木)11:18:01.18ID:NSE2LEF5o
窮地に追い
8:
◆HbpyZQvaMk
2015/10/01(木)11:26:31.81
ID:Svqg/e0KO
みりあ「みりあも窮地に追いやるー!」
モバP「やめなさい」
みりあ「あ、プロデューサーさん!」タタタ
比奈「ふー………やっと終わったっす……」
みりあ「みりあねー、窮地に追いやるー!痛っ!」ガンッ
比奈「え?……あぁぁぁぁぁ!インク瓶が倒れてるっすー!」
みりあ「ご、ごめんなさい!」
比奈「いやぁぁぁぁぁぁぁ…………原稿がぁぁぁぁぁ………」
モバP「……俺も手伝うから……」
9:
◆HbpyZQvaMk
2015/10/01(木)11:27:16.96
ID:Svqg/e0KO
みりあ「みりあも>>11やるー!」
11:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/10/01(木)11:27:45.69ID:iPuoOqrvO
ノーパンダンス
13:
◆HbpyZQvaMk
2015/10/01(木)11:34:37.87
ID:Svqg/e0KO
テレビ「安心してください。履いてますよ」
みりあ「……………………プロデューサーさん」
モバP「んー?」
みりあ「みりあもノーパンダンスやるー!」
モバP「え?」
美嘉「え!!」
みりあ「あのテレビの人みたいにやるー!」続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆iUFOzRwgx6
2014/02/14(金)23:47:58.06
ID:HtwFFH5G0
あの時の彼女は、とても輝いていた。
彼女の言葉を借りるならまさに『キラキラ』していた。
その『キラキラ』が最高潮になった瞬間。
彼女は私達の前から消えた。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1392389278

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆iUFOzRwgx6
2014/02/14(金)23:49:52.56
ID:HtwFFH5G0
あれから5年。
私はまだ歌を歌い続ける事が出来ていた。
ただただ走り続けてきた間も。
私も仲間も、彼女の事を忘れた事はない。
事務所にたまに仲間が集まった時。
話題には出さないものの。
様子が気になっているのが、皆顔に出ていた。
4:
◆iUFOzRwgx6
2014/02/14(金)23:51:11.71
ID:HtwFFH5G0
別に喧嘩別れしたわけではないし。
連絡先を知らないわけでもないし。
でもなんとなく、連絡しづらくて。
とある大学に通っていると、水瀬さんに聞いたけど。
そんな事をボンヤリと思ったのは。
その……とある大学がある街にいたからだ。
5:
◆iUFOzRwgx6
2014/02/14(金)23:52:40.19
ID:HtwFFH5G0
私には珍しい、街歩きロケが終わって、現地で一人直帰をスタッフに告げたのは。
もしかしたら、彼女にバッタリ……なんて。
そうそう物事が都合良く運ぶはずは……あるものなのね。
「美希!」
5年経ってても見間違えるはずもない。
だって、彼女はアイドルを辞めてもまだ……
とても『キラキラ』していたから。
6:
◆iUFOzRwgx6
2014/02/14(金)23:54:13.09
ID:HtwFFH5G0
「……千早さん!
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
名無しで叶える物語(笑)
2018/02/02(金)16:16:21.85
ID:JNN6o3B/
棺35基目

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
名無しで叶える物語(笑)
2018/02/02(金)16:19:56.73
ID:JNN6o3B/
絵里「希ったら私のチョコを勝手に食べちゃったのよ」
ことり「あらら」
絵里「にこに言ったら『そんなところに置いてるあんたが悪い』って」
真姫「どこに置いてたの?」
絵里「希の机の上」
ことり「それは食べられても仕方ないんじゃないかやぁ?」
海未「全く貴女はいつになったらまともに宿題を……」クドクド
穂乃果「うぇーい……」
3:
名無しで叶える物語(笑)
2018/02/02(金)16:23:24.21
ID:JNN6o3B/
絵里「だって私の机は書類で置けなかったから。ちゃんと一言言ったのよ。あ、キットカットもらうわね」ガサガサ
ことり「うんいいよ」
真姫「希なら食べちゃうに決まってるじゃない。私も貰うわ」
ことり「うん。今回は絵里ちゃんが悪いんじゃないかなぁ」
絵里「そんな……貴女たちもそう言うのね」
海未「大体普段からコツコツやっておけば……」クドクド
穂乃果(私もキットカット欲しい)
4:
名無しで叶える物語(笑)
2018/02/02(金)16:28:29.18
ID:JNN6o3B/
絵里「怒ったら『ウチの机にあったからウチのもんや?』だって」モグモグ
ことり「あはは……」
真姫「ま、希ならそう言うでしょうね」モグモグ
絵里「全く希は仕方ないわ……」
ことり「ん?でも、希ちゃんならそうしちゃうって絵里ちゃん分かってるでしょ?」
絵里「まぁ……そうね」
真姫「だったら、絵里の落ち度の方が高いんじゃない?勝手に食べた希も悪いけど」
海未「昔から貴女はいつも宿題をやらないで私やことりに……」クドクド
穂乃果(
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/09/22(火)21:37:54.63
ID:C+0oYgmz0
武内P「渋谷さん、その手に持っているスーツは私のスーツなのですが……」
武内P「いえ、ですからそれでなにをしているのかを聞いているのですが……」
武内P「匂いを嗅いでいる?やめてください、さすがに恥ずかしいので」
武内P「いえ、いい匂いとかではなくてですね……」
武内P「とりあえず渋谷さんが落ち着いてください。これを嗅げば落ち着くと言われましても……これ……私のハンカチなのですが……」
武内P「無くなったと思ったら渋谷さんが拾っていてくださったんですね」
武内P「え?…拾ったんじゃなくて盗んだ?なにをやってるんですか」
武内P「というよりどうやって盗ん……とりあえずその嗅いでいるスーツを置いてください」
武内P「…………もういいです。そのままでいいので聞いてください。人のものを盗むのは犯罪です」
武内P「ですからもうやめて……おい、そのネクタイどこから出した。今スカートの中から出しただろ」
武内P「おい、逃げるな、渋谷!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1442925474

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆HbpyZQvaMk
2015/09/22(火)21:38:41.61
ID:C+0oYgmz0
いい忘れてましたがキャラ崩壊あります
4:
◆HbpyZQvaMk
2015/09/22(火)21:44:54.29
ID:C+0oYgmz0
武内P「おはようございます、島村さん」
武内P「寝不足のようですが……プロデューサーさんの言う笑顔について考えていた?……そうですか……」
武内P「…………いえ、違います。私の言う笑顔はそんなゲスい笑顔ではありません」
武内P「やめてください。アイドルが……というより女性がしていい顔ではないです」
武内P「その顔でもないです。ど
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆HbpyZQvaMk
2015/08/24(月)21:29:48.95
ID:/7JlRrQ/0
赤羽根P「飲むか」
武内P「一緒に飲みますか?」
の続きですが別に読まなくても大丈夫です
キャラ崩壊などが大丈夫な方はお付き合いください
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1440419388

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆HbpyZQvaMk
2015/08/24(月)21:34:20.26
ID:/7JlRrQ/0
武内P「音無さん……ですか?」
赤羽根P『そうそう。大丈夫か?』
武内P「大丈夫ですが……」チラッ
ちひろ「…………」カタカタカタカタ
武内P「千川さんも大丈夫ですか?」
赤羽根P『わかった。じゃあ小鳥さんも誘っておくから』
武内P「はい。失礼します」
ちひろ「765のプロデューサーさんですか?」
武内P「はい。千川さん、今日この後時間ありますか?」
ちひろ「まさか飲みですか?」
武内P「はい」
3:
◆HbpyZQvaMk
2015/08/24(月)21:40:06.13
ID:/7JlRrQ/0
ちひろ「大丈夫ですよ。すぐ仕事終わらせますね」カタカタカタカタ
武内P「わかりました」
<765プロの事務所>
赤羽根P「ふぅ」
小鳥「お疲れ様です」
赤羽根P「ありがとうございます。小鳥さん、このあと飲みに行きませんか?」
小鳥「いいですね。もう店は取ってありますか?」
赤羽根P「まだですけど……」
小鳥「なら行ってみたい店があるんですよ!」
4:
◆HbpyZQvaMk
2015/08/24(月)21:48:14.26
ID:/7JlRrQ/0
赤羽根P「わかりました。とりあえず友人にもその場所を伝えておきますね」
小鳥「もしかしてさっき話していたのって……」
赤羽根P「はい。俺の後輩です」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/03/27(金)23:22:01.92
ID:ZIHdQApr0
P「んぅ……?」パチッ
P「ふわぁ……寒っ」ブルッ
P「……うん? あれ?」
P「ここ、どこだ……? は? 公園? え、なんで?」
P「っていうか、声が……んん? なんでスーツ着て……っていうかサイズがぶかぶか……」
P「えっ、ちょ、まさか……!?」ゴソゴソ
P「俺、女の子になってるのか!?」
>>3 女の子になっていたPの年齢は? (3歳以上、20歳以下で)
>>6 女の子になっていたPの体型は?
・普通
・ぽっちゃり
・千早
・むちむちエロボディ
・ロリ
・人外娘
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1427466121

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
6:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/03/27(金)23:23:41.16ID:Yhx3JosEO
えろぼでぃ
9:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/03/27(金)23:35:38.82
ID:ZIHdQApr0
―――公園の公衆トイレ―――
P「見たところ、高校生くらいの女の子といったところだろうか」
P「結構……いや、かなり可愛い顔だと自分では思うが、これって一種のナルシストになるのか?」
P「体型は……ふむ。貴音やあずささんに負けず劣らずのナイスバディ。むちむちでとてもエロイな」ボイン
P「―――っじゃねぇ!!!」
P「なに冷静に観察してるんだ俺!! なんだこれ!? 夢か!? そうなのか!? そうであってくれ!!」
P「ああくそっ、夢の中で夢と気が付いたとき即座に目覚める事ができるなんて特技、持ってなきゃ良かった!!」
P「おかげでこれが夢じゃないってことが悲しいほどにわかったよちく
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆TOYOUsnVr.
2018/02/02(金)01:44:50.92
ID:BHsgrPsN0
凛「いや、えっ?」
P「ノースリーブのタートルネックってエロくないですか、って」
凛「それ。私を見て言ってる?」
P「他にどこにノースリーブのタートルネックがいるって言うの」
凛「なんでちょっと偉そうなの」
P「で、ノースリー」
凛「もうわかったから、三回も言わないで」
P「はい」
凛「それで? なんだっけ。私の今の恰好がその、卑猥に見えるわけ?」
P「卑猥って言い方はなんか違う」
凛「うん。それはそうだよね。普通の服着てるわけだし」
P「わかんないかなぁ」
凛「ごめん。本気でわからない」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1517503490

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆TOYOUsnVr.
2018/02/02(金)01:45:20.05
ID:BHsgrPsN0

P「んー。なんて言ったらいいだろう」
凛「っていうか、逆に質問するけどさ」
P「うん」
凛「ノースリーブのタートルネックが仮にプロデューサーが言うとおり、そうだとして」
P「仮にと言うか、実際にだけどな」
凛「その話はまた拗れるから一旦聞いて」
P「はい」
凛「普通、ノースリーブのタートルネック着てる相手に言う?」
P「………………つまり、だ」
凛「うん」
P「凛は俺にこう言いたいわけだ」
凛「?」
P「お前はデリカシーがない、と」
凛「デリカシーと言うよりは、モラルかな」
P「はい」
3:
◆TOYOUsnVr.
2018/02/02(金)01:45:55.52
ID:BHsgrPsN0

凛「重ねて聞くけどさ」
P「はい」
凛「事の経緯を早苗さんやちひろさんに私が話したとして」
P「ごめんなさい」
凛「察しが早くて助か
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
@コヒナタ
2016/12/16(金)00:03:57.97
ID:g4iXPbsKo
12月16日は美穂ちゃん誕生日、そんな記念のお話です
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1481814237

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆WJfkFowgA.
2016/12/16(金)00:06:58.60
ID:g4iXPbsKo
 小学校の頃、家族みんなで北海道旅行に行ったことがありました。生まれて初めて乗る飛行機に終始ビクビクしていたり、札幌駅の時計台にビックリしたり、美味しいご飯を食べたり。10年近く経った今でも記憶の中に残っている大切な思い出。
 そして私はあの時見た光景を一生忘れることはないと思う。
『美穂! 美穂起きろ! 凄いぞ!』
『うぅん……なぁに、おとうさん……』
『外を見てみろ! 綺麗だろ――』
 普段は寝ぼすけなのに、珍しく朝早く起きて興奮気味なお父さんに無理やり起こされて見た外の景色はテレビで見たアイドルのステージのようにキラキラと輝いていた。
『わぁ……』
 朝陽の光を反射して、虹色に輝くダイヤモンドダストを――。
3:
◆WJfkFowgA.
2016/12/16(金)00:08:36.23
ID:g4iXPbsKo
 とても寒い朝だった。柔らかな日差しが窓から差し込んでくるけど吐く息は白く、温もりのある毛布から出よう出ようと格闘すること4分少し。
 このまま夢の世界に戻ろうよ、暖かいよーと甘く囁く布団の誘惑を振り切り立ち上がると、枕の隣でコテンと寝転がっているシロクマさんに挨拶をする。
「おはよう、プロデューサーくん」
 去年のクリスマスにファンからもらって以来、私の夢のお供となったこの子に挨拶をするのが日課のようになっていた。
おはよう、行ってきます、ただいま、おやすみなさい。彼がうちに来てから1年近く経った今でも私は当たり前のように続けている。一番親しい人の名前をつけた彼が
いつの日か
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆ag9TZfREZs
2018/01/31(水)22:20:27.06
ID:3MMeUcz10
キャラ崩壊注意
提督「椅子に座ったおかげで、ブーブークッション踏まされた後で触手に拘束され、大量の水を浴びせられてからネコミミをつけられた上に額に『肉』と落書きされ、脇をくすぐられつつ低周波マッサージをされながら熱々おでんを食べさせられると同時にゲームのLV上げをさせられ、感度3000倍にされたところをニ●生で絶賛生放送中だから大惨事だ!!」
提督「卯月が!!」
卯月「ぴ゛ょ゛お゛お゛お゛お゛お゛お゛お゛お゛お゛お゛お゛お゛お゛お゛お゛お゛お゛お゛ん゛!!」ビクンビクン
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1517404826

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆ag9TZfREZs
2018/01/31(水)22:21:34.32
ID:3MMeUcz10
提督「全員目を閉じろ!」
提督「トラップを仕掛けたものは、正直に手を挙げなさい!」
提督(こんなひどいことを繰り返さないよう、しっかり注意しなくちゃな!)プンスカ!
3:
◆ag9TZfREZs
2018/01/31(水)22:23:55.11
ID:3MMeUcz10
睦月「……」ノ
如月「……」ノ
弥生「……」ノ
皐月「……」ノ
水無月「……」ノ
文月「……」ノ
長月「……」ノ
菊月「……」ノ
三日月「……」ノ
望月「……」ノ
提督「なん……だと……!?」
4:
◆ag9TZfREZs
2018/01/31(水)22:24:53.96
ID:3MMeUcz10
提督「まさか、全員が仕掛けていたとは……!」
提督「1つずつ確認するからな!全部分かるまで返しませんからね!」
提督「しっかり説教するまで提督許しませんからね!」
「「はーい……」」
卯月「ぴ゛ょ゛お゛お゛お゛お゛お゛お゛お゛お
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/10/12(月)23:09:10.76
ID:/s8rM2Xqo
某潜水艇
雪ノ下「なにこれ」
八幡「減圧室だ」
由比ヶ浜「減圧室?なんかコインランドリーの乾燥室みたいだけど」
雪ノ下「何に使うの?」
八幡「ダイバーが減圧症にならないようにするためだ」
雪ノ下「減圧症?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1444658950

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/10/12(月)23:14:00.74
ID:/s8rM2Xqo
由比ヶ浜「減圧症ってなに」
八幡「通常の気圧なら血液に溶け込んでいる窒素などが、加圧される事によって気体となり血管を閉塞させる。それが減圧症だ」
雪ノ下「でそれと減圧室と何の関係があるのかしら」
八幡「減圧室で徐々に減圧させる事によって、その症状の改善を図るわけだ」
雪ノ下「つまり、この減圧室というのは密室空間の中で加圧減圧を可能にする装置ということね」
八幡「ま、そんなとこだ」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/10/12(月)23:15:16.30
ID:/s8rM2Xqo
雪ノ下「とりあえず中に入ってみるわ」
由比ヶ浜「ゆきのん、次かわってね」
雪ノ下「勿論よ」
八幡「入ったか?鍵を閉めるぞ?」
雪ノ下「ええ。お願い」
ガチャン
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/10/12(月)23:19:46.71
ID:/s8rM2Xqo
由比ヶ浜「雪ノ下まるで乾燥機の中にいるみたいだね」
八幡「まぁそう見えなくもない」
由比ヶ浜「ねえヒッキー、加圧MAXの状態から変圧ホースを切って急減圧を掛けたらゆきのんはどうなっちゃうの?」<
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/04/09(土)21:16:21.78
ID:2eOL1LzDO
【ウエスタンショー】
ヒュールルル………
カラ松「砂漠の町で始まるストーリー…」スタスタ
猫の毛玉みたいな藁「」コロコロ
カラ松「寂れた街並み…大量の墓地……辛気臭いツラした大通り…」スタスタ
『酒場・デカパンBAR』
カラ松「ふっ…こんな乾いた町にもオアシスはある、か」ニッ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1460204181

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/04/09(土)21:17:04.53
ID:2eOL1LzDO
ガラッ
カラ松「……」
ワイワイガヤガヤドンチャンドンチャン
チビ太「グェヘヘへ!!オラァ!!肉だ、酒だ、女だぁ!!とっととしやがれ!てやんでぇ!?」ブンッ
バリンッ
デカパン「ホェホェ!ただいま用意しますダス!」アセアセ
カラ松「マスター…気の遠くなるようなバーボンをくれ」キランッ
デカパン「お冷やダス」バシャッ
カラ松「……」ビショビショ
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/04/09(土)21:18:17.21
ID:2eOL1LzDO
チビ太「アニキぃ!?あそこにべっぴんな姉ちゃんがおりやすぜ!?」
イヤミ「チミ、チミ!こっちに来て一緒に飲むザンス?」
トト子「わ、私が超絶キュートなのは分かりますけど…お仕事中ですから…」オロオロ
チビ太「うるせぇバーロー!!アニキが飲めってんだ!?」ガッ
トト子「い、イヤッ!やめてください!困ります!?トト子はみんなの物だからー!?」ジタバタ
イヤミ「…じ、自己主張が強いザンスね」
カラ松「おい、ごろつきども」
チビ太「あんだと!?今ほざい
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/01(木)20:44:35.72
ID:HSorlHJxo
―刃牙の家―
刃牙「さ、メシにしようぜ」
勇次郎「うむ」
モニュ… サク… ゴク… パク… モニュ… ソボ…
刃牙「フゥ?……食った食った」ゲフッ
勇次郎「…………」ペコッ
刃牙「そうだ。親父に会ったら、聞きたいことがあったんだ」
勇次郎「なんだ?」
刃牙「親父ィ……仮想通貨ってなんだい?」
勇次郎「!?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1517485475

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/01(木)20:46:29.95
ID:HSorlHJxo
勇次郎「なぜ、そんなことを……?」
刃牙「近頃、テレビで仮想通貨ってのが話題になってるけど、俺はどんなものか全く知らなくてさ」
刃牙「親父は俺と違ってアタマいいし……もしかしたら知ってるかと思って」
勇次郎「フンッ……あんなもん、ガキが手を出すシロモノじゃねェ」
刃牙「もちろん、手を出すつもりなんかないよ」
刃牙「ただ、どういうものかってことぐらいちゃんと知っておきたくてさ」
勇次郎「下らねェ……」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/01(木)20:48:26.23
ID:HSorlHJxo
勇次郎「そんなことはクラスメイトにでも聞けばいいだろう」
刃牙「俺は親父に聞きたいんだよ」
刃牙「分からないことがあったら親に聞くのは子供の特権だろ?」
勇次郎「甘ぇな。自分で調べもせず、他人に聞くってのはマナー違反てもんだ」
勇次郎「図書館でも行きゃあ、『分かりやすい仮想通貨』みてェな本があるだろう」
勇次郎「それで勉強しな」
刃牙「……親父」
5:
以下、
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆HbpyZQvaMk
2015/08/19(水)18:54:19.17
ID:Oq+y4Syx0
赤羽根P「飲むか」の続きですが読まなくても大丈夫です
相変わらずのキャラ崩壊ですがそれでもよければお付き合いください
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1439978058

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆HbpyZQvaMk
2015/08/19(水)18:58:39.27
ID:Oq+y4Syx0
武内P「えぇ……はい、大丈夫です。では今晩」ガチャン
ちひろ「なんだか嬉しそうですね」
武内P「そう…見えましたか?」
ちひろ「はい。まるで恋人からの電話みたいに」
武内P「恋人ではありませんが……今日は高校の頃の先輩と飲む約束をしたので」
ちひろ「あー、久しぶりだと会うの楽しみですよね」
武内P「いえ、三日前に飲んだばっかりですが」
ちひろ「え?」
5:
◆HbpyZQvaMk
2015/08/19(水)19:02:30.30
ID:Oq+y4Syx0
武内P「どうかしましたか?」
ちひろ「あ……いや……」
ちひろ(まさかプロデューサーさんって……ホモ?)
ちひろ「どんな人なんですか?」
武内P「優しい人ですよ」
ちひろ「優しい……」
ちひろ(プロデューサーさんは優しい人が好きなのかな……)
ちひろ「ふ?む……」
武内P「……あの」
ちひろ「あ、なんですか?」
武内P「今日、一緒に飲みますか?」
ちひろ「…………はい?」
6:
◆HbpyZQvaMk
2015/08/19(水)19:06:36.44
ID:Oq+y4Syx0
<居酒屋>
ちひろ「……つい付いてきちゃいましたけど大丈夫なんですか?」
武内P「ええ、先輩にも話しはしてありますから。それに先輩の方も千川さんに会ってみたいからぜひと言ってました」
ちひろ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆HbpyZQvaMk
2015/08/16(日)22:16:05.55
ID:NeZ9b1uW0
武内Pの高校時代の先輩が赤羽根Pという設定です
口調など間違えるかもしれないのでそのときは指摘お願いします
ただべらべらと喋るだけのssです
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1439730965

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆HbpyZQvaMk
2015/08/16(日)22:21:30.18
ID:NeZ9b1uW0
赤羽根P「お疲れ様」
武内P「お疲れ様です」
赤羽根「さぁ、今日は飲むか」
武内P「一応明日は休日ですけど……ほどほどにしてくださいよ」
赤羽根P「大丈夫だって……あ、すみませーん!生中二つください!」
武内P「あとたこわさとからあげもお願いします」
3:
◆HbpyZQvaMk
2015/08/16(日)22:28:17.61
ID:NeZ9b1uW0
赤羽根P「最近どうなんだ?仕事の方は」
武内P「頑張ってますよ。まだまだ先輩には及びませんが」
赤羽根P「でもさニュージェネレーションとかラブライカとか凄い人気じゃないか」
武内P「それでも春香さんや千早さんたちには勝てませんよ」
「生中とたこわさです」
赤羽根P「お、きたきた。かんぱーい」カチン
武内P「乾杯」カチン
赤羽根「????ぷはっ!やっぱり仕事終わりのビールは美味いな!」
武内P「どうせ先輩のことなので仕事のしすぎで周りの人に心配かけてるんじゃないですか?」
赤羽根「うっ……そんなこと、ないぞ?」
4:
◆HbpyZQvaMk
2015/08/16(日)22:38:30.77
ID:NeZ9b1uW0
武内P「そういう面で先輩は信用できませんから」
赤羽根P「なんでだよ!」
武内P「高校のときからそうだったでしょう」
赤羽根P「……まぁ、否定はしないが」続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/31(水)06:00:43.65
ID:atkHQb1Q0
楓「久しぶりのお休みですし、温泉宿に行こうと思うんです」
P「いいんじゃないですか?最近忙しかったですし」
楓「ですが、候補が決めきれなくて……」
P「どこです?」
楓「奮発して高級宿にしようか、それとも以前番組で紹介させていただいたところにしようか……」
P「番組……あぁ、あのご主人がとても気さくな方の」
楓「はい。また是非に、と仰ってくださったので」
P「だったらそこにすればいいんじゃないですか?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1517346043
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/31(水)06:02:49.69
ID:atkHQb1Q0
楓「……プロデューサーもそう思いますか?」
P「高級宿もいいですけど、楓さん、そういうところだと、逆に肩の力を抜けないんじゃないです?」
楓「それは……そうですね」
P「それに、あそこなら仕事でお邪魔したところですし、色々と話も通しやすいんじゃないですか?」
楓「色々と……確かに」
P「あのくらい気さくな雰囲気のところの方が、ゆっくり羽根を伸ばせそうじゃないですか」
楓「……やっぱり、プロデューサーに相談してよかったです」
P「いえいえ。このくらい」
楓「さすが、私のこと、よくご存知ですね」
P「何年貴女のプロデュースしてると」
楓「ふふっ、そうですね。では、すぐに連絡してきます」
P「はい、いってらっしゃい」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/31(水)06:03:41.41
ID:atkHQb1Q0
?数分後?
楓「戻りました」
P「おかえりなさい」
楓「予約、取れました」
P「よかったですね」
楓「ちょうど一部屋、空いていたようで」
P「ギリギリでしたね。もう少し迷ってたら危なかったかも」
楓「ふふっ、そうですね。あり
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/31(水)18:08:33.98
ID:Y+lMrNdLO
日が暮れかかる。人は退勤すべき時だが、おれには仕事の終わりがない。暗い事務所で薄ぼんやりと光るディスプレイに向かい続ける。街中にこんなに人が歩いているのに、俺がそこにいられないのは何故だろう……?と、何万遍かの疑問を、また繰り返しながら
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1517389713

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/31(水)18:12:34.12
ID:Y+lMrNdLO
ちょっとした休憩でトイレに行ったりすると、廊下やトレーニングルームには時折アイドルの忘れ物なんかが落ちていて、俺はなおのこと嫌になった。アイドルの残滓は横目でおれを眺めながら、プロデューサーさん、休みましょう?と問いかけてくる。まったくおれも休みたい。だが休めないんだ。おれは決まった休日もないし、それに休暇取得の自由もない。そこについては、やはりまったく納得のいく理由がつかめない。
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/31(水)18:13:08.63
ID:Y+lMrNdLO
仕事は毎日やってくる。時間が来れば出社しなければいけない。出社するためには帰る時間がいる。そんならおれの休みが無いわけがないじゃないか。
ふと思いつく。もしかするとおれはなにか重大な思い違いをしているのかもしれない。休みが無いのではなく、単に忘れてしまっただけなのかもしれない。そうだ、ありうる事だ。例えば……と、俺はカレンダーを眺め、偶然目についた数字にピントを合わせ、思った。この日がおれの休みかもしれないではないか。無論ほかの日と比べて、とくにそういう可能性がある訳では無いが、それはほかの日にも言えることだし、またそれはおれの休みであることを否定するなんの証拠にもなり得ない。勇気を奮っ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2017/12/19(火)01:21:07.987
ID:pr5Y0qlT0
ゾンビ女「ねえねえ!」
男「ん?」
ゾンビ女「あたしホームセンターに行きたい!」
男「君は本当にホームセンターが好きだねえ」
男「ゾンビがホームセンター好きってなんかおかしくない?」
男「普通、ゾンビはホームセンターを襲う側なのに」
ゾンビ女「そんなこといったって好きなんだからしょうがないじゃない」
ゾンビ女「好きでゾンビになったわけじゃないし」
男「まあ、そうなんだけどさ」
ゾンビ女「あれは、人気のない真夜中のことだったわねえ……」

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
4:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2017/12/19(火)01:24:06.135
ID:pr5Y0qlT0
?回想?
キキーッ!
女『キャーッ!』
男『危ないっ!』
ドンッ!
ドザッ…
7:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2017/12/19(火)01:27:25.124
ID:pr5Y0qlT0
ガチャッ
加害者『だ、大丈夫ですか!?』
男『大丈夫じゃないよ! ぐったりしてるよ!』
加害者『ああ……やっぱり轢いちゃってたか……スピード出しすぎた……』
男『出しすぎどころじゃないよ! なんであんなに急いでたんだよ!』
加害者『やべえ、仕事クビになっちまう……親に泣かれちまう……』
男『なに自分の心配ばかりしてんだ!』
男『知り合ってまもなかったけど、僕にとっては大切な人だったんだぞ!』
男『どうしてくれる!』
加害者『とっ、とにかく、すぐ病院へ運びます!』
9:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2017/12/19(火)01:30:27.237
ID:pr5Y0qlT0
医者『残念ながら……たった今亡くなられました』
男『そ、そん
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Xz5sQ/W/66
2018/01/31(水)22:32:42.01
ID:2BO+JENwo
===
直撃を喰らうと見事に死ぬ。いわゆるキュン死というやつだ。
箱崎星梨花の投げキッス、それは神をも殺せる殺神的な”愛らしさ”を濃縮させた兵器だった。
見ろ! 今まさに幸運にも――いや、不幸にもだ。
そのキッスを正面から受け止めた男は机に突っ伏す形で死んでいる。
自らの血溜まりに半身を浸し、正真正銘紛れもなく絶賛活動停止中。
冗談じゃない。微動だにしない。
固く閉ざされた瞼を無理やり指でこじ開ければ濁った白目がこんにちわ。
その見事なまでの死にっぷりに、
事の一部始終を間近で目撃した野々原茜も「マジか」と言うのが精一杯。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1517405561

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆Xz5sQ/W/66
2018/01/31(水)22:35:26.71
ID:2BO+JENwo
「プロデューサーさん!? プロデューサーさん!!」
「おやぶんおやぶん起きてよ、ねえっ!?」
これはしぇけなべいべー☆ でしぇけなれいでー☆ な
新鋭アイドルユニット『アリエス』のミーティング中に起きた事件。
正確にはユニットミーティングという名の
おやつパーティ中に起こってしまった不慮の事故だ。
遡ること数分前、次回ライブの方針を決める会話の中。
電子レンジで温め直したスィートドーナッツを齧りながら、
紅茶はやっぱりアールグレイ派のカワイイ星梨花はこう言った。
「プロデューサーさん。私、今度のライブでは、セクシーに挑戦してみたいです!」
この向上心溢れる発言に、さくっと乗ったは我らがリーダー茜ちゃん。
「おっ、ナイスアイディアだね! でも茜ちゃんが本気見せちゃったら、
天地を揺るがすセクシーさで二人のファンも奪っちゃうよ??」
ところがプロデューサーも慣れた
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆RfwyoP3XQY
2013/09/26(木)23:51:29.18ID:kK2Vq+ET0
モバマスSSです。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1380207089

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
3:
◆RfwyoP3XQY
2013/09/26(木)23:56:30.03
ID:kK2Vq+ETo
P「お疲れ様で――」
友紀「?♪」
P「何してるんだ?」
巴「お、Pけ。何でも自分のトコの応援の練習をしてるらしいんじゃ」
P「そうなのか。でも、これって朝ドラの歌じゃないのか?」
ちひろ「あまちゃんは結構色々使われてるらしいですよ」
P「まぁ、確かによくよく聞いてみると応援歌に使い易いかもしれないしなぁ…」
ちひろ「北の国からもチャンステーマで使われますからね」
友紀「あ、Pさんだおはよー」
P「おはよう。今日は朝から元気だな」
4:
◆RfwyoP3XQY
2013/09/26(木)23:57:32.60
ID:kK2Vq+ETo
楽天が優勝しましたし、広島がAクラスに入りましたね。
もう書きたいネタが多くて嬉しい悲鳴になりそうです。
5:
◆RfwyoP3XQY
2013/09/26(木)23:58:00.51
ID:kK2Vq+ETo
友紀「まーね。今年は結構上まで行って欲しいから応援には気合いが入るよ」
P「ま、踊ってるのを観れば分かるよ」
友紀「あ、見られてたんだ。ちょっと恥ずかしいな。まだ、完璧じゃないし…」
P「完璧にする気なのか」
友紀「当然でしょっ!あ、つきましてはですねぇ…」
P「残念ながら甲子園に行くと為に休みは取れないな」
友紀「そんなー。横暴だー」
P「しょうがないだろ。夏はアイドルも稼ぎ時なんだし」
ちひろ「まぁ、中継で見れるからね?」
友紀「んー、まぁ、そうか。そうだよね。残念」
P(結構ショック受けてるな…友紀
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2018/01/31(水)20:40:35.21
ID:HztRS7wc0
艦隊これくしょん 阿武隈のSSです。
初めてエロ書くのでやさしくしてね

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2018/01/31(水)20:43:54.23
ID:HztRS7wc0
フタヒトマルマル 工廠
青葉「明石さん、明石さん」
明石「ん、どうしたの青葉」
青葉「いやー、これなんですけど」
明石「なにその紙切れ」
青葉「青葉新聞の元に届いた投書なんですがね」
明石「へぇー、どれどれ。ふむふむ、なるほど」
『提督と阿武隈さっさとくっつけ』
明石「あの二人端から見るとどう見ても両思いなのに関係が進展しないからね?」
青葉「そうなんですよ。だから青葉も何か二人の背中を押してあげられないかと思いまして!」
明石「ははぁーんなるほど。まぁなくもないか……」
青葉「ほうほう、流石は明石さんですね?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2018/01/31(水)20:46:51.08
ID:HztRS7wc0
フタヒトヒトマル 台所
明石「お茶にサラサラサラ?と不思議な薬を混ぜまして?」
明石「あとはこれを提督に飲ませればナニがぎゅんでびゅんのびん!ってやつよ!」
青葉「はぁ?これはまた直接的なやつできましたね」
明石「あの二人はこれくらいの起爆剤があった方がいいのよ。そろそろ阿武隈がくるかな?と」
コンコン
明石「お、噂をすれば」
阿武隈「明石さん、あたしに用事ってなんですか?あ、青葉さんこんばんは」
青葉「どもども!」
明石「いや、私の用事じゃないんだけどね。提督にお茶頼まれちゃって。ちょっと青葉と新装備の打ち合わせがあるから代わりに持っていってほしいのよ」
阿武隈「わかりました!あたしの力が必要なんですね
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん
2017/12/07(木)15:46:45
ID:iJR
アニメ終了後に専務になっているMJは千川グループによって作られたクローン体ってマジ?

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
名無しさん
2017/12/07(木)15:56:30ID:WqZ
マジやぞ
2では未来から来た大量のクローン美城常務がアイドル界を牛耳るのを防ぐ話やぞ
3:
名無しさん
2017/12/07(木)19:38:12
ID:iJR
もしもアニデレ14話でみくにゃんがクビになったらってSS書いても怒られなさそうなくらいMJの存在って邪魔
みく「クビになったのにゃ」
李衣菜「えっ」
みく「今日、方針に合わないってたくさんクビになった子がいたの、みくもダメなんだって」
李衣菜「そんなっ、そんなのおかしいよ!アスタリスクだってこれからもっと……もっとすごいアイドルになれるはずじゃん!それじゃ、プロデューサーは!?」
みく「プロデューサーも反対したんだけど……シンデレラプロジェクトにはまだクビ候補がいるって言われて……みくから受け入れたの」
李衣菜「そんな……それじゃ、みくちゃんこれからどうするの?」
みく「とりあえず……寮は出ることになるかにゃ」
李衣菜「そうじゃなくて!アイドルとしてだよ……」
みく「どこか……また、オーディション受けてみるよ。346プロではもう無理だと思うけどね……」
李衣菜「そ、それじゃあ……また、会えるよね?実家に帰ったりとかしないよね?」
みく「李衣菜ちゃん……と、当然にゃ!みくは猫アイドルとして、また李衣菜ちゃんの前に……前に……」ウルッ
みく「きっと戻ってくるにゃ!」ゴシゴシ
李衣菜「みくちゃん……きっとだよ、美城常務を後悔させるくらいビッグになって、戻ってきてよ!」
みく「うん、うん!」
4:
名無しさん
2017/12/07(木)20:53:19
ID:iJR
みく「とは行ったけど……どうすればいいんだろ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆3feiQFueVc
2015/03/09(月)12:17:18.02
ID:xII1Q68bo
ちひろ「(給与査定が)ポロリもあるよ、っと」
モバマス
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1425871037

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/03/09(月)12:37:37.19
ID:xII1Q68bo
P「じゃー始めて行きますんで」
ちひろ「お願いしまーす」
01.ラブライカの LoveLeica
P「美波とアナスタシアのユニットがライカのカメラを使うという一発ネタです。写真誌のビギナー向けコラムと深夜帯の地上波放送で展開しました」
P「VTRどん」
—-
美波「こんにちは、ラブライカの新田美波です」
アーニャ「ОченьПриятносвамипознакомиться! アナスタシア……です」
美波「第三回ラブライカのLoveLeica、えーっと……今回は、この……ノクトン、ふぉくとれんだー……35みり、1.4えふを使って、実際に、ストリートスナップに挑戦します」
アーニャ「ヤー……では私も、このフェドにフォクトレンダーの……」
D「ちょちょちょ、ま」
—-
P「毎回毎回旧ソ製コピーライカを持ってくるアーニャが名物化してしまいました」
ちひろ「中古カメラの流通に妙な影響が出ましたね」
4:
>>2 元ネタからして似たようなゴニョゴニョ
2015/03/09(月)12:47:12.81
ID:xII1Q68bo
P「次ー」
02.アンリミテッドヴァーサスヴァーサス
P「アニバーサリー企画の一環としてネット配信したスペシャルドラマです。円盤はけました」
ちひろ「利ざやよし、イメージ戦略よし、スペシャル感よし、大当たりでしたね」
P「探偵vs怪盗vs超能力者vs預言者vs
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆HbpyZQvaMk
2015/08/12(水)20:55:08.88
ID:j1Cx51SZO
モバマスssです
口調など間違いもあるかもしれません
そのときは指摘をよろしくお願いします
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1439380508

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆HbpyZQvaMk
2015/08/12(水)20:59:00.58
ID:j1Cx51SZO
杏「ふわぁ……だる……」
モバP「おはよう、杏」
杏「おはよー。ねぇ、飴ちょうだい」
モバP「よしきた。えーと……あれ?」ガサゴソ
杏「どしたの?」
モバP「…………すまん、飴切らしてるみたいだ」
杏「えー、飴ないの?帰っていい?」
モバP「すまん!他にお菓子があるから今はこれで我慢してくれ」ドバー
杏「…………その大量のお菓子をどこから出したの」
モバP「ポケットからだけど?」
杏「量がおかしいから……」
3:
◆HbpyZQvaMk
2015/08/12(水)21:05:49.47
ID:j1Cx51SZO
モバP「買ってくるから留守番よろしくな」
杏「はーい」
杏「なにがあるんだろ……」
杏「というか駄菓子多いな……」
杏「チョコは……チロルチョコ、どらチョコ、セコイヤチョコレート、ブラックサンダー、マーブルチョコ、むぎチョコ…………」
杏「噛むのめんどいなぁ……」
4:
◆HbpyZQvaMk
2015/08/12(水)21:12:55.80
ID:j1Cx51SZO
杏「他にもいっぱいあるけど…………ガムとかなんで置いてったんだろ……」
杏「杏が食べるわけないじゃん」
杏「これでいいか……クッピーラムネ」
杏「んー……」コロコロ
杏「飴と違ってすぐなくなるなぁ……」
杏「何回も口に運ぶのめんどいし……」
杏「一気に口に入れとくか…
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/24(日)10:19:16.24
ID:xeBVZAH/0
澤野弘之氏の「ALETTER」という曲を聞いて、ふと出来上がりました。
ぜひ曲を聞きながら読んでくださると、幸いです。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1514078355

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/24(日)10:19:51.33
ID:xeBVZAH/0
天龍『・・・なんだよ、撮るなよ。・・・・は?記念?やめろやめろ』
天龍『いや別に嫌じゃないけどよ、なんか、恥ずかしいだろ』
天龍『は?怖がってねぇよ!あほか。いやだから別に嫌なわけじゃないって、いや恥ずかしいけどよ』
天龍『あーもういいよ、勝手にしろ・・・・ったく』
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/24(日)10:20:20.58
ID:xeBVZAH/0
天龍『ていうか龍田はおっせえよ、もうさきにふたりではじめるか?』
天龍『・・・わかってるって、待てるよ。ったく堅えやつだな、冗談だよ』
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/24(日)10:20:47.29
ID:xeBVZAH/0
天龍『外は雨だな』
天龍『どしゃぶりだ、どしゃぶり』
天龍『・・・お、電たちがずぶぬれで走ってるぞ、手ぇ振ってやるか、はははっ』
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/24(日)10:21:25.09
ID:xeBVZAH/0
天龍『・・・・・・』
天龍『・・・は?いや・・・提督お前な・・・・俺だって物思いにふけることだってあるわ』
天龍『とくに雨を見ているとな』
6:
以下、名無しにかわりま
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆lpf/TAjzto
2015/10/09(金)21:41:38.05
ID:Uke9Flid0
千葉村 肝試し前
八幡「雪女の衣装似合ってるな」
雪乃「あら、ありがとう。あなたの目の腐り方もハリウッド級よ」
八幡「ほっとけ。つーかお前無駄に和服似合うな」
雪乃「無駄は余計よ……まあ確かに昔からこういった服を着る機会はあったから、それなりに着付けや作法は心得ているつもりよ」
八幡(心得てるならさっきの悪口はなんだよ)
八幡「つか作法とかじゃなく俺は単純な感想を言ったまでだが、似合ってるって」
雪乃「へっ!?」
雪乃「………そ……そう………//」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1444394497

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆lpf/TAjzto
2015/10/09(金)21:42:59.24
ID:Uke9Flid0
八幡「なんだよ今の声……」
雪乃「き、気にしないでちょうだい。それよりちょっと待っててもらえるかしら?」
八幡「は?なんで」
ササーッ
八幡(行っちまった…)
4:
◆lpf/TAjzto
2015/10/09(金)21:46:41.28
ID:Uke9Flid0
雪乃「比企谷くん、これはどうかしら?」
八幡「ちょ……ちょっと待て雪ノ下、その格好はなんだ!?」
雪乃「あなた『振袖』も知らないの?日本人として恥ずかしくないのかしら」
八幡(それくらい知っとるわ。ゲイシャ・ハラキリ・フリソデ・フジヤマ、ジャパニーズニンジャクールダネ!!もうこれ日本人しゃねえな)
5:
◆lpf/TAjzto
2015/10/09(金)21:50:11.07
ID:Uke9Flid0
八幡「いやそれは分かってるが、てか肝試しと関係ないだろ、それ」
雪乃「一応……ろくろ首の衣装という扱いになっているのだけれど……」
八幡「いやろくろ首とか首伸ばしてなん
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2014/12/21(日)17:44:12.86
ID:wZMeeyaZ0
モバマス・堀裕子SSです。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1419151442

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2014/12/21(日)17:45:10.25
ID:wZMeeyaZ0
突然ですが、世界のみなさま。
わたくし堀裕子16歳。
職業、学生兼サイキックアイドル。
今日も笑顔と、元気と、なんかそんな感じの、
幸せをいっぱいお届け中です!
裕子「なんですかこのお菓子の山は!?」
P「この間のハロウィンイベントの差し入れの残りだ。ずいぶんたくさんあったからな。みんなで分けて持って帰っていいぞ」
柚「やったー!」
裕子「やったー!」
茜「いえーい!」
柚「あれ? こっちのクッキーは缶に番号がついてるよ? 景品?」
P「ん? ああ、それは景品の予備だが、結局余った分だな。それも気にせず貰っていいぞ」
柚「はいユッコちゃん! 1番から9番まであります! 何番の缶にしますか!」
裕子「ムムッ! 7がいいです! サイキックナンバー7!」
P「なんだそりゃ」
柚「7番は?? じゃん! チョコクッキーでした! どうぞー!」
裕子「ふっふっふ! 予想通り! まさに7番! 私のためのナンバーですね!」
茜「さっすが裕子さん! ボンバー!」
比奈「(ラッキー7ってことなんスかね)」
杏「(深い意味なんかあるか? ユッコだぞ?)」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2014/12/21(日)17:46:41.85
ID:wZMeeyaZ0
今日も事務所はにぎやかだ。
茜ちゃんも、柚ちゃんも、私も、Paチームには元気が集まっている。
私は16歳の美少女アイドルとし
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/30(火)10:16:43.56
ID:iFVHvLvt0
注意事項
泰葉のキャラがちょっと変です。
※前回の予告だけ見ればいいと思います。
モブキャラ出ます
今回から番外編になります。泰葉がPハーレムを目指すお話です
好き勝手にやるつもりなのでそういうのが嫌いだなって方はブラウザバックしてください。
メインキャラは泰葉 周子 ぼのの 悠貴ちゃんです。今回は周子メインです
前作の設定を引き継いでます。
泰葉「Pさんが手を出してくれないんです」(初投稿)
【モバマスSS】泰葉「乃々さんにも協力してもらいます」乃々「むーりぃ・・・」
【モバマスss】悠貴「遊園地で!」まゆ「お仕事ですよお」
【モバマスSS】周子「家出と客と和菓子屋と」
【モバマスSS】泰葉「自覚と一転攻勢」
【モバマスSS】泰葉「デート大作戦」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1517275003

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/30(火)10:18:32.57
ID:iFVHvLvt0
【事務所ー泰葉の部屋】
?コタツ内?
泰葉「Pさんを籠絡したいんですがうまくいかないわけです。」
周子「うん。見てればわかる」
泰葉「私、気づいたんです。このままじゃ駄目だって」
周子「そもそもアタシらアイドルだからね」
泰葉「このままじゃPさんを落とせません。もうなりふり構ってはいられないです」
周子「で、本題はなに?わざわざ改まって」
泰葉「周子さん。可及的速やかにPさんに告白してください」
周子「・・・は?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/30(火)10:21:30.63
ID:iFVHvLvt0
・・・・・・
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/28(日)02:00:36.83
ID:2Amd9lAto
悪代官「来たか、越後屋」ニヤニヤ
越後屋「今度の件では、ぜひご便宜の程を……」
越後屋「こちらはお菓子でございます」スッ
悪代官(山吹色のお菓子というわけか……)
悪代官(入っているのは百両か、二百両か……これだから悪代官はやめられん)
悪代官「おぬしもワルよのぉ?」パカッ
悪代官「!?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1517072436

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/28(日)02:03:06.33
ID:2Amd9lAto
悪代官「こ、これは……!?」
越後屋「“ヨーグレット”でございます」
悪代官「ヨーグレット!?」
悪代官「ふざけるな! てっきり小判を貰えると思いきや、本当にお菓子かよ!」
悪代官「子供じゃあるまいし、いるかこんなもん!」
越後屋「まあまあお代官様、ご立腹なされるのは食べてからでも遅くはないかと……」
悪代官「うむ……」ポリッ
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/28(日)02:06:11.19
ID:2Amd9lAto
悪代官「おお、これは!?」
悪代官「甘さの中にすっぱさがあって、いくらでも食べられる味だ!」
悪代官「どれもう一個」ポリポリ
越後屋「お代官様は噛む派ですか。私めは舐めてじっくり味わう派でございます」
悪代官「うむ……舐めてじわじわ味わうのも悪くない。ところで、越後屋よ」
越後屋「もちろん“ハイレモン”も用意してございます」
悪代官「越後屋、褒めてつかわす!」
越後屋「ははーっ!」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
4
5
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。