SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:SSマンション
<<
2018年11月
>>
338件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
4
5
6
>>
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/22(日)01:21:47.25
ID:i3gnxdHp0
※浮かんだものを書きなぐったため短編です。
奈緒「どうしたんだよ急に」
裕子「いえっ!私、二人から見たら後輩じゃないですかっ!」
志希「確かにそうだねー、あたしは3年生だしー」
奈緒「2年、だな。あたしも」
裕子「そして私は1年生ですっ!サイキック新入生ですっ!」
奈緒「だから先輩って呼んだのか?」
裕子「そうです!なんかこう……ビビっときまして」
志希「ユッコちゃんの直感は結構攻め攻めだからにゃー、で、呼んで何したいの?」
奈緒「後輩ぶってもなんもあげないからなー?」
裕子「し………何も考えてませんでしたっ!」
奈緒「ノープランだったのかよ……それなら、だなぁ……」
奈緒「堀、焼きそばパン買ってこいよ」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1532190106


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/22(日)01:23:42.89
ID:i3gnxdHp0
裕子「はいっ!行ってきます!」
志希「行っちゃったー、いーの?そーいうの」
奈緒「漫画とかアニメじゃ定番だからなぁ、ちょっと憧れてた」
志希「パシリとかよくないと思うなー。そうだ、あたしも奈緒ちゃんをパシっちゃおうかな?」
奈緒「えっ?ま、まぁあたしもユッコに頼んじゃったからなぁ。何持ってくればいいんだよ、一ノ瀬先輩?」
志希「んー、いちのせせんぱい、なんて蠱惑的なヒビキ!えっとねー……コーヒーか紅茶、3杯用意してー?」
奈緒「事務所に置いてるやつでいいよな?確かパックのやつが……」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/22(日)01:24:27.27
ID:i3gnxdHp0
志希「美味しく入れてよ?こーはいちゃん?」
奈緒「ティーパックだって
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/26(木)07:17:01.23
ID:FRT+znic0
(劇場の控え室。二人とも椅子に腰掛けて、このみが風花の相談を受けている)
風花「このみさん、聞いてくださいー。プロデューサーさんがまたグラビアのお仕事を取ってきちゃって…。」
このみ「よしよし。風花ちゃんも苦労するわね。わかったわ。私の方からプロデューサーくんにガツンと言っておいてあげる!」
(このみが立ち上がってPに直接抗議に行くようだ。風花は黄昏ている)
風花「はぁ…、いつになったら清純なイメージの役がもらえるのかな…。」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1532557020


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/26(木)07:31:50.87
ID:FRT+znic0
(劇場の事務室。小鳥は映像処理を、美咲は衣装作製に没頭し、Pはアイドルのスケジュールを確認しつつ、相手先に連絡している。そこに凄い剣幕のこのみが現れる)
このみ「ちょっと!プロデューサー!風花ちゃんに無理させすぎよ!」
(ドン、という音が鳴るほど強くPのデスクが叩かれ、小鳥と美咲は何事かと振り向いた。Pはビックリしている)
P「ど、どうしたんですか、このみさん。いきなり」
このみ「風花ちゃん、泣いてたわよ!(大げさ)また苦手なグラビアの仕事だ、って。そもそもセクシーなら私が…」
(このみは不満そうだ)
P「へ?いや、風花に話をした時はそんなことなかったんですけど…。おかしいな」
このみ「…どういうことかしら?」
(プロデューサーの反応が思っていたものと違い、このみは訝しんだ)
P「とりあえず、席を移しますか。他の二人が仕事に集中できなさそうですから…」
このみ「コホン。わかったわ。…失礼しました。」
(小鳥と美咲に頭を下げて、事務室を出て行くこのみ。続いてプロデューサーが付いていく)
4:
以下、名無しにか
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/23(月)15:38:36.98
ID:Z+M9XPWI0
凛世にπタッチをしても、「貴方さま、どうかなさいましたか……?」と尋ねられ、逆にこちらが戸惑うようになってしまった。何か新鮮な反応が見てみたいのだけれども。何かないか。
そうして探していた折に、一つのワードが目についた。
「嫌な顔されながらおパンツを見せてもらいたい」
ビビッと来た。
これだ。
凛世に嫌な顔をされながら…!
俺は凛世に頼み込んだ。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1532327916


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/23(月)15:43:36.13
ID:Z+M9XPWI0
凛世「プロデューサーさまに、嫌な顔をしながら、下着を見せれば……よろしいのですか……?」
意図は伝わったのだろうか?
凛世はキョトンとしてこちらを眺めている。
P「突然、こんなこと頼まれても驚くよな?ごめんな、やっぱりやめ
凛世「わかり、ました……。」
P「え、いい、のか?」
凛世「貴方さまが、それを……望むなら、凛世は叶えたく……思います。」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/23(月)15:57:03.70
ID:Z+M9XPWI0
凛世「プロデューサーさま、それで……どうすれば、いいのでしょうか……?」
P「ああ、やり方か。俺がこう、座るから、目の前で見下ろしつつ、嫌そうな表情をしてパンツを見せてほしい。」
凛世「この距離で、ですか……?漫画でも、このようなことは、見たことがありません……。」
P「最近は、その状況を喜ぶ人もいるらしいんだ。俺も、凛世のそういう姿を見てみたい。自分勝手な頼みで、ごめんな。」
凛世「貴方さまが、そこまで……凛世は果報者で、ございます……。」
4:
以下、名無しにかわりまして
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆LbeDggmp36
2016/06/19(日)22:19:59.36
ID:d8NKQnPL0
戸塚「そうなんですか? 知りませんでした……」
戸塚「最近の八幡は……、なんか疲れてるみたいで、たぶん寝不足なのかと」
戸塚「あと3週間前くらいに小町ちゃんと喧嘩したみたいで、すごい落ち込んでました。原因? よくわかんなんですけど、一色さんがどうとか……」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1466342398


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
◆LbeDggmp36
2016/06/19(日)22:20:38.06
ID:d8NKQnPL0
めぐり「あ、やっぱりそうだったんですか!」
めぐり「相手? 一色さんですよね?」
めぐり「なんだ。先生も知らないんですか」
めぐり「一カ月にくらい前に比企谷くんが一色さんと買い物しているのを見かけたんですよ。すごいいい雰囲気だったのでそうなのかなーって思っちゃいました」
3:
◆LbeDggmp36
2016/06/19(日)22:21:32.44
ID:d8NKQnPL0
いろは「わたしと先輩が付き合ってる? なに言ってるんですか。わたしがあんな面倒な人と付き合うわけないじゃないですか」
いろは「違いますよ。あれはたまたま会ったんです。どこ行くのか聞いてみたら、ジュエリーショップに行くっていうので私もついて行っただけです。値段が高かったから買えなかったみたいですけど」
いろは「わたしにプレゼント? ないです。でも、誰かにプレゼントするつもりだったでしょうね。女物ばかり見てましたから」
いろは「そりゃあ、彼女にあげるつもりだったんじゃないんですか。バイトして買うとまで言ってましたから」
4:
◆LbeDggmp36
2016/06/19(日)22:23:18.81
ID:d8NKQnPL0
いろは「そういえば、先輩がこの間、女の人と歩いているのを見かけたんですよ。あの人が彼女さんなのかな?」
いろは「いえ、わたしの知らない人でし
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/08/14(火)14:42:36.32
ID:Oc1G5L9M0
アイマス×リンカーンシリーズ第5弾
過去作
春香「限界を調べてみよう」
春香「亜美真美の誕生日を盛大に祝おう!」
このみ「限界を調べてみよう」
恭二「俺たちで」隼人「シャンプーのCM?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1534225356


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/08/14(火)14:50:14.17
ID:Oc1G5L9M0
台風が過ぎ去ったこの緑山に、アイドルたちが集結した!
春香「夏休み特別企画!みんなで夏の風物詩のあれを巨大化させてみよーう!」
アイドル達「「「「「「いえーーーーーーい!!!!!!」」」」」」」
春香「さあ、以前亜美と真美の誕生日に行った巨大化企画が大好評だったということで第2弾でーす!」
真「本当に好評だったのあれ?」
春香「結構金かかったけど、余裕でおつりが出るくらいだって」
亜美真美「「マジ!?」」
巨大化、それは人間たちのロマン!
前回、ペヤングの巨大化に成功し、アイドルたちは1つになった!
そして今回、シアター組から未来、昴、エレナ、海美といった体力自慢のアイドルも集結し、第2弾を行う!
春香「ちなみに、後で961プロの詩花ちゃんも合流するので」
昴「詩花もくるんだ!?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/08/14(火)14:59:03.69
ID:Oc1G5L9M0
春香「今回巨大化するのはこちらです!」
春香が指さした方向に向けると、幕が下りて、巨大な装置が出現!
未来「なんですかあれ!?」
春香「今回は巨大ところてんを作りたいと思いまーす!」
緑山に現れた鋼鉄の魔城、巨大ところてん!
夏の風物詩として古くから親しまれ、そのつるんと押し出さ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/12(木)18:28:01.17
ID:U1rrqAkg0
律子「ええ、そろそろシーズンですよ」
小鳥「毎年のことながら一体どこからウィルスが来るんでしょうね」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1484213280


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/12(木)18:28:38.74
ID:U1rrqAkg0
律子「感染経路は主に飛沫感染…」
やよい「くしゅん!」
P「やよい風邪か? 大丈夫か?」
やよい「むずむずしただけですよ?。それよりプロデューサーにうつしちゃったら心配かなーって」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/12(木)18:29:14.58
ID:U1rrqAkg0
律子「または接触感染…」
P「俺のこと心配してくれるのか? やよいはかわいいなあ!!! ごほうびだ!!!」ナデナデナデ
やよい「くすぐったいですー♪」
P「チュッチュッチュッ」
やよい「う?…恥ずかしいです…」
小鳥「ねえちょっと」
P「ハイ、ターッチ!!」
やよい「いえいっ!」パチン
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/12(木)18:29:42.45
ID:U1rrqAkg0
律子「ごく稀に空気感染…」
P「気分がいいから深呼吸だ!!」スゥゥゥゥ
やよい「はあー」
P「やよいのにおいいい!!」スゥゥゥゥゥゥゥゥ
やよい「えっ?」
P「はぁー。仕事つれえわー。はぁー」
小鳥「一体、どこから感染するっていうの……!?」
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/12(木)18:30:24.88
ID:U1rrqAkg0
数日後
P「やよや
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆kaD38khdrY
2013/08/16(金)13:11:47.43
ID:zx7WP7aDO
P「……」モグモグ
P「うまいな」
柚「へへっ。でしょー?」フフーン
https://i.imgur.com/dqJNsiV.jpg
https://i.imgur.com/j7UAY9P.jpg
P「作ったのはお前じゃないけどな」モグモグ
柚「ねね、Pサンも喜多見さん家の子になっちゃう? そしたら毎日こんなおにぎりが食べ放題だよっ」ニパッ
P「考えとくよ」モグモグ
柚「ホント!? ……ふへへ、Pサンってば意外と大胆だなー」//テヘテヘ
P「?? なんの話だ?」モグモグ
がちゃ
「?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1376626307


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
◆kaD38khdrY
2013/08/16(金)13:13:04.64
ID:Q6N5GtXTo
・短いです。あと、とくに山も谷もないおはなし
・『
モバP「事務所で一休み」』と同じメンバーが登場します。話に繋がりはありません
3:
◆kaD38khdrY
2013/08/16(金)13:16:16.73
ID:zx7WP7aDO
たたっ
――もふん
P「いて」
仁奈「なんだか盛り上がってやがりますね!」
https://i.imgur.com/vnDATcB.jpg
https://i.imgur.com/5FAOhOT.jpg
柚「仁奈チャンだ! 今日ももふもふだねー」モフモフ
仁奈「はい。おはよーごぜーます!」ニパー
柚「うんっおはよー」ペカー
P(この二人が揃うと、なんだかまぶしいな)モグモグ
4:
◆kaD38khdrY
2013/08/16(金)13:19:49.80
ID:Q6N5GtXTo
  にぱにぱ
仁奈「お弁当でやがりますか」
P「柚のだけどな」モグ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆n9cydZxNSw
2014/07/29(火)22:54:01.92
ID:m+DtO2dm0
勢いで書く上琴ss。
分かりにくい表現などありましたらご指摘お願いします。
文才無いですが暇なら付き合って頂けると幸いです。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1406642031


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
◆n9cydZxNSw
2014/07/29(火)22:56:53.02
ID:m+DtO2dm0
カーテンから漏れる柔らかい陽光と、若干の肌寒さで御坂美琴は目を覚ました。
枕元の目覚まし時計は五時を指している。昨夜の情熱を冷ますかのように窓は開けられ、白いカーテンとベッドのシーツが御坂の視界を白一色に染め上げる。
幻想的な白から抜け出そうと寝呆け眼をこすると同時に、部屋のドアが音を立てて開いた。
3:
◆n9cydZxNSw
2014/07/29(火)23:04:14.68
ID:m+DtO2dm0
「あれ、起きてたのか?」
扉を開けたのは、ワイシャツ一枚とジーンズといういかにも適当な格好の御坂の恋人、上条当麻だ。
少し前まで隣で寝息を立てていた相手が再び戻ってきたことに、彼女は何故かひどく安心を覚えた。
片手に持った湯気の立ち上るカップをベッド脇のテーブルに置き、上条自分のワイシャツを御坂へ放って渡す。
5:
◆n9cydZxNSw
2014/07/29(火)23:14:35.33
ID:m+DtO2dm0
「流石に何も着てないんじゃ寒いだろ?」
「………ありがと」
渡されたシャツを羽織ると、爽やかな柔軟剤の香りと、微かな彼の匂いがした。
頬を緩ませ悦に浸る御坂の横で、ベッドに滑り込んだ上条は自前のコーヒーを啜る。
口の中でカップの黒い液体をテイスティングすると、優しい甘味が暖かさとの相乗効果で自身を癒やしている気がした。
二口、三口と啜ったところで隣の彼女を見ると、上条の想像通りの物欲しそうな目でこちらを見上げている。
「それ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/09/09(水)22:20:12.74
ID:p/P57uXv0
特に盛り上がりません
やまなしおちなし
モバPはアニメを意識してません
あと短い
P「おー久しぶりだな」
モバP「お互い忙しいっすからねー」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1441804812


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/09/09(水)22:21:02.57
ID:p/P57uXv0
P「すいませーん。生2個、枝豆、お新香、タコカラください」ハイッヨロコンデ!
モバP「Pさん絶対タコカラ頼みますよね」ナマオマタセシマシター!
P「好きだからな」
PモバP「乾杯」チーン
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/09/09(水)22:21:52.89
ID:p/P57uXv0
P「お前の事務所にさ、安部菜々さんっているだろ」
モバP「いるっすね」アベナナサンジュウナナサイ
P「あの娘ミステリアスだよな」ソレガチ?
モバP「あれは…ミステリアスっていうんすかね」
P「うさみん星出身とか、ほらあれだ。年齢とか」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/09/09(水)22:22:38.22
ID:p/P57uXv0
モバP「でもミステリアスだったらPさんのとこの四条貴音のほうがミステリアスじゃないっすか」ナマオカワリクダサーイ
P「貴音はミステリアスだな。俺もよくわからん」
モバP「Pさんもよくわからないって相当っすね」
P「ただな。最近思うんだよ」
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/09/09(水)22:23:44.17
ID:p/P57uXv0
モバP「?」
P「貴音って実はうさみん
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆kaD38khdrY
2013/07/30(火)01:33:04.38
ID:pR1Jnl7DO
*モバマスSSです
*↓話に繋がりはありませんが、同じメンバーが登場するよというだけの、参考です
モバP「公園で一休み」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1375115584


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
◆kaD38khdrY
2013/07/30(火)01:35:45.15
ID:s+JoZYBao

ガチャ
市原仁奈「おはようごぜーます!」パッ
https://i.imgur.com/g0JNWeF.jpg
P「?」キィ
P「おお、仁奈か。おはよう」
仁奈「はい!」
P「…あれ、今日はきぐるみじゃないんだな。珍しい」
仁奈「…」
仁奈「…」
P「?」
仁奈「…」グス
仁奈「…に、仁奈だって…好きできぐるみじゃないわけじゃねーですよ…」
P「…お、おう」
仁奈「あ、暑くて……仕方ねーんです!」
P「そうだな」
仁奈「…ふ、ふふ…。仁奈はキグルミアイドル失格でごぜーますねー…どうかお好きに罵ってくだせー…」フフ、フフフフ…
P「落ち着け」
3:
◆kaD38khdrY
2013/07/30(火)01:36:59.26
ID:pR1Jnl7DO
仁奈「…」ハフー
仁奈「それにしても、事務所は涼しーですねー…」パタパタ
P「うん、冷房が効いてるから…」
P「体が冷えて来たらきぐるみを着るとちょうどいいんじゃないかな」
仁奈「そうでごぜーますね!」モフモフ
P「話聞けよ」
4:
◆kaD38khdrY
2013/07/30(火)01:38:10.92
ID:s+JoZYBao
P「せめて汗を拭いてからにしなさい」フキフキ
仁奈「もふ」
仁奈「…なんだか、Pは仁奈のパパみてーですねー」エヘヘ
P「そうか?」
仁奈「はい! えへ、パパが二人もいる
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆kaD38khdrY
2013/07/23(火)02:43:16.68
ID:tpB+9pPDO
ジリジリ
P「……暑」
P(こんな日差しの中…まあ上着は脱いでワイシャツと言え…)
P「……」
ザバババババ…
P「……」
P「…、やってらんねえよなぁ…」
荒木比奈「同感でス」
https://i.imgur.com/fvDlI4H.jpg
https://i.imgur.com/ktGIti0.jpg
P「……」
比奈「…」
P「おう」
比奈「うス」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1374514996


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
◆kaD38khdrY
2013/07/23(火)02:44:35.25
ID:C2ro+Nado
P「奇遇だな」
比奈「でスね」
P「なにしてんの?」
比奈「買い物の帰りに力尽きちゃって」
P「なにしてんの」
比奈「徹夜明けだったので」テヘ
P「おいアイドル」
比奈「夏は書き入れ時なんでス!」
P「上手いけども」
3:
◆kaD38khdrY
2013/07/23(火)02:45:14.80
ID:tpB+9pPDO
比奈「それで…ちょっと公園で一休みしてたとこッス」ハイ
P「なるほど」
比奈「風もあるし、木陰だとけっこう涼しいでスよ」
P「なになに」ポスン
P「……ホントだ」
ソヨソヨ
P「…」ゴロン
比奈「…」
比奈「ふふ…事務所に戻らなくていいんでスか?」
P「…ちょっとくらい…いいだろ。暑いし」
比奈「でスか」
P「です」
4:
◆kaD38khdrY
2013/07/23(火)02:45:51.02
ID:C2ro+Nado
比奈「暑いでスねぇ」
P「暑いなぁ」
ザババババ…
キャッキャッ
P「…」
比奈「…」
P「
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/07/30(木)17:47:21.14
ID:j+JeHKIlo
翼「ねえねえ美希先輩?、お堀なんかに何しに来たんですか?早くカラオケに行きましょうよ?」
美希「んー。ここにはね、美希がすごいなーって思ってる先生がいるの」
美希「最近忙しくて会いに来れなかったし…ちょうどいいから翼も会っておくべきだって思うな」
翼「美希先輩の先生…つまり私からすれば大先生ってことですね!」
美希「その理屈はちょっとよくわからないの…あっ、いたいた、カモ先生ー!」
翼「カモ…先生…?あのカモが先生なんですか?さすが美希先輩、なんというか自由ですね?♪」
美希「翼にだけは言われたくないの」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1438246040


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
7:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/07/30(木)22:42:33.46ID:uofdsiYD0
伊吹翼(14)Vi
https://i.imgur.com/1Flgaic.jpg
https://i.imgur.com/F9ge9dZ.jpg
星井美希(15)Vi
https://i.imgur.com/pOc2qPU.jpg
https://i.imgur.com/kukPfaE.jpg
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/07/30(木)17:55:04.92
ID:j+JeHKIlo
翼「それでそれで?美希先輩はどうしてあの先生を尊敬してるんですか?」
美希「なんでそんなに興味津々なの…」
翼「美希先輩のことはなんでも知っておきたいので♪」
美希「翼、ちょっと気色悪いの。…それでえーと、尊敬してる理由だっけ?」
美希「カモって寝たままでもぷかぷか?って浮いてられるでしょ?ミキもそうやって楽に生きていけたらいいなーって、そう思ってたの」
翼「なるほどー。ちょうど私にと
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆R4LxbbyKhE
2015/06/22(月)01:32:34.96
ID:hLCpWXy20
【モバマスSS】です
――――プロダクション、ラウンジ
麗奈「つ、疲れた……これだから休日の買い物は……」
紗南「ごめんねレイナちゃん。でも買い物に付き合ってくれてありがとう!」
麗奈「いいわよ。アタシも買いたい物あったし。で、アンタはこれからどうすんの」
紗南「そりゃもちろん早速遊ぶよ! やっと買いに行けた新作ゲームだもん!」
麗奈「あっそ。じゃあ適当に飲み物でも持ってくるわ」
紗南「わーありがと! じゃ、あたしはその間に準備をと」ゴソゴソ
紗南(えへへ! 今日はお休みだし張り切って楽しむぞー!)
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1434904344


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
◆R4LxbbyKhE
2015/06/22(月)01:34:11.86
ID:hLCpWXy20
※小関麗奈
https://i.imgur.com/HAdMAeh.jpg
※三好紗南
https://i.imgur.com/VzreXOu.jpg
3:
◆R4LxbbyKhE
2015/06/22(月)01:35:26.75
ID:hLCpWXy20
紗南(とりあえずジュースはレイナちゃんが取りに行ってくれたから、お菓子はその辺に置かれてるのを側に寄せて)
紗南(ソファーもテレビの前に寄せて……おもっ!)
紗南(……これで、良し! さーて遊ぶ準備は出来た! あとは……)
麗奈「炭酸飲料があればいたずらして渡そうかと思ったけど、残念なことに冷蔵庫にはフルーツの飲み物しかなかったわ……」
紗南「そりゃ残念だったねー。ま、あたしは簡単にレイナちゃんのいたずらには引っかからないけどね!」
麗奈「はいはい。とりあえずアンタにはオレンジジュースよ紗南」ポイッ
紗南「おっと! よしあたしナイスキャッチ☆ さて遊ぶぞー!」ストッ
麗奈「で、あんなに嬉しそうにしてたけ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆oZf06d53Imn3
2014/08/21(木)02:25:35.18
ID:xUIeiKsfO
「……どうかしたのですか?」
綺麗な瞳だなぁと思っていました。
虹彩が鮮やかで、きらきらしていて、なんだか宝石みたいだなぁと、ふわふわとした意識の中で考えていました。
「ど、どうしたのですか?花陽?…花陽?」
すると、みるみる内にその瞳が歪んでいきました。なんだかそれさえも美しく思えてしまうような不思議な気分。
けど……
「あぁ、やっぱりどこか痛いのですか?痛かったら素直に言ってください。きっと私の責任です……」
歪んだ瞳はどんどん不安一色に染まっていきます。ようやく、その瞳に見蕩れていた自分に気づいて我に返りました。
――――――――――
花陽「えっ、いや、……えっと」
海未「?」
花陽「なんでもないっ、……です」
花陽「ただ、良いなって……そう、思って……」
海未「そう、ですね」ダキ
海未「誰かが腕の中にいるというのは、こんなに満たされることだったとは知りませんでした」
花陽「……えへへ」ギュウ
これは、こうなるまでの、お話。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1408555535


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
5:
◆oZf06d53Imn3
2014/08/21(木)09:09:44.22
ID:oGCj+NiDo
それは、毎日がめまぐるしくて、気にならなかったようなことかもしれないって、思うんです。
でも、いつの間にか育って、胸には収まりきらなくなっちゃうものなんだなって、思うんです。
――――――――――
μ’sに入ってからの日々は私にとって新鮮なことばかりで、全部が異世界の魔法のような時間。
スクールアイドルとして練習を初めて、みんなが居て、私が居て。
毎日変わらずやってくる朝も、毎朝変わらず通る通学路も、毎日変わらずやってくるこのお昼どきもなんだか特別に見えてきて。
そんな毎日を思い出していた私は、その時、少し楽しく
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
響提督◆Ew3/imucfM
2014/08/02(土)18:19:08.47
ID:bxZds1I/0
こんにちは
今日もまた建ててみました
前スレではちょっとごたごた有りましたが
今スレからは気をつけてやっていこうと思います
今回は提督の生い立ち…
まあキャラ立てを行いながらゆるりと書いていきます
提督は、大体自分と重ねあわせているので似る所や同じ所が
あります、僕の中身は適当に想像してもらって構いません
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1406971138


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
響提督◆Ew3/imucfM
2014/08/02(土)18:30:01.33
ID:bxZds1I/0
提督「あっちー…」パタパタパタ
響「…」
提督「お前いつでも涼しそうだよなぁ、ったく… 電力供給も考えて節電とか…」
響「私だって暑いさ 司令官が大げさなだけじゃないかい」ペラ
提督「仕事が無いだけマシか… 何読んでるんだ」
響「どこかの偉人の生い立ちみたいなやつ」
提督「偉人伝か?」
響「まあそんな感じだ」
提督「ふぅん…興味ねえや」
響「司令官はどんなふうに生きてきたんだい」
提督「なんだよ急に  別に面白いもんじゃねえよ…」
響「是非聞かせてほしい」
提督「…俺の過去ねぇ」
?????????????????????
3:
響提督◆Ew3/imucfM
2014/08/02(土)18:35:16.97
ID:bxZds1I/0
提督「俺はまず東北の生まれだったね 周りは田舎って程でもないけど、何もなかったな」
響「誕生日は?」
提督「9月」
響「の?」
提督「…29日」
????????????^
9月29日…どっかの病院
提督(になる人)「あうあう」
父「はっはっは、元気そうな男の子だ」
母「そうねぇ」
母「名前は決めてあるの?」
父「名前か、名前は―
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆GWARj2QOL2
2018/09/02(日)23:24:27.20
ID:V0vtL5E9O
アニメ準拠はほとんどありません
草が生えてませんが気分を害された方がいらっしゃったら大変申し訳ありません
色々申し訳ありません
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1535898267


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
◆GWARj2QOL2
2018/09/02(日)23:25:15.08
ID:V0vtL5E9O
瑞樹「」
早苗「」
友紀「いやホント」
楓「そうね」
友紀「ヤバイですよ。普通の酔い方じゃなかったですよ」
楓「そうね」
友紀「吐くわ絡むわ…週刊誌に撮られたらアウトでしたよ」
楓「うん」
友紀「聞いてます?」
楓「週刊誌に撮られたらアウトね」
友紀「聞いてりゃいいってもんじゃないんですよ」
3:
◆GWARj2QOL2
2018/09/02(日)23:25:42.56
ID:V0vtL5E9O
菜々「これはひどいですねぇ」
友紀「ホントだよ。服だってゴミ袋3枚くらい使ってようやく臭い消えたし」
楓「…」
友紀「一応アタシん家ですからね。後輩といえど一言くらいは謝らせて下さいよ。2人に」
楓「うん」
友紀「はぁ…」
菜々「お店で飲んでたんですよね?」
友紀「…それがもー…ホント、2人揃って喚くわ暴れるわで…店の人カンカンで…」
菜々「えええ…?」
友紀「特に早苗さんなんか武内さん来るまで誰も抑え込めなくて…隣のテーブルのおじさん達イキッてた癖に逃げるし…」
菜々「それは…想像したくないですねぇ」
友紀「楓さんも少しは2人の酒量控えさせて下さいよ。武内さんにも注意されてたでしょ」
楓「ん」
菜々「だからさっきから元気無いんですね」
4:
◆GWARj2QOL2
2018/09/02(日)23:26:08.03
ID:V0vtL5E9O
菜々「珍しいですよねぇ。早苗
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語(プーアル茶)
2018/09/03(月)22:32:51.72
ID:VQ7V5wrL
あるアイドルの引退報道がニュースサイトの下部に小さく掲載されていた。
ラブライブ元優勝メンバー芸能界を引退。
コメント欄には誰?知らない、そんなコメントが多数。
スクールアイドルが隆盛を誇る今でも世間の認知はそんなもの。
最初は自分もイマイチ納得がいかなかったが見方を変えれば答えは簡単だった。
ラブライブはスクールアイドルの甲子園に例えられる。
では自分は何年も前に甲子園を優勝した高校の、エースでも四番でもないメンバーの名前を挙げられたところで分かるだろうか?
少なくとも私は分からない。
面倒なのでそこで納得することに。
私、矢澤にこは今日芸能界を引退した。


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
名無しで叶える物語(プーアル茶)
2018/09/03(月)22:38:02.38
ID:VQ7V5wrL
全く鳴かず飛ばずだったかと言われればそうでもない。
アイドル好きの間ではちょっとした人気のグループで、それなりに大きなライブを開き、深夜帯ではあるがグループのバラエティ番組も放送されていた。
グループの人気を左右する中核メンバーでは無かったが固定のファンの方もしっかりついてくれた。
食べていけるほどには稼げてもいたし、そもそもアイドルになろうとしてもなれない女性は大勢いるのだ。
そういう意味では私はまだ恵まれていた方なのだろう。
逆に言えば私のアイドルとしての力はその程度のモノだったのだ。
かつて掻き毟るほど手にしたかった宇宙ナンバーワンアイドルという座はもう未来永劫手に入らない。
3:
名無しで叶える物語(プーアル茶)
2018/09/03(月)22:42:33.70
ID:VQ7V5wrL
この日、何となく初めて煙草を購入した。
吸い方も分からないので感覚で挑んでみると思いっきりむせ返してしまう。
よくもまぁこんなものを好き好んで吸う人間がいるものだと思ったが、捨てるのも癪なのでこの一箱
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆R4LxbbyKhE
2015/06/10(水)16:27:57.84
ID:3C8r5qrF0
◆注意事項な◆
※【モバマスSS】ですが忍殺文体重点
◆確認◆読んでいてニューロンや体調に異常が発生したらブラウザバック◆しよう◆
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1433921267


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
◆R4LxbbyKhE
2015/06/10(水)16:28:39.28
ID:3C8r5qrF0
【ノーチヒロ・ノープロデューサー】
3:
◆R4LxbbyKhE
2015/06/10(水)16:29:47.64
ID:3C8r5qrF0
(あらすじ:エド時代より続く老舗芸能プロダクション「シンデレラ・プロダクション」。そこでアーチ
プロデューサーとして合法、非合法を問わず様々な方法で優秀な実績を上げ続けていたツールマスターと
インフィニティは、ある日突然センカワ・チヒロから除名処分を受けてしまう)
4:
◆R4LxbbyKhE
2015/06/10(水)16:30:45.99
ID:3C8r5qrF0
(アイドル達と築き上げた信頼も、これまでプロダクションに貢献してきたという結果も無視され一方的に
放り出されてしまった二人は、これを不服として初めは穏便な手段で復帰しようとする。だが司法も労働
組合も何もかもがチヒロによって牛耳られていると知った二人は、もはや手段は選んでいられないと悟る)
5:
◆R4LxbbyKhE
2015/06/10(水)16:31:43.21
ID:3C8r5qrF0
(センカワ・チヒロ暗殺すべし! 再びあの栄光の日々に返り咲き、大切なアイドル達の元に帰るため、
二人のプロデューサーは、最も関係のない人間を巻き込む確率が低い、妖魔が跋扈する闇の時刻ウシミツ・
アワーを選んでシンデレラ・プロダクションを襲撃したのであった!)
6:
◆R4LxbbyKhE
2015/06/10(水)1
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆YBm93b2VSc
2018/07/01(日)01:08:28.66
ID:r1XZIobz0
神谷奈?メインのSSです。ギャグです。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1530374908


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
3:
◆YBm93b2VSc
2018/07/01(日)01:10:44.15
ID:r1XZIobz0
 それは事務所でゆったりとしている日の事であった。
久しぶりというほどでも無い休日に、特にやる事も無し、かといって家に引きこもっているような気分でも無かったあたしは、早々に家を出て事務所に足を運んでいた。
扉を開ける。誰も居ない。まあ、皆が暇なわけでは無いか。それにまだ早い時間だし。
ホワイトボードを見やれば、レッスンや仕事の合間に何人かは此処に寄るだろう事も分かったし、取り敢えずソファに身を委ね、本を読んで過ごす事にした。
4:
◆YBm93b2VSc
2018/07/01(日)01:11:24.61
ID:r1XZIobz0
そうしていれば、誰かしら来るだろう。
そう読んだあたしの考えは見事的中しており、文庫本を数十ページめくった所で彼女、橘ありすが部屋に入ってきた。
だけれど、私の予想が合っていたのはそこまでで、彼女は私の想像の斜め上を行く発言を投げかけてくる。
5:
◆YBm93b2VSc
2018/07/01(日)01:12:04.88
ID:r1XZIobz0
ありす「お願いが、お願いがあるんです!」
奈?「……」
6:
◆YBm93b2VSc
2018/07/01(日)01:12:51.40
ID:r1XZIobz0
 目の前の幼気な少女がそう懇願している様子は、どこか心の柔らかい部分が刺激されるようで。
なるほど、彼女が人気なのはこんな所が関係しているからかも知れない、と額に手をやる。
待て、落ち着くんだ神谷奈?。
急な事にも関わらず、私は躊躇う事無く頷いてしまいそうになったけれど、済んでのとこで
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/17(火)14:12:12.28
ID:d9Z7VJYa0
アイマス×リンカーンシリーズ第4弾
春香「限界を調べてみよう」
春香「亜美真美の誕生日を盛大に祝おう!」
このみ「限界を調べてみよう」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1531804331


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/17(火)14:19:24.44
ID:d9Z7VJYa0
P「はい。ユニリーバさんが開発した男性用シャンプーのCMをBeitとHigh×Jokerの皆さんと作りたいということで」
隼人「どうして俺たちなんですか?」
P「青春の汗、そして働く男の汗を流そうというコンセプトらしいので」
P「あとロケ地がBeitの皆さんが働いていた商店街の近くの銭湯で行うということらしいので」
恭二「あああそこか」
P「引き受けてもらえますか?」
恭二「もちろんだ」
隼人「喜んでやりますよ!」
P「では後で僕がほかのメンバーにも伝えますので」
P「2週間後に収録しますのでよろしくお願いします」
恭二「わかった」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/17(火)14:56:19.26
ID:d9Z7VJYa0
2週間後
監督「皆さんお忙しい中ありがとうございます」
春名「いえ、こちらこそありがとうございます」
みのり「ここの銭湯をロケ地に選んでいただいてありがとうございます」
監督「では本日はユニリーバさんが開発したA〇Eという男性用シャンプー、ボディソープのCMを撮影します」
監督「皆さんにはリアリティのある演技を期待してますので」
旬「リアリティ、ですか?」
夏来「難しそうだな…」
監督「そして本日のCMの流れがこちらになります」
様々な職業、部活のユニフォームをきた一同が汗
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/23(土)09:55:16.82
ID:VvM+Mqad0
アイマス×リンカーンシリーズ第3弾
歴代の作品
春香「限界を調べてみよう」
春香「亜美真美の誕生日を盛大に祝おう!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1529715316


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/23(土)10:05:06.55
ID:VvM+Mqad0
このみ「祝秋月律子生誕祭記念!限界を調べてみよーう!」
パチパチパチ
このみ「今日は律子ちゃんの誕生日を祝おうということで、やるき茶屋さんでこの企画を行うわよ!」
律子「祝ってくれるのはうれしいけど、わざわざこの企画でなくても…」
莉緒「前回結構きつかったわよ」
千鶴「今回は何を調べるのですの?」
このみ「ジョッキの数を調べるわよ」
風花「え!?」
あずさ「あらあら?」
このみ「飲み物全部これで来るから、これ全部なくしましょう」
律子「めちゃくちゃありそうね…」
このみ「今回もいろんな事務所の20歳以上のアイドルに助っ人要請してあるわよ」
麗花「それなら大丈夫かな?」
このみ「あとウーロン茶などのソフトドリンクでも大丈夫だからね」
莉緒「そっちの方がきついわよ」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/23(土)10:15:09.25
ID:VvM+Mqad0
ジョッキの数に脅威を感じつつ、メンバーそれぞれ1杯目を注文。
その結果、生グレープフルーツサワーを頼んだこのみ、ウーロン茶を頼んだ麗花を除いたメンバーは生ビールを注文した。
このみ「飲むだけじゃなくて、肴もいっぱいあるわよ」
莉緒「でも食いすぎると飲めないからね…」
飲むのに程よいおつまみを選ぶのが、今回の重要なポイントとなる。
風花「きゅうりは利尿作用あ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆W2Wa1JgiWbwL
2018/08/21(火)20:26:28.25
ID:pLbwg1ns0
・9作目です。
今までの
【艦これ】伊168「耳掃除してあげる」
【艦これ】摩耶「耳かきしてやんよ」
【艦これ】神通「耳掃除しましょうか?」
【艦これ】蒼龍「耳掃除します?」
【艦これ】村雨「耳かきして欲しいでしょ?」
【花騎士】ススキ「耳かきしちゃうね!」
【艦これ】綾波「耳かきしてあげます」
【艦これ】涼月「耳かきして差し上げますね」
注:今回は一週間くらいかけて、ゆっくり更新していきます。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1534850787


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
◆W2Wa1JgiWbwL
2018/08/21(火)21:34:33.09
ID:pLbwg1ns0
?「――れ――か――ま。しれ――ん――さま。」
提督(あれ? 俺は……)
?「司令官様」
提督(ドリルが……二つ?)
提督「シャゴ……ホッド……」
3:
◆W2Wa1JgiWbwL
2018/08/21(火)21:36:32.68
ID:pLbwg1ns0
―――指令室
春風「……司令官様?」
提督「……あ、ああ。春風か」ネムネム
提督(俺は……指令室で寝ていたのか?)
春風「……お疲れですか?」
提督「そんなことはないさ」
提督(にしても珍しいな。いつもは毛布を掛けてくれるのに、今日は起こしてくるなんて)
提督「は?」ノビー
提督「さて、残った仕事を片付けるか」
春風「お言葉ですが司令官様、わたくし……もう我慢なりません……」
提督「へ? な、なにが?」
提督(ま、まさか、秘書官の業務が!?)
春風「司令官様がわたくしたちのために、そんなにお疲れになるのが……ですわ」
4:
◆W2Wa1JgiWbwL
2018/08/22(水)19:22:50.43
ID:W9t6LFyB0

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/08/16(金)17:57:55.14
ID:lNw1P8GiP
モバマスSSです
敬語のPが出てきます。苦手な方はご注意を
それでも良ければオナシャス
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1376643475


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/08/16(金)17:58:54.47
ID:lNw1P8GiP
留美(仕事を辞めてしまった……)
ハァ……
留美(あの仕事自体にはもう未練などないけれど)
ウゥ……
留美(平日に何もしないで公園のベンチに座っている私って……)
ハァ……
留美「……」
ハァ……
留美「……ねぇ」
「? 何でしょうか?」
留美「そんなに溜息ついてどうしたのかしら?」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/08/16(金)17:59:32.02
ID:lNw1P8GiP
「いやぁ、お恥ずかしいんですが仕事でミスをしてしまって……」
留美「ミスくらい誰でもあるわ」
「そうなんですが……大事な案件がダメになったんですよ……」
留美「それはまずいわね。先方には謝りに行ったの?」
「えっと……」
留美「……早く謝りに行かないと取り返しがつかないことになるわよ」
「そう……ですね……」
留美「はぁ……私がついて行ってあげるからさっさと行くわよ」
「えっ……そんな悪いですよ」
留美「そんなこと気にしている状況かしら?」
「……違いますね」
留美「なら行きましょうか。えっと……」
P「あっ、自分はPと申します」
留美「私は和久井留美よ。留美でいいわ。ほら準備しなさい」
5:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/08/16(金)18:00:11.09
ID:lNw1P8GiP
P「留美さんはすごいですね。こ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/08/27(水)01:02:49.43
ID:ldq6NmJe0
時代設定が無茶苦茶ですが、気にせず見ていってください
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1409068959


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/08/27(水)01:03:35.68
ID:ldq6NmJe0
芳佳「私達のあだ名を考えましょう!」
美緒「いきなり何を言い出すんだお前は…」
芳佳「私達って普段名前で呼ばれるじゃないですか」
美緒「ま、まぁ。そこに階級をつけたりするが…」
芳佳「私、リーネちゃんやシャーリーさんが羨ましいんです!あだ名で呼ばれているのが!」
芳佳「それに、あだ名で呼び合う方がみんなもっと仲良くなれるんじゃないかって思うんです!」
美緒「ここ、最前戦だからな?忘れていると思うが…」
芳佳「よーし!早速私達のあだ名を決めましょう!!」
美緒「お、おい!勝手に始めるなー!!」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/08/27(水)01:04:28.52
ID:ldq6NmJe0
芳佳「皆さん、フリップは持ちましたか?」
美緒「こんなものどこにあったんだ…?」
ミーナ「この前扶桑からの支給で送られてきたらしいのよ…」
リーネ「ここに考えたあだ名を書くんだね」
芳佳「うん!リーネちゃん、とびきり可愛いのをお願いね!」
リーネ「任せて!」
芳佳「それでは、最初は坂本さんから。坂本さんらしいあだ名を考えてください」
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/08/27(水)01:05:23.22
ID:ldq6NmJe0
芳佳「それじゃ、私からいきます…はいっ!」
『さかもっちゃん』
美緒「無難だな…」
芳佳「坂本姓なら二人に一人はこのあだ名ですよね」
エイラ「知らねえヨそ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Dm8ArSIo3MOQ
2018/09/03(月)02:37:15.03
ID:ztWki/vQ0
アサデシテーアサデシテーオキルノデシテー
モバP(以降P表記?お…おぉ?!)「…んぅ、朝か…」ピッ
P「眠っ…暑くて寝苦しい分起きるのがかったるくなるよなぁ…」ムニュッ
P「…うん?なんだまた芳乃が潜り込んでるのか?クソ暑いのに何で入ってくるかな」
P「ほれ起きろ。仕事だぞー。遅刻したら財布の破壊者チィケイドにシバかれるぞー」ユサユサ
P「おーい起きろって。起きろーほら起きろー。ザメハッ!起きろー」ユサユサユサ
P「……あれ?」
P「そう言えば芳乃は昨日から地方ロケに言ってる筈じゃあ…」
P「…え?」
モゾモゾ・・・
P「えっ何?何が入ってるの何これ本気で怖い!」
こずえ「……ふわぁ?」スポッ
P「え」
こずえ「…もぅあさー…?ねむいー…」
こずえ「すやぁ……」
P「…」
P「あービックリした。なんだこずえかぁ」
P「アハハハハ!俺は遊佐をユサユサしてたって訳だ!こいつは傑作だ!ハッハッ!」
こずえ「すぴぃ…」
P「ハハハハ!」
P「ハハッ……」
P「何でいるの!?」
こずえ「うるさいー…ねかせろぉー…」モソモソ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1535909834


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
◆Dm8ArSIo3MOQ
2018/09/03(月)02:47:05.02
ID:ztWki/vQ0
こずえ「ふわぁ……おはよぉー…」
P「おはよう。で、何がどうなってこずえがここにいるん?」
こずえ「えっとねぇー…」
P「うん」
こずえ「んっとねぇー…」
P「うん?」
こずえ「おなかすいたー…」
P「朝ごはんはすぐ用意するよ。こずえはちゃんと寮に自分の部屋あるだろ?てかどうやってウチに入った」
こずえ「きょうはねぇー…こずえおやすみー」
P「せやね。んでどうやってウチに入ったん
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)
2011/05/24(火)00:51:48.62
ID:J4Mz0mAH0
部室!
唯「みんな遅いね?」
梓「そうですね。あ、そうだ唯先輩」
唯「なに?あずにゃん」
梓「二人きりですし、折り入ってご相談したい事があるんですが……」
唯「お、何だい?この唯先輩に何でも言ってごらん?」
梓「実はですね、律先輩の事なんですけど」
唯「りっちゃんがどうしたの?何か有った?」
梓「いえ、律先輩が可愛すぎるんですけどどうしたら良いですかね?」
________
初SSです。
短編コメディです。
至らぬところが多いとは思いますが、温かい目で見ていただければありがたいです。


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)
2011/05/24(火)00:53:59.75
ID:J4Mz0mAH0
唯「え?ちょっとゴメン……今何て?」
梓「考えた挙げ句再確認ですか。だから、律先輩が激烈プリティー過ぎて困ってるんです」
唯「さっきと変わってるけど。……うん、それで?」
梓「それで?って、唯先輩には律先輩の可愛さが分からないんですか!?」バン!
唯「ひぃ!いや、可愛いとは思うよ?」
梓「でしょ?抱きしめたいでしょ?」
唯「抱きしめ?うん、まぁ時々」
梓「あの笑顔、永久保存物でしょ?」
唯「りっちゃんの笑顔は可愛いもんね?」
梓「いつも澪先輩を弄ってるのに自分に回ってくるとテンパっちゃって顔赤くするとか萌えません?」
唯「そうだねぇ」
梓「いつも大雑把でだらけた恰好なのに胸の大きさとかしっかり気にしてる女の子らしさ、良くないですか?」
唯「確かにねぇ」
梓「演奏が終わった直後のあの汗、素晴らしくないですか?」
唯「うん。……うん?」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)
2011/05/24(火)00:55:46.38
ID:J4Mz0mA
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Tn3qm05sjE
2018/09/03(月)11:47:14.50
ID:xE5XbXzR0
ルビィはお姉ちゃんが嫌いです。
黒澤父「さすがはダイヤだ、今回もよくやった」
黒澤母「立派に娘が育ってくれて嬉しいわ」
ダイヤ「いえ、黒澤家の長女として当然の事ですわ」
成績優秀だし何でも器用にこなすお姉ちゃん。
そんなお姉ちゃんとルビィはいつも比べられます。
決して成績も悪いワケではないのに、お姉ちゃんのせいであまり良い顔をされません。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1535942833


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
◆Tn3qm05sjE
2018/09/03(月)11:49:44.56
ID:xE5XbXzR0
ルビィはお姉ちゃんが嫌いです。
ダイヤ『おはようございます、生徒会長の黒澤ダイヤです』
全校集会でたくさんの人の前だというのに、ステージの上にたった一人で立っているというのに堂々としているお姉ちゃん。
それに比べてルビィは一対一でも上手く話せません。
花丸ちゃんや見知った人は別だけど、相手が男の人だとしたら話せないどころか逃げ出したい気持ちでいっぱいになります。
そんな時はいつもお姉ちゃんに呆れた顔をされ、そして小言を言われます。
お姉ちゃんは”できる人”だからルビィみたいにできない人の気持ちがわからないんです。
3:
◆Tn3qm05sjE
2018/09/03(月)11:50:42.96
ID:xE5XbXzR0
ルビィはお姉ちゃんが嫌いです。
果南「おはようダイヤ」
鞠莉「ダイヤ?、あとで理事長室に来てもらえる?」
モブ「黒澤さん、宿題でわからないところがあるんだけど…」
教師「黒澤、大学の推薦の件で話が?…」
お姉ちゃんの周りには人がたくさん集まります。
人望があって、信頼されていて、同級生だけじゃなく教師や他の学年の生徒からも評価されています。
そんなお姉ちゃんとルビィを比べる人は少
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/08/29(水)23:28:43.82
ID:cC/54+H3O
っていう話をツレのツレのツレくらいから聞いた。
ツレのツレのツレいうのはとなりのとなりのクラスのヤツじゃ。
そんで乙倉もそのクラスじゃ。
乙倉悠貴ゆう女。
オレよりデけぇ。
中1なのに164とかあるらしい。
オレ156しかねぇのに。
そういやぁヨーチエンのときからオレよりデカかったな。
家が近所じゃったし、いっしょに通っとったな。
小学校のときもいっしょの班じゃったけぇ、いっしょに通っとった。
まぁ、かわいかったわ、そんときから。
言わんけど。
女とか別にどうでもええし。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1535552923


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/08/29(水)23:34:08.56
ID:cC/54+H3O
小学校のときは2年と3年と6年で同じ組じゃったな。
いや、なんか覚えとるだけじゃし。
別に乙倉やこぉどうでもええし。
ほー。
アイドルになるんか。
アイツ。
乙倉がアイドルか。
ゆーことは、東京行くんかな?
転校するんか?
まぁええけど。
知らんし。
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/08/29(水)23:42:24.90
ID:cC/54+H3O
そういやぁヨーチエンのときは名前で呼んどったな。
「ゆーきちゃん」
って。
いまおもーたら気持ちわりぃな。
なんなら「ゆーきちゃん」って。
気持ちわりぃな。
まぁ乙倉のことやこぉどうでもええし、はよぉ帰ってミリオンライブやりてぇけぇ帰るで。
「なんなら、もう帰るんか」
いや、じゃけぇ、はよぉ帰ってミリオンライブやりてぇんじゃって。
イベント走らんとおえんのじゃ。続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/04/06(土)22:11:07.57
ID:7yVnzxKD0
事務所にて…
佐久間まゆ「ねぇ幸子ちゃん?」
輿水幸子「なんですか?」
まゆ「なんだか最近Pさんの反応が素っ気ない気がするんです」
幸子「素っ気ない、ですか」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1365253867


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/04/06(土)22:18:39.25
ID:7yVnzxKD0
まゆ「朝、事務所の前で待ってても『あまり無理して早起きするな』って言うだけだったり」
まゆ「一緒にお弁当食べようとしても『忙しいから後で一緒に食べよう』って言うんです!」
幸子「……普通の反応じゃないですか?」
まゆ「まゆはもっとPさんになでてもらったり、ぎゅってしてもらいたいんです!」バンッ
幸子「知りませんよ!」
5:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/04/06(土)23:02:36.99
ID:7yVnzxKD0
まゆ「もしかしたらこのままPさんに嫌われちゃうんじゃないかと……」オロオロ
幸子「むしろさんはまゆさんを気遣ってると思いますよ?」
幸子「心配しすぎですよまゆさん!」
まゆ「で、でも……」
幸子「ああ、じゃあ分かりました!ボクも一緒にその事について考えてあげます!」
まゆ「本当ですかぁ?」
幸子「ええ、ただ少し待っててください!」
7:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/04/06(土)23:34:06.59
ID:7yVnzxKD0
ちょっとして…
多田李衣菜「で、私たちも呼んだってわけかー」
幸子「一人だとなんだか疲れそうだったので……」
緒方智絵里「それで、まゆちゃんはどうしたいの?」
まゆ「Pさんに、少なくともこれ以上嫌われないようにしたいんです……
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆S6NKsUHavA
2016/11/20(日)23:08:22.05
ID:D1mygOOv0
インフルエンザがそろそろ流行してくる季節ですね。
皆様お気をつけ下さい。
142’sとダークイルミネイトが出たりするお話です。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1479650901


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
◆S6NKsUHavA
2016/11/20(日)23:08:48.18
ID:D1mygOOv0
幸子「フギャー!!」
 ある日の事務所前。
P「また幸子が叫んでる」
幸子「好きで叫んでるわけじゃ無いですよ! 緊急事態ですプロデューサーさん!」
P「幸子の頭が?」
幸子「ぶっ飛ばされたいんですか!? 違いますよ! 事務所が大変なことになってるんです!」
P「大変って……扉の向こうが宇宙と繋がったりとか?」
幸子「なんでそう発想が斜め上なんですか! ……で、でもまぁ、当たらずも遠からじと言いますか……」ボソボソ
P「遠くないの。怖いんだけど」ドンビキ
3:
◆S6NKsUHavA
2016/11/20(日)23:10:01.11
ID:D1mygOOv0
小梅「あの……それについては、私から説明……するね」ヒョコリ
P「小梅もいたのか。説明とは?」
小梅「それがね……輝子ちゃんが、インフルエンザにかかっちゃって……」
P「おぅ、それは大変だな。それで?」
小梅「事務所までは来たんだけど、机の下で寝込んじゃってて……」
P「何故来た。そして何故机の下で寝込む」ドンビキ
小梅「『パンデミックだー! ヒャッハー!』……って」
P「……アイツには一度キツめの説教が必要だな……あぁ分かった、それで事務所の中に入るとインフルエンザにかかるから入らないようにと」
小梅「……ううん、そうじゃ、ないんだぁ……」
P「ん?」
小梅「輝子ちゃんが辛そうだから……何か治す方法は無いかなって、志希さんに聞きに行ったら……
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
4
5
6
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。