SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:SSマンション
<<
2018年05月
>>
258件取得
人気記事順表示
<<
3
4
5
6
7
8
>>
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/12(木)19:41:07.00
ID:jKyDF0bM0
夕張「ん? あら、吹雪ちゃん。どうしたんですか?」
夕張「え? バレンタインが近いから、美味しくチョコを溶かせる鍋が欲しいって?」
夕張「良いですよ。ちなみに誰にチョコはプレゼントするんですか?」
夕張「ふむふむ、睦月ちゃんと夕立ちゃんと、提督・・・と」
夕張「提督につくるのは義理ですか? それとも・・・」
夕張「良いじゃないですか、教えてくれてもー」
夕張「義理ぃ? 本当ですかぁ? 私、知っているんですよ?」
夕張「いつも頑張って、チョコを作る練習をしていることを」
夕張「・・・・・・」
夕張「・・・じゃあ、つくりますね!」
ガン!    ガン!    ガン!
夕張「提督、今日はバレンタインですね」
夕張「吹雪ちゃんから、提督にこれを渡すよう、頼まれました」
夕張「恥ずかしがって、自分では渡に行けないって言っていましたから」
夕張「きっと恥ずかしかったんですよ!」
夕張「あ、私からもどうぞ」スッ
夕張「ふふ、どっちが美味しかったか、後で教えて下さいね?」
夕張「じょ、冗談ですよ!」
夕張「・・・・・・」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1423737666

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/12(木)19:47:35.41
ID:jKyDF0bM0
夕張「あれ? 那珂ちゃん、どうしたの?」
夕張「え? もっと歌が上手くなれるマイクが欲しいって?」
夕張「任せて下さい! とっておきのマイクをつくりましょう!」
夕張「那珂ちゃんの心温まる、優しくて明るい歌、みんなの心に響かせましょう!」
夕張「あ、みんなってことは、提督の心にも・・・」
夕張「・・・・・・」
ガン! 
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆rzOq/SCuAA
2015/04/01(水)23:18:40.15
ID:FUZCKQg30
ジン「藪から棒に、いきなりどうした?」
ウォッカ「実は、昨日バーボンの奴が……」
?回想・組織のアジト・PCルーム?
安室『う?ん……』カチカチ…
ウォッカ『何やってんだ、バーボン? 随分深刻な顔して』
安室『いやぁ……バイトとして潜入している喫茶店で』
安室『4月4日から、オレンジデーにちなんだ期間限定メニューを出そうということになりましてね』
安室『どんなものが良いか、ネットで調べながら考えてたんです』
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1427897919

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆rzOq/SCuAA
2015/04/01(水)23:19:42.45
ID:FUZCKQg30
安室『ドリンク系は充実していますが、デザートの種類が少ない店なので』
安室『オレンジを使ったケーキが良いのでは……と思ったんですが』
安室『普段店にいるスタッフの数を考慮すると、作るのに手間暇がかかってしまうものは無理なので』
安室『どうしたものかと悩んでしまって……』
ウォッカ『へぇ……お前も大変だな』
安室『まぁ、仕方ないですよ。これも仕事の内ですし』ハハッ
安室『そういうことなので、何か良い案を思いついたら教えてくれませんか?』
ウォッカ『あぁ、分かった』
?回想終了?
3:
◆rzOq/SCuAA
2015/04/01(水)23:20:17.50
ID:FUZCKQg30
ウォッカ「……って言ったものの、俺、実はオレンジデーって何なのか全く知りやせんで……」
ジン「チッ……それぐらい知っとかねぇか」
ウォッカ「はぁ……すいやせん」シューン
ジン「……まぁ良い、教えてやる」
ジン「オレンジデーってのは、4月14日に行われる恋人同士のイベントのことだ」
ジン「2月14日のバレン
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)
2018/02/12(月)23:16:13.27
ID:0XLtxR7B
二人の視点が行ったり来たりします
読みづらかったらすみません

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)
2018/02/12(月)23:17:15.82
ID:0XLtxR7B
昔から、庭の隅に咲く花があります。
母から教わったその花の名は、牡丹一華(ボタンイチゲ)。
色とりどりの花の中で、毒々しく真っ赤な花弁がどこか恐ろしく、今でもあまり好きな花ではありません。
春先になると毎年顔を出し、縁側から庭を見るとイヤでも目を引く赤の花。
風に揺れるその花弁を見ていると、いつか毒でも撒き散らすのではないかと、幼心にありもしない想像をしては身震いして、いつも目を反らしていました。
ことりが家に遊びに来た時、庭先であの花を指さしました。
牡丹一華、その花を。
ことり「ねぇ海未ちゃん、あの花ってアネモネだよね?」
そう言ってことりが指差した先にある花が、牡丹一華でした。
海未「いえ、あれは牡丹一華という名前ですよ」
ことり「くすくす。 海未ちゃん? 牡丹一華ってね、アネモネの和名なんだよ?」
海未「え、そうだったのですか……母からは、その名前しか教わっていなかったもので」
海未「物知りなのですね、ことりは」
ことり「ううん、あれがアネモネだから知ってただけだよ」
ことり「わたしが好きな花だから、たまたま知ってただけ」
海未「そうだったんですか? それなら、摘んでお渡ししましょうか」
3:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)
2018/02/12(月)23:18:20.14
ID:0XLtxR7B
ことりは牡丹一華が好き、と。
しかし牡丹一華よりは、アネモネという花の名の方が通用する、と。
私は、心の奥底にその言葉を刻み込みました。
そうだったんですね……。
ことりとは長い付き合いになります
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/13(火)21:02:16.26
ID:zDS9v2Mg0
勢いで書きました
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1518523335

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/13(火)21:03:26.57
ID:zDS9v2Mg0
伊吹「あっ、奏ーおはよー!」
奏「おはよう、伊吹ちゃん。朝から元気ね」
伊吹「そりゃそうだよ!今日はダンスレッスンだからね。気合いが入るってもんよ」
伊吹「奏は今日はレッスン?」
奏「いえ、今日は午前中にモデルの撮影だけよ」
伊吹「お、私も午前中だけだから午後から私の家で映画でも見ない?」
奏「いいわね。見る映画はいつも通りでいい?」
伊吹「うん!いつも通り私と奏の見たいやつ1つずつね!」
奏「了解、また後で連絡するわね」
伊吹「うん、また後でねー」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/13(火)21:08:53.75
ID:zDS9v2Mg0
ヘレン「伊吹」
伊吹「わっ!ってヘレンさんどうかしました?」
ヘレン「それ、私も参加していいかしら?」
伊吹「それって奏との鑑賞会ですか?」
ヘレン「ええ。いいかしら」
伊吹(正直、あんまり話したことないからヘレンさんのこと、よくわからないんよね……)
伊吹(でもヘレンさんがどんなものを観るのかすっごい気になるし……)
伊吹(ま、これから仲良くなればいいでしょ!)
伊吹「もちろんいいですよ!観たいDVD持ってきてくださいね!」
ヘレン「ええ、とっておきのを持っていくわ!」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/13(火)21:09:26.90
ID:zDS9v2Mg0続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/11(日)22:04:42.63
ID:F17U2dLu0
アイドルマスターシンデレラガールズのSSです。
短め、書き溜めありです。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1518354282

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/11(日)22:05:07.90
ID:F17U2dLu0
皆さんこんにちは、松尾千鶴です。
突然ですが大変です。
私達のユニットG.B.N.S.のメンバーである関裕美ちゃんのおデコから…
ビームが出るようになりました。
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/11(日)22:05:37.48
ID:F17U2dLu0
ええそうです、「あの」ビームです。
765さんの所にも比喩的にビームを出す方がいらっしゃいますがこちらのは本当にビームです。
…なぜそうなったのか。
先程ビームの直撃を受けた下手人の某ギフテッドさんは
「裕美ちゃんがもっと輝きたいって言うからつい」
などと意味不明なことを口走っていました。
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/11(日)22:06:05.71
ID:F17U2dLu0
私と泰葉さんは裕美ちゃんの後ろに居たので難を逃れましたが、ビームを止める手段も分からずおろおろするばかりです。
「…ええ…はい…じゃあすみませんがよろしくお願いします…ええ」
訂正します、泰葉さんは冷静に誰かと連絡を取り合っていました。
おろおろしているのは私とビームを出している裕美ちゃんだけでした。
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/11(日)22:06:33.87
ID:F17U2
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/06/16(月)02:57:00.70
ID:BdsP4VYm0
モバマスSSです。
短い。ただのネタ供養
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1402855020

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/06/16(月)02:57:54.78
ID:BdsP4VYmo
P「……」カタカタ
蘭子「……」ジー
P「…….」カタカタ
蘭子「……」ジー
P(何だろう……さっきから蘭子に見つめられている)
P(声かけてみるか?)
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/06/16(月)02:58:57.76
ID:BdsP4VYmo
P「蘭子?」
蘭子「ど、どうした?我が友よ」
P「いや、さっきから蘭子が俺のこと見つめているから何かあるのかなって思ってな」
蘭子「そ、それは、」
蘭子「……」
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/06/16(月)03:00:13.90
ID:BdsP4VYmo
蘭子「フハハハハハ!よくぞ我が視線に気づいたな我が友よ」
P(蘭子は言いにくいことがあると魔王モードになるな)
P(勢いをつけたいのか?)
P「で、どうしたんだ?」
蘭子「え、えーと」
蘭子「あの、昨日……仁奈ちゃんが……」
5:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/06/16(月)03:04:44.07
ID:BdsP4VYmo
―――――――――――
――――――――
―――――
仁奈「……」キョロキョロ
ちひろ「あら仁奈ちゃんどう
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/12(月)23:52:02.95
ID:S9taK9KR0
晶葉「出来たぞ助手!新発明だ!」
P「超能力が使えるようになる装置かぁ…」
晶葉「効果範囲はまだ1人だが…研究が進めば徐々に増やしていけるだろう」
晶葉「今回は裕子に研究を手伝ってもらった」
P「その裕子はどこにいるんだ?」
裕子「はいはーい!さいきっく登場!ユッコです!」
P「どうしてボストンバッグの中に」
裕子「エスパーですから」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1518447122

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/13(火)00:12:47.47
ID:2wrsMXPk0
P「それで、俺は何をすれば良い?」
晶葉「簡単な透視の実験をしよう。早速助手にはゼナー・カードを試してもらう」
P「ただのESPカードだろ?そのくらい楽勝だ!」
晶葉「そうだな…まずは丸と四角の2種類だけでやってみるか。目標は50回中40回だ」スイッチオン
ーーー
P「嘘だろ…」
晶葉「まさか50回全て外すとは…」
P「充電はちゃんとしてあるよな?」
晶葉「………」
裕子「晶葉ちゃん?」
晶葉「…忘れていた」
P「道理でダメだったわけだ」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/13(火)00:13:34.84
ID:2wrsMXPk0
晶葉「充電完了。今度こそ上手く行くはずだ」
P「頼むぞ晶葉」
晶葉「対象を助手にして…よし」スイッチオン
P「ッ!これは…まるで……!!」
晶葉「始めるぞ。このカードに描かれている模様は何だ?」
P「丸だ!」
晶葉「正解だ。これはどうだ?」
P「四角だな」
晶葉「正解。次は…」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
※りんぱな(某所にて投下済み)
2015/02/14(土)04:36:20.77
ID:32fv2ES+o
 そういえば、
 十年前も神様のお話からはじまりました。
 お米ひとつぶには七人の神様がいるんだって、
 って教えてくれたのは凛ちゃんです。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1423856180

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/14(土)04:36:58.98
ID:32fv2ES+o
 あの時も凛ちゃんの家のお風呂に二人で入ってて、
 花陽はそこの黄色いプラスチック製のちっちゃいイスに座ってて、
 背中をごしごし流してくれていました。
 だからあんなにおいしいんだね、なんて言うと、
 凛ちゃんは、
 食べちゃったらいたくないかな、って
 少し心配そうでした。
 凛ちゃんはあの時からずっとやさしい子です。
 それから洗面器でお風呂のお湯をすくって泡を流しながら、
「七人の神様って誰だろう」なんて二人で考えたのですが、
 あの頃の私たちは神様の名前なんてちっとも知らなくって、
 大仏様とお釈迦様とふつうの神様を挙げるので精一杯でした。
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/14(土)04:37:25.57
ID:32fv2ES+o
 今では神様の名前だけなら、もう少し多く挙げられます。
 神様の名前だけじゃなくって、
 覚えなきゃいけないこと、覚えてしまったこと、
 覚えたくなかったことだって、
 この洗面器ではあふれちゃうほどたくさんあります。
 私たちの身体だって
 大きくなって、湯船に浸かればあふれちゃうほどです。
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/14(土)04:37:52.13続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆77.oQo7m9oqt
2018/02/11(日)18:24:26.65
ID:uZf7DbjH0
ややキャラ崩壊があるかもしれません。
よろしくお願いします。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1518341066

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/11(日)18:25:07.54
ID:uZf7DbjH0
 ────事務所。
前川みく「……あ、もしもしPチャン? うん。うんうん、わかってるにゃ。取材ね、アイドルらしいふるまいね。わかってるわかってる。うん。……はーい、じゃあね?」プツッ
みく「……ふぅ。まったくPチャンは心配性で困るにゃあ。もうみくたちはそれなりにキャリアもあるんだから。ケーソツな行動なんてしないって。もう」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/11(日)18:25:48.09
ID:uZf7DbjH0
みく「おはようにゃあ?」ガチャ
難波笑美「ワレ今なんちゅうことゆーてくれたんやアァン!?」ガッ!
上田鈴帆「なんね文句あっとかァ!!」ガシッ!
みく「胸ぐらつかみ合ってる!?!? アイドルらしくない!!」ビクゥッ!
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/11(日)18:26:30.30
ID:uZf7DbjH0
笑美「そないなこと言うんかい! そらァゆうたらアカンことちゃうんか!? いっくら鈴帆っちゆうてもやぞ!」
鈴帆「しゃーしかっ! ほんとんとこばゆーただけばい!」
笑美「なんやとォ!?」
鈴帆「なんね!」
みく「ちょっ、ちょいちょいちょいちょいちょい。なーにやってるにゃおおお落ち着くにゃ。け、ケンカはよくないよ? アイドルらしくないよ?」
笑美「あァ!? なんやコラッ!」
鈴帆「外野はすっこんでく
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆w72AKbkgD2
2016/12/29(木)20:45:36.69
ID:i8iEKCK+0
モバマスSSです。
書き溜めあります。
工藤忍・並木芽衣子・真鍋いつき・アナスタシア
のSSです
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1483011936

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆w72AKbkgD2
2016/12/29(木)20:46:04.47
ID:i8iEKCK+0
並木芽衣子「うわー! すごい、雪! 雪だー!」
真鍋いつき「銀世界って感じですね! すごい!」
芽衣子「わー! ちょっと足跡つけてくる!」
モバP「いい大人があんまりはしゃがない。まったく……」
芽衣子「だって雪なんて滅多に見れないもん!」
いつき「そうですよ! ここはアクティブにいきましょ」
工藤忍(今日は撮影でスキー場に来ています。久しぶりの雪……)
芽衣子「きゃー! すごい、雪、ふっかふか!」
モバP「まったく、犬みたいだな。忍の落ち着きを二人にも見習ってほしいな。な?」
忍「え? あ、うん」
モバP「そっか、忍は雪国出身だもんな。これくらいの雪は見慣れたもんか」
忍「そう……だね。でも、なんだかすごく久しぶりに見た気がするな」
モバP「アイドルになってから、一度も帰ってないもんな。年末くらいは」
バシャン
モバP「…………」
芽衣子「えっへへー 命中っ!」
モバP「芽衣子ー!」
芽衣子「きゃーPさんが怒ったー! 逃げろ?」
3:
◆w72AKbkgD2
2016/12/29(木)20:47:08.96
ID:i8iEKCK+0
モバP「こら、逃げるな!」
芽衣子「あはは、こっちこっち」
モバP「そうやって逃げると転ぶぞー!」
芽衣子「大丈夫だよっ、ほらほら、ってうわっ」
モバP「ほら見ろ。大丈夫か」
芽衣子「…………」
モバP「芽衣子?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Z2EXv0FZUc
2015/01/21(水)22:34:24.79
ID:7O0pzmduo
貴音「……ばぁすでいしょっぴんぐ、ですか。それはつまり……」
美希「お買いものするの!」
響「うん。今日は貴音、誕生日だからね」
美希「ミキたちが貴音の願いをなんでも叶えちゃうよ!」
貴音「……しかし」
響「遠慮なんていらないからな!ラーメンでもお菓子でもどんとこいさー!」
美希「社長の売り込みのおかげでミキたち、たっくさん稼いでるもんね。貴音のラーメン代くらい余裕で払えるの!」
貴音「……それは真ですか?」ジュルリ
美希「あ、いや……やっぱりラーメンの食べ過ぎは体に良くないからほどほどにしたほうがいいかな……」
貴音「……ふふ。冗談ですよ。それでは、お言葉に甘えましょうか」
黒井「ウィ。では出発とするか。地下駐車場に行くぞ」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1421847264

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆Z2EXv0FZUc
2015/01/21(水)22:36:35.88
ID:7O0pzmduo
響「ちょっと待つさー!!」
冬馬「なんだよ我那覇。急に」
響「なんで社長にジュピターまでいるんだ!?自分たちフェアリーだけで貴音の誕生日を祝うつもりだったのに!」
北斗「あらら。俺たちはお邪魔だったのかな?」
美希「そうなの!チャオはともかくなんでこんなところにあほ毛オタクがいるの!響の教育に悪いの!」
響「教育って、どういう意味さー!!」
冬馬「なっ!?お、俺はオタクじゃねえ!」
翔太「別に冬馬くんとは言ってないよね?」
黒井「自覚がないよりはマシだろう」
冬馬「違うっ!オタクじゃねえっつってんだろ!!」
貴音「豚骨、塩、醤油、味噌、豚骨醤油……期待で舌が躍りますね」ワクワクジュルリ
翔太「貴音さんはほんとにラーメン好きだよね」ゾロゾロ
美希「まぁでもそれこそが貴音って
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/09/16(水)23:00:07.87
ID:MhwKRMWO0
【艦これ】劇糖バレンタイン!〜提督脂闘編〜【SS】
*注意点*
・このSSは艦これ二次創作物です。原作ゲームやアニメとの設定の乖離等がございます。
・この物語はフィクションであり、実際のなんやかんやとは一切関係がございません。
・SSは初作成、初投降です、至らぬ点ばかりでございますがご容赦ください。
・筆者の嫁は扶桑姐さんです。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1442412007

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
8:

2015/09/16(水)23:03:11.34
ID:MhwKRMWO0
〜2月初頭のある日の事〜
長門「……ふーむ、なんとかして提督に日頃の感謝の気持ちを伝えるすべは無いものか……
」ザッシペラペラ
大和「いきなり何の脈絡もなくお礼を言うというのは気恥ずかしいものがありますしね」
鈴谷「なにかあげるついでにいっちゃったらどうかな?いつもありがとー!ってさ」
金剛「う?ん、かといってあんまり気合を入れすぎてバーニングラブの迸った物をあげるの
は、ケッコン艦の扶桑と山城に、悪いデース」
加賀「と、なると消え物……菓子類とかの食べ物かしら?」
赤城「お菓子……何がいいでしょうか……」
長門「うーむ……」ザッシペラペラ
長門「うん……?こ、これだ!!」ピタッ
9:

2015/09/16(水)23:04:34.28
ID:MhwKRMWO0
〜数日後〜
コンコン
提督「どうぞ」
長門「失礼する」ガチャ
提督「ああ、長門さんか、どうかした?今日は非番の筈だけど……」
長門「いや、その、提督にこれをわたそうと思ってな」つ[meiji]
提督「うん?おお、明治のチョコレート……あ、そういえば今日は……」続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆xW69XHZIXl2A
2018/02/12(月)23:43:43.55
ID:BB/BxWBS0
■夜
早坂「え?」
かぐや「先程も言いましたが、明日料理人にお弁当を用意させるから、そのお弁当と会長のお弁当を交換して欲しいの」
早坂「会長さんの1限目が体育だから……その時にですか?」
かぐや「そうです」
早坂「疑問点が山のようにあるのですが、とりあえず置いておいて。かぐや様はそこまでして会長さんの手作り料理が食べたいのですか?」
かぐや「何を言っているの! これも激務で苦労している会長の為よ!」
早坂「はぁ……」
かぐや「会長のお弁当は栄養のバランスがかなり偏っているわ。このままでは、いつ倒れてもおかしくないの!」
早坂「なるほど」
かぐや「そこで会長のお弁当のコピーを四宮家の料理人に作らせます。からあげの油もコレステロールが少ないもの。ハンバーグは豆腐ハンバーグに! そして良い素材! 会長には少しでも良いものを食べて貰います!」
早坂「……質問してもいいですか?」
かぐや「どうぞ」
早坂「えーと、かぐや様が用意したお弁当を……知らないお弁当を会長さんが食べてくれるでしょうか?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1518446623

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆xW69XHZIXl2A
2018/02/12(月)23:48:09.94
ID:BB/BxWBS0
かぐや「はぁ……。だから言ったでしょう? 会長のお弁当のコピーを作ると。見た目は完全に同じようにさせます。味付けもできる限り近い形で。もちろん、お弁当箱も同じものを用意しました」
早坂「コピーとは言いますが、どういうお弁当を作らせるおつもりで? 毎日変わるお弁当の内容を把握するなど不可能だと思いますが」
かぐや「そこに関しては問題ありません」
早坂「?」
かぐや「これを見てください」
ゴゴゴゴゴ
早坂(スクリーンが下りてきて……映画
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/06/12(水)22:24:59.01
ID:i9AoNlKc0
美希「あふぅ……」スッ スッ
響「美希、寝不足か?」スッ スッ
貴音「睡眠は重要ですよ」スッ スッ
美希「うーん……よく分かんないの」スッ スッ
響「……なんか、今日暑くない?」スッ スッ
貴音「空梅雨ですから……」スッ スッ
美希「……」スッ スッ
響「……」スッ スッ
貴音「……」スッ スッ
響「……暇だな」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1371043497

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/06/12(水)22:26:51.40
ID:i9AoNlKc0
響「さっきから何なんだ、スッスッスッスッ!」
貴音「仕方ありませんよ、私たちはじぇんがをしているのですから」
美希「やることないし、しょうがないって思うな」
響「うぎゃー!プロデューサーが悪いんだ、プロデューサーがー!」
貴音「響、プロデューサーを責めるものではありません」
響「だって、仕事入れる日付間違えるっておかしくないか!?」
美希「今日が休みになったからオッケーなの!」
響「うぐぐ……」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/06/12(水)22:28:30.55
ID:i9AoNlKc0
響「事務所に誰もいないから暇だし!なんでよりによってジェンガなんだー!」
小鳥「ちょっと!私もいるんだけど!」ガタッ
響「……あぁピヨ子、いたのか?」
小鳥「最初からずっとね……」
貴音「小鳥嬢、貴女もじぇんがに参加しますか?」
小鳥「おっ、いいわね……まだまだ若いモンには負けないわよ?」
ガチャッ
P「ただいま戻りましたー」
美希「あっ、ハニー!」
4:
VIPにかわ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/11/10(月)22:28:55.54
ID:FvsL6dLA0
モバマスSSです。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1415626125

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/11/10(月)22:30:08.91
ID:FvsL6dLAo
事務所
P「お、家庭科の宿題か?」
朋「…なにが?」
P「ぬいぐるみ作ってるんだろ?」
朋「ま、まぁ一応…」
P「ここにまで持ってくるってことは宿題が危ない感じか」
朋「いや、そもそも宿題じゃないんだけど…」
P「なんだそうなのか」
朋「そ。ちなみにP、これ何に見える?」ヒョイ
P「ん…?」
P「なんだろ…鳥か?」
朋「そう!流石Pね。幸せの青い鳥よ」
P「チルチルミチルか」
朋「そうだったっけ?忘れたわ」
P「俺も曖昧だし気にするな」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/11/10(月)22:30:49.64
ID:FvsL6dLAo
朋「そうね。あとはこの綿を入れたら完成なの」
P(ツギハギとか糸が飛び出てるのは気にしないでおこう…)
朋「うーん…もしかして、綿の量が多いのかしら」
P「入らないならそうなんだろうなぁ」
朋「でも、私的には綿をこの綿を全部入れないと幸せになれない気がするのよ」
P「なんだそれ」
朋「ほら、青い鳥に幸運を詰めてるみたいじゃない?」
P「言い様によってはな」
朋「幸運をポイって捨てることは出来ないわ」
朋「あたしが鳥なら…幸せを捨てて飛ばないわ…絶対」
P「まぁ、確かにそうだな…」
朋「あーうーん…あ、そうだ!」
朋「ちょっとここ広げててよ」
P「いいけど…結構伸びてないかコレ…」
朋「最後に閉じるから大丈夫よ!
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/05/05(月)12:38:08.41
ID:XEdR9lYn0
両儀式の場合
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1399261088

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/05/05(月)12:38:59.65
ID:XEdR9lYn0
 とある日の午後、未那が部屋にやってきた。
「ねえお母さま、お願いがあるのだけど」
 私の隣にちょこんと座ると、小さな胸に抱えた本を差し出してきた。
「このお話を読んだことはある?」
 どうやら絵本のようだけれど、見覚えは全くない。いいえ、と首を横に振ると、未那は身を乗り出してきた。
「あのね、この本は、パパのお部屋の本棚にあったの。
パパが、これはいい本だから、未那も読んでみるといいよって言って貸してくれて。
それで読んでみたら、パパの言う通り、ほんとに素敵なお話だったの」
 良かったから私も読んでみろと言うのだろうか。
 そう思っていたら――――未那は意外なことを口にした。
「それでね、この本がとても面白かったってパパに言ったら、
パパが、この本を書いた人がこの街に住んでるって教えてくれたの。
その話を詳しく聞いてたら、すごく素敵な偶然があって――――」
 ……なんだか、嫌な予感がする。
 けれど、私の思いなどお構いなしに、娘は言葉を続けた。
「それでパパから聞いたんだけど、両儀家が所有しているフドウサンの中で、ものすごく古いビルがあるんでしょう? 
ええと、ガランの……ドウ、だったかしら。
なんと、その絵本作家さんが、そこに住んでいるんですって。
わたし、ぜひお会いしてみたいの!」
「…………」
 ――――ったく、幹也のやつときたら。
 人の良さそうな笑顔を浮かべ、その背後から尖った黒い尻尾がひらひら踊る――――そんな姿を思い描きつつ、私は思
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/04(日)23:09:04.38
ID:oL1qbYZ70
・明石の場合
明石「えー、艦娘のみなさんにはつらい季節がやってまいりましたね。なにせ冬の海は寒いもの。火花飛び散り、波をかき。おまけに敵との会敵です」
明石「それに比べて私ら工作艦は気楽なもの。何せ工場は暖かい。火花飛び散り、汗をかき。おまけに暖房で快適です」
明石「しかしそんな私ら工作艦にもたった一つだけ欠点が。そう。皆さんご存知、提督と過ごす時間が長いこと!」
明石「たびたび工廠へやってきては、やれあれをしろ。これを作れと。まったく参ってしまいます。しかし上の命令には絶対服従。軍事社会のつらいとこ」
明石「その日も、提督のご要望を伺いに司令室入ろうとしたところ、なにやら中から提督と秋雲の話し声」
明石「私、盗み聞きの趣味はありません。でもつい耳に入ってしまうのは致し方がありません。ん?ん??」
明石「『……スリット』『二重……』『明石』?はて?なんのことを言っているのか?普通はさっぱりわかりません」
明石「でもでも私工作艦。理系の知識をフル動因。したらば私の脳細胞はたった一つの答えを導きました」
明石「なるほどそうか、この人たちは二重スリット実験のことを言っているのだ、と」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1517753344

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/04(日)23:12:07.39
ID:oL1qbYZ70
明石「ご聡明な、みな皆様におかれては、もちろんご存知だと思われますが、量子力学には二重スリット実験というものがありまして、何のことはない。それと間違えてしまいまして」
明石「周りにそんな話をする相手はいない、私は大いに喜んで、小躍りしながらドアを開けて言い放つ」
明石「『提督!私もその話、混ぜてください!』と」
明石「提督と
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/12/16(火)18:02:31.01
ID:2F0w8QjR0
男子『偉そうなことをピーチャカさあ、ウザうるさいんだよ』
ありす「…………」
男子『また論破お化けの石女が来たぞーっ!』
ありす「……っ」
女子『鉄面皮って言うのよ、アンタみたいのを』
ありす「……っ!」ポロポロポロポロ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1418720540

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/12/16(火)18:05:50.33
ID:2F0w8QjR0
346プロダクション事務所:事務室
モバP「まったく。どうして機種依存文字なんかが使われてんだ……」カタカタ
ガチャガチャ、バタンッ!
ありす「…………」
モバP「ン……ありす。お帰り」
ありす「……こんにちは」ドタドタ、ドサッ!
モバP(乱暴にソファに座った?)
モバP(……また、クラスメートとトラブルでも起こしたか)
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/12/16(火)18:12:02.71
ID:2F0w8QjR0
モバP「ウガイと手洗いをすませてくれ。紅茶でも沸かすから」
ありす「……いらないです」
モバP「喉を冷やして、とがめるといけないだろ。紅茶がイヤならココアにするが」
ありす「……わかりました」トボトボ
モバP(重傷だな。……秘密兵器を投入するか)
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/12/16(火)18:17:14.27
ID:2F0w8QjR0
346プロダクション事務所:女子化粧室
ジャァァァァァァッ
ありす「……ひどい顔」
ありす「……」ザッパザッパ
ジャァァァァァァッ

続きを読む

[ 閉じる ]
3:
名無しで叶える物語(茸)
2018/02/12(月)22:20:39.59
ID:Jv/bGB1P
…ポワン
希「…ふぅ、薬の調合はこんなものかな」
希「さて、出かけよか」
ガチャ
希「…あれ?」
「……」
希「….お嬢ちゃん、どうしたんや?」

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
4:
名無しで叶える物語(茸)
2018/02/12(月)22:24:27.39
ID:Jv/bGB1P
「えっと….道に迷って」
希「そう…手伝う?」
「っ…..な、何を」
希「ロープを服のなかに入れてるのバレバレやで?」
「っ!?….っ」
希「こんな森までロープもって来たってことは首吊りに来たんやろ?でも、いざ怖くなって帰ろうとしたら道がわからなくなった、違うん?」
「っ….あ、そ、それ….は」
希「図星みたいで結構、それで死にたいんならウチが簡単に死ねる毒でも作るけどどうする?」
「どっ、毒!?」
5:
名無しで叶える物語(茸)
2018/02/12(月)22:26:15.59
ID:Jv/bGB1P
希「そっ、ウチが何者かわかる?」
「……あっ、もしかして…森の、魔女….」
希「そう、占いから魔術、はたまた毒の研究まで全てをこなすプロフェッショナルな『森の魔女』こと希ちゃんや!」
「….『森の魔女』に会うから森には入っちゃいけないってお父さんが言ってた…」
希「そう、それが街でのルールやん、首吊り言うてもなんでこんな森なんか入ってきたんや、ウチに魂取られても知らんで?」
「…….」
希「?」
「お父さんとお母さんは….もういないの」
6:
名無しで叶える物語(茸)続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/04/03(木)20:36:46.15
ID:X8DwnvAe0
※モバマスSSです。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1396525005

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
3:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/04/03(木)20:39:26.79
ID:X8DwnvAe0
ちひろ「Pさーん。今何やってますー?」カタカタカタカタ
P「報告書が終わってないでーす」カタカタカタカタ
ちひろ「ちょっと遅くないですかー?」カタカタカタカタ
P「量が多すぎるんでーす」カタカタカタカタ
菜々「お2人とも、お茶が入りましたよー」
P「あっ、ありがとう菜々」
ちひろ「ありがとうございます、菜々さん」
菜々「私も、書類仕事ができればいいんですけどねえ……」
P「菜々さんはアイドルですからね。そういうことをさせるわけにはいきませんよ」
ちひろ「事務なんか始めたら、それこそウサミン星人卒業になっちゃいますよ?」
菜々「なっ……! ナナはいつだってウサミンですよ!?」
菜々「ミミミンwwwwwwwwwwミミミンwwwwwwwwwwwwウーサーミンッwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
P「ハイッ!」
ちひろ「ちゃんと合いの手入れてあげるんですねー。Pさん優しい」
P「ミミミンwwwwwwwwwwミミミンwwwwwwwwwwwwウーサーミンッwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwハイッ!」
菜々「おおっ、今日のPさんノリノリですね!」
ちひろ「はいはい、息抜きはいいですけど、ほどほどにしてくださいね? 定時に帰れませんよ?」
P「ミミミンwwwwwwwwwwミミミンwwwwwwwwwwwwウーサーミンッwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwハイッ!」
ちひろ「あの、Pさん? いつまでやってるんですか?」
P「ミミミンwww
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/02/14(金)18:54:23.59
ID:deXsPPus0
P「久しぶりの柚と二人の地方ロケ、地方といっても静岡だし、俺はスカウトも兼ねてる」
柚「?♪」
P「柚はご機嫌だし俺も中々楽しみだった…だった」
柚「わーい!」
P「なんじゃこりゃーーーーーーーーー!!!!!」
柚「雪だーーー!!」
ーーーーーーーー
SSを投下する前にモバマスログインするかと思ってログインしたら大爆死した無課金提k…Pです
柚欲しい(切実
自分の中ではモバマスSS第七段
今回は前作第五段モバP「そうだ、死のう」の最後の下りの静岡ロケにきてます、読んで無くても問題ないです
過去作宣伝
東郷あい「非日常」
鷺沢文香「非日常」
鷹富士茄子「ナス」
柚「お弁当!」
モバP「そうだ、死のう」
モバP「事務所の日常風景」
モバマス以外
提督「八月十五日」
レッド「………………」メイ「やったぁ!!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1392371663

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/02/14(金)18:58:31.59
ID:deXsPPus0
モバP「そうだ、死のう」の補完
特に指摘されなかったので自分でも見逃してましたがあの時点でPは設定上まだ在学中でした、それなのに翌日からプロデューサーとして活動せようとしてました
正直どうしようもないのでご都合主義ということで一つ
3:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/02/14(金)19:01:00.72
ID:deXsPPus0
縲弃
4:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/02/14(金)19:02:49.91
ID
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/03/24(月)23:01:01.45
ID:HuER6b53o
舞「愛ったら家にいない時間が多くて……」
小鳥「アイドルですからね」
舞「売れてもないくせに時間取りすぎよ」
小鳥「これからどんどん売れていくでしょうし、更に時間がなくなりますね」
舞「寂しいわー。マジ寂しいわー」
小鳥「舞さんだって、愛ちゃんぐらいの時には多忙だったでしょう?」
舞「あの時の親の気持ちが今よーーーーーく分かるわー。子供に構ってもらえないってマジ寂しいわー」
小鳥「うわめんどい。珍しく人の家に来たと思ったらこの人めんどい」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1395669661

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
3:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/03/24(月)23:03:20.61
ID:HuER6b53o
舞「愛がね、ママーって駆け寄ってきてくれた頃にはね……」
小鳥「昔話は長くなるので遠慮したいのですが」
舞「もう、この世の何よりも可愛かったわ」
小鳥「話聞いてないですね」
舞「あんたもとっとといいの捕まえなさいよ。子供がいるって最高よ?」
小鳥「できるんならやってます」
舞「想像してごらんなさいよ。愛が自分の娘だと」
小鳥「得意分野です」
4:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/03/24(月)23:04:44.57
ID:HuER6b53o
—————————————————————————&
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆ty.IaxZULXr/
2016/08/30(火)22:25:44.86
ID:/ACgAhYs0
あらすじ
探偵高峯のあは助手木場真奈美と共に、美しく飾られた死体の調査に乗り出しました。
そんなサスペンスドラマにアイドル達が出演するようです。

あくまでサスペンスドラマです。
のあさんハキハキと喋りますが、セリフです。
それでは、投下して行きます。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1472563544

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆ty.IaxZULXr/
2016/08/30(火)22:26:31.98
ID:/ACgAhYs0
元ネタ
高峯のあ「のあの事件簿・東郷邸の秘密」
前シリーズから設定等は変更しました。
3:
◆ty.IaxZULXr/
2016/08/30(火)22:26:58.47
ID:/ACgAhYs0
メインキャスト
探偵・高峯のあ
助手・木場真奈美
刑事一課和久井班
警部補・和久井留美
巡査部長・大和亜季
巡査・新田美波
のあが大好きなアイドル・前川みく
佐久間まゆ
4:
◆ty.IaxZULXr/
2016/08/30(火)22:27:31.95
ID:/ACgAhYs0
プロローグ
早朝
阿沙橋・下
和久井留美「3℃、寒いわけね」
和久井留美
刑事一課和久井班班長。様々な意味で、キレ味鋭いと評判の女性刑事。
大和亜季「あいにくの雨であります。警部補殿、レインコートをどうぞ」
大和亜季
刑事一課和久井班所属の巡査部長。最近は剣道の段位取得に挑戦中。
留美「ありがとう。でも、被害者の方が寒いわ。早く行きましょう」
亜季「了解であります」
留美「新田巡査」
新田美波「はいっ、準備オッケーです」
新田美波
刑事一課和久井班所属の巡査。和久井班では
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆RqQp4rtXlE
2014/12/14(日)15:09:36.30
ID:vWwqOsHDO
『今日の第一位はいて座のアナタ!行く先行く先に大好きな物が待っているかも!?
ラッキーアイテムは味付け海苔です!』
亜美「あ、占いやってる。ほほぅ…今日の1位はミキミキか…」シャコシャコ
真美「ホントだ。さすがミキミキ」シャコシャコ
『第二位はおとめ座のアナタ!長年の願いが叶う良い1日になるでしょう!
ラッキーアイテムはファッション雑誌!』
亜美「良かったねまこちん」シャコシャコ
真美「ピヨちゃんもねー。真美たちは何位だろ?」シャコシャコ
『第三位はおひつじ座のアナタ!』
『第四位はみずがめ座のアナタ!』
『第五位はやぎ座のアナタ!』
亜美「…来ないね、ふたご座」シャコシャコ
真美「す…すぐに来るよ。ほら6位でもギリギリ前半だし」シャコシャコ
『第六位はかに座!』
『第七位はうお座!』
『第八位はおうし座!』
亜美「…」シャコシャコ
真美「…」シャコシャコ
『第九位はてんびん座のアナタ!欲しい物がなかなか手に入らない日?行動はお早めに!
ラッキーアイテムはドーナツ!』
『第十位はさそり座のアナタ!誰かの代わりに大ケガをしちゃうかも!
ラッキーアイテムはどら焼き!』
『第十一位はしし座のアナタ!金銭的な意味でとっても損しちゃう日?人助けは最後まで目を離さないことが重要です!
ラッキーアイテムは大きなリングの形をした尾赫!』
亜美「oh…最下位…」シャコシャコ
真美「ま、たまにはね…」シャコシャコ
亜美「…とりあえず、最後まで見よっか」シャコシャコ
真美「…うん」シャコシャコ
『そして本日の第十二位は…ごめんなさ?い、ふたご座のアナタ!
何処に行っても怖い目に遭ってしまう、とっても嫌な日になってしまう事でしょう!』
亜美真美「「…」」シャコシャコ
『特にリアルの双子でわりと鏡写しの髪型をしている、たった今歯磨き中のアナタたち!』
亜美「ピンポイント!?」シャコシャコ
真美「ま、真美たちのこと…?」シャコシャコ
『…今日ひとり死にます♪』続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/10/18(土)11:21:14.71
ID:X+KW2c4T0
モバマスSSです。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1413598864

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/10/18(土)11:24:42.63
ID:X+KW2c4To
事務所
奈緒「なぁ、Pさん」
P「どうした?」
奈緒「あいさんってカッコいいよな」
P「そうだな」
奈緒「あ、Pさんでもそう思うんだ?」
P「まぁ、なんというかシャンとしてるよな」
奈緒「表現がよく分からないけど、言いたいことは分かる気がする」
P「それは良かった」
奈緒「あたしもああいう風になってみたいなー」
P「奈緒がか?」
奈緒「うん。まぁ、キャラじゃないけどさ、クールで有能なデキる女。みたいのにも憧れるじゃん?」
P「奈緒がやってると微笑ましいな」
奈緒「うるせっ。自分でも途中で笑いそうになる気がするし」
P「まぁ、今度そういう役柄があったら推しておくから」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/10/18(土)11:25:21.59
ID:X+KW2c4To
奈緒「…ちょっとだけ期待しておくな」
P「ちょっとだけしておいてくれ」
あい「…キミたちは本人を目の前にそういう話をするのかい?」
奈緒「んー、別に聞かれて困る話じゃないしね」
P「何か気に障りましたらすみません…」
あい「いや、いいんだ。気分を害した訳じゃない。ただ…な」
P「ただ?」
あい「自分のことを目の前で話されると正直、気恥ずかしい面があるなと思ってね」
奈緒「確かに恥ずかしいかもなぁ…」
あい「尤も、褒められて悪い気はしないがね」
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/02/09(日)21:59:04.30
ID:GphjpclI0
『もう一人のにゃんにゃんにゃん』
ガチャッ
「………………」キョロキョロ
「誰かいないのかしらー!」
シーン
「よし…誰もいないわね」
「ふふっ」ガサゴソ
「うふふふふふ」スチャッ
「耳よし…尻尾よし…これで」
「にゃ?「ガチャッ」
「」
新P「まだ誰か残って……あ」
新P「えっと…こんばんは、留美さん」
留美「」
ーーーーーーーー
自分の中ではモバマスSS第六段
今回は短編集で一つ1?3レスで終わらせます
あと今回は前作のネタも少しあるので読んで無くても問題ないですが読んでくれてたほうがわかるところがあるかと
過去作宣伝
東郷あい「非日常」
鷺沢文香「非日常」
鷹富士茄子「ナス」
柚「お弁当!」
モバP「そうだ、死のう」
モバマス以外
提督「八月十五日」
レッド「………………」メイ「やったぁ!!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1391950744

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
3:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/02/09(日)22:05:45.38
ID:GphjpclI0
留美「………………」
新P「えっと…あったあった…よし」
留美「何よ」
新P「えっ?」
留美「笑えばいいじゃない…笑えばいいじゃない!」
新P「いや…その…先輩が」
留美「どうしてここでPくんが出てくるのよ」
新P「先輩が留美さんはよく誰もいない事務所で一人にゃんにゃんにゃんごっこしてるからもし見たらそっとしておいてやれって…あれ?これ言っちゃいけないんだっけ」
留美「」
新P「留美さん?」
留美「うわああああああああああああああああああああああ」続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/10/31(木)07:24:06.38
ID:d/PZjEX4O
ただ駄弁るSS
それだけ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1383171846

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/10/31(木)07:25:31.42
ID:d/PZjEX4O
「優勝は…………!」
「メイだーーーーッ!!!!」
メイ「やったぁ!!」
レッド「………………!!」
「チャンピオンズトーナメントはこれにて終了ゥ!次の大会もヨロシクゥ!!」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/10/31(木)07:26:06.62
ID:d/PZjEX4O
メイ「やったーやったー♪チャンピオンズトーナメント優勝!」
メイ「早速トウコさんに報告報告っと♪」ウィーン
?PWTロビー?
レッド「………………」
グリーン「………………」
ワタル「………………」
グリーン・ワタル(なんだこの気まずさは……)
※このSSではレッドさんは大会が終わってもそそくさ帰らずちゃんとロビーで待っててくれてます
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/10/31(木)07:32:15.55
ID:d/PZjEX4O
ワタル「私たち…」
グリーン「ん?なんだ?」
ワタル「私たち3人はリーグ本部があるカントーでの3強だよね?」
グリーン「そう…だな」
ワタル「それが見事イッシュ1人に3縦というわけか…」
グリーン「………………」
ワタル「すまん」
グリーン「おう」
6:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/10/31(木)07:41:39.71
ID:d/PZjEX4O
ワタル(同じ地方な上にあ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2017/12/22(金)01:26:09.677
ID:JgZ1lc9k0
マラソン大会――
ザッザッザッ…
男「……」タッタッタ…
実況『早い早い! どんどん順位を上げていく! ゴボウ抜きだァ!』
解説『ほう、ゴボウ抜きマラソンランナーですか……たいしたものですね』

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
5:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2017/12/22(金)01:29:08.998
ID:JgZ1lc9k0
タッタッタ…
男「……」グッ
実況『ゴール直前で最後の一人を抜き、ガッツポーズとともに一着でゴールだァ!』
解説『超人的な逆転劇というほかはない』
6:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2017/12/22(金)01:32:05.708
ID:JgZ1lc9k0
パシャッ パシャシャッ パシャッ
記者「おめでとうございます!」
男「ありがとうございます」
記者「素晴らしいレースでしたね。絶対一位になるという気迫を感じました」
男「ええ、最後は気力だけで走り抜きました」
記者「これで、世界大会の切符をぐっと引き寄せられたんじゃないですか?」
男「世界大会を意識すると固くなるので、あくまで自分のレースをするよう心がけますよ」
男(嘘だ。メチャクチャ意識しまくってる)
男(そしてこのゴボウ抜きにも、もちろん秘密がある)
男(それは――)
8:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2017/12/22(金)01:35:05.458
ID:JgZ1lc9k0
――
――――
男「はぁ、はぁ、はぁ」
男(タイムは……?)
男「ダメだダメだダメだ! こんなタイムじゃとても世界大会には出られない!」
11:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2017/12/22(金)01:3
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/07(水)05:09:08.21
ID:qx7CgI3K0
響「司令官、ちょっと頼みたいことがあるんだけどいいかな?」
提督「ん?どうしたんだ……雷たちも一緒になって」
雷「司令官も出来る様になった方が良いと思ったのよ」ジャナイ!
提督「俺が?なんだなんだ?」
響「ほら、日本だと常識だと思われている事が海外では非常識だなんてよくある事らしいじゃないか」
提督「ん?話が見えんのだが……」
電「そ、その、最近海外艦の方たちも増えてきたので、その為の練習をしたいと思ったのです」
提督「ああ、なるほど。それで響の事につながるわけか」
雷「そうなの!だから皆で一緒に勉強しようってことになったのよ」
暁「//////」
提督「うん、いいんじゃないか?」
電「なのです///」
提督「それで、何をするつもりなんだ?」
響「うん、まずは基本的な挨拶からしようと思うんだけど、いいかい?」
提督「ああ、礼とかおじぎってのは外国人からすると結構奇妙な行動に見えるらしいな」
響「そうだね。だから違和感を与えない様にこれから外国式の挨拶に変えていこうと思うんだ」
提督「うん、それはいい考えだな。是非やろう」
暁「//////うにゅう……//////」
提督「ん?暁、さっきからずいぶん静かだがどうしたんだ?」
暁「なっなんでもないわよっ///」
提督「そうか?まあ、何でもないならいいんだが……」
雷「じゃあ挨拶の練習を私たちとするって事でいいのよね」
提督「ああ、それでどうすれば……んぐっ」
響「んんっ」ズキュ?ン
電「はわわっ!!」
暁「ふにゃーー!」
雷「あっ、ズルい!私も!」ぐいっ
提督「…………え?え……もがっ」
雷「ちゅ??///」
暁「レレレ、レディがそんなことするなんてはしたないわ!」プイッ
提督「ぷはっ!!///というかなんで急にこんな事を!?///」
響「それはさっき司令官がいいと言ったからだよ」
提督「挨拶はいいと言ったのであって、キスしていいと言ってない」
電「でも外国の挨拶は
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆hAKnaa5i0.
2018/02/12(月)13:24:05.58
ID:xzzIzt5w0
(病院)
タッタッタッ…!
パタン!!
裕子「はぁはぁ…ぷ、プロデューサーさんは…!?」
ちひろ「ユッコちゃん…」
裕子「い、生きてますよね…?」
ちひろ「ええ…一命はとりとめました…ですが、意識不明でいつ目覚めるかもわからないそうです」
ちひろ「舞台のセッティング中に足場が…老朽化していたみたいで…」
P「…」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1518409445

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆hAKnaa5i0.
2018/02/12(月)13:24:36.78
ID:xzzIzt5w0
裕子「目が覚めない…プロデューサーさん…が…?」
P「…」
裕子「…プロデューサーさん…酷いですよ…明日もライブがあるのに…お仕事休むつもりなんですか…?」
P「…」
裕子「ライブが終わったら焼肉連れて行ってくれるって約束しましたよね…?ねぇ…!」ユサユサ
ちひろ「ユッコちゃん…」
3:
◆hAKnaa5i0.
2018/02/12(月)13:26:12.62
ID:xzzIzt5w0
裕子「…」グズッ
フキフキ…
裕子「…」
裕子「…ええいっ!プロデューサーさんのばーかっ!!」カッ!!
ちひろ「…ユッコちゃん?」
裕子「いいですよ!そんなに休んでいたいなら休んでいてくださいっ!しばらく働きすぎでしたから丁度いい機会ですよっ!ばーか!ばかばかばーか!おたんこなすの働き鬼!」ガ-ッ!!
ちひろ「…」
4:
◆hAKnaa5i0.
2018/02/12(月)13:27:10.14
ID:xzzIzt5w0
裕子「ふんっ!私は落ち込んだりなんかしませんよっ!サイキックですべてわかってるんですからっ!寝てるだけです、寝てるだけっ
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
3
4
5
6
7
8
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。