SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:SSマンション
<<
2017年03月
>>
314件取得
人気記事順表示
<<
5
6
7
8
9
10
>>
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/07/21(月)18:48:50.65
ID:r8V2q6K2o
P「よしよし」
ナデナデ
ペロ「ニャー」
P「鼻先に指を近づけ…」
ペロ「?」
フンフン
P「警戒を解いた所ですかさず耳裏をカリカリ」
ペロ「ニャ」
P「顎裏カリカリ…からの首筋までグリグリ」
ペロ「ゴロゴロ」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1405936120

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/07/21(月)18:50:30.49
ID:r8V2q6K2o
P「ぐにぐに額をマッサージ、顔肉引っ張られて怖い顔ー」
ペロ「ニャー」
P「顔を万遍無くしたら背中、尻尾までなぞるようにゆっくり撫でる、腹や足は触ると怒る子が多いので注意だ」
ペロ「????(体を伸ばす)」
P「ケツがあがってくるのでペシペシと左右を叩く」
ペロ「ゴロゴロゴロ」
P「ペロは可愛いなあ」
ちひろ「猫あやすの上手ですねプロデューサーさん」
P「地元では魔法の手と評判でしたよ」
ちひろ「それは凄いですね」
P「まあ自称ですけど」
ちひろ「あっ…」
雪美「………………」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/07/21(月)18:55:12.64
ID:r8V2q6K2o
次の日
P「ペロはいないかなあモフりたいなあ」
雪美「………………」
P「お、雪美じゃないかおはよう」
雪美「……おはよう………」
P「今日はペロと一緒じゃないのか?」
雪美「…………………」
P「実はモフらないと禁断症状が出そうでな、ペロを知っていたら」
雪美「……P………」
P「ん?」
雪美「……撫でて………」
P「うん?」
雪美「…
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Uq/hUTiii9pg
2017/02/05(日)17:54:41.24
ID:z7nVDZnA0
・アイドルマスターシンデレラガールズのSSです。よろしくお願いします。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1486284880

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆Uq/hUTiii9pg
2017/02/05(日)17:55:42.52
ID:z7nVDZnA0
幸子「色々と物騒じゃないですか!?」
―――人気アイドルたちが、漢字の書き取りテストに挑戦!
幸子「唐突に空海が出てきましたよ」
飛鳥「文字通り『ボンバー!!』というわけだね」
―――斜め上をいく解答の連発に、幸子と飛鳥も困惑!
???の答え『(轆轤)で陶芸を行う』
飛鳥「???はっ」
幸子「一体何者なんですか!?」
―――はたして、満点を取るアイドルは現れるのか!?
アイドル漢字検定、このあとすぐ!!
3:
◆Uq/hUTiii9pg
2017/02/05(日)17:57:54.22
ID:z7nVDZnA0
―――昨今、パソコンやスマートフォン、タブレットの普及により、漢字を書けない若者が増加しているという。
若者A「漢字?最近、手書きでノートをとったりすること自体が減ったので、たしかに書けなくなってるかもしれないですね」
若者B「あー、昔から苦手なんですよね……」
―――町で聞き取り調査を行っても、やはり漢字が苦手という若者は多数いるようだ。しかし、社会に出た時『漢字が苦手なので』の一言で済まされない場面は多々ある。
―――ならば、若者の代表とでもいうべき存在であり、まさに社会の一員として活躍しているアイドルたちは、どれだけ漢字が書けるのか?
―――この疑問を検証すべく、二人のアイドルが立ち上がった!
4:
◆Uq/hUTiii9pg
2017/02/05(日)18:00:28.12
ID:z7nVDZnA0続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/05/18(日)19:59:27.15
ID:pS8kqGKNo
れんげ「うち、びっくりしたのん!」
夏海「えっ?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1400410757

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/05/18(日)20:02:27.47
ID:pS8kqGKNo
れんげ「なっつんなっつん。うち、衝撃の事実に気がついてしまったのん!」
夏海「ほう。どうしたれんちょん?」
れんげ「実は去年、のんのんびよりのアニメがやってたのん!」
夏海「いや、知ってるけど・・・」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/05/18(日)20:05:17.01
ID:US1wEO3ko
れんげ「いろんな人がいっぱい見てたのんっ!」
夏海「まぁ、ちょっとしたブームみたいにはなったよなー」
れんげ「みんな楽しんでくれてたのん」
夏海「あー、そうだったかなぁ」
れんげ「のんのんびよりが終わった時にはオタクのおっちゃんたち、いっぱい泣いてたのん!」
夏海「オタクのおっちゃん言うな」
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/05/18(日)20:08:14.04
ID:Ehz37k59o
れんげ「でも今、その人たちはどこにも居ないのん!」
夏海「いやぁ、いないって事はないと思うぞー?どっかには一人二人のファンくらいいるだろ」
れんげ「じゃあ、その人たちはどこにいるのん?」
夏海「えっ?」
れんげ「のんのんびよりのファンがいるなら、ここに連れて来て欲しいのん!」
夏海「あー、いや、それはちょっとなぁ」
6:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/05/18(日)20:10:49.31
ID:sG
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Q/Ox.g8wNA
2017/02/05(日)06:40:27.03
ID:z3lm6ZHV0
一部ホモネタ有ります。
苦手な方は閲覧注意でお願いします。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1486244426

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆Q/Ox.g8wNA
2017/02/05(日)06:41:11.53
ID:z3lm6ZHV0
武内Pが死にました。
全ての元凶は私、浜口あやめが起こした事です。
私が親戚の伊賀忍者の末裔のお爺さんから秘伝の毒を手に入れ、
それを用いた事が原因で武内Pは死にました。
武内Pに恨みが有った訳ではありません。
むしろ常務にバラエティ班の活動を白紙にされた時などは、
その後の活動について大いに手助けをして頂きました。
恩が有ると言っても過言では無いでしょう。
そんな私が何故武内Pを毒殺したのか……
先程、恨みが有った訳では無い、と書きましたが、正確には違います。
知らずに私は彼を死ぬほど恨み、妬んでいました。
私が殺そうと思っていたのは、別の人物。
当時誰とも名も姿も知らない、私の思い人、プロデューサー殿の本命の相手…。
そう、私は嫉妬の余りに、武内Pとは知らずに彼に毒を盛ったのです。
3:
◆Q/Ox.g8wNA
2017/02/05(日)06:41:40.99
ID:z3lm6ZHV0
事の始まりは私がアイドルになる前のオーディションの時にまで遡ります。
時代劇のオーディションと間違えて参加した田舎者の少女に、
参加者は元より審査員の殆どが嘲笑の笑みを私に向けていました。
私は恥ずかしさの余り顔を真っ赤にして俯いて座っていましたが、そんな中、
審査員の中で一人だけ私を笑わず、真剣な目で見つめてくる人物が居ました。
それがプロデューサー殿でした。
彼は真剣に私の話を聞き私の忍術を見て驚いた顔を浮かべ、その後に初めて穏やかに微
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、無断転載禁止でVIPがお送りします
2017/02/02(木)14:03:15.555
ID:tN673imu00202
ゾロ「…あ?」
チョッパー「なっ…///」
サンジ「何だ藪から棒に」
ルフィ「セーヨク?何だそれ」
ウソップ「性欲だよ性欲。人間の三大欲求の一つだぞ」
ルフィ「だから何だそれ」
ウソップ「まぁお前にはこういう話向かねぇだろうが…ぶっちゃけ一番気になってんだ」
ウソップ「ルフィ、お前エロい事考えたりすんのか?」
ルフィ「えろいこと?って何だ?」
ゾロ「止めとけ こいつに聞くだけ時間のムダだ」
ウソップ「いやだってよ、じゃぁ何で抜いてんだって話だろ」
ルフィ「ウ、ウソップ…お前さっきから何言ってんだ?おかしくなっちまったのか?」オロオロ
ウソップ「おかしいのはテメーだよっ!!」

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
4:
以下、無断転載禁止でVIPがお送りします
2017/02/02(木)14:04:26.096
ID:tN673imu00202
サンジ「…まぁルフィは元々海賊バカで異性の話なんて一度もした事が無ぇからな」
サンジ「無理も無ぇっちゃ無ぇのかもしれねぇ」
ウソップ「いやいや…普通じゃねーだろこいつの知識と欲求の無さは…」
ルフィ「何か知らんがそんな悩むなよ」アハハ
ウソップ「オメーの事なんだっつの!!!」
チョッパー「…」
チョッパー「…ルフィ、子どもってどうやって作るか知ってるか?」
ルフィ「あ?子ども?」
ルフィ「鳥が持ってくんだろ?名前忘れたけど」
ゾロ「そうだ」
チョッパー「はっ?ゾ、ゾロ?」
ゾロ「こいつはこれで良いんだよ」
7:
以下、無断転載禁止でVIPがお送りします
2017/02/02(木)14:05:27.170
ID:tN673imu00202
ウソップ「いやいやいやダメだろ!間違いでも起きたらどうすんだ!?」
ゾロ「起きねぇよそんな事。下ら
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/17(火)00:07:22.19
ID:U+g9xknG0
陽炎「……はあ?」
漣「だーかーらぁー!ご主人様なら頼めばキスくらいさせてくれそうじゃない?」
曙「漣、あんたまたバカになったの?」
漣「ムキー!!」
時雨「提督はすっごく真面目だからね」
長波「そうそう。ありゃー真面目と堅物を具現化した様な人間だぞ」
睦月「にゃはは、確かに笑ってるところを見た事ない気がするにゃしぃ」
黒潮「なんや不知火みたいな感じやもんなぁ」
漣「こうなったら実力行使!目にもの見せてやんよ!!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1484579241

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/17(火)00:12:01.77
ID:U+g9xknG0
漣「ご主人様?!」
提督「漣、入ってくるときはノックくらいする様いつも言っているはずだが」
漣「それどころじゃありませんよ?!大変なんです!たーいーへーん」
提督「何がだ」
漣「ご主人様の大切な漣が駆逐艦仲間からバカにされているんです!」
提督「そうか」
漣「リアクション薄っ!はいはい、仕事ストップ!ストーップ!!」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/17(火)00:14:24.22
ID:U+g9xknG0
漣「そんな漣を救えるのはご主人様だけなんです!」
提督「漣」
漣「はい!」
提督「忙しいから後にして貰っていいか。三年後くらいに」
漣「はにゃー!分かりました!すぐ終わりますから!」
漣「漣にキスをしてください!」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/17(火)00:17:35.73
ID:U+g9xk
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/05(木)20:34:05.33
ID:R6E8DOJqo
【文香の部屋】
-20;00-
飛鳥「…」
ありす「…」
文香「あの…」
ありす「飛鳥さん、文香さん。私飲み物入れてきますよ、何飲みますか?」
飛鳥「ありす、ボクはホットコーヒーで頼むよ…勿論ブラックでね」
ありす「飛鳥さん…無理しないで砂糖入れたらどうですか?後、橘です。」
飛鳥「確かに苦味を避けるのは人の本能だ。
だがそれに抗うのもボクなりの<抵抗>という奴だね」
ありす「よくわからないです。もっとわかりやすくお願いします。」
文香「…おニ人はなぜ私の部屋にいるのでしょうか?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1483616045

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/05(木)20:47:07.04
ID:R6E8DOJqo
飛鳥「…」
ありす「…」
飛鳥「話せば長くなるね…」
ありす「別に長くならないです。文香さん、今日食堂で何が行われてるか知ってますか?」
文香「ええ…今日は女子寮の皆で忘年会をされるということで来られる方は19;00に食堂集合…でしたよね」
ありす「そうです。」
文香「でもそれが一体…」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/05(木)21:02:44.34
ID:R6E8DOJqo
飛鳥「…逃げてきたんだ、あの混沌から」
文香「…逃げてきた…ですか?」
ありす「はい。食堂で文香さんの姿が見えなかったのできっと部屋にいると思って…そのご迷惑でしたか?」
文香「…いえ、そんなことは。ただ…急にお二人が私の部屋に来たので…理由を伺いたいと思っただけですよ」
飛鳥「急にお邪魔してすまない、文香
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆YRBTRyyFrA
2016/12/29(木)23:28:23.09
ID:WGgYpRov0
艦これの要素だけでなくポケモンの要素が話に含まれています。
キャラ崩壊は割と激しいので苦手な方はご注意ください。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1483021702

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆YRBTRyyFrA
2016/12/29(木)23:29:09.74
ID:WGgYpRov0
加賀「今日も演習でS勝利、さすがに気分が高揚します……ん?」
飛龍「喰らうがいい!龍舞メガマンダの捨て身タックルッ!」
蒼龍「うぎゃああ!?私のメガギャラが一撃で吹っ飛んだぁぁ!?」
瑞鶴「さすが飛龍さんのメガマンダ、積まれたら手に負えないわね」
翔鶴「これで3連勝ね」
加賀「うるさいわよ4人とも」
翔鶴「あ、加賀さんすいません」
飛龍「うるさくしてごめんなさい、ちょっと4人でポケモン対戦やってたら熱くなり過ぎちゃいました」
加賀「ポケモン?そういえば新作が出たと駆逐艦の子が話していましたね」
4:
◆YRBTRyyFrA
2016/12/29(木)23:30:19.23
ID:WGgYpRov0
蒼龍「そうなんですよ。このゲーム一見子供向けに見えますけれど、対戦の読み合いは大人でも楽しめますよ」
瑞鶴「無駄ですよ蒼龍さん、加賀さんは訓練と食べることしか頭にないですから」
加賀「何か言ったかしら」
瑞鶴「いえ、なんにも」
加賀「しかし……」
翔鶴「どうしましたか?」
加賀「私も少し気になっていました。……見せてもらえないかしら?」
飛龍「いいですよ。私のメガボーマンダの強さを見せてあげます!」
蒼龍「これをきっかけに加賀さんもポケモンやりましょう!」
瑞鶴「加賀さんがポケモンに興味を持つなんて……、天変地異の前触れか何かかしら!?」
翔鶴「瑞鶴、いくら何でも失礼すぎよ」
5
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/05/19(月)20:20:31.76
ID:nn/qwTx3o
モバマスのSSです。
人によっては不快な描写があるかもしれません。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1400498421

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/05/19(月)20:21:21.31
ID:nn/qwTx3o
P「…はい…はい…その件は…はい…」
紗南「ねーねーPさーん。ゲームしようよー」
P「ああ、ごめんな。ちょっと今忙しいから…」
P「ええと…この書類はもうチェック済みだから…ああ、こっちにもFAXしないと…」
響子「Pさん、お忙しいところすみません。そろそろお時間が…」
P「うわ、もうこんな時間か。すいません、ちょっと迎えに行ってきます!」
P「っと…あれ?」グラッ
紗南「え、ちょっ!」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/05/19(月)20:22:01.03
ID:nn/qwTx3o
P「あ、ああ、大丈夫だ。疲れてるのかな?」
美優「本当に大丈夫ですか?お迎えは私が行っても…」
P「いやいや、平気です。ちひろさん、一本お願いします。」
ちひろ「はいどうぞ。」
P「おっ!これキンキンに冷えてるじゃないですか!」
ちひろ「うふふ。いつもご贔屓にしてくれるPさんにちょっとしたサービスです。」
P「あ、でも今月ちょっと厳しくて…」
ちひろ「え?やだなあ、Pさん。冷却費用ぐらいロハですよ、ロ・ハ!。」
P「ありがとうございます!ングング…プハー!」
ちひろ「まったくもう…私のこと何だと思ってるんですか?」
P「ハハハ、すいません。…おおっ!キタキタキタキタ!それじゃ、行ってきます!」
ちひろ「はい、いってらっしゃい。気をつけてくださいね。」
4:<
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/18(金)20:33:52.68
ID:R7tdZl4r0
早苗さんPに張り倒されるかもしれませんので、あらかじめ謝っておきます。ごめんなさい。
文章、キャラなど酷いとこ多いのですが、大目に見て頂けると幸いです。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1458300832

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/18(金)20:34:22.61
ID:R7tdZl4r0
ちひろ「最近、事務所のティッシュの減りが早い……」
ちひろ「毎日一箱以上空になってる……」
ちひろ「一体どういうことですかね。プロデューサーさん」
モバP(以下P)「まぁ、人数多い事務所ですからね。多少は仕方ないかと……」
ちひろ「それにしては尋常じゃないんですっ! おかしいですよ! 今週だけで何回ティッシュ買いに行ったと思ってるんですか!?」
ちひろ「昨日はプロデューサーさん、残業してましたよね? 何も知らないとは言わせませんよ!」
早苗「ただいま戻ったわー」
早苗「あら? どうしたの?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/18(金)20:34:52.88
ID:R7tdZl4r0
ちひろ「事務所のティッシュ大量消費の件でプロデューサーさんに事情聴取してるんです」
早苗「え……ティッシュ?」
ちひろ「目が泳ぎましたが何か知ってるんですか?」
早苗「し、知らないわ! 苦くて飲み込めなかったなんてことないんだからね!」
P「さ、早苗さん! それは秘密にしろって早苗さんが……!」
早苗「あっ……!」
ちひろ「何かご存じのようですね。詳しくお話聞かせてもらえますか?」
P「ああー! やばいです! そろそろ営業の時間です! 行きましょう!」
早苗「そ、そうね!
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆YRBTRyyFrA
2016/12/27(火)11:35:43.99
ID:kblVSsEy0
前回のSSでたくさんの応援コメントありがとうございます。
続編書く予定は全くなかったので、ご期待に応えられるかわかりませんが、よろしくお願いします。
誤字脱字やキャラ崩壊があったらごめんなさい。
前作
【艦これ】霞「用があるなら目を見て言いなさいな!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1482806143

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆YRBTRyyFrA
2016/12/27(火)11:37:23.68
ID:kblVSsEy0
提督「ん……ってあれ?何でこんなに静かなの?」
霞「起きたみたいね……」オメメマッカ
提督「って、そういや仮眠のために膝枕してたんだっけか?悪いな」
霞「『そういや仮眠のために膝枕してたんだっけか?』じゃないわよ!今何時だかわかってるの!」
提督「マルサンマルマル……って、午前3時!?」
霞「その通りよ!あんたが仮眠取るって、言って寝てからもう12時間も経っているのよ!」
提督「わ、悪いな……」
霞「私はその間ずっと膝枕してたのよ!そのせいで夕飯も食べれなかったし、お風呂にも入ってないし、ずっと起きっぱなしだし!」
提督「霞、まあまあ落ち着けって……」
3:
◆YRBTRyyFrA
2016/12/27(火)11:38:27.18
ID:kblVSsEy0
霞「本当に迷惑……ってアレ?」グラッ
提督「おいおい!?大丈夫か?」ダキカカエ
霞「だ……大丈夫よ。私はこのぐらい……」クラクラ
提督「大丈夫じゃねえだろ。こりゃ完全に寝不足から来る貧血だな」
霞「う、うぅ……」
提督「俺が無理させたからだな。おい、俺が膝枕してやるからここで寝ろ」ポンポン
霞「は、はぁ?」
提督「だから、俺が膝枕してやるからここで寝ろ、って言ってるんだ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/02(木)00:40:14.50
ID:RFTJDRU6o
男「よーし、明日はいよいよ女ちゃんに告白するぞ!」
男「あっちも俺に気があるっぽいし、多分いけるはず……」
次回『玉砕!失恋の味はほろ苦い!』 お楽しみに!
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1485963614

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/02(木)00:43:01.80
ID:RFTJDRU6o
男(やっぱりフラれた……いつも通りだ……)
男(次回予告の通りだった……)
男(はっきりと自覚できたのは、中学生の時……)
男(最初は幻聴かなんかだと思ってたが――そうじゃなかった)
男(俺の人生には次回予告があるんだ……)
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/02(木)00:46:15.94
ID:RFTJDRU6o
男「よーし、受験は○○大学一本に絞る!」
友人「滑り止めは受けなくていいのか?」
男「受験料がもったいねえもん」
男「なあに、模試ではA判定だったから大丈夫さ!」
次回『浪人確定!受験には魔物が潜んでた!』 お楽しみに!
男(……ふざけんな!)
男(予備校の先生だって大丈夫っていってくれたんだ! 絶対合格できる!)
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/02(木)00:49:47.06
ID:RFTJDRU6o
男「まさか……落ちちゃうなんて……」
男「いやだけど、もう一年頑張れば、きっと○○大学に合格できる!」
男「それどころか猛勉強すりゃ、さらに1ランク上の△△大学にだって――」
次回『妥協!かろうじて××大学へ…』 お楽しみに!
男(××大学だと!? ○○大学
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/03(金)21:42:35.88
ID:Ug9XUvbwo
・二宮飛鳥のSSです
嘘です、飛鳥を引けないPのSSです
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1486125755

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/03(金)21:47:30.18
ID:Ug9XUvbwo
1月31日 14:57
-事務所-
モバP(以下P)「ちょっとトイレに行ってきますね」
ちひろ「はい、どうぞ」
―――――
―――
――

-トイレ-
P「お、ちょうどロード入ったな」
P「今日は誰だろう、Coなら奏さんPaなら莉嘉って予想だが…」
P「念のために林檎カード持ってきといたが飛鳥はないだろう…うんないない」
P「飛鳥はないな、絶対ない」
http://i.imgur.com/JDQTSbV.jpg
P「」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/03(金)21:53:55.37
ID:Ug9XUvbwo
同日15:00
-事務所-
ガチャ
飛鳥「やぁ…ちひろさんだけかい?」
ちひろ「こんにちは、飛鳥ちゃん。プロデューサーさんならトイレなのですぐ戻ってきますよ」
飛鳥「…別にプロデューサーを探してるなんて言ってないが、まぁいい。少し待たせてもらうよ」
モバP(以下P)「うあああああああ!!!」
飛鳥「!?…プロデューサーの声、だね」
ちひろ「もしかして…」
飛鳥「…様子を見てきた方がいいかな?」
ちひろ「まぁまぁ飛鳥ちゃん、大体の想像ができるので行かなくても大丈夫ですよ」
飛鳥「そうなのかい?まぁ男性用のトイレに入るのもアレだし大人しく待つとしよう」
5:
以下、名
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/27(火)09:49:51.01
ID:abdTi8HWo
クリスマスに間に合わなかったので初投稿です。
出会いはデレステ準拠です。
二宮飛鳥
http://i.imgur.com/VOxNxXM.jpg
http://i.imgur.com/3IMNFiT.jpg
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1482799790

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/27(火)09:55:23.60
ID:abdTi8HWo
【事務所】
飛鳥「…」ソワソワ
P「…」カタカタ
飛鳥「…」チラッ
P「…」カタカタカタ
飛鳥「…」ソワソワ
P「なぁ飛鳥?」
飛鳥「!?…ど、どうしたいんだいプロデューサー?」
P「いやさっきから飛鳥がそわそわしてるから気になってな、やることないなら帰っていいんだぞ」
飛鳥「ボ、ボクがそわそわしてるだって?確かに世間はクリスマスで浮かれているがボクは違うよ」ソワソワ
P(どう見てもそわそわしてるんだが…)
P「あーそういえば今日はクリスマスか…つまり飛鳥は誰かを待ってるのか?」
飛鳥「イグザクトリィ…ご明察だ。流石はボクのプロデューサーといったところかな」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/27(火)10:07:51.79
ID:abdTi8HWo
P「それで誰を待ってるんだ?」
飛鳥「そ、それは…キミだよプロデューサー。ボクはキミを待っているんだ
P「俺?」
飛鳥「ああ。その…し、仕事が終わったらボクと食事に行かないかい?
いやキミは忙しいよね。魅力的なアイドル達からも厚い信頼を買うキミ程の男だ。クリスマスの予定の一つや2つくr」
P「別にいいぞ」
飛鳥「
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/04(土)09:41:30.53
ID:4Sbe5APxo
※独自設定、キャラ崩れ有り
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1486168890

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/04(土)09:42:17.70
ID:4Sbe5APxo
 輿水幸子にとっての小日向美穂という存在を、はたして幸子はどう思っているのかと言われると答えを窮することになる。しかしその理由はけっしてネガティブな意味合いとしてのものではなくて、むしろ大きくポジティブに寄っていると言っても過言ではない。
 曰く、いつも優しい人であり。
 曰く、ボクに負けないくらいにカワイイ人であり。
 曰く、頼れる人である。
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/04(土)09:42:46.47
ID:4Sbe5APxo
 それらを合計して考えてみたところで漸く幸子にとっての小日向美穂という存在を、ひとつの言葉で言い表すことができるかもしれないと思い付いた。
 輿水幸子にとっての小日向美穂は──
 姉のような人、かもしれない。
「──だから、だからです」
 だから、そう。姉のようにも思える人が無防備にお腹を出して寝ていたとしてもそれに対してやましい気持ちを抱くなどということはありえないわけでして。
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/04(土)09:43:19.49
ID:4Sbe5APxo
「ま、まったく美穂さんはボクの部屋に遊びに来たと思ったらうっかり寝てしまうなんて、いけませんね!」
 シャツの裾がめぐり上がりこんにちはしている無防備なお腹を見て、ごくりと生唾を飲み込む。普段から陽に当たることのない場所であるので当然であるが日焼け
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/16(月)01:57:42.06
ID:8ZQoMWBM0
山の翁はじめハサン・サッバーハ達の台詞ネタバレがあります
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1484499461

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/16(月)01:58:29.61
ID:8ZQoMWBM0
『呪腕のか。悪魔の腕を取り付けてまで何を掴んだ? 己の愚かさか? では――首を出せ』
『静謐のか。毒に浸した肢体で何を護った? 野に咲く花すら護れぬ孤独か? 馬鹿め――首を出せ』
『百貌のか。無数の知恵で何を積み上げた? 百の魂で一の信義を奪い合う欲望か?愚か者め――首を出せ』
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/16(月)01:59:14.51
ID:8ZQoMWBM0
ぐだお「待ってください、山の翁」
山の翁『何か。我が契約者よ』
ぐだお「何かは俺の言いたいことです。どうしてハサン達の首を取る必要があるんですか」
山の翁『……我はハサンを[
ピーーー]ハサンなり。ハサン・サッバーハが堕落を見せた時、その首を断つ事が我が役目』
ぐだお「ならその必要はありません。呪腕のハサン・サッバーハ、静謐のハサン・サッバーハ、百の貌のハサン・サッバーハ。皆優秀で、俺が信頼するサーヴァント・アサシンだ。貴方の言う堕落は彼らから最もかけ離れた言葉だと、俺が保証します」
山の翁『……』
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/16(月)02:00:42.32
ID:8ZQoMWBM0
ぐだお「言葉で足りないのなら、今の彼らの力を見てもらうしか無い。どうか、それまではその剣を収めて頂けませんか」
山の翁『……良かろう。汝の意志に従おう』続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/05/18(日)19:49:52.85
ID:WNO5RTXio
輝子「きーん○ーまはー♪かーぜもなーいのにぶーらぶらー♪」
輝子「そーれをみーていたおーやだーぬきー♪お腹をかーかえーてわっはっはー♪」
輝子「…………………」
輝子「…………………」
輝子「ふふ、ふひひひひ…」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1400410182

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/05/18(日)19:51:51.97
ID:WNO5RTXio
………
……

事務所
P「おはようございます」
ガチャ
P「とりあえずPCメールチェックするか…でもその前に」
ヒョイ
机の下の輝子「……………やあ」
P「今日の中身は輝子か」
輝子「お、おはよう」
P「おうおはよう早速出てってくれ」
輝子「やだ」
P「…やれやれ、時間になったらレッスン行ってくれよ?」
輝子「了解…フヒッ」
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/05/18(日)19:54:39.92
ID:WNO5RTXio
P「全く俺の机の下の何がそんなにいいんだか」
ジイイイ
P「ん?何の音よ?」
カチャカチャ
P「下だよな…輝子何してる?」
輝子「…………あっ」
ゴソゴソ
P「うん?」
輝子「…気にするな」
ゴソゴソ
P「えーっと俺のチャックを開けてベルト外してマイサンを取り出そうとしてるだけか」
輝子「そうそうそれだけ…お構いなく…」
6:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/05/18(日)19:58:57.43
ID:WNO5RTXio
P「って何しとんじゃああああああ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆D04V/hGKfE
2015/06/15(月)21:24:53.61
ID:7IXBXgnJ0
・俺ガイルSS
・地の文有り
・キャラの心情に関しては自分なりに解釈しているところがあります
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1434371083

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆D04V/hGKfE
2015/06/15(月)21:29:51.93
ID:7IXBXgnJ0
まだ薄暗い部屋の中で目が覚めた。
脚だけが熱を帯びているようなじわりとした倦怠感がある。。
擦りむいた傷口の違和感と筋肉の張りはまだ残り、疲れが取れていないことを知らせていた。
布団の中で暫くウダウダしていたが、起床時間が迫ってきたので仕方なしに重たい身体を起こす。
月末のマラソン大会から3日が経過し、カレンダーは1枚めくられ2月になっていた。
大会翌日の筋肉痛はぐわあああああああーーーーーッ!と某獣王ばりの叫びをあげたいレベルだったが今は多少落ち着いている。
クロコダインさん馬鹿にすんなよ?獣王激烈掌カッコいいだろうが。
どうでもいいが、色ピンクなのな。勝手に緑だと思い込んでたぜ。
家を出て自転車に跨り走りだす。
天気予報では特に気温が低いとは言っていなかったが、風が強いためか体感気温はぐっと寒く感じた。
マフラーと顎のわずかな隙間に寒風が入り込みブルッと体を震わせてしまう。ああ寒い。千葉の冬って雪とかほとんど降らないくせに本当に寒い。
千葉以外の土地で冬を過ごしたことがないので、あまり比較はできないが。
なんなら一生千葉から出たくない。もっと言ってしまえば働きたくない。
少しだけマフラーをキツく巻きなおし、いつもの道を走らせた。
3:
◆D04V/hGKfE
2015/06/15(月)21:32:44.70
ID:7IXBXgnJ0
そそくさといつも通り教室に入り、そっと椅子を引いて腰掛け、自分の机に腕を枕にして突っ伏
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆CItYBDS.l2
2016/10/18(火)16:20:55.08
ID:gccsuuJRo
勇者「そっち行ったぞ!魔法使い仕留めろ!」
魔法使い「はい!初級火魔法!」ぽっ
魔物「ぐぎゃあああ!」
勇者「まだだ!賢者頼む!」
賢者「初級風魔法!」ふぃ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1476775254

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/10/18(火)16:21:27.95
ID:gccsuuJRo
魔物「ぬぅうぅぅうううう!」
勇者「くそ!まだ生きてる!剣士!あとはお前しかいない!!」
剣士「袈裟切り!」ずば
魔物「」
勇者「なんとか倒したな・・・」
勇者「というか、お前らいくらなんでも弱すぎるよ!」
3:
◆CItYBDS.l2
2016/10/18(火)16:21:56.99
ID:gccsuuJRo
勇者「もう、魔王の間の手前だよ!?なんで初級魔法しか使えないの!?」
魔法使い「うぅぅぅ・・・そんなこと言われたって・・・」ぐす
勇者「うわ、こんなところで泣くなよ!ごめんごめん、言い過ぎたよ!」
賢者「勇者よ人には適材適所ってものがあるんだ。そう責めるな」
勇者「いやいや、初級魔法しか打てなくて何が賢者だよ?」
4:
◆CItYBDS.l2
2016/10/18(火)16:22:28.34
ID:gccsuuJRo
勇者「悪いけど、俺は男には甘くないぜ」
賢者「しかしだなあ・・・・せめて、作戦を変えてくれないか?」
賢者「『めいれいさせろ』じゃあ、私たちの力は十分に発揮できないんだ」
勇者「そういうことは、新しい魔法を覚えてから言いやがれ!」
勇者「俺の命令がなかったら、このパーティー終わりだからね!」
5:
◆CItYBDS.l2
2016/10/18(火)
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします
2016/01/15(金)22:02:54.12
ID:kOCi1xGDO
キャラ崩壊有り
EXVSMB要素
俺ガイル登場キャラがガンダムを知ってる
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1452862974

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします
2016/01/15(金)22:04:27.91
ID:kOCi1xGDO
奉仕部
雪乃「部室に入るなり急に咆哮しないで貰えるかしら。訴えるわよ?」
八幡「う…悪い」
結衣「ま、まあまあゆきのん。それでヒッキーは何で叫んだの?」
八幡「平塚先生に負けたんだよ」
結衣「へ?」
八幡「だから昨日平塚先生と陽乃さんにゲームで負けたんだよ。思い出して、ついな。畜生こんな事ならフルセ使えば良かった…材木座の鱒は使えんし」ブツブツ
結衣「あ、あのぉ…」
雪乃(フルセに鱒?まさかあのゲーム?)
3:
以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします
2016/01/15(金)22:05:18.13
ID:kOCi1xGDO
八幡「大体今が全盛期のレギルスに横格連打とか正気の沙汰じゃねぇ。他の武器や技はお飾りかって」
雪乃(間違いないわね)
結衣「そ、それにしてもゆきのんのお姉さんがゲームって意外だね」アハハ
八幡「確かに俺も最初は吃驚したな。あの人去年の全国大会一位だし」
雪乃(ファッ!?)
結衣「うへぇー凄っ」
雪乃「ど、どういう事!?」
4:
以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします
2016/01/15(金)22:06:59.71
ID:kOCi1xGDO
結衣「ゆきのん?」
八幡「どうもこうも………お前、その様子だと俺のさっきの一人文句で察した―――つまり何のゲームか分かったのか?」
雪乃
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/06/04(水)01:34:12.48
ID:uw49HUzs0
モバマスの二次創作です
二次創作特有の自己解釈など含まれています
注意してください
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1401813252

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/06/04(水)01:35:18.25
ID:uw49HUzs0
クラリス「ウェディングドレスの撮影ですか?」
モバP「ええ、ちょっと頼みにくい仕事かと思いますが」
クラリス「いえ、かまいませんよ」
クラリス「それどころかウェディングドレス、とても興味があります……」
モバP「やっぱり、そうなんですかねぇ」
クラリス「女性にとっては恋愛とお洒落の両面が大きく関わっていますからね」
モバP「クラリスさんでも、やっぱり?」
クラリス「ええ、はしたないながらも……」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/06/04(水)01:35:50.49
ID:uw49HUzs0
………………
…………
……
クラリス(なんて言ってみたのですけれども……)
クラリス(こうしてみると気恥ずかしさの方が……)
クラリス(そわそわしてしまいますね……)
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/06/04(水)01:36:31.07
ID:uw49HUzs0
モバP「クラリスさーん、衣装着終わったらチェック入りますんでお願いします」
クラリス「あ、プロデューサー様……」
モバP「あ、着替え終わりましたか?」
クラリス「はい、ですが……」
モバP「も、もしかして、何か問題でも?手違いでサイズがとか……」
5:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
201
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆YRBTRyyFrA
2016/12/26(月)17:17:01.60
ID:PFgZrkyk0
初の艦これSSです。
誤字脱字やキャラ崩壊があったらごめんなさい。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1482740221

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆YRBTRyyFrA
2016/12/26(月)17:18:18.23
ID:PFgZrkyk0
提督「じゃあ、お前の目を見て言うぞ」
霞「な、何よ? そんな改まって」
提督「俺は今猛烈に眠い」
霞「確か徹夜で書類整理してたみたいね。溜め込む方が悪いのよ」
提督「そこで折り入ってお前に頼みがある」
霞「何よ?私に書類整理しろって?」
3:
◆YRBTRyyFrA
2016/12/26(月)17:19:26.44
ID:PFgZrkyk0
提督「今から仮眠をとる。膝枕しろ」
4:
◆YRBTRyyFrA
2016/12/26(月)17:20:29.62
ID:PFgZrkyk0
霞「はぁ!?」
提督「もう一度言う、仮眠のために膝枕しろ」
霞「ちょっと待ちなさいよ!? まだ書類整理終わってないし、何で私が‥‥」
提督「うるさい、提督の命令が聞けんのか!」ヒザダーイブ!
霞「ち、ちょっと止めなさいってば!」
提督「Zzzzz……」
霞「て、速攻で寝てるし!?このクズ起きなさい!起きなさいってばぁ!」
提督「Zzzzz……」
霞「……はぁ……」
5:
◆YRBTRyyFrA
2016/12/26(月)17:21:28.10
ID:PFgZrkyk0
霞(ったく、執務中に仮眠とか何考えているのよ……)
提督「Zzzzz……」
霞(にしても、目の下のクマが濃いわね。すぐに根詰めるんだからこのクズは……)
霞(他の娘が心配していることも考えなさいよ。まったく……)
コンコン!
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆sIPDGEqLDE
2015/03/11(水)00:31:44.94
ID:P5ZsuTOT0
春香「えっ」
美希「それホント?」
P「ああ」
千早「一体どうして……」
P「俺にもわからん。だが、今朝今日の現場の資料を取りに行ったら出来てたんだ」
春香「そうなんですか……」
美希「ねぇハ……プロデューサー」
P「なんだ?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1426001504

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆sIPDGEqLDE
2015/03/11(水)00:32:15.42
ID:P5ZsuTOT0
美希「その売店におにぎりはあった?」
P「いや、そこまでは見てないな。セットというか、ガワだけ設置してあった」
春香「じゃあもしかして売店用に新しい人が来るんでしょうか?」
P「いやぁ、そんな話があったら流石に俺の耳にも入るだろ」
千早「そうとも言えないのでは?」
P「え?」
千早「現に売店の設置に関して、プロデューサーには何の話も無かったみたいですし」
P「むぅ……」
3:
◆sIPDGEqLDE
2015/03/11(水)00:32:47.84
ID:P5ZsuTOT0
千早「あの社長のことですから」
春香「ティンときた!(モノマネ)」
千早「とか言って、突然始めたのかもしれません」
春香「ねぇ今の結構似てなかった!?」
P「あり得るからこわい」
美希「ミキ的には、おにぎりが置いてあればなんでもいいって感じ」
春香「ねぇ、ちょっと」
美希「あ、いちごババロアも欲しいな?」
4:
◆sIPDGEqLDE
2015/03/11(水)00:33:21.28
ID:P5ZsuTOT0
P「とりあえず今日戻ったら社長なり音無さんに確認してみよう」
こんこん
がちゃ
AD「765プロさん、そろそろスタンバイお願いし
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/04(土)22:21:54.22
ID:mSSLTAmz0
八幡(めぐり先輩と付き合い始めて数週間が経ったある日のことである)
めぐり「比企谷君、私のおしり叩いてくれない?」
八幡「はい?」
めぐり「私、Мなの知ってるよね?」
八幡「初耳ですが」
めぐり「だから、比企谷君におしりを叩かれたらすっごく気持ちいいだろうなぁ。と思って」
八幡「はぁ」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1486214513

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/04(土)22:22:21.61
ID:mSSLTAmz0
めぐり「叩いて?」ギュッ
八幡(そう言うと先輩は俺に抱きついてきた。もちろん下半身は全裸である)
めぐり「・・・早くぅ」
八幡(・・・とりあえず撫でまわそう)ナデナデ
めぐり「んっ///」ピクッ
八幡(柔らかいなぁ)
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/04(土)22:22:48.21
ID:mSSLTAmz0
めぐり「撫でられるのも感じるけど///ちゃんと叩いて///」モジモジ
八幡「はぁ・・・」
八幡(じゃあ軽く・・・)ペチッペチッ
めぐり「んっ///」ビクッ
八幡(柔らかいなぁ)
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/04(土)22:23:25.27
ID:mSSLTAmz0
めぐり「これも気持ちいいけど///もっと思いっ切り叩いて///」
八幡「・・・そこまで言うなら」
八幡(思いっ切り・・・!)バチィンッ
めぐり「いだっ!」
八幡「!?」
めぐり「いだいよぉ・・・いだいよぉ・・・」ヒリヒリ
八幡
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆79hD2g8VRI
2014/05/15(木)22:59:57.31
ID:HklacjyF0
すごく短いです
キャラ崩壊注意
イチャイチャ注意
モバP「」
時子「wwwwwwwwwwww」
モバP「あ、ああ…!ああああああ!!!」ガタガタ
時子「ちょwwちょっとwww貴方今のもう一度やりなさいよwww」
モバP「ああああああああ!!!」ガクガクガクガク
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1400162387

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/05/15(木)23:02:27.15
ID:HklacjyF0
時子「ブフォッwwwね、ねぇ《ヒーローさん》…クク…フヒ…」
モバP「ハァ…ハァ…ハァ…!」ドクンッドクンッドクンッ
時子「もう一度やりなさい」ニコッ
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/05/15(木)23:04:11.48
ID:HklacjyF0
モバP「ッ…へ……変身!」ビシッ
時子「ファーwww」
5:
◆79hD2g8VRI
2014/05/15(木)23:05:52.87
ID:HklacjyF0
モバP「がぼぉっ」ドサッ
時子「い…イヒ…いい年したオッサンが《変身!》www変身ってwww」
モバP「ーーッーーーッ」ビクンビクンッ
時子「職場でwwwww姿見にポーズ決めながらww変w身wプークスクス」
モバP「」
6:
◆79hD2g8VRI
2014/05/15(木)23:07:16.60
ID:HklacjyF0
時子「豚がこれ以上何に《変身》したいのよww人間?やっぱり人間になりたいの?www」
モバP「ッ…くっ……」ググッ
時子「ごめんなさいwwwそんなに思いつめてるなんて思ってなかった
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/12/07(月)09:30:09.03
ID:U9JUoN7H0
八幡「丁重にお断りします。クリスマスはイベントがあるので」
陽乃「君の言うイベントはオンラインゲームのイベントでしょ?」
八幡「それでもイベントはイベントです。」
陽乃「こ?んな美人なお姉さんとクリスマスを過ごせるチャンス何て滅多にないよ?」
八幡「そ?んな美人なお姉さんとデートするのは気が引けるのでいいです。俺よりも葉山あたりと行ったらどうです?」
陽乃「隼人じゃつまんないもん。リア充っぽい会話しかしないし。」
八幡「俺は会話すらまともにしませんよ?そんな男と行ってもつまらないだけですよ?」
陽乃「心配はいらないよ?私からデートに誘ったんだしそれに私の方が年上なんだからリートしてあげるから?」
八幡「でもクリスマスは小町と過ごすって決まってるんで申し訳ないですが…」
陽乃「小町ちゃんに電話で確認したらお兄ちゃんに言ってなかったですけど予定があるんです!って言ってたよ。」
八幡「小町がクリスマスに予定!?彼氏か!?恋人か!?」
陽乃「それどっちも同じ意味だと思うんだけど?」
八幡「でもクリスマスとかどこ行っても混んでるだけじゃないですか?それに妹さんと過ごしてはいかがですか?」
陽乃「雪乃ちゃんは毎年クリスマスはパンさんのイベントに行ってるからいないもん。」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1449448208

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/12/07(月)09:35:23.72
ID:U9JUoN7H0
今気づいたけどタイトルミスってました。正しくは陽乃「比企谷くん。クリスマスはお姉さんとデートしよ?」です。
わざわざ立て直すものあれなのでこのまま書き続けます。
八幡「行かないとダメですか…?誘っていただけるのは素直に嬉しいん
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/03/23(日)21:15:52.07
ID:yvBGl0qho
ちひろ「二人って…真奈美さんとあいさんですか?」
P「はい。俺は今日外回りで忙しいのでお願いします」
ちひろ「な、なにかあったんですか?」
P「その、なんと言うか……とりあえず変なことをしないよう見ていてください」
ちひろ「えぇと、言いにくいようなことなんですか?」
P「はい。二人が事務所にいる間だけでいいのでお願いします」
ちひろ「分かりました。しっかりと見ておきますね」
P「ありがとうございます。」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1395576951

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
4:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/03/23(日)21:23:58.13
ID:yvBGl0qho
ちひろ「って言ってもまだ二人とも事務所に来てないんですが」
P「二人とも今日は午後のレッスンだけですからね」
P「でもレッスン前と後に事務所に行くって言ってましたよ」
ちひろ「えぇと……確かに午後のレッスンだけですね」
P「それじゃあ、俺はそろそろ行ってきますね」
ちひろ「あ、待ってください!仕事前のスタドリは如何ですか?」
P「いいんですか?」
ちひろ「はい。さぁ、どうぞどうぞ」
5:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/03/23(日)21:29:49.65
ID:yvBGl0qho
P「ではお言葉に甘えて……ぷはぁ」
ちひろ「飲み終わったビンは私が片付けておきますね」
P「ありがとうございます」
ちひろ「いえいえ」
P「それでは、今度こそ行ってきますね」
ちひろ「はい、頑張ってくださいね」
7:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/03/23(日
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Dm8ArSIo3MOQ
2017/02/01(水)00:56:41.94
ID:o+jqY0Mv0
ちひろ「いきなり何するんですか!」
モバP(以降P表記じゃけぇ)「ちひろさん、節分ですよ!節分!」
ちひろ「ええ、ええ。もちろん知っていますとも。けどそれと私に豆をぶつける事にどういう因果関係が?」
P「え、ちひろさんって鬼じゃないんですか?」
ちひろ「違いますよ」
P「あれ?おかしいな」
ちひろ「ちなみに悪魔でもありませんからね」
P「財布の破壊者チィケイドですもんね」
ちひろ「あ、その豆ちょっと借りますね?」ヒョイ
P「どうぞどうぞ」
ちひろ「ありがとうございます」スッ
ちひろ「どっせい!」バシッ!
P「めっちゃ痛い!!」
P「いてて…豆って人体にめり込むものなんですね」
ちひろ「まったくもう!まったくもう!」プンスカ
P「いやぁ、常日頃から鬼だの悪魔だの黒魔神闇皇帝だの言われてるちひろさんには取りあえず投げつけとかないと、と」
ちひろ「私のことを何だと思ってるんですか」
P「ハハッ」
P「そういう訳で他のみんなとも折角の節分を楽しんできますねー」トテトテトテトテ
ちひろ「ちょっと答えてくださいよ!それに節分ってそんなテンション上がるイベントでしたっけ?うわ、何て無駄な行動力!」
ちひろ「まったくもう…仕事終わらせた後だから良いですけど、あの社畜はもぉ…」
ちひろ「…あれ?いつの間にかデスクの上に恵方巻が」
ちひろ「………」
ちひろ「まったくもう」モキュモキュ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1485878201

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆Dm8ArSIo3MOQ
2017/02/01(水)01:12:10.34
ID:o+jqY0Mv0
芳乃「せつぶん、ですかー?」ズモモモッ
P「うん、近年の節分は随分華やかになったよな。俺の子供の頃んてただ豆投げつ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/05/19(月)03:23:05.00
ID:8zwEWbEV0
モバP「この歌を、親愛なるアイドル達に捧げます」
モバP「聞いてください」
モバP「『もしかしてだけど』」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1400437374

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/05/19(月)03:28:18.00
ID:8zwEWbEV0
ジャーンジャーンジャーンジャッジャンジャッジャッジャッジャン
モバP「もしかしてだけど?」
ちひろ「もしかしてだけどー」
モバP「もしかしてだけど?」
ちひろ「もしかしてだけどー」
モバP「それってオイラを誘ってるんじゃないの?」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/05/19(月)03:35:30.29
ID:8zwEWbEV0
タンタンタタンタタンタン
モバP「とあるキュートなアイドルが?」
モバP「俺のほうがいいからと?」
モバP「例の部屋から逃げ出してきたんだ?」
モバP「もしかしてだけど?」
ちひろ「もしかしてだけどー」
モバP「もしかしてだけど?」
ちひろ「もしかしてだけどー」
モバP「知らないうちにニートフラグが立っていたんじゃないの?」
杏「いやないから。あ、でも杏のこと養ってくれるっていうならそれもありかも……?」
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/05/19(月)03:43:16.09
ID:8zwEWbEV0
タンタンタタンタタンタン
モバP「とあるクールなアイドルが?」
モバP「新春ライブが終わった後に?」
モバP「家族に紹介したいと言ってきた?」
モバP「もしかしてだけど?
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/17(火)04:33:00.51
ID:4jphTb8NO
短め
深夜、夜勤テンション
弾薬が3桁突入、残り一週間。E-4で401を掘ろうか迷っちゃうぜ!
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1424115180

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/17(火)04:33:43.73
ID:4jphTb8NO
熊野「はぁ……」
暁「熊野さんじゃないですか、ため息つくと幸せ逃げちゃいますよ」
熊野「あぁ、暁ではありませんか……」
暁「え、熊野さんどうしたんですかその顔!クマが出来てますよ!寝不足はお肌の天敵ですよ!」
熊野「やっぱりクマが出来ていましたか。まぁ私は熊野ですからね、クマくらい出来て当然クマよ……」
暁「な、なんだか尋常じゃないわ……一体どうしたんですか?」
熊野「いえ、これは私の問題でしてよ。暁にはまだ早い……」
暁「同じれでぃーとして見過ごせないわ!話すことで気が楽になるかもしれないから話してくれる?」
熊野「……フフ、そうね。私ももう限界ですから……」
暁「この暁に任せなさい!さぁ、何があったの?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/17(火)04:34:28.05
ID:4jphTb8NO
熊野「実は……、先日提督が鈴谷とケッコンしたでしょう?」
暁「えぇ……鈴谷さんは昔から司令官の秘書官だったし、つい先日に鎮守府全体で鈴谷さんにドッキリプロポーズしたものね」
暁(はっ!ま、まさか……熊野さんは司令官のことが……!!こ、これが大人の恋愛事情というやつね!)
熊野「実はあれ以来提督が……」
暁(し、司令官のことが……!す、す……好きに……)
熊野「夜な夜な私を執務室へ連れ込んでは朝まで相手させられる
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
5
6
7
8
9
10
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。