SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:YomiCom
<<
2018年07月
>>
318件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/10(月)17:06:34.26
ID:c/bGnIvk0
※コレジャナイ感
※短編
以上2点を踏まえお読みください
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/10(月)17:07:33.40
ID:c/bGnIvk0
P「幸子!前回のライブ、いい感じだったぞ!」
幸子「ふふん、ボクはカワイイですから当然ですよ!」
P「そうだな、幸子はかわいいからな」ナデナデ
幸子「な、何撫でてるんですかっ!?」
P「あっ、ごめんごめん」
幸子「全くもう……プロデューサーさん、次からは気をつけてくださいね!」
幸子(本当はもっと続けて欲しいけど……そんなこと言えませんもんね。でも、良かったなぁ……)テレテレ
まゆ「……」ジー

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆JBqI9RdT/Q2014/06/11(水)00:16:02.52
ID:TnQ+3qSy0
以前書いたSSと関連があります。読まなくても問題ないはずです。
▼以前書いたSSで関連があるもの
茄子「お仕事は終わりましたか?プロデューサー」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1395425882/
モバP「桃華の学校前で待ち合わせ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1398617192/
▼前作SS
モバP「美玲とぬいぐるみ展示会に行く」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1399390425/
-新幹線内-
モバP(以下P)「岡山で二泊三日予定の撮影だけど、撮影が滞ったら延長もあるからな。延長されないように頑張ろうな」
P(以前のお詫びに何かお願いを一つ聞くって肇に言ったんだけど、お願いが地元で仕事をしたいか。...まあ俺が同行するって要望はあったけど)
薫「はい!がんばります!」
肇「はい、わかりました。...でも長引けばそれだけ岡山に居られるんですよね」
2:
◆JBqI9RdT/Q2014/06/11(水)00:21:20.83
ID:TnQ+3qSy0
P「こらこら、いくら故郷が好きだからってそう考えるのは駄目だぞ?」
肇「ごめんなさい、冗談です。学校もありますし、予定通りの日程で終えられるように頑張りますね」
P「宜しく頼むよ。それにしても連休中に泊りがけの仕事を入れて申し訳ないな」
肇「そんなことありません。地元で仕事をしたいとお願いしたのは私の方ですから。まさか備前焼のレポート番組のお仕事をやらせてもらえるとは思っていませんでした」
P「テレビ局の人の話だと窯元の人たちはアイドルがレポートに来ても備前焼の良さは伝わらないって、渋っていたそうだけど」
P「肇の名前を出した途端乗り気になったんだってさ」

続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
春香「プロデューサーさん、正統派ですよ、正統派!」
真美「真美は、どんなアイドルになればいいの??」
真「AKB48……ですか?」
P「なあ伊織……アイドルを、『踏み台』にしてみるつもりはないか?」
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/08/25(日)22:31:31.14
ID:11gEvukQo
P「……」
P「…………」
俺がやっていることが、良い事か悪い事か
未来が誰にもわからないように
俺の起こした行動が、
結果として『良い事』になるのか、それとも『悪い事』になるのか
それは結局のところ、誰にもわからない
……誰にもわからないからこそ、
俺は俺の思う、『良い未来』のために
そして自分の考えだけでなく、彼女たちの希望と輝かしい将来のために
彼女達がもっとも輝く舞台を用意出来るように
彼女たちを導いてやらなければならない
それが『プロデューサー』という仕事なんだ……と、思っている
P「……」
P「律子……」

続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
春香「プロデューサーさん、正統派ですよ、正統派!」
真美「真美は、どんなアイドルになればいいの??」
真「AKB48……ですか?」
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/08/10(土)00:02:53.76
ID:FDjCOELeo
P「―――律子が?」
社長「ああ、そうなんだ。……彼女の本来の希望については、知っていたかね?」
P「ええ、以前本人から聞きました。プロデュース業をやりたいって言って……」
P「普段アイドルのレッスンをしながら、そういう勉強をしていたのは知ってます」
社長「うむ、その通りだ」
P「……でも悩んでいる、ということですけど……」
社長「そうなんだよ。……自分の方針に『確信』が得られない、とね」
P「確信、ですか……」
社長「事務所の子を使っての、アイドルグループの計画も立てていた様なんだが……」
P「自信が無くて、踏ん切りがつかないんですか」
社長「ああ、そのようだ。君の方から、何か言ってあげてはどうだね?」
社長「アイドルの『親』であるプロデューサーとして、そして何より『先輩』として、ね」
P「…………」
P「社長、律子が考えてた計画と、グループに入れる予定だった子たち、誰だかわかりますか?」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆ikbHUwR.fw2018/05/04(金)23:07:27.35
ID:GasL4mJG0
モバマスSSです。
2:
◆ikbHUwR.fw2018/05/04(金)23:08:44.73
ID:GasL4mJG0
   01.
「本日の出演者の白菊です……。みなさん、よろしくお願いします……」
 スタジオでは、テレビ局のスタッフと思わしき人々があわただしく行き交っていた。私が口にした挨拶に反応はない。喧噪にかき消されて、誰の耳にも届かなかったのかもしれない。
 邪魔にならないよう隅のほうに移動し、こそこそと辺りを見回す。
 今から収録する番組には、同じ事務所に所属しているアイドルといっしょに出演する予定で、彼女とは現地で合流する手はずとなっていた。だけど、その姿が見当たらない。
 時計を見ると、収録が開始される予定時刻の15分前だった。まだ来ていないのか、あるいは、別の場所で待機しているのかもしれない。
 しかし、それから20分経っても、30分経っても、一向に同僚のアイドルは現れず、収録が始まる気配もなかった。
「おーい、そこの……アンタ! 今日はもう帰っていいよ」
 突然スタッフのひとりからそう言われ、びくりと体が震えた。
「わ、私ですか?」
「そう、お疲れさん! おいAD、番組のプロデューサーとクソ事務所のプロデューサー呼んで! 会議するぞ!」
 スタッフはイライラした様子でどこかに歩き去っていった。
 状況はよくわからないけど、どうやら収録は中止になったらしい。スタジオからは波が引くように人が消えていき、すぐに私ひとりだけが残された。 
「あの……すみませんでした」
 誰もいなくなったスタジオに頭を下げて、そこをあとにする。自分のことながら、誰に、なにを謝っているんだろうと思った。
 建物の外に出ると、空はどんよりと曇っていて、少し肌寒かった。雨は降っていないけど、いつ降りだしてもおかしくない。降ると思っておいたほうがいいだろう。
 とぼとぼと駅に向かって歩き出す。赤信号に捕まっているあいだにいちど振り返って、出てきたばかりのビルを眺めた。
 ……せっかくの、テレビのお仕事だったのにな。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/01/07(月)19:07:35.60
ID:p0FGJ6mJ0
菫「……」
淡「ヘイ! ヘイパスプリーズ!」
菫「ハァ……その心は?」
淡「どちらも相思相愛でしょう!」
照「おぉ」
菫「いや、間違えてるからな? 基本的なことから間違えてるからな?」
淡「えー、そうなの?」
菫「そうだ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/15(日)01:03:24.46
ID:+i8ZvqKm0
・シンデレラガールズ二次創作
・キャラ崩壊注意
初SSなので間違いなどあればご指摘ください
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/15(日)01:27:41.26
ID:+i8ZvqKm0
藤原「乙倉・藤原の、富士急ハイランドで絶叫アトラクション一回乗るごとにガシャ回してSSR出るまで叫びつくせ企画ー!」
乙倉「わー…」
藤原「はい、というわけで…どうしましたか悠貴さん」
乙倉「いえ、私今日の収録すっごく楽しみだったんですよ」
藤原「そうですね、私もです。悠貴さんは富士急は初めてなんでしたっけ?」
乙倉「そうですっ。肇さんもですよね」
藤原「そうですね…もしかして悠貴さん、昨日の夜あまり寝ていませんか?」
乙倉「いえ、まあそれもそうなんですけど、あの」
藤原「はい」
乙倉「絶叫アトラクションじゃないですか」
藤原「ええ」
乙倉「撮影開始がここなのはちょっと」
藤原「ああ、戦慄迷宮ですか」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆JBqI9RdT/Q2014/05/07(水)00:33:45.83
ID:Y0dlpuVL0
以前書いたSSと関連があります。読まなくても問題ないはずです。
▼以前書いたSSで関連があるもの
モバP「蘭子の買い物に付き合うことになった」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1392487537/
▼前作SS
モバP「桃華の学校前で待ち合わせ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1398617192/
-車中-
モバP(以下P)(今日は以前のお詫びで美玲をぬいぐるみの展示会に連れて行く約束をしていたんだが)
仁奈「今日は誘ってくれてありがとうごぜーます、美玲おねーちゃん!」
美玲「今日行く展示会はきぐるみの展示・販売もあるからな!きっと仁奈も楽しめるだろうと思ってな!」
仁奈「楽しみでごぜーますよ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/15(日)22:09:06.03
ID:YjVk6rT+0
アイドルマスターシンデレラガールズのSSです。
美城専務が出てきますが別にアニメ時空というわけではありません。(武内Pは出て来ません)
短め、書き溜めありです。
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/15(日)22:09:35.44
ID:YjVk6rT+0
<真夏の夜の勤務>
モバP(以下P)「あ”?…クソ暑い…夜だからって空調切るなよケチ会社…」カタカタ
ちひろ「Pさんうるさいですよ…そんなに暑い暑い連呼されるとこっちまで我慢できなくなってきます」カタカタ
P「それ言うならちひろさん、その暑苦しい黄緑脱いで下さいよ…見てるだけで暑いです」カタカタ
ちひろ「まぁ!同僚に脱げだなんて…セクハラですか?」
P「いやそんなつもりは」
ちひろ「これは傷ついちゃいますね?、何かお詫びに奢ってもらいたい所ですね?」
P「はぁ…わかりましたよ、今度何か奢ります」
ちひろ「やった!ちっひ感激!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆C2VTzcV58A2018/07/15(日)21:21:22.15
ID:MjB5mO+VO
ある日の事務所
P「ただいまー……」
志保「お帰りなさい……外、暑かったんじゃないですか」
P「ああ、暑い暑い。溶けちゃいそうなくらいだ」
志保「大変でしたね」
P「これでお腹周りだけいい具合に溶けてくれてればいいんだけどな?、なんちゃって」
志保「この部屋のエアコン、効きすぎてるかもしれませんね」
P「遠回しに寒いギャグやめろって言うのやめないか?」
志保「なら、そう言われるようなことを言わなければいいと思います」
P「それはそうだけど。志保ってオジサマが好みっぽいから、こういうギャグも挟んだ方がいいかと思って」
志保「オジサマのジョークならいいかもしれませんけど、今のはただのオヤジギャグです」
P「だよな」
志保「はい」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/01(木)18:03:48.41
ID:BijEtD8B0
まゆり「最近、オカリンとダル君がラボに居る時間が短くて少し寂しいのです…」テクテク
紅莉栖「そういえばここ1?2ヶ月くらい二人揃って外出するのが多いわね、あいつら」テクテク
まゆり「うん…聞いても教えてくれないし…」
紅莉栖「きっとロクな事じゃないから大丈夫よ」
まゆり「そうだと良いけど……って、あれぇ??ラボの前に誰か寝てる…」ピタ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆8PvrU9Ob/.2018/07/13(金)18:48:39.99
ID:PYGfUh4Z0
注意事項としては
○キャラ崩壊注意
○ゲッサン版ネタあり(設定として引っ張れらるかも)
○書きためなしのため更新疎ら
といったところ
4:
◆8PvrU9Ob/.2018/07/14(土)07:52:02.74
ID:xl6ytFIM0
志保「まじめにしてください、プロデューサー」
この一声から、俺の劇場での活動が始まる。
悪い悪い、と謝りながら、当日の予定の確認をして、レッスンや公演に移っていく。
P「今日は、可奈とメインで劇場ライブか。楽しみだな」
スケジュールを管理しているタブレット端末から目を離してちらりと志保の方を見る。
志保「私は誰が相手でも変わりません。いつも通りやるだけです」
つんけんしているが、最近ではちょっとした変化もわかるようになってきた。
可奈とはだいぶ打ち解けてきたようで、二人で歓談しているところを見かけることも増えてきた。
今から楽しみにしているのが隠せない様子で、そわそわしている。
P「よし、まずは着替えて可奈を呼んでからリハーサルだ。行こう」
志保「はい!」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆K7qLUv4H.Lbp2018/07/15(日)19:48:52.88
ID:WgdLnGADO
―事務所
モバP(以下P)「さて、お仕事も終わり。この時間はさすがに」
ガララ
P「やっぱ暑いもんは暑いか……」
ドタドタドタ
P「ん?」
カチャ
千枝「プロデューサーさん!」
桃華「プロデューサーちゃま!」
ありす「プロデューサーさん」
三人「かき氷を作りたいです!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆8PvrU9Ob/.2018/07/09(月)17:16:47.99
ID:ApRGfkc30
アイドルヒーローズネタです。何番煎じなのやら。
「もし撮影後にPが実際に戦っている世界に紛れ込んでしまったら?」という仮定で話を進める予定です。
2:
◆8PvrU9Ob/.2018/07/09(月)17:45:42.43
ID:ApRGfkc30
1、クランクアップ――――
スタッフ&P「おつかれさまでしたー!」
撮影スタッフがみんなに花束を配りながら労っている光景は、何度見てもいいものだ。
正義と悪とに分かれて演じる――不満や不安がありながらも、みんなで解決してようやく撮影が終了した。
P「よく頑張ったな、翼」
真っ先に駆け寄ってきたのは翼だった。
翼「Pさん♪ 見ててくれました?? 『キネティック・スラーッシュ!』」
P「ああ、すごく目立ってたぞー」
翼「ぶー、Pさんのうそつきー。海美さんの方が目立ってたよ! 傷ついたー。おわびに今度パフェおごって?」
そういいつつ翼がネクタイをつかんで上目遣いでまくしたてる。
P「わかったわかった。今度な」
翼「やったー♪ Pさん、約束だからねー!」
撮影の疲れを感じさせない足取りで、翼は走り去っていった。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします2014/02/16(日)22:52:32.47
ID:l9mEXGjH0
関連SS
P「765探偵社…」美希「なの!」
P「765探偵社」美希「冤罪をはらすの!」
P「765探偵事務所」美希「想い人を探すの!」
続き物です、久々に書きます。
それでも良いよという方は読んで頂けるとありがたいです。
3:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします2014/02/16(日)22:53:46.44
ID:l9mEXGjH0
事件4「四条家の秘宝を探せ」
美希「ハニー…まだつかないの?」
P「もう少しだから我慢しろ、ほらっ…さっさと歩く」
美希「もう限界なのっ…」
P「弥吉さんとやよいちゃんは一週間に一度ここに来てるんだぞ?」
美希「でもでもぉ」
P「まったく…お前が自分から付いてきたいって言ったんだろうが」
美希「美希とハニーは一心同体なの!」
P「ならグダグダ言わずに足を動かさんか」
美希「むぅ?!ハニーのイケず!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆LYNKFR8PTk2018/07/12(木)20:01:29.64
ID:NT2CN3Xy0
フェイリス「で、でもワイ、、、なんの能力もないゾ、、、」
岡部「うるせェ!!!!イこう!!!!!」ドン!!!!!
岡部「俺は面白い奴が好きだ!!!」
フェイリス「う、??、、、岡゛ブェ、、、ぜん゛ぢょ゛お゛お゛お゛、、、、」ポロポロ
タル「よろしくな!フェイリスくん!」
紅莉栖「あたしはクリス。よろしくね!(ヤダ、結構可愛い、、、)」
ルカ子「僕より弱そうな奴が入ってきて嬉しいぞ僕は!!」
まゆり「今夜は糞ゲルバナだーー!!!」
鈴羽「あたしが治してやるから安心して怪我していいぞコノヤロー♪」
ミスターブラウん「ミスターブラウんよ。FB」ジワァ
リリー・フンラキー「新人ンンンン!!!ドクペは好きかぁーーーー?????」
ワイとラボメンの新しい冒険が始まる!!物語の舞台はついに新世界線へ!!

続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
P「765探偵社…」美希「なの!」
P「765探偵社」美希「冤罪をはらすの!」
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/02/23(土)15:34:43.73
ID:6sN/9zy10
事件3 「想い人を探せ」
P「…」ずずっ…
美希「ハニ?…ハーニ?!」
P「ん?…どうした?」
美希「どうしたもこうしたもないの!たまにはどこかに連れて行ってよ?」
P「どこかって…萩原堂なら毎日連れてってやってるじゃないか?」
美希「もうっ!そうじゃなくて、二人でどこかに行きたいって言ってるの!」
P「萩原堂以外にってことか?」
美希「そうっ!映画とか、歌舞伎とか!あっ…寄席も捨てがたいの!」
P「やめとけやめとけ、休日なんだから今日はどこもかしこも混んでるぞ」
美希「混んでたっていいの!美希はハニーとお出かけしたいの!」
P「えぇ…」
美希「ね?良いでしょハニー!」
P「まぁ…この様子じゃ今日も仕事は来ないだろうしなぁ」
美希「ぜーったいこないの!だからハニ?!」
P「う?ん…新しい歌舞伎座になってから行ってないし…そこまで言うならたまには遠出でもしてみるか」
美希「やった!それなら早速お着替えしなくちゃ!」
P「着替え?その格好のままじゃダメなのか?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆8PvrU9Ob/.2018/07/12(木)15:29:09.46
ID:pg5BsF5j0
まえがき
○短めのネタモノです
○キャラ崩壊注意(いつも言い忘れる)
○主にニュージェネレーションズとトライアドプリムスの面子
2:
◆8PvrU9Ob/.2018/07/12(木)15:29:35.51
ID:pg5BsF5j0
凛「聞いたよ、プロデューサー」にゅっ
P「うわぁ! どこから出てきたんだ」
凛「たまたま近くにいただけ」
凛「へー、アイドルの気持ちが知りたいんだ」
P「凛もそうだけど、年齢が離れているアイドルはよくわからないからな」
凛「それならさ、」
凛「未央になってみればいいよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆ytRfQhDR4R7A2018/07/12(木)12:25:03.97
ID:VsBjNqgV0
注意:何!?ドトール要素は皆無なのか!?
2:
◆ytRfQhDR4R7A2018/07/12(木)12:27:17.24
ID:VsBjNqgV0
果穂「レッスン、お疲れさまでしたー!!」
智代子「あぅぁ……あ、足が……!」
夏葉「智代子はまだまだ体力が足りないわね。またトレーニングメニュー組む?」
樹里「そういう夏葉だって結構息切らしてた癖に」
夏葉「あ、あれは酸素を取り入れて全身の細胞を活性化させるためにわざとよ!」
樹里「ふーん……」
夏葉「そういう樹里こそ足、震えてるわよ?」
樹里「はっ、んなわけねぇだろ。視界がぶれてんじゃねぇのか?」
凛世「……」
果穂「凛世さん汗一つかいてません!スゴいですっ!」
智代子「凛世ちゃんの体力どうなってるんですか?」
凛世「?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆GfvIDmW8Xs2016/03/10(木)01:47:32.50
ID:2AP1CVIZo
ローズヒップが戦車道を始めるまでの話
「貴方が一年生の――かしら?」
 私の油で汚れた整備服と対比になるような綺麗な制服を纏ったダージリン様と自動車整備の部屋で出会った。
落ちゆく夕日を背負って彼女が声をかけてきたここが、私の戦車道の始まりだ。
 聖グロリアーナの整備科、その倉庫で私は車を弄っていた。両親の影響か、私は小さい頃から車、特にひたすらに早い車の虜だった。
父と母、そして私は小さいころからテレビにかじりつき、レースを見るのが楽しみだった。
並んだ車が一斉にスタートを切って、揃いも揃って死んでもおかしくないスピードで道の上を走り、
ひたすらにチェッカーフラッグを目指す。そのスピード狂たちの虜だった。
同級生に何故好きなのか、と聞かれたことがあるが、何故好きなのかは未だによく分からない。ただ好きだった。あの速さが。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆UEry/CPoDk2018/07/11(水)23:46:51.41
ID:fnuax+mw0
北上麗花さんの元カレとのお話。
アイドルのプロデューサー以外との恋愛話が苦手な方はご注意ください。
2:
◆UEry/CPoDk2018/07/11(水)23:48:38.58
ID:fnuax+mw0
(劇場事務所)
麗花「おはようございます律子さん、今日もナイス眼鏡ですね、頑張りましょう!」
律子「おはようございます。なんですかそのナイス眼鏡って。」
麗花「律子さんと言えば眼鏡じゃないですか、とっても普通に似合ってますし。」
律子「はあ、どうも。アイドルですから普通だと困るんですけとね。」
麗花「そんな事ありませんよ、普通って良くも悪くもないんです。ステキじゃないですか?」
律子「まあ、一応褒め言葉として受け取りますね。」
茜「麗花ちゃんはその普通っての好きだよね。なんか理由でもあるの?」
麗花「うーん……まあね。」
茜「おおっ、麗花ちゃんが珍しくアンニュイだよ!もしや茜ちゃん、謎多き麗花ちゃんの秘密に迫っちゃった?」
律子「こら茜、変な事聞かないの。」
麗花「大丈夫ですよ、たいした事じゃありませんから。」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆jPr03Kti1lbd2018/07/10(火)13:36:54.50
ID:ByjHYjGRO
杏「ん?どったの?」
みほ「…放課後、戦車倉庫の裏に来てもらえますか…?」
杏「…え?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆7FWRxREsi.2015/12/20(日)17:28:03.00
ID:EbO/60V/0
コピペ改変
元ネタ
母「娘が母子相姦もののエロ本隠し持ってた……」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1308664914/
2:
◆7FWRxREsi.2015/12/20(日)17:28:50.25
ID:EbO/60V/0
加賀「誤解よ」
瑞鶴「そうなの……?」
加賀「ええ」
瑞鶴「じゃああの本、加賀さんのじゃないの?」
加賀「いえ、それは、私のなのだけれど……」
瑞鶴「犯されるぅ!加賀さんに犯されるぅ!」ガタガタ
加賀「違います」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆/rHuADhITI2018/07/11(水)23:47:41.29
ID:dXfxCJxZ0
注意
※ブラックジャックの「六等星」から
※直接のブラックジャック要素はスレタイだけ
※天文の話が出てきますが、専門じゃないので変な所があったらすみません
2:
◆/rHuADhITI2018/07/11(水)23:49:27.48
ID:dXfxCJxZ0
ーーー
「櫻木真乃?ああ、うちのクラスだよ。呼んでこようか?」
『櫻木さん?えっと、確かこのクラスだったような……』
「アイドルしてるんだってねー。一回テレビで見たことあるよー」
『どんな子なのか、よく分かんないだよねー。話した事ほとんど無いし』
「声が綺麗だな。癒し系というか何というか……それにいい子だろ、あれ」
『なんていうか影が薄いよな。悪い人じゃ無いんだろうけど……』
ーーー

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆GWARj2QOL22018/07/11(水)23:43:14.67
ID:6KwscVZqO
アニメ準拠はほとんどありません
草は生えてませんが気分を害された方がいらっしゃったら大変申し訳ありません
2:
◆GWARj2QOL22018/07/11(水)23:43:59.79
ID:6KwscVZqO
友紀「…」
友紀「…」パチ
友紀「…」
友紀「(…アラームは?)」
友紀「…」
【AM9:30】
友紀「・・・」
友紀「…」
【予定収録集合時間9:40】
友紀「…!!!」ガバッ

続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
P「765探偵社…」美希「なの!」
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/02/18(月)00:05:33.39
ID:VugtFRxo0
VIPでやったものの続きものです
向こうで立ててたんだけど落ちちゃったからこっちで
時代設定は大正期のつもり
ただあんまり詳しく調べてないから、おかしいと思う方もおられるかも
キャラ設定や呼び方も多少いじっているんで、そういうのが嫌な方は誠に申し訳ない
イメージとしては劇中劇程度に見て下さい
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/02/18(月)00:06:35.35
ID:VugtFRxo0
事件2 「真犯人を探せ」
美希「あふぅ…」
P「…」ずずずっ…
雪歩「あの…どうでしょうか?」
P「うまい!ここの珈琲は本当にうまいよ!」
雪歩「ほ、本当ですか…良かったぁ?…」 
P「萩原堂の珈琲は素晴らしいよ、他の所じゃこんなに安く美味しい珈琲は飲めないからな」
雪歩「そう言ってもらえると嬉しいです」
P「それじゃあ今度はお茶でももらおうかな?これもまたうまいから」
雪歩「は、はい!すぐ持ってきますね!」
P「焦らなくても良いからな?」
美希「ハニーがお茶頼むだなんて珍しいの…」
P「萩原堂は別に珈琲だけの店ってわけでもないからな、それに雪歩はお茶を頼まれた時の方が嬉しそうだし」
美希「ふ?ん…ハニーは雪歩の喜ぶことをしてあげたんだね?」
P「そりゃまぁ…あの笑顔はなかなか良いものだしな…って」
美希「…」
P「待て待て待て待て!つねるなよ!つねるなよ美希!」
美希「それはハニーの心がけ次第なの!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆JBqI9RdT/Q2014/04/28(月)01:46:32.60
ID:g9U+n8C90
以前書いたSSと関連があります。読まなくても問題ないはずです。
▼以前書いたSSで関連があるもの
モバP「蘭子の買い物に付き合うことになった」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1392487537/
茄子「お仕事は終わりましたか?プロデューサー」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1395425882/
モバP「美嘉と休日に水族館へ出かける」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1396799463/
モバP(以下P)「午後四時ちょっと...桃華の通っている学校の前に着いたな。以前のお礼に何か付き合うって約束した」
P「今日は桃華は仕事はオフで俺は頑張って切り上げて上がれたんだけど、平日の午後四時からだと大したことはできないと思うんだけどな」
P「でも桃華は”構いませんわ!それくらいの時間があればこと足りることですわ!”って言うんだよな」
P「まあ桃華を待つか」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
ミガサ2013/05/21(火)21:16:47.22
ID:NE1MhhiA0
鷺沢文香ちゃんのSSです。
……あまりに可愛かったので、つい。
まだまだキャラも不安定な上、話し方も拙いかもしれませんが、よければお付き合いお願いします。
―――事務所―――
ちひろ「プロデューサーさん」
P「なんでしょうか?」
ちひろ「上から指示が来まして、新しいアイドルを探してこいだそうです」
P「……はい?」
ちひろ「と、いうわけで。明日は確かプロデューサーさん空いてましたよね?」
P「いや何を言っているんです?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/07/18(木)13:49:29.15
ID:+KAcBefc0
遊佐こずえ「ふわぁ……」
こずえ「…………」ポケー
P「どうした?眠いのかこずえ」
こずえ「ぷろでゅーさー……」
P「ん?」
こずえ「んしょ……いっしょに……おひるねするー……」
P「お前勝手に膝の上に……まあいいか」
こずえ「ふわぁ……」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/14(土)21:15:51.50
ID:qbbaPnCn0
その日、めくるめく三連休初日を迎えた俺は自宅に引き篭もって怠惰を貪っていた。
せっかくの連休なのに何をしてるかって?
見ての通り休んでいるのさ。休日なのだから。
休みの日に休んで何が悪い。とことん休む。
出かけるのもいいがそれで疲れてしまっては本末転倒だ。わざわざ転びにいくつもりはない。
とはいえ、価値観は人それぞれだ。
好きに三連休を消化すれば良いさ。
他人に自分の考えを押し付けるつもりは毛頭ないが、世の中にはそうした公衆道徳を無視する輩も存在する。もちろん、ハルヒのことだ。
キョン「ええい、しつこい奴め」
さっきから携帯の着信音が鳴り止まない。
リダイヤルしまくっているようだが、気にしない。電源を切った。なにせ外は暑い。熱々だ。
こんな日に外に出るなど馬鹿げている。
それに果報は寝て待てと言うだろう?
別段、何かしら期待していたわけではなく、ましてや約束を取り交わしたわけでもなく、文字通り寝て待つ俺のもとへ、果報がやって来た。
佐々木「やあ、キョン。遊びに来たよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。