SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:YomiCom
<<
2018年07月
>>
772件取得
投稿日時順表示
<<
0
1
2
3
>>
1:
◆JBqI9RdT/Q2017/05/11(木)00:26:34.67
ID:cwbf7ccG0
▼前作・関連SS
モバP「あずきたちと遊園地に遊びに出かける」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1488990635/
茄子「お仕事は終わりましたか?プロデューサー」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1395425882/
ちひろ「最近のライラちゃん、少し元気が無いように見えませんか?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1411317175/
モバP「美優さんと仁奈と一緒に夕時をのんびりと」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1446975693/
-事務所近所の商店街-
福引係員「福引やってるよー。まだまだ特賞、一等、二等、はたまた三等も残ってますからねー」
福引係員「特賞はなんとグァム旅行ですよー!是非商店街で買い物をして、福引に挑戦してくださーい!」
「すみませーん」
福引係員「は...いっ!!?」
茄子「?どうかされましたか?」
福引係員「い...いえ、なんでもありません...」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆3wmi.HUQIo2018/02/22(木)22:27:53.38
ID:Ny6rzzSR0
モバP「楓さんのダジャレに全力で笑ってみた結果」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1515908624/
モバP「杏を全力で甘やかした結果」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1515935248/
の続きみたいな何か
別に読まなくても大丈夫
2:
◆3wmi.HUQIo2018/02/22(木)22:32:23.35
ID:Ny6rzzSR0
P「いやー、こないだから杏がすっかり真面目になりましたねー」カタカタ
ちひろ「えぇ、今日だって人が変わったみたいにレッスンを受けに行きましたねー」カタカタ
P「…泣き顔見られたのが恥ずかしかったんですかねぇ」
ちひろ「恥ずかしかったんでしょうねぇ」
P「杏マジカワイイ」
ちひろ「杏ちゃんマジカワイイ、です」
P「…あれ?ちひろさん、ここ間違ってませんか?」
ちひろ「え、どこですか?」
P「この局の、宛先なんですけど―――」
ガチャ
美嘉「おはようございまーす★」
ちひろ「あ、おはよう。美嘉ちゃん」
P「おはよう、美嘉」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/01/06(日)11:13:30.38
ID:bnAoZfWI0
前スレ
ちひろ「私のプロデューサーさん」
ちひろ「私とPさん」
のんびりと書いていきすよ?
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/01/06(日)11:17:33.06
ID:bnAoZfWI0
????事務所????
ちひろ「取材...ですか?」
P「ええ、そうなんですよ」
ちひろ「まぁ、今やうちのアイドルたちも人気ですから取材自体は珍しくはないですけど...」
P「そうなんですよ、よりによって.....」
P・ち『事務所の取材かぁ......』
P「これまた誰得っていうか....」
ち「盛り上がりに欠けそうですよね.....」
凛「二人とも....そんなことないよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
モバP「新婚ですか?」
モバP「新婚……またですか?」
ちひろ「新婚さんいらっしゃい♪」
ちひろ「プロデューサーさん、新婚ですよ新婚!」
モバP「新婚っていいな」
モバP「新婚っていいですね」
100:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/04/18(木)15:02:49.15
ID:YEAG2cpAO
みく「そうにゃ」
P「何か不満な点でもあったか?」
みく「どうもこうもないにゃ! にゃんで春菜ちゃんが猫コスしてるの! 『はるにゃんが可愛かったのでみくのファンやめます』ってファンレターがいっぱい届いたんだよっ!?」
ちひろ(相変わらずファンに弄られてますねー)

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆FreegeF7ndth2018/07/22(日)23:15:27.40
ID:98Z8PoSOo
●まえがき
あらすじは以下のとおりです。
P×愛梨
愛梨×美波
P×美波
P×文香(予定)
2:
◆FreegeF7ndth2018/07/22(日)23:16:06.09
ID:98Z8PoSOo
●十時愛梨編
――セクシーさをアピールしすぎて、逆に男の人に引かれちゃうことはあるんでしょうか。
――だって、プロデューサーさんは私のこと、あまりそういう目で見てくれないじゃないですか。
  もう何年も付き合ってるのに――プロデューサーとアイドルとして、ですけど。
――愛梨はいつもユニットのリーダー格にしてるから、意識的に距離を取るようにしてる。
  他のメンバーより近いと、贔屓してると思われるかもしれん。
――えー、なんだか寂しいです。それはそれとして、私がリーダー、というのも不思議なんですよね。
  不満なわけじゃないですけど。私、特に何ができるわけでもないのに。もっと頼れる人もいるのに。
――確かに、ゼッケンズでもSwitchersでも、リーダーは勤め上げられましたけど、
  それはみんなが私を助けてくれたからです。私が、特別何かをしたわけではありません。
――愛梨は『頼れる』ってタイプじゃないが、『助けてあげたい』って思われるタイプだ。人徳だな。
  しかもアドリブが得意だからかトラブルにもうろたえない。だからリーダーが一番向いてる。
――そういうところを見てくれて、大事なコトを任せてくれてださるの、すごく嬉しいんです。
――けど、うろたえないってのは違いますよ。
  こんなに私を見てくれるプロデューサーさんが、あまりつれないと、私も内心では――今だって。
  今だって、私は。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/04/12(金)02:13:58.65
ID:WKtM0kM/o
ありす「殆どのアイドルが、プロデューサーに少なからず好意を抱いてて」
モバP「うん」
ありす「もちろん、仕事上信頼関係は大事でしょうが、限度と言うものがあると思います」
モバP「そうだね」
ありす「そもそも、みなさんアイドルとしての自覚があるんでしょうか」
モバP「解らないなぁ。あるといいけど」
ありす「何かにつけて、プロデューサーに甘えようとしてくる人が多すぎです」
モバP「そうだな。じゃあありす」
ありす「はい?」
モバP「俺から離れない?」
ありす「嫌です」
モバP「ありすは矛盾って知ってる?」

続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
モバP「この後一杯どうです?」ちひろ「そうですねぇ」
モバP「ちひろさん、仕事終わったら飲みに行きませんか?」
モバP「この後……」ちひろ「飲みのお誘いね、わかるわ」
1:
◆oWnR8nXtEo2013/07/20(土)22:32:24.83
ID:tqMIPXECo
P「是非」
ちひろ「えーと……今回はお好み焼きなんか、ど、どうです?」
P「いいですね。お好み焼きは大好物ですよ」
ちひろ「そ、そうですか。良かったです……私もお好み焼きは好きなんですよ」
ちひろ「だから、どうかな、って」
P「そんなに遠慮しなくてもいいのに……」
ちひろ「嫌いだったらどうしよう、って思っただけですよ。それじゃ早速……」
P「あ、すみません。実はまだ仕事が残ってて……一時間後でいいですか?」
ちひろ「なるほど、分かりました。それじゃ駅前で待ち合わせしましょう」
P「一時間後に駅前、ですね。了解です」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆JBqI9RdT/Q2015/12/24(木)00:03:43.95
ID:lAcstUVC0
▼前作・関連SS
大石泉「明日はPと一緒にケーキを買いに出掛ける日か...」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413216807/
モバP「きらりのブライダルモデルの仕事に付き添う」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1419176309/
モバP「智絵里と出かける予定だったが....」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1449422543/
拓海に巻き込まれる形で、雅に色々といじられた夏樹
翌日、いつものヘアスタイルに決めて仕事に赴こうとしたのだが...
-女子寮-
夏樹「くっ...!やっぱり上手くまとまらない...昨日雅さんに強制的に髪の手入れをしてもらったが」
夏樹「サラサラになり過ぎていつもの髪形にセットできない...一体どうやったんだ雅さん?」
夏樹「参ったな、これからだりーと一緒の撮影があるのに...時間だな、とりあえず撮影現場に行かないとな」
夏樹「撮影現場のメイクさんなら上手くセットしてくれるかもしれないし」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/30(月)01:37:45.86
ID:2NXx1RPB0
アイドルマスターシンデレラガールズの二次創作。
ただ森久保と一緒に何人かのアイドルとご飯を食べるだけのお話です
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/30(月)01:38:20.62
ID:2NXx1RPB0
モバP(以下P表記)「ちひろさん、思うんですよ」
ちひろ「突然なんですか、こっちは次の限定SSRのためにせっせと白封筒作ってるんですけど」
P「うちのアイドルって軽すぎると思いません?」
ちひろ「まあそりゃアイドルなんですから皆頑張ってレッスンしてますから……」
P「と言う訳で手始めにこの机の下にいる森久保にもっと食わせようと思います」
乃々「なんかいきなりとんでもないこと言いだしたんですけど、何考えてるんですかこの人」
ちひろ「は、はあ……まあほどほどにしてあげてくださいね」
P「と言う訳で行くぞ、森久保ォ!」
乃々「む、むーりぃー……」ズルズル
夏樹「お、プロデューサーじゃん、どうしたんだ乃々を引きづって?」
P「森久保が軽すぎるからもっと飯を食わせようと思って。せっかくだしお前も来るか?勿論奢るぞ」
夏樹「お、マジでか。今月欲しい楽譜とCDが多かったから正直金欠なんだよね。じゃ、行くわ」
P「せっかくだし何が食いたい?何でもいいぞ」
夏樹「へえ、そうだね。やっぱこの前拓海と一緒に行った焼肉かな。金欠だと肉が物足りなくてね」
乃々「あうぅ……森久保の意思は無視ですか……」
P「よし、焼肉行くぞ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆JBqI9RdT/Q2014/03/22(土)03:18:02.64
ID:NF8rFga00
モバP(以下P)「もうすぐ終わるよ。もうちょっと待ってて」
茄子「はいっ、待ってます♪」
ちひろ「おやっ?二人で何か用事があるんですか?茄子ちゃんはやけに上機嫌だし」
P「今日は茄子と飲みに行く約束をしているんですよ。以前のお礼に」
茄子「そうなんですよ♪それが楽しみで」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/23(月)00:07:00.48
ID:cUAFo4Zl0
P「という訳でパンツ見せてくれまゆ」
まゆ「いいですよぉ?どうぞ?」ぴらっ
P「違う。チェンジ」
まゆ「え…?」
※きゃらほーかい注意

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/05/26(日)11:14:22.55
ID:yCtd/9B9o
P「ちひろさん、お疲れ様でした」
ちひろ「はーい、プロデューサーさんこそお疲れ様でした」
P「はぁ……今日は長い一日だった……」
ちひろ「怒涛のイベントラッシュでしたからね」
P「ちひろさん、明日はオフですよね? 今から飲みに行きません? 奢りますよ」
ちひろ「良いですね、行きましょうか! あ、でも私もお金出しますからね」
P「別に気にしなくてもいいですよ、俺が誘ってるんですから」
ちひろ「駄目です。私も今日は飲みたい気分なんですよ」
P「なるほど、では7:3で」
ちひろ「結構です。5:5で」
P「……ちひろさんと俺の関係ですからね」
ちひろ「はい♪」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/05/04(土)22:52:42.23
ID:g0C9j/to0
私のプロデューサーを、ご紹介しますね。
Pさんは、とっても素敵な人なんです。
私の世界をモノクロから薔薇色に塗り替えた。
Pさんは、とっても優しい人なんです。
私を輝かしいアイドルの道に導いてくれた。
自慢の、プロデューサーなんです。

続きを読む

[ 閉じる ]
466:
以下、新鯖からお送りいたします2013/09/05(木)19:24:09.12
ID:QVOUVbmk0
プロデューサーさんが部屋に飛び込んできた時、心臓が止まるかと思った。
Pさんは個室に入ってくるなり、ベッド下に隠したおやつを食べようとしていた私を抱きしめる。
何がなんだか分からなかったけど、Pさんはどうやら私が病気か何かでここに居ると勘違いしたみたい。
そういえば言ってなかったっけ。
私、今日は定期健診だから病院にいるんだよ。
ちょっと病室借りてるだけで、病気とかそんなんじゃないから、安心して。
もう、心配性なんだから。

続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
モバP「新婚ですか?」
モバP「新婚……またですか?」
ちひろ「新婚さんいらっしゃい♪」
ちひろ「プロデューサーさん、新婚ですよ新婚!」
モバP「新婚っていいな」
モバP「新婚っていいですね」
モバP「新婚シリーズに?」
ちひろ「新婚シリーズですが」
モバP「また新婚シリーズに?」
362:
今回は書き溜め無しの即興でお送りします2013/04/30(火)10:01:59.96
ID:+9FlWNTAO
P「なんでまたこのタイミングで?」
ちひろ「久美子ちゃんの撮影が遅れてて、これ以上放送を先延ばしにする訳にはいかない故の処置らしいです」
P「久美子も最近忙しいですからね。でも未放送って……」
ちひろ「御存知の通り事前に撮影したにも関わらず応募が無かった子、または内容が内容過ぎて放送出来なかった子達ですね」
P「あの監督、基本的に何やっても一発OKだったんですけどなぁ……」
ちひろ「自由が売りの番組ですからね。本来なら」
P「自由にも限度がありますけどね」

続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
モバP「新婚ですか?」
モバP「新婚……またですか?」
ちひろ「新婚さんいらっしゃい♪」
ちひろ「プロデューサーさん、新婚ですよ新婚!」
モバP「新婚っていいな」
モバP「新婚っていいですね」
モバP「新婚シリーズに?」
ちひろ「新婚シリーズですが」
モバP「また新婚シリーズに?」
モバP「新婚未放送回?」
475:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/05/02(木)13:03:04.36
ID:bus/bPHAO
P「はあ……」
ちひろ「蘭子ちゃんの仕事をよそに取られたからっていつまで落ち込んでる気ですか」
P「いえ、今回は特に力を入れたもので……。みりあも駄目でしたし……」
ちひろ「星花ちゃんはもぎ取ったじゃないですか」
P「意地でも1人くらいはってなってましたからね。でも蘭子とみりあの悪魔衣装も見たかったなあ……」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆hAKnaa5i0.2017/05/06(土)10:01:17.67
ID:sLYdcplY0
志希「超新薬!『スネオニナール(スネ夫になる)を開発したよ!」
http://ex14.vip2ch.com/i/read/news4ssnip/1493851446/
の続きです。
2:
◆hAKnaa5i0.2017/05/06(土)10:03:00.67
ID:sLYdcplY0
(いつものラボ)
志希「はいこれ。新薬の『ホンネヲイウーヨ(本音を言うよ)』だよ。上手に使ってね」
P「…えらく淡白に渡してきたな」
志希「ん?、前フリで遊ぶのももう飽きちゃったんだよね?♪」
志希「志希ちゃん的には?、いままで続いていたことを褒めて欲しいくらいだよね?♪」
P「よーしよしよし」
志希「にゃはは?♪」
P「うん。薬ありがとう。有効活用するな」
志希「はーい。ちゃんと後で成果は報告してね?」
P「はいよ。じゃあ
>>6のところに行ってみるか」
6:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/05/06(土)10:13:18.67ID:GWVTYpfxO
裕美

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/04/23(火)10:59:24.99
ID:GwfCiqEj0
のんびりと書いていきます
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/04/23(火)11:01:24.43
ID:GwfCiqEj0
P「うーん....目が疲れてきた....」
ちひろ「お疲れ様ですPさん、お茶どうです?」
P「おっ、ありがとうございます」
ちひろ「最近ずいぶん忙しいみたいですけど無理はダメですからね?」
P「ええ、まぁ無理をしない程度に頑張りますよ」ズズッ
ちひろ「気をつけて下さい、あなたに何かあったら大変ですから」
P「わかってます、俺が倒れでもしたらアイドルたちの活動に支障が出ちゃいますからね」
ちひろ「....Pさんに何かあったら泣いちゃうんですからね」ボソッ
P「えっ、何か言いました?」
ちひろ「な、なんでもないです!とにかく体を大事にしてくださいね!」
P「はいはい」
トレーナー「....」ジーッ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆hAKnaa5i0.2017/07/06(木)22:58:37.95
ID:YDfXAmrJ0
志希「んふふ…♪『サビシクナール(寂しくなる)』を開発したよー…♪」
http://ex14.vip2ch.com/i/read/news4ssnip/1499061830/
の続編のようなものです。
2:
◆hAKnaa5i0.2017/07/06(木)22:59:18.22
ID:YDfXAmrJ0
ボンッ!ちゃっちゃら?♪
志希「んー…これはこれは…またクレイジーでマッドな劇薬ができちゃったね?♪」
志希「飲んだら親しい人にイタズラがしたくなっちゃう薬?♪」
志希「むぅ?…でも、プロデューサーに見せたら『さすがにこれはダメ。没収だよ』なんて言われちゃうしにゃ?」
志希「でも…せっかくだから使いたい…」
志希「…♪」
志希「内緒で投薬していくっきゃないよね?♪」
志希「にゃはははは♪」

続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
モバP「この後一杯どうです?」ちひろ「そうですねぇ」
モバP「ちひろさん、仕事終わったら飲みに行きませんか?」
モバP「この後……」ちひろ「飲みのお誘いね、わかるわ」
ちひろ「プロデューサーさん、この後食事でもどうですか?」
モバP「今日は宅飲みの日ですね」ちひろ「はい」
モバP「ちひろさん、飲みに行きましょう」ちひろ「んー……」
1:
◆oWnR8nXtEo2013/11/20(水)21:41:19.77
ID:4b1ukAnco
P「嬉しいですねぇ、ノってくれて」
ちひろ「仕事とはいえ、場所が場所ですからね。多少の羽目も外したくなりますよ」
P「えぇ……良い場所ですよね。思わず仕事ってことを忘れてしまいそうになるくらい」
ちひろ「しかしまぁ……随分とお酒あるんですね」
P「どうせ大量に飲まれることになりますから。1人1缶まででもこの量ですよ」
ちひろ「ふふ。二日酔いなんて起こしたら大目玉ですね」
P「当たり前です」
ちひろ「プロデューサーさんは、普段穏やかなだけに怒ると怖いですからね」
P「色々溜め込んでるんですよ……俺も」
ちひろ「……まぁ、私で良ければ聞きますから」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
335:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/07/20(土)19:38:47.31
ID:822VxH4l0
Pさんとのアイドル生活で、変わったことがあります。
一つは自信が持てる様になったこと。
自分なんてと思っていた頃が、懐かしく感じるくらい。
二つ目は笑顔が増えたこと。
彼と居ると、自然に笑えるようになりました。

続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
中年P「…女の子は誰でもシンデレラ」
中年P「…シンデレラにしては小さすぎでは?」
中年P「シンデレラにしては…」
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/04/06(土)14:01:14.34
ID:pr0Lyajr0
       チュン  チュンチュン
「……zzz」
   ピーピー ピーピー ピーピー ピーピー
「………」ガバッ
        ジュウウウウ ジュッジュッ
「んっ……」ムグムグ
       シュル   シュッ 
(ネクタイ…問題無し、シワ問題無し書類問題無し、体臭…恐らく問題無し)
P「……行くか」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆i/Ay6sgovU2016/01/24(日)14:44:55.40
ID:124jPj8H0
―――――事務所―――――
ガチャ
P「お疲れー、ほたるいるか?」
緒方智絵里「あ、お疲れ様ですっ」
藤居朋「ほたるちゃんなら、まだ来てないわよ?」
P「あれ、まだなのか。また植木鉢にでも当たってるのかな」ハハハ
朋「その発言を普通に受け入れてる自分がイヤになってきたわ」
―――――――――――――――――――――――――――――
前作
智絵里「HAPPY」ほたる「NEW」朋「YEAR?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/21(土)21:21:36.02
ID:DaHGsbQ60
真の男女平等を追求した結果、今作はめぐみん視点での物語となっております。
そうした作風が苦手な方は、ご注意ください。
それでは以下、本編です。
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/21(土)21:29:33.57
ID:DaHGsbQ60
どうも、めぐみんと申します。
私のことをご存知の方も多いとは思いますが、一応、初めに自己紹介をさせて貰いますね。
紅魔族出身で、アークウィザードを生業とするこの私は、爆裂魔法をこよなく愛する者。
故に、爆裂魔法以外の魔法は習得してません。
そのおかげで、様々な苦労を背負いました。
カズマ「なあ、めぐみん」
めぐみん「なんですか、カズマ」
カズマ「前にお前の爆裂道を認める発言をしたのは一時の気の迷いだったと認めるからさ、いい加減、爆裂魔法以外も覚えたらどうだ?あまりにも芸がなさすぎるだろ」
めぐみん「一芸に秀でていればそれで良いのです。多くを望めば、全てを失い兼ねません」
カズマ「多くを望めば、ねぇ」
今、私をおんぶしてくれている彼は、カズマ。
莫大な魔翌力を消費する爆裂魔法を放つと、私はしばらく身動きがとれなくなってしまいます。
なので戦闘の後はカズマに運んで貰うのです。
カズマは私が所属するパーティのリーダーであり、何を隠そうこの私の思い人でもあります。
そんな彼は、私の発言を受けて、何やら物思いに耽っている様子。少々気になる反応ですね。
めぐみん「何か思うところがあるのですか?」
カズマ「いや、なんでもないよ。気にすんな」
ダクネス「カズマ、そろそろ疲れただろう?めぐみんを背負う役目を代わろうか?」
気を遣う素ぶりを見せたのは金髪碧眼の美女。
クルセイダーのダクネスがそう申し出ました。
話をはぐらかしたカズマはその申し出に首を振り、しっかりと私を抱え直して、きっぱりと。
カズマ「大丈夫。責任を持って、俺が運ぶよ」
ダクネス「……そうか。うん、それがいい」
その、なん
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/22(日)23:48:24.03
ID:3bq8Ah7p0
※一部アイドルマスターシャイニーカラーズのキャラが登場します
凛「なにそれ」
P「いやだから、凛のことを今の俺が生まれる前の時からずっと探してたってことを伝えたかったんだ」
凛「それを言うなら前世でしょ…」
凛(でも前世からプロデューサーと出会うことが決まってた…か…ふーん、その考え、悪くないかな)
P「どうした凛?ニヤケてるぞ」
凛「別にー?あ、でも凛世ってなんなの?新しい女?」ジトー

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆JBqI9RdT/Q2017/11/19(日)23:24:12.04
ID:0sQAtN8K0
▼前作
モバP「気落ちしている奈緒を気晴らしに誘う」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1499273336/
▼関連SS
モバP「仁奈が旅行券を握り締めてやってきた」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494429994/
茄子「お仕事は終わりましたか?プロデューサー」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1395425882/
モバP「蘭子の買い物に付き合うことになった」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1392487537/
モバP(以下P)「よし...掃除も終わったし、みりあたちがいつ来ても問題ないだろう」
P「しかしみりあのお願いが、うちでお泊り会がしたいとは...意外だったな」
P「まあ、来てもらうからには楽しんでもらおう」
P「夏休みで、時期も丁度いいし....あれもあるし」
P「近々事務所に持っていこうと思っていたけど...ふふっ、喜んでもらえるといいな」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/23(月)21:09:59.38
ID:3s2DBGcs0
P「何かあったか?」
幸子「……数えきれない位には」
P「例えば?」
幸子「そうですね」
――――
幸子「……」テクテク
P「! すみません。少し、宜しいでしょうか?」
幸子「ひゅい!? え、す、少しだけなら」
―――

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆FreegeF7ndth2018/07/14(土)22:47:00.05
ID:4Ftt2ipRo
●まえがき
P×神谷奈緒
R-18
クランチ文体気味
2:
◆FreegeF7ndth2018/07/14(土)22:47:49.84
ID:4Ftt2ipRo

街角でいきなり「可愛い」ってアンタから言われたとき、あたしはタチの悪い冗談だと思った。
それまで男の人から可愛いなんて、お世辞でしか言われたことがなかったし、
実際あたしに可愛げなんてものはなかった。
ちょっとでも持ち上げられると、くすぐったくて首をぶんぶん振って否定した。
それを面白がられてイジりで褒められることは多々あったけど……それをカウントするのはなぁ。
でも、アンタの「可愛い」は、最初からいつも真剣で、疑問を差し挟む隙間がなくて、
あたしも真に受けて、乗せられて、アイドルになって……。
あたし、アンタに『可愛い』って言われたら、何でもシちゃうかも。
まさか、エッチまでするとは思わなかったけど。

アンタの「可愛い」は軽い。
ハッキリ言って、重々しさなんかまったくない。比べるなら加蓮や凛と大差ない。
でもあの二人と――性別も年齢も違うのに――似た軽さを出すのは、逆にすごいかもしれない。
でもアンタの褒めはあたしをフワフワと浮つかせる。するときは、特に。
うなじとか後ろ髪がざわざわと湯通しされたように熱くなる。
頑固なあたしの髪がこの時ばかりはフニャフニャになる。
そんな後ろ髪をたくしあげて、見えないところに唇を刺してキスマークをつけてくる。
アンタは、あたしの背中側から手を回して抱きしめるのが好きなのか?
その姿勢でささやくと『何でも反応が――可愛くなるって』――あっ、また可愛いって言った。
耳元でじわっと淡い声音を注がれると、確かにあたしは声を上ずらせたり、肩をビクつかせたりしてしまう。
ここへの刺激は、何回エッチしても慣れない――手を変え品を変えやってきやがって。
耳から頭蓋骨の裏側までソワソワする。期待で心臓がくるくる落ち着かなくなる。
後ろから『自分ではどういう風にいじってる?』と最初
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆ikbHUwR.fw2017/12/31(日)21:29:10.39
ID:vyCd+JK40
モバマスSSです。
2:
◆ikbHUwR.fw2017/12/31(日)21:30:00.39
ID:vyCd+JK40
「少し時間いいかな?」
 学校の帰り道、あてもなくぶらぶらと街を歩いていると、そんな声が耳に届いた。
 目を向けるとスーツ姿の男性がいた。年齢はよくわからない、20代中盤ぐらいだろうか?
 しゃれた仕立ての黒いスリーピースのスーツは、男性服にくわしくないアタシでも安いものではないとわかる。
「ナンパならどっか行ってよ。そーゆーの興味ないから」
 正直なところ、あまりいい印象は持たなかった。
 男は、いかにもお金のかかっていそうな格好をしているわりに、やたらと穏やかな顔つきをしていて、声からも妙な親しみやすさを感じた。それが、相手に警戒心を与えないよう、意識的に作っているものに思えたからだ。
 男は苦笑を浮かべて、「ナンパじゃない」と言った。
「違うの? じゃあ、どちらさま?」
 男は返事の代わり、とでもいうように上着のポケットから名刺入れを取り出し、一枚抜いてアタシに差し出してきた。
 ふだん名刺なんて目にすることはないけど、たぶんよくある一般的な形式だと思う。社名と役職と名前が載っている。『CinderellaGirlsProduction』、女性アイドルを専門とした大手の芸能事務所だ。
「……芸能事務所の、プロデューサー?」
「知っててくれてよかった」
 当たり前だろう、と思った。CGプロと通称されるその事務所は、芸能通でなくとも、名前ぐらいは誰でも知っている。
「そのプロデューサーさんが、アタシになんのご用?」
「アイドルにならない?」と男は言った。「君には素質がある」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆JBqI9RdT/Q2015/07/15(水)02:04:40.52
ID:sDAgg4Jw0
▼前作SS
モバP「瑞樹さんにおまかせで休日を一緒に過ごす」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1433422419/
▼関連SS
モバP「蘭子の買い物に付き合うことになった」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1392487537/
モバP「美嘉と休日に水族館へ出かける」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1396799463/
モバP「美穂の演技練習に付き合う」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1428511776/
-事務所-
奏「ね?いいでしょ?私もPさんと二人きりで過ごしたいわ」
モバP(以下P)「まあ確かに奏でのアドバイスのおかげで、美嘉と楽しい休日を過ごせたわけだしね」
P(以前美嘉に失礼をしてしまって、そのお詫びとして休日を付き合う約束をした)
P(美嘉の希望で水族館に行って来て、楽しい休日を過ごせたのだが)
P(水族館は奏のアドバイスだったらしく、そのご褒美をねだられている)

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。