SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:YomiCom
<<
2018年02月
>>
429件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
4
>>
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/06/03(日)21:22:51.27
ID:s5cAyMNs0
P「……え!?……はっ!?」
凛「どうしたのかなプロデューサー!もっと元気にあいさつしたまえ!わっはっは!」
P「おい……これどうなってんんだ!?」
ちひろ「さ……さっぱりです。私にもなにがなんだか」
杏「……おぉぅ」
凛「やっはっは!皆元気がないぞう!?」
P「お……おう」
ガチャ
P「おお、この状況を打破してくれる誰かか!?」
きらり「あ、にょ……どうも」
凛「はっはっは!どうしたきらり!元気がないな!!」
きらり「お、おにゃーしゃ……」
P「ええええええええええええええええええええええ!?」
杏「(やべぇ事になっちまったぜ……)」

続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
薫「ねぇねぇ!せんせぇってロリコンなの?」モバP「」
紗南「やっぱりPさんってロリコンなんだね」モバP「」
晶葉「ほぅ、君が噂のロリコンか」モバP「」
凛「へぇ…ロリコンだったんだ……」モバP「」
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/02/06(水)09:10:41.64
ID:NDJ8XCNb0
モバP「い……いま、にゃんて…………」
楓「ふふふっ……いつもなら笑ってくれるのに……」
礼子「そうね、プロデューサーなら馬鹿みたいに笑うところね」
瑞樹「カロリーコントロールするロリコン来ん……うーん、滑舌練習には微妙かもね」
瞳子「それが、あなたの夢なの……?」
留美「ほら、君も食べなさい。みんなで楽しくお食事してるだけよね?」
美優「あ…このお料理……美味しいですよ。……ロリコンさん」ボソッ
モバP「」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/11/01(木)04:38:23.48
ID:I47XesFhO
照「お菓子をくれないとイタズラする」
菫「もうハロウィンは終わった。帰れ」
照「…分かった。菫はイタズラされるのを選ぶんだね」
菫「はぁ……ちょっと待ってろ。今、お菓子を持ってくる」
照「待ってる」
ハロウィンはまだ終わらない!

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/19(月)22:42:37.84
ID:5Dgbd9ZM0
☆注意☆
このSSには以下の成分が含まれますのでご注意下さい。
・遊佐こずえ
・キャラ崩壊の可能性
・書き溜め
なお、スシローのこずえコミュを見てると更に楽しめる、かも。
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/19(月)22:45:22.05
ID:5Dgbd9ZM0
?事務所?
遊佐こずえ「すぅ……すぅ……」
こずえ「んむ……ふふ……」
桐野アヤ「……ふふっ、こずえ、ぐっすり寝てるな」
モバP「今日の撮影、凄く楽しがってはしゃいでたもんなぁ」
アヤ「アタシも見たかったなぁ。雪山でのびのび遊ぶこずえ」
モバP「ならアヤも買うか?こずえの写真集」
アヤ「当たり前だろ?アタシが悔しがってんのは生で見られなかったからだよ」
モバP「それは俺の特権だよ何言ってんだ」
アヤ「むっ、アタシだってアイドルの仲間なんだから生のこずえくらい見たっていいじゃんか」
モバP「ははっ、冗談冗談。次の仕事はこずえとアヤ、一緒にするから許してな」
アヤ「むー……約束だぞ」
モバP「おう約束だ。指切りする?」
アヤ「する」ギチッ
モバP「おう……って、なんか小指の力強」ゴギッ
モバP「」チーン
アヤ「わーっ!?プロデューサー!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/05/11(金)13:42:05.55
ID:u0QDPUpf0
黒の騎士団 アジト
ゼロ「よし。各員、ナイトメアに搭乗しろ」
「「はい」」
ゼロ「さてと、俺も乗るか」
ゼロ「よっと」
ゼロ「ん……?今、お尻に違和感が……」
カレン『ゼロ。いつでもいけます』
ゼロ「そうか。では、出発する」
ゼロ(気にするほどでもないか)

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/19(月)03:04:34.29
ID:g7r+Vq0f0
モバマスSSです
キャラ崩壊口調崩壊誤字脱字を含むかもしれません
モバPがP表記です
短めです
それでも宜しければご覧下さい
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/19(月)03:06:39.24
ID:g7r+Vq0f0
ピッ
「今週は今話題の飛鳥王子!その実態に迫りたいと思います!」
P「お、この前の取材の奴か。…それにしても王子な」
飛鳥「あぁ、あれはとても愉快だった」
P「宝塚もびっくりのはまり役だったな」
飛鳥「姫に憧れた事はあっても王子になりたいとは思った事すら無かったが…流石は敏腕プロデューサーってとこかな」
P「そりゃどうも、この仕事で女性ファンも一気に増えたな」
飛鳥「あぁ、時期も相まって積み重ねたらボクより高くなるぐらいのチョコを頂いたよ」
P「飛鳥的にはどうだ?」
飛鳥「…というと?」

続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
薫「ねぇねぇ!せんせぇってロリコンなの?」モバP「」
紗南「やっぱりPさんってロリコンなんだね」モバP「」
晶葉「ほぅ、君が噂のロリコンか」モバP「」
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/02/04(月)02:35:42.96
ID:QOw4E4aX0
モバP「ろ、ろ、りょりこん!?……あ、あはははは……な、にゃにそれ!?ど、どういう意味にゃのかにゃ!?」
凛「とぼけないで、全部聞いたから」
卯月「ロリコンってなんですか?」
未央「しまむーはそのままのしまむーでいてね…」
加蓮「冗談だよね…プロデューサー……ね?」
奈緒「あ、あたしは別にどうでもいいんだけど…!その、どうなんだよ!」
美嘉「最近、莉嘉がプロデューサーの話ばっかりすると思ってたけど…そ、そんな……」
モバP「」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/17(土)18:54:51.42
ID:ub8hEKem0
ラフィエル「遂に完成しました。これでサターニャさんを…ふふふっ♪」
―翌日―
ラフィエル「今日はカラオケに行きませんか?」
ガヴリール「唐突だな、おい」
ヴィーネ「あら、いいじゃない!」
サターニャ「仕方ないわね。行ってあげるわよ」
ガヴリール「私はパス。イベントがあるからさ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
薫「ねぇねぇ!せんせぇってロリコンなの?」モバP「」
紗南「やっぱりPさんってロリコンなんだね」モバP「」
1:
昨日のつづきっす。きょうでおわり。2013/02/01(金)10:21:38.04
ID:f/svn3JY0
勧誘編晶葉
モバP「な、な、な、なにいってるるるんですか!貴方は!?わ、私は紳士ですよ!?恥を知りなさい!!!」
晶葉「ふふっ…その反応!やはり間違いないようだな………」
モバP「き、きみ!は、は、ひゃなしを聞きなしゃい!!初対面だよね!?僕たち!?」
晶葉「薫……と言ったかな?クレープ屋……どうて…………」
モバP「あばばば!!うわあああああああっっ!!」
モバP(き、聞いてたのか!?この娘……何者なんだ……!?あ、俺のファンですかね?たぶんそうだって思うな!)
晶葉「公衆で少女の胸を揉みしだいたかと思えば、別の少女を追いかけ回す……ふふっ、君はこの辺りではすっかり有名人だよ!」
モバP「」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/19(月)23:58:31.87
ID:IBiS+bJA0
「博士、少し聞きたいことが」
「なんですか、助手」
「実は昨日、かばんの作ったカレーを食べたのです」
「か、かばんのカレーを食べたのですか!? 一人だけずるいですよ、助手!!」がたっ
「最後まで聞いてください、博士。確かに私はカレーを食べていました。ですが、気づいた時には、普段寝ているベッドの上にいたのです」
「…………?? 助手が何を言っているのか、全然分からないのです……」
「夢ですよ」
「夢?」
「後で調べてみたら、図書館の本に書いてあったのです。ヒトは寝ている間に、脳が頭の中を整理します。その時に見る映像を『夢』と呼ぶのだそうです」
「そ、それなら知っているのです! まったく、分かりにくく言わないでほしいのですよ!」ぷんすこ
(かわいい……)
「なんなのですか、その目は!」
「いえ……すみません、博士。今まで見た覚えがほとんどなかったので、つい珍しくて話したのです」
「それは仕方がないのです。夢は見ても忘れることが多いのですよ」
「……ですから、次からはカレーの夢を見た時は教えるのですよ! 博士にも食べさせろです!」
「ど、どうやって食べるつもりですか………………それより、私がその夢を覚えていたのはなぜでしょうか?」
「それはきっと、かばんのカレーのおかげなのです」
「カレー?」
「おそらく、自分の好きなものが出てきたから、強く記憶に残ったのです」
「なるほど…………ということは、逆の場合もあるのですか?」
「ありますよ。嫌いなものの出る夢も、記憶に残りやすいのです。例えば……」
「過去の思い出したくない出来事が夢に出てくることもあるそうですよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆NtxTVv4ssokL2018/02/19(月)22:44:46.62
ID:cOC313ihO
第510話の修正前の柳瀬美由紀がのあちゃんと呼んだ世界線でのお話です。
2:
◆NtxTVv4ssokL2018/02/19(月)22:47:51.16
ID:cOC313ihO
瑞樹「まだかしら」ソワソワ
留美「瑞樹、落ち着きなさい」
瑞樹「そうはいっても……」
早苗「気持ちはわかるわよ」
ガチャ
瑞樹「帰ってきたかしら?」
モバP「ただいま戻りました」
早苗「なーんだ、P君か」
瑞樹「プロデューサーはお呼びじゃないのよ」
モバP「えっ、ひどくない?」
美優「すみません」
モバP「美優さんが謝らなくてもいいんですよ。それより皆集まって何してるんですか?」
瑞樹「美由紀ちゃんを待ってるのよ」
モバP「美由紀ですか? どうしてまた」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2013/10/14(月)23:24:15
ID:/rg5qF7k
ベルトルト「休日の昼休み、僕は暇なのである程度離れたところから、いちゃつくライナーとクリスタを見ていたらユミルが来た」
ユミル「は?何言ってんだ?」
ベルトルト「僕に会いにきたの?」
ユミル「別に?偶然会っただけだろ」
ベルトルト「そっかー残念」
ユミル「…つーか、ベルトルさんは何してんだ?」
ベルトルト「ライナーとクリスタを見守っトルト」
ユミル「なんかいらっとした」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/08/25(火)22:25:46.64
ID:1tBCqDb40
提督「二位じゃ駄目なんでしょうか?」
白露「えっ?」
提督「二位じゃ駄目なんでしょうか?」
白露「いや繰り返さなくていいよ!」
提督「本当に一番が好きだなお前」
白露「うん!」
提督「なんでそんなに一番が好きなんだ?」
白露「なんでって……一番は一番だから一番なんだよ!」
提督「なるほどわからん」
白露「提督だって一番が好きじゃないの?」
提督「まあそりゃな……お前ほどこだわりはないが」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/09/14(金)04:56:07.85
ID:HJ8rPzIzi
P「甚だ遺憾である」
3:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/09/14(金)05:00:40.00
ID:HJ8rPzIzi
律子「プロデューサー、この書類ですが」
P「ああ、これは……」
律子「ありがとうございます」
P「いやいや」
雪歩「あ、あの!」
P「ん?」
雪歩「どうして、律子さんはプロデューサーの膝の上に座ってるんですか?」
P「仕事の効率アップのためだ」
律子「そうなのよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
8:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2014/02/27(木)22:21:39.97
ID:2CC6/D4q0
小鳥「・・・ど、どうですか?」
P「うーん」ヘニャリ
P「ダメです、やっぱり勃ちませんね」
小鳥「色々試してみてるんですけどねぇ」
P「すいません、俺がEDになったばかりに音無さんには辛い思いを・・・」
小鳥「気にしないでください、一緒の時間を過ごしているだけでも幸せですから」
P「音無さん・・・」
小鳥「二人っきりの時は、小鳥って呼んでください・・・」
P「小鳥・・・」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2014/02/14(金)23:18:12.52
ID:kafof9/n0
春香「戻りましたー」
美希「疲れたの‥‥」
P「お疲れさん」
社長「やあ諸君。ご苦労だったね。その様子を見るに、バレンタインイベントは大盛況だったかな?」
伊織「盛況も盛況。少なく見積もっても、ひい、ふう、み‥‥軽く20人はいたわね」
響「少なく見積もりすぎだろ」
貴音「ほとんど私達と一対一ではないですか」
律子「正確な数字ではないですけど、参加者は6千人前後ですかね。開催3日前に告知した事を考えると、上々かと」
社長「そうかそうか。いや、すまなかったねえ。知人に、空いたイベントスペースをどうしても埋めたいと頼まれてしまってね」
真「僕は楽しかったですよ!イベントの性質上、集まってくれたファンは珍しく男の人ばっかりでしたし」
雪歩「私は逆に、ちょっとアレでしたぁ‥‥」
千早「何曲か歌わせて頂いただけでも、ありがたかったです」
あずさ「楽しかったわねぇ」

続きを読む

[ 閉じる ]
8:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/05/02(木)21:28:13.69
ID:Yem69jqP0
照「かなり近くて、裏門から出て道路渡ったら着いた」モグモグ
淡「ねぇねぇ、じゃあ明日の部活前に行って、みんなにおやつ買ってこうよ!」
照「賛成」モグモグ
淡「…ところでテルは何食べてるの?」
照「昨日そこで買ったガブリチュウ」モグモグ
【ガブリチュウ】
→好きな分だけかじって食べられるチューイングキャンディー。
淡「いいなー、一口もらっていい?」
照「食べかけでよければ」スッ
淡「うん、それでもいいよー」パクッ
淡(むしろそれがいい)モグモグ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/18(日)15:25:02.59
ID:Hx4G3wIV0
事務所
奏(喉が渇いたわね……)ガチャ
奏「冷蔵庫の中には……プリン?」
奏「おいしそうね……」
ねぇ見て
ほら綺麗なプリンだね
奏「名前も書いてないし食べちゃおうかしら……」
そう
今から関係なくなる

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/05/06(日)13:26:25.79
ID:rQDOt9hi0
自室
<スマイル!スマイル!スマイル!スマイル!プリキューア!
ナナリー「素敵な歌ですよね。聞いているだけで元気になれます」ルンルン
ルルーシュ「そうだな」
ナナリー「スマイル♪っていうよりはスマッイル♪って感じでしょうか、ふふ」
ルルーシュ「ナナリーは誰が好きなんだ?」
ナナリー「えーと、マーチさんです。声が凛々しいので」
ルルーシュ「そうか」
ナナリー「イェイ♪イェイ♪イェイ♪なんですよね?お兄様?」フリフリ
ルルーシュ(ナナリーは想像で踊っているだけに過ぎない……。かわいい。すごくかわいいが不憫だ)

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆ksTpGtn1Mo2018/02/18(日)15:18:25.10
ID:gA6KNqAUO
モバマスSSです。アイドルのキャラ崩壊、作者の妄想、若干の流行遅れ等が含まれますのでご注意ください。
多分短いです。
ちひろ「蘭子ちゃんの言葉遣いに苦情が出た、ですか?」
モバP「ああいえ、苦情というほどのものでは。ただ、こないだの生放送の最中に、ご年配の方から『今テレビに映っている子はどこの国の人なんですか』って問い合わせが来たらしくて。それで局のお偉いさんから、蘭子の台詞に標準語の翻訳字幕を付けることを提案されたんです」
ちひろ「前々から蘭子ちゃんの言葉は難しいって良く言われてましたし、字幕は自然な発想ですね」
P「しかしながら、それには色々と問題が有りまして……」
ちひろ「と言いますと?」
P「字幕と言っても、訳せる人が居ないんですよ」
ちひろ「……? それはつまり、Pさんには忙しくてそんな時間が無い、ということですか? それなら他部署との連携でどうにかなる気がしますけど」
P「そうじゃなくて……とどのつまりですね」
P「ぶっちゃけ俺、普段蘭子が何言ってんのか、殆ど分かってないんですよ」
ちひろ「…………は?」
ちひろ「……え、えぇぇぇぇぇ!? Pさん、蘭子ちゃんと意思疎通出来てなかったんですか!?」
P「あはは……お恥ずかしながら」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
25:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/02/15(水)13:33:34.35
ID:7RYHkqY70
小鳥「プロデューサーさん、チョコです」
P「小鳥さん大好き!」
小鳥「えっ///も、もうプロデューサーさん、そんなこと言って…」
春香「プロデューサーさん、やっぱり小鳥さんのこと好きなんだ」
美希「小鳥、ハニーとお似合いなの。ミキも敵わないの」
伊織「もう、あんたたち結婚しちゃったら?」
小鳥「ほ、ほら…みんな誤解しちゃってるじゃないですか…」
P「誤解じゃないです」
小鳥「えっ…」
P「俺、前からずっと小鳥さんのこと…」
小鳥「プロデューサーさん////」
ちゅっちゅ
HAPPYEND

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆6QdCQg5S.DlH2018/02/18(日)16:26:45.15
ID:1j4emmIF0
前の
アナスタシア「雪女」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513498009/
よしのんとか、茄子さんとか、こずえちゃんとか、アーニャちゃんとか出ます。
寺生まれのPさんは出ません
2:
◆6QdCQg5S.DlH2018/02/18(日)16:27:20.03
ID:1j4emmIF0
アーニャ「カコ、付き合ってくれてスパシーバ……ありがとうございます」
茄子「いえいえー、これくらいならお安い御用ですよー♪」
茄子「……それにしてもたくさん買いましたね、アイス」
アーニャ「ンー、事務所は暑いですね」
アーニャ「だから。体を冷やすためにも、たくさん」
アーニャ「あの人もいくらでも使っていいっていってましたね?」
茄子「だからって、買いすぎだと思いますけど……」
アーニャ「その方が困りますね?」
茄子「あぁ、なるほど……ふふっ」
茄子「……ふぅ、ちょっと疲れちゃいました」
茄子「あそこで少し休憩してもいいですか」
アーニャ「ダー」

続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
薫「ねぇねぇ!せんせぇってロリコンなの?」モバP「」
1:
昨日の続きっす2013/01/31(木)10:31:19.56
ID:dAL0+pvH0
紗南編
ロリコン宣言後
モバP「な、なんでそんなこと急にいいんだすんだ!?」
紗南「あはは!別にそんなに動揺しなくてもいいよ!」
モバP「ど、動揺なんてしてなか!どうよ?あはははっ!!」
ちひろ(寒い…………)
紗南「まあ、Pさんがロリコンなのはいいや!ちなみにあたしは攻略不可キャラだからそこんとこよろしくね!」
モバP「ふっ!俺に不可能はない!お前なんてすぐ攻略してくれるわ!!小娘ェ!!」
早苗「声に出てるよ、キミ。シメる♪」
まゆ「うふふ、攻略ってなんのハナシですかぁ?プロデューサーさぁん……」
モバP「」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆o8JgrxS0gg2018/02/18(日)17:01:48.59
ID:uj61vYSp0
マリー「…」扇子パタパタ
押田「…」コポコポ
ガチャッ
安藤「はよざーっす」
マリー「おはよう、安藤」
押田「ああ、おはよう」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆BRZinuuIIfwI2018/02/19(月)00:42:55.73
ID:Iy4pxdkG0
【超ビーチバレー撮影現場の砂浜】
風花「私が超ビーチバレーのキング役…。」
風花「そんな大役ができるか分からないけれど、選ばれたからには頑張らないと!」
ドォォォォォォォォン!!!!!
風花「えっ?何かしら…今、向こうからすごい音がしたような?」
海美「くぅ??!!きっもちいいねーー!!」
紗代子「いいよいいよ!もう一球いこうか!」ポイッ
海美「どぉぉぉぉぉりゃぁぁ!!!」ズドォォォォン!!!!
紗代子「うん!!良い球キテるよ!!」
風花「……何あれ?」
奈緒「あれは海美のスーパースパイクや。」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2013/10/14(月)20:34:23
ID:uhVzY336
夕食後 女子寮ミーミカアニ部屋
今日もいつも通りの訓練だった。
のに、少し疲れた。
最近疲れが溜まっているのかもしれない。
ミカサ「次の休暇はいつだっただろう・・・」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆NtxTVv4ssokL2018/02/18(日)22:48:24.29
ID:MtJ59Ga0O
AM4:00
ペロの朝は早い。彼は4時に起床する。
ペロ「にゃぁ」ノビー
彼は起床後すぐにネコ伸びするのが日課である。
そして少しボーっとする。
ペロ「」ポケー
目が覚めてきたころにようやく人の姿になり、今日の予定の確認と軽めの仕事をこなす。
ペロ「」ペカー
謎の光に包まれるとペロは人の姿に変身する。見た目は20前後のさわやかな青年だ。
Pero(以降人の姿時P)「(さて、雪美ちゃんの起床時刻まで仕事をしようかな)」
P「(大きな音をたてたら雪美ちゃんが起きちゃうから、なるべく音を立てずに)」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/19(月)00:50:06.36
ID:z/ketX/n0
これはモバマスSSです
モバP(以下P)「という訳でこれから女子寮に突撃しようと思う」
塩見周子「はいはーい、そこだけだと完全な不審者でお巡りさんの御用だよ、プロデューサーさん」
P「そういう企画だから仕方ない。突撃アイドルの晩ごはんだからな」
周子「どっかで聞いたことのある番組企画だねー。で、どうすんのさ?」
P「まずここにうちのアイドルの名前が記された紙が入った箱があります」
周子「183人分あるから引きがいがあるね」
P「引いた紙に書かれたアイドルの部屋に突撃してその日の晩ごはんを見させてもらうことにします」
周子「あれ、でもうちのアイドルって別に全員女子寮に住んでないよね?」
P「まあそのときはそのアイドルの家に突撃する」
周子「わー、いきあたりばったり」
P「まあとりあえず引いてもらうかな。ほれ」
周子「どれどれ……えっと最初は」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆ErZIs1VBmo2015/08/29(土)01:13:35
ID:.jONwdBY
伊勢「この間ね、夕立ちゃんにある物を見せてもらったのよ」
伊勢「何でも艦娘の紹介サイト? みたいな所から引っ張って来たみたいなんだけど」
日向「どんな物だ?」
伊勢「えっと、これなんだけどさ……」
日向「どれどれ……」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/19(月)01:23:24.81
ID:0stnYipM0
加賀さんとのちょっと甘めな短めのSSです。時季外れです
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/19(月)01:25:03.73
ID:0stnYipM0
 少々騒がしい、横須賀鎮守府。
「提督、失礼します」
 そう言って、正規空母加賀が、執務室に入ってくる。
 しかし、そこに提督の姿は無い。
「…………」
 ざっと執務室を見回した加賀は、眉を顰めた後、執務用の机の後ろに回り込んだ。
「……提督、一体何をされているんですか?」
「いや、ペンを、落としてな」
 明らかに隠れていたのが見え見えだが、提督は表情を崩さずに机の下から出て来て、着衣を整える。
 もはやツッコむのも面倒な態度だった。
「提督……」
「さて、少し工廠を見てくるか。確か、大鳳の艤装を建造している途中だったな」
「隼鷹です」
「……何?」
「艤装の開発は失敗しました。代わりに隼鷹の艤装が出来ました」
「…………」
 表情は崩れていないが、明らかに落胆の様子が見て取れる。
 まあ、我が鎮守府の資源圧迫の原因は間違いなく彼女の建造にあるので、無理も無い。
「そうだ。確か金剛に茶会へ誘われていたんだ。行って……」
「断っておきました」
「えっ」
「提督はお忙しいので、本日は来れないとお伝えしておきました」
「…………」
 この人は……。
 加賀は内心で溜息を吐く。
 本人も分かっていてやっているのだから、そろそろ止めを刺してあげるべきか。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
4
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。