SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:YomiCom
<<
2018年04月
>>
620件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
4
>>
1:
◆R.U0lKL4q62014/06/23(月)03:21:04.37
ID:lj3eSKTrO
みほ『時は第二次世界大戦中。1994年、9月の出来事です』
みほ『ノルマンディー上陸作戦から3ヶ月を経てなおヨーロッパの地はアメリカとドイツの激しい戦闘のさなかにありました』
みほ『果敢に攻めるアメリカ軍の最前線で戦い続けるのは第35歩兵師団。これはそんな彼女たちの、とある……ヒーローたちの物語です』
2:
◆R.U0lKL4q62014/06/23(月)03:22:33.64
ID:lj3eSKTrO
・サンダース校とウサギさんチーム中心
・ナオミは二年ですが、らぶらぶ作戦などに準拠してケイにはタメ口。というかあまり年齢関係ないssですし
・タイトルで元ネタが分からない人にこそ楽しんでほしい
・基本ギャグですが悲しいけど戦争なので人死にネタもあります。苦手な人は注意してください
・このSSはフィクションであり実際の歴史、実際のガルパン本編、実際の戦略大作戦とは一切関係ありません

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/01/25(月)01:07:35.41
ID:GfxVVxHto
※きんいろモザイク×だがしかし クロスss
※ストーリーはきんいろモザイク寄り
※だがしかしの方はアニメしか観てないにわかです キャラがおかしかったらごめんなさい
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/01/25(月)01:09:43.14
ID:GfxVVxHto
陽子「なあカレン、私たちは海釣りに来たんだよな?」
カレン「そうデスね」
陽子「なのにさっきから歩いても歩いても、田んぼしか見えないのはどうしてなの?」
カレン「バス停を一つ手前で降りちゃったからデスね」
アリス「じゃあ、バス停で次のバスを待たなかったのはどうしてなの?」
カレン「ここが田舎町で、次のバスが2時間後だったからデスね」
綾「はぁ、だから今日は家でゆっくりしたいって言ったのよ……」
カレン「もう、みんなテンション低いデスよー! シノを見習うデース!」
忍「汗できらめく金髪……いくら見ても見飽きないです!」フフフ
陽子「金髪じゃなくて海が見たいよー! うみうみうみ!」
カレン「海が見えないなら空を見ればいいジャナイ!」
カレン「ほら! この突き抜けるようなさわやかな空!」
ドンヨリ
アリス「すっごい曇ってるんだけど」
綾「雨降りそうなんだけど」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/02/17(日)08:14:45.34
ID:9SXHZ/eC0
あかね「今日もわんこでぶんぶぶーん」
あかね「一億馬力でぎゅんぎゅぎゅーん」
あかね「お腹すいたなー」
あかね「今日はちょっと寝坊しちゃったからご飯食べる時間無さそうだなー……」
あかね「よっ、と!」カタン
あかね「でも、新聞配達楽しいなー」
あかね「空気も澄んでて気持ちいいしね、空腹に空気が美味しい!」
あかね「そろそろあおいちゃんの家だ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆y7KoWCuA1M2015/03/11(水)23:09:56.14
ID:nAzS9laSO
いろんな属性の提督でオムニバス形式
気が向いたらというか思いついたら投稿する短編
2:
◆y7KoWCuA1M2015/03/11(水)23:11:35.43
ID:nAzS9laSO
【女性提督】
女提督「ふんふ?ん♪」
那智「提督、ご機嫌だな」
女提督「え?そう?」
那智「あぁ、先日の憲兵の視察あたりから…」
女提督「け、憲兵!?」
那智「そういえば随分若い憲兵だったな」
女提督「あ、あいつとはなんでも無いの!別に付き合ってるとかそういうわけじゃ…」アタフタ

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします2015/03/10(火)21:23:07.86
ID:KJNNSSm00.net
---宇宙---
ナッパ「カカロットの奴戦力になるといいな。へへっ」
ベジータ「ふんっ。どうせ下級戦士だ。たいした戦力にはならんだろうがな。」
ナッパ「まぁいねえよりはましだろ。おっ!もうそろそろ地球につくぞ!」
---地球----
タンクトップタイガー「そして俺は言ってやったんですよ!ガオーって!」
タンクトップブラックホール「お前そればっかりじゃねえkドーーーーーーン!!!
タイガー「なにが起きたんだ!?!?」
ブラックホール「おい!だれか出てくるぞ!!」
ぷしゅー....

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆TOYOUsnVr.2018/04/28(土)00:00:09.37
ID:P0hJ5EgM0
昔、父に連れられ花畑に行ったことがある。
思えば、私が両親の仕事を強く誇りに思うようになったのは、あれからだったのだろう。
もちろん、それまでも両親の仕事は子供ながらに素敵なものだと思っていたし、うちの花を手にしたお客さんの笑顔を見るたび両親に憧れや尊敬の念を抱いていた。
けれど、やっぱり。
私が花屋という職業のなんたるかを意識したのも、両親の偉大さを思い知ったのも、たぶん父と花畑に行ったあの日からだ。
そんなことを、胸に抱えた花束を見て、思い出した。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/11/03(日)18:43:56.48
ID:UaE/NfDH0
小鳥「そういえばあんまりプロデューサーさんの私生活って知らないなって思いまして」
P「はぁ…といっても面白くないですよ?あんまり遊びにも行かないし」
小鳥「そうなんですか?」
P「まぁ…仕事が忙しいってのもありますし、帰って飯食って寝るだけですよ」
小鳥「むむむ…隠しますね」
P「いや、そんなわけでは…」
小鳥「じゃあ教えてくださいよ!し・せ・い・か・つ!」
高木「私もぜひ、知りたいものだねぇ」
P「社長!」
高木「アイドルの子たちのことはなにかと知る機会も多いが…プロデューサーである君のことはあまり知る機会がないからね」
小鳥「ですね」
P「たしかにそういわれてみればあんまり自分のことを話すときもないような気も…」
高木「………!ティンときたよ!小鳥君、君に密着取材を頼もう!」
小鳥「…へ?」
高木「なに!同じプロの仲間として、相手のことを知ることは大切なことだよ。君にはしばらく彼と共に過ごしてもらおうじゃないか」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/27(金)03:08:38.33
ID:6FtTvWVno
ぽかぽかとした春の日差しに照らされて私はゆっくりと目を開きました。
今日もあたたかくていい天気です。
きっといい日になりますね?。
今日はお仕事もお休みですし、公園へお散歩に行きましょう。
ひなたさんにリンゴを貰ったのでフルーツサンドがいいですかね?。
上手にできたらおすそわけしちゃいましょう。
そう思いながらぐっと伸びをしようとしたところで気づきました。
目の前に広がる風景はどう見ても私の部屋ではありません。
きょろきょろと周りを見渡すと、むしろ室内ですらありませんでした。
ここはどう見ても劇場の横を流れてる河川敷です。
何度もお散歩したところだから間違いありません。
私はそこに据えられているベンチで眠っていたようです。
おかしいですね?。
お散歩してる途中、ベンチでうとうとしちゃうことはよくありますが、
昨日はちゃんとおうちに帰ってベッドで眠ったはずです。
むむむ、なぜでしょう。
そう思っているとふとおかしなことに気が付きました。
いつもより視点が低いです。
なんだか景色の色合いもちょっと違う気がします。
自分の手を見てみるとふわふわの栗色の毛が生えた前足が見えました。
その前足を自分の頭に当てて、くしくしと頭をかくとピンと立った耳も生えています。
ぴょんとベンチから飛び降りて川に向かってとことこと歩きます。
前足と後足で歩くのは初めてですけど、あまり違和感なく歩けました。
そして、川べりに近づき水面に映る自分の姿を見てやっと理解できました。
栗色の毛並、淡いブルーの瞳、ちょっと丸まったしっぽ。
顔にはおひげが生えています。
ふるふると顔を振ると、水面に映る姿も一緒に動きます。
間違いないです。
私、ネコさんになってます。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/05/29(水)20:32:00.37
ID:f5rNmDzZ0
小鳥「ピヨ!?じゃあプロデューサーさんは今…ノーパン…」ゴクリ
P「ち、違います!!置いといたはずの替えのパンツがないんです!」
小鳥「うーん…なくしたんですかね?それともだれかが洗濯しているとか」
P「う、うちのアイドルは勝手に男のパンツを洗濯しません!」
小鳥「じゃあ律子さんか社長ですかね」
P「律子は忙しい身だし、第一あいつもまだ19ですからね。勝手に人のパンツ洗いませんよ。社長もするわけないし」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/31(月)01:12:10.99
ID:teSeKw+70
P「こんな時期に?」
小鳥「みんなのオフがなかなか重ならなかったので」
P「まあ確かに、忙しい時期ではありますしね」
小鳥「年末年始の特番も殆ど収録し終えましたし」
P「生放送以外は、かなり早いうちに収録しちゃいますしね」
小鳥「なので、少し遅くなりましたが忘年会を開催しようかと」
P「なるほど……まあそういうことなら、俺が幹事でもいいですよ」
小鳥「楽しみですねぇー……うふふっ、酔ったみんなはどんな感じになるのかしら」
P「おい音無」
小鳥「はい」
P「正座」
小鳥「はい」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆hQZtk7SBqo2018/04/29(日)00:26:07.21
ID:Mxf5EaKC0
春香「どーもー天海春香でーす」
千早「如月千早でーす!」
春香「2人合わせて」
千早「もうええわ!ありがとうございました」
春香「ちょっと待って!ちょっと待って!」
千早「…お兄さん?」
春香「いや微妙に古いよ!そうじゃなくて…まだ自己紹介しただけだから、勝手に終わらせないで!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/11(木)18:48:00.64
ID:4Hw67sIV0
憧(うわああぁー!ふとした拍子に変な声出ちゃった!)
憧(我ながら何よ、にゃって)
憧(恥ずかしい恥ずかしい)
憧(というか絶対シズにキモがられた……、よね)チラッ
穏乃「……」フイッ
憧(ガーン!露骨に目ぇそらされたー!?)
憧(そんなに引かれちゃったかな……)
穏乃(やばいやばいやばい!)
穏乃(さっきのが可愛すぎてまともに憧の顔が見れない!)

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/28(土)22:46:31.43
ID:xUlMQQKg0
・劇場の1082話を読んだ時にティン!と来たので。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/28(土)22:47:09.60
ID:xUlMQQKg0
《事務所》
愛海「南条氏はこうおっしゃった…“晶葉やユッコなら入れ替わりワンチャンいけるんじゃね?”と」
愛海「クラリス氏もおっしゃられた…“この事務所は可能性で満ち溢れている”と」
愛海「…まあ、そういうわけなのですよプロデューサー」クルッ
モバP(以下P)「無敵?♪フォルゴレ?♪」カタカタカタカタ
愛海「こらそこ、鼻唄しながら仕事するのを止めてこちらの話を聞きなさい」
P「仕事以上の価値を出してから口を開きなさい」カタカタカタカタ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆DAC.3Z2hLk2018/04/25(水)22:05:02.24
ID:kC+sKp3N0
 モバマスより鷹富士茄子と高垣楓のSSです。
 独自解釈、ファンタジー要素、一部アイドルの人外設定などありますためご注意ください。
 前作です↓
塩見周子「お狐さんって怖いものとかあんの?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1524576677/
 最初のです↓
小日向美穂「こひなたぬき」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1508431385/
2:
◆DAC.3Z2hLk2018/04/25(水)22:05:44.37
ID:kC+sKp3N0
茄子「超えますよ?♪」キャッキャ
楓「あら、超えられてしまうわ♪」ウフフ
P「何してんですか二人して」
楓「あらプロデューサー。いえね、茄子ちゃんが……」
茄子「今こそ私、楓さんを超えようと思いましてー」
P「超えるっつったって、何をもってそんなの決めるんです?」
茄子「そこなんですよねぇ」
P「ノープランかい」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/01/11(金)16:08:20.25
ID:vGGDcAyd0
アッシュフォード学園 屋上
スザク「ルルーシュ」
ルルーシュ「スザク。主役はメインステージにいてくれよ」
スザク「いや、みんな楽しんでいるようだから。……それに話したいことがあってさ」
ルルーシュ「なんだい?」
スザク「僕はね……ナイトオブワンになるつもりだ。ナイトオブワンの特権に好きなエリアを一つもらえるというのがある。……僕はこのエリアを、日本を貰うつもりだ」
スザク「僕は大切な友達と掛け替えの無い女性を失った……。これ以上、誰も失わないためにも力を手に入れる。だからもう、日本人にゼロは必要ないんだ」
ルルーシュ「ふぅん、間接統治か。保護領を目指して?」
スザク「答えはこの人に。―――来週、赴任される新総督だ」
ルルーシュ「ただの学生が総督と?」
スザク「……枢木です。はい、今、目の前に、はい……今、代わります」
ルルーシュ「困るんだけどなぁ、そんな偉い方なんかと―――」
『もしもし、お兄様?』
ルルーシュ「な……ぁ……!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/19(木)00:32:00.84
ID:cU6yQjIe0
仮面ライダーゴースト×ゲゲゲの鬼太郎
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/19(木)00:33:06.64
ID:cU6yQjIe0
俺は天空寺タケル!
18歳の誕生日に襲ってきた眼魔に倒され、紆余曲折あって生き返る事ができた
あれから、寺に舞い込んでくる不可思議減少の依頼が減ってきた
やっと平穏な日々が戻ってきた・・・はずだったんだけど

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/04/23(火)23:21:01.38
ID:6EPri0U20
真美「兄ちゃん」
P「んー?」
真美「今日お仕事が終わった後さ、買い物に行こうよ」
P「いいぞ、俺もちょうど買うものがあるんだ」
真美「ホント!?じゃあ亜美も一緒にいい?」
P「ああ。帰りに事務所に寄って拾ってやる」
真美「やったー」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Tn3qm05sjE2018/04/24(火)10:37:19.59
ID:sesaXU1m0
梨子「行ってきま?す」
梨子母「ちょっと待って、これ持っていきなさい」
梨子「ハンカチ…?もう持ってるよ?」
梨子母「テレビの占いのコーナーで9月生まれのラッキーカラーが白って言ってたのよ。だからコレ」
梨子「あぁそういう事…じゃあせっかくだしそっちを持っていこうかな」
梨子母「ちなみに9月生まれが1位だったから今日は何か良い事があるかもしれないわね」
梨子「ん?、あまり信じてはいないけどそうだったらいいね」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/07/03(火)22:54:41.50
ID:iHSgjAH00
小鳥「……んっ……」パチッ
小鳥「(あれ……?私……)」
小鳥「(たしか、事務所でプロデューサーさんと一緒に……)」
小鳥「(雪歩ちゃんが淹れてくれたお茶を一緒に飲んでて……)」
小鳥「うっ……二日酔い……?」クラッ
小鳥「とりあえずここは、事務所じゃないみたいね……」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/26(木)00:55:23.71
ID:raoBhJ2C0
真美「というわけで亜美カモン!」
亜美「なにがというわけでなのさ真美……」
真美「パッと舞ってガッとやって真美の首筋をチュっと吸うの!」
亜美「誰が?」
真美「亜美が」
亜美「なんで?」
真美「真美の首筋にキスマークを付けたいから!」
亜美「どうして付けたいのさ?」
真美「そりゃドッキリだよ!キスマークを付けた真美を、事務所の皆が見たらどう反応するか?ってね」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/26(木)02:06:08.66
ID:dG/uIixDO
※ウルトラマンジードのパロディネタです
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/26(木)02:07:12.33
ID:dG/uIixDO
 ドゴォォォォン!!
ブリュンヒルデ「あーっはっはっはっはっは!!」
 復活したウルトラアイドルブリュンヒルデにより
 宇宙は騒乱の渦中にあった
アキハ「よし……完成だ」
 戦いに終止符を打つため
 科学者でもあるウルトラアイドルアキハはアイドルカプセルを開発する
 カプセルにはアイドルたちの強大な力が宿っていた
 手のひらに収まるほどの大きさしかなかったが
 たった一つで戦局を覆すほどの可能性を秘めていた
ブリュンヒルデ「ハァッ!!」ゴォォッ!!
タクミ「ぐあぁぁっ!」
 しかし……

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/04/02(木)21:25:12.14
ID:yQxY8ROH0
ガルパンssです
それではどうぞ
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/04/02(木)21:25:39.03
ID:yQxY8ROH0
<県立大洗女子学園>
みほ「ここは私たちの通う大洗女子学園。
私たちは戦車道に勤しみながら今日も訓練を行う毎日です。
そんな私たちですが…
明日、かつて私が通っていた黒森峰女子との練習試合を申し込まれたのです。」
沙織「その対策として今日はゆかりんがある戦車の映画を私たちに観せたいんだって!」
華「一体何の映画でしょうか?」
麻子「どうでもいいが眠い…」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/16(月)02:09:41.49
ID:r8hy1OQx0
ようよし
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/16(月)02:10:54.38
ID:r8hy1OQx0
――3月17日・バス車内――
曜「ねえ善子ちゃん、私の誕生日って覚えてる?」
善子「え?、いつだったかしら」
曜「分からないの?」
善子「ええ、聞いたことはあると思うんだけど」
曜「ヒントはね、今日の日付と少し類似点があるんだよ」
善子「今日の日付ね……」
曜「どう、分かるかな?」
善子「……もしかして、4月17日かしら」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/20(金)19:05:47.24
ID:/opFD9MOO
楽屋・ライブ出番2時間前
みちる「お腹空きましたね」
ほたる「空きましたね……」
美由紀「空きましたねー」
みちる「机の上にはサンドイッチ」
美由紀「みゆきカツサンドね!」
ほたる「では私はハムレタスを……」
みちる「じゃあ私は牛丼の出前頼みます!」
美由紀「えぇっズルい!じゃあみゆきピザ!ピザ食べたい!!」
ほたる「お二人ともがっつり食べる気満々ですね」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/10/28(水)00:59:37.65
ID:iHsws6qc0
提督の死体が執務室に横たわっている。頭から血が流れ出したことによる失血死。うつぶせた死体の傍らには角を血で赤く汚した「ドッキリ成功!」と赤文字で記されたプラカードが投げやりに転がっていた。
誰が見てもその死の原因は「ドッキリ」にあることは明白であった。提督は「ドッキリ」により死んだのだった。
猩々緋の絨毯を黒く染めた死体は、書類がきちんとまとめられた書斎机の正面でいかにも死体的に両手を上げて突っ伏し指先を力なく丸めていた。花火を見るため夏に改装した大窓は縦滑り式に少しだけ開けられており、そこからふかまった秋の冷たい朝風が室内のフラワーアレンジメントを幽かに揺らしている。朝日が水平線から線的に延びて波頭によって破片のように散らされていた。
整然と日常的秩序を伴う部屋は提督の死を演出するにはふさわしくなかった。もしくは、日常的執務室を演出するには提督の死体という調度品はそぐわなかった。死体と現場は相互にどっちつかずと足を引っ張り合っている。
ダズル迷彩の艤装を扉にぶつけないよう注意しながら入室した榛名は困惑した。彼女の日常の始まり方には二種類あった。一つは執務室に提督がいる場合と、もう一つは執務室に提督がいない場合であり、前者なら提督の指示に従い執務を行い始め、一日が進行していく。
後者、つまり提督が不在の場合、日常の始まり方は謎だった。そこは榛名自身にも知るよしもない暗闇だった。事情はもしかしたら冬眠するクマやカエルにとって冬が存在しないように仮死によって己の時間を停止して再び己を生き返らす機会をうかがっているということかもしれなかった。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします2016/01/18(月)19:56:26.61
ID:yEpeIoyN0
トウ「いくぜココナツ! 手を離すタイミングを合わせろよ!!」
ココノツ「うん!」
トウ「せーの!!」 ダッシュ!!
ココノツ「いまだ!!」 パッ
ガガガガガッ!!
ココノツ「豆くん、待って!! すごい地面擦ってる!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/08/19(日)17:48:13.76
ID:f28iS5490
真「エリオ、お前なにしてんだ?」
エリオ「イトコ、これはVIP」
真「……そうか」
うんうんと可愛く頷くエリオ
エリオ「今、私が建てたスレッドに荒しが来てる。恐らくコミュニケーション障害」
真「……へー。俺ちょっと出かけてくるな」
エリオ「……!?い、イトコ……。た、叩いていい」
真「……叩く?」
エリオ「……イトコの持ってる携帯で第三者の立場から、このコミュ障を叩く」
真「あの、エリオさん……よく解らないんですが」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/04/15(月)00:12:12.70
ID:sKI/RGbi0
P「あれ?冷蔵庫に入れておいたおにぎりがないぞ?」
美希「あれ?プロデューサーなにしてるの?」モグモグ
P「…美希、俺の昼飯食べたな?」
美希「あ、このおにぎりプロデューサーのだったんだー」モグモグ
P「まったく、仕方のないやつだなぁ」
美希「今度からは気をつけるのー」モグモグ
P「っと、そろそろ営業行かないとな」
美希「いってらっしゃーい」モグモグ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/02/12(火)20:18:21.64
ID:jUGQhc6l0
?昼休み
わかば「待って!一色ももさん!」
もも「あなたはたしか…」
もも「三枝わかばさんですよね?」
わかば「覚えててくれたのね!うれしいわ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/16(火)15:14:02.77
ID:hQ2n00mB0
──Pの家。
律子「zzz……」
小鳥「zzz……」
あずさ「zzz……」
貴音「zzz……」
全員が真っ裸で寝ている。いろいろと体液まみれ。
P「──どうしてこうなった?」
P「そう、あれはあずささんが──」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
4
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。