SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:YomiCom
<<
2018年07月
>>
772件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
4
>>
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/30(月)10:48:31.72
ID:tUd2A4zH0
「うーん未来への罰ゲームかぁ、なんにしちゃおっかなあ?」
翼の鼻歌まじりの弾んだ声と対照的に、私は「あはは、厳しいのはやめてよ」と苦笑した。
事の発端は数日前に遡る。
プロデューサーさんが考案した謎のゲームで翼に負け、罰ゲームとして翼のいうことを1つきくことになったのだ。
それはそれとして、駆け引きがあるゲームで翼に勝てる気がしないのはなぜだろう。
すっごく頭がいい! とは感じないんだけど、独特のカンであれよあれよという間に翼のペースに引きずりこまれてく。
うーん、悔しいなぁ。
ハッピーライフを目指しているくらいだから誰が嫌な思いや不幸になったりすることは言い出さないとは思う。
だけど翼ってけっこう思いつきで発言するからなー。突拍子のないことを言い出す可能性は捨てきれない。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆hAKnaa5i0.2017/08/13(日)16:28:13.40
ID:HhThHSZJ0
奈緒「罰ゲームは…『Pさんと添い寝』だぁ!?!?」
http://ex14.vip2ch.com/i/read/news4ssnip/1501769345/
加蓮「罰ゲームは…プロデューサーと新婚生活(仮)!?」
http://ex14.vip2ch.com/i/read/news4ssnip/1502375793/
の続編ですが、読んでいなくてもまったく問題ありません。
前作では奈緒・加蓮にプロデューサーとイチャイチャしてもらったので、今回は凛にイチャイチャしてもらいます。ただし子供の姿でです。それでは、またしばらくお付き合いお願いします。
いつものように下に柚も貼っておきます。
癒されろ。

15:
◆hAKnaa5i0.2017/08/13(日)16:43:29.78
ID:HqdSonjIO
(事務所。ババ抜き中)
ヒョイ。ぽいっ…
ヒョイ。ぽいっ…
加蓮「あーがり」
ぽいっ
凛「あー」
奈緒「凛が残るって珍しいな」
凛「最近、加蓮がポーカーフェイスを身に付けたのか。手強いんだ」
加蓮「ふふ。凛に罰ゲーム箱を引かせるために特訓したからねー」
奈緒「なんでババ抜きで特訓までしてんだよ…」
凛「加蓮って負けず嫌いだからね」
加蓮「何とでも言いたまえー♪ほらほら2人とも負けたら罰ゲームだよ♪」
奈緒「くそっ。負けないぞ、凛」
凛「勝てるものならどうぞ」(にたり)
奈緒「その不敵な笑みを崩してやるぜーっ!」
加蓮「負けフラグ立ってない?」
注:トランプで負けると『罰ゲーム箱』の中から1枚紙を取り出して実行するルールになっています。
罰ゲームはアイドルたちが『1人1枚』の制限で書いています。
このルールを利用して『プロデューサーとあんなことやこんなことをする』系の罰ゲームを書き込み、わざと負けようとするアイドルが後を絶ちません。

続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
モバP「この後一杯どうです?」ちひろ「そうですねぇ」
モバP「ちひろさん、仕事終わったら飲みに行きませんか?」
モバP「この後……」ちひろ「飲みのお誘いね、わかるわ」
ちひろ「プロデューサーさん、この後食事でもどうですか?」
モバP「今日は宅飲みの日ですね」ちひろ「はい」
モバP「ちひろさん、飲みに行きましょう」ちひろ「んー……」
1:
◆oWnR8nXtEo2013/11/20(水)21:41:19.77
ID:4b1ukAnco
P「嬉しいですねぇ、ノってくれて」
ちひろ「仕事とはいえ、場所が場所ですからね。多少の羽目も外したくなりますよ」
P「えぇ……良い場所ですよね。思わず仕事ってことを忘れてしまいそうになるくらい」
ちひろ「しかしまぁ……随分とお酒あるんですね」
P「どうせ大量に飲まれることになりますから。1人1缶まででもこの量ですよ」
ちひろ「ふふ。二日酔いなんて起こしたら大目玉ですね」
P「当たり前です」
ちひろ「プロデューサーさんは、普段穏やかなだけに怒ると怖いですからね」
P「色々溜め込んでるんですよ……俺も」
ちひろ「……まぁ、私で良ければ聞きますから」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆i/Ay6sgovU2016/03/29(火)23:23:40.61
ID:HFMjHWYZ0
橘ありす「さて、始まりました、新番組『リトル・マーチング・ファンド・ガールズ』。司会は橘ありすと」
佐城雪美「佐城雪美……です」ペコリ
ありす「続いて、ゲストの紹介になります。龍崎薫さん」
龍崎薫「はい!よろしくお願いしまー!」
ありす「福山舞さん」
福山舞「よろしくお願いしますっ」
雪美「古賀小春……さん」
古賀小春「よろしくお願いします?」
雪美「日下部若葉……さん(20)」
ありす「年齢は言わなくてもいいです」
日下部若葉「はいっ!!!」
ありす「うわぁ元気」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆i/Ay6sgovU2016/03/28(月)16:25:58.48
ID:CLLxG+pT0
前作
朋「DJ智絵里の」ほたる「お悩み相談ラジオ?」
2:
◆i/Ay6sgovU2016/03/28(月)16:26:35.19
ID:CLLxG+pT0
―――――事務所―――――
ガチャ
藤居朋「おはようございまーす」
緒方智絵里「おはようございますっ!」
朋「あ、智絵里ちゃん。今日のテレビの収録、よろしくね!」
智絵里「あ……、そのことなんですが……」
朋「?」
智絵里「スタッフさんが体調不良らしくて、延期になったと連絡が……」
朋「あら?……そうなんだ。でも、1人くらいならどうにかなりそうにも思えるんだけどな?」
智絵里「全員が」
朋「全員!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆e36QHfACtY2016/02/08(月)01:36:19.09
ID:E7M2iB/R0
・独自設定あり
・多少のキャラ崩壊あり
※前作を読んでおくとより一層物語を楽しめます(ステマ)
【ガルパンss】みほ「西住家の秘密?」まほ「そうだ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1454691608/
2:
◆e36QHfACtY2016/02/08(月)01:41:27.37
ID:E7M2iB/R0
ボコミュージアムに行ってから数日後
みほ「な、何かの間違いだよね......?」オロオロ
まほ「私もそれを願ったんだが......」オロオロ
まほ「あのお母様が、嘘をつくとは......」
みほ「た、確かに......」
まほ「......」
みほ「......」
まほ「私たち、お母様を怒らせるようなことしたかな......」シュン...
みほ「......二人そろってボコにされたの忘れたの?」
まほ「」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆i/Ay6sgovU2016/03/27(日)21:36:56.66
ID:8+qJmk2x0
読まなくても平気な前々作
橘ありす「柊さんは大人・・・・・・?」
前作
橘ありす「兵藤さんも大人・・・・・・?」
2:
◆i/Ay6sgovU2016/03/27(日)21:37:45.41
ID:8+qJmk2x0
―――――事務所―――――
高垣楓「勘違いなんです」
橘ありす「は?」
楓「まるで、事務所でお酒を真昼間から飲んでいるダメ人間に思われてるかもしれませんが」
ありす「じゃあこの一升瓶の中身はなんなんですか?」
楓「話を逸らしちゃダメですよ」
ありす「逸れてません。まごうことなき一本道です」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆i/Ay6sgovU2016/03/26(土)21:40:55.57
ID:jJMu6ai40
―――――プロダクション内・晶葉ラボ―――――
池袋晶葉「もしもし、ああ、私だ。完成したぞ」
晶葉「ああ……、確かに。だが、もう一度確認するが……」
晶葉「“アロマディフューザー”を“20個”でいいんだな?ホントに?聞き間違いではなく?」
晶葉「まあ、それでいいならいいんだが……。いったいどういう意味が……?」
晶葉「ああ、ちひろに……。プレゼント……ということか?……なるほど、蒸すのか」
晶葉「……」
晶葉「蒸す!?」
晶葉「い、いや、まあいいさ、時間を見つけて取りに来てくれ」
晶葉「では切るぞ……ああ、気にするな……お疲れ様」
ガチャ
晶葉「???」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆xedeaV4uNo2015/12/26(土)17:35:37.04
ID:5XBrIuKi0
・地の文+名札付き
・クリスマス向け
2:
◆xedeaV4uNo2015/12/26(土)17:36:30.67
ID:5XBrIuKi0
何かが変。それは目覚めた私が真っ先に感じたこと。
小さな違和感に付きまとわれながらも、その正体は分かっていなかった。
眠りの質が悪かったのかもしれないと推測しながら体を起こして異常に気づいた。
体が白い。というより人の形をしていない。腕もなくなっていて胸や胴が丸い雪玉のように見える。
ローマ「何これ……」
慌てて洗面台に向かう時には目線の高さも頭二つぐらい低くなってるのに気づいた。
そして鏡に映る私はまるでpupazzodineveに……いや、頭と体の二段式だから日本式に雪だるまと呼んだほうがいいのか。
ローマ「なんなの、この姿は」
眼鏡はすでにかかっていて記号的な見た目になっているけど、この雪だるまは私だとすぐに分かる。
ローマ「ちっくしょう……どんな悪夢なの」
本当に悪夢としか形容できない。
さっさと覚めてほしい。明晰夢なのか意識がはっきりしすぎてて夢っぽさがないけど。
いくら私が艦娘だからって、いきなり雪だるまになってるなんて話が現実なんて考えたくない。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆i/Ay6sgovU2016/03/23(水)14:03:10.06
ID:OZKMFkUj0
前作
橘ありす「勇者フレデリカ?」
2:
◆i/Ay6sgovU2016/03/23(水)14:04:00.04
ID:OZKMFkUj0
―――――事務所―――――
ガチャ
橘ありす「おはようございま……ってあれ、誰もいませんね……」
ありす(タブレットでもいじって……)
ありす(いや、たまには雑誌でも読んでみましょうか)
ありす(いろいろな雑誌がこの部屋にはありますし)キョロキョロ
ありす(えっと……ファッション誌……これはきらりさんの好きなブランドですね、私には合いません……。“月刊メガネ”……、“キグルミの世界”……、“今、この植木鉢が熱い!”……、“BBQの全て”……)
ありす(なんですかこのピーキーな品揃え)

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆i/Ay6sgovU2016/03/21(月)19:23:39.50
ID:YEu02TvIO
「ふう……。今日もレッスン、疲れたな……」
ベッドの上で横になりながら、黒髪の少女は呟く。
「アイドル……かぁ……」
 まるで他人事のような言い方は、当然、自分の状況に向けられたものだ。
そしてその口調からは、自分の飛び込んだ環境への戸惑いが滲み浮かんでいる。
「明日も頑張ろう……」
 小さな声を残して眠りについたこの少女――小日向美穂――は、つい数日前まではただの、養成所に通う、アイドルを夢見る1人に過ぎなかった。

続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
モバP「この後一杯どうです?」ちひろ「そうですねぇ」
モバP「ちひろさん、仕事終わったら飲みに行きませんか?」
モバP「この後……」ちひろ「飲みのお誘いね、わかるわ」
ちひろ「プロデューサーさん、この後食事でもどうですか?」
モバP「今日は宅飲みの日ですね」ちひろ「はい」
1:
以下、新鯖からお送りいたします2013/09/16(月)15:16:37.71
ID:9AQUq7Oto
P「今日は予定でも?」
ちひろ「いえ、予定がある訳ではないんですが……」
ちひろ「最近酔ってプロデューサーさんに迷惑ばっかり掛けてますから、お酒は飲まないでおこうと思うんです」
P「ちひろさんがそう言うならそれでも」
P「ただ俺は迷惑なんてこれっぽっちも思っちゃいないですからね。気にしないで下さい」
ちひろ「酔った私を家までおんぶしてくれたのに、吐きましたよね。頭から」
ちひろ「しかも覚えてるのはそれしかないんです。すみません」
ちひろ「だけど他にももっと、もっと酷い事してるんだと思います」
P「あぁ、そういえば色々ありましたね」
P「でも酔ったら誰でもそうでしょう? 俺だって今までそんな経験が沢山ありましたし」
P「ま、やっぱり迷惑なんかじゃないって事です。それに酒を無理に我慢しようとしないで、量を減らすとかでいいんじゃないですか?」
ちひろ「……はい、ありがとうございます」
P「それじゃ早速行きましょうか。いつもの店に」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆i/Ay6sgovU2016/03/18(金)18:46:10.12
ID:VDmyO6fT0
―――――事務所―――――
ガチャ
若林智香「おはようございますっ」
姫川友紀「あ!おはよー!」
日野茜「おはようございます!!!」
智香「もう2人とも来てたんですねっ」
友紀「ううん!あたしたちもちょうど今」
茜「30分くらい前には着いてましたけど全然大丈夫ですよ!!!」
友紀「……」
智香「……」
友紀「……野球見てるとね、30分くらいあっという間に過ぎるからね、ホントに今来たと言っても過言ではなくて」
智香「別に友紀さん悪くないですけどね!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
モバP「この後一杯どうです?」ちひろ「そうですねぇ」
モバP「ちひろさん、仕事終わったら飲みに行きませんか?」
モバP「この後……」ちひろ「飲みのお誘いね、わかるわ」
ちひろ「プロデューサーさん、この後食事でもどうですか?」
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/08/04(日)21:59:38.81
ID:6n5Bpk7ao
P「……仕事終わります?」カタカタ
ちひろ「あと5分あれば」カタカタ
P「……」ガタガタガタガタ
ちひろ「そちらは終わらないんですね。キーボード壊しちゃ駄目ですよ」カタカタ
ちひろ「仕事なんだから仕方ないです。今日は無しということにしましょうか」カタカタ
P「面目無い……」カタカタ
ちひろ「もう、謝らないで下さいよ」カタカタ
P「あ、明日。明日なら必ず……」カタカタ
ちひろ「はい。楽しみにしてますね」カタカタ

続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
モバP「この後一杯どうです?」ちひろ「そうですねぇ」
モバP「ちひろさん、仕事終わったら飲みに行きませんか?」
モバP「この後……」ちひろ「飲みのお誘いね、わかるわ」
1:
◆oWnR8nXtEo2013/07/20(土)22:32:24.83
ID:tqMIPXECo
P「是非」
ちひろ「えーと……今回はお好み焼きなんか、ど、どうです?」
P「いいですね。お好み焼きは大好物ですよ」
ちひろ「そ、そうですか。良かったです……私もお好み焼きは好きなんですよ」
ちひろ「だから、どうかな、って」
P「そんなに遠慮しなくてもいいのに……」
ちひろ「嫌いだったらどうしよう、って思っただけですよ。それじゃ早速……」
P「あ、すみません。実はまだ仕事が残ってて……一時間後でいいですか?」
ちひろ「なるほど、分かりました。それじゃ駅前で待ち合わせしましょう」
P「一時間後に駅前、ですね。了解です」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/30(月)01:37:45.86
ID:2NXx1RPB0
アイドルマスターシンデレラガールズの二次創作。
ただ森久保と一緒に何人かのアイドルとご飯を食べるだけのお話です
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/30(月)01:38:20.62
ID:2NXx1RPB0
モバP(以下P表記)「ちひろさん、思うんですよ」
ちひろ「突然なんですか、こっちは次の限定SSRのためにせっせと白封筒作ってるんですけど」
P「うちのアイドルって軽すぎると思いません?」
ちひろ「まあそりゃアイドルなんですから皆頑張ってレッスンしてますから……」
P「と言う訳で手始めにこの机の下にいる森久保にもっと食わせようと思います」
乃々「なんかいきなりとんでもないこと言いだしたんですけど、何考えてるんですかこの人」
ちひろ「は、はあ……まあほどほどにしてあげてくださいね」
P「と言う訳で行くぞ、森久保ォ!」
乃々「む、むーりぃー……」ズルズル
夏樹「お、プロデューサーじゃん、どうしたんだ乃々を引きづって?」
P「森久保が軽すぎるからもっと飯を食わせようと思って。せっかくだしお前も来るか?勿論奢るぞ」
夏樹「お、マジでか。今月欲しい楽譜とCDが多かったから正直金欠なんだよね。じゃ、行くわ」
P「せっかくだし何が食いたい?何でもいいぞ」
夏樹「へえ、そうだね。やっぱこの前拓海と一緒に行った焼肉かな。金欠だと肉が物足りなくてね」
乃々「あうぅ……森久保の意思は無視ですか……」
P「よし、焼肉行くぞ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/30(月)00:34:50.78
ID:eJVpFBH20
 本作は自衛艦の艦娘化物です。一応シリーズの体を取っていますが、前作までとのつながりは一切合切ございません。
 7月30日に進水する新型イージス艦を巡って、重巡や高速戦艦やDDHがわちゃわちゃするお話です。
 話の性質上オリキャラが複数登場します。ご注意ください。
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/30(月)00:36:32.53
ID:eJVpFBH20
 長い暗闇を超えると、そこは居酒屋だった。
 何を言っているのかわからない? すまない、私もだ。
「いらっしゃ、あら! お久しぶりですね!」
 カウンターの奥から、和装の女性が顔を出した。私は戸惑いながらも挨拶をする。
「いえいえ、ご丁寧に。おかえりなさい。長い間、お勤めご苦労様でした」
 ど、どうも……。初めて会う方に労われるというのもおかしな気持ちだ。すると、女性は私の困惑を察したようだった。
「ああ。もしかして、まだ記憶が戻られていないんですね?」
 記憶喪失、なのだろうか、私は。
「仕方がありませんよ。戻ってこられた艦娘はいつもあなたのようになりますし。改めまして、私は鳳翔です。今はこのお店を間宮さんと一緒に取り仕切っていますが、70年ぐらい前までは、現役の空母をやっていました」
 そうだ思い出した。旧帝国海軍初の航空母艦、鳳翔。彼女がその鳳翔なのだ。なぜそんな方がここに……?
鳳翔「ここはですね、引退した艦娘が集う世界、なんですよ」
 ……あの世?
鳳翔「俗な言い方をしてしまえば」
 え、嘘。
 衝撃の事実が明かされ、頭が真っ白になる。すると、そんな脳味噌をゆすぶるような大声が轟いた。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/01/27(日)20:12:55.42
ID:6hkhAeGD0
――姫松勢、愛宕家にお泊まりちゅう
漫「いやー、おいしかった!」
由子「絹ちゃんお料理上手なのよー」
絹恵「えへへ」
恭子「お、カレンダーに『ほっかいどう』って書いてありますね、字がウキウキしとる」
洋榎「ああ、今日からの千里山の合宿めっちゃ楽しみにしとったみたいや、うちのオカン」
恭子「その下の『おとまり!』って字もウキウキしとりますけど」
洋榎「え、あ、いや、それはべつにそういうんちゃうから…」
絹恵「あはは、お姉ちゃんもめっちゃ楽しみそうにしてましたよ」
洋榎「ばっ…!?」
恭子「へえーかわいい」
漫「かわいい!」
由子「かわいいのよー洋榎」
洋榎「や、やめや!この話やめっ!」
絹恵「あはははは」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/29(日)22:42:20.32
ID:FyTUkmFf0
響「事務所の手前まで来て、今日と明日のスケジュールを見間違えてることに気づいたぞ…」
響「完璧な自分らしからぬミスだぞ!」
響「…せっかく来ちゃったんだし、一日事務所でのんびり皆の様子でも観察しようかな!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆CR8fnXmxUyll2018/07/29(日)21:57:30.00
ID:y5xMEGGg0
デレマスSS
一ノ瀬志希の話です。
2:
◆CR8fnXmxUyll2018/07/29(日)21:59:53.71
ID:y5xMEGGg0

5:
◆CR8fnXmxUyll2018/07/29(日)22:40:32.07
ID:y5xMEGGgo
窓の向こうを眺めている。
列車の車窓から外を眺めている。
見渡す限りの闇というキャンバスに散りばめられた星々の輝き。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆6QdCQg5S.DlH2018/07/29(日)21:38:10.30
ID:C7z+xfqY0
シュガー「うー……ねぇ、ソルト。あつくない?」
ソルト「暑いですね」
シュガー「だよねー……」
シュガー「うー……」
シュガー「あーつーいー!」
ソルト「……うるさいです」
シュガー「だって暑いんだもん!」
ソルト「そんなのソルトだって同じです」
ソルト「静かにしていてください」
シュガー「こんなに暑いんだからむーりー!」
シュガー「ねーねー、どっかに涼みに行こうよー」
ソルト「仕事中ですから行けません」
シュガー「じゃあ、涼しいところで仕事しよっ!」
ソルト「……どこですか、それ」
シュガー「えっ、んー……あっ、川とか!」
ソルト「書類が濡れてしまいます」
シュガー「うっ、そっかー……」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆hAKnaa5i0.2017/08/10(木)23:36:34.23
ID:mkQsACVu0
前作はこちらです。
奈緒「罰ゲームは…『Pさんと添い寝』だぁ!?!?」
http://ex14.vip2ch.com/i/read/news4ssnip/1501769345/
凛「私がプロデューサーに全力で甘える日?」
http://ex14.vip2ch.com/i/read/news4ssnip/1502323068/
前作は奈緒にイチャイチャしてもらったので、今回は加蓮にイチャイチャしてもらいます。誕生日を迎えた凛がイチャイチャするSSもありますのでよろしければこちらもどうぞ。
では書き始めます。
2:
◆hAKnaa5i0.2017/08/10(木)23:38:26.30
ID:mkQsACVu0
(事務所。夕方。ババ抜き中)
ヒョイ…ぽいっ
ヒョイ…ぽいっ
凛「あがりだね」
加蓮「あちゃー」
奈緒「まった加蓮と一騎打ちかよ…」
加蓮「しかも、どうせ私が勝つんだよねぇ」
奈緒「いや。今回は勝ちを譲るつもりはないぞっ!」
加蓮「え?わざと負けて『罰ゲーム』でプロデューサーとイチャイチャしたいんじゃないの?」
奈緒「な、な、なわけ…ないだろっ!」
凛「動揺しすぎだよ…」
注:トランプで負けると『罰ゲーム箱』の中から1枚紙を取り出して実行するルールになっています。
罰ゲームはアイドルたちが『1人1枚』の制限で書いています。
このルールを利用して『プロデューサーとあんなことやこんなことをする』系の罰ゲームを書き込み、わざと負けようとするアイドルが後を絶ちません。
詳しくは以下の過去作品より。
奈緒「罰ゲームは…『Pさんと添い寝』だぁ!?!?」
http://ex14.vip2ch.com/i/read/news4ssnip/1501769345/

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/29(日)21:29:08.64
ID:WeynZiL80
お天道様がやる気を出し過ぎている中でのイベントを終えてから、美味しーご飯を食べて、ちょっと観光させてもらって
さて、後はゆっくり眠るだけってことになって、宿泊予定のホテルに向かった
プロデューサーさんがフロントに行ってるので、あたしは暢気にスマホで時間つぶし
最近はまっているスマホのゲームをしていると、大きな声が聞こえた
「はぁ!?」
わ、びっくりした
スマホをしまってプロデューサーさんを見てみると、なにやら焦ったような表情

続きを読む

[ 閉じる ]
3:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/07/22(金)18:28:48.21
ID:7R+KYnGT0
紅莉栖「ラボメンは可愛い女子ばかりなのに手を出そうともしない」
紅莉栖「私も一応、見れない容姿では……ないわよね」
紅莉栖「なのにいつも橋田とばかりつるんでいる……」
紅莉栖「やっぱりホ……いえ!それはだめだわ!」
紅莉栖「お、岡部が私に興味ないのは困る……じゃなくて!現実で男同士とかラボの風紀が乱れる!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆K7qLUv4H.Lbp2018/07/29(日)11:51:36.28
ID:aEFM/3iDO
千枝「それじゃあ、最後の一曲です!」
ありす「L.M.B.Gで」
桃華「『お願いシンデレラ』ですわ!」
ワーワーワー
ガチャ
梨沙「ふぅ、暑かったわね」
薫「でも薫、もう一曲歌いたいー!」
仁奈「仁奈も仁奈もっ!」
ガチャ
晴「うーっす、お疲れ」
千枝「あ、晴ちゃんお疲れ様です」
梨沙「ありがとうね。急に出てもらって」
晴「いいってことよ。由愛と誰だっけ?13歳オンリーでイベントがあるからって抜けたのは」
舞「麗奈さんとくるみさんですね」
ありす「とりあえず着替えましょうか。衣裳がべたついて気持ち悪いですし」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆hAKnaa5i0.2017/08/09(水)19:22:56.56
ID:uBLgtiIn0
ボンッ!
志希「イェーイ♪『ドナレナクナール(怒鳴れなくなる)』が完成したよ?♪」
P「フゥー!グレイトベリーナイス!!」
P「さて、いつものように聞こう。それは一体どんな薬なんだい?」
志希「よくぞ聞いてくれました?♪」
志希「『怒鳴る』ーーーだけじゃないけどさ、私たちって大きな声を出すと『!』が語尾に付くでしょ?」
P「付きますねぇ」
志希「しかし、この薬を飲んだ人は『!』が消えます」
P「ほほう」
志希「さらに。オプションとして『///』が付きまーす♪」
P「うん。それはちょっとよくわからない」
志希「例えば、『ファイトー!いっぱーつ!!』って叫ぶとするじゃない」
P「うん」
志希「この薬を飲んだ人は叫ぼうとすると『脇腹をくすぐられて』『耳元を誰かに舐められたようなカンジ』になりまして」
志希「『ファイト…///いっぱーつ…///』」
志希「って、なるわけさ♪」
志希「つまり。声がかすれて、身体に力が入らなくなるのです」
P「…素晴らしい。いままでのどの薬よりも素晴らしい。何よりエロい」
志希「にゃはは?♪でっしょ?♪」
志希「ちなみに薬の効果が現れるたびに『くすぐったさ』やら『恥ずかしさ』も感じるから、ポーカーフェイスでなければ赤面もします」
P「ブラボー。ワンダフォー。おまけまでパーフェクトかよ」
志希「はい。じゃ、液体タイプのあげるから。適当な飲み物にでも入れて使ってみてよ♪」
P「Yeah。覚悟しておけよアイドルたち」
志希「レッツゴー♪」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/29(日)02:09:36.81
ID:4cKscBe70
※タイトル詐欺です。その上凄まじく短い短編です。
モバP「流行ってるじゃないですか?」
ちひろ「そんなものが流行ってる世界は早々に滅ぶべきでは?」
モバP「まぁ概ね同意ですけど……あのですね。俺が言いたいのはですね」
ちひろ「アイドルに頼まないでくださいよ?」
モバP「嫌な顔してパンツ見せられるよりは笑顔で水着見せてもらった方いいなって」
ちひろ「何言ってるんですか?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/29(日)17:35:10.80
ID:EdTZBSwBO
大吾「監督www俺ピッチャーやりたいwww」
田代「大吾、お前の肩じゃピッチャーは無理だ。」
大吾「大丈夫ですwww成長期なんでwww」
田代「この前テストした時、正直試合に出られるレベルじゃなかったぞ。」
大吾「俺の可能性をwww信じてくださいwww」
田代「・・・・・・分かった、また今度テストしよう・・・。」
大吾「あざっすwwwwww」

続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
モバP「この後一杯どうです?」ちひろ「そうですねぇ」
モバP「ちひろさん、仕事終わったら飲みに行きませんか?」
1:
◆oWnR8nXtEo2013/07/14(日)16:46:53.28
ID:v8hL3Ryeo
P「……ちょっと似過ぎでしょ」カタカタ
ちひろ「ふふっ、ありがとうございます」カタカタ
P「それで、どうでしょう?」カタカタ
ちひろ「勿論OKですよ」カタカタ
P「よし」カタカタ
ちひろ「……そういえば今日はCoお姉さま方が暇してるんじゃないですか?」カタカタ
P「誘いませんよ。相手はアイドルですし」カタカタ
P「男とサシ飲みするのは抵抗ありますか?」カタカタ
ちひろ「試したんですよ。プロデューサーさんの目的を」カタカタ
P「ちひろさんとサシ飲み希望です。裏なんてありませんからね」カタカタ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/20(金)00:34:49.13
ID:YtVfSiI80
ナレーション(以下N)「皆さんこんにちは!毎度お馴染みナレーションです」
N「今日はいつもの日向家を離れ、学園艦という船の上からお送りします」
N「いや?学校や町が船の上にあるなんて凄いですね?」
N「え?宇宙人がいるのに今更?それは後でわかりますよ」
N「本日はその一角にある秋山家からお送りします」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
4
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。