SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:YomiCom
<<
2018年02月
>>
429件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
4
5
>>
1:
◆y6uYTky2xI2018/02/19(月)02:31:25.32
ID:mdUZ7nFR0
所恵美「いやだ。この先へは行かせない、行かせられない」
2:
◆y6uYTky2xI2018/02/19(月)02:32:05.59
ID:mdUZ7nFR0
琴葉「どうして、って聞いても無駄よね」
恵美「分かってるじゃん」
琴葉「恵美は優しいもんね。今だって私のためにやってるんでしょ」
恵美「私が絶対に譲らないのは仲間の危険を止める時とファミレスのクーポン券だけだよ」
琴葉「ふふっ、何それ」
恵美「ここで琴葉を止めたら、エレナも呼んでまたファミレスに行く予定だから」
琴葉「それなら私はパスね。恵美を殺してでも私はその先へ行く」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/01/29(火)20:35:36.61
ID:WTBl4kY40
モバP「な、な、何をバカなことをい、言ってりゅんだらった!」
舞「おはようございます♪あれ?薫ちゃんとプロデューサーさん何の話してるんですか?」
千枝「おはようございますっ!あのあのっ!千枝も気になります!」
雪美「私も……少し気になる………」
薫「ねぇねぇ!せんせぇってば!」
モバP「」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん2018/02/18(日)21:07:49
ID:Xnr
ベジータ「この世界、どこかおかしいと思わんか?」
悟空「なんだぁ?ベジータ。お前、何言ってんだよ?」
ベジータ「できすぎているんだ。何もかも」
悟空「できすぎてるぅ?」
ベジータ「そうだ。俺達の戦いを思い返してみろ。まるで計算されてきたかのようだと思わんか?」
悟空「オラ、よくわかんねぇけど・・・」
ベジータ「俺達が強い奴を倒せばまた新しい奴が現れる」
悟空「そ、そりゃあ、たまたまじゃねぇんか」
ベジータ「俺達が戦うときもそうだ。まるで計算されてるかのように強い奴から強い奴にバトンタッチして、敵もそれに合わせたかのようにパワーアップしやがる」
悟空「ベジータ、おめぇ考えすぎだって。たまたまだろぉ」
ベジータ「誰かが俺達にわざとそうやって敵を仕向けてるようにしか思えん」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2014/02/25(火)10:53:39.29
ID:dHC+QVWZ0
響「うーん…せっかくのオフなのにスッキリしない目覚め…」
響「あんまり食欲ないし朝ごはん食べなくてもいいかな…」
ジュイ!
響「ん?どうしたハム蔵?…体温計?」
響「んっ…しょっ」モゾモゾ
響「………」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
関連SS
P「平成ライダーとか(笑)」
春香「仮面ライダーって寂しいね」
真「仮面ライダーも楽じゃないよ」
2:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/21(金)22:04:07.52
ID:yQC75F8C0
お詫び
前スレ真「仮面ライダーも楽じゃないよ」において、マコトをシンと誤解した方が多数いたようです。
お詫びした後、アマゾンに大切断されようと思います。
というわけでラスト。さる怖いから良ければ適当にライダー雑談でもしててください。
3:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/21(金)22:08:34.08
ID:yQC75F8C0
P「律子ー、戸締りはー?」
律子「大丈夫です。鼠一匹入れませんよ」
小鳥「こっちもオッケーです。さ、帰りましょうか」
P「はぁー、しっかしここまで厳重にやらなきゃならないかねぇ」
律子「一応事務所ですから。人材が一番重要とはいえ、しっかりしておくに越したことはないですよ」
P「いや、でもさぁ。俺っておおらかな郷育ちだから、こういうの何か嫌なんだよなぁ」
小鳥「仕方ないですよ。ほら、最近は……」
P「わかってますよ。物騒な世の中になったもんだなぁなんて、自分が言うと思いませんでいた」
律子「そうだ、ちゃんとみんなに帰宅報告徹底させてますか?」
P「やってるやってる。美希なんかめんどくさがってたけどな」
律子「……最近の事件の多さ、本当に悪の組織でも暗躍してるんじゃないかと思っちゃいますね」
小鳥「ショッカー?ゲルショッカー?GODですか!?」
律子「はいはい、どれでもいいんですけどね。だって、奇妙じゃないですか」
P「確かにな。誘拐が増えたとはいえ、大抵被害者は救助されてる。それから、テロなんじゃないかって噂されてる事もあるな」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/08/19(月)20:51:58.11
ID:VD1UsMBW0
菫「照お前の家は反対だぞ?」
照「知ってる」
菫「……」
照「……」
菫「じゃあついてくるなよ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/18(日)02:19:04.97
ID:8TrM465p0
谷風「また会ったねぇ、谷風さんだ」
谷風「『初心忘るべからず』って言葉は誰しも知ってるが、この初心ってのは芸事の世界じゃあ、三つの経験を得た時の心持ちを指すんだと」
谷風「まず一つ目、物事を始めたばかりの未熟な頃の経験」
新人提督「今日から着任だ……ってなんだこのwikiの量、これ全部覚えんの?」
谷風「二つ目は節目節目で新しい境地に進んだ時の経験」
中堅提督「今回のイベントしんどかったなー……札のやり繰りとかよくわからんし、次からは丙でええやろ」
谷風「それから三つ目に、老後を迎えてなお初めての学びに相対した経験」
熟練提督「新型カットイン……? めんどくせー、いつもの装備でごり押しでいったろ」
谷風「いつの経験であれ、その時の気持ちを覚えておけば後で必ず役に立つ、って事だぁね」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/18(日)20:19:15.28
ID:29DT7ED70
コナン「死ぬまでに一度はしてみたいことってあるか?」
灰原「どうしたのよ急にそんなこと言い出して」
コナン「いや、なんかオレの周りって殺人事件ばかり起きるだろ?」
コナン「なんか人がバタバタと死んでいくのを見てるとさ、オレもいつ死んでもおかしくねーなって、、」
灰原「そうね」
コナン「だからせめて死ぬ前にさ、一度はしてみたいことって何かあるかなーとふと思ってさ」
灰原「そう」
コナン(オレはやっぱり、いつか蘭とちゃんと付き合って、そして結婚して、、くふふ)
灰原「どうせあなたはあの彼女と付き合って、結婚したいとか考えているんでしょ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/05/05(土)14:44:27.71
ID:GTWTfwCZ0
ルルーシュ「なに?」
ジェレミア「お見合いです。結婚を前提とした―――」
ルルーシュ「意味は知っている。唐突にどうした?」
ジェレミア「いえ。私も明日への希望が欲しいのです」
ルルーシュ「希望?」
ジェレミア「はい。ルルーシュ様が戦争の前線に立つ以上は、万が一のことも考えなくてはなりません」
ルルーシュ「確かにな……」
ジェレミア「もしも!!ルルーシュ様が子種の一つも残せぬまま爆散してしまったときが、怖いのです!!!」
ジェレミア「私は!!私は仕える主君を失ってしまうのですぅ!!!ルルーシュさまぁ!!!!うおぉぉぉ!!!!」
ルルーシュ「……それで、お見合いか」
ジェレミア「はい」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/17(土)14:29:02.36
ID:WQW7LuH70
比叡がメインのちょっぴり甘めの短いSSです
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/17(土)14:30:16.58
ID:WQW7LuH70
 ここは鎮守府。の、執務室。
「失礼します!」
「んっ、入れ」
 元気の良い声と共に、一人の戦艦がその執務室に入って来る。
「金剛型二番艦、比叡!司令の秘書業務に来ました!」
「ああ。御苦労。では、本日から頼むぞ」
「はい!気合い、入れて、行きます!」
 比叡は気合い十分にそう言って、早速机の上に置かれている書類を手に取った。
「司令!この書類はどこにしまうのでしょう!」
「それはまだ目の通してない書類だ。戻してくれ」
「あれぇ!?」
 アワアワと書類を元置いてあった場所に戻す比叡。それを見て、提督は幸先の悪さに溜息を一つ吐いた。
「比叡。こっちの書類の処理を頼む。やり方が分からない所があったらすぐに訊くように」
「わっかりました!お任せ下さい!」
 比叡はそう言って、書類を持って机に着く。
 比叡が秘書官業務に就くのは、実は初めてではない。以前にも僅かだが秘書を務めていた事があるのだ。
 期間にして約一ヵ月。その間、ざっととはいえ確かに秘書業務について説明はした、はずなのだが……。
「司令!出来ました!」
 書類業務を始めて二時間が経過した頃、比叡はそう言って書類を提督に渡した。
 提督も、業務の手を止めて書類を受け取った。
「……ふむ」
「どうです?」
「ここの計算が間違っているな。しかも、その後の書類も全部同じミスをしている」
「えぇ!?」
 提督は書類を比叡に渡す。比叡は書類を受け取ると、指摘された箇所を見直している。
「うぅん……。見直したつもりなんだけどなあ……」
「事実間違えている。修正しておくように」
「はーい……」
 その言葉に、比叡はうな垂れながら書類の修正作業に入った。

続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
P「平成ライダーとか(笑)」
春香「仮面ライダーって寂しいね」
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/20(木)00:24:51.89
ID:YzALlBVO0
お詫び
前スレ春香「仮面ライダーって寂しいね」において、二人のライダーの必殺技を「ダブルライダーキック」としましたが、
「ライダーダブルキック」の間違いでした。お詫びして訂正した後真さんに脊髄を抜かれてきます。
というわけでその続き
5:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/20(木)00:28:12.28
ID:YzALlBVO0
P「せまるーショッカー……地獄のぐーんーだん」カタカタ
律子「……」チラ
P「あーかーいあかーあいー……赤い仮面の……」グッタリ
律子「……はぁ」
P「せたーっぷ、せたーっぷ、せたーっぷ」カタカタ
律子「小鳥さん、プロデューサー、何かあったんですかね?」ヒソヒソ
小鳥「さぁ……ずっとああやって歌いながら仕事してますね……」ヒソヒソ
律子「仕事に支障が出てないならいいですけどね……」ヒソヒソ
小鳥「どうなんでしょう、というか何なんでしょう……」ヒソヒソ
P「おーおーぞらにきけー……おーれーのぉー名はぁー」カタカタ
小鳥(そして何故……ライダーメドレーなのか……)
P「つーぅっぱしーれー……そーらーをーとべー」カタカタ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆ossIyKFqYI2018/02/16(金)19:08:48.14
ID:MVtfKoBc0
短編です。
2:
◆ossIyKFqYI2018/02/16(金)19:14:34.58
ID:MVtfKoBc0
ーー菱山駅(京阪石山坂本線京阪石山駅)ーー
勇太「何か大津線の駅名が変わるらしい」
六花「そうなのか」
勇太「浜大津が…びわ湖浜大津、皇子山が…京阪大津京、坂本が坂本比叡山口…に変わります…」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
関連SS
P「平成ライダーとか(笑)」
2:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/18(火)21:15:25.09
ID:SID0xi3v0
春香「ライダァァァ……」ゴォォォォ
コブラ男「おのれ……おのれ仮面ライダー!!」
春香「キィーック!!」シュピィィィン
コブラ男「ぐわああああああああ!」
春香「……」スタッ
コブラ男「ぐ……ショッカーに、栄光……あ……」バタン
春香「ふぅ……」
春香(今日も勝てた……なんとか、だけど)ハァハァ
千早「春香っ!」タッ
春香「千早ちゃん」シュルン
千早「大丈夫?怪我は?」
春香「見える所には無いから大丈夫。ほら、私ドジだから。体の傷は転んだって言えばさ……」
千早「そうじゃないわよ!……そうじゃ、ないわよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/18(日)01:08:42.29
ID:4V8isxDZ0
キャラ崩壊注意
各アイドルにPが居る設定
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/18(日)01:09:18.29
ID:4V8isxDZ0
――後に千川ちひろはこう語る。
「確かに、どのアイドルも自分のPさんと仲が良くて、その内付き合う娘も出てくるんじゃないかな。とは思っていました」
「けれど、もし最初に付き合い始めたカップルが、別の娘だったらこうはならなかったでしょう」
「例えば凛ちゃんと凛Pさんが最初に付き合い始めていれば、他のアイドルは凛ちゃんに見習い、クールな素振りをしたでしょう」
「例えば楓さんと楓Pさんが最初に付き合い始めていれば、他のアイドルは楓さんに見習い、駄洒落の練習をしたでしょう」
「きっとどちらも大した効果はなく、事務所は平穏のままだったはずです」
「ああ。なのに、ああ。最初に付き合い始めたのが、まゆちゃんでさえなかったら――」
千川ちひろは、小さく涙を流した。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/17(土)23:36:28.95
ID:ZVR3o9iv0
みほ「(みんなへの日ごろのお礼にチョコレートを作ってみたんだけど……)」
ボコの形(?)のチョコ
みほ「あんまり上手くできなかったけど、輪郭はそれなりかな」
みほ「冷凍便で送ろっと」ツツミツツミ
こうして、傍からみれば"ハート型のチョコ"が完成したのだった。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2013/09/26(木)17:18:02
ID:HR08YUyQ
*エレアニ、アニエレ?になるかと思います。ネタバレとかあるかも
2:
以下、名無しが深夜にお送りします2013/09/26(木)17:19:18
ID:HR08YUyQ
アニ「…」ギュウ
エレン「…」ギュウ
アニ「ねえ…」
エレン「なんだよ?」
アニ「私達の関係ってさ…」
エレン「不思議だよな…」
アニ「恋人同士なわけ…?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆UEry/CPoDk2018/02/18(日)11:11:08.41
ID:BVSiYf2Z0
プロデューサー以外の男性描写がありますので、苦手な方はご遠慮下さいませ。
2:
◆UEry/CPoDk2018/02/18(日)11:12:47.79
ID:BVSiYf2Z0
莉緒「ちょっと姉さん、どういう事よ!」
このみ「何よいきなり。」
莉緒「こないだ貰ったアドバイスよ。あれ昨日の合コンでためしたら全然駄目だったわ!」
このみ「アドバイスってあれのこと?料理が出来る点をアピールしてみなさいって言った。」
莉緒「そうよ、皆感心するどころかドン引きだったわ。どうなってるのよ。」
あずさ「お料理の話でそんなふうになるものなのかしら。なんて言ったの?」
莉緒「ん?『得意料理は肉じゃがとひじきの煮物、あとはカボチャの煮付けや里芋の煮っころがしとかです』って。」
莉緒「一応言っとくけど、これでもちゃんと本当に作れるわよ。練習したからね。」
あずさ「えっと、いくらなんでもそれは…」
莉緒「どうして?男の人ってこういうのが好きなんでしょ。」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/08/28(金)20:31:24.01
ID:Q66100xI0
浜風「駆逐艦浜風、これより秘書艦の任に就きます!」
提督「うむ。今日一日、俺のサポートをよろしく頼むな」
浜風「はい! 秘書艦としての業務、そして提督の身を全力でお守りいたします!!」
提督「ははははっ、やる気があるのは結構だが、俺の護衛とかは気にしなくていいんだぞ?」
提督「深海棲艦も流石に鎮守府まで襲って来ないからな」
浜風「お言葉ですが提督、それは慢心というものです」

続きを読む

[ 閉じる ]
6:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/14(金)00:39:22.01
ID:EJs/L7p/0
春香「おはようございまーす!今日も一日、よろしく……おねが……」
P「ライダーキィィィック!」シュバッ
小鳥「必殺!俺の必殺技!」グオッ
春香「なっ、何やってるんですかふたりとも!」
P「ムッ!は、春香か……恥ずかしい所を見せたな……」
小鳥「はぁ、はぁ、はぁ……ほんと、落ち着いてくださいよプロデューサーさん、たかが……」
P「たかが!?たかがって言いましたか!?」
春香「ちょっと、本当に落ち着いてください!一体どうしたんですか?」
P「あ、ああ。いや、実はな……」
小鳥「プロデューサーさんが酷いんですよ!私が仮面ライダーが好きだって言ったら……」
春香「かめんらいだーですか?」
P「春香は知ってるか?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2014/02/25(火)15:55:07.81
ID:Khldiu0N0
ピリリリリリ…ピ
千早「ん…はい」
P『千早か?今どこにいる』
千早「…まだ自宅ですが…」
P『何やってんだ!今日は朝から収録だって言ってただろう?』
千早「え…ですがまだ時間は…5時…」チラ
P『もう7時だぞ』
千早「え!?」
P『はぁ…何にせよ急いでくれ、先方にはすこし遅れることを伝えておくから』
P『千早の家からなら事務所に来るより直接行ったほうが早いだろうからそのまま行ってくれ』
P『必要なものは持っていくから』
千早「は、はい…わかりました…すみませんでした」
P『ああ、出来るだけ早くな!だが怪我をしないように気をつけろよ』
千早「はい」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2014/02/24(月)17:35:45.42
ID:A+fdfDwL0
小鳥「雪歩ちゃんおはよう!」
雪歩「あっ小鳥さんおはようございますぅ!」
小鳥「それ真美ちゃんのお茶よね?」
雪歩「はい、あとで小鳥さんの分もいれますね」
小鳥「ありがとう雪歩ちゃん……ああーっ!! あそこにUFOがっ!!!」バッ
雪歩「ええええっ!? どこですかぁ!?」
小鳥「あのビルの横くらい、あーもう移動しちゃったかなー」スッ
謎の薬「サーッ!」
雪歩「あうう見えませんでしたぁ……それじゃ、真美ちゃんにお茶出してきますね」
小鳥「はいはーい」

続きを読む

[ 閉じる ]
3:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/12(金)03:04:06.49
ID:g2Thjw1R0
照「卒業までやる事がないので、運転免許取った」
照「ティン!そうだ、ラーメン食べに行こう!」
照「菫ェ!私、ちょっと長野寄って、福岡行って来る!」
菫「ラーメンか。夜中に突然食べたくなるよな。行ってらっしゃーい。…って、はっ!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/17(土)23:03:03.90
ID:b68/SpfWo
・モバマスSS
・遅ればせながらバレンタイン
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/17(土)23:04:48.85
ID:b68/SpfWo
晴「……うーっす」
幸子「あぁ晴さん、ってどうしたんですか浮かない顔して。それに今日は手荷物が多いみたいで」
晴「まーな……あのさ幸子、ちょっと相談に乗ってくれねぇ?」
幸子「ボクに? ははーん、さてはいよいよボクからカワイさの何たるかを学びに来たのですね!」
晴「今日、ってかバレンタインの事なんだけど……」
幸子「スルー!? ってそれよりバレンタインの事ですって!?!?」
晴「相変わらずリアクションいいよなー幸子」
幸子「芸人さんではありませんからね! じゃなくって、あの晴さんがバレンタインの事で相談とは……」
晴「何だよ、オレだって結構悩む時期なんだぞ?」
幸子「あ、いえ変な意味ではないんですが……てっきりこういったイベントに興味が無いものかと」
晴「興味は無いっちゃ無かったんだけどよ。で、聞いてもらえるか?」
幸子「もちろん! どんどんボクを頼ってくださいね、カワイイボクがすべてを解決してさしあげますとも」
晴「……ありがとな。早速だけど、1つ質問していい?」
幸子「えぇ、どうぞ」
幸子(とはいえバレンタインの事となれば、ボクに聞きたいことなんて1つしかないですよね。もしかして持ってる荷物の中にPさんへの……)
晴「幸子って今日さ――」
幸子「……」ゴクッ
晴「――チョコ、何個もらった?」
幸子「……うん? そっちですか!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/16(金)19:38:41.41
ID:if/41hFK0
※ほぼ地の分で構成されています。それでもいいという方お付き合いください
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/16(金)19:39:32.23
ID:if/41hFK0
 本日鎮守府。
「むむ……」
「姉さん、まだ?」
「待ちなさい響!んー……。これ!えー!?」
「それじゃあ……。こっちかな?はい、上がり」
 執務室では、第六駆逐艦隊によるババ抜きが行われていた。
「もー!響強過ぎ!一回も負けて無いじゃん!」
「姉さんはもう少し表情を変えない努力をするべきだね」
「響お姉ちゃん、強いのです……」
「一回も勝てないなんてねえ……」
 先程から響は一度も最下位を取らずにいた。
「司令官、こっちに来て手伝ってよ!」
「司令官さんも一緒にやるのです!」
「仕事はそろそろ一区切りじゃない?」
 暁、電、雷が、書類仕事をする提督に向かって言う。
「ババ抜きとはいえ、大人が入るのはどうかと思うが」
「司令官、逃げるのかい?」
「…………」
 挑発するような口調で言う響。
 さすがの提督も、ババ抜きで、しかも子供に挑発されて参加するのはどうかと思ったが。
「いいだろう。その挑発、乗ってやろう」
 書類仕事が面倒になって来た頃合いだったので乗る事にした。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/04/27(金)12:21:30.09
ID:bF3xxsMn0
ゼロ「ついに捕らえたぞ、コーネリア!!」
コーネリア「くっ……」
ゼロ「コーネリア、訊きたいことが色々あるが……」
コーネリア「ふん。私が口を割ると思っているか?」
ゼロ「いいや。お前からは聞きだせる情報などあまりないだろう」
コーネリア「殺すなら殺せ」
ゼロ「いいや。殺しはしない。貴様には陵辱の限りを尽くしてやる!!」
コーネリア「なに……!!貴様!?」
ゼロ「俺の質問には大声で返答しろっ!!」キィィン
コーネリア「わかった」
ゼロ「お前は処女か!!!?」
コーネリア「イエス!ユアハイネス!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆xW69XHZIXl2A2018/02/16(金)19:13:09.99
ID:pbTzMClr0
藤原「お父様がバレンタインでチョコを沢山貰っちゃって、学校のみんなで食べなさいって一つくれたんです」
藤原「なので、さっそくみんなで食べましょう♪」
白銀「ほう、チョコレートか。ちょうど糖分が欲しいと思っていた所だ。頂くとしようか」
かぐや「私は紅茶を入れますね」
白銀「ああ、ありがとう」
藤原「ふんふんふ?ん♪」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆LYNKFR8PTk2018/02/17(土)20:00:57.51
ID:6MhYHQXU0
学園長「ああ、君も知っているだろう。一ノ瀬学園の問題児……溝口誠くんを」
唯我「……はい」
唯我(溝口誠……自称喧嘩100段……)
唯我(今年で浪人10年目の28歳……)
唯我「その溝口が……何か?」
学園長「唯我くん……どうにかして……」
学園長「彼を卒業させてはくれないだろうか」
唯我「は?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/07/27(金)23:44:09.36
ID:nmO7UUUSO
――765プロ事務所
――AM13:40
やよい「うっうー!伊織ちゃん!私、負けないよ!」
伊織「へっ?」
やよい「伊織ちゃん、さっきプロデューサーにいい子いい子されてたよね?」フルフル、フルフル、
伊織「えっ?なんで、やよいがその事を知ってるのよ?」アセアセ
やよい「そんなことはどうでもいいの!私、伊織ちゃんには負けないよ!」
やよい「今の私は…やきいもだから!」
伊織「…はっ?」
小鳥「…ふふっ。(胸キュン!はぁとふる765プロ!って、ところかしら)」クスクス

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/17(土)04:59:24.22
ID:WuRD6MhI0
文香「Pさんが、Pさんが怖いです・・・」ガタガタ
P「誤解だから!誤解だから!」
文香「Pさんに犯されてしまいますぅ・・・」ブルブル
P「やめて!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2014/02/19(水)21:20:11.90
ID:2p3UAZuA0
北斗「それは、女性の滑らかなフォルムに通じる美しさを持っていますから」
インタビュアー「へえ。女性と楽器を同じように愛でていらっしゃるんですか?」
北斗「そうですね。俺の腕に抱かれて……かわいらしい、鳴き声が耳を叩いて。ちょうど女の子を抱きしめた時のドキドキに似てるかな?」
北斗「ん? わからないなら教えてあげますよ。俺ならレディにも同じ高鳴りを教えてあげられる……」
インタビュアー「あっ、ちょっと北斗さん……!?」
冬馬「おい、北斗!」
北斗「……っと! こわいこわい。この話は後でしましょうか。個人的に、ね♪」
インタビュアー「は、……はひ」コクコク
冬馬「おいっ! 北斗マジメにやれ! レッスンしてる中でのインタビューなんだぞ! 燃える気持ちを伝えろよ!」
翔太「もう冬馬くん。北斗くんのスタイルはもう崩せないってわかりなよー」
北斗「そうそう。愛だよ冬馬。アモーレこそ俺たちがエンジェルちゃん達に伝えなきゃいけない気持ちさ」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
4
5
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。