SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:YomiCom
<<
2018年02月
>>
445件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
4
5
6
>>
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/17(土)23:36:28.95
ID:ZVR3o9iv0
みほ「(みんなへの日ごろのお礼にチョコレートを作ってみたんだけど……)」
ボコの形(?)のチョコ
みほ「あんまり上手くできなかったけど、輪郭はそれなりかな」
みほ「冷凍便で送ろっと」ツツミツツミ
こうして、傍からみれば"ハート型のチョコ"が完成したのだった。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2013/09/26(木)17:18:02
ID:HR08YUyQ
*エレアニ、アニエレ?になるかと思います。ネタバレとかあるかも
2:
以下、名無しが深夜にお送りします2013/09/26(木)17:19:18
ID:HR08YUyQ
アニ「…」ギュウ
エレン「…」ギュウ
アニ「ねえ…」
エレン「なんだよ?」
アニ「私達の関係ってさ…」
エレン「不思議だよな…」
アニ「恋人同士なわけ…?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆UEry/CPoDk2018/02/18(日)11:11:08.41
ID:BVSiYf2Z0
プロデューサー以外の男性描写がありますので、苦手な方はご遠慮下さいませ。
2:
◆UEry/CPoDk2018/02/18(日)11:12:47.79
ID:BVSiYf2Z0
莉緒「ちょっと姉さん、どういう事よ!」
このみ「何よいきなり。」
莉緒「こないだ貰ったアドバイスよ。あれ昨日の合コンでためしたら全然駄目だったわ!」
このみ「アドバイスってあれのこと?料理が出来る点をアピールしてみなさいって言った。」
莉緒「そうよ、皆感心するどころかドン引きだったわ。どうなってるのよ。」
あずさ「お料理の話でそんなふうになるものなのかしら。なんて言ったの?」
莉緒「ん?『得意料理は肉じゃがとひじきの煮物、あとはカボチャの煮付けや里芋の煮っころがしとかです』って。」
莉緒「一応言っとくけど、これでもちゃんと本当に作れるわよ。練習したからね。」
あずさ「えっと、いくらなんでもそれは…」
莉緒「どうして?男の人ってこういうのが好きなんでしょ。」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/08/28(金)20:31:24.01
ID:Q66100xI0
浜風「駆逐艦浜風、これより秘書艦の任に就きます!」
提督「うむ。今日一日、俺のサポートをよろしく頼むな」
浜風「はい! 秘書艦としての業務、そして提督の身を全力でお守りいたします!!」
提督「ははははっ、やる気があるのは結構だが、俺の護衛とかは気にしなくていいんだぞ?」
提督「深海棲艦も流石に鎮守府まで襲って来ないからな」
浜風「お言葉ですが提督、それは慢心というものです」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
6:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/14(金)00:39:22.01
ID:EJs/L7p/0
春香「おはようございまーす!今日も一日、よろしく……おねが……」
P「ライダーキィィィック!」シュバッ
小鳥「必殺!俺の必殺技!」グオッ
春香「なっ、何やってるんですかふたりとも!」
P「ムッ!は、春香か……恥ずかしい所を見せたな……」
小鳥「はぁ、はぁ、はぁ……ほんと、落ち着いてくださいよプロデューサーさん、たかが……」
P「たかが!?たかがって言いましたか!?」
春香「ちょっと、本当に落ち着いてください!一体どうしたんですか?」
P「あ、ああ。いや、実はな……」
小鳥「プロデューサーさんが酷いんですよ!私が仮面ライダーが好きだって言ったら……」
春香「かめんらいだーですか?」
P「春香は知ってるか?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2014/02/25(火)15:55:07.81
ID:Khldiu0N0
ピリリリリリ…ピ
千早「ん…はい」
P『千早か?今どこにいる』
千早「…まだ自宅ですが…」
P『何やってんだ!今日は朝から収録だって言ってただろう?』
千早「え…ですがまだ時間は…5時…」チラ
P『もう7時だぞ』
千早「え!?」
P『はぁ…何にせよ急いでくれ、先方にはすこし遅れることを伝えておくから』
P『千早の家からなら事務所に来るより直接行ったほうが早いだろうからそのまま行ってくれ』
P『必要なものは持っていくから』
千早「は、はい…わかりました…すみませんでした」
P『ああ、出来るだけ早くな!だが怪我をしないように気をつけろよ』
千早「はい」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2014/02/24(月)17:35:45.42
ID:A+fdfDwL0
小鳥「雪歩ちゃんおはよう!」
雪歩「あっ小鳥さんおはようございますぅ!」
小鳥「それ真美ちゃんのお茶よね?」
雪歩「はい、あとで小鳥さんの分もいれますね」
小鳥「ありがとう雪歩ちゃん……ああーっ!! あそこにUFOがっ!!!」バッ
雪歩「ええええっ!? どこですかぁ!?」
小鳥「あのビルの横くらい、あーもう移動しちゃったかなー」スッ
謎の薬「サーッ!」
雪歩「あうう見えませんでしたぁ……それじゃ、真美ちゃんにお茶出してきますね」
小鳥「はいはーい」

続きを読む

[ 閉じる ]
3:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/12(金)03:04:06.49
ID:g2Thjw1R0
照「卒業までやる事がないので、運転免許取った」
照「ティン!そうだ、ラーメン食べに行こう!」
照「菫ェ!私、ちょっと長野寄って、福岡行って来る!」
菫「ラーメンか。夜中に突然食べたくなるよな。行ってらっしゃーい。…って、はっ!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/17(土)23:03:03.90
ID:b68/SpfWo
・モバマスSS
・遅ればせながらバレンタイン
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/17(土)23:04:48.85
ID:b68/SpfWo
晴「……うーっす」
幸子「あぁ晴さん、ってどうしたんですか浮かない顔して。それに今日は手荷物が多いみたいで」
晴「まーな……あのさ幸子、ちょっと相談に乗ってくれねぇ?」
幸子「ボクに? ははーん、さてはいよいよボクからカワイさの何たるかを学びに来たのですね!」
晴「今日、ってかバレンタインの事なんだけど……」
幸子「スルー!? ってそれよりバレンタインの事ですって!?!?」
晴「相変わらずリアクションいいよなー幸子」
幸子「芸人さんではありませんからね! じゃなくって、あの晴さんがバレンタインの事で相談とは……」
晴「何だよ、オレだって結構悩む時期なんだぞ?」
幸子「あ、いえ変な意味ではないんですが……てっきりこういったイベントに興味が無いものかと」
晴「興味は無いっちゃ無かったんだけどよ。で、聞いてもらえるか?」
幸子「もちろん! どんどんボクを頼ってくださいね、カワイイボクがすべてを解決してさしあげますとも」
晴「……ありがとな。早速だけど、1つ質問していい?」
幸子「えぇ、どうぞ」
幸子(とはいえバレンタインの事となれば、ボクに聞きたいことなんて1つしかないですよね。もしかして持ってる荷物の中にPさんへの……)
晴「幸子って今日さ――」
幸子「……」ゴクッ
晴「――チョコ、何個もらった?」
幸子「……うん? そっちですか!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/16(金)19:38:41.41
ID:if/41hFK0
※ほぼ地の分で構成されています。それでもいいという方お付き合いください
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/16(金)19:39:32.23
ID:if/41hFK0
 本日鎮守府。
「むむ……」
「姉さん、まだ?」
「待ちなさい響!んー……。これ!えー!?」
「それじゃあ……。こっちかな?はい、上がり」
 執務室では、第六駆逐艦隊によるババ抜きが行われていた。
「もー!響強過ぎ!一回も負けて無いじゃん!」
「姉さんはもう少し表情を変えない努力をするべきだね」
「響お姉ちゃん、強いのです……」
「一回も勝てないなんてねえ……」
 先程から響は一度も最下位を取らずにいた。
「司令官、こっちに来て手伝ってよ!」
「司令官さんも一緒にやるのです!」
「仕事はそろそろ一区切りじゃない?」
 暁、電、雷が、書類仕事をする提督に向かって言う。
「ババ抜きとはいえ、大人が入るのはどうかと思うが」
「司令官、逃げるのかい?」
「…………」
 挑発するような口調で言う響。
 さすがの提督も、ババ抜きで、しかも子供に挑発されて参加するのはどうかと思ったが。
「いいだろう。その挑発、乗ってやろう」
 書類仕事が面倒になって来た頃合いだったので乗る事にした。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/04/27(金)12:21:30.09
ID:bF3xxsMn0
ゼロ「ついに捕らえたぞ、コーネリア!!」
コーネリア「くっ……」
ゼロ「コーネリア、訊きたいことが色々あるが……」
コーネリア「ふん。私が口を割ると思っているか?」
ゼロ「いいや。お前からは聞きだせる情報などあまりないだろう」
コーネリア「殺すなら殺せ」
ゼロ「いいや。殺しはしない。貴様には陵辱の限りを尽くしてやる!!」
コーネリア「なに……!!貴様!?」
ゼロ「俺の質問には大声で返答しろっ!!」キィィン
コーネリア「わかった」
ゼロ「お前は処女か!!!?」
コーネリア「イエス!ユアハイネス!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆xW69XHZIXl2A2018/02/16(金)19:13:09.99
ID:pbTzMClr0
藤原「お父様がバレンタインでチョコを沢山貰っちゃって、学校のみんなで食べなさいって一つくれたんです」
藤原「なので、さっそくみんなで食べましょう♪」
白銀「ほう、チョコレートか。ちょうど糖分が欲しいと思っていた所だ。頂くとしようか」
かぐや「私は紅茶を入れますね」
白銀「ああ、ありがとう」
藤原「ふんふんふ?ん♪」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆LYNKFR8PTk2018/02/17(土)20:00:57.51
ID:6MhYHQXU0
学園長「ああ、君も知っているだろう。一ノ瀬学園の問題児……溝口誠くんを」
唯我「……はい」
唯我(溝口誠……自称喧嘩100段……)
唯我(今年で浪人10年目の28歳……)
唯我「その溝口が……何か?」
学園長「唯我くん……どうにかして……」
学園長「彼を卒業させてはくれないだろうか」
唯我「は?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/07/27(金)23:44:09.36
ID:nmO7UUUSO
――765プロ事務所
――AM13:40
やよい「うっうー!伊織ちゃん!私、負けないよ!」
伊織「へっ?」
やよい「伊織ちゃん、さっきプロデューサーにいい子いい子されてたよね?」フルフル、フルフル、
伊織「えっ?なんで、やよいがその事を知ってるのよ?」アセアセ
やよい「そんなことはどうでもいいの!私、伊織ちゃんには負けないよ!」
やよい「今の私は…やきいもだから!」
伊織「…はっ?」
小鳥「…ふふっ。(胸キュン!はぁとふる765プロ!って、ところかしら)」クスクス

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/17(土)04:59:24.22
ID:WuRD6MhI0
文香「Pさんが、Pさんが怖いです・・・」ガタガタ
P「誤解だから!誤解だから!」
文香「Pさんに犯されてしまいますぅ・・・」ブルブル
P「やめて!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2014/02/19(水)21:20:11.90
ID:2p3UAZuA0
北斗「それは、女性の滑らかなフォルムに通じる美しさを持っていますから」
インタビュアー「へえ。女性と楽器を同じように愛でていらっしゃるんですか?」
北斗「そうですね。俺の腕に抱かれて……かわいらしい、鳴き声が耳を叩いて。ちょうど女の子を抱きしめた時のドキドキに似てるかな?」
北斗「ん? わからないなら教えてあげますよ。俺ならレディにも同じ高鳴りを教えてあげられる……」
インタビュアー「あっ、ちょっと北斗さん……!?」
冬馬「おい、北斗!」
北斗「……っと! こわいこわい。この話は後でしましょうか。個人的に、ね♪」
インタビュアー「は、……はひ」コクコク
冬馬「おいっ! 北斗マジメにやれ! レッスンしてる中でのインタビューなんだぞ! 燃える気持ちを伝えろよ!」
翔太「もう冬馬くん。北斗くんのスタイルはもう崩せないってわかりなよー」
北斗「そうそう。愛だよ冬馬。アモーレこそ俺たちがエンジェルちゃん達に伝えなきゃいけない気持ちさ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆DAC.3Z2hLk2018/02/16(金)00:38:01.86
ID:oMgPCNNI0
 モバマスより緒方智絵里(うさぎ)と小日向美穂(たぬき)などのSSです。
 独自解釈、ファンタジー要素、一部アイドルの人外設定などありますためご注意ください。
 前作です↓
鷹富士茄子「神様風邪を引きまして」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1516519841/
小日向美穂「丸出し尻尾と不思議なお菓子の夜」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1517926569/
 最初のです↓
小日向美穂「こひなたぬき」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1508431385/
2:
◆DAC.3Z2hLk2018/02/16(金)00:40:10.73
ID:oMgPCNNI0
 街で兎が増殖している。
 原因はまったく不明である。
 とにもかくにも、あちこちにいるのだ。兎が。マジでどこにでも。
 道路、信号機の上、進入禁止の標識、双子のスミスのトレーナー、デイリーニュースの表紙……。
 そこらじゅうを闊歩しているものから、何かの絵図に紛れ込んでいるものまで、三次二次なんでも種別を問わず街中にうさぎうさぎうさぎ。
 もちろん、うちの事務所も例外ではなく――――

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2013/10/14(月)13:07:12
ID:.TkVAdhU
ジャン「ああマルコぉぉ……」
すりすりすりすり
ジャン「マルコぉぉぉ……」
サシャ「ジャンーいい加減にしましょうよ」
コニー「そりゃ柔らかいだろ、死んでるんだから」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/16(金)23:46:15.33
ID:if/41hFK0
 本日の、鎮守府は、寒冷。
 暖かい日がつづいているが、未だに寒い日はある。
 そんな訳で、提督の寝具はまだ冬の時のままである。
「…………」
 自室、マルヨンマルマル。
「……んっ」
 ベッドの中に、何かを違和感を感じて提督は目を覚ました。
 布団の中に何かあるような……。
 試しにバサっと布団を捲ってみる。
「…………」
「ぽい?……」
「……何故夕立」
 布団の中には、夕立が丸まって寝ていた。
「うー……。てーとくさん、夕立寒いっぽい……」
「ああ。すまん」
 思わず布団を戻す提督。
 だが、少し考えて、バサリと布団をめくった。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/16(金)23:51:58.70
ID:SRkPEB1rO
※最終章微ネタバレ注意
※キャラ崩壊注意
※その他の注意
※本当に注意
※本当に注意

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2015/08/28(金)02:33:22
ID:uBvWJntI
睦月「どうしたの? 夕立ちゃん……突然そんな事を聞いてきて……」
睦月「せっかくこうして気持ちよく日向ぼっこしてるのに」
夕立「いいから、答えてみるっぽい」
睦月「そんなの赤城さんに決まってるよ! 吹雪ちゃん、あんなに赤城さん赤城さん言ってるんだから」
夕立「そう、吹雪ちゃんの憧れの人は赤城さん……」
夕立「その事は夕立を含め……この鎮守府に所属している艦娘の大半が知っている事っぽい!」
睦月「それならどうして……」

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/16(金)19:43:10.15
ID:6Vwnv1dcO
18時だよ帰れ(ピヨー)
律子「あぁ!終わった!お先上がりますね!?お疲れ様です!」
P「おお、流石に早いな。おつかれー」
小鳥春香「お疲れ様でーす」
パタン
春香「律子さん、凄く疲れてるみたいですけど、書類整理って大変なんですね」
P「そうだなぁ。まぁ、ひたすら文字と格闘だから、人によっては辛いかもな。秋月は俺と違って真面目だから、余計疲れるんだろうなぁ」
小鳥「それだけじゃないと思いますけどねー」
P「ん?ああ、音無さん、僕もそろそろ帰るんで、後お願いします。天海さんも、あんま遅くならんようにな。じゃ」
春香「はい!お疲れ様です」
P「はいはーい、おつかれぇ」
バタン
小鳥「あー…疲れたー」

続きを読む

[ 閉じる ]
26:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/04/04(木)03:02:20.27
ID:jzWPjdPYP
小鳥「あー! 疲れたー!!」
P「……」
小鳥「本当、仕事は溜め込むものじゃないですね……痛感しましたよー……」
P「……」スッ
小鳥「あれ、プロデューサーさんどうかしたんですか? あ! もしかして手伝ってくれたりなんて!」
P「立ってください」
小鳥「え? あ、はい」スクッ
P「そこに手、付いてください」
小鳥「手ですか? ちょっと、プロデューサーさん一体何を……」
P「いいから」
小鳥「……? こう、ですか?」ペタッ
P「……はっ!!!」バサッ
小鳥「えっ? きゃ、きゃあああ!!! ちょ、ちょっとぷ、プロデューサーさん!!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
伊織「アンタたちは夢と魔法の国をナメすぎよ!」
3:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/07/06(土)21:30:58.91
ID:ENZts7PX0
―――
ガチャ
伊織「おはよ……って、3人揃ってどうしたのよ」
響「お、伊織もきたぞ」
真「よしこれで全員か」
伊織「え、何が?」
貴音「まあまあ、まずはこちらに座ってください」
伊織「い、いいけど……何だって言うのよ」ストン
響「ふっふっふ……伊織!」
伊織「なぁに?」
真「今度、4人でディズニーシーに行こう!」
伊織「……」
伊織「……は? ディズニーシー?」

続きを読む

[ 閉じる ]
5:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/06/26(火)22:12:32.44
ID:MhjlgXQ10
―――
伊織「あら、どうしたの3人揃って」
真「ああ、伊織か」
響「いやぁ?、それが、貴音が『ディズニーランド』に行ってみたいって言い出してさぁ」
伊織「……は?ディズニー?」
真「そうそう」
貴音「……」
伊織「なんでまた、ディズニーランドなの?」
貴音「はい……先日、春香と千早が遊びに行ってきた、と聞きました」
真「そうだね。お土産ももらったし」
貴音「あの二人、普通の遊園地には何度も行くということは無いのに……でぃずにーらんどは何度も行っているそうです」
響「……まあディズニーは普通とはちょっと違うしな」
貴音「そこです、そこなのです」
貴音「一体なにが、あの二人をそこまでさせると言うのか……非常に興味があるのです」
伊織「ふーん……」

続きを読む

[ 閉じる ]
7:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/28(金)19:24:14.49
ID:iwFds4Rm0
レンタルビデオ店にて
洋榎「遂に来たで!このカーテンの向こうがアダルトコーナーやな…」
 ※ 18歳未満の方の立ち入りを禁じます! ※
洋榎「むぅ…」
洋榎「まぁ、ウチは今年で18んなるし…大丈夫やろ多分」
洋榎「それに、こんな脅し文句でひるむような洋榎ちゃんやないで!」
洋榎「おてんとさん!無事に姉妹レズ系のビデオを借りて帰れるよう見守っといてや!」
洋榎「よっしゃ!突撃やー!」
洋榎(…知り合いとかおりませんように!)ドキドキ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/15(木)14:30:51.80
ID:JqM3awyV0
P「頼ってる頼ってる」
結華「ホントかなー?」
P「本当に。いつもお世話になっております」
結華「いやぁ、それほどでも……あるけど!」
P「あるのか」
結華「あるよあるよありますよー。なんたって、三峰だし?」
P「お前そういうところは本当調子良いよな」
結華「悪いよりは良い方がいいでしょ?」
P「可愛げはないけどな」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/05/04(金)13:07:50.32
ID:z/J17ql40
―――連休も半ばを過ぎた頃、ルルーシュの部屋の電話が鳴った。
ルルーシュ「はい。もしもし?」
シャルル『……ルルーシュか?』
ルルーシュ「……!!」
ルルーシュ(シャルル……!!なんだ……なぜ……電話を……!!)
シャルル『ルルーシュよ。休みは謳歌しているか?』
ルルーシュ(何が目的だ。また俺とナナリーを政治の道具に使うつもりか……?)
シャルル『なに?!どこも出ずにナナリーと家に篭っているだとぉ!?なぁんとも愚かぁ!!ルルーシュ!!』
ルルーシュ(どうする……。まだシャルルを殺す手段など……!!)
シャルル『よぉし!!そういうことならピクニックだぁ!!家族でピクニックにいくぞ!!ルルッーシュ!!』
シャルル『オール・ハイル・ブリタァァニア!!!』
ルルーシュ「……」
―――ルルーシュは受話器をそっと元に戻した。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/15(木)09:25:40.77
ID:1jivTcwP0
このSSには、過度の昼ドラ描写があります
苦手な方はブラウザバック推奨です
電はケッコン後は司令官呼びですのでそれを採用しております

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
4
5
6
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。