SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:SSまにあっくす!
<<
2019年12月
>>
232件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
1:2019/10/07(月)22:31:15.762
ID:DGJ0gQYZ0.net
女「い・た・だ・き・ます!!!」ペロペロ
男「君はいつも伯方の塩を持ち歩いてペロペロ舐めてるね」
女「お・い・し・い・から!!!」
男「おいしい? しょっぱいだけでしょ」
女「ん・な・こ・と・ない!!!」
男「ごめんごめん、悪かったよ」
女「分・か・れ・ば・いい!!!」ペロペロ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2013/03/10(日)17:04:47.55
ID:A12FpSWz0
春香「このくびれ! 胸元! もうたまんないよねぇ!!」
響「うぎゃああああああ! 春香何やってんのぉおおお!!」
春香「いやあ、今日書店に平積みされていたこの週刊少年誌の表紙に響ちゃんの眩い肢体が躍っていたのでつい」
響「お願いお願いお願いだからもうそれ早く鞄にしまって。ね? 春香」
千早「おはよう」
春香「はいさい千早ちゃん! ほ?ら、響ちゃんのグラビア巻頭特集だよ!」
響「うぎゃああああああ! やめてぇええええ!!」
続きを読む

[ 閉じる ]
3:
2012/11/30(金)01:01:36.26
ID:OIfOevpb0
 フィンランドのインテリアショップで知り合った女性・ジョセフィーヌからメールが来たのは三日前のことだった。
 この度、めでたく母親となる彼女のために、俺は祝いの品を見繕いに人形町まで足を運んだのだった。
五郎「『ジャパニーズカルチャーを感じるもの』と言われたが……さてどうしたものか」
 日本贔屓である彼女を満足させられる何かが見つかればいいのだが……。
1:
2012/11/30(金)01:00:22.34
ID:OIfOevpb0
 ※孤独のグルメという作品とのクロスです
 多分、ドラマやマンガを見てないと楽しめない出来になっちまってます
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆HOXU8/DdDTdF
2019/10/09(水)01:46:38.10
ID:M6fT2goP0
P「はあ…やっちまったな…」
P「こんな事になるなら昨日メンドくさがらずに寝る前にトイレに行っておけばなぁ」
P「やばい!もうこんな時間だ!掃除してる時間もないし、とりあえずバスタオルひいて応急処置しとこ…はぁ」
***
P「はぁ……」
春香「プロデューサーさん、どうしたんですか?今日は溜め息ばかりついて」
P「ちょっと朝から嫌な事があってな…」
春香「嫌な事?」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1570553197
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:2019/12/29(日)00:39:16.693
ID:5bpH3PnC0.net
昨年の大晦日
桃の家
桃「世間はなんだかあわただしくしてるみたいだけど…、私はこれと
いってすることはないかな…あ、たまさくらちゃんの特番やってる」
メタ子「時は来た」
桃「メタ子。こっちおいで。一緒にたまさくらちゃんの特番をみよう」
メタ子「時は来た…、時は来た」
桃「メタ子ももう歳かな…、すっかり同じ神託しか言わなくなったし」
桃「…まあ、私が魔法少女としてやる気なくしたことも関係してるかもしれないけど」
メタ子「そば…来た」
桃「え…?」
メタ子「そば…、来てるぞ」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2012/02/26(日)18:10:53.72
ID:xWxN8pHX0
ある病室のベッドに、一人の少女が眠っていた。
正確には眠っているわけじゃない。
意識はちゃんとあって、色々なことを考えていた。
でも彼女は頭に大きな怪我を負っていて、動くことも感じることも、殆ど出来なかったんだ。
目も、耳も聞こえず……真っ暗闇の中。 風が体を撫でる感覚と、その匂い。
彼女を死体だと勘違いしたハエが体を這う感触。 一日一回、看護師が体の位置を直していく感覚。
その手を握る者ももう居ない彼女にとっては、それが世界のすべてだった。
彼女は途方も無い、退屈な時間の中で……ただ夢を見ていた。
共に戦う仲間、生きる目的、大切な家族。 そのすべてがある世界を……
……つまり幸せな日常を、彼女は夢想していた。
闇の中、一人孤独に……ずーっと。
――――――――――――――――
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2019/10/20(日)22:36:45
ID:gHbiKbqA
<ガヴリール宅>
ガヴ「……」カタカタ…
ガチャッ……バタン
ヴィーネ「はぁー……やっと終わった」グッタリ
ガヴ「ん。お疲れー」カタカタ…
ヴィーネ「お疲れー、じゃないわよ!」ダンッ
ガヴ「うおっ」ビクッ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2012/12/29(土)22:27:13.19
ID:08jBf8jz0
P「……なんてごめんだからな!」
律子「はい?」
P「付き合い始めてけっこう経つけど、俺はもっと律子を引っ張って男らしく」
律子「あーはいはい起きたんならさっさと着替えてください。ほら、シャツに袖通す」スッ
P「あ、うん」
律子「はいそこどいて布団上げるのに邪魔です。プロデューサーは鼻が弱いんでしょう?」
律子「もう、髪もボサボサじゃないですか。じっとしててください」サッサッ
律子「トーストはフレンチ? ジャム?」
P「あ……ジャム」
律子「どうせそう言うと思ってたっぷりですよ。はい、あ?」
P「ん」
律子「まったく……プロデューサーは私がいないとダメなんですから」
P「……うん」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2012/10/10(水)21:04:34.02
ID:NHYExNq00
 思いっきり空腹だった……。
 取引が長引いて俺はまたも昼飯を食い損なってしまったのであった。
五郎「やれやれ……相変わらず話好きな社長だったな……」
 今日俺は都内某所にある芸能事務所、765プロダクションへ商談に訪れていた。
 まあ、商談とは名ばかりの世間話で時間が潰れてしまったのだが。
五郎「腹が綺麗にすっからかんだ……車はここに置いておいて、何か食べに行くか……」
 良い店が見つかるといいのだが……。
続きを読む

[ 閉じる ]
1:2019/10/21(月)21:16:30
子供A「あーあ、暇だなー」
子供B「いつも同じ遊びばかりして飽きてきたなー」
子供A「…あ!いいこと思いついた!」
子供B「良いこと?」
子供A「線路に置き石してみようぜ!」
子供B「お、いいなそれ!面白そうだな!やろうやろう!」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/11/09(木)21:23:40.85
ID:8uL2c/tr0
サターニャ「ガヴリール、マジカルバナナやるわよ!」
ガヴ「は?」
サターニャ「せーのっ、マジカルバナナ! バナナと言ったら」
ガヴ「おい、ちょっと待て」
サターニャ「何よ? さっ、やるわよ」
ガヴ「なんで私がお前の遊びに付き合わないといけないんだよ…」
ガヴ「そもそも、お前が何でウチにいるんだよ」
サターニャ「まぁまぁ、いいじゃない! とにかく勝負よガヴリール!」
ガヴ「嫌だね。とにかく、私はだらけるのに忙しいんだから、あっち行ってろ」グデー
サターニャ「…はっはーん、負けるのが怖いのねガヴリール!」
ガヴ「はいはい、怖いからサターニャの勝ちでいいよ。だからもう帰れ」
サターニャ「くっ…強情ね」
サターニャ「それなら、いいわ。今日はこれで帰ることにするわ」ニヤリ
サターニャ「あっ、帰りに今日の夜ご飯のお肉買っていかないとねぇ」
サターニャ「今日の夜ご飯は焼肉にするつもりだからねぇ」
ガヴ「何だと?」
サターニャ「何よガヴリール。焼肉に興味あるの?」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510230220
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆SESAXlhwuI
2018/08/13(月)01:20:20.03
ID:8MH4KKXO0
トレーナー 「よし、10分休憩!」
春香 「ぜぇ、はぁ……」ハァハァ
千早 「春香、大丈夫……?」
春香 「だ、だいじょ……ぅ」ガックリ
千早 「ゆっくり座って……ね?」
千早 「はい、これお水」スッ
春香 「あ、ありがと千早ちゃん……」ゴクゴク
春香 「……っぷはぁ!生き返ったー!」ニッコリ
千早 「もう、おじさんくさいわよ?」クスリ
春香 「ま、まだ花の女子高生だよぉ!」ワタワタ
千早 「はいはい、分かってるわよ」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1534090819/
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:2019/10/27(日)00:00:57.924
ID:Eq/DThuF0.net
亜美「うん!」
真美「そだよ!」
春香「どうして急に…」
3:2019/10/27(日)00:05:07.915
ID:Eq/DThuF0.net
亜美「いや、亜美たち最近765プロ内でのバラエティ担当をはるるんとひびきんに任せすぎてるなって…」
真美「いつまでもはるるんとひびきんのリアクション芸に頼るわけにもいかないっしょ?」
響「リアクション芸なんてしてないぞ!?」
春香「私たちはアイドルだよ!」
亜美「え?こないだ激辛寿司食べてたよね?」
真美「熱湯風呂入ってたよね?」
春香響「「うぐっ…」」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2013/01/16(水)02:33:41.92
ID:+4baWmOI0
放課後の教室
シンジ「ウォークマンが動かない……?」
ケンスケ「どうした?碇?」
シンジ「ウォークマンが動かないんだ」
ケンスケ「どれどれ……」カチカチ
シンジ「どうかな?」
ケンスケ「あ?、確かにダメみたいだな」
シンジ「そんな」ガックシ
ケンスケ「元気だせよ、この時代までよく動いたもんだよ。むしろ感謝じゃないのか?」
シンジ「そう……だけど、コレ元々父さんの物だから……」
ケンスケ「そうか……でもシンジ、今はもうこの部品はこの街……いや、日本中探しても多分無いぜ」
シンジ「だろうね…………残念だな」
ケンスケ「この際心機一転、新しいの買えよ。今はサイズも小さくて、音楽もデータで持ち運べるし、音質も良くなってるからびっくりするぜ」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2011/08/07(日)23:14:10.53
ID:ogu9lyxP0
マミ「はぁ……」
―回想(相談者:暁美ほむら)―
マミ「それで、相談って何?」
ほむら「……その……まどかに好きになってもらうにはどうしたらいいのかしら……」
マミ「え?」
ほむら「私は……まどかが好きなの……でも……普通同性でこんな感情……だから……」
マミ「えっと……」
ほむら「私より……あなたのほうがまどかと仲がいいと思うから……教えてほしいのよ……」
マミ「鹿目さんにあなたを恋愛感情をもってもらいたいってことよね?」
ほむら「えぇ……やっぱり無理かしら……」
マミ「不可能ではないと思うけど……まずはもっと近づいてあげたらどうかしら?」
ほむら「……まどかの近くに行くとドキドキして……その……」
マミ「元々鹿目さんはあなたも大切に思っているのだからドキドキしても積極的に行ったほうがいいんじゃないかしら?」
ほむら「そうかしら……ありがとう巴マミ……あと、この事は誰にも言わないで」
マミ「えぇ、まぁできるかぎりは強力してあげるから、頑張ってね」
続きを読む

[ 閉じる ]
2:◆rzOq/SCuAA
2013/12/28(土)01:01:52.05
ID:cb7YYF1o0
――花の里――
右京「江戸川コナン……?」
幸子「ええ! 今日の昼間、新宿へ買い物に出かけてて、そこでたまたま♪」
幸子「コナン君も保護者の方と一緒だったんで、声は掛けなかったんですけど」
幸子「あんな所でお目にかかれるなんて思わなかったから、私、もうビックリで」
甲斐「……確か、キッドキラーと呼ばれている都内の小学生でしたっけ?」
幸子「そうよ、この記事に出てる子。カワイイでしょ♪」ピラッ
幸子「コナン君って、鈴木財閥の相談役が怪盗キッドに挑戦する度に、宝石を守ってくれるじゃない?」
幸子「まだあんなに小さいのに、すごいなぁって思って。私、応援してるんですよ」
右京「この写真、確か彼が『紫紅の爪』を守った時のものですね」
甲斐「コナン君、何だか嫌そうな顔して映ってません?」
幸子「隣にいる相談役が苦手なんじゃないですか?」
幸子「そもそも、この人がキッドに挑戦する理由も馬鹿げてると思いますし」
甲斐「あぁ……そういや中森警部がボヤいてたような」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1388160048
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/12/28(金)20:07:12.39
ID:JbQZeQhn0
 駅前のゲーセンは知らぬ間に無くなり、フィットネスクラブになっている。
 界隈では有名なヤクザの事務所とその一帯は、近代的なマンションと複合施設に建て替わっていた。
 間違えたか?
 いや、確かにこの駅だ。
 気分を落ち着けるためにコーヒーでも飲もうと、自販機で110円を入れてボタンを押す。
 なぜか出てこないので、ふと値段を見ると130円とあった。
 おそらく流行なのだろう、通りを歩く垢抜けた男女の会話に耳を澄ませても、まるで何を言っているのか分からない。
 そして、街の巨大な電光掲示板に流れる知らない歌手の映像を眺め、受ける疎外感にデジャブを覚える。
 僕は時代に取り残されている。
 そして、年末の時期になると、全てを思い出すのだ。
 僕の本来の仕事を。
 そして、また忘れる。
 そういう仕事だった。
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1545995231/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:2019/12/19(木)23:00:16.773
ID:wHi3dKoO0.net
(ラビットハウス)
ワイ「ち、チノちゃん!儀式とかって言って、縛って魔法陣の上に置くのやめて!」
チノちゃん「うるさいですね…ワイさんを生贄にして魔族を召喚、全世界のスタバを消滅させるという私の完璧な計画の邪魔をしないでください」
ワイ「どこが完璧なのさ!仮に魔族召喚させてその後どうするんだい!?」
チノちゃん「私が魔族を封印、世界の救世主になった私目当てにラビットハウスは大繁盛、どうですか」フンスッ
ワイ(今更やけどこの子頭おかしい…)
チノちゃん「ココアさんと拙者さんは遊郭、リゼさんは帝京平成大学に行ってる今だったら誰にも邪魔されません」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:2019/12/16(月)23:01:46.628
ID:c7q6JuG7M.net
盗み聞き桃「!」
シャミ子「あー、桃(食べ物の)を食べたいです!!」
桃(シャミ子....)
シャミ子「買いに行こうかな....」
桃(!?)
桃(シャミ子に買われちゃう....///)
シャミ子「お小遣い足りるかな」ゴソゴソ
桃(足りなくても出してあげるよシャミ子!)
シャミ子「あ、これ足りない」
桃(お金なくても買われてあげるよシャミ子!)
シャミ子「みかんなら買えるかもしれませんね」
桃(シャミ子!!!!!)
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2013/01/06(日)22:10:18.36
ID:W9Y/AG1Z0
アスカ「ふ?ん……なるほどねぇ……あっ押すところ間違えた」ピ
アスカ「ん?家のタブレットに項目別履歴ってあったんだ」
アスカ「……フッ、そういやバカシンジが昨日の夜中に部屋へ持ち込んで使ってたわね」
アスカ「どうせ変なサイトばっか見てるんでしょ。……おねーさんがチェックしてあげましょうか」ピ
[1]好き好きもやし男
[2]素敵な女性を褒めるならコレ?髪型編?
[3]気になる女の子の気持ちを知る10の術
[4]強気女子へのアプローチ 次は下校を誘え!
[5]スカッと呑める!地ビール紹介?北海道・東北?
アスカ「……あれ?コレだけ?って、5項目分しか残らないんだ」
アスカ「……な?んだ、アイツ何かHなサイトでも見てるのかと思ったのに、いいやもう」
ガチャ
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
2015/02/04(水)16:52:44.44
ID:G6guR6a80
雪歩「え?」
真「え?」
亜美「え?」
真美「え?」
伊織「え?」
あずさ「え?」
貴音「え?」
響「え?」
律子「え?」
P「え?」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1423036364
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2013/09/26(木)22:28:03.53
ID:NeiLBFIZ0
P「いおりん可愛すぎ警報が発令されました!付近の方は今すぐ避難してください!」
伊織「な、何よ、何なのよ!?」
P「みんな危険だ下がれぇええ!!」
春香「は、はいっ!」
P「勢力の範囲はいおりんを中心とした、いおりんを視認できる範囲!!!」
P「超巨大な勢力を保って事務所内を蹂躙しています!!」
伊織「もー…何なのよぉ…」プクー
P「立っているのもやっとという状態ですっ…!」クラクラ
続きを読む

[ 閉じる ]
2:
2013/11/25(月)19:25:17.64
ID:1dlIf1yco
杏子「しっかしこんな時期に転校生とはねー。
   しかもアメリカ帰りだってさ! 帰国子女ってやつだろこれ」
さやか「ん、あぁ……うん、そうだね」
杏子「あん? なんだよ、妙にすっきりしない返事じゃん」
さやか「えっ、あ……そんなことないよ、あははっ! 別にフツーだよフツー」
杏子「……? もしかしてアレか? あんた、あの子と知り合いだったとか?
   3年前までは見滝原に居たんだったよね」
さやか「あ、あぁー、そうそう、うん。
    でもどうかなぁー、あっちはあたしのこと覚えてないんじゃないかなぁー?」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1385375017/
1:
2013/11/25(月)19:23:37.51
ID:1dlIf1yco
叛逆のネタバレしかないです
続きを読む

[ 閉じる ]
13:
2011/09/21(水)12:32:52.93
ID:5mEkTyXE0
猫メイド「お帰りニャさいませ、ご主人様♪」
ピトー「……………」イライラ
メルエム「ふはは。 愉快だぞこいつら、ピトーの真似事をしている」
ピトー「な、………、畏れながら申し上げます。 間違っても私は
    あのような媚び方は致しません」
メルエム「? ではなぜこいつらは猫の耳を?」
プフ「どうやらこの国ではポピュラーなアクセントのようですね。
   頭部に猫の耳を象ったバンドを装着する事で、主に異性に対して
   好意の感情を引き出させる手段のようです」
メルエム「好意か」
プフ「この地ではそれを『萌え』という言葉で表現するようで」
メルエム「萌え……」
猫メイド「にゃ?ん♪」
メルエム「ふはは、萌え萌え」
ユピー「俺も猫耳生やせば好かれるかな」メキメキ
プフ「おやめなさい……気味が悪い」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:2019/10/19(土)15:30:30.103
ID:0uViur990.net
男(あれがウワサの、路上で悩み相談みたいなことやってるっていう聖女か)
男(たしかに神秘的で、どこか人間離れした雰囲気が漂ってるな)
男「あのー、すみません」
聖女「なんでしょう?」
男「こちらでは罪の告白も聞いてくれると聞いたんですが」
聖女「ええ、懺悔をすればあらゆる罪は浄化されます……。さぁ、懺悔なさい」
男「実は、ネット上でゲームのウソの裏技を広めたら、騙されたプレイヤーが大勢出てしまったんです」
聖女「……どのような?」
男「あるゲームでドラゴンを100体倒すと最強の剣“ドラゴンファングソード”が手に入ると――」
聖女「お前か!!!」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:2019/12/22(日)00:20:58.617
ID:KW5/6ZXH0.net
桃「えっ?」
シャミ子「えっ?」
桃「…えっと、今までせっかくいい雰囲気でお互いの気持ちを確かめるようにキスして、もう完全にそういうことをする流れだったのに、なんで水を差しちゃうのかな?シャミ子」
シャミ子「だってこういうのって普通桃が私のことを押し倒す流れですよね?」
桃「…普通って何?」
シャミ子「なんで桃が自分から後ろに倒れるんですか?」
桃「あの…恥ずかしいから私の行動を言語化するのやめてくれないかな」
シャミ子「起きて下さい」
桃「え、うん…」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:2019/12/25(水)18:58:12.973
ID:XlZHGYs/0XMAS.net
桃「確か9時に私の家だよね?」
シャミ子「はい!私は料理を作ってから行くのでその間に桃は飾り付けをお願いします!」
ミカン「私はレモンケーキを持って行くわ!」
桃「分かった」
2:2019/12/25(水)19:01:17.047
ID:XlZHGYs/0XMAS.net
桃「よし!シャミ子たちが来る前に飾り付けを終わらせよう…」
桃「できた!なんとか9時前に終わった…」
桃「あとはシャミ子たちが来るのを待つだけ!」
10分後
桃「シャミ子たち遅いな…」
15分後
桃「…」
30分後
桃「もしかして事故にでもあったんじゃ…」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:2019/10/21(月)21:56:19.554
ID:V0wx9i4+0.net
?カラオケボックス?
クリリン「ゆきたいぃ?????♪」
ワーワーッ! ヒューヒューッ!
悟空「いいぞ、クリリーン!」
悟飯「お上手です!」
ヤムチャ「やるじゃないか、クリリン」
天津飯「ほう……」
ベジータ(やっと終わりやがったか)
ベジータ(次はようやく俺の番だ!)
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2013/06/03(月)21:05:25.78
ID:RKWRxXwF0
春香「海外ですよ!海外!」
美希「春香は初の海外だよね?」
春香「うん!だからずっと前から楽しみで楽しみで……」
千早「私は以前レコーディングに、美希は撮影だったかしら?」
春香「お土産は何買えばいいかな?」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:2019/10/04(金)20:54:23.504
ID:XHdmtwX/0.net
― 宮殿 ―
料理人「どうぞお召し上がり下さい」
国王「…………」
国王「なんだこれは」
料理人「陛下のご注文通り、肉料理を……」
国王「俺はっ! やっぱり魚料理が食いたいの! 作り直せ、こんなもォん!」ガシャーンッ
料理人「は、はいっ!」
大臣「あーあ、またあんなワガママを……」
大臣(どうしてこうなった)
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。