SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
作品:進撃の巨人
<<
2018年06月
>>
22件取得
人気記事順表示
重複記事表示
<<
0
>>
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1395818110/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/03/26(水)16:15:10ID:HAjjnOvI
進撃の巨人ssです

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/03/26(水)16:16:32ID:HAjjnOvI
?炭鉱?
坑夫「おい、そろそろ休憩にしようか」
友人「そうだな、目標の深さまで穴は掘れた」
坑夫「あぁ、しかし、ここの地盤は坑夫泣かせだな」ハッハッハ
友人「全くだ。だが、その分掘った後の爽快感がたまらないじゃないか」
坑夫「へっ、分かってるじゃねぇーか、お前」
友人「当たり前だ」ハッハッハ
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/03/26(水)16:18:00ID:HAjjnOvI
?酒場?
友人「お、今日はお前がお先か」
坑夫「おう」
友人「おやっさん!いつものくれ」
店主「はいよ」
坑夫「・・・ハァ」
友人「ん?溜息か?」ニヤ
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/03/26(水)16:19:01ID:HAjjnOvI
坑夫「俺のこの先の未来を案じたら溜息が出てくるんだよ」
友人「はっはっは!何だ、今の現状に不満でもあるのか?」
坑夫「あぁ、俺たちは決して良い暮らしをしてるわけじゃねぇ」
友人「そりゃそうだ。ただ穴を掘る仕事だぜ?誰にだってできる。俺たちの代わりはいくらだっているんだ。暮らし向きが悪いのは仕方ねぇ」
坑夫「あぁ、そうだ」
店主「ほら、いつものだ」
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/03/26(水)16:22:47ID:HAjjnOvI
友人「おぉ、これで一日の疲れがとれる・・・」
坑夫「・・・」ゴクゴク
友人「ゴクン・・・プハァー・・・で、お前は穴掘りを辞めるのか?」
坑夫「俺から穴掘りをとったら何が残る?俺には穴掘りしかできねぇ」
友人「確かにそうだ・・・だが、そのままじゃお前の悩
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1394786022/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/03/14(金)17:33:42ID:J21jtgUY
※短いクリユミ
ユミル「どうしたんだ?こんな所に呼び出して」
クリスタ「あのね、……もうすぐ卒団でしょう?」
ユミル「ああ」
クリスタ「だから、ずっと隠してた事を言おうと思って」
ユミル「隠してた事?」
クリスタ「」コクン
ユミル(なんだ?クリスタの詳しい今までの境遇か?それとも本名か何かか?)
ユミル「……あんまり無理してそんな事言わなくてもいいぞ」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/03/14(金)17:34:20ID:J21jtgUY
クリスタ「ううん」
クリスタ「私、言わなくちゃ」
ユミル「クリスタ……」
クリスタ「ユミル、ごめんなさい……」
ユミル「お、おい、なんで謝るんだ、お前は何も悪くな……」
クリスタ「ずっとユミルの下着盗んでごめんなさい!」
ユミル「」
ユミル「」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/03/14(金)17:35:06ID:J21jtgUY
ユミル「……は?」
クリスタ「だから、ずっとユミルの下着を……」
ユミル「あー!解った解った、2回も言わなくていい!」
ユミル「本当か?クリスタ」
クリスタ「……うん」
ユミル(確かに前々から、団から支給されてる下着が無くなってると思っていた)
ユミル(でも、私の下着なんて盗む輩なんか居ないと思ってたし、皆持っている下着なんだから、間違えて持ってるのかと放っていた)
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/03/14(金)17:36:00ID:J21jtgUY
ユミル「確かに、皆持ってるからな、何処かやっても……」
クリスタ「無くした訳じゃない」
ユミル「じゃ、じゃあ……お前と私とじゃ、サイズが違うだろ、だから教官にでも言って…」
クリスタ「サイズが変わった訳でもない」続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1382715570/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/26(土)00:39:30ID:ma046GYk
エレン「どうすんだこれ……シャツの上からも分かるくらい目立つぞ…」クッキリ
エレンチクビ「オイーッス」
エレン「やっぱり乳首弄りながらオナったのが悪かったのかな…」
エレン「でもやめられないんだよな……」ウーン
エレン「しかも左手でしごいて右手で弄るから」
エレン「右乳首ばっかり肥大化しちまったぞ。余計に目立つだろこれ…」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/26(土)00:41:20ID:ma046GYk
エレン「うーん。左はフニャッとしてるのに、右は常にコリコリした感じだ…」コリコリ
エレン「……興奮してきた。抜くか…」ムラムラ
エレン「うっ」ドピュ
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/26(土)00:43:14ID:ma046GYk
エレン「また乳首弄りながら抜いちまったじゃねえか…」フキフキ
エレン「いや、違うな。乳首弄ってたから抜いちまったんだ」
エレン「なんか最近は乳首が勃起スイッチみたいな働きになっちまったな……」
エレン「イク瞬間とか、ほんとにコリッコリになるんだけど」
エレン「これじゃあ俺が変態みたいじゃないか」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/26(土)00:45:11ID:ma046GYk
エレン「はぁ……虚しい」
エレン「しかしどうしよう。風呂とか入った時にバレるレベルになってきてる」
エレン「このまま肥大し続けたら……」
エレン「みんなから変態と思われるかもしれない」ブルブル
エレン「いや、それよりも」
エレン「訓練兵にホモがいたらどうすんだよ。乳首弄ってイクとかホモじゃねえか」
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/26(土)00:47:45ID:ma046GYk
エレン「なんでこんなこ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1390302975/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2014/01/21(火)20:16:15ID:3KsJjgBQ
ベルトルト「お久しぶりです」
カネキ「久しぶり」
ベルトルト「3カ月ぶりですか?」
カネキ「そうなるね」
ベルトルト「またこうして会うことができて嬉しいです」
カネキ「うん、僕も嬉しいよ」
前作
ベルトルト「人を食う巨人と」カネキ「人を喰らう怪人」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします2014/01/21(火)20:18:45ID:3KsJjgBQ
ベルトルト「さて、早速本題ですが」
カネキ「うん」
ベルトルト「アニメ化おめでとうございます!」
カネキ「ありがとうございます!」
ベルトルト「とうとう『東京喰種トーキョーグール』がアニメ化するんですね」
カネキ「正直今でも信じられなくて。まだ詳細を聞かされていないからっていうのもあるけど」
ベルトルト「カネキさんもとうとうテレビデビューですか」
カネキ「なんか恥ずかしいねその言い方」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします2014/01/21(火)20:25:33ID:3KsJjgBQ
ベルトルト「アニメ化ってことは、今こうしてカネキさんが動いてしゃべる姿を、一般の読者にも見られちゃうってことですよね……」
カネキ「どうしたの?」
ベルトルト「……絶対人気出るじゃないですか」
カネキ「は?」
ベルトルト「カネキさんかっこいいし、主人公だからセリフも出番も多いし、人気出ないわけないじゃないですか!」
カネキ「え、ベルトルト君?」
ベルトルト「たとえマスクつけてたって、見てる人はカネキさんが戦ってるってわかるし!」
ベルトルト「僕なんで皮膚むき出しの巨人ですよ!? 誰も僕だってわからないですよ! アニメ期間中に僕だって名言されないで終わっちゃったし!」
カネキ「ちょ、ちょっと落ち着いてベルトルト!」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1381758794/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2013/10/14(月)22:53:14ID:/ucg.fYY
以前スレ落ちさせてしまった話。リベンジに。進撃は若干本誌バレあり。
ベルトルト「初めまして」
カネキ「初めまして」
ベルトルト「えっと、自己紹介からすればいいんでしょうか」
カネキ「そうですね。最も、そちらはもうそんな必要もないほど有名ですけれど」
ベルトルト「そんなことないですよ。えっと、じゃあ僕から」
ベルトルト「講談社別冊少年マガジン連載中『進撃の巨人』の看板巨人、超大型巨人改め、ベルトルト・フーバーです」
カネキ「集英社週刊ヤングジャンプ連載中『東京喰種 トーキョーグール』主人公、金木研です」
ベルトルト「よろしくお願いします」
カネキ「よろしくお願いします」
5:
以下、名無しが深夜にお送りします2013/10/14(月)23:09:47ID:/ucg.fYY
ベルトルト「えっと、カネキさんって呼べばいいですか」
カネキ「どうぞ。僕は何て呼べばいいですかね」
ベルトルト「ベルトルトでいいですよ。あと、敬語じゃなくていいです。カネキさん年上ですよね?」
カネキ「作中では19歳になりましたね」
ベルトルト「なったってことは、作中で誕生日を迎えたってことですか」
カネキ「そうなります。まぁ、おめでたい誕生日ではなかったけれど……それじゃあ、ベルトルト君、でいい?」
ベルトルト「はい」
カネキ「早速だけど、君は『進撃の巨人』でどういった役回りなの?」
6:
以下、名無しが深夜にお送りします2013/10/14(月)23:11:25ID:/ucg.fYY
ベルトルト「まず、『進撃の巨人』は、壁の中で巨人から身を守る人類の話なんです」
ベルトルト「100年前に現れた人類の天敵――巨人から身を守るために、人類は壁を作ったんですけど」
ベルトルト「僕と……僕の仲間が、その壁を壊すんです」
カネキ「それが、超大型巨人?」
ベルトルト「はい」
カネキ「それじゃ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1392021872/
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/02/11(火)03:14:48ID:X6rShwng
教官の日記
…月21日
 104期生はなかなか優秀だ。教官の贔屓目を抜きにしてもどの兵団へ入っても恥ずかしくはないだろう。
…月22日
 ジャン・キルシュタインが行方不明になった。
 果たして憲兵団に入いることを目的としてる彼が脱走するだろうか?
…月23日
 コニー・スプリンガーならびにクリスタ・レンズが行方不明になった。
 朝、レンズは馬の世話をしに行ったまま帰ってこず。スプリンガー、ブラウス、ユミルの三名が捜索に当たり。
 ブラウス、ユミルのみ帰還。
…月24日
 今日は遠征だ。此度の行方不明者に警戒した私は遠征の延期を申し出たが承認されず。
 何もなければいいが…
…月25日
 ミーナ・カロライナ、アニ・レオンハート死亡。
 カロライナは暴行の痕跡あり。レオンハートには暴行の痕跡はなかったものの、両者に溢血斑があった事から窒息死だろう。
6:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/02/11(火)03:36:07ID:X6rShwng
…月26日
 休校を申請したが受け入れられず。
 立体機動訓練中、事故により二名死亡。三名が行方不明。
…月27日
 訓練兵に外禁が通告された。
 教官一同は脱走者の捜索とのこと。
 ベルトルト・フーバーが行方不明になった。
 訓練兵は不安になっているようだ。
…月28日
 エレン・イエーガーが発狂した。
 5分置きに何かを叫びながら走り回るので他の訓練兵が怯える。
 グリシャには申し訳ないが、イエーガーに鎮静剤を打ちしばらくは訓練に参加させないつもりだ。
…月29日
 サシャ・ブラウスが肺炎になった。
 どうやら盗み食いをした時にプレッツェルの破片が入ったらしい。
 まったくあれには困ったものだ。
…月30日
 ベルトルト・フーバーが発見され
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1396184888/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/03/30(日)22:08:08ID:Dfm2J8Go
商店街、本屋の前 昼
ワイワイ
ライナー「・・・・・」
カランカラン
ベルトルト「おまたせ、ライナー。・・・・・? なにを見ているんだ?」
ライナー「ああ・・・・コレだ」
『特売 女性モデルカンノウ本 5冊セット 中身は開けてからのお楽しみ』
ベルトルト「・・・・欲しいの? こんな地雷しか入ってないってわかっているようなものを」
ライナー「在庫処分だろうな。それはわかる。だが・・・・・好奇心をくすぐられちまってな。
     ゴミなのにどうしても欲しいと思っちまうんだ」スッ
ベルトルト「ライナー・・・・。買うんだな! 今ここd

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/03/30(日)22:16:44ID:Dfm2J8Go
5分後 同場所
ワイワイ
ユミル「・・・・・」
カランカランカラン
クリスタ「おまたせ、ユミル。・・・・・なに買ったの?」
ユミル「ん? コレだよ」
『特売 男性モデルカンノウ本 7冊セット 中身は開けてからのお楽しみ』
クリスタ「ユミル・・・・・もうちょっと恥じらいを持った方がいいよ」
ユミル「おまえ・・・・そのままのわたしを愛してくれるってプロポーズしてくれたじゃねえか」
クリスタ「してないよ! ユミル、あなた脳内が快t
・・
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/03/30(日)22:26:26ID:Dfm2J8Go
夜、男子寮
ライナー「おーう帰ったぞお前ら」
コニー「お帰りとーちゃんおみやげは!?」
ライナー「よーしよし、いいものがある、集まれ集まれ」
ワーイ
ジャン「なんだなんだ」
マルコ「おみやげがあるのかい!?」
アルミン「わーうれしいな」
エレン「早く見せてくれよっ」
ライナー「よしよし。お前らの期待に答えるおみやげを
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/10/18(火)22:25:55.04
ID:ajpTuiyho
杏「じゃーん! 大洗のせんしゃ倶楽部から寄贈された?号戦車の等身大オブジェだー」
「「おぉ?」」
柚子「小さなお子さんが触れても大丈夫なようにエラストマーで作られています」
桂利奈「えらすとまーってなんですかー?」
桃「ゴム弾性を有する工業用材料の総称のことだ」
杏「つまりはゴムだな」
優季「わぁ、ゴムなんだぁ」
あゆみ「確かにぷにぷにしてるぅ」
紗希「……」プニプニ
あや「やだー変な感触ぅ」
梓「すごいけど、これ、どうするんですか?」
桃「大洗を象徴する戦車として、ここに置いておく」
杏「自由に遊んでいいからねー」
みほ「すごい……。全部ゴムでできてるけど、中もしっかり作りこんである」
カエサル「職人技だな」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1476797154

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/10/18(火)22:32:24.64
ID:ajpTuiyho
ねこにゃー「みてみて、引っ張るとある程度は伸びるよ」グニーッ
ももがー「おもしろいなり!」グニーッ
ぴよたん「どこまで伸びるか気になるぞな!」
柚子「あんまり無茶しないでね。千切れるかもしれないから」
みどり子「こんなの邪魔になるだけなんじゃ……」
モヨ子「校門の脇に設置するぐらいならいいかも」
希美「うん」
みどり子「そうかしら」
ナカジマ「中々の一品だなぁ」
スズキ「うん。一つ一つに拘りを感じる」
ホシノ「履帯も動くぞ」
ツチヤ「これにエンジン積んだら、走るんじゃね?」
ナカジマ「無理でしょー」
優花里「これなら家の中にあっても床を傷つけたりしなくていいですね!!」
エルヴィン「家の中に入れるためには窓か玄関をぶち壊す必要があるだろうけど」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/10/18(火)22:
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1396616025/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2014/04/04(金)21:53:45ID:6OWIsm2I
獣の巨人「鳴かせてみようホトトギス。なんちって」
信長「猿っ!」
獣の巨人「ははッ!」
2:
以下、名無しが深夜にお送りします2014/04/04(金)21:54:44ID:6OWIsm2I
信長「壁内攻めにいつまでかかっておるのだ! もう5年も経っているではないか。光秀はすでに丹波の国を制圧したというのに貴様は何をやっておる!」
獣の巨人「申し訳ござりませぬ、三の丸はたやすく落ちたのですが、二の丸の守りが思いのほか固く、手こずっておる次第にて」
信長「言い訳は無用。もしひと月以内に落とせなければ、貴様はもう用済みだ」
獣の巨人「……」
信長「あいわかったか。肝に銘じておくがよい」
獣の巨人「ははッ!」
小姓「上様が退出なさいます」
ドスドス
3:
以下、名無しが深夜にお送りします2014/04/04(金)21:55:55ID:6OWIsm2I

ヒュウウウウ………
獣の巨人「お前たち聞いたろ?」
ライナー「はい」
ベルトルト「はい」
獣の巨人「俺たちもう後がないよ? 総攻撃しよっか」
ライナー「それはどうでしょう。例の作戦を使う手もありますが」
獣の巨人「えー? あれはまた別の機会にと思ってたんだけどなあ」
ライナー「俺はいけると思います。それに、耳寄りな情報があります」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします2014/04/04(金)21:57:20ID:6OWIsm2I
ベルトルト「大将、ユミルが我々のところに来てますよね」
獣の巨人「うん知ってるよ。それで」
ベルトルト「そのユミルが、『女神様もそんなに悪い気分じゃない』と言ってるんです」
獣の巨人「何ッ!?」
ライナー「間違いありません。俺たちは確かにそう聞きました」
獣の巨人「あのユミルが…… そうか。これは面白くなってきたね」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1394113020/
1:
◆B2mIQalgXs2014/03/06(木)22:37:00ID:WoFw9qmA
※半年以上前、進撃の巨人をSSでしか知らなかった頃に書いた奴を回収して書き直した。
 キャラ崩壊? 何それ美味しいの? なノリで行く。
?訓練兵団・自主訓練室?
ミカサ「ふぅ………春にしては日差しが強い日」
アルミン「もう夏もすぐそこ、って感じだね。ますます訓練がキツくなりそうだなあ」アハハ
ミカサ「アルミン、貴方も自主練? 既に汗だくみたいだけれど」
アルミン「そうなんだけど、ほんの十キロ走っただけでもうヘトヘトでさ………ちょっと休憩にしようかと思って」
ミカサ「そう…………そういえばそろそろお昼時だし、エレンを呼んで来よう」
アルミン「男子寮に行くの? だったら僕も一緒に行くよ。読みたい本があるから、ついでに取ってこないと」
ミカサ「アルミンは相変わらず本の虫」フフ
アルミン「ミカサこそ、エレンにべったりだね」ハハ
 ガラッ
2:
◆B2mIQalgXs2014/03/06(木)22:38:40ID:WoFw9qmA
エレン「ダラダラした休日みたいなレスの使い方してんじゃねえよこのカスが!! とっととスレタイ通りに俺にレイプされてアヘ顔ダブルピース晒さんかい!!」ボキィイイン
ミカサ「」
アルミン「」
 エレン・イェーガー。主人公である。
 その下半身は剥き出しのズル剥け有頂天であった。
エレン「世界は残酷なんだ。物語はレイプに始まりレイプに終わる。これはそういう世界だ。覚悟を決めて服を脱げ、さあ早く」コーホー
ミカサ(なんという、男気(マンダム)ッ………)
アルミン(こやつは気が狂っておる)
 目が血走り、呼吸は荒く、全身にはうっすらと汗が浮かんでいる。
 股間にそびえたつ益荒男の象徴は、およそ18cm級の業物である。
 本日のエレン・イェーガーは絶好調であった。
3:
◆B2mIQalgXs2014/03/06(木)22:39:35ID:WoFw9qmA
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1412509116/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/10/05(日)20:38:36ID:Y4ZAgRWY
ユミル「寒いな」
ベルトルト「それは、そりゃあ……壁の上だから……寒いよね」
ユミル「気が利かないな。なんか暖めてやろうとするとかないのかよ?」
ベルトルト「えっ。あ、ああそっか、ごめんユミル、じゃあ僕の上着を」
ユミル「イヤいいよ。そしたらお前が寒いじゃねえか」
ベルトルト「あ、でも……。君なんか脚も腕もむき出しなんだし……僕が脱いで君がカーディガンを
      羽織ったら、厚着の僕と薄着の君をいい感じで足して2で割れるよ」
ユミル「しかしな……。おまえのカーディガン、肌がチクチクしそうな毛玉っぷりだが……」
ベルトルト「ああ……確かに。っていうかこれ……前をエルヴィン団長にぶち切られてダルンダルンで、
      着心地の悪さは毛玉があるどころの騒ぎじゃない……」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/10/05(日)20:44:30ID:Y4ZAgRWY
ユミル「で、寒さをどうにかしてくれないのか、ベルトルさん。いや童貞」
ベルトルト「なぜ突然罵りだしたの……。な、なにか怒らせることをした?」
ユミル「ああ。寒いっつったらせめて近くに寄るとかカーディガンの中に招くとか色々あるだろう。
    これだから童貞ハゲは」
ベルトルト「ハゲは関係ないだろ!」
ユミル「おまえのその大きな身体はなんのためにあるんだ……と、わたしは言いたいんだよ。
    かつておまえが巨人になって壁を壊したからわたしは救われたんだ……。
    そのときみたく、その大きな身体で寒さから救ってくれてもいいだろ」
ベルトルト「……とにかく僕の身体で君の身体を温めろってこと。
      駄目だよ。女の子が男と密着するなんてそれは童貞にはとんでもないことだよ。
      大体君はクリスタが」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/10/05
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1399036803/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/05/02(金)22:20:03ID:OPyx3KS.
夜、男子寮
コニー「俺、気づいちまったんだけどさ」
ジャン「ああ」
コニー「ライナーとベルトルトって巨チンだよな」
ライナー・ベルトルト「!?」
ジャン「おまえ、今更何言ってんだ? まあチンコも体格に比例してんだろ。こいつらはいかにも男って感じだからな」
マルコ「コニー、ぶしつけにそういうことを言うのはよくないぞ・・・・ごめんね二人とも」
コニー「なあ、おまえらウォールマリア南東出身だっけ? やっぱ村の大人もそうだったのか?」
ライナー・ベルトルト「・・・・・・」
マルコ「ライナー?」
ライナー「あ? ああ、・・・・・・そうかもな、俺たちの村のヤツらはみんなこんなもんだったぜ」
ジャン「ふーん。うらやましいこって」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/05/02(金)22:25:16ID:OPyx3KS.
コニー「へー。あ、でもベルトルトの1年目から剥けてたけどアレは出身関係ないだろ? いつ剥けたんだ?」
ベルトルト「え。じゅ、11歳くらいかな・・・・・」
マルコ「11歳!? 早いね」
ジャン「いや、それは普通じゃねーだろ。・・・・11歳のときなにかあったのか? それっていうことは・・・・・」
ベルトルト「あ、・・・・・ああ。・・・・・・明け方だった」
ライナー「・・・・・?」
ベルトルト「やけに隣室が騒がしくて、耳慣れない喘ぎ声が次第に大きくなり・・・・・
      それが近所の女性のものだと気づいて急いで扉を開けたら――――」
ジャン・マルコ・コニー「・・・・・!」
ベルトルト「その後は・・・・えっと、あまりよく覚えてない・・・・皆ひどく興奮したんだ。
      女性は男に乗って朝まで続けた。僕は調子に乗って、朝になると皮まで剥けてた」
ジャン「・・・・・詳細はわからんが・・・・・衝撃的な体験をした・・・・ってことだよ
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1398424919/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/04/25(金)20:21:59ID:f4BrmpEM
教官の部屋(食堂の隣)
ワイワイ・・・・
キース(・・・・・なにやら食堂が騒がしいな)カリカリ
・・・・・シツケーヨ、ミカサ! エレン・・・
キース(またイエーガーか・・・・・。これはこのあとキルシュタインと揉める。そろそろ出番か。
   
    そして、アッカーマンがブラウスをネタにフォローする。この流れだろうな。
    今日はアッカーマンは、ブラウスが何を放ったことにするのか・・・・・)カリカリ
デモ・・・・・ト、オモウ デモヨ・・・・・
キース(ん。キルシュタインはいないのか・・・・・。イエーガーとアッカーマンだけなのか?
    なにやら深刻なようにも聞こえるな・・・・・・)ピタ
「・・・・・そういう言い方はよくない、エレン。これはカルラさんが教えてくれたことなのに」
「それとこれとは関係ないだろ。俺たちはもう兵士なんだぞ!・・・・・」
キース(カルラだと・・・・?)
・・

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/04/25(金)20:24:01ID:f4BrmpEM
食堂
エレン「兵士らしくするってことが、母さんのためにもなるんだ! そんないつまでもガキでいられるか!」
ミカサ「それで無理をして、体調を崩しては本末転倒。あなたは向こう見ずなところがある。
    カルラさんもよく言っていたし、実際に入れるのも早い」
エレン「んだよそれ! 母親ぶってるようなこと言うな!」
ミカサ「そこでいちいち反応しない。余計に子供に見える」
エレン「腹立つな・・・・!」
ガチャ
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/04/25(金)20:24:53ID:f4BrmpEM
クリスタ「・・・・・ふ、二人とも、大丈夫? どうかしたの・・・・・」
ユミル「オイ声が廊下まで響いてたぜ。気をつけねーと
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1447958008/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/11/20(金)03:33:28ID:FmNS2xNw
今回は真面目にやります
NTR注意

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/11/20(金)03:34:17ID:FmNS2xNw
ジャン「ふん……今更そんなこと言っても遅ぇんだよ」
ミカサ「ジャン、やめて……私にはエレンが」
ジャン「はっ、こんな時までエレンエレンかよ」
ジャン「まぁ安心しろよ、俺のことしか考えられなくしてやるからな……」
ミカサ「くっ……」ジタバタ
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/11/20(金)03:34:58ID:FmNS2xNw
ジャン「おっと、抵抗しようなんて思わないほうがいいぜ」
ジャン「全身にクスリがまわって苦しくなるだけだからな……」
ミカサ「――――――っ!?」ビクンッ
ジャン「おっ、そろそろ効いてきたか?」
ミカサ(体が……熱い。まるで……)
ミカサ「っ……はぁ//」
ジャン「イイ……イイぞミカサ。すっげぇエロい……」
ジャン(闇市で手に入れた原料不明の媚薬。まさかこんなに効くとはな……)
ミカサ「エレン……」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/11/20(金)03:36:01ID:FmNS2xNw
ジャン「またエレンかよ……」ハァ
ジャン「なぁミカサ、もう全身疼いてしょうがないんだろ?」
ミカサ「……そんな、ことは」
ジャン「どこから触ってほしい? ほら言えよ、お前の口から」
ミカサ「触らないで……」ハァハァ
ジャン「わかったよ、お望み通り御開帳してやるよ」カチャカチャ
ミカサ「やめて……!」
ジャン「へえ……体の方はそうは思ってないみてえだけどな!!」ガバッ
ミカサ「っ……!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1447542395/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/11/15(日)08:06:35ID:/xruv.I2
NTR注意

3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/11/15(日)08:08:36ID:/xruv.I2
ジャン「ふん……今更そんなこと言っても遅ぇんだよ」
ミカサ「ジャン、やめて……私にはエレンが」
ジャン「はっ、こんな時までエレンエレンかよ」
ジャン「まぁ安心しろよ、俺のことしか考えられなくしてやるからな……」
ミカサ「くっ……」ジタバタ
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/11/15(日)08:13:00ID:/xruv.I2
ジャン「おっと、抵抗しようなんて思わないほうがいいぜ」
ジャン「全身にクスリがまわって苦しくなるだけだからな……」
ミカサ「――――――っ!?」ビクンッ
ジャン「おっ、そろそろ効いてきたか?」
ミカサ(体が……熱い。まるで……)
ミカサ「っ……はぁ//」
ジャン「イイ……イイぞミカサ。すっげぇエロい……」
ジャン(闇市で手に入れた原料不明の媚薬。まさかこんなに効くとはな……)
ミカサ「エレン……」
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/11/15(日)08:17:24ID:/xruv.I2
ジャン「またエレンかよ……」ハァ
ジャン「なぁミカサ、もう全身疼いてしょうがないんだろ?」
ミカサ「……そんな、ことは」
ジャン「どこから触ってほしい? ほら言えよ、お前の口から」
ミカサ「触らないで……」ハァハァ
ジャン「わかったよ、お望み通り御開帳してやるよ」カチャカチャ
ミカサ「やめて……!」
ジャン「へえ……体の方はそうは思ってないみてえだけどな!!」ガバッ
ミカサ「っ……!!」
ジャン「ほら見ろ! すっかり勃起してんじゃねえか―――――」
6:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/11/15(日)08
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/06/18(日)00:38:51.83
ID:NiEbxVsP0
□短いです
□4人がワイワイしてるだけ
□いつものように何かぶっ飛んだことが起こったりしないです
エルヴィン「……は?」ドンビキ
カエサル「ま、待て待て!そんな目で見るなっ!」
おりょう「そうぜよ!この演出を考えるのに何日掛かったと思ってるぜよ!」
左衛門佐「渡す際の言葉だって敢えてシンプルにしたんだぞ!」
エルヴィン「いや、そう言われても日付が変わったと同時に身体にリボンを巻き付けた状態で部屋に飛び込んで来た末にそんな事言われたら……」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1497713931
引用元:

【ガルパン】カエサル「誕生日おめでとうエルヴィン!プレゼントは私達だ!」 


ガールズ&パンツァー最終章第1話(特装限定版)[Blu-ray]
postedwith
amazletat18.06.12
バンダイビジュアル(2018-03-23)
売り上げランキング:229
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1400334697/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2014/05/17(土)22:51:37ID:tBqCgCAo
※この話はエレンがライナー達に連れ去られたところから始まります

ミカサ「アルミン!エレンは!?エレンはどこ!?」
アルミン「…エレンは連れ去られたよ。ユミルもだ。ベルトルトとライナーに……それからもう…5時間は経ってる」
ミカサ「っ!…ああ、またこれか…」ズキッ
アルミン「どこか痛いの?」
ズキンッ!
ミカサ「っ!?」ヨロッ
アルミン「ミ、ミカサ!?だ、大丈夫!?」
2:
以下、名無しが深夜にお送りします2014/05/17(土)22:52:36ID:tBqCgCAo
ミカサ(い、いつもより痛む…何よりも大切なエレンを失ったから?それとも……)ズキンッ!
『ミカサ…この印は私達一族が受け継がなきゃいけないものなの。そしてこの印のせいで今からあなたに記憶障害が起きるわ…』
『愛する者を守りたいのなら、あなたはこの印の力を…支配しなくてはならないの』
ミカサ「!!…そうだった……私の右手にはお母さんから受け継いだアレが…」
アルミン「ミ、ミカサ…?」
ミカサ「……アルミン、もう大丈夫」スクッ
アルミン(な、何だかわからないけど…いつものミカサじゃないみたい)
ハンネス「……なあお前ら」スタスタ
ミカサ「ハンネスさん、野戦食料を持ってきてくれてありがとう」
ハンネス「お、おう…よくわかったな。ほら、食え」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします2014/05/17(土)22:53:12ID:tBqCgCAo
ミカサ「…もう大丈夫」モグモグ
アルミン「えっ?」モグモグ
ミカサ「エレンの元に辿り着いたら…後は私がエレンを救う」
アルミン「ミカサ…お願いだから何でも一人でしようとしないでよ」
ミカサ「…ありがとうアルミン。でも…むしろ周りに居られると本気を出せない。お願い…私の傍には近寄らないようにして」
アルミン「…う、うん」
__
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/05/22(日)22:04:03.63
ID:SLM9teQH0
※キャラ崩壊はさせないつもりです
てゆーか需要あるかな?
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1463922243

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/05/22(日)22:06:56.63
ID:SLM9teQH0
有吉「でも戦車道って”良妻賢母を育成する女子のたしなみ”ってやつでしょ、オカマがやるってどうよ」
マツコ「あら戸籍をいじれば誰かの妻にはなれるし養子や連れ子って手もあるわよ」
有吉「うわっオカマの母ちゃんはマジ勘弁だわwww」
マツコ「うるさいわね、本題は戦車道の方でしょ!てゆーかそもそもやりたくて戦車道やるわけじゃないんだから」
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/05/22(日)22:17:01.49
ID:SLM9teQH0
有吉「へー、じゃあ何でやるの?」
マツコ「仕事よ、仕事。LGBTがどうのこうのってなんか最近TVでもやたらやってるでしょ」
有吉「ベーコンレタストマトバーガー?」
マツコ「つまんないボケはいらないわよ!!」
夏目「フフフッ」
マツコ「事務所が政府広報の仕事受けちゃったから仕方なくよ」
マツコ「国内外に日本はLGBTに真剣に取り組んでますよアピール?おかげで体中アザだらけなんだから」
有吉「あー、マツコさん影響力あるから」
マツコ「なによ、アンタのほうが影響力あるんだからね、そのうちイジメやパワハラ対策の啓発の仕事くるかもしれないわよ」
有吉「無い無いwww」
13:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/05/23(月)21:00:57.18
ID:YYmHVy/R0
有吉「それでマツコさんどの戦車に乗るの?タイガー?ソ連のTなんとか?」
マツコ「アンタ全然戦車のコト知らないわね?」
有吉「あんま興味ないから」
マツコ「KV-2」続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1444823619/
1:
◆uSEt4QqJNo2015/10/14(水)20:53:39ID:xUum/Aqc
ハンジ「お誕生日おめでとーう!! エルヴィン!」バターンッ!
エルヴィン「……少し早いがありがとう、ハンジ」
リヴァイ「ノックぐらいしろ、クソメガネ」
ミケ「すまん、エルヴィン。ノックして開けろとは言ったんだが」
エルヴィン「いいさ。みんなお揃いでどうした?」
ハンジ「誕生日だってのにみっちり仕事を入れてる仕事中毒に休暇のプレゼントだよ」
エルヴィン「誕生日は明日だが?」
ミケ「明日が休暇だ。明日は書類だけだろう? しかも俺達が代行できる物のはずだ」
2:
◆uSEt4QqJNo2015/10/14(水)20:54:27ID:xUum/Aqc
エルヴィン「しかし休暇届けなど出していないしな……」
リヴァイ「ミケが手配している」
ミケ「ふふん」スンッ
エルヴィン「いつからお前は俺の秘書になったんだ、ミケ」
ミケ「今回限りな」
ハンジ「そんなわけだから明日はお休みだよ。間違っても執務室に来ないようにね」
エルヴィン「ハンジに言われるとはな」
ハンジ「ぬ」
リヴァイ「お前なら間違いなく研究室に来るな」
ハンジ「残念! 休みの日は資料室だね!」
ミケ「結局休んでないな」
ハンジ「うるさい男共だ。エルヴィン、今日はそこそこに切り上げるんだよ?」
3:
◆uSEt4QqJNo2015/10/14(水)20:55:10ID:xUum/Aqc
リヴァイ「そのまま普段のお前にぶつけたい言葉だな」
ミケ「さもありなん」
エルヴィン「徹夜も程々にな、ハンジ」
ハンジ「エルヴィンに言ってるのになんで私に返ってくるのさ!!」
リヴァイ「自分の胸に手をあててクソ程考えろ」
ミケ「ゆっくり休めハンジ」
エルヴィン「身体を労ってやれ」
ハンジ「わかったわかった!! 私の事はもういいから! とにかく明日は休みだからね、エルヴィン!」
エルヴィン「ははは、わかった
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1434886438/
1:
◆uSEt4QqJNo2015/06/21(日)20:33:58ID:JIfgmdjw
*6月号69話までのネタバレ有り
特に69話が好きな人は見てはいけない
2巻と混ざってるようで2巻じゃない
次レスからネタバレ満載
2:
◆uSEt4QqJNo2015/06/21(日)20:35:09ID:JIfgmdjw
暴漢「おりゃ!」ドスッ
ミカサ父「ぐあっ!」
ミカサ「お父さん!!」
ミカサ母「あなた!!」
暴漢「はっ、あっけねぇな」
「そいつはアッカーマン四天王の中でも最弱」
暴漢「だ、誰だ!?」
ケニー「ケニー・アッカーマンだ」
リヴァイ「リヴァイ・アッカーマンだ」
クシェル「クシェル・アッカーマンよ」
リヴァイ「母さん!?」
3:
◆uSEt4QqJNo2015/06/21(日)20:36:56ID:JIfgmdjw
ケニー「おい、おいおいおいおいおいおいおいおいおいおい、お前死んだんじゃねぇのか」
クシェル「兄さん、おいが多いわ。ミカサちゃんがこのくらいなら多分生きてたんじゃないかしら?」
リヴァイ「いや、死んでる」
クシェル「まぁ、いいじゃない」
じいさん「そうじゃ、いいじゃないか」
リヴァイ「誰だ!?」
ケニー「お前の曾じいさんだ。あんたも死んだんじゃねぇのかよ」
じいさん「奇跡の復活を果たした。曾孫よ、初めまして」
リヴァイ「あ、ああ」
クシェル「リヴァイ、ちゃんとご挨拶しないとダメよ」
リヴァイ「は、初めまして」
4:
◆uSEt4QqJNo2015/06/21(日)20:37:51ID:JIfgmdjw
ミカサ「そんなことより私を含めると6人になってしまうのだけれど」
ケニー「お前さんはまだ小さいから四天王にはなれねぇな」
ミカサ「……そう」
ミカサ父「ミ、ミカサ」
ミカサ「お父さん!」
ミカサ父「お前に……これを」
ミカサ「これは?」
ケニー「四天王の証だ。
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528117188/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/04(月)21:59:49.29ID:Q+QX2Pgp0
※多少独自設定とかあります
累「そうよ。二人にぜひお願いしたいんだけど、引き受けてくれないかな?」
可奈美「イメージアップって具体的にはどんなことをするんですか?」
累「具体的には二人の色々な写真を撮らせてほしいの」
可奈美「写真ですかー」
累「刀使の女の子の日常を撮影したり、二人のステキな写真を使って、刀使のイメージアップを図るのよ」
姫和「なぜそれを私と可奈美が?」
累「二人は御前試合の決勝進出者でしょ? それに可愛らしい感じの可奈美ちゃんとキリッとシャープな顔立ちの姫和ちゃんは絵になると思うのよねー!」
姫和「ちょっと待て。御前試合の決勝で私が何をしでかしたのか憶えてないのか?」
累「あー、まぁ、そこらへんはこっちの方でなんとかしておくから大丈夫! それに、貴方たちが御前試合でしたことは世間には公表されてないから何も問題ないの!」
姫和「そ、そうなのか…」
累「お願いできないかな?」
姫和「い、いや、だが…それは私の写真が全国に出回るという事だろう…? それは…」
可奈美「うーん、私も全国に出回るとなるとさすがに恥ずかしいかも…」
姫和「それに絵になるというのなら獅童真希と此花寿々花の二人の方が適任じゃないか?」
累「いやいや、二人だって負けてないわよ! それにあの二人は去年と一昨年のイメージアップキャラクターだったからね」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/04(月)22:02:56.60ID:Q+QX2Pgp0
可奈美「あっ、そういえば見たことあるかも!」
累「二人のステキな写真が撮れれば、きっと刀使志望の子が増えて、その中からすっごく強い刀使の子もバンバン出て来てくれると思うんだけど…」チラッ
可奈美「すっごく強い刀使の子…」ゴクリ
累「どう、やってくれないかな?」
可奈美「
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1441007822/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2015/08/31(月)16:57:02ID:b0KMpp8.
アルミン『そう!現実には起こり得ないあんな事やこんな事を、物語のように自由に書き記すことができるんだ!』
ミカサ「アルミン、教えてくれてありがとう…これで私もエレンとあんな事やこんな事を…ぐふふ」
2:
以下、名無しが深夜にお送りします2015/08/31(月)16:59:10ID:b0KMpp8.
ミカサ「さて、何から書こう」
ミカサ「とりあえずエレンといちゃいちゃできれば何でもいい…」
ミカサ「でも、私には言語力がない…ので、あまり上手くは書けないと思うけど…頑張ろう」
ミカサ「まずは──」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします2015/08/31(月)17:02:12ID:b0KMpp8.

みかさ『えれん。おはよう』
えれん『おはよう』
みかさ『きょうはなにしてあそぶ?』
えれん『そぎあいかなー』
みかさ『わたしもそぎあいすき。やろう』
えれん『わくわく』
みかさ『わくわく』
4:
以下、名無しが深夜にお送りします2015/08/31(月)17:03:05ID:b0KMpp8.

ミカサ「……」
ミカサ「……」ケシケシ
ミカサ「……」
ミカサ「ここは図書室。何かの物語を参考にしてみよう」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。