SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
作品:涼宮ハルヒの憂鬱
<<
2020年02月
>>
23件取得
人気記事順表示
重複記事表示
<<
0
>>
3:
以下、名...-
2011/01/08(土)04:33:19.27
fHusWc8mP
1/38
キョン
「……暇だな」
キョン
「新年早々ハルヒのヤツが風邪引いたせいで全然遊んでないからな」
キョン
「煩わしいと思ってた団活もないとなると寂しいもんだ」
キョン
「……」
キョン
「せっかくの冬休みをこうやってダラダラ過ごすのもなんだな」
キョン
「谷口と国木田でも誘ってどこか行くか」

元スレ
佐々木「君から誘われるなんて僕は嬉しいよ」
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1294428004/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2008/07/26(土)01:48:31.13
ID:fyCYkZhP0
今日も世界は平和である。
平和イコール退屈である、という論理は、俺としても分からなくはない。
だが今の俺には成り立たない論理だ。
ある日教室に呼び出されて宇宙人に襲撃されたり、タイムトラベルの挙句に銃型注射器を人に打ちこま
にゃならなくなったりする状況下はスリリングではあるが、
長らく続けばどんな飽き性の人間でも平穏な日常が恋しくなるもんだろう。
平和は世界を救うのだ。
平和がいかに貴重な日々であるか、傍若無人かつ天上天下唯我独尊なSOS団団長涼宮ハルヒを説き伏せ
てやりたいところだが、今は話を変えよう。
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2008/07/23(水)23:49:02.40
ID:S0Kbx+YyO
なんの変哲もないいつもの放課後の部室。
目の前で自軍の黒石を大量にひっくり返されている古泉を眺めているうちに、ある疑問が俺の頭にちらついた。
こいつって、こんな何気ないテーブルゲームをやってるだけなのにいつもニコニコと楽しそうに笑ってるよな。
ハルヒの前でキャラ作りをしているのかとも思ったが、一つの仮説が心を掠めた。
…もしかしてこいつは、機関なんぞに所属しているせいでまともに同年代の友人と遊んだ事がないんじゃないか。
だからこうして、こんなくだらないテーブルゲーム一つでも、たとえ負け続けていても、
ニコニコと楽しそうにしているんじゃないか、と。
続きを読む

[ 閉じる ]
02/24 (23:03) SS★STATION
動画はこちら

管理人変更に伴いSS★STATIONは新規リニューアルしました。
続きは下記リンクからどうぞ
【動画】猫がキョンシーになる決定的瞬間がこちら
※過去のSSはそのまま残します。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
2008/05/10(土)07:30:26.40
ID:mC8TvaGk0
キョン「おはようさん」
古泉「わ、まさかこんな所でお会い出来るとは……本当に奇遇ですね」
長門「……おはよう」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2010/07/14(水)03:11:25.57
ID:qLZ1t9EDO
キョン「朝倉だよな」
古泉「同意せざるをえませんね」
キョン「あのむっちりしたふともも、意外とボリュームのある胸。あれに顔を埋めながら眠れたら・・・他になにもいらん」
古泉「異論を挟む余地がありません」
キョン「しかし、一つ重大な問題がある」
古泉「なんでしょう?」
キョン「朝倉は長門に消されちまってもういないってことだ」
古泉「ジーザス・・・なんてことでしょう」
キョン「くそっ・・・俺はどうしたらいいんだ!」
古泉「ならば、他の女性に抱きまくらになってもらってはいかがですか?例えば涼宮さんなんて」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2010/07/31(土)20:57:01.34
ID:4B5GSQoR0
コンコン、ガチャ
古泉「おや、まだお2人だけですか?」
長門「朝比奈みくるは私用があると言っていた、涼宮ハルヒは歯医者」
古泉「それはそれは。では今日は中止ですか?」
キョン「ああ、俺はちょっとやる事があるからまだ帰らんけどな」カタカタ
古泉「ほう、貴方がパソコンとは珍しい」
キョン「あー、そうか?」カタカタ
キョン「・・・よし、と」カタカタ、タン
古泉「随分熱中しておられたようですが、一体何を?」
キョン「いや、すごい面白い小説の原本を電子化してたんだ」
古泉「ほう、興味深い。それは貴方の書いた小説ですか?」
キョン「んな訳あるか、拾ったんだよ」
古泉「んふ、そうでしょうね」
キョン「読んでみたんだが、とても面白くてな」
キョン「調べたが出版されてない作品だったんだ」
 
引用元:
・長門「黒歴史を発表する」 


京アニショップ限定劇場版「涼宮ハルヒの消失」長門有希1/8PVC塗装済み完成品
postedwith
amazletat20.02.16
京都アニメーション
売り上げランキング:251,982
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/09(日)17:17:39.55ID:NEgFNGyE0
◆序章 言葉にできない
 「私には正しさが必要なのよ」
 朝倉涼子は、たびたびその言葉を口にしていた。
 「それはあやふやであり、感情的であり、我々には不要なもの」
 そのたびに長門有希はそう返答した。朝倉は長門の顔を恨めしそうに見つめたあとで
 「長門さんには分からないことなのよ」
 そう、恨み言のように呟く。
 それは彼女たちの間で幾度となく繰り返された、儀式のようなやりとりだった。
 その短いやり取りを繰り返すことが、二人が二人であることを忘れずに有り続けるために
 絶対に欠かしてはならない、おまじないのようなものだったのだ。
 朝倉涼子は、毎日決まった時間に買い物に行き、毎日決まった時間に台所に立ち
 毎日決まった時間に、長門有希を食卓に呼んだ。
 それは世界が二人を必要とした
 「私にはこれが必要なことなのよ」
 長門には朝倉の言う『必要』であるということが、どういったものなのか
 長い間、理解することが出来なかった。
転載元:
朝倉「空と君とのあいだには」 


TVアニメ長門有希ちゃんの消失CHARACTERSONGSERIES“InLove”case.2ASAKURARYOKO
postedwith
amazletat20.02.16
朝倉涼子(桑谷夏子)
ランティス(2015-05-27)
売り上げランキング:237,930
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月)00:04:11.03ID:1+6izj7I0
佐々木「ん? 呼んだ覚えはない?
    それはおかしいね。僕の携帯電話にはしっかりと君からのメールが届いているんだ。
    この事実さえも君は嘘だと言うのかい?
    ……俺に身に覚えはないって……それはないよ、キョン。
    一体僕がどれほど今日という日を待ち望んでいたか君には想像できないのかい?
    な、何を言っているんだ、キョン。そういう意味ではなくて、親友との久しぶりの再会だ。
    楽しみじゃない訳がないだろう?
    ……そうだよ。どうやら久しく会ってない間に、君も少し変ったみたいだね。
    …………鈍感なくせに、余計なところだけ察しがいいなんて、困ったものだよ。
    ん? いや、なんでもないんだ。気にしなくていい」
転載元:
佐々木「おや、僕を部屋に呼んでおいてその顔はなんだい?キョン」 


涼宮ハルヒの憂鬱|抽プレ図書カード◆涼宮ハルヒ佐々木|2012年高校生クイズイベントいとうのいぢ谷川流
postedwith
amazletat20.02.15
図書カード
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名...-
2010/05/12(水)02:11:36.24
wFxoyN830
1/100
みくる
「えーっと……」
長門
「?」
みくる
「あの……」
長門
「食材はふたりが用意することになっていたはず。その事で困惑しているのなら、私が困惑する」
みくる
「えっ!?」
長門
「??」
ガチャッ
古泉
「すいません、少々遅れて……。おや、まだ涼宮さんはいらっしゃってない様子ですね。助かりました」
みくる
「あっ、はい。こんにちはー」
長門
「……」
古泉
「こんにちは。今日は涼宮さんと彼は掃除当番でしたっけ?」
みくる
「いえ、おふたりなら――」
長門
「先週の不思議探索中に約束していた映画の下見」
みくる
「ということです」
古泉
「ああ、そうでしたか。それにしても映画の下見……ですか。涼宮さんらしいと言えばらしいですが、彼がそれを聞いた時に言ったであろう台詞が完全に再生されますね」

元スレ
長門「コンロと土鍋の準備は出来ている。来訪予定時刻は?」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1273597896/
続きを読む

[ 閉じる ]
8:
スレ立て感謝-
2011/03/24(木)20:50:34.24
o+9rZk+30
1/70
キョン
「お前でもクシャミをすることがあるんだな」
長門
「……」
キョン
「風邪か?」
長門
「違う。鼻がムズムズしただけ」
キョン
「そっか」
長門
「そう」
キョン
「どっちにしろ身体には気をつけろよ」
長門
「……」
キョン
「もうそろそろ花粉症の季節だしな」
長門
「クチョン」
キョン
「花粉症か?」
長門
「違う」
キョン
「そっか」

元スレ
長門「クチュン」キョン「……クシャミか今の?」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1300967280/
続きを読む

[ 閉じる ]
3:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2010/07/24(土)11:04:03.30
ID:lehTqLhKO
ぼく「涼宮ハルヒ、ですか?」
哀川「そっ、玖渚機関の傘下の機関が神と崇める少女。面白そうだろ?」
ぼく「まぁ興味はありますけどね。もう少しマシな拉致り方は無かったんですか……」
哀川「だってふつーに頼んでもつまんねーだろ?」
ぼく「はぁまあ良いですけどね。それでこの子と接触するのが今回の仕事ってわけですか……」
哀川「うんにゃ、今回はあたしのお遊びだよ。ぱぱっと北高に潜入して、どんな奴なのか見てやろうかと思ってね」
ぼく(なんて人だ……)
哀川「そんなの今さらだろ?」
ぼく「心を読むのは止めてください」
引用元:
・いーちゃん「涼宮ハルヒ、ですか?」 


美少年蜥蜴【影編】(講談社タイガ)
postedwith
amazletat20.02.12
西尾維新キナコ
講談社
売り上げランキング:66,387
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
2008/12/01(月)23:04:54.78
ID:rPaOOJHsO
キョン「なあ、古泉」
古泉「何でしょう?」
キョン「知り合いに渚くんって居るか?」
古泉「いいえ」
キョン「ウォシュレット好きか?」
古泉「いいえ」
キョン「超兄貴好きか?」
古泉「いいえ」
キョン「松茸好きか?」
古泉「いいえ」
キョン「バスケは好きですか?」
古泉「え?」
キョン「トシ、サッカー好きか?」
古泉「誰ですか?」
キョン「すまん…」
古泉「いえ…」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2010/09/19(日)19:30:06.82
ID:SHXEjeKn0
?放課後 SOS団部室?
みくる「え? 涼宮さん今日学校に来てないんですか?」
キョン「ええ。珍しく休みみたいです」
みくる「どうしたんでしょう? 風邪でしょうか?」
キョン「分かりません。学校側にも何も連絡してないみたいですし」
キョン「古泉、お前は何か知らないか?」
古泉「機関からの報告によりますと、涼宮さんは今日家から一歩も外に出ていないようです」
キョン「そうなのか? 本当に何してるんだアイツ……」
みくる「電話してみたらどうですか?」
キョン「何度も電話掛けてみたんですが、アイツ出ないんですよ」
古泉「単なるズル休みでもなさそうですね。心配です」
キョン「何か厄介なことが起こる前触れじゃないだろうな?」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2020/02/11(火)20:59:57.10
ID:IEJuNBz7O
「バレンタインデーなんて、くだらない」
俺がまだ中坊だった頃の話だ。
2月14日のバレンタインデーが近づき、教室内に甘ったるいチョコレートの香りが漂っているのではないかと思うほど浮ついた学友達を睨み、前の座席の女生徒は忌々しげに吐き捨てた。
「キョン、キミもそう思うだろう?」
まるでそれが世間一般の見解であるかのように同意を求めてくるが、凡庸たる俺には世の中の空気や流れに叛逆する気概など持ち合わせてはおらず、当たり障りのない返答で茶を濁した。
「そう邪険にしなくてもいいだろう。楽しんでいる奴らが居ることには違いないわけだしさ」
「おや。キミもそのひとりと言うわけかい? やれやれ、よもやキミが僕を裏切るとはね」
大仰な物言いで露骨に失望を露わにしてきた。
僕なんて一人称と、男みたいな口調であるが、こいつは歴とした女であり、女子中学生だ。
もう少し、この華やかなイベントを楽しんだとしてもバチは当たらないと思うがね。
「ふん。いいかい、キョン。少なくともこの日本においてはバレンタインデーなど菓子メーカーの企業戦略に過ぎないんだよ。クリスマスプレゼントと同様に、と言えばキミにもわかるかい? 僕の記憶が間違っていなければ、確かキミはサンタの存在を信じていなかったよね?」
たしかに俺はガキの頃からクリスマスにプレゼントを配る赤服のじいさんの存在をこれっぽっちも信じちゃいなかったが、それと聖ウァレンティヌス伝説はなんら関係ない。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1581422397
引用元:

キョン「ほらよ」佐々木「ん? なんだい、この小包は?」 


涼宮ハルヒの憂鬱ブルーレイコンプリートBOX(初回限定生産)[Blu-ray]
postedwith
amazletat20.02.11
角川映画(2010-11-26)
売り上げランキング:4,253
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
02/09 (20:00) SSなび
13:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/09/02(金)01:09:21.35ID:1FX+g+CE0
キョン「そうだな、親友だな」サワサワ
佐々木「…」
キョン「…」フウッ
佐々木「…キョン、友人は背中をなぞりながら耳に息を吹きかけたりしなっ…い」
キョン「そうか?」
佐々木「そうだよ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
12008/07/25(金)18:05:00.28ID:KvcoXAubO
ハルヒ「有希はどっちを助けるの!?」
長門「みくる」
ハルヒ「…私とキョンなら!?」
長門「キョン」
ハルヒ「じ、じゃあ私と」
長門「古泉」
ハルヒ「…キョンとみくるちゃんと古泉君なら」
長門「三人全員助ける」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2009/03/16(月)23:56:20.56
ID:S3tDE5dF0
DIO「ただのつまらん人間に興味は無い・・・私に永遠の忠誠を誓える者だけ来い。以上だ」
ハルヒ(な・・・何こいつ・・・上半身裸じゃない・・・・・・しかも自己紹介なのになんで顔隠してんのよ)
教師「つ・・・次・・・」
ハルヒ「あ、東中出身、涼宮ハルヒ。ちょっとオカルト好きです。よろしく」
ハルヒ(って普通の自己紹介しちゃったじゃないの!せっかくのチャンスが・・・・)
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/17(金)02:19:45.50
ID:zkz27ckRO
「やあやあ、キョンくん。奇遇だねっ!」
唐突ではあるが、SOS団の名誉顧問。
鶴屋さんについて、語らせて貰おう。
とはいえ紹介する前に彼女は颯爽と出現した。
「ん? なんだい? そんな見つめちゃってさっ! あたしの顔になんかついてるにょろ?」
この語尾がやたらにょろにょろしている鶴屋氏は、朝比奈さんと同学年の二年生であり、俺との関係は先輩後輩の間柄である。実に光栄だ。
「あっはっはっ!あたしの方こそ光栄さっ!」
快活な笑顔が眩しい。
自分もこんな風に笑えたらとつくづく思う。
チャームポイントである八重歯が輝いている。
「んー? おやおや、なんだい、キョンくん。あたしの八重歯っちが気になるのかいっ?」
八重歯っち……だと。
破壊力が留まるところを知らない。
防御力が底をつき、完全に無防備な俺に。
「そんなに気になるならキスしよっか?」
言葉を失うとは、まさにこのことだと思った。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
風吹けば名無し
2020/02/03(月)13:06:55.49
ID:7cK/zMvp0
悲しいなぁ…
関連
清楚で真面目な彼女が、最凶ヤリサーに勧誘されたら…?
【削除注意】変態JKがコスプレオナニーしまくってる「裏TikT●k」だと話題の公式アプリがこちらwwwwwww
【画像】ドコモショップの店員ってエロくない?wwww
ビルメン俺「宿直暇だしUNOでもするか」みんな「そだねー」
私「新婚旅行の見送りに行くね」兄「おk」→当日、両親と空港に行ったら、兄嫁に罵倒された。
【規制寸前】スナチャのエロ版が大流行!裏垢女子たちがロリ顔フィルターでえちえち配信しまくりwwww
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/11(土)21:36:33.06
ID:tYd/KiKIO
「キョン……僕の話を聞いてるのかい?」
「んあ?」
「どうやら全く聞いてなかったようだね」
あれはまだ、俺が中坊だった頃。
同じクラスに佐々木という変わった奴が居て、同じ学習塾に通ったこともあり親しくなった。
変わっていると言っても、どこぞの団長様のように毎日髪型を変えたり校庭に地上絵を描いたりすることはないのだが、何故か男子相手に限定で、まるで男のように振る舞う奴だった。
「すまん、なんだって?」
季節は冬であり、まるで強いられているかの如く、狂ったように温風を吐き出す教室内に設置された暖房の熱気にやられて、授業の後、ぼうっとしていて聞きそびれた俺に、佐々木はやれやれと嘆息して、こんなことを尋ねてきた。
「だから、もしキミが貰うならマフラーと手袋だったらどちらが必要かと聞いているんだ」
なんだ、何かと思えばそんな話か。
マフラーと手袋。究極の選択である。
守るべきは手か首か。悩みどころだ。
急所という意味ではまず真っ先に首を守るべきだろうとは思うが果たしてそれが正解なのか。
すぐに返事が出来ない優柔不断な俺を見て、佐々木はまたしてもやれやれと首を振り、くつくつと喉の奥を鳴らして笑った。
「そんなに悩むことかい?」
「若いんだから、悩ませろよ」
「それは若者の台詞ではないと思うよ」
それもそうだなと思い、俺は結論を出した。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2010/09/28(火)20:56:01.20
ID:2CnABQIrO
ハルヒ「キョンとあの佐々木さんって人、仲良かったってホントなのかしら?」
古泉「彼の中学時代の同級生によれば、結構仲良く見えたそうですよ」
みくる「あっ、わたしも聞いたことあります!
  付き合ってったんじゃないか、って周りには思われてたらしいですね」
長門「……!」ガタッ!
ハルヒ「その話……ホント………なの?」
みくる「えっ……?」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2010/04/06(火)00:42:22.85
ID:tjlauCkS0
「メり―ー―ーさん」

キョン「ん?」
妹「たぶんキョン君宛てだと思うよ?」
キョン「なんだろ、身に覚えがないな」
キョン「ん? んだこれ」
中身は四肢のない人形であった。
可愛らしい顔をしているが胴体と頭しかない。
キョン「なんだ……」
キョン「……ん?手紙か…? これ……」
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。