SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
作品:勇者・魔王系
<<
2017年03月
>>
33件取得
人気記事順表示
重複記事表示
<<
0
1
>>
03/23 (22:20) ワンワン速報
1:
12013/11/24(日)20:04:57.00
ID:FBYCuiGJ0
兵士「女騎士様!我が部隊はそれはもう壊滅的です!」
女騎士「見ればわかる!」
兵士「いかがいたしますか!?」
女騎士「撤退だ!撤退!負傷者は馬に乘せろ!荷物は減らせ!」
女騎士「剣もいらん!ナイフがあれば多分困らん!」
女騎士「とにかく死ぬ気で逃げろ!私に続け!」
兵士「了解!撤退だー!!引け?!!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
女騎士「・・・ふぅ。だいぶ離れたとこまで来たな。」
女騎士「ん?・・・・誰もついてきてない・・・・・」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1385291096
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆z7cIwVvuXI
2016/12/19(月)21:52:27.52
ID:VF1EQgKy0
のんびりと進んでいきます
山なし落ちなし
勢いだけで書いているのでネタ切れをすぐ起こします。ネタプリーズ
 

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:
魔王「300年前は不覚を取ったが、今度こそは…」
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/03/21(火)21:55:10.75
ID:NY4sd73bo
とある世界の、とある魔王の城――――
魔王「ん?うーんん…」
側近「魔王さま、お目覚めでございましょうか」
魔王「うん?おお、側近か…」


続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:
魔王「この空とともに旅をしよう」
1:
◆FqOZ7jTRCo
2017/02/12(日)23:59:20.05
ID:almLC53a0
兵士A「待て」
兵士A「そこの剣を持った男だ、待たぬか」
男「……」
兵士A「見慣れない身なりだな。お前、王都の民ではないな?」
兵士A「ここは王都の市門。この先は、王侯貴族と王都の民以外、通行証なしに通ることはまかりならん」
男「通行証……? あっ」
兵士B「通行証がないんですかぁ?」
男「通行証はな……ありません」
兵士A「なら残念だが、お引き取り願おう」
男「……が、こういうものなら」ガサゴソ
兵士A「金貨や物で我らを釣ろうとしてもそうはいかぬぞ。我らは誇り高き王都を……」


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/03/21(火)02:40:03.12
ID:dWXDWwZLo
城――
王(商人たちに騙され、裸で町を歩くはめになってしまって以来……)
王(全裸で町を歩くのにすっかりハマってしまった!)
王「よぉ?し、今日も出かけるぞぉっ!」
召使い「い、行ってらっしゃいませ……」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/03/20(月)23:20:30.92
ID:MXGi33R80
勇者「……はぁ」
勇者(俺の名前は勇者、いつも思うが、俺はガリだ。だが勇者だ)
勇者(仲間からは、お前、良くそんなガリガリで、剣を振れるよな?)
勇者(そう小バカにされたりと、俺は本当に……自分が嫌になってくる)
勇者(だから、筋肉トレーニングを開始しようと思う)
三年の年月が経った・・・。

続きを読む

[ 閉じる ]
03/19 (19:00) えすえすゲー速報
 
勇者
1:
◆SOkleJ9WDA
2013/11/23(土)08:07:42.26ID:1u/96azGO
裏路地にひっそりと居を構える冴えない見た目のコーヒーショップ。そこには今日も美味しいコーヒーと安らぎを求めて誰かがやってくる
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1385161662
引用元:

コーヒーショップ魔王 


勇者のふりも楽じゃない2 ――理由? 俺が神だから――(GAノベル)
postedwith
amazletat17.03.18
SBクリエイティブ(2017-03-17)
売り上げランキング:795
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:
女神「魔王討伐のために聖器を授けましょう」
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/03/19(日)05:13:26.13
ID:X6yHOnZk0
勇者「え?性器?」

続きを読む

[ 閉じる ]
03/19 (11:13) えすえすゲー速報
 
勇者
1:
◆CItYBDS.l2
2017/03/14(火)22:12:44.89
ID:0gaGGEw9o
勇者「みんな狂ってる」
勇者♂「みんな気を付けろ!魔物だ!」
戦士♀「ああああああああああああああああしねえええええええあああああ!」
戦士♀「しねしねしねしねえええええええええ!!!!!」
賢者♂「ふひゅあああ、あああああ」
賢者♂「もうだめだ!ああはあああ!いく!いくううううう!!」
僧侶♀「ブツブツブツブブツブツツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツ」
勇者「もうやだこのパーティー」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1489497164
引用元:

勇者「みんな狂ってる」 


盾の勇者の成り上がり17(MFブックス)
postedwith
amazletat17.03.19
アネコユサギ弥南せいら
KADOKAWA(2017-03-25)
売り上げランキング:2,202
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
元スレ
全てのレス
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
:2017/03/18(土)16:24:55.525:
zgjKgwYj0.net
サターニャ「これは魔界通販で買った道具で遊ぶゲームよ!」
サターニャ「普通の王様ゲームと違い私達からは王様はでないの」
サターニャ「その代わり魔王さまが誰が誰に何をするのかを決めるの!」
ガヴリール「それ何も面白くないだろ……ただの強制参加型の罰ゲームじゃねえか」
ラフィエル「王様ゲームは自分で命令を下す立場になれるからこそ罰ゲームを受けるリスクを請け負えるものですからね」
ヴィーネ「まったく……ほんとサターニャって……」
タプリス「ぷぷ、だめだめですね!」
サターニャ「ぐぬぬぬ……あれ、容器に閉まらなっ……あっ!?」
ヴィーネ「ちょっなんか光りだしたんだけど!?やばくない!?」
魔王様『攻めは受けに
>>3
をせよ』
攻め:このレスのコンマ一桁で決定
受け:
>>3
のコンマ一桁で決定
0・1でガヴ、2・3でヴィーネ、4・5でサターニャ、6・7でラフィエル、8・9でタプリス。被ったら自分で自分に実行

3:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/03/18(土)16:26:08.331:X9XTgkOP0.net
べろちゅー

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
:2017/03/16(木)02:58:55.643:
c/I5UwyDr.net
サターニャ「ウーン...ネムク...ナッテ......」
サターニャ「うぅん...はっ!ここはどこ!」
ラフィ「おはようございます!サターニャさんここは私の家です!」
サターニャ「なんであんたの家に...ってなに手足縛ってるのよ!」
ラフィ「私大悪魔のサターニャさんに憧れて悪魔になりたいんです!だから手伝ってください!」
サターニャ「大悪魔...憧れ...仕方ないわね!で私は何をすればいいの」
ラフィ「いえいえサターニャさんなにもしていただかなくて結構です。今から行うのはデビルズアクションの32手コチョコチョです!」
サターニャ「な、なんですって!?あのコチョコチョを...ま、まちなさいあなたにはまだ早いわ」
ラフィ「まぁまぁ取り敢えず上の服脱がしますねー」

続きを読む

[ 閉じる ]
03/17 (17:00) えすえすゲー速報
 
勇者
1:
◆cZ/h8axXSU
2013/11/23(土)05:10:58.72
ID:YbOHAS/T0
側近「そうです」
天才少女「珍しいね、側近からそんな妙な提案するだなんて」
リザード兵「戦争の準備期間中にそんなことしてる場合じゃないだろ」
側近「そんな今だからです」
側近「国民のこんなピリピリした空気の解消と我が軍の士気上昇を兼ねています」
側近「……と、魔王様談です」
エルフ「あの人の提案かい……」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1385151058
引用元:

リザード兵「魔王軍最強決定戦?」 


【world-surprise】シルバーリザード/銀のトカゲイヤーカフ ピアス/耳飾りG-3
postedwith
amazletat17.03.16
world-surprise
売り上げランキング:145,230
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/11(土)17:04:49.07
ID:ketPaNcso
記者「お待たせしました。すみません、トイレが長引いてしまいまして」
魔法使い「いえいえ」
記者「では取材を始めさせていただきます」
魔法使い「よろしくお願いします」
記者「さっそくですが、あなたは隕石を落とす魔法を極めた、とか?」
魔法使い「はい、極めました」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1486800288

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/11(土)17:06:48.88
ID:ketPaNcso
記者「極めたということは、やはり……」
記者「とんでもなく大きな隕石を降らせることができるようになった、ということでしょうか?」
魔法使い「いやいや、そんなことは魔力さえあれば誰でもできること」
魔法使い「ものすごい怪力を用いて剣で岩を砕いて、剣を極めた、というようなもの」
魔法使い「大きさや破壊力を誇るような魔法使いは、しょせん二流なのです」
記者「これは恐れ入りました……」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/11(土)17:08:22.18
ID:ketPaNcso
記者「ではずばり伺いましょう」
記者「あなたはどのように、隕石を落とす魔法を極めたのですか?」
魔法使い「……まずは、精密性をお見せしましょう」
記者「……は」
魔法使い「どこでもいいです。地面に小さく円を書いて下さい」
記者「は、はい。分かりました」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/11(土)17:11:46.48
ID:ketPaNcso
記者「これでいいですか」カリカリ…
魔法使い「結構です」続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:
ショタ勇者「サキュバスの軍勢がすぐそこまで迫っている…皆は先に脱出して」
                                        
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/03/16(木)01:08:29.594
ID:70HBvvDD0.net
ショタ勇者「ここは僕が食い止めるッ」

                                                            
続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
2:
◆XtcNe7Sqt5l9
:2015/07/15(水)00:40:54.60:
9XTpaLhVo
その日は酷い土砂降りの雨だった。
川は氾濫し、彼が立ち寄った村は増水に伴い農作物は全て台無しとなったらしい。
酒屋「やれやれ、これで当分は王都からの仕入れに頼るしかありませんね」
客「全くだ。それでも収穫期の後だったのは幸いだよ」
酒屋「違いない。それよりもお客さん、勇者様たちのお話は知ってますか」
客「ああ、魔王城に辿り着いたらしいな!」
酒屋「ええ。以前に王都でお見かけした時から、使命を必ず果たされる方と確信しておりました」
客「かーっ!これから魔物もいなくなって平和な時代か来るんだな。なあ、アンタはどう思う?」
村の酒場では今日も勇者の話題で溢れていた。
客はケラケラと愉快そうに、一人離れた席に座っていた彼に声をかける。

続きを読む

[ 閉じる ]
03/14 (21:00) えすえすゲー速報
 
勇者
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/06/14(木)23:50:57.11
ID:lMuec1k70
勇者「大好きだ! 愛してる!」
魔王「え? えっ!?」
勇者「敵同士なのに惚れちまったんだ!」
魔王「えぇっでもっ!」
勇者「魔族でも美人だし長い髪の毛も綺麗だし文句はないぜ!」
魔王「そ、そんな///」
勇者「結婚してくれ、側近ちゃん!」
魔王「えっ」
側近「えっ」

引用元:

勇者「惚れた」魔王♀「えっ」 


竜と勇者と配達人1(ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
postedwith
amazletat17.03.14
集英社(2017-02-17)
売り上げランキング:212
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名...-
2013/03/19(火)01:08:14
4qf08Iyo
1/44

魔王
「全員殺して」
始まりは、この一言
いや、この村に来た時から……「暇潰しに人間を殺そう」と、魔王城を発った時から始まっていたのかもしれない
村人
「ま、魔物だ……魔物の軍勢だ!!」
私は、私を恐れる人間を見るのが何よりも好きだ。人間よりも危機感に疎く、恐怖に耐性のない種族はいない
こう思うのは、私がまだ魔王だからか?それとも……私自身の性格の悪さからか
村娘
「いやっ……やめて!いやぁぁぁぁぁ!!」
……どちらでもいい、これはただの思い出だ
あの凌辱は忘れよう。身体が疼いて仕方がない

元スレ
勇者「始まりの始まり」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1363622894/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆7M0syXftfg-
2017/03/0718:17:06.53
AqCoeyzv0
1/92
魔王
「よし」
側近
「よしじゃないでしょ」
魔王
「へ?なんで?」
側近
「魔王は勇者と戦うのが運命なのよ!?」
魔王
「あぁ...そうか」
元スレ
【安価】魔王「勇者の相手などするものか!俺はゲームをするぞ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1488878226/
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:
【安価】魔王「勇者の相手などするものか!俺はゲームをするぞ!」
1:
◆7M0syXftfg
2017/03/07(火)18:17:06.53
ID:AqCoeyzv0
魔王「よし」
側近「よしじゃないでしょ」
魔王「へ?なんで?」
側近「魔王は勇者と戦うのが運命なのよ!?」
魔王「あぁ...そうか」

続きを読む

[ 閉じる ]
元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/03/11(土)19:43:37.10:
jWXAsDOxo
次元使い「いくぞ魔王よ」
魔王「貴様に30秒時間をやる」
魔王「その間に私を殺せなければ私は反撃を開始する」
次元使い「舐めた真似を……!」
魔王「それほどの力の差があると知れ」
次元使い「いいだろう…… 10秒でケリをつける!」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:
【安価】魔王「魔王の座を奪おうとしてくる奴らを捻り潰す日々」
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/03/11(土)19:43:37.10
ID:jWXAsDOxo
次元使い「いくぞ魔王よ」
魔王「貴様に30秒時間をやる」
魔王「その間に私を殺せなければ私は反撃を開始する」
次元使い「舐めた真似を……!」
魔王「それほどの力の差があると知れ」
次元使い「いいだろう…… 10秒でケリをつける!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん
2017/02/10(金)20:41:32
ID:D1R
真尋「(´・ω・`)」

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
4:
名無しさん@おーぷん
2017/02/10(金)20:52:32
ID:D1R
真尋「え、ハス太、ざる蕎麦につゆどっぷりつけるのか?」
健彦「多くて三分の二までだよね」
田中「雑魚すぎて草」
ハス太「(´・ω・`)」
5:
名無しさん@おーぷん
2017/02/10(金)20:55:19
ID:D1R
ニャル子「え、真尋さん天ぷらに天つゆつけるんですか?」
クー子「……普通塩」
アト子「味覚も幼稚なんですね」
真尋「(´・ω・`)」
6:
名無しさん@おーぷん
2017/02/10(金)20:58:43
ID:D1R
真尋「え、ハス太、寿司サビ抜き頼むの?」
ニャル子「成人すぎておいてどうなんですか?」
クー子「……引く」
ハス太「(´・ω・`)」
真尋「というかハス太と同い年だよね、やっぱ成人すぎてんのか」
ニャル子「(´・ω・`)」
クー子「(´・ω・`)」
9:
名無しさん@おーぷん
2017/02/10(金)21:02:37
ID:D1R
ハス太「えっ、まひろくん牛丼に紅しょうが山盛りに乗せるの?」
健彦「流石に引くな」
田中「味覚障害か?」
真尋「(´・ω・`)」
10:
名無しさん@おーぷん
2017/02/10(金)21:04:16
ID:D1R
真尋「え、未だに波動昇竜コマンド打てないのか?」
クー子「……本当にゲーム会社の御曹司?」
頼子「うわぁ……」
ハス太「(´・ω・`)」
11:
名無しさん@おーぷん
2017/02/10(金)21:04:48
ID:D1R
ニャル子「え、真尋さんサイクロンで魔法無効に出来ませんよ?」
頼子「それくらい常識よ
続きを読む

[ 閉じる ]
03/11 (12:00) えすえすゲー速報
 
勇者
前回 
魔王「夢と現実、お前の選択はどっちだ」
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/06/10(日)23:29:51.79ID:IU18pdgO0
女勇者「ここが魔王のお城ね」
戦士「これで最後だな」
僧侶「皆さん、気を引き締めて向かいましょう」
盗賊「魔王城だからお宝とかがっぽがっぽだろうなー」
戦士「おい、盗賊、今さっき気を引き締めろって言ったばかりだろ」
女勇者「いつも通りにやれば良いさ。ただ全力で魔王を倒すのよ。人類の平和のために」
戦士「ああ」
引用元:

魔王「勇者、俺の者になれ」女勇者「ふむ…いいさ」 


勇者は、奴隷の君は笑え、と言った<勇者は、奴隷の君は笑え、と言った>(NOVEL0)
postedwith
amazletat17.03.10
KADOKAWA/メディアファクトリー(2017-03-15)
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
引用元:

魔王「フハハ……裂けよ大地! 轟け雷鳴! 燃え盛れ火炎!」勇者「強すぎる……!」
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/14(火)00:27:59.19ID:CRlIFFJDo
王国暦214年――
突如、魔界から人間界に、魔王が現れた。
魔王はその無尽蔵ともいえる魔力から、大魔法を次々繰り出し、人間界侵略を開始した。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1486999678

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/04(金)02:32:28.76
ID:euKt6tXT0
女騎士?「クッ、コロセ。」
オーク「……。」
女騎士?「クッ、コロセ。」
オーク「いやいやいや。ちょっとまて。何かがおかしい。」
女騎士?「クッ、コロセ。」
オーク「……あの、女騎士ですよね?」
女騎士?「クッ、コロセ。」
オーク「それしか言えないの?参ったなぁ……。」
オークB「おい、お前なんかやったのか?いつものと違って明らかにおかしいぞ?」
オークC「薬でもキメたか?」
オーク「いや、薬でどうにかなる問題じゃないでしょこれ。」
オークB「こういう場合どうすればいいんだ?」
オークC「たたけば治ったりして」バシッ!
女騎士?「クッコロセー。」キュイイイイン(あたま超回転)
オーク「」
オークC「すげえ、あたまがまわってるな。」
オーク「絶対別の何かだってこれ!女騎士以前に何かこう種族の問題というか……。」
オークB「人間の町でちょいと見たことあるぞ、こんな人形。」
オークC「え、じゃあ人工物なのこれ?」
オーク「まさか!今の時代そんな大それたものを……」
女騎士?「カタッ!」
オークたち「!?」
女騎士?「キュイィィィィィィン!カタカタカタカタカタカタ」
オークB「な、なんだぁ!?」
女騎士?「ロボチガウロボチガウロボチガウロボチガウロボチガウロボチガウロボチガウロボチガウ」
オーク「」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1457026348

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
8:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/04(金)18:30:56.04
ID:euKt6tXT0
オークB「ねぇ、マジなんなのこれ!?これほんとに女騎士なの!?」
オーク「もうわかんなくなって
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします2017/03/07(火)00:08:49.088
ID:siToUvCf0.net
― 城 ―
王「おぬしが王国主催の体力テストで、トップだった村人か」
村人「そうですだ」
王「では、その身体能力の高さを見込んで、おぬしに特命を申しつける」
村人「は、はいっ!」
王「近々、魔王討伐のために、勇者が仲間とともに出発することになっておる」
王「しかし、その旅は困難が予測される。おそらく幾度となく難所にぶつかり、つまずくことだろう」
王「そこで、おぬしに勇者のためにセーブポイントを設置してもらいたいのだ!」
村人「セーブポイント……?」

続きを読む

[ 閉じる ]
03/06 (15:00) えすえすゲー速報
 
勇者
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2013/11/19(火)04:55:19.99
ID:t6xbz1Ix0
--魔王の間--
側近「最近、勇者一行の進行が早いのをご存知ですかな?魔王様」
魔王「うむ。歴代最強の勇者と話には聞いておるが、そんなに早いのか?」
側近「まさか三日で地上の支配地を1/3も解放するとは...」
魔王「いやいやいや...ちょっと待て!我が軍が地上拠点制圧にかかった期間は..」ガタガタ
側近「一年と四ヶ月です。」
魔王「勇者の進行は...」ガクガク
側近「三日で1/3です。六日目の現在も勢いは止まらず進行しております。」
魔王「」
ガタンっ
水将「側近様っ!!」
側近「魔王様もいるのだぞ、水将軍。もう少し大人しく入って来ないか!」ギロッ
引用元:

側近「勇者をカジノに封じこめる」魔王「」 


現実主義勇者の王国再建記3(オーバーラップ文庫)
postedwith
amazletat17.03.05
オーバーラップ(2017-02-25)
売り上げランキング:168
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:
勇者「淫魔の国で風邪をひくとこうなる」
関連記事
魔王「世界の半分はやらぬが、淫魔の国をくれてやろう」
【前編】 
【後編】
勇者「淫魔の国の王になったわけだが」
堕女神「私を、『淫魔』にしてください」
【前編】 
【後編】
魔法使い「勇者がどうして『雷』を使えるか、知ってる?」
勇者「真夏の昼の淫魔の国」
堕女神「…………休日、ですか」
勇者「淫魔の国は白く染まった」
勇者「淫魔の国で過ごす日々」
1:
淫魔の国◆1UOAiS.xYWtC
2017/01/23(月)00:15:49.35
ID:fQSRpZJAo
このスレはSS速報にて更新していた
魔王「世界の半分はやらぬが、淫魔の国をくれてやろう」
の後日談です。
尚、板が変わった事によって酉は変わっておりますが本人です、後ほど
twitterでも告知いたします
ろくに書き貯めもできず、少量ずつですがひとまず毎日の投下になる事、ご容赦ください
それでは始めます

5:
◆1UOAiS.xYWtC
2017/01/23(月)00:19:41.70
ID:fQSRpZJAo
*****
始まりは、城の廊下で起きた、たった一度の咳からだった。
勇者「――――――けほっ」
サキュバスB「……陛下? 大丈夫? お風邪ひいちゃいましたですか?」
勇者「いや……分からないから、近寄らない方がいい。“お手伝い”に戻れ。心配してくれてありがとう」
サキュバスB「誰が“お手伝い”ですか! でも、お具合悪かったら……言ってくださいね? 
         わたしの必殺、“ヒーリング☆フェラ”で治しちゃいますよ? おケガ以外なら何でも治っちゃうんですからね?」
勇者「気持ちだけ受け取るよ。無理はしない」
舌をぺろりと出し、いたずらっぽく微笑みながらサキュバスBは去っていく。
しかし、勇者は内心妙だと感じていた。
ここへ来て一年が経つのに……今のは、少し悪い咳だった。
喉に何かが絡んだり、空気の乾燥のせいではない。
勇者(……今日は、早く寝よう)
*****
<
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆CItYBDS.l2
2016/10/18(火)16:20:55.08
ID:gccsuuJRo
勇者「そっち行ったぞ!魔法使い仕留めろ!」
魔法使い「はい!初級火魔法!」ぽっ
魔物「ぐぎゃあああ!」
勇者「まだだ!賢者頼む!」
賢者「初級風魔法!」ふぃ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1476775254

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/10/18(火)16:21:27.95
ID:gccsuuJRo
魔物「ぬぅうぅぅうううう!」
勇者「くそ!まだ生きてる!剣士!あとはお前しかいない!!」
剣士「袈裟切り!」ずば
魔物「」
勇者「なんとか倒したな・・・」
勇者「というか、お前らいくらなんでも弱すぎるよ!」
3:
◆CItYBDS.l2
2016/10/18(火)16:21:56.99
ID:gccsuuJRo
勇者「もう、魔王の間の手前だよ!?なんで初級魔法しか使えないの!?」
魔法使い「うぅぅぅ・・・そんなこと言われたって・・・」ぐす
勇者「うわ、こんなところで泣くなよ!ごめんごめん、言い過ぎたよ!」
賢者「勇者よ人には適材適所ってものがあるんだ。そう責めるな」
勇者「いやいや、初級魔法しか打てなくて何が賢者だよ?」
4:
◆CItYBDS.l2
2016/10/18(火)16:22:28.34
ID:gccsuuJRo
勇者「悪いけど、俺は男には甘くないぜ」
賢者「しかしだなあ・・・・せめて、作戦を変えてくれないか?」
賢者「『めいれいさせろ』じゃあ、私たちの力は十分に発揮できないんだ」
勇者「そういうことは、新しい魔法を覚えてから言いやがれ!」
勇者「俺の命令がなかったら、このパーティー終わりだからね!」
5:
◆CItYBDS.l2
2016/10/18(火)
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。