SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
作品:勇者・魔王系
<<
0
1
2
>>
転載元:
魔王「世界征服より会社経営の方が儲からないか?」側近「御もっともです」

1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/03/30(木)17:42:36.660
ID:bwAHNujE0.net
?株式会社魔王城 年度末決算会議室?
魔王「うーん、今年の収入額は大いに右肩上がりだな」
側近「はい、新商品、「トイレの魔物これ一本」が大変好評で、人族やエルフ族今やトイレの魔物を嫌うキッチンの魔物からの売上が伸びており、収入に大きく貢献しております」
魔王「同志である魔物族に使うのはどうかと思うがニーズがあるなら仕方がないな」
側近「はい、我々魔物族は今でこそ我が王の統治により安定していますが、それ以前の混沌さたるやコバエ取りを置かなかったキッチンの三角コーナーのような有様で」
魔王「わかりやすい説明とキッチン族上げご苦労」
側近「恐悦にございます」
魔王「なぁ……もう世界征服するより会社経営の方が良くない?」
側近「御もっともにございます」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1489821895/
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/03/18(土)16:24:55.525ID:zgjKgwYj0.net
サターニャ「これは魔界通販で買った道具で遊ぶゲームよ!」
サターニャ「普通の王様ゲームと違い私達からは王様はでないの」
サターニャ「その代わり魔王さまが誰が誰に何をするのかを決めるの!」
ガヴリール「それ何も面白くないだろ……ただの強制参加型の罰ゲームじゃねえか」
ラフィエル「王様ゲームは自分で命令を下す立場になれるからこそ罰ゲームを受けるリスクを請け負えるものですからね」
ヴィーネ「まったく……ほんとサターニャって……」
タプリス「ぷぷ、だめだめですね!」
サターニャ「ぐぬぬぬ……あれ、容器に閉まらなっ……あっ!?」
ヴィーネ「ちょっなんか光りだしたんだけど!?やばくない!?」
魔王様『攻めは受けに
>>3をせよ』
攻め:このレスのコンマ一桁で決定
受け:
>>3のコンマ一桁で決定
0・1でガヴ、2・3でヴィーネ、4・5でサターニャ、6・7でラフィエル、8・9でタプリス。被ったら自分で自分に実行

3:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/03/18(土)16:26:08.331ID:X9XTgkOP0.net
べろちゅー
14:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/03/18(土)16:31:24.744ID:zgjKgwYj0.net
サターニャがガヴリールにベロチュー
ガヴリール「なんだよこの……ふざけたカラフルでポップなテロップは……!!」
ヴィーネ「ちょっ!!起動しちゃってるじゃない!」
ガヴリール「しかも結界張られてるじゃん……出られないぞこれ……」
ラフィエル「神足通も使えないですね?……」
サターニャ「じゃあこ、この……ちゅ、ちゅーとかいうのをしなきゃいけないの!?ガヴリールに!?嫌よ!!!」
ガヴリール「私だって嫌だぞ!そんなことするくらいならこ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:
姫「白き衣をまとい聖剣を振るい月を操る勇者様の伝説」

1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/03/30(木)20:18:25.24
ID:+1GC37hlo
滅亡寸前の王国があった。
魔王率いる軍勢の進撃は執拗にして苛烈であり、国の主力部隊は瞬く間に壊滅した。
もはや人々は抵抗する気力を失い、王都が落ちるのも時間の問題であった。
しかし、そんな中、一人だけ諦めていない者がいた。


続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:
大男「はっ、一回戦の相手はガキか。楽勝だな」 少年剣士「ば、バカにするな!」
関連記事
大男「1回戦の相手はこのガキか?楽勝だな」少年剣士「…ふんっ、あまり調子に乗らない事だ」
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/03/29(水)14:18:21.848
ID:ZV2bvrCH0NIKU.net
大男「おいおい、二回戦は女かよ。今年の大会はどうなってんだ?」
女騎士「女だからといって見くびるな!」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆FqOZ7jTRCo
2017/02/12(日)23:59:20.05ID:almLC53a0
兵士A「待て」
兵士A「そこの剣を持った男だ、待たぬか」
男「……」
兵士A「見慣れない身なりだな。お前、王都の民ではないな?」
兵士A「ここは王都の市門。この先は、王侯貴族と王都の民以外、通行証なしに通ることはまかりならん」
男「通行証……? あっ」
兵士B「通行証がないんですかぁ?」
男「通行証はな……ありません」
兵士A「なら残念だが、お引き取り願おう」
男「……が、こういうものなら」ガサゴソ
兵士A「金貨や物で我らを釣ろうとしてもそうはいかぬぞ。我らは誇り高き王都を……」
 

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします2017/03/29(水)14:18:21.848
ID:ZV2bvrCH0NIKU.net
大男「おいおい、二回戦は女かよ。今年の大会はどうなってんだ?」
女騎士「女だからといって見くびるな!」
2:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします2017/03/29(水)14:18:43.725
ID:ZV2bvrCH0NIKU.net
大男「なんだなんだ、三回戦はヨボヨボの爺さんじゃねえかwこりゃ手加減しないとな」
爺「ふぉっふぉっふぉ、お手柔らかに頼むよ」
4:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします2017/03/29(水)14:19:13.977
ID:ZV2bvrCH0NIKU.net
大男「4回戦は……なんだアイツ、気味が悪い奴だな……チッ、早いところ終わらせてやるぜ」
ローブ男「ヒッ……クヒッ、クヒヒヒッ……実験の始まりだァ……」
8:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします2017/03/29(水)14:20:22.464
ID:ZV2bvrCH0NIKU.net
大男「はっ、決勝がこんな優男とは、これは優勝したも同然だな!ガハハハ!」
イケメン剣士「……はぁ、退屈だ」

続きを読む

[ 閉じる ]
元スレ
全てのレス
2:
◆y7//w4A.QY
:2017/03/11(土)20:30:12.00:
RjIOA7Qm0
暑い夏の日だった。
バンドギア王国の郊外、ど田舎のミルー村でギラギラと照りつける太陽の下、ミラは前歯でアイスクリームのコーンを噛み砕いた。
巻き紙の部分をまわし、外周をかじっていく。内側のアイスを吸い舐め最後のコーンを口に放り込むと両手を打ち鳴らした。
ミラ「カケル、面白いものを見せてあげる」
整った切れ長の一重の目をチラリと向けて、眉をひそめる俺に含みをもたせてこう言った。どうせろくでもないと訝しみながらも、誘いに乗ることにした。
しばらく無言で歩きながら、やるせない気分のまま、ぼんやりと視線を流れる景色に向ける。
俺の気持ちは、いつも深い霧に包まれているようだった。
なぜ、こいつの家の近くに生まれたのだろう。
なぜ、こいつにいつも振り回されるのだろう。
なぜ、こいつは、こんなにも!自己中心的なんだ!!
注意しておく。俺は別段、どこか体調がすぐれないわけでもない。ましてや精神を病んでるわけでもない。
一見して見れば絶世の美女とも見間違えるほど、ミラの容姿は整っている。うらやましがる物好きな連中がいるのも俺は知っている。
しかし、俺が我慢できないのは、ミラの傍若無人な振る舞いだ!
誰か!変われるなら変わってくれ!
ミラには、もっとふさわしい世界があるはずだと俺は思う。
どんなに絶望的な状況も切り抜けられる、さながらの尻に火がつく事態も、けっして自暴自棄になることもなく、自己邁進して我が道を突き進む。
そんな漫画のような世界がミラには合ってるんだ――。
こんな、毎日を惰性に身を任せている俺とは違う。
何度も何度も逃げようとした。
ある時は――。
カケル『今日は用事が……』
ミラ『なんの用事?終わるまで待ってあげる!』
また、ある時は――。
カケル『(よし、いないな……)』
ミラ『カケルっ!!……なに驚いてるの?』
カケル「(お前から逃げようとしてたんじゃボケェっ!!)」
このように、ミラから逃げようとともがくほど、否応なく気がつかされたことは、恐ろしい勘で先
続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
王様「おお勇者よ!旅立ちにあたってお金と装備と、性欲処理用のロリ淫魔をそなたに授けよう!」
勇者「王様から貰ったロリ淫魔とえ◯ちしまくってたら魔王どうでも良くなってきた…」

元スレ
全てのレス
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
:2017/03/26(日)10:48:56.813:
n7wWtEsL0.net
ロリ淫魔「えへへ。今日も夢の中でいっぱいしよーね♡」
勇者「……ゴクッ」

7:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
:2017/03/26(日)11:00:10.367:
n7wWtEsL0.net
ロリ淫魔「ん、ちゅっ♡ちゅぅっちゅ♡はむぅ、ちゅぴ、ぁ……ハァ♡」
ロリ淫魔「……ちゅーって好き……♡勇者さまもだーい好きだよね?」
勇者「な、なんで」
ロリ淫魔「だって、毎日ちゅーちゅー何回もするんだもん♡」
勇者「……」
ロリ淫魔「でも他のえっちぃコトもいっぱいするから、私ときもちーコトするのが好きなだけかな?♡」
勇者(……うう、くそ)

14:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
:2017/03/26(日)11:12:46.600:
n7wWtEsL0.net
勇者(ヤっちゃって以来、すっかり主導権取られてるっていうか、調子乗られてるっていうか―――)
ロリ淫魔「ぁ、ん……♡ンふ、勇者さま、手つきやぁらしい……きゃぅ♡」
勇者(でも実際、こいつの身体死ぬほど気持ちよくて……これが淫魔か……!)
勇者「……れろっ、ちゅぴ、んむ……ぅ、んちゅぅ、ハァ、ハァハァ……」
ロリ淫魔「ふあ、ひゃ、ンンっ……あ♡」

18:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
:2017/03/26(日)11:30:08.866:
n7wWtEsL0.net
ロリ淫魔「あっ、んぁ、ハァん♡えへへ……いっぱい濡れてきちゃったぁ……♡」
ロリ淫魔「……この
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:
勇者「幼馴染がすごくウザい件」

2:
◆y7//w4A.QY
2017/03/11(土)20:30:12.00
ID:RjIOA7Qm0
暑い夏の日だった。
バンドギア王国の郊外、ど田舎のミルー村でギラギラと照りつける太陽の下、ミラは前歯でアイスクリームのコーンを噛み砕いた。
巻き紙の部分をまわし、外周をかじっていく。内側のアイスを吸い舐め最後のコーンを口に放り込むと両手を打ち鳴らした。
ミラ「カケル、面白いものを見せてあげる」
整った切れ長の一重の目をチラリと向けて、眉をひそめる俺に含みをもたせてこう言った。どうせろくでもないと訝しみながらも、誘いに乗ることにした。
しばらく無言で歩きながら、やるせない気分のまま、ぼんやりと視線を流れる景色に向ける。
俺の気持ちは、いつも深い霧に包まれているようだった。
なぜ、こいつの家の近くに生まれたのだろう。
なぜ、こいつにいつも振り回されるのだろう。
なぜ、こいつは、こんなにも!自己中心的なんだ!!
注意しておく。俺は別段、どこか体調がすぐれないわけでもない。ましてや精神を病んでるわけでもない。
一見して見れば絶世の美女とも見間違えるほど、ミラの容姿は整っている。うらやましがる物好きな連中がいるのも俺は知っている。
しかし、俺が我慢できないのは、ミラの傍若無人な振る舞いだ!
誰か!変われるなら変わってくれ!
ミラには、もっとふさわしい世界があるはずだと俺は思う。
どんなに絶望的な状況も切り抜けられる、さながらの尻に火がつく事態も、けっして自暴自棄になることもなく、自己邁進して我が道を突き進む。
そんな漫画のような世界がミラには合ってるんだ――。
こんな、毎日を惰性に身を任せている俺とは違う。
何度も何度も逃げようとした。
ある時は――。
カケル『今日は用事が……』
ミラ『なんの用事?終わるまで待ってあげる!』
また、ある時は――。
カケル『(よし、いないな……)』
ミラ『カケルっ!!……なに驚いてるの?』
カケル「(お前から逃げようとしてたんじゃボケェっ!!)」
このように、ミラから逃げようとともがくほど、否応なく気が
続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
王様「おお勇者よ!旅立ちにあたってお金と装備と、性欲処理用のロリ淫魔をそなたに授けよう!」
勇者「王様から貰ったロリ淫魔とえ◯ちしまくってたら魔王どうでも良くなってきた…」

元スレ
全てのレス
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
:2017/03/23(木)11:05:08.609:
ERoyIj8H0.net
王様「存分に励むがよい!」

10:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
:2017/03/23(木)11:10:04.802:
ERoyIj8H0.net
勇者「……」
ロリ淫魔「勇者さま、なにしてんの?」
勇者「道具の手入れだ。出発前に重さとか色々確認しときたいし」
ロリ淫魔「ふーん……」
ロリ淫魔「じゃ、出発前に私の性能も確認しとく?」

15:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
:2017/03/23(木)11:17:00.255:
ERoyIj8H0.net
勇者「しない」
ロリ淫魔「え。どーして?」
勇者「王様の手前断らなかっただけで、連れてく気ないし。どっかに預けていくから大人しくしてろ」
ロリ淫魔「……ヒドイ」
ロリ淫魔「うぅ、ヒドイよぉ……勇者さま、私のこといらないんだぁ……うえぇぇぇぇぇ???」
勇者「あっ。いや、スマン、言い方冷たかったな、ゴメン!」
ロリ淫魔「ヒック……ヒック……ダッコ……」

16:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
:2017/03/23(木)11:21:18.435:
ERoyIj8H0.net
勇者「わっ分かった。抱っこするから泣き止んで、ほら」
ロリ淫魔「ん……」
勇者「いい子いいこ」ナデナデ
ロリ淫魔「……ヒック……ゆうしゃさまぁ……」ギュッ
ムニ…
勇者(う。や、柔らかいな、子供でも。いや淫魔だからか?)

20:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/03/23(木)11:27:11.543:SdAJN4iU0.net


22:続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆y7//w4A.QY-
2017/03/1120:10:53.20
RjIOA7Qm0
1/56
・100レスほどで終わればいいなと思ってます
・通常sage進行で行います
・エロやグロ主体ではありませんが、エロはあります
元スレ
勇者「幼馴染がすごくウザい件」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1489230652/
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:
勇者「王様から貰ったロリ淫魔とえっちしまくってたら魔王どうでも良くなってきた…」
関連記事
王様「おお勇者よ!旅立ちにあたってお金と装備と、性欲処理用の口リ淫魔をそなたに授けよう!」
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/03/26(日)10:48:56.813
ID:n7wWtEsL0.net
ロリ淫魔「えへへ。今日も夢の中でいっぱいしよーね♡」
勇者「……ゴクッ」


3:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/03/26(日)10:49:31.881ID:g8RQm2O50.net
夢かーいwww

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:
王様「おお勇者よ!旅立ちにあたってお金と装備と、性欲処理用のロリ淫魔をそなたに授けよう!」

1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/03/23(木)11:05:08.609
ID:ERoyIj8H0.net
王様「存分に励むがよい!」


3:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/03/23(木)11:05:53.619ID:clnqYFywH.net
ありがたき幸せ


8:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/03/23(木)11:08:33.528ID:3AF/7H2I0.net
近くの村で一生子作りに励むわ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/03/21(火)02:40:03.12
ID:dWXDWwZLo
城――
王(商人たちに騙され、裸で町を歩くはめになってしまって以来……)
王(全裸で町を歩くのにすっかりハマってしまった!)
王「よぉ?し、今日も出かけるぞぉっ!」
召使い「い、行ってらっしゃいませ……」
 

続きを読む

[ 閉じる ]
1:◆7Zp87oOK/2:2017/03/26(日) 18:54:06.03 ID:vZPncf+A0戦士「ついに魔王城に着いたな」 魔法使い「いよいよね」 僧侶「神は私たちを見捨てはしませんでした」 戦士「当たり前だ [&#8230;]
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆7Zp87oOK/2-
2017/03/2618:54:06.03
vZPncf+A0
1/33
戦士
「ついに魔王城に着いたな」
魔法使い
「いよいよね」
僧侶
「神は私たちを見捨てはしませんでした」
戦士
「当たり前だ。我々には使命があるのだからな」
勇者
「ああ……」
戦士
「だが、この先は魔王をはじめとして、これまでよりはるかに強い魔物が沢山いるだろう。気を引き締めて行こう」
魔法使い
「ここまで来て色々考えても仕方ないわ。前進あるのみでしょ」
僧侶
「私たちには神の祝福がありますよ」
戦士
「神様もそうだが、我々は4人で魔物と戦うのではない」
戦士
「魔物に居住地を奪われた村に住む人々の子孫、魔物との戦いで両親を亡くした者の子孫、魔物に連れ去られた王族の子孫……。我々はそういう人々の思いとともに戦うのだ」
魔法使い
「ここが終着点であってはならないわ。ここから私たちの未来が始まるのよ」
僧侶
「勇者さん、行きましょう!」
勇者
「ああ。だが……」
勇者
「魔王城がなんかおかしい」
元スレ
勇者「魔王城がなんかおかしい」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490522045/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆FqOZ7jTRCo2017/02/12(日)23:59:20.05ID:almLC53a0
兵士A「待て」
兵士A「そこの剣を持った男だ、待たぬか」
男「……」
兵士A「見慣れない身なりだな。お前、王都の民ではないな?」
兵士A「ここは王都の市門。この先は、王侯貴族と王都の民以外、通行証なしに通ることはまかりならん」
男「通行証……? あっ」
兵士B「通行証がないんですかぁ?」
男「通行証はな……ありません」
兵士A「なら残念だが、お引き取り願おう」
男「……が、こういうものなら」ガサゴソ
兵士A「金貨や物で我らを釣ろうとしてもそうはいかぬぞ。我らは誇り高き王都を……」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:
勇者「魔王城がなんかおかしい」
1:
◆7Zp87oOK/2
2017/03/26(日)18:54:06.03
ID:vZPncf+A0
戦士「ついに魔王城に着いたな」
魔法使い「いよいよね」
僧侶「神は私たちを見捨てはしませんでした」
戦士「当たり前だ。我々には使命があるのだからな」
勇者「ああ……」
戦士「だが、この先は魔王をはじめとして、これまでよりはるかに強い魔物が沢山いるだろう。気を引き締めて行こう」
魔法使い「ここまで来て色々考えても仕方ないわ。前進あるのみでしょ」
僧侶「私たちには神の祝福がありますよ」
戦士「神様もそうだが、我々は4人で魔物と戦うのではない」
戦士「魔物に居住地を奪われた村に住む人々の子孫、魔物との戦いで両親を亡くした者の子孫、魔物に連れ去られた王族の子孫……。我々はそういう人々の思いとともに戦うのだ」
魔法使い「ここが終着点であってはならないわ。ここから私たちの未来が始まるのよ」
僧侶「勇者さん、行きましょう!」
勇者「ああ。だが……」
勇者「魔王城がなんかおかしい」

続きを読む

[ 閉じる ]
元スレ
全てのレス
1:
◆7Zp87oOK/2
:2017/03/26(日)18:54:06.03:
vZPncf+A0
戦士「ついに魔王城に着いたな」
魔法使い「いよいよね」
僧侶「神は私たちを見捨てはしませんでした」
戦士「当たり前だ。我々には使命があるのだからな」
勇者「ああ……」
戦士「だが、この先は魔王をはじめとして、これまでよりはるかに強い魔物が沢山いるだろう。気を引き締めて行こう」
魔法使い「ここまで来て色々考えても仕方ないわ。前進あるのみでしょ」
僧侶「私たちには神の祝福がありますよ」
戦士「神様もそうだが、我々は4人で魔物と戦うのではない」
戦士「魔物に居住地を奪われた村に住む人々の子孫、魔物との戦いで両親を亡くした者の子孫、魔物に連れ去られた王族の子孫……。我々はそういう人々の思いとともに戦うのだ」
魔法使い「ここが終着点であってはならないわ。ここから私たちの未来が始まるのよ」
僧侶「勇者さん、行きましょう!」
勇者「ああ。だが……」
勇者「魔王城がなんかおかしい」

続きを読む

[ 閉じる ]
SS速報VIP:勇者「魔王城がなんかおかしい」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490522045/
1:
◆7Zp87oOK/22017/03/26(日)18:54:06.03ID:vZPncf+A0
戦士「ついに魔王城に着いたな」
魔法使い「いよいよね」
僧侶「神は私たちを見捨てはしませんでした」
戦士「当たり前だ。我々には使命があるのだからな」
勇者「ああ……」
戦士「だが、この先は魔王をはじめとして、これまでよりはるかに強い魔物が沢山いるだろう。気を引き締めて行こう」
魔法使い「ここまで来て色々考えても仕方ないわ。前進あるのみでしょ」
僧侶「私たちには神の祝福がありますよ」
戦士「神様もそうだが、我々は4人で魔物と戦うのではない」
戦士「魔物に居住地を奪われた村に住む人々の子孫、魔物との戦いで両親を亡くした者の子孫、魔物に連れ去られた王族の子孫……。我々はそういう人々の思いとともに戦うのだ」
魔法使い「ここが終着点であってはならないわ。ここから私たちの未来が始まるのよ」
僧侶「勇者さん、行きましょう!」
勇者「ああ。だが……」
勇者「魔王城がなんかおかしい」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1490522045

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/03/21(火)21:55:10.75ID:NY4sd73bo
とある世界の、とある魔王の城――――
魔王「ん?うーんん…」
側近「魔王さま、お目覚めでございましょうか」
魔王「うん?おお、側近か…」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名...-
2017/03/2121:55:10.75
NY4sd73bo
1/30
とある世界の、とある魔王の城――――
魔王
「ん?うーんん…」
側近
「魔王さま、お目覚めでございましょうか」
魔王
「うん?おお、側近か…」

元スレ
魔王「300年前は不覚を取ったが、今度こそは…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490100910/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆FqOZ7jTRCo-
2017/02/1223:59:20.05
almLC53a0
1/172
兵士A
「待て」
兵士A
「そこの剣を持った男だ、待たぬか」

「……」
兵士A
「見慣れない身なりだな。お前、王都の民ではないな?」
兵士A
「ここは王都の市門。この先は、王侯貴族と王都の民以外、通行証なしに通ることはまかりならん」

「通行証……? あっ」
兵士B
「通行証がないんですかぁ?」

「通行証はな……ありません」
兵士A
「なら残念だが、お引き取り願おう」

「……が、こういうものなら」ガサゴソ
兵士A
「金貨や物で我らを釣ろうとしてもそうはいかぬぞ。我らは誇り高き王都を……」
元スレ
魔王「この空とともに旅をしよう」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1486911559/
続きを読む

[ 閉じる ]
03/23 (22:20) ワンワン速報
1:
12013/11/24(日)20:04:57.00
ID:FBYCuiGJ0
兵士「女騎士様!我が部隊はそれはもう壊滅的です!」
女騎士「見ればわかる!」
兵士「いかがいたしますか!?」
女騎士「撤退だ!撤退!負傷者は馬に乘せろ!荷物は減らせ!」
女騎士「剣もいらん!ナイフがあれば多分困らん!」
女騎士「とにかく死ぬ気で逃げろ!私に続け!」
兵士「了解!撤退だー!!引け?!!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
女騎士「・・・ふぅ。だいぶ離れたとこまで来たな。」
女騎士「ん?・・・・誰もついてきてない・・・・・」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1385291096
続きを読む

[ 閉じる ]
1:◆FqOZ7jTRCo:2017/02/12(日) 23:59:20.05 ID:almLC53a0兵士A「待て」 兵士A「そこの剣を持った男だ、待たぬか」 男「……」 兵士A「見慣れない身なりだな。お前、王都の民で [&#8230;]
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆z7cIwVvuXI
2016/12/19(月)21:52:27.52
ID:VF1EQgKy0
のんびりと進んでいきます
山なし落ちなし
勢いだけで書いているのでネタ切れをすぐ起こします。ネタプリーズ
 

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/21(火) 21:55:10.75 ID:NY4sd73bo とある世界の、とある魔王の城―――― 魔王「ん?うーんん…」 側近「魔王さま、お目 [&#8230;]
続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/21(火) 02:40:03.12 ID:dWXDWwZLo 城―― 王(商人たちに騙され、裸で町を歩くはめになってしまって以来……) 王(全裸 [&#8230;]
続きを読む

[ 閉じる ]
03/22 (19:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/03/21(火)21:55:10.75ID:NY4sd73bo
とある世界の、とある魔王の城――――
魔王「ん?うーんん…」
側近「魔王さま、お目覚めでございましょうか」
魔王「うん?おお、側近か…」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1490100910

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名...-
2017/03/2102:40:03.12
dWXDWwZLo
1/10
城――

(商人たちに騙され、裸で町を歩くはめになってしまって以来……)

(全裸で町を歩くのにすっかりハマってしまった!)

「よぉ?し、今日も出かけるぞぉっ!」

召使い
「い、行ってらっしゃいませ……」

元スレ
王様「全裸で歩くのにハマった」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490031602/
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。