SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
作品:その他・未分類
<<
2018年07月
>>
1124件取得
人気記事順表示
重複記事表示
<<
13
14
15
16
17
18
19
>>
1:
名無しさん@おーぷん2018/04/23(月)00:05:52
ID:fKr
前スレ
彡(゚)(゚)「腹減ったなぁ・・・せや、メシでも作ったろ!」
前々スレ
彡(゚)(゚)「腹減ったなぁ・・・せや、メシ作ったろ!」
彡(゚)(゚)春の陽気に満ち溢れ風も穏やかな絶好の行楽日和の天気が再びやってきたで
彡(゚)(゚)てな訳ですっかり桜は散ってもうたけどピクニックリベンジするやで!
彡(゚)(゚)今度は弁当強奪されんよう普段おんちゃんが行動する範囲から外れて少し遠くの公園に行くんや!
彡(゚)(゚)昼時に間に合うよう早速弁当作り始めんとな!

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆saI1ZNzQKuJn
2018/04/21(土)00:16:42.39
ID:LdB+JsLd0
まほ「集まったな。それではこれより西住流段位認定試験を始める。」
沙織「ちょっと待ってください!」
華「私たち、何も知らされてないんですが……。」
優花里「西住殿はどこにいるんですか?」
麻子「説明を要求する。」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1524237402


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
◆saI1ZNzQKuJn
2018/04/21(土)00:17:22.13
ID:LdB+JsLd0
まほ「なんだ、みほから聞いてなかったのか。今日はエリカの段位認定試験なんだ。本来なら普段共に戦車に乗っているメンバーと受けるものなんだが、みんな予定があるみたいでな。」
エリカ「そこで代役としてあんたたちが選ばれたのよ。光栄に思いなさい。」
沙織「なんで私たちがこの人の手助けなんかしなきゃいけないの!?」
3:
◆saI1ZNzQKuJn
2018/04/21(土)00:17:49.09
ID:LdB+JsLd0
エリカ「私が困ってるんだから当然でしょ!宮神学園の校則にも書いてあるわ!」
麻子「極上生徒会なんて誰も覚えてないぞ。」
優花里「しかも中の人ネタなんて誰も気づかないですよ。」
華「青春砲、撃ってみたいですね。」
4:
◆saI1ZNzQKuJn
2018/04/21(土)00:20:16.05
ID:LdB+JsLd0
まほ「とにかく、みほが呼んだということはそういうことだ。エリカのためにわざわざすまないが協力してくれないか?」
沙織「うーん、まぁまほさんが言うなら……。」
優花里「西住流のことも気になりますしね!」
まほ「ありがとう、ではこちらに。」
華「広いお家ですね。」
沙織「華の家とどっちが大きいかな?」
5:
◆saI1ZNzQKuJn
2018/04/21(土)00:22:08.86
ID
続きを読む

[ 閉じる ]
07/17 (22:30) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします
:2018/07/16(月)18:54:09.869:
TwwsLRwM0.net
麻原彰晃「最終解脱者の能力で死後の世界から日本全土を洪水で飲み込んでやる」
桂歌丸「そんな事だろうと思っていましたよ」
麻原彰晃「お、お前は・・・!」
桂歌丸「日本政府から麻原の死刑が行われ、死後の世界で悪さをするから食い止める様に通達があったんですよ」
麻原彰晃「勲章持ちとは言えど所詮は落語家!この私の最終解脱者の力を止められるかな?ポア!」
雨雲「尊師!日本全土に大雨降らせるぜ!」
桂歌丸「そうは行きませんよ・・・ぐぬぬ・・・」
麻原彰晃「ショーコーショーコー・・・、ポア!ポア!」
桂歌丸「これ程の力とは!一人では抑えきれそうに無いですよ・・・」
???「歌丸さん!私も力を貸しますよ!」
桂歌丸「あなたは・・・!」

12:
以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/16(月)18:59:32.775:U54nDrU70.net
歌丸「山田くん彼らの野望全部食い止めちゃって!!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2012/06/06(水)21:35:06.15
ID:uOh9Gnrz0
未来ガジェット研究所
まゆり「最近萌郁さん見ないねぇ」
紅莉栖「そういえばそうね」
紅莉栖「岡部、何か聞いてない?」
岡部「助手よ、何故俺に聞くのだ?」
紅莉栖「あんた桐生さんとメル友でしょ?何か聞いてないの?」
紅莉栖「それと助手じゃねーし」
ダル「そういえばここ一ヵ月見てない気がするお」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆2lMgyKZsp2
2011/03/29(火)17:11:01.83
ID:lIIuvXKeo
試験官「それではあなた方の名前を教えて下さい」
イカ娘「海からの使者、イカ娘でゲソ!」
インデックス「私の名前はインデックスっていうんだよ」
キュアマリン「海風に揺れる一輪の花、キュアマリン!」
試験官「ありがとうございます」
試験官「皆さんがここに集められた理由はお分かりですね?」
イカ娘「ここを人類侵略の拠点にするためにでゲソ!」
インデックス「お腹いっぱいご飯を食べさせてくれるために決まってるんだよ!」
キュアマリン「最先端をいくファッションの発表会があるんでしょ?」
試験官「残念ながら違います、あなた方三人から一番を決めてもらいます」
イカ・イン・マリン「え?」
引用元:

試験官「あなた方三人から一番を決めてもらいます」イカ・イン・マリン「え?」 


侵略!イカ娘 22(少年チャンピオン・コミックス)
postedwith
amazletat18.07.16
秋田書店(2016-05-06)
売り上げランキング:22,210
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/01(金)22:48:09ID:irzq/frI
イケメン「宇宙船が壊れてその辺にあった惑星に不時着したわけだが」
イケメン「空気はあるし水も植物もある……地球に似た環境なのかな?」
イケメン「救難信号を発したから1ヶ月後には救助船が来るが……さてそれまでどうやって……ん?」
みすぼらしい格好で大きな荷物を背負った美女が歩いてくる。
美女「……」ハアハア
イケメン(うほっ!パコりてーぜ!)
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆ganja..OLI2018/07/15(日)04:42:16.63
ID:RozgaGbx0
バァン
夏樹「よっ!」
有香「ひゃっ! なんですか慌てて」
夏樹「アタシはここに来てないってことでよろしく! ロッカー借りるな!」ガチャ
有香「え?」
あやめ「入ってまーす」
有香「え?」
夏樹「あすいません」バタン
あやめ<隣なら空いてますよ
夏樹「お、マジか。おじゃましまーす」ガチャバタン
有香「ええ……」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
風吹けば名無し2018/07/17(火)09:21:02.23ID:QaRG+MU60


2:
風吹けば名無し2018/07/17(火)09:21:12.95ID:LruBEmIyM
ええんかお前ら...

4:
風吹けば名無し2018/07/17(火)09:21:24.48ID:myQmOrF1d
ええで

5:
風吹けば名無し2018/07/17(火)09:21:28.48ID:uCbFAfFSa
ええで

7:
風吹けば名無し2018/07/17(火)09:21:33.69ID:ibtnEJ3G0
あと20歳若ければ

8:
風吹けば名無し2018/07/17(火)09:21:52.17ID:4yb5ytmg0
俺はわりと好き

10:
風吹けば名無し2018/07/17(火)09:21:57.30ID:QeBJwn66M
やりてえなあ

続きを読む

[ 閉じる ]
元スレ
全てのレス
1:
1
:2018/07/17(火)16:49:16.69:
KSpzQzDz0
大洗学園艦 女子寮 みほの部屋
みほ「というわけで、皆さん協力をお願いします。パンツァー・フォー!」
優花里「待ってください西住殿。ドアを開けた瞬間、いきなりやべぇ情報で顔面殴りつけられた我々の身にもなってください」
みほ「状況は見ての通りです」
まほ「みほ、彼女たちが例の援軍か」
エリカ「……」
沙織「下半身裸のみぽりんのお姉さんのお尻に、あの逸見って人がくっついてる……」
華「どうやら口の吸引力だけで吸い付いているようですね……まるで尻尾みたいです」
優花里「ひぃっ! 逸見殿が、物凄い鋭い目つきでこっちを睨んでますぅ!」
華「"邪魔をするな、食い殺すぞ"という感じの視線ですね……心地いい殺気です」
沙織「っていうか何でみぽりんのお姉さんは下半身丸出しであんな堂々としてるの……?」
みほ「どうやっても離れなくて……皆の力を借りたいの」
麻子「そもそも私たちは西住さんに"お泊りパーティしましょう!"ということで呼び出されたんだが」
みほ「だって本当のこといったら誰も来てくれないでしょう?」
麻子「おい、こいつ悪びれもしないぞ」

続きを読む

[ 閉じる ]
07/17 (18:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/01/06(土)00:32:23.10ID:VJ16gs/y0
少女終末旅行×異世界食堂
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1515166343

続きを読む

[ 閉じる ]
1:2018/05/12(土)02:28:02.660
ID:f9QoEB3p0.net
でっっっかくてつっっっよいメイドさんに無表情で迫られて心臓麻痺起こしたい
8:2018/05/12(土)02:33:10.034
ID:f9QoEB3p0.net
メイド「一昨日の日曜日、坊ちゃまはどちらにおいででしたか。私には、“友人と食事に行く”と仰っておりましたが。」
メイド「……あのお話は、嘘でしたようですね。坊ちゃま、本当はどちらにおいでだったのですか。今のうちなら、私は起こりませんから、本当のことを仰ってください。」
メイド「…………チッ…。」
メイド「……実はあのあと、私はどうしても坊ちゃまが心配になり、失礼とは承知の上で、こっそり後をつけさせていただきました。」
メイド「坊ちゃまは、私にとってかけがえのない存在。私の知っている人物ならいざ知れず、名も顔も分からぬ“友人”風情に坊ちゃまを数時間も任せてはおけませんもの。」
メイド「…………あのお方は、どなたなのですか?」
続きを読む

[ 閉じる ]
07/17 (16:02) SS古今東西
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
:
2014/06/25(水)00:20:24.67ID:gVFDLBjK0
向日葵「また何か怒らせるようなことをしたのではなくて?」
櫻子「いや、そういうんじゃない」
向日葵「じゃあ何ですの?」
櫻子「とりつかれてるんだと思う」
向日葵「まさか、そんな」
櫻子「夜中になるとな、部屋からうめき声がきこえるんだよ」
向日葵「寝苦しいだけじゃないんですの?」
櫻子「いや違う」
向日葵「なぜ?」
櫻子「お風呂場からきこえることもあるもん」
向日葵「……」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1403623224

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
全てのレス
元スレ
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2016/07/25(月)20:48:05.56:
KzvkV2deo

【みほの部屋】
みほ「ごちそうさまでした。沙織さんのご飯、本当に美味しい」
沙織「そう?えへへ、ありがと。そう言ってもらえると作った甲斐があるよ」
優花里「お皿の片付けは私がやります」スクッ
華「私も手伝います」
みほ「あ、私がやるよ。華さんも優花里さんも座ってて」ニコッ
優花里「しかし…」
みほ「いいからいいから」ニコニコ
華「ではお言葉に甘えて」
優花里「……了解であります!しかし何もしないのは気が引けますので、西住殿の背中に『頑張れ』という思念を送らせていただきます!ぬおおおおおおお……あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛……」
みほ「そ、それは気になるからやめてほしい、かな?」アハハ
麻子「私もお言葉に甘えてゴロゴロするぞー……」ダラー
沙織「麻子は最初から手伝う気ないでしょ!食べてすぐ寝ると牛になっちゃうよ?」
麻子「なってもいい……草を食べてのんびり過ごせる……」
華「でも牛は睾丸を潰されるという運命を負いますよ?」
麻子「それは雄の牛だろう。というか急になんなんだ」
優花里「女性である私たちにはその痛みも想像できないですしねぇ」
沙織「ちょ、ちょっと!食後の乙女たちがなんて会話してるのよー!?こ、睾丸とか……///」
麻子「ほう。君は睾丸がなんなのか知ってるのかな?」
沙織「へっ……///」
華「ではお嬢さん、睾丸が体のどの部分なのか、もっとわかりやすい言葉で言ってごらんなさいな」ゲヘヘヘ
沙織「や、やだもー///」
華「うふふ。顔を赤くしてアタフタしてる沙織さんを見ていると、セクハラしたくなる男性の気持ちが少しわかりますね。あ、今度セクハラを花で表現してみましょう」
沙織「もうっ……///」
麻子「この程度で慌てていたら彼氏なんて夢のまた夢だぞ」
沙織「そ、そうなの!?」
麻子「男は24時間中20時間はエロいことを考えてるからな」
沙織「そんなに!?睡眠時間短い!」
優花里「それは
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529421907/
1:
◆axPwtNeSoU2018/06/20(水)00:25:08.10ID:461SpwxA0
※短編です
※このSSは、
タイトルを書くと誰かがストーリーを書いてくれるスレpart6
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522054323/
の>>400に投稿されたタイトル『世界で一番美しい生き物』から着想を得ましたが、思ったより長くなったのでスレ立てしました
よろしくお願いします

2:
◆axPwtNeSoU2018/06/20(水)00:27:36.64ID:461SpwxA0
「――いや、今日は良く来てくださった。心より歓迎いたしますぞ」
「お招きにあずかり光栄ですわ。【倶楽部】に入会して7年――ご自慢の【彼女】にようやく会わせていただけると聞いて、心待ちにしておりましたの」
私は目の前の、柔らかな微笑みを浮かべた老人に笑い返し、恭しく頭を下げる。
黒社会にも顔が利く世界有数の大富豪にして、【倶楽部】の大先輩。
礼儀はいくら尽くしても尽くし過ぎるということは無いはずだった。
供された紅茶と茶菓子を楽しみながら、まずは当たり障りのない、社交的な会話に興じる。
しばしの歓談の後、会話がひと段落し、部屋の中に沈黙が落ちた。
2杯目の紅茶を飲み干し、ほう、と息を吐く。
「……さて」
精緻な青の模様に彩られた白磁のカップをソーサーに戻し、老人と視線を合わせたと同時――不意に、目の前の老人のまとう空気が変わった。
「【彼女】を紹介する前に、一応念を押させてもらうのだがね……」
好々爺然とした笑みも声音も一切変わらないのに――こちらをねめつける視線の圧が違う。
こちらを腹の底まで見通し、値踏みするかのような、ぞっとするほどに冷酷な視線。
「……重々承知しております。ここで見るものについては、一切の他言無用。万が一にも秘密が漏れた場合には、速やかに【除名処分】が下される――でしたわよね?」
背中に走る冷たい汗の感触
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/10/10(木)15:52:48.41ID:qdXsAWWu0
色々知識足りないのでご容赦を。みほまほ。百合。たぶん18禁
戦車は人の手によって動く機械だ。動かされるものだ。
重厚で高火力な装備をいくら兼ね備えた所で、そこに生命無き以上、轍一つ作れはしない。
戦車は、人間の魂を注いでやる必要がある。
同じように西住流には、西住まほを捧げる必要がある。
私の歩むすべての道が、西住流と言われ続ける。
過去延々と受け継がれてきたこの血によって。
真っ直ぐに、勝利のみを掴みとる。
人間の魂を削り取るように。
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1381387968

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
1
:2016/07/23(土)21:33:12.93:
lcsXWc3G0
野比家
のび太「ドラえも?ん!!!ジャイアンにまた漫画取られちゃったよ?!なんとかしてよぉ???」
ドラえもん?「・・・・・・」
のび太「・・・ねぇドラえもんってば!!聞いてるの!?」
ドラえもん?「・・・・・・」
のび太「・・・ドラえ」
ドラえもん?「ぅるさぃょさっきから・・・」
のび太「えっ?」
ドラえもん?「の?ぃ太わぃつもゎたしのふたんなんかかんがえずにめんどぅごとばっかいぅ・・・もぅマヂ無理リスカしょ・・・」チキチキチキ
のび太「ちょっ、ドラえもん!?カッターしまって危ないよ!?」
ドラえもん?「マヂ無理・・・」チキチキチキ

続きを読む

[ 閉じる ]
1: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/16(月) 16:11:35.24 ID:odh1BxaA
部室 ダイヤ「あら、そうでしたっけ」 鞠莉「こっちに戻って来てからまだ一度も」 ダイヤ「なるほど……それで」 果南「今日なんかあるの?」 ダイヤ「ええ。お父様と小原家で少しばかりお話があって」 果南「ふーん」 ルビィ「お父さんも楽しみにしてたよ。ようやく娘三人と食事ができるって」 善子「娘扱いなんて随分気に入られてるのね」 ルビィ「うん! だって鞠莉ちゃんはお姉ちゃんと将来――」 ダイヤ「ルビィ」
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1521469632/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/19(月)23:27:13.01ID:KV0gj7MX0
サターニャ「傘持ってきてないのよね……どんどん強くなってきたし、どこかで雨宿り……」キョロキョロ
サターニャ「する場所ないわ……走りましょう」タッタッタッ

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/19(月)23:29:30.21ID:KV0gj7MX0
サターニャ「あ、あそこの公園に屋根あるところがあるわね……仕方ないわ、誰かいるけど……ん?」
ラフィエル「あれっ、サターニャさんではないですか」
サターニャ「ひぃっ!?ラフィエル!」
ラフィエル「濡れてしまいますから、早くこちらへ」
サターニャ「で、でもあんた何してくるか分かんないし……!」
ラフィエル「濡れて帰ったら風邪引きますよ」
サターニャ「ぐ…………」
サターニャ「し、仕方ないわね……ま、大悪魔は風邪なんて引かないけど…」スタスタ
ラフィエル「…ふふっ」ニコリ
サターニャ「!?なんか今ニヤっとしなかった!?」
ラフィエル「いえいえ♪」ニコニコ
サターニャ「…………ま、いいわ」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/19(月)23:31:15.70ID:KV0gj7MX0
サターニャ「しっかしすごいわねー、雨」
ラフィエル「ですねー……天気予報は曇りだったんですが」
サターニャ「これ止むのかしら…」
ラフィエル「まあまあ、止むまで待てばいいじゃないですか」
サターニャ「どういう発想なのよ」
ラフィエル「かの家康様のような…」
サターニャ「それとは違うでしょ」
ラフィエル「では……止まぬなら、止ませてみせましょうか?」
サターニャ「そんなことできるの!?」
ラフィエル「ええと……」
ラフィエル「……」チラ
サターニャ「……?」
ラフィエル「……まさか、できま
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆NF5DqPgzPo2018/07/17(火)00:49:41.26
ID:F4PnI5qgO
晴「やっぱりフランスつえーじゃん」
ぴんぽんぴんぽんぷぴんぽんぴんぽん
晴「なんだようるっせえ誰よ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:2018/05/09(水)22:43:30
i3e
(´・ω・`)「やぁ植木屋さん、もう仕事は終いかね?」
彡(゚)(゚)「あぁ、どうも原のご隠居!ええ、もうすこしで終いです!」
(´・ω・`)「終わったらちょっとコッチに来てもらいたいのだが」
彡(゚)(゚)「わかりました!パパッと終わらせてすぐに向かいます!」
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2016/07/28(木)01:47:49.11:
cmwY4PPLo
まほ「エリカ、少し相談があるんだが‥‥いいか?」
エリカ「相談ですか?私でお役に立てるかはわかりませんが、それでもよろしければ」
まほ「ありがとう。では早速本題だが‥‥みほ、いるだろう?私の妹且つ、現大洗生徒の」
エリカ「はい」
まほ「最近改めて感じたんだが、みほはかなり慕われているようなんだ。戦車道の仲間達に」
エリカ「はあ。まあ、試合の時から察するに、そんな感じでしたよね」
まほ「単刀直入に言うとだな‥‥みほみたいになりたい」
エリカ「‥‥はい?」
まほ「エリカはともかくとして、もっと他の子にも慕われたい」
エリカ「あの‥‥既にもう、十分慕われてると思うんですが。それ以上って、信仰の対象とかになりたいんですか?」
まほ「いや、自惚れに聞こえるかも知れないが、それは私も自覚している。だが私の場合、戦車道とか西住流ありきというか、どっちかというと、尊敬されている、という感じじゃないか」
エリカ「はあ」
まほ「もう少しこう、なんていうか、別ベクトルというか、なんだろう。こう‥‥」
エリカ「なんです?」
まほ「かわいくなりたい」
エリカ「はい?」
まほ「みほはかわいいだろう?姉が言うのもアレだが」
エリカ「はあ、まあ」
まほ「あんな感じになりたい」
エリカ「‥‥隊長がですか?」
まほ「そうじゃなきゃ意味がないだろう。それでまあ、他の子たちにも、尊敬というより、親しまれたい」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1521809650/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/23(金)21:54:11.15ID:Ioypu/xY0
※短編になります。
ガヴリール「あ?ぁ、暇だな…」ボォォーー
ヴィーネ「ガヴーー!!」タッタッタ
ガヴリール「なんだよ、ヴィーネ?そんなに大声出してさ?」
ヴィーネ「今、第1回、県立舞天高校○○にしたい女性ランキングっていうのが廊下に張り出されてるそうなのよ。一緒に見に行かない?」
ガヴリール「なんだよ、それ?そもそも興味ない…。」
ヴィーネ「なによ。さっきから暇そうにしてるんだったら、見に行ってもいいんじゃないの?それに暇つぶしにもなると思うし」
ガヴリール「暇潰しねぇ………そうだな。せっかくだし、見に行くとするか」スクッ
ヴィーネ「そうこなくっちゃ!」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/23(金)22:07:33.93ID:Ioypu/xY0
ガヴリール「そういえば、その○○にしたい女性ランキングっていうのは一体、なんだ?」
ヴィーネ「今年から始まったイベントみたいなものらしいのよ。ほら、良く嫁にしたい女性ランキングとか、付き合いたくない男性ランキングみたいなものよ」
ガヴリール「その、ランキングがあること自体が初耳だけど?そもそもランキングってなに?」
ヴィーネ「簡単に言えば、順位づけの事よ。」
ヴィーネ「具体的に言えば、まず一定の様式にしたがって選出したい人の名や賛否を示す紙・札などをさし出す「投票」というのが行われてね…次にその投票を元に、その人物を順位付けにして最終的には一番を決める……そういうルールみたいなのよ!」
ガヴリール「へぇー。(分からん…)」
ヴィーネ「ちなみに、うちの高校も今年からランキングを行う事が決まったみたいなのよ。で、○○にしたいというのは、嫁にしたいとか恋人にしたいとか、そんな風みたいよ。もう一つ、今回は女子中心だから、投票したのはほとんど男子だけで、投票の中から出したランキングの女子の一
続きを読む

[ 閉じる ]
2: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/07/16(月) 06:39:24.64 ID:tpid2BxD
屋上、練習終了後 ダイヤ「ご存知のとおり、明日からはテスト期間に入りますので、放課後の練習ができなくなります」 ダイヤ「期間中は勉強に集中しつつ、各自コンディションの維持に努めてください」 ダイヤ「また、土日はテスト対策の合同勉強会を開催しますので、みなさんの積極的なご参加を――」 鞠莉(よーう)クイクイ 曜(わ、鞠莉ちゃんか。いきなり裾をひっぱって、どうしたんだろう?) 鞠莉(手、繋ご?)ツンツン 曜(手を繋ぎたいのかな?ダイヤさんがお話し中なのに、しょうがないなぁ)ギュ 鞠莉(ふふっ♪) 曜(えへへっ♪) よしまるびぃ「…」ジー
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1531756667/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/17(火)00:57:47.89ID:XnLWIwyQ0
※ガヴリールドロップアウト短編

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/17(火)00:59:05.04ID:XnLWIwyQ0
黒奈「千咲……お昼食べよ……」トコトコ
タプリス「そうですね……」
タプリス「はぁ……」
黒奈「……?」
黒奈「千咲、テンション低い……」
タプリス「ええ……まああなたには言われたくないですけど……」
黒奈「……」
タプリス「……」
黒奈「……」カパ
タプリス「……」
黒奈「……」モグモグ
タプリス「いや、あの……ちょっと」
黒奈「?」
タプリス「何があったか聞かないんですか?」
黒奈「……」
黒奈「誰にでも元気の出ない日はある……仕方ない……」
黒奈「……」モグモグ
タプリス「た、確かにそうですけど!」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/17(火)01:00:14.74ID:XnLWIwyQ0
タプリス「そっとしておいてあげる優しさもありますけど……!」
タプリス「ほら、一応ここは何があったか聞くのが友情ってものなのでは……?」
黒奈「『悪魔とは友達にはなれない』ってこの前……」
タプリス「言いましたけど! 一緒にお昼ご飯食べてる間柄としてですね!」
黒奈「……友達って正式に認めてくれたら……聞いてあげる」
タプリス「んなっ」
黒奈「……」
タプリス「……」
黒奈「……」モグモグ
タプリス「……」
黒奈「……」モグモグ
タプリス「じゃあこれはただの独り言なので、勝手に聞き流しておいてください」
タプリス「ああ……数学で赤点取っちゃいました……はぁー」
黒奈「……」
タプリス「数学で赤点……どうしましょう……」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1435502017/
1:
◆TfF3m7mYXE
2015/06/28(日)23:33:47.80ID:T5iWCRBT0
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている
安価スレです
安価書くの初めてなので多分キャラ崩壊有り駄文・遅筆になりますが宜しくお願いします


4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/06/28(日)23:36:22.41ID:9jvaDrQg0
小町とデート
6:
◆TfF3m7mYXE
2015/06/29(月)00:03:23.53ID:OAyIpQR20
八幡「暇だ……小町とデートでもするか…」
小町「うん?小町がどうしたのお兄ちゃん?」
八幡「うわ!…タイミングよさすぎるだろお前…」
小町「お兄ちゃんと小町は以心伝心だからね。あ、今の小町的にポイント高い!」
八幡「あー、はいはい」
小町「いつも以上に返事が適当だ…あ、でどうしたのお兄ちゃん?」
八幡「いや、小町とデートに行こうかなって……」
小町「……え?」
八幡「いや、暇だから……」
小町「うわ、お兄ちゃんがシスコンなのは知ってたけどまさか暇だからって本気で妹と」
八幡「そうじゃねぇよ。ただ暇だからたまには二人でどこかへ出かけたいと思っただけだ。」
小町「なーんだ。そういうことか……」
八幡「何でちょっとがっかりしてんだよ…」
小町「はぁ……これだからお兄ちゃんは……で、どこに行くの?」
八幡「取り敢えず>>9辺りが妥当だろ」
10:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/06/29(月)00:06:57.08ID:hBDhIvkDO
ゆきのんマンション

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1435610119/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/06/30(火)05:35:29.52ID:YmaEKlwOo
夜中のテンションで思いついたネタ
短いです
フタナリが嫌いな人はご注意を

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/06/30(火)05:36:09.46ID:YmaEKlwOo
いろは(ぅぅぅぅ、どうしてこうなったんでしょう)
椅子に座っている雪ノ下雪乃はニーソを履いた状態で、いろはの下半身から生えている巨根を足で弄っていた
雪ノ下「足で弄られてビクビクさせるなんて、ほんとうに一色さんはドMね」
いろは「そんなこと、んん、ないですっ」
雪ノ下「そうかしら?」
グイッ
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/06/30(火)05:36:48.51ID:YmaEKlwOo
いろは「痛ッ」
雪ノ下「その割には先っぽから汁が出てるわね。お陰でニーソが濡れたわ」
雪ノ下「ほら、足で弄られて、イキなさい」
いろは「はっ、ハァハァ、ぅぅ、うっんんんん」
ドピュドピュピュ

続きを読む

[ 閉じる ]
11: 名無しで叶える物語(家) 2018/07/16(月) 20:53:39.67 ID:YqcJzpPr
果南「……」ジーッ 梨子「……あ、あの。何ですか果南さん」 果南「あ、ゴメン。梨子のお腹、凄く綺麗だなって思って――」 梨子「……///」サッ 果南「あ?。隠しちゃった」 梨子「は、恥ずかしいですもん!///」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/06(水)19:22:12.35
ID:UyxZnUf30
八幡「(俺と雪ノ下、それに由比ヶ浜は今、とある山に来ている)」
八幡「(雪ノ下が大の山好きだったらしく)」
八幡「(どうしても行きたいとダダをこねたため、断りきれなかったのである)」
八幡「(自室に引きこもり、平和な1日を過ごす俺の予定を妨害した)」
八幡「(ぐぬぬ・・・雪ノ下め、俺と小町との大切な時間を奪いおって・・・)」
八幡「(まぁ良い、明日はプリキュアがある)」
八幡「(そんなことを思っていたが・・・)」
八幡「ここどこだ・・・」
由比ヶ浜「あ、あははは・・・」
雪ノ下「アオダイショウって、可愛いのね」ナデナデ
アオダイショウ『///』
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1430907722
引用元:

八幡「遭難してしまった・・・」 


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。4イラスト集付き限定特装版(ガガガ文庫)
postedwith
amazletat15.05.06
渡航
小学館(2012-03-16)
売り上げランキング:702
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/07/15(日)15:39:00.51
ID:hBIT7s6f0
紅莉栖「……」
紅莉栖(全部、思い出した……)
紅莉栖(α世界線で岡部と過ごした事、全部……)
紅莉栖「どうしよう……」
紅莉栖(全部思い出したせいで今まで以上に岡部の事、好きになっちゃった……)
紅莉栖「岡部が好き過ぎて胸が痛い……」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/04/10(火)02:33:12.40
ID:fzws8hlE0
―部室―
ジャラジャラ
八幡「あ……ありのまま今起こっていることを話すぜ!」
八幡「俺はいつも通り、奉仕部の部室に入ったと思ったら、なぜか大量の大人のおもちゃを発見してしまった」
八幡「な……何を言っているのか、分からねーと思うが……俺も分からん」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1523295192


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/04/10(火)02:34:09.12
ID:fzws8hlE0
八幡「つか何でこんなもんが部室に……? 一体誰が……」
八幡「ハッ……まずい、今この部室内には俺一人。今誰かが部室に来たら、俺がこれらのブツを持ち込んだと誤解される」
八幡「どうする。とりあえず隠すか? いや、俺がここを立ち去るのが一番手っ取り早」
雪乃「あら、比企谷くん」ガラッ
八幡「」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/04/10(火)02:35:16.97
ID:fzws8hlE0
雪乃「……」
八幡「いや、待て。これはだな」
雪乃「……」ピポパポ
雪乃「もしもし、警察ですか。はい、はい、総武高校で……はい、凶器を所持した腐った目つきの性犯罪者が」
八幡「おい、ナチュラルに性犯罪者認定するのはやめろ」
雪乃「何か問題でも? 客観的な証拠が揃いすぎているのだけれど」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/04/10(火)02:37:11.92
ID:fzws8hlE0
八幡「いや、まだ犯罪とか犯してねぇから」
雪乃「ではこれから犯す気なのね。凶器準備集合罪の構成要件を満たすに足る犯行現場だわ」
八幡「難しい法律用語の連呼やめろ。裁判員に伝わらねぇぞ」
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
13
14
15
16
17
18
19
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。