SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
作品:Fate/stay night
<<
2017年02月
>>
43件取得
人気記事順表示
重複記事表示
<<
0
1
>>
02/28 (20:00) SSなび
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします2016/03/30(水)15:17:40.746ID:oIEO8+f+0
切嗣「……アイリ。すまないがもう仕事の時間で」
アイリ「いいわ。こうなったら嫌でもコミュニケーションをとってもらうわよ」
切嗣「アイリ…?」
アイリ「切嗣、愛してるわ♪ 原稿用意してあるから、お城の客間に来て」
切嗣「原稿…?」

続きを読む

[ 閉じる ]
02/28 (16:00) えすえすゲー速報
 
fate
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/06/03(日)22:49:24.48
ID:ILdbpFNC0
雁夜「この世界ではみんな高校生なのか…よし!今度こそ葵さんを!」
雁夜「とりあえず
>>5をしよう!」
引用元:

雁夜「安価で学園生活の中で葵さんを手に入れる!」


【Amazon.co.jp限定】Fate/GrandOrderOriginalSoundtrackI(オリジナル特典:「A5クリアファイル(ジャンヌ・ダルク)」付)(初回仕様限定盤)
postedwith
amazletat17.02.27
Fate/GrandOrder
アニプレックス(2017-03-01)
売り上げランキング:6
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/11/08(日)08:04:44.48
ID:j0uCGhVA0
重大な内容は無いと思うけど一応3章ネタバレ注意かもしれません
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1446937484

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/11/08(日)08:05:30.46
ID:j0uCGhVA0
牛若丸「あ、主殿……もしよろしければ、また頭を投げて頂けないでしょうか……」
マルタ「……別に私はどうでもいいんだけど。あまりふしだらな生活を送ると神罰がくだるわよ?」
タマモ「ご主人。最近他の女の臭いがするぞ?」
マシュ「その……最近の先輩は女性に流され過ぎです。確かにサーヴァントとは名高い英雄ですから、一癖も二癖もある方々達ですが……それにしても、先輩はマスターなのですから、もっと毅然とした態度をですね。新しいサーヴァントが増える度に古参のサーヴァントと接する時間が減るのも良くないと思います。体を二つにしてでも私を始めとする古参サーヴァントとの時間も確保するべきです。先輩?聞いてますか先輩?」
清姫「ま・す・た・あ?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/11/08(日)08:06:39.77
ID:j0uCGhVA0
ぐだお「と、いう訳で、そろそろ女性陣に殺されそうな訳なんだけど」
小次郎「くっ……く、ふふふふふ……」
ぐだお「もう少し笑いを堪えようとする意志を見せてくれ」
ハサン「ふむ。以前より酷くなっておられますな」
アステリオス「ますたぁ、いいひと。ぼくも、ますたぁが、すき」
ぐだお「ありがとう、アステリオス。君は俺の癒しだ……」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/11/08(日)08:07:14.57
ID:j0uC
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1454240054/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/01/31(日)20:34:20.95ID:sdbZu2vZ0
第4章の裏ストーリー的な
第4章のネタばれあり。
第4章のロンドンにフランス勢が現界していたら。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/01/31(日)20:35:39.49ID:sdbZu2vZ0
魔霧たちこめるロンドン某所
マリー「ここはどこかしら? マスターの姿は見えないし、それどころか3メートル先が見えないわ」
マリー「深い霧……。蒸気にも似ていて、魔翌力も感じる」
ピュウ
マリー「丁度いいところに新聞が」
マリー「『バベッジ博士、新たな発明』英字新聞。そう、ここはイギリスなのね」

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/01/31(日)20:40:12.58ID:sdbZu2vZ0
マリー「でも、どうしてイギリスに召喚されたのかしら? それに人の気配も」
ゾンビ兵A「ガアアアアアア」
マリー「あら、ご機嫌麗しゅう。イギリスの兵隊さん?」
ゾンビ兵A「ウッ」バタッ
???「……お母さん」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/01/31(日)20:41:51.93ID:sdbZu2vZ0
マリー「兵隊さん? 眠っているのね……」
ゾンビ兵B「ガアアアアアア」
ゾンビ兵C「ガアアアアアア」
マリー「ああ、霧で全く気配が読めないわ。皆さんどうしたこと?」
???「お母さん!!!」ザクザク
ゾンビ兵BC「」バタバタッ
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/01/31(日)20:42:39.41ID:sdbZu2vZ0
マリー「また眠ってしまったわ。この霧のせいかしら?」
???「解体聖母!!!!!」ヴイイイイン!!
ゾンビ兵D~H「ガアアアアアア!」バタハ
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1435636899/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/06/30(火)13:01:39.61ID:/+o2ImLgO
凛「アーチャーならいないわよ?」
イリヤ「えぇー…」
凛「ま、お茶くらい出すわよ。上がったら?」
イリヤ「心当たりとかないの?あ、このお茶美味しい」ズズッ
凛「でしょ。うーん、なんか昼前くらいに「体は出汁でできている!」とか言いながらどっか言ったわよ」
イリヤ「出汁?」
凛「誰かに料理でも教えに行ったんじゃないの?あいつ料理美味いし」
イリヤ「料理…、誰かに…」
イリヤ「あっ!」
凛「なんか解った?」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/06/30(火)13:11:22.49ID:/+o2ImLgO
イリヤ「うん!こないだキャスターにおでんの作り方教えるとか言ってたから柳洞寺かも。そうと解れば……!」
ピィイイイイイ!
凛「イリヤ?指笛なんか吹いて何を…」
ドガシャアアアアア!
凛「天井に穴!?」
バーサーカー「■■■■■■■■■ーーーー!!」
凛「バ、バーサーカー!?あぁていうか家がめちゃくちゃにぃ!!」
イリヤ「令呪をもって命ずる!とらんすふぉーむ!!」
バーサーカー「■■■■■■■■■ーーーー!!」ガシャンガシャン
凛「こ、これは…!」
イリヤ「ふっふっふ、バーサーcar!!」ドーン
イリヤ「行くわよバーサーcar!しゅっぱぁあーつ!」
ゴシャア!ドドドドドドドド
凛「………」
凛「そ、外出てからやりなさいよーーー!!」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/06/30(火)13:16:28.53ID:/+o2ImLgO
キャスター「ど、どうかしら?」
アーチャー「ふむ…」
アーチャー「まぁ私には遠く及ばないが、コレなら葛木も満足するだろう」
キャスター「ホッ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1464521534/
1:
◆X4BsWwLd5Zff
2016/05/29(日)20:32:14.27ID:RD5Raenio
―――出発前―――
エルメロイ?世「……準備はいいか、マスター?」
マシュ「はい、こちらも準備万端です」
ぐだ男「他のサーヴァントの調子もいいみたいだし……早くこの異変を解決しよう!」
エルメロイ?世「ああ……ではドクター、レイシフトを頼む」
ロマン「わかった、それじゃあ10年前の特異点Fへと……」
『……レイシフト、開始します』
エルメロイ?世「(行くぞ……あの結末を、我が計略を以て覆す!)」
――――――

2:
◆X4BsWwLd5Zff
2016/05/29(日)20:37:08.85ID:RD5Raenio
―――
エルメロイ?世「八門金鎖の陣!」
女ハサン「ぐわぁ!?」
マシュ「これは……アサシンのサーヴァント!?」
ロマン『ええ!?全く気配が無かったぞ……なんて影が薄いんだ!』
エルメロイ?世「さて、まずは追跡者を仕留めてしまおうか……マスター、戦闘に入るぞ」
女ハサン「(くっ……仕方ない、他の個体を囮にして連絡を……!)」
???「……まったく、何たる体たらくだ」
女ハサン「……っ、何者……!?」
3:
◆X4BsWwLd5Zff
2016/05/29(日)20:42:46.35ID:RD5Raenio
呪腕「このような無様を晒して……それで『山の翁』に名を連ねるハサンと言うのか?」
女ハサン「あ、貴方は……!?」
ザイード「す、すげぇ……あれは先代の『呪腕のハサン』だ!!」
ゴズール「マジで!?俺本物初めて見た……」
マクール「お、俺!貴方の大ファンなんです!後でサイン貰っても……」
呪腕「黙れ!……そこの、とりあえずこいつ等を全員集めろ」
女ハサン「え……あ、はい!」ヒュー?
エルメロイ?世「……あれ?」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1480425054/
1:
◆hhChD4nlKCgu
2016/11/29(火)22:10:54.50ID:hOwEdcBM0
ぐだお「え?」
イシュタル「だってそうじゃない? 守護者だか何だか知らないけど、
人間の分際で全体浄化の正義を唱えるなんて生意気なのよ。
そもそも見てて面白くないし、賢すぎるのも小賢しいだけだしね」
ぐだお「う、うーん。エミヤは何故かイシュタルに対してちょっと警戒してるみたいなんだよなぁ」
イシュタル「"ついに狂ったか!"なんて、失礼しちゃうわ。
女神に対してそんな口を利くもんだから、唇を縫い合わされちゃっても文句言えないわよ、アレ」
ぐだお「とにかく、今エミヤと接触するのはお勧めしないけど……」
イシュタル「なぁに? 私に口答えするの?」
ぐだお「……俺はどうなっても知らないからな」

2:
◆hhChD4nlKCgu
2016/11/29(火)22:13:10.76ID:hOwEdcBM0
イシュタル「という訳で、ヤッホー。
カルデアの台所にお邪魔するわ」
エミヤ「帰れ」
イシュタル「口を慎みなさいよ? この私を女神イシュタルと知っての狼藉かしら?」
エミヤ「知っているからこそ、君からは不吉なものしか感じられん。
ともかく調理の邪魔だ。これからカルデアスタッフ一同へ向けた夕食を用意せねばならないからな」
イシュタル「何作ってるの?(ずいっ)」
エミヤ「ええい! 顔が近いわ戯け!」
3:
◆hhChD4nlKCgu
2016/11/29(火)22:20:24.29ID:hOwEdcBM0
イシュタル「あら、和食? いわゆる"ワビサビ"ってやつかしら」
エミヤ「そこまで高尚なものを手掛けている自覚はないな。
私が作っているものはあくまで味を重視したものだ。
尤も、人間の杜撰な味覚が君の口に合うとも思えないが」
イシュタル「一々イヤミね?。何か誤解している様なら一応弁明しておくけど、
女神だからって別に私は人間を嫌っている訳じゃないのよ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1435456246/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/06/28(日)10:50:46.52ID:0kgp7krbO
アーチャー「は?」
イリヤ「だから、おつかいに付き合ってって言ってるの」
アーチャー「急に家に来て、何をしに来たのかと思えば…」
アーチャー「リズとセラはどうした?」
イリヤ「いま家事やってる」
アーチャー「それでも言えばやってくれそうだが」
イリヤ「だからこっち来たのよ」
アーチャー「なるほど…、ならば小僧で良かろう。今なら夕飯を作る前の時間だろう?空いてるんじゃないのか?」
イリヤ「士郎なら、凛と桜とセイバーといっしょに買い物行ってるわ」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/06/28(日)10:57:21.24ID:0kgp7krbO
アーチャー「凛め、朝からいないと思ったら…」
アーチャー「…バーサーカーはどうだ?」
イリヤ「ランサーが死んでもいいの?」
アーチャー「別にそれは構わんが、確かに破壊跡を片付けるのがめんどくさそうだな」
イリヤ「でしょ?だから行こ」
アーチャー「…他のサーヴァントかマスターに頼むという選択肢は無いのか」
イリヤ「んー…、ないわ。だってアーチャーなら引き受けてくれると思ったもの」
アーチャー「………フゥ」
アーチャー「…しょうがあるまい。小僧と出かけているということは、凛も今日は帰ってこないだろう。いくらでも付き合うさ」
イリヤ「やったー!」ピョンピョン
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/06/28(日)11:05:07.05ID:0kgp7krbO
アーチャー「この姿で外をうろつくわけにもいくまい。着替えて来るから待っててくれ」
イリヤ「わかったわ」
アーチャー「待たせたな」
イリヤ「……」ポカーン
アーチャー「どうした?イリヤ」
イリヤ「う、うぅん!なんでもないわ!」ブンブン<
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1445005841/
1:
◆bU0CD2Homw2015/10/16(金)23:30:41.38ID:2oyLFxDZ0
FateGOのSSです
多少のオリ設定、キャラ崩壊がありますので苦手な方はご注意ください
次レスから投下開始します

2:
◆bU0CD2Homw2015/10/16(金)23:31:07.80ID:2oyLFxDZ0
 カルデア
マシュ・ジャンヌ「「ただいま帰還いたしました!」」
ぐだ男「『疲れた……』」
ロマン「お疲れ様。大浴場がまだ開いてるから、使いたかったらどうぞ」
ぐだ男「『マシュたちから先に入ってきていいよ』」
ジャンヌ「ありがとうございます、マスター」
マシュ「そんな、先輩を差し置いて私が先に入るなんて……」
ぐだ男「『じゃあ一緒に入る?』」
マシュ「えっ!? そ、それは……まだ私たちには早いのではないでしょうか」

3:
◆bU0CD2Homw2015/10/16(金)23:31:42.61ID:2oyLFxDZ0
ぐだ男「『冗談のつもりだったんだけど……』」
マシュ「し、失礼しましたっ」
ジャンヌ「親交を深めるために同じ湯船に浸かるというのは良いアイデアだと思いますよ。私も激しい戦闘の後には、ジルといわゆる『裸の付き合い』をしたものです」
ロマン「は、裸の付き合いだって!? その話、もう少し詳しく聞かせてもらっていいかな?」
ぐだ男「『ドクターが想像してるような意味ではありませんよ』」
マシュ「互いに一糸纏わぬ姿でいても気まずくならないような、非常に親密な関係であるということです」
ぐだ男「『それもちょっと違うかな……』」
ダヴィンチちゃん「本音で語り合えるような関係、つまり心を裸にして付き合えるような関係のことだね」

4:
◆bU0CD2Homw2015/10/16(金)23:32:14.18ID:2oyLFxDZ0
ジャンヌ「そうなのですか? 私は単に共に水浴びをする程度の意味だと思っていたのですが……」
ロマン「……その
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1450033828/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/12/14(月)04:10:28.67ID:feDtPmD7O
ケイネス「フロアひとつ借り切っての完璧な工房だ。結界二十四層、魔力炉三器、猟犬がわりの悪霊・魍魎数十体」
ケイネス「無数のトラップに、廊下の一部は異界化させている空間もある」
マルタ「悪霊ですって?」
ケイネス「む? 突然誰だね君は。ノックもなしに部屋に入るとは礼儀がなっていないようだね」
マルタ「それよりアンタ、今悪霊って言ったでしょ」
ケイネス「いかにも。猟犬代わりの悪霊が配置されている」
マルタ「そう――ふざけてんじゃないわよ!」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/12/14(月)04:11:12.80ID:feDtPmD7O
ケイネス「ふん、誰とも知れぬ君にとやかく言われる筋合いはない」
マルタ「いいえ、あるわ。あの方の教えをアンタが呼んだ悪霊は否定しているのよ、許せないわ!」
ケイネス「私は勝手に部屋へと侵入している君を許せないのだが」
マルタ「とりあえず、半殺しに……全殺しにするから」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/12/14(月)04:12:25.75ID:feDtPmD7O
ケイネス「ふっ、全殺しにしたいのならそれは構わんが……一ついいかな」
マルタ「なに? 冥土のみや……天国への土産に一つぐらいならいいわよ」
ケイネス「どうやってここへ侵入したのかね?」
マルタ「え? 普通に対魔力で無理矢理入って来たけど」
ケイネス「対魔力……む。よく見ればサーヴァントではないか。対魔力となれば三騎士、もしくは騎兵……はイスカンダルだから違うか」
マルタ「いや、私ライダーだけど」
ケイネス「……ライダー……!? すればイスカンダルはライダーではなかったと? いやそれはないはずだが……」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/12/14(月)
続きを読む

[ 閉じる ]
02/25 (20:00) SSなび
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/10/03(土)22:20:50.82ID:wjtjgQad0
 城内・ジャンヌの私室
黒ジャンヌ「ついにこの時が来たわ……」
黒ジャンヌ「私を裏切ったフランスに血の報いを与える時が……」
黒ジャンヌ「私はジャンヌ・ダルク! 地獄より蘇った竜の聖女! 愚昧なるフランス国民よ、私の怒りを思い知るがいい!」
黒ジャンヌ「前口上はこんな感じでいいわよね……後でジルに聞いてもらわないと」
黒ジャンヌ「まずは私を異端認定した教会の豚ども……それと、親愛なるピエール・コーション司教をお呼びしなくてはいけないわ」
黒ジャンヌ「ふふふ、これから私が愛した……愛していた祖国フランスを、邪悪と悪徳をもって陵辱するなんて、数日前の私が聞いたらなんて思うのかしら」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1464515160/
1:
◆W40L7H8c//sR
2016/05/29(日)18:46:00.85ID:rx4UyIqu0
「うん。バベッジが蒸気王でオレが蒸気の勇者で。なんか色々少年的で楽しかった」
マシュ「はぁ……」
「確かマスターって契約してるサーヴァントの夢を見るんだっけ。アレがそうなのかな」
マシュ「それとは些か趣きが異なるように感じますが……」
「そっか。でも楽しかったし、マシュも凄い可愛いかったよ。新鮮で」
マシュ「か、かわいい……」
「ドラゴンを倒してお姫様を助ける!……結局は夢オチだけど、良い体験だった」
「駆け寄ってきたマシュを抱き留めようとしたところで夢から覚めちゃったのが惜しかったけど……」
マシュ「抱き締め……ああ、そうなんですね…」
「ん?」
マシュ「私が姫……そして、あなたが勇者……」
マシュ「夢の中でさえ、あなたは……」
マシュ「嗚呼……そんなにも、強く求められたら、私……」
マシュ「……困って、しまいます……」

4:
◆W40L7H8c//sR
2016/05/29(日)19:03:00.37ID:rx4UyIqu0
「え、えっと……」
マシュ「やはり、あなたの優しさは……あの人の……」
「ご、ごめん。困らせるつもりはなかったんだけど……」
マシュ「ふふ……謝ることなんて。むしろ、私の方が」
「ま、マシュ?」
マシュ「この場所――あなたの隣は、心地が良い」
マシュ「だから、もう少し。もう少しだけ……この関係を」
「どうした?なんか、ヘンな……」
マシュ「いいえ。何もおかしいことなどありません」ピトッ
「……そう、だっけ……」
マシュ「私はマシュ・キリエライト。あなたを守護し、共に歩むもの……これまでも、そしてこれからも」
「……そう、か……」
マシュ「だから、あなたも普段通りでいいのです」
「……普段……通り……」
マシュ「はい。いつも通りに……勇ましく」
マシュ「私の――私だけの、英雄らしく――」続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1482769873/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/27(火)01:31:13.61ID:soFBsKEd0
最終章のネタバレばっかりですやん

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/27(火)01:32:27.49ID:soFBsKEd0
ぐだお「今年も無事にクリスマスが迎えられるとはなぁ」
ハサン「これもひとえに魔術師殿の諦めの悪さの賜物ですなぁ」
ぐだお「褒めてる?」
ハサン「無論。魔術殿の良いところは一に諦めの悪さ、二に愚直さ。三に凡庸さと言ったところ」
ぐだお「えー……世界を救ったんだからさ、もう少しなんかないのか?」
ハサン「いやいや。これを貫き通したからこそ魔術殿。我らもそこに惹かれたのですよ」
小次郎「さしずめ根負けと言ったところだな」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/27(火)01:33:19.82ID:soFBsKEd0
ぐだお「勘弁してよ」
カエサル「あまり調子に乗るものではない。貴様がどれほどの偉業を成し遂げようと我らからすれば凡庸未熟であることは変わらん」
ぐだお「……ま、それもそうなんだけどさ。俺なんてガンド撃つしか脳がない男だ、世界を救えたのは職員の人達とサーヴァントのみんなのおかげだ」
ハサン(本気でそう思う人柄こそ一番の武器なのだがなぁ)
小次郎(それでこそ我らが主よ)
カエサル(我らがついていなければ危なっかしくて見て入られたものではないな)
デオン(その通りさ)
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/27(火)01:34:30.55ID:soFBsKEd0
ハサン「デオン殿、さもいつも通りとでも言いたげに会話に加わらないで頂きたいのだが……」
デオン「随分と酷い物言いじゃないか、我らマシュを含めマスターを支えた最古参5柱。仲間外れはやめてほしいな」
カエサル(そうだったか
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/02/09(日)23:02:15.86
ID:lniweNSb0
?アーネンエルベ?
志貴「俺なんてヤンデレで貧乳な妹にクッソ重い過去を持ってる使用人一号にその使用人一号に自分のルートを食われる二号、さらには人外カレー、極めつけは真祖ときたもんだ!」
志貴「英霊や魔術師と言っても元は人間だろ?それに士郎君はルート次第じゃアホみたいに強くなるじゃないか、俺なんてどのルートでも寿命短いんだぞ」
士郎「それは違いますよ志貴さん。俺が生き残るルートなんて全体から見たらめちゃくちゃ少ないんですよ」
士郎「しかも死に方も魂を人形に移し替えられるだとか、魔女の杖にされるだとか、信じてきたサーヴァントに裏切られるだとか、酷いもんばっかですよ」
士郎「だいたい俺が強くなるといっても全体から見ればまだまだなんですよ?それにヤンデレで言ったらウチの桜の方がヤバイと思いますけどね」
志貴「桜君か…皆とデート大作戦でチラホラ映ってるのは怖かったよ……って、セイバーに裏切られるのは君が好感度を最低のままにしとくのが悪いんじゃないか」
士郎「まぁ、そうなんですけど」
幹也「やぁ、何話してるんだい?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1391954535

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/02/09(日)23:18:41.85
ID:lniweNSb0
士郎「あれ?幹也さん、どうしたんですか?」
幹也「ここら辺を散歩してたらたまたま君たちを見つけてね、これも何かの縁だと思って」
志貴「カーファンじゃ結局出てこなかったんですもんね」
幹也「うん。映画の撮影と被っちゃってね。なんとか式だけは出せたんだけど」
幹也「それで何の話をしていたんだい?」
志貴「どっちのハーレムが一番酷いかって議論してたんですよ」
3:
以下、2013年にか
続きを読む

[ 閉じる ]
1:◆9JifO/c2B62016/08/06(土)20:38:26.00ID:MwmYzoD10
現代でマシュとランスロットが一般的な親子だったらっていう親子パロです
マシュが高校生、円卓メンバーが会社員って感じです
書いたら投下のスタイルなので遅くなったり誤字があったりするのが多いですが、よろしくお願いします
 

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1462450270/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/05/05(木)21:11:10.86ID:GtT8Ynyf0
凛「だって、アンタだけ色んな女の子取っ替え引っ替えしすぎてるじゃないのよ」
ザビ子「そうだね。アーチャーはちょっと節操無さ過ぎだから心配。マスターとして」
ぐだ子「うんうん。だからこの際、誰をマスターとして選ぶのかエミヤに直接聞こうってなってね」
エミヤ「しょ、正気かキミ達! そもそも、それぞれに作品が違うのだから、マスターが変わるのも致し方無いことであってだな――」
凛「いやそういうのいいから」
エミヤ「なん……だと……!?」
凛「パパッと誰を選ぶのか言いなさいよ」
ザビ子「ほら早く」
ぐだ子「一言名前を言うだけだよ?」
エミヤ「その一言を言っただけで巨大な爆弾が爆発することは目に見えているわけだが!?」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/05/05(木)21:11:57.49ID:GtT8Ynyf0
凛「何よ、心外ねアーチャー。アナタ、自分のマスターが信用できないっていうの?」
ザビ子「そうそう、サーヴァントであるアーチャー自身から誰が良いかを聞かされたなら、皆納得するに決まってる」
ぐだ子「そんなわけで、はいどうぞ」
エミヤ「な―――」
エミヤ「(なんなのだこれは……どうすればいいのだ……!?)」
凛「…………ふう、分かってたけどすぐには結論出しそうにないわね、これは」
ザビ子「じゃ、凛。予定通りに」
ぐだ子「うん、予定通りに」
凛「ええ。―――わたし達のプレゼンを始めます」
エミヤ「………………は?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/05/05(木)21:13:09.78ID:GtT8Ynyf0
凛「まずはわたし、遠坂凛から」
エミヤ「ぬるっと始めたな……」
凛「(無視)初代SNのアーチャーのマスターにして、わたしのルートは映
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1445012434/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/10/17(土)01:20:34.96ID:roRdcd1m0
清姫「」
ぐだお「やっぱり、清姫の前では正直に言っておかなくちゃだめだなと思って。隠そうとも思ったけど、それじゃあ嘘と変わらないし」
清姫「な、なぜ!?よりにもよって何故エリザベートなのです!?理由を正直に仰って下さい!他の女性に現を抜かすならまだしも、よりによってあんな品のない未通女に……!」
エリザベート「こらぁああああああ!誰が未通女よ誰が!大体この歳で開通してる方が色々と犯罪チックだって分からない!?」
清姫「マスター。こんな餓鬼にも劣る女で本当に良いのですか?この清姫をお嫁に貰って頂ければ美味な食事は勿論の事、お風呂もベッドの上もお手の物ですのよ?」
エリザベート「ふんっ、そりゃあ開通もするわよね。そうやって男が相手なら誰にだって簡単に脚開いちゃうんでしょ?子ブタにしてメスブタ。あんたにぴったりの俗称ね」
清姫「……口を慎んでいただけます?このゲームバサカゲーですから、ランサー如きの貴方なんて瞬時にこんがり焼き上げて差し上げますわよ?」
エリザベート「何よR。SRの私に歯向かう気?」
清姫「ぐぬぬ・・・」
エリザベート「ぐぬぬ・・・」
ぐだお「やめるんだ二人とも。僕の為に喧嘩なんてやめてくれ」
清姫「そうです。わたくし、マスターの為に……」
エリザベート「バ、バッカじゃないの!?あんたの為に争ってなんかないし、そ、そう!これは仕方なく、言い寄ってきたあんたに寛大に接してあげてるだけなんだから!」
ぐだお「はっはっは。エリザベートはツンデレだなぁ。ま、そういう所が良いんだけど」
エリザベート「聞いた?今はツンデレがホットらしいわよ。ヤンデレなんて時代遅れってことね」
清姫「……」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/10/17(土)01:42:45.36ID:mlKhgd2Eo
あ、若い方か
7:
以下、名無
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/12/27(日)16:33:09.31
ID:Hwh5ZuMG0
Fate/GrandOrder SS
初投稿。極短。新章祝い。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1451201589

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/12/27(日)16:33:41.12
ID:Hwh5ZuMG0
カルデア内廊下
マシュ「おやすみなさい。先輩」プシュ
マシュ「……明日は遂に第四特異点」
デオン「やぁ、マシュ・キリエライト」
マシュ「あ、デオンさん。こんばんは」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/12/27(日)16:43:28.84
ID:Hwh5ZuMG0
デオン「なんだか浮かない顔をしているね。マシュ・キリエライト」
マシュ「そう、みえますか? あと、マシュでいいですよ。長いですし」
デオン「じゃあ、マシュ。折角の綺麗な顔がしおれていてはいけないよ。明日は新たな戦地に赴くんだ。万全の体制でないとね。悩みなら私に言いたまえ」
マシュ「ありがとう、ございます。では……」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/12/27(日)16:52:52.59
ID:Hwh5ZuMG0
カルデア内空き部屋
マシュ「悩み、というのでしょうか。実はその、さっき仰っていた明日の出撃についてなんです」
デオン「ロンドン。だっけ? 英国は私の半生を過ごした国だ。感慨深いな」
マシュ「そうでしたね。シュヴァリエ・デオン。類稀なる美しい容姿で男女問わずを魅了し、フランスのスパイとして活躍した英霊。その人生は性に数奇で、英国にて没した」
デオン「男女問わずを魅了、だなんて誤解を生みそうだね」クスッ
5:
以下、名無し
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1460005504/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/04/07(木)14:05:04.56ID:ffWANw0x0
フェルグス「ケルト歯科クリニックへようこそ!」
クー・フーリン「フェルグス、いったいなにやってんだ?」
フェルグス「見ての通り歯科クリニックを開いたのだ。
カルデアにいるすべてのサーヴァント、職員の虫歯を俺がすべてなおしてやる。」
クー・フーリン「あれか、バレンタインイベントの延長線的な企画か?」
フェルグス「そのとおりだ!
前回は患者に逃げられてしまったが今回はそうはいかんぞ!
それに今回は史上最強とも言える助手がいるからな!」
ナイチンゲール「助手を務めさせて頂きますナイチンゲールです。
歯に菌が居座っているだなんてなんて不潔なのでしょう。
そのすべてを除菌しなければ!
患者の命にかえてでも!」
クー・フーリン「嫌な予感しかしねぇぞ!」
フェルグス「ナイチンゲールよ、
早速最初の患者を連れてきてくれ!」
ナイチンゲール「わかりました。」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/04/07(木)14:18:22.03ID:ffWANw0x0
ナーサリー・ライム「やめて!
お願い!
助けて!
わたし虫歯なんかになってないわ!」
ナイチンゲールが連れてきた…引っ張ってきたのは椅子に縛り付けられたナーサリー・ライムであった
フェルグス「さあ、バレンタインの時には上手く逃げられてしまったが今回はそうはいかんぞ。」
ナーサリー・ライム「やめてー!!
助けてマスター!!
わたし虫歯になんかなってないわ!」
フェルグス「やれやれ、困った患者だな。」
クー・フーリン「パッと見犯罪臭の漂う絵柄だな・・・
てかそもそもサーヴァントが虫歯になんざなるか?」
フェルグス「こいつの場合は特別だ。
なんといってもサーヴァントがサーヴァントの力を持って作ったチョコを大量に食べたのだ。
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1448802401/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/11/29(日)22:06:41.37ID:FuOx7eTN0
沖田「もっと速く、もっと鋭く!」キィンキィンキィンキィン!
カエサル「ぬうっ!予想よりもよっぽど速いではないか……!」キィンキィン!
小次郎「二人がかりで押されるか……!」キィンキィン!
カエサル「面倒だが、見せてやろう!我が黄の死を!」
沖田「遅いッ!」ズバァッ!
カエサル「なんとぉーっ!?」バタリ
ハサン「……シャアッ!」シュバッ!
沖田「飛び道具などと!」ガキィン!グサァ!
ハサン「ば……馬鹿なッ!?」
沖田「不意打ち上等。私もよくやっていましたし。ですが、少々私の力量を見誤ったようですね」
小次郎「背後からの完璧な不意打ち投擲に見えたがな。短刀を弾き返して、持ち主に突き刺してやるとは中々やる」チャキッ
沖田「乱闘もよくやっていましたから」チャキッ

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/11/29(日)22:07:42.34ID:FuOx7eTN0
小次郎「……」
沖田「……」
小次郎「石火春雷……一刀にて証を示す」
沖田「我が秘剣の煌めき、受けるが良い!」
小次郎「燕返し!」
沖田「無明三段突、きぃ!?」
沖田「こはァッ!?」
小次郎「……ふーむ。病弱とは存外に厄介なスキルよな。沖田殿が万全ならばこうも一方的には勝てなかっただろうて」
ぐだお「おーい小次郎、沖田いる?」
小次郎「おう、主殿。ほれ、人斬り殿ならそこに」
ぐだお「お前も似た様なものだろ?」
小次郎「某はただの農民でござるよ?」
ぐだお「お前のような農民がいてたまるか」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/11/29(日)22:08:41.54ID:FuOx7eTN0
沖田「マ、マスター……申し訳ありませんが、沖田さんは……もう駄目です……どう
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1465824226/
1:
◆mYe1jRizXM2016/06/13(月)22:23:46.69ID:MK3D7ge3O
ネットに転がってるジョークだったりコピペだったりをFgo鯖達で改変
ぐだぐだ進行
キャラ崩壊
設定無視

2:
◆mYe1jRizXM2016/06/13(月)22:25:45.42ID:MK3D7ge3O
モードレッド「そう言えば父上の元マスターってどんな感じヤツだったんだ?口癖とかあったのか?」
アルトリア「なんでさ」
モードレッド「平行世界のエミヤなんだろ?どんな野郎だったかオレも知りてーんだよ」
アルトリア「だからなんでさ」
モードレッド「そんなに教えたくないのかよ!!」
アルトリア「だから『なんでさ』だと言ってるでしょう!!」

3:
◆mYe1jRizXM2016/06/13(月)22:27:54.64ID:MK3D7ge3O
ブリュンヒルデは愛する人のためならなんでも出来る
唯一出来ないことはその愛する人を我慢することだ
清姫は安珍の以下略
ファントムオブジオペラはクリスティーヌの以下略
メイヴはクーフーリンオルタの以下略
4:
◆mYe1jRizXM2016/06/13(月)22:30:16.65ID:MK3D7ge3O
アルトリアリリィ「お酒を飲んで酔う、ってどんな感じなんですか?」
ドレイク「そうだねぇ…。ここに聖晶石が二つあるだろう?これが四つに見えるようになったら酔っ払ってるってことさ」
アルトリアリリィ「でも聖晶石は一つしかありませんよ?」

5:
◆mYe1jRizXM2016/06/13(月)22:31:56.00ID:MK3D7ge3O
Q.アラーシュが一番宝具を撃たなくて済む月は?


A.2月。一番日数が少ないから。

続きを読む

[ 閉じる ]
02/19 (21:13) SS古今東西
52:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:
2016/01/23(土)16:12:31.25ID:2TFoSVg50
マクゴナガル「この新学期から、切嗣先生は本校の『闇の魔術に対する防衛術』として皆さんを教えてくれます。くれぐれも失礼のないように。」
切嗣「....」
ダンブルドア「では、衛宮切嗣先生に何かお言葉を頂こうかのぅ」
切嗣「....悪いがそういうのは気が乗らないんだ。」
.
.
.
.
.
ザワザワ
ホグワーツ生
『なんか愛想の悪い先生が来たなぁ』
ザワザワ
『防衛術の先生って毎回変わり者だろ?』
『絶対目をつけられたくないないよ、僕』
ロン「うわ、なんだよあいつ。変なやつ。」
ハーマイオニー「あの衛宮切嗣って人、見たことも聞いたこともないわ。見た目は東洋人ってところね?東洋の魔術でも教えてくれるのかしら?」
ハリー「さぁ....僕にはわからないよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:◆SVvnkOMfvlGM2017/01/11(水)20:13:04.01ID:4qyp2Q4JO
※このスレはTYPE-MOON作品の一つ、『Fateシリーズ』のスマホゲーム『Fate/GrandOrder』のSSスレです。
※>>1の主観、プレイ進度、自己解釈などを含みます。
※ネタバレ、キャラ崩壊、理解不足など、世界観を壊す恐れがあります。
以上がOKならば、Orderを開始します。
 

続きを読む

[ 閉じる ]
02/18 (20:00) えすえすゲー速報
 
fate
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/05/28(月)12:59:31.40
ID:Mzicc9fo0
雁夜「やっぱりちゃんと学べる事は何だろうが、身につけないとな」
雁夜「吸血鬼!俺に魔術を教えろ!」
臓硯「フム・・・まぁ良いだろう。基礎からみっちり叩き込んでやるわい」
そして・・・血の滲む様な特訓が始まった!
雁夜「ふむふむ・・・魔術を扱うための擬似神経と・・・」カキカキ
臓硯「で、あるからして、これは大魔術式にも繋がる路でもある・・・」カツカッツ
ブゥウウウウンン・・・
雁夜「クソッ!なんで蟲の世話なんか・・・!」
雁夜「痛って!俺を刺すな!」
臓硯「いいか!雁夜ぁ!蟲は丁寧に扱えよ!」
引用元:

雁夜「真面目に魔術の勉強する」 臓硯「えっ」 

コウブツヤFate/Zeroクリスタルドームストラップ間桐雁夜
postedwith
amazletat17.02.16
まさめや(2012-03-01)
売り上げランキング:1,125,100
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
02/18 (00:36) SSちゃんねる
 
FateSS
引用元:

マシュ「レイシフトしたら先輩が真っ二つになりました」 ぐだ子「ひっ」
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/20(金)11:39:31.82ID:cFFGS+YZ0
シュゥゥゥゥゥゥ
マシュ「……レイシフト、無事完了です」
マシュ「周辺索敵……異常なし」
マショ「先輩、ここは安全なようですね」
ぐだ子「うん、そうだね、ところでマシュ」
マシュ「はい?」
ぐだ子「背、伸びた?」
マシュ「いえ、別にそんなことはないか……と……」
ぐだ子「そうかなあ……何か見上げるくらいに大きく感じるんだけど」
マシュ「……先輩?」
ぐだ子「ん?」
マシュ「……あの、下半身は?」
ぐだ子「え?」
マシュ「下半身は……どちらに?」
ぐだ子「は?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1484879971

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/10/17(月)07:12:20.92
ID:W2UJ52QL0
頼光「誓いましょう……マスター、わたくしは貴方を我が子のように愛します。ですから、どうか、あなたも母を裏切らないように。そんなことになったら……わたくし、何をしてしまうか分かりません」
酒呑童子「はあ……そないに見つめるの堪忍やわあ。骨抜いて、酒に溶かして呑み干したくなるわあ」
ジャンヌオルタ「そう、つまりアンタ、炎に焼かれたいのね。いいわ、いいわよ。そのうちそうしてあげるから。まぁ、その時になって後悔するわよ絶対。それでもしないなら、地獄の底まで付き合ってもらうから」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1476655940

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/10/17(月)07:14:11.45
ID:W2UJ52QL0
ぐだお「やはりヤバい」
小次郎「くっ……ふふっふふふふふはははははは!」
ぐだお「小次郎うるさい。っていうか何でいるの?呼んでないんだけど」
小次郎「冷たいことを言うな主殿。我ら第一の戦いから主殿を支え続けた古き三柱、今更隠し事は無しでござろう。なぁお前達?」
呪腕のハサン「お主と一緒に扱われるのは正直心外であるのだが……」
カエサル「全くである。そこのサムライは話を実に実に面倒にしてくれる故、はかりごとまつりごとの場には姿を見せないでほしいものだ」
小次郎「何かがおかしいでござるな?」
カエサル「貴様のこれまでの行動を考えると当然であろうよ」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/10/17(月)07:15:09.87
ID:W2UJ52QL0
ぐだお「で、いつも通りそろそろ女性陣に殺されそうな訳なんだが」
カエサル「貴様は本当にロクでもない女ばかり召喚するな。多くの女を愛した私
続きを読む

[ 閉じる ]
02/17 (15:05) えすえすログ
全てのレス
元スレ
1:
◆2NzEzomrKA
:2017/01/30(月)22:21:57.412:
ThT2sfdh0.net
セイバー「何か……何か食べたい……です……」
士郎「そ、そんなこと言われてもな……ここに食べ物は」
セイバー「し……しろー……最期に……何か……何か食べ……たい……」
士郎「さ、最期……そんなこと言うなよセイバー……コレからもっと一緒に……!」
セイバー「………………………」
士郎「ぐっ……わ、分かったっ!セイバー……!
>>3
だ!
>>3
なら食べていいぞ……!」

続きを読む

[ 閉じる ]
02/17 (11:10) SS古今東西
1:
◆vjL2n8e6dc
:
2015/11/09(月)11:54:00.03ID:O6Ij8rtE0
ネロ「なぁ、マスターよ」
ぐだ子「?」
ネロ「任務で余を選んだことは良い。むしろ好ましいことだ!」
ぐだ子「うん。ありがとう」
ネロ「だがな…なぜだ」
ぐだ子「?」
ネロ「なぜこのような奴と共になのだ!?」
スパルタクス「おぉ!圧制者よ、汝を抱擁せん!」
ネロ「なぜなのだぁぁぁぁぁ!!」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1447037639
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/12/30(水)19:46:09.20
ID:FUWjQZ6Q0
重大な内容は無いと思いますがちょっとだけextraのネタバレかもしれません
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1451472368

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/12/30(水)19:47:23.34
ID:FUWjQZ6Q0
ぐだお「汝三大の言霊を纏う七天、抑止の輪より来たれ、天秤の守り手よ!」
シュゴォオォォォォォォォ
ぐだお「よし、召喚は成功だ!って、これは……本?」
ぐだお「いつもの偽臣の書じゃないな……タイトルは英語か。アリス・イン・ワンダーランド?」
ぐだお「って、不思議の国の……不思議な国の、だっけ、どっちだっけ……どうして絵本が?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/12/30(水)19:48:09.39
ID:FUWjQZ6Q0
マシュ「先輩、召喚はどうでしたか?」
ぐだお「この本だよ」
マシュ「アリス・イン・ワンダーランド。1800年代にイギリスで出版された有名な児童向け小説ですね。著者はルイス・キャロル。ちなみにこれはペンネームで本名ではないそうです」
ぐだお「マシュは物知りだなぁ」
マシュ「あ……ありがとうございます。私の知識が先輩の役に立つと過去に知っていたなら、もっともっと勉強して知識を詰め込んでいたのですが……」テレテレ
ハサン「してこれは……概念礼装なのであろうか、魔術師殿?」
ぐだお「まぁ、そうだよなぁ……普通の、ちょっと古くて大きい本にしか見えないよなぁ」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/12/30(水)19:49:33.52
ID:FUWjQZ6Q0
小次郎「えぇ??まさかマスター、某
続きを読む

[ 閉じる ]
02/14 (01:42) えすえすゲー速報
 
fate
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/12(日)03:56:38.38
ID:ra5dNiV00
?召喚陣?
ジャンヌ「裁定者、ジャンヌ・ダルクです」
ジャンヌ「宜しくお願いしますね、マスター」
ぐだ子「お、おおー!ジャンヌ・ダルクさん!有名な英霊さんが来てくれた!」
マシュ「やりましたね!先輩!」
エリザ「はー、これで少しは楽になるかしらね」
ぐだ子「うう、今まではマシュとエリザに頼りきりだったからねえ」
ジャンヌ「あの……」
ぐだ子「あ、ごめんね、私はマスターのぐだ子!宜しくね!」
ぐだ子「これから一緒に、頑張っていこうね!」
ジャンヌ「はい、精一杯お力になりますね」
そう言って、聖女様は笑ってくれた。
凄く頼りになりそうな笑顔だった。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1486839398
引用元:

ぐだ子「ジャンヌ・ダルクはかくありき」


【Amazon.co.jp限定】Fate/GrandOrderOriginalSoundtrackI(オリジナル特典:「A5クリアファイル(ジャンヌ・ダルク)」付)(初回仕様限定盤)
postedwith
amazletat17.02.13
Fate/GrandOrder
アニプレックス(2017-03-01)
売り上げランキング:22
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。